楽天市場のseo対策入門2022年9月最新!商品名を上位表示させる方法【初心者でも分かるやり方を徹底解説】

残り5社! 文字単価3円で発注できる記事作成代行サービスはこちら

楽天SEOとは、楽天市場の検索結果で自分の商品ページを上位に表示させることを目的とした施策のことを指します。楽天SEO以外には「楽天内SEO」や「楽天検索エンジン最適化」という表現もあります。

すでに楽天市場をお使いの人やこれから楽天市場を使ってビジネス・マーケティングに力を入れたいとお考えの人もいるでしょう。

ここでは楽天SEO対策の方法やコツなどを詳しく紹介していきます。

目次

楽天SEOとは

楽天市場における検索アルゴリズム

楽天市場のSEO対策において欠かせない、検索アルゴリズム(検索結果の表示順を決定するプログラム)のことを理解する必要があります。

楽天市場の検索アルゴリズムの仕組みとしては、主に以下のような要素が含まれて上位表示が決定されると言われています。

  • 売上件数
  • クリック数
  • キーワード
  • キャッチコピー
  • ディレクトリ・タグIDの設定
  • 商品画像ガイドライン遵守

売上件数

物販専門コンテンツである楽天市場では「売上」がSEOの検索アルゴリズムに大きく影響します。

「売上」とは必ずしも売上額のことではなく、楽天市場のSEOでは「売上件数」の方を重要視される傾向にあります。

例えば、ファッションジャンルを扱う月商3,000万の店舗が2社を例にあげて比較していきます。

A社 1点1000万円の高級時計を3人に3本販売した店舗
B社 1点1万円の時計を300人に300本販売した店舗

上記のA、B社のようなケースの場合、楽天市場のSEOの評価としてはB社が上回ることになります。

B社はA社より客単価が低いですが「多くのユーザーに購買されている=多くのユーザーに人気のあるコンテンツ」であると楽天市場のクローラーが認識するのです。

また、売上件数が多い商品ページは楽天市場で最もPV数が見込めるランキングニュースにも掲載されるため、店舗自体のSEO評価が加わることで順位が下がりにくくなります。

クリック数

クリック数の多さも楽天市場のSEO対策で上位表示されるために欠かせない要素の1つです。

「クリック数の多い店舗ページ=多くのユーザーがWebページを見ている」になるため、売上件数と同様に楽天市場のクローラーが優良コンテンツと識別しやすくなります。

クリック数をなるべく多く獲得するために店舗側が行える一番の施策は、第一画像( サムネイル画像)の改善です。

楽天市場のモール内には約5万店舗以上もの競合店が軒を連ねているため、数ある競合店より自社の店舗ページを上位にもっていくためには、店舗ページに誘導するための「入口作り」に工夫をしましょう。

キーワード

キーワードは、楽天市場でSEO対策を行う上で店舗側が自社でできる有力な施策の1つです。

キーワードはユーザーが検索しそうなワードを想定し、商品名のところに列挙していくものですが、該当商品について誰もが想像しやすく検索される回数が多い「ビックキーワード」は競合が多いため、上位表示が非常に困難です。

クリック数を上げるには、2語以上のサジェストキーワードを織り交ぜていく必要があります。

キャッチコピー

キャッチコピーは、キーワードと同様に店舗側が自社でできる有力なSEO対策の1つです。

キャッチコピーは楽天市場ならではの入力欄で、店舗によっては商品名と同じキーワードをただ列挙しているだけの事業者も散見されますが、本来は商品の売り、特徴をシンプルに表した文言が推奨されています。

ハロウィン、クリスマス、母の日、父の日など季節を表すものや「~~にぴったり」など具体的な用途を明示するワードを盛り込みましょう。

ディレクトリ・タグIDの設定

楽天運営初心者の事業者が意外に見落としがちなのが、ディレクトリ・ タグIDの設定です。

ディレクトリIDとは、楽天市場で取り扱っている全商品の中で出品商品がどのジャンルに該当するかをカテゴリー分けする登録作業です。

タグIDは、ジャンルの中でさらに細かいカテゴリ分けを行う登録作業であり、1商品最大32個まで設定することができます。

ディレクトリ・ タグIDが適切に分類されていなければ、ユーザーが商品名で検索しても正しく検索結果が表示されない事態になりますので、もう一度店舗内全ての商品を確認してみましょう。

商品画像ガイドライン遵守

近頃では、商品画像が楽天のガイドラインに遵守していることも、楽天市場のSEO対策に少なからず影響を与えている可能性が取り沙汰されています。

2018年頃より楽天の商品画像に関するガイドラインは大幅に変更になり、当初はあくまで「推奨」でしたが最近では正式にルール化されています。

楽天の商品画像に関するガイドラインの主な内容は以下になります。

  • テキストは画像全体の20%以内
  • 背景は白、または写真背景(余計なものが写っていない)
  • 画像に枠線を付けない

商品画像ガイドラインの遵守が、楽天市場のSEOの検索アルゴリズムに直接影響しているという運営側の公式発表がある訳ではありません。

ただし、実際に楽天のガイドラインをクリアできていない画像を使用していたと思われる出店者の商品ページは『以前より上位表示が難しくなった』という声は確実に増えています。

楽天SEO対策が必要な理由

商品の露出頻度が増える

楽天市場においてSEO対策を行うことで検索上位を狙えるため、自社商品の露出頻度を増やせます。どんなに品質のよい商品であっても、誰にも見てもらえなければ意味がありません。

まずはユーザーの目に触れる機会を増やし、商品をクリックして詳細を知ってもらうことが重要です。

SEO対策によって検索順位を上げることで、商品ページへのアクセス数や注文数のアップを狙いましょう。

検索によって商品を探すユーザーに見つけられやすい

検索によって商品を探して購入するユーザーが多いことも、SEO対策が必要な理由のひとつです。なんとなく楽天市場内を見て商品を購入するユーザーよりも、特定の悩みや目的をもって商品を探すユーザーのほうが多いため、検索結果に表示される機会を増やすことで売上アップを狙えます。

コストを抑えて集客も可能

自社商品の露出を増やすために広告を出すという方法もありますが、費用がかかってしまいます。必要に応じて広告を利用することも大切ですが、費用をかけすぎると全体として利益が減ってしまうため注意が必要です。SEO対策には基本的に費用はかからないため、積極的に実施していきましょう。

楽天SEOの考え方

楽天SEO効果

楽天のSEO対策は基本的に一般的なSEO対策と同じ考え方です。

例えば、Google検索では、Webページのタイトル名やディスクリプション(説明文)を最適化します。
これは、通常のSEOの内部対策です。一方、楽天市場検索でも、商品ページの商品名や商品説明文などを最適化します。

これは、通常のSEOの内部対策と似た対策です。
つまり、楽天SEOの対策は、基本的に通常のSEOの内部対策と同じ考え方というわけです。

さらに、楽天SEO対策であっても、通常のSEO対策と同じように1度施策したからといって終わりではありません。楽天市場の検索アルゴリズムは何度も変更されるので、定期的に順位の確認・売上と順位の相関について常に考えていく必要があります。

そして必要に応じて適切なSEO対策を行いましょう。

なお楽天内のSEO対策は、様々なキーワードで上位に表示されるように工夫し、それを定期的にチェックして再度対策をするというルーチンが欠かせません。

楽天SEO効果

対策に関する考え方・向き合い方は楽天SEOも一般的なSEOも同じですが、「効果」に関しては通常のSEOとは異なります。

例えば、Google検索では、SEOの効果が出るまで通常は4か月から1年かかります。

Google検索に自分のWebページがインデックスされたり、検索上位に表示されるまで時間がかかります。

一方、楽天市場検索では、Googleのようにインデックスされるまで時間がかかるわけではないので、すぐ効果が出ます。

具体的には、自分の商品ページを修正して変更した内容がすぐに反映されてインデックスされたり、検索上位に表示されやすいです。

つまり、楽天SEOの効果は、通常のSEOの効果と違う考え方というわけです。

楽天SEO対策の方法

楽天市場においてSEO対策を行うなら、商品名や説明文にキーワードを入れる、サジェストキーワードを活用する、季節やイベントに関するキーワードを入れる、といった方法を試してみましょう。

ここでは、それぞれのポイントについて詳しく解説します

売り上げにつながるキーワードを考える

楽天サーチの検索結果順位は「商品の実績(売り上げ)」の影響を強く受けます。

そのため、新商品や販売実績が少ない商品は競合店舗と同じキーワードで検索対策を行っているだけでは上位表示させることは出来ません。

また、最近は検索最適化に取り組む出店者が増えてきたこともあり、この傾向はますます強くなっています。

この際に重要なことは、どのキーワードでどの商品を上げていくべきかということです。

検索ボリュームが非常に少ないキーワードや、検索数はあるものの売上につながらないキーワードでの上位化は売上げにつながらないため、売り上げにつながるキーワードでの上位表示をしっかりとしかけていきましょう。

サジェストキーワードも駆使する

楽天市場におけるSEO効果を高めるためには、サジェストキーワードを活用することも重要です。

サジェストキーワードとは、検索窓に特定の言葉を入力したときに自動表示される検索キーワード候補のことです。

たとえば、楽天市場の検索窓に「コーヒー」と入力すると、次のようなサジェストキーワードが表示されます。

  1. コーヒー ドリップ
  2. コーヒー豆
  3. コーヒーギフト
  4. コーヒー ペットボトル
  5. コーヒーアイスコーヒー

検索頻度が高いことと、ユーザーが商品を見つけやすいように自動的に表示される仕組みになっています。

この機能を利用して検索するユーザーも多いため、商品名にもサジェストキーワードを入れておきましょう。サジェストキーワードは、実際に商品名を検索窓に入力してみることで簡単に調べられます。表示されたサジェストキーワードのなかから自社の商品に合うものを選んで、商品名に含めるようにしましょう。

ツールを使ってサジェストキーワードを探す方法

ツールを使ってサジェストキーワードを探す方法があります。

楽天市場の検索エンジンに対応したツールには「ラッコキーワード」があります。

ラッコキーワードは、無料で利用可能なサジェストキーワードツールです。

楽天市場のほかにもAmazonやGoogleなどの検索エンジンにも対応しています。

ツールを使えば多くのサジェストキーワードが抽出できるので、キーワード探しには参考になります。

重要なキーワードを記号で強調する

商品名に多くのキーワードを入れるときは、重要なものを記号で強調するとよいでしょう。複数のキーワードが単に羅列されていると、ユーザーにとって見にくいだけでなく、伝えたい情報が正しく伝わらない可能性もあります。

  1. 送料無料
  2. 公式
  3. ランキング1位

といったアピールしたい言葉は!や【】などで目立たせるとよいでしょう。ただし、記号を使いすぎると見にくくなるため注意が必要です。

せっかく検索上位に表示されても、ユーザーがクリックしてくれなければ意味がありません。

SEO対策においては、検索エンジンを意識することも重要ですが、ユーザーに寄り添うことも忘れないようにしましょう。

注文キーワード

楽天市場において頻繁に検索されているホットキーワードを入れることでも、SEO効果を期待できるでしょう。

ホットキーワードは、注目キーワード一覧のページで調べられます。一覧には、「エアコン」「加湿器」といった季節関連のキーワードや、「マスク」「除菌スプレー」といった世の中の状況を反映したキーワードなどが並んでいるため、商品名や説明文に入れる言葉選びの参考にするとよいでしょう。

対策漏れの商品ページがないか探す

キーワードを見つけて各ページに入れていくわけですが、最初は売れている商品から一つずつ丁寧に実施するべきですが、徐々に時間をかけて対策を行った商品ページの数を増やします。

検索順位45位以内の商品数×検索パターンを増すことでアクセスアップにつながります。

これにより、特定のキーワードで、検索したときに検索結果ページの面積を専有することも可能です。

需要期のみ売れる「シーズンキーワード」

楽天市場では、「母の日」「敬老の日」「クリスマス」など、記念日やイベントの時期に需要が急激に高まります。

季節ワードを使って検索する消費者は、ニーズが顕在化している場合が多く、転換率の高いことがわかっています。このため、需要期前に「季節キーワード」を商品ページに適切に盛り込むことが極めて有効です。

楽天市場で代表的な季節ワードは「正月」「バレンタイン」「ホワイトデー」「母の日」「父の日」「お中元」「ハロウィン」「クリスマス」などがあります。

季節ワードの対策は直前に実施しても大きな成果は期待できませんから、遅くとも2〜3ヵ月前から検索対策を行い、イベントまでに検索順位を出来るだけ上げておくことで、需要の最盛期に売り上げを大きく伸ばすチャンスが生まれると考えてください。

サムネイル画像の改善

楽天市場の検索アルゴリズムの要素である「クリック数」を上げるには、楽天市場の検索結果に表示された小窓の第一画像の印象で決まります。

クリック数を上げるサムネイル画像とは、主に以下の要素を踏まえて作成することです。

商品の特徴を一目でわかるようにする カラーやバリエーションが一目でわかる 送料無料・割引率などウリのテキストを加工 クリック数を上げるためのサムネイル画像を作成するコツは「一枚の画像で商品の特徴、カラー、バリエーション、ウリなどが一目でわかる」ことです。

客観的にみて、自身がこれならクリックしたくなるという要素を踏まえ、人気店のサムネイル画像などを参考に楽天のガイドラインを遵守しながら出品画像を仕上げていきましょう。

レビューを増やす

楽天SEO対策においてレビューはとても重要です。

例えば、楽天でビックキーワードで検索したときに、上位の商品ページは1000件や10000件などのレビュー数が多くみられます。

一方、上位の商品ページの中には、100件前後のレビュー数もあります。
このレビューを集めるために、レビュー投稿を条件に次回のクーポンを付与したり、自動的にフォローメールを送る機能を追加するなどします。

そうすれば、ユーザーエンゲージメントが高まって、自身の商品に再度アプローチしてくれる可能性が高まります。
結果、きっかけが増えて商品の感想を書いてくれたり、評価してくれるユーザーが増えます。

つまり、レビューが増やせるとうわけです。

こうして、レビューを増やすことが、楽天SEO対策のポイントです。

ちなみに、レビューの数の楽天SEOのアルゴリズムについては詳しくわかっていません。なのでレビューの数が多ければ上位にくるというものではありません。

ですが基本的には、レビューが多ければ有利になります

全商品ディレクトリIDとタグIDを選択

SEO効果を高めるためには、商品ごとに最適な全商品ディレクトリIDとタグIDを選択することも重要です。

全商品ディレクトリIDとは、楽天市場におけるジャンルのことです。

ユーザーは「食品→調味料→スパイス」のようにジャンルを選択しながら欲しい商品を探すケースもあるため、最適な全商品ディレクトリIDを設定しておかなければ、ユーザーの目に触れる機会が減ってしまいます。

全商品ディレクトリIDが不適切な場合、検索結果に表示されない可能性もあるため注意しましょう。全商品ディレクトリIDは、商品ごとに1つだけ選択できます。

タグIDとは、ジャンルのなかの細かな分類のことです。設定できる項目は、全商品ディレクトリIDによって異なります。サイズやブランド名、色などの項目があるため、扱う商品に合わせて最適なものを選択しましょう。

検索結果にヒットされやすくなる方法

JANコードを使って商品価格ナビに表示させる

楽天内で検索をしていると、「最安ショップを見る」というアイコンが付いている商品があると思います。

ここをクリックした後のページが商品価格ナビと言って、同じJANコードが入力されている商品が価格順に並んでおりお客様にとってどの商品がお得なのか一目瞭然になります。

特に型番系の商品の場合には、必ずJANコードを入力することでこのページに商品を表示させる必要があります。

RPP広告・CPC広告を使って検索結果に「PR枠」として表示させる

無料で出来る対策を施してもなかなかSEO対策が上手くいかない時は、RPP広告やCPC広告など検索結果の上位表示をさせられる広告枠を使うのも1つの手です。

どちらもクリックをされた際に課金されるタイプの広告ですので、上手く運用をすることで費用対効果を高めながら売上を上げることが可能です。

DEALやポイントを使ってアイコン表示させる

結局のところ、いくら検索結果で上にいてもクリックがされないと元も子もありません。SEOではなくCTR(クリック率)という観点で見てみると、DEAL対象商品やポイント変倍がかかっている商品に表示がされるアイコンも非常に重要です。アイコンがつくことで、お得な商品であることが一目で分かるため、お客様としても商品詳細を見てみたくなります。

楽天の検索結果に表示されるアイコンは次のとおりです。

【送料無料】【DEAL】【ポイント】【翌日配達(あす楽)】【プレミアム】【学割】

登録できるものがあれば忘れずに行いましょう。

動画の挿入

ユーザーにとって購入しやすい、購入する価値がある商品が上位表示されますので、商品ページに動画を挿入しておくこともSEOとして重要な要素となります。動画はRMSの商品登録ページの「商品ページ情報」にソースを入れることで、商品ページに簡単に設置することが可能です。

ここでは楽天のSEO対策についてお伝えしましたが1つ1つの商品状況に応じて適切な対策を行う必要があります。

動画の設置方法は以下の通りです。

  1. R-Cabinetに動画をアップロードする
  2. 楽天GOLDに動画設置用のHTMLをアップロードする
  3. 楽天市場内の商品ページにiframeを記述する

スマホでの対応手順

  1. 楽天GOLDに動画のscriptを貼り付けたHTMLを設置する
  2. 商品ページに遷移先のキャプチャを貼り付け、そこにクリックすると遷移するタグを設定する

なお手順1はパソコンと同じ方法です。

フリック画像(商品ページを開いて最初に出てくる左右にスワイプできる画像)に反映させるには、R-Cabinetに動画をアップロードする」でコピーしたHTMLソースを

RMS>商品管理>商品一覧・登録>編集(動画を入れたい商品の編集を押下)>動画(HTMLソース)」の順番で開いた場所に張り付けることで可能です。

楽天市場で検索対象となる項目を知る

楽天で、ユーザーがキーワード検索を実施した際、検索に影響があると見られる項目は下記です。以下の項目に入力したキーワードは検索対象になると言われています。

  • 商品名(全デバイス共通)
  • PC用キャッチコピー(パソコン・アプリ検索時)
  • モバイル用キャッチコピー(スマホ・ガラケー検索時)
  • PC用商品説明文(パソコン・アプリ検索時)
  • スマートフォン用商品説明文(スマホ検索時)
  • PC用販売説明文(パソコン検索時)

検索項目対象の中で特に重要な項目は「商品名」です。最優先に対策していきましょう。

楽天市場で検索順位が下がってしまう原因

顧客満足の低下

当たり前のことではありますが、顧客の満足度が落ちてしまうと、検索順位も下落してしまいます。顧客満足度が下がってしまう理由は以下のようなことが挙げられます。

  • 購入者のイメージが違った
  • 故障や欠陥商品が多い
  • 商品によってクオリティにばらつきがある

これらが徐々に増えてしまうことで、ユーザーは不満や不信感を抱きます。その結果、店舗のレビューにもマイナスの内容が書かれてしまう可能性があります。

そのためにまずは欠陥商品をなくす・商品のクオリティを均一にするといった対策を行いましょう。

在庫切れ

在庫切れもSEO的にマイナスになってしまう可能性が高いです。

これは2つの理由があります。

  • 売上件数がSEOに影響するから
  • ユーザーのニーズを満たすことができないから

楽天市場の場合、累積売上がどれくらいかというところがSEOにも大きな影響を及ぼします。

その点、例えば人気の商品が在庫切れを起こしてしまうと、検索順位が下がって一気に売り上げが落ちることにもなるのです。

その背景には、在庫切れがあることによってユーザーのニーズを満たすことができないからです。

当然ユーザーは商品が買える前提で各商品ページに訪れます。そのため商品がなければ購入機会を失い、ロスが発生してしまうのです。

以上のことから在庫切れはできるだけなくすようにしましょう。

競合他社の存在

競合他社の商品が強すぎるために、検索に引っかからないケースもあります。多くの出店者はSEO対策を行っているため、とくに売れ筋の商品やジャンルについては、なかなか検索結果の上位を勝ち取れないケースもあるでしょう。

ライバル商品が多い場合は、そこにこだわりすぎず、別の商品から対策することも大切です。自

社の得意分野を伸ばすことで、全体として売上がアップするケースもあります。費用はかかりますが、広告を使って商品の露出を増やし、少しずつ売上を向上させることも有効な手段のひとつです

そのため、競合他社が成長することによって、順位を抜かされるということもあるのです

このことからも、普段から競合他社と差別化を図るよう意識することが必要となってきます。

例えば次のようなことを普段から意識してやっておきましょう。

  • レビューを元に商品の改善
  • 口コミの獲得

地道にコツコツ行っていくことが成功への道標です。

全商品ディレクトリID の設定が間違っている

全商品ディレクトリIDの設定が間違っていることも、検索に引っかからない原因のひとつです。

前述のとおり、全商品ディレクトリIDは商品ごとに1つだけ設定できますが、不適切なものを選んでしまうと検索結果に表示されない場合もあります。扱っている商品と全商品ディレクトリIDが合っているかどうか、確認してみましょう。より細かな設定であるタグIDについて確認することも重要です。

顧客満足の低下

当たり前のことではありますが、顧客の満足度が落ちてしまうと、検索順位も下落してしまいます。顧客満足度が下がってしまう理由は以下のようなことが挙げられます。

  • 購入者のイメージが違った
  • 故障や欠陥商品が多い
  • 商品によってクオリティにばらつきがある

これらが徐々に増えてしまうことで、ユーザーは不満や不信感を抱きます。その結果、店舗のレビューにもマイナスの内容が書かれてしまう可能性があります。そのためにまずは欠陥商品をなくす・商品のクオリティを均一にするといった対策を行いましょう。

在庫切れ

在庫切れもSEO的にマイナスになってしまう可能性が高いです。これは2つの理由があります。

  • 売上件数がSEOに影響するから
  • ユーザーのニーズを満たすことができないから

楽天市場の場合、累積売上がどれくらいかというところがSEOにも大きな影響を及ぼします。

その背景には、在庫切れがあることによってユーザーのニーズを満たすことができないからです。

その点、例えば人気の商品が在庫切れを起こしてしまうと、検索順位が下がって一気に売り上げが落ちることにもなるのです。

当然ユーザーは商品が買える前提で各商品ページに訪れます。そのため商品がなければ購入機会を失い、ロスが発生してしまうのです。以上のことから在庫切れはできるだけなくすようにしましょう。

競合他社の存在

競合他社の商品が強すぎるために、検索に引っかからないケースもあります。多くの出店者はSEO対策を行っているため、とくに売れ筋の商品やジャンルについては、なかなか検索結果の上位を勝ち取れないケースもあるでしょう。

ライバル商品が多い場合は、そこにこだわりすぎず、別の商品から対策することも大切です。自社の得意分野を伸ばすことで、全体として売上がアップするケースもあります。費用はかかりますが、広告を使って商品の露出を増やし、少しずつ売上を向上させることも有効な手段のひとつです。

このことからも、普段から競合他社と差別化を図るよう意識することが必要となってきます。例えば次のようなことを普段から意識してやっておきましょう。

  • レビューを元に商品の改善
  • 口コミの獲得

地道にコツコツ行っていくことが成功への道標です。

全商品ディレクトリID の設定が間違っている

全商品ディレクトリIDの設定が間違っていることも、検索に引っかからない原因のひとつです。

前述のとおり、全商品ディレクトリIDは商品ごとに1つだけ設定できますが、不適切なものを選んでしまうと検索結果に表示されない場合もあります。扱っている商品と全商品ディレクトリIDが合っているかどうか、確認してみましょう。

より細かな設定であるタグIDについて確認することも重要です。

楽天SEO対策で注意するポイント

楽天市場におけるSEO対策での注意点を紹介します。いずれのポイントも難しいことではなく、商売をするにあたって一般的に共通していることでもあります。

楽天ガイドラインをまもる

楽天がECサイトの運営元である以上、楽天のガイドラインをしっかり守ることが求められます。

仮に違反してしまうと、上位表示されなかったり、最悪の場合ペナルティを課せられたりします。

そのため、必ずガイドラインは守るようにしましょう。

商品名登録ガイドライン」で確認できるので、あらかじめ確認しておくようにしてください。

ペナルティを受けるリスク

適切にキーワードを設定しなければ、ペナルティを受ける可能性があります。

主に関係のないキーワードを記載することです。

これは関係のないキーワードを記載することで、ユーザーに不利益を被らせてしまうからです。

もちろん、楽天の売り上げにも影響が出ますので、結果的に順位を下げざるを得なくなってしまいます。

そのため、ペナルティを受けないように関係のないキーワードは入れないようにしましょう。

キーワードは定期的な見直しを

キーワードは定期的に見直すようにしましょう。

理由が2つあります。

  • 検索キーワードのニーズが変わる
  • 検索のアルゴリズムが変更されることがある

時間の経過によってユーザーのニーズが変わることがあります。

そのためその時々によって妥当なキーワードも変わってくるのです。

加えて、検索のアルゴリズム自体が変更されることもあります。

1〜2ヶ月を目処に、同ジャンルでどのように検索順位が変動されているかを追っていく必要があるのです。

まとめ

楽天SEO対策について紹介しました。楽天SEO対策は一般的なSEO対策と似ているところがありますが、効果に対する考え方が独特です。

しかし楽天SEO対策はコストをかけずに行えるので、コツコツと継続することと適切な対策を続けることができれば結果に出やすいマーケティング方法でもあります。

もちろんやれば必ず・すぐに効果が表れるものではないので、定期的に試行錯誤しながら続けることが大切です。

しかし自社・自分の店舗で導入・運営が難しいという場合には、専門の業者に依頼するのも1つの手でしょう。ぜひ外注を検討してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次