shopify(ショピファイ) おすすめテーマ一覧まとめ【2024年7月最新】

ShopifyでECサイトを運営していると色々なデザインのページを見かけることが多いでしょう。

Shopifyにはおよそ120種類ものテーマが存在し、有料・無料のものもあります。

そこで今回は、Shopifyのテーマおすすめを厳選して紹介していきます。

Shopifyのテーマを選ぶ際のポイントなども紹介するのでぜひ参考にしてくださいね。

目次

【無料】Shopifyのテーマおすすめ

Dawn

Shopifyのテーマ「Dawn」は、Shopifyが提供する無料のオープンソーステーマです。

Dawnは、カスタマイズ性が高く、モバイルファーストのデザインに焦点を当てており、ユーザーがスムーズなショッピング体験を提供します。

このテーマは、商品カタログ、カート、チェックアウト、顧客アカウントなど、オンラインストアの主要な機能に対応しています。

また、多言語や多通貨のサポートも含まれており、国際展開にも適しています。

DawnはShopifyのエコシステムに統合されており、セキュリティやアップデートも定期的に提供されています。

無料で使えるというのも、Shopifyを始めたばかりの人・会社にはおすすめです。

Brooklyn

「Brooklyn」は、Shopifyの無料テーマの一つです。このテーマは、モダンで洗練されたデザインを特徴としており、特にファッション、アパレル、美容、アクセサリーなどのブランド向けに人気があります。

  1. モバイルフレンドリー: レスポンシブデザインに対応し、スマートフォンやタブレットからも見やすい。
  2. 大きなヘッダー画像: 魅力的なヘッダー画像を使用してブランドのビジュアルを際立たせることができます。
  3. カスタマイズ性: カラースキームやフォントのカスタマイズ、ロゴの追加、セクションの並べ替えなどが可能で、ブランドに合わせた外観を作成できます。
  4. カートドロップダウン: ショッピングカートをヘッダーメニューから素早くアクセスできる機能があります。
  5. プロモーションバナー: 注目のプロモーションやセール情報をホームページ上部に表示できます。
  6. ソーシャルメディアアイコン: ソーシャルメディアプロフィールへのリンクを簡単に追加できます。

Brooklynは、ビジュアル的に魅力的でありながら、使いやすいテーマであり、小規模から中規模のオンラインストアに適しています。

もちろんですがShopifyテーマストアから無料でダウンロードして利用できます。

Supply

「Supply」はShopifyの無料テーマで、特に商品が多いストア向けに設計されています。

このテーマは、カテゴリー別のサイドバー、サブカテゴリーの表示、商品フィルタリングオプションを提供し、大規模な商品カタログを整理しやすくします。

また、ストアのブランドイメージに合わせてカスタマイズが可能で、商品詳細ページやカートページも使いやすいデザインです。

Supplyは品揃えが豊富なオンラインストアに適しており、商品の管理やナビゲーションを向上させ、顧客のショッピング体験を向上させます。

Minimal

Shopifyの「Minimal」テーマは、その名の通り、シンプルで洗練されたデザインが特徴のテーマです。

このテーマは、ユーザーに素晴らしいショッピング体験を提供しつつ、ブランドのメッセージや商品を強調するのに適しています。

  1. シンプルなデザイン: 不要なデザイン要素を排除し、クリーンで読みやすいインターフェースを提供。これは製品を際立たせます。
  2. カスタマイズ性: カラースキーム、フォント、ロゴなどを簡単にカスタマイズでき、ブランドに合わせたデザインを実現します。
  3. モバイルフレンドリー: モバイルファーストのデザインで、スマートフォンやタブレットからも優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。
  4. 高速読み込み: ページの高速読み込み速度は、ユーザーの待ち時間を最小限に抑え、SEO向上にも寄与します。
  5. ブログサポート: コンテンツマーケティングを重視する場合、ブログ投稿もサポートされています。

Minimalテーマは、商品を中心にしたストアや、シンプルで洗練されたデザインを好むビジネスに最適です。

シンプルながらも魅力的な外観を備えるだけでなく、このクオリティが無料で利用できる点も注目すべきところでしょう。

Simple

「Simple」はShopifyの無料テーマで、その名前の通り、シンプルで洗練されたデザインが特徴です。

このテーマは、特にアパレル、ファッション、アクセサリー、美容製品などのブランドに向いています。

  1. クリーンなデザイン: 無駄な要素を排除し、商品に焦点を当てたシンプルで美しいデザインを提供します。
  2. カスタマイズ性: カラースキーム、フォント、ロゴなどを簡単にカスタマイズでき、ブランドのアイデンティティに合わせた外観を実現します。
  3. モバイルフレンドリー: モバイルファーストのデザインで、スマートフォンやタブレットからも快適なショッピング体験を提供します。
  4. 高速読み込み: ページの高速読み込み速度は、顧客の待ち時間を最小限に抑え、SEOにも有益です。
  5. カートドロップダウン: ショッピングカートへの素早いアクセスを提供し、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。

Simpleテーマは、製品をシンプルに強調し、ユーザーに直感的なナビゲーションを提供することで、オンラインストアの成功をサポートします。

Boundless

「Boundless」はShopifyの無料テーマで、美しいビジュアルとシンプルなデザインが特徴です。

このテーマは、写真やビデオを際立たせ、商品やブランドのストーリーを魅力的に伝えるのに最適です。

  1. ビジュアル重視: 大きなヒーロービデオやイメージスライダーを活用し、商品の視覚的な魅力を最大限に引き立てます。
  2. カスタマイズ性: カラースキーム、フォント、レイアウトのカスタマイズが容易で、ブランドに合わせたデザインが実現できます。
  3. モバイル対応: レスポンシブデザインで、スマートフォンやタブレットからも美しい表示が可能です。
  4. ストーリーテリング: 商品やブランドのストーリーを効果的に伝えるためのセクションが用意されています。
  5. ブログサポート: ブログ投稿機能が組み込まれており、コンテンツマーケティングに活用できます。

Boundlessテーマは、視覚的にインパクトのあるストアを構築したいビジネスに適しており、ストーリーテリングや商品の魅力を最大限に引き出すのに役立ちます。

【有料】Shopifyのテーマおすすめ

Impulse

「Impulse」はShopifyのテーマで、主にファッションやアクセサリーのオンラインストア向けに設計された洗練されたデザインのテーマです。

このテーマは、モバイルファーストのデザインを採用しており、スマートフォンやタブレットからもスムーズなショッピング体験を提供します。

さらに、カスタマイズ性が高く、カラースキームやフォント、ヘッダー、フッターなどを調整でき、ブランドの個性を表現できます。

Impulseは、ビジュアル重視のファッションストアに適しており、商品を魅力的に表示して顧客を引き込みます。

料金は350ドルとなっています。

Prestige

「Prestige」はShopifyのプレミアムテーマで、高級感とエレガンスを特徴とするテーマです。

特に高品質の製品やラグジュアリーブランド向けに適しており、美しいデザインと高度なカスタマイズ性が魅力です。

このテーマは、カスタムヘッダー、スライドショーギャラリー、ブログインテグレーションなど、豪華なストアを構築するのに必要な機能を提供します。

モバイル対応であり、ユーザーに優れたエクスペリエンスを提供します。

Prestigeは高級ブランドのオンラインストアを魅力的に表現し、ブランド価値を高めます。

Focal

「Focal」はShopifyのテーマで、特に写真やビジュアルが重要なオンラインストア向けに設計されたテーマです。

このテーマは、洗練されたデザインと高度なカスタマイズ性を組み合わせ、商品やブランドの視覚的魅力を最大限に引き立てます。

Focalは大規模な画像やビデオを活用すれば、ギャラリーページを通じても商品を魅力的に表示してくれます。

また、スマートフォンやタブレットからも優れた表示を提供し、モバイルユーザーエクスペリエンスを向上させます。

そのため、ビジュアル重視のストアに適しており、魅力的なECサイトを目指している場合にもおすすめです。

Warehouse

「Warehouse」は、Shopifyのテーマの一つで、大規模なオンラインストアに最適です。

このテーマは、多くの商品をスムーズに整理し、顧客が商品を見つけやすくするためのツールを提供しているのが特徴。

カテゴリー別のサブメニューや高度なフィルターなどが含まれ、商品の管理と表示を簡単にします。

さらに、モバイルデバイスからも使いやすく設計されており、顧客に良いショッピングエクスペリエンスを提供します。

大量の商品を扱うビジネスに向いており、効率的なオンラインストア運営をサポートします。

Motion

「Motion」はShopifyのテーマで、特にストーリーテリングや商品のブランド訴求に重点を置いたテーマです。

ビジュアル要素を強調し、豊富なメディアコンテンツを活用できるように設計されています。

このテーマは、ビデオヒーローセクション、スライドショーギャラリー、カスタムバナーなどの機能を提供し、ブランドや商品のストーリーを効果的に伝えるのに役立ちます。

また、モバイル対応で、スマートフォンやタブレットからでも利用できるので、場所や時間を選ばずにつかえます。

Motionは視覚的にインパクトがあり、かつ見やすさにもこだわったサイトを構築したいビジネスに適しています。

Expanse

「Expanse」はShopifyのテーマで、特に多様な商品カテゴリーや大規模なストアに適しています。

このテーマは、整然としたデザインと高度なカスタマイズ性を組み合わせ、大量の商品を効果的に表示できます。

カテゴリー別のサブメニューやフィルタリングオプションを提供し、顧客が商品を探しやすくします。

また、モバイルフレンドリーで、スマートフォンやタブレットからもスムーズなショッピング体験を提供します。

Expanseは、大規模な商品カタログを管理するビジネスに向いており、効率的なオンラインストア運営をサポートしてくれます。

Flow

「Flow」はShopifyのテーマで、クリエイティブな商品やブランドに適しています。

このテーマは、豊富なメディアコンテンツやストーリーテリングに焦点を当てており、ビデオヒーローセクションや豪華な画像スライダーを活用できます。

カスタムバナー、商品フィルター、ユーザーフレンドリーなナビゲーションも提供され、ブランドメッセージの伝達と商品の強調が容易です。

モバイルにも対応し、スマートフォンからも美しい表示を実現。

Flowは視覚的なストアを構築し、ブランドのクリエイティブ性を最大限に活かすのに適しています。

Pipeline

「Pipeline」はShopifyのテーマで、特にアパレル、ファッション、アクセサリーなどのファッション関連ストア向けにデザインされています。

このテーマは、洗練されたデザインと高度なカスタマイズ性を組み合わせ、商品の魅力を引き立てます。

ヒーロービデオセクションやスライドショーギャラリーを活用し、視覚的なインパクトを持たせることができます。

また、カートドロップダウン機能やユーザーフレンドリーなヘッダーメニューなど、ショッピング体験を向上させる機能も備えています。

もちろんモバイル対応で、スマートフォンからもスムーズなショッピングを提供します。

Pipelineはファッションブランドに適しており、商品の魅力を最大限に引き出すデザインを提供します。

Shopifyのテーマを選ぶ際のポイント

目的に合ったテーマを選ぶ

Shopifyのテーマを選ぶ際には、ビジネスの目的に合ったテーマを選ぶことが重要です。以下はそのポイントです。

  1. ビジネスの目的を明確にする: まず、自社のビジョンと目標を明確にしましょう。オンライン販売、ブランドの強化、コンテンツの展示など、目的に合わせてテーマを選びます。
  2. デザインとブランド一致: テーマのデザインはブランドイメージと一致する必要があります。色やフォント、レイアウトなどがブランドに合ったものか確認しましょう。
  3. モバイルフレンドリー: モバイルユーザーが増加しているため、レスポンシブデザインを持つテーマを選びましょう。スマートフォンやタブレットからも使いやすいことが大切です。
  4. カスタマイズ性: テーマがカスタマイズ可能であるか確認し、自社のニーズに合った調整が可能かどうかを考えます。カスタマイズが簡単かどうかもポイントです。
  5. サポートとアップデート: テーマの提供元がアップデートやサポートを提供しているか確認しましょう。セキュリティやバグの修正が必要な場合、頼りになるサポートがあると便利です。
  6. 速度とパフォーマンス: ページの読み込み速度が速いかどうかも考慮しましょう。遅いページは顧客を失う可能性が高まります。
  7. 評判とレビュー: テーマの評判やユーザーレビューをチェックして、他のユーザーの経験から学びましょう。
  8. コスト: 予算を考慮し、目的に合ったテーマが提供する機能と価格を比較検討しましょう。

以上のポイントを考慮して、ビジネスの目的に最適なShopifyのテーマを選びましょう。

テーマの選択はオンラインビジネスの成功に大きく影響しますので、慎重に検討してください。

ターゲット層が購入しやすいレイアウトか?

Shopifyテーマの選択において、ターゲット層が購入しやすいレイアウトは重要なので、使いやすいデザインを選べるかが鍵となります。

シンプルなレイアウトは、ユーザーが商品を見つけやすく、購入プロセスをスムーズに進めるのに役立ちます。

商品の魅力を引き立てるため、高品質な商品画像を大きく表示し、簡潔で魅力的な商品説明を提供しましょう。

また、購入ボタンなどは明確に配置し、ユーザーがアクションを起こしやすくする必要があります。

さらに、モバイルファーストのデザインを採用して、スマートフォンやタブレットからも快適な購入体験を提供しましょう。

カテゴリーやフィルタリング機能を導入することで、ユーザーは特定の商品を迅速に見つけることができ、購入意欲が高まります。

これらの要素を考慮して、ターゲット層に最適な購買環境を提供するShopifyテーマを選択しましょう。

販促活動に必要な機能は搭載されているか?

販促活動にはさまざまな機能が必要です。Shopifyテーマ選択時には、これらの機能がテーマに搭載されているかを確認しましょう。

例えば、プロモーションバナーを掲載できるか、セールスプロモーションを簡単に統合できるか、クーポンコードをスムーズに適用できるか、関連商品を効果的に表示できるかなどが重要です。

また、顧客のエンゲージメントを高めるために、ソーシャルメディア共有ボタンや製品レビュー機能が必要です。

ストアニュースレターの購読フォームも顧客とのコミュニケーションを強化するために重要です。

最も重要なのは、これらの機能がテーマ内で容易にカスタマイズできるかどうかです。

自社の販促戦略に合わせてデザインや機能を調整することが不可欠です。

テーマがこれらの要求に応え、販促活動を効果的にサポートするかどうかを検討し、適切なテーマを選択しましょう。

無料もしくは有料テーマのどちらを使うか

無料と有料のShopifyテーマの選択は、ビジネスのニーズ、予算、目標に応じて検討することです。

無料テーマは初期費用がかからず、手軽にスタートできます。しかし、制限があることが多く、カスタマイズや高度な機能が限定的です。

小規模なビジネスやスタートアップには適していますが、成長するにつれて制約を感じることがあります。

一方、有料テーマは一定の費用がかかりますが、高度な機能やカスタマイズが可能で、プロフェッショナルな外観やユーザー体験を提供します。

大規模なビジネスや特定のデザイン要件を持つ企業に適しています。また、有料テーマは通常、サポートやアップデートも充実しています。

最終的には、ビジネスの規模、予算、要求事項を総合的に考慮し、適切な選択を行いましょう。

例えば、初めてのオンラインストアなら無料テーマからスタートして、ビジネスが成功を収めるにつれて有料テーマに切り替えることもできます。

要するに、テーマのコストと提供する価値をバランスよく考えることが大切です。

サポート体制を確認

テーマの選択において、サポート体制を確認することは事前に重要なステップです。

提供元のサポートが強固で信頼性があるかどうかは、ストアの運営に直接影響を及ぼす要因です。

まず、提供元がどのようなサポートオプションを提供しているか確認しましょう。

一般的なオプションには、メール、チャット、電話などが含まれます。

そのため選択肢が豊富であるほど、問題発生時に適切なコミュニケーション手段を選びやすくなります。

また、サポートの対応時間やサポートスタッフの専門性も重要です。

24時間体制でサポートを提供しているか、または特定の時間帯のみ対応しているかを確認しましょう。

さらに、提供元のテーマに関する知識や経験を持つサポートスタッフがいるかどうかも検討すべき点です。

アップデートやセキュリティパッチの提供もサポートの一環です。

定期的なテーマのアップデートがあるか、セキュリティの問題に対応するためのパッチが提供されるかどうかを確認し、ストアの安全性を確保しましょう。

テーマ提供元のサポート体制を詳細に検討し、問題が発生した際に迅速かつ効果的に対処できるかどうかを確認することは、Shopifyストアの運営において非常に重要な要素です。

Shopifyのテーマを使って効果を上げる機能

カゴ落ち対策

Shopifyテーマの機能において、カゴ落ち対策は非常に重要な要素です。

カゴ落ちは、顧客が商品を選んでカートに入れたにもかかわらず、購入手続きを完了しない状況を指します。これを解決するために、テーマの機能が役立ちます。

  1. 自動保存のカート: 顧客がカートに商品を追加すると、自動的に保存され、再訪時にそのまま続きから購入できるようにする機能です。これはユーザーエクスペリエンスを向上させ、カゴ落ちを減少させます。
  2. リマインダーアラート: カートに商品を追加したが購入手続きを途中で中断した場合、リマインダーアラートやEメール通知を送信して顧客に思い出させる機能が役立ちます。
  3. アプリの統合: カート復元アプリやリターゲティングツールなどのアプリとの統合がスムーズに行えるテーマは、カゴ落ちの問題に対処するのに役立ちます。これらのアプリはリマーケティング広告を活用して顧客を再びサイトに誘導するのに役立ちます。
  4. シンプルなチェックアウトプロセス: 複雑なチェックアウトプロセスはカゴ落ちを促進します。テーマがシンプルで効率的なチェックアウトプロセスを提供することで、ユーザーが購入を簡単に完了できるようになります。
  5. 送料と税金の透明性: 高額な送料や予期せぬ税金は購入を中断する原因となります。テーマが送料と税金を透明に表示することは、顧客の安心感を高め、カゴ落ちを減少させます。
  6. 信頼性の高い支払いオプション: 多くの支払いオプションを提供し、セキュリティを確保することは、顧客が購入を続ける動機づけになります。

これらの機能を備えたShopifyテーマを選ぶことで、カゴ落ちを最小限に抑え、売上を増加させることができます。

カゴ落ちは顧客の関心を引きつけるチャンスでもあり、効果的な対策を講じることは重要です。

商品の見つけやすさ

商品の見つけやすさ機能は、オンラインストアの成功に不可欠です。

これには、直感的なナビゲーションメニュー、効果的な検索機能、カテゴリー別の分類、フィルタリングオプション、関連商品の表示、詳細な製品ページが含まれます。

顧客が迅速かつ容易に目的の商品を見つけられることは、購買率を向上させ、ユーザーエクスペリエンスを向上させる重要な要素です。

適切な商品の見つけやすさ機能を備えたShopifyテーマを選択し、顧客に快適なショッピング体験を提供しましょう。

商品ページの見やすさ

商品の見つけやすさ機能は、オンラインストアの成功に直結する要素の一つです。この機能は、顧客が簡単かつ迅速に目的の商品を見つけ、購入手続きに進むために不可欠です。

商品ページの見やすさは以下のことに注目して選ぶようにしましょう。

  1. 直感的なナビゲーションメニュー: ユーザーがストア内を探索する際、直感的で分かりやすいナビゲーションメニューが重要です。カテゴリー別に商品を整理し、サブカテゴリーを用意することで、顧客は関心のある商品に簡単にアクセスできます。
  2. 効果的な検索機能: キーワード検索がスムーズに行える機能は欠かせません。オートコンプリートやスペルチェックなどの機能を備えた検索バーを提供し、顧客が誤字脱字を気にせずに検索できるようにしましょう。
  3. カテゴリー別の分類: 商品を関連性の高いカテゴリーやタグで分類しましょう。これにより、顧客は興味を持つカテゴリーを簡単に探し出すことができます。
  4. フィルタリングオプション: 顧客が検索結果を絞り込むためのフィルタリングオプションを提供し、価格、カラー、サイズなどで結果を絞り込むことができるようにします。
  5. 関連商品の表示: 製品ページには関連商品を表示し、クロスセルとアップセルを促進しましょう。これにより、顧客が他の商品もチェックしやすくなります。
  6. 詳細な製品ページ: 製品の詳細情報、高品質な画像、顧客レビュー、在庫状況などを詳細な製品ページに表示し、顧客が製品についての情報を豊富に得られるようにします。

これらの要素を備えたShopifyテーマを選択することで、顧客にとって見つけやすく、シームレスなショッピング体験を提供できます。

見つけやすいオンラインストアは、顧客の満足度を高め、購買率を向上させるのに貢献します。

画像読み込み・処理速度

画像読み込み・処理速度はオンラインストアの成功に大きく影響します。適切な速度を確保するには以下のポイントが重要です。

  1. 軽量な画像: 画像は高品質でも容量を抑える工夫が必要です。適切なフォーマット(JPEG、PNG、WebPなど)を選び、圧縮を施してファイルサイズを最小限に抑えましょう。
  2. 画像の最適化: 画像の最適化ツールを使用して、解像度を最適化し、不要なメタデータを削除します。これにより読み込み速度が向上します。
  3. CDNの活用: コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)を使用して、画像をグローバルに配信し、ユーザーの位置に最も近いサーバーから画像を提供します。これにより読み込み速度が高速化されます。
  4. 遅延読み込み(Lazy Loading): 遅延読み込みを実装し、ページが表示されるまで画像を読み込まないようにします。これにより、初期ページ読み込み速度が向上し、ユーザーエクスペリエンスが向上します。
  5. リサイズとクロップ: 画像を適切なサイズにリサイズし、ページで表示するサイズに合わせてクロップします。これにより、無駄なデータの転送を減少させます。
  6. キャッシュの活用: サーバーサイドキャッシュやブラウザキャッシュを有効に活用し、再訪するユーザーには読み込み速度を向上させます。
  7. 画像遅延読み込み: 画像の一部を初めに表示し、ユーザーにコンテンツを即座に提供し、他の画像をバックグラウンドで読み込むテクニックを採用します。

これらの対策を講じることで、画像の読み込み速度と処理速度を最適化し、ユーザー体験の質を向上させ、オンラインストアのパフォーマンスを向上させることができます。

カスタマイズしやすさ

Shopifyテーマのカスタマイズしやすさは、オンラインストアを自分のスタイルに合わせて変更できるかどうかを意味します。

簡単にデザインや機能を調整できるテーマは、ビジネスの個性を表現し、顧客に良い印象を与えます。

カスタマイズが簡単で、特別な技術が不要なテーマを選ぶと、ストアの見た目や機能を迅速に変更できます。

その結果、ビジネスニーズに合わせた柔軟性が得られ、ストアを成功させるのに役立ちます。

SEO対策

SEO(Search Engine Optimization)対策は、オンラインストアを検索エンジンで上位に表示させるための重要な戦略です。

キーワードの適切な選定と配置、ユーザーフレンドリーなURL構造、高品質なコンテンツの提供、モバイルフレンドリーなデザイン、高速なページ読み込み速度、内部リンクの最適化などが重要です。

また、リンクビルディング戦略やソーシャルメディア活用もSEO向上に貢献します。

これらの要素を継続的に最適化し、検索エンジンからのトラフィックを増加させ、オンラインビジネスの成功につなげましょう。

まとめ

Shopifyのおすすめテーマを紹介していきました。テーマは100種類以上ありますが、ブランドや商品イメージなどに沿って選ぶ必要があります。

そのほかにもアイテムの見つけやすさ・検索機能など機能面でもこだわって最適なテーマを見つけましょう。

Webマーケティングにお困りではありませんか?
  • 運用はしているが効果が出ない、認知・成果が上がらない
  • 時間をかけれず、分析はおろか更新 運用も手が回らない
  • SNSアカウント持ってないけど、始めてみたい
経営者・マーケティング担当者・広報担当者必見! Radineerでは、Web制作やオウンドメディア運用やSEO対策、Web広告運用など各分野のスペシャリストが在籍し、お客様を徹底サポート。 現在、各種お役立ち資料や会社概要・サービス資料を公開しております。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

執筆者

DXマーケティングやAIを事業に落とし込んで事業成長したい企業のマーケティング担当者・広報担当者、経営者、個人事業主向けに、マーケティングの基礎、成功ノウハウの提供・成功事例を紹介する専門メディアを運営しています。

目次