MEO対策格安事業者おすすめ人気ランキング2024年7月最新【選び方や料金を徹底解説】

MEO対策・SEO対策などの言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

集客方法の1つとしてMEO対策はとても有効です。しかし、素人がいきなりMEO対策をやろうとしても、何から手を付けていいか分からないこともしばしば。

そこで専門の業者に外注をしたいと考えるのは普通です。

しかし、初めてなのであまり費用はかけられない・できれば格安で業者を探したいと思うのもこれもまた普通の流れでしょう。

そこで今回は、MEO対策を外注できるおすすめの格安業者を紹介していきます。

料金だけでなく強みやプラン内容なども詳しく紹介するので業者選びの際にお役立てください。

目次

そもそもMEO対策って?

MEOとは、Google Mapにおける「地図エンジン最適化(マップ検索エンジン最適化)」のことを指します。

SEO対策という言葉を聞いたことがある人であれば、イメージしやすいのではないでしょうか。

例えば「カフェ 表参道」「ネイルサロン 青山」といったように「業種名×地域名」「サービス名×地域名」で検索したときに、ローカル検索結果に上位表示されるように対策するのがMEO対策というものです。

カフェやネイルサロンといった業種は競争も激しく集客がとても重要になるので、常に順位を気にする必要があります。

MEOの目的

MEOは地図検索の上位表示を目指すものですが、順位アップが目的ではありません。

検索上位はあくまでも手段であり、最終目標は検索ユーザーが店舗ビジネスを認知し、来客してもらうことです。
そのため、店舗集客につながる対策をしなければ意味がありません。

店舗集客につなげるためには、検索上位を獲得し認知度を上げ、店舗の魅力を最大限に伝え、来店したくなる要素を多くアピールすることが重要です。

MEO対策とローカルSEOとの違い

SEOとは、検索エンジンにてキーワード検索をした際に、自社のウェブサイト(ウェブページ)を検索上位に表示させる施策全般のことを意味します。

ローカルSEOは、それらSEO対策のうち地域性に特化した対策のことを指し、店舗や地域性の高いビジネスの最適化施策を指します。

そのため、厳密にはMEOはローカルSEOのうち、地図検索に特化したGoogleビジネスプロフィールの検索上位を目指す施策全般のことを指します。

検索結果には、地域にフォーカスしたウェブサイトだけでなく、Googleビジネスプロフィールの店舗情報を表示させることも含まれます。

ローカルSEOという大きな概念の中で、マップ検索に特化した対策がMEOというイメージを持っておくと理解がスムーズかもしれません。

ランキングはGoogleへの対策として操作するものではなく、SEOと同様に、ウェブサイトに「ユーザーが求める情報」をコンテンツとして発信していくこと。

また、Googleマイビジネスで地道にレビューを集め、自社情報を投稿し続けた結果として、集客に反映されるものであると理解してください。

マップ検索で上位表示される仕組み

「特定の地域にフォーカスした検索結果」は日常生活のさまざまな検索シーンに登場します。

たとえば、「京都 和食」や「眼科 新宿」などのように、検索キーワード自体に地域名が入っていると、地域に特化した検索結果が表示されます。

ユーザーが、「特定のエリアに絞った情報を知りたい」ことが明らかなので、検索エンジンもそれに合わせた結果を返そうとするからです。

特定の地域名が入っていなくても、地域に特化した検索結果が出ることもあります。具体的には、店舗やオフィスなど、「物理的に存在する場所に行くこと」がユーザーの目的(検索意図)になっているキーワードでは、検索エンジンが自動的に地域に特化した検索結果になります。

そのため、店舗や診療所を探しているようなキーワードは、エリアが入ってなくても、地図と一緒に近くのお店が表示されるという仕組みなのです。

MEOの評価ポイント3つ

検索キーワードとの関連性

検索キーワードとどれくらい関連性が高いかを評価します。
まずはカテゴリとの関連性が重要ですが、ビジネスの種類により、関連するキーワードは多岐にわたります。

キーワードの検索意図や検索シチュエーションを捉え、関連トピックを掘り下げ細分化し、幅広く関連付けていくことが大切です。

検索される場所から店舗との距離

評価として、検索している位置情報からどれくらいの距離かも評価要因です。
検索キーワードによっては、特に距離が優先されるものがあります。

店舗や企業の知名度(視認性)

ビジネスが一般にどれくらい認知されているか、オンライン・オフライン問わずどれくらい知られているかが評価要因となります。

Google公式ガイドラインでは「視認性」と表現されていますが、具体的にはオンライン上に自社のビジネス情報が表示、掲載されているか、あるいは、口コミや評価としてSNSやポータルサイトに言及されている情報が多いか、などが評価されます。

MEO対策の契約プラン

成果報酬型

成果報酬型のプランは、施策の結果上位表示されたキーワードに対して費用を払う仕組みのものです。

そのため、対策を行うキーワードによって難易度も異なるので料金もまちまち。

この後紹介する月額固定型よりも高額傾向なので、人気のないキーワードや、そもそも競合が少ないエリアでMEO対策を依頼すると、費用対効果が悪いというケースもあるので注意しましょう。

キーワード数は3個~5個程度設定し、その中で3位以内にランクインした場合に課金されるのが一般的です。

固定月額型

月額固定型は、MEO対策のノウハウや定期的な施策に対して決められた金額を支払うタイプのプランです。

一般的に成果報酬型よりも格安傾向で、定期的に施策を行ってくれることが特徴。

また表示順位以外のサポートも行っている会社が多いところもメリットです。

ただし、結果に関係なく費用が発生してしまうので、仮に上位表示されなくても同様の費用がかかることに注意しましょう。

払いきり型

払い切り型は1回きりの施策費用を払うだけで、その後費用が発生しない契約期間が無いサービスです。

MEO専門業者以外の会社が提供している場合が多いです。

基本的には、成果報酬型か月額固定型のどちらかから選ぶことになるでしょう。

MEO対策業者の契約期間

一般的には、半年~1年単位での契約になります。そのため1か月契約・2か月契約といった短期のものはないので注意しましょう。

MEO対策の効果自体が中長期的に見ることが求められる施策だからです。

業者探しをする際には、契約期間を念頭に置き、サービスの特徴を含めて複合的に比べるようにしましょう。

MEO対策を専門業者に依頼するメリット

売上につながる可能性の高いユーザーが多い

MEOにおいては、「地域・エリア名+サービスジャンル名」などで検索されるため、「今まさにお店を探している」「いますぐお店に行きたい」など来店する確率が高い(=売上につながる可能性が高い)来訪者を期待できます。

またGoogleマイビジネスの設定を正しく行うことによって、電話やウェブ予約など直接的なアクションを促すことができるようになります。

直接的な費用をかけずに取り組むことができる

SEO対策やリスティング広告(=PPC広告)などは、コンテンツを作成したり、広告の配信設定によって多くの金銭費用を投資する必要があります。

また大手のポータルサイトも基本的にはお金を払えば払うほど上位表示される仕組みをとっているケースが多いため、集客コストは頭の痛い問題でした。

MEOは無料で使えるGoogleマイビジネスを中心に施策を実行することができるため、お金を投資することなく、空き時間を見つけてコツコツと進めることができます。

レビューや口コミを獲得して信頼を高められる

MEO対策の大きなウエイトを占めるのが、Googleを経由したレビューの獲得です。このレビューや口コミを獲得することで、結果的にお店への来店率を向上させることができます。

飲食や物販などを中心として、インターネットでの購買行動において、レビューや口コミは欠かすことができないものになりつつあります。

多くの消費者は、「より信頼できるお店選び」「安心できるお店探し」を求める傾向はこの先も続いていくでしょう。MEO対策も集客を目的として行うものなので、一石二鳥。取り組まない理由はありません。

サイトや事業の規模に関係なく競争できる

コストの文脈でもお伝えしたように、SEOは費用をかけずに対策することが非常に難しいのが現状です。

またそういったプロモーションに投資できる大手企業やポータルサイトが優位であることは言わずもがなです。

一方でMEO対策は、ターゲットとする地域を限定することで競合はより少なくなりますし、Googleマイビジネスアカウントを所有した実店舗だけが表示されるという点でもフラットに公平に競争することができるのが魅力です。

SEO対策より短期間で上位表示可能

MEO対策はSEO対策に比べて上位表示までの期間が短い傾向にあります。SEO対策は内部構造を整えたり、コンテンツを追加したりと、サイト全体に施策を施さなければなりません。そのため一般的には上位表示まで6ヶ月~1年はかかります。

しかしMEO対策の場合は、早ければ1週間ほどで上位表示を実現することができます。費用的な面でも期間的な面でもSEO対策より魅力的です。ま

た、MEO対策はSEO対策よりもランニングコストがリーズナブル。SEO対策は最低でも月額30万円ほどかかるのに対して、MEOは月額数万円ほどであることが多いです。

本格的に対策している競合が多くない

SEO対策やWeb広告、媒体掲載などの施策は今や当たり前の施策です。取り組んでいる企業はたくさんあります。しかし、MEO対策が広く認知されはじめたのは最近です。さらに、ほかの施策に比べると運用にかける手間、費用などの負担が少なく済むことから、自力で実施する企業が多いです。

それゆえに優先度が低くなりやすく、とりあえずビジネスプロフィールを開設しただけで、本格的に対策していない企業がほとんどです。

対策に力を入れることで、ローカル検索での自社ビジネスの優位性を確保することができます。競合と差をつけられます。

MEO対策がおすすめな特徴は?向いていない業種は?

MEO対策が向いている業種の特徴

全ての業種がMEO対策をすれば、狙った効果や集客が望めるというわけではありません。ここではMEO対策が向いている業種の特徴などを紹介していきます。

実店舗を持っている

MEO対策は前提として実店舗を持っているビジネスが向けの対策です。理由は2つあります。

まず、MEO対策を始めるに当たってGoogleマイビジネスへの登録が必須になり、Googleマイビジネスへ登録するには住所の入力が推奨されます。

住所なしでも登録できますが、その後のオーナー確認が大変だったり、掲載順位も低くなることが考えられます。

そして、MEO対策は「地域+業種」など特定のエリアに関するキーワードで検索され、マップと共に検索結果に表示されます。ユーザーの検索意図としても、直近でそのエリア内のニーズを満たした場所を訪れたいという意思があります。

そのため、実店舗のないビジネスはそもそも検索ユーザーが訪れることができないため、対象から外れてしまいます。

「エリア名+業種」のキーワードで検索される

ユーザーがお店を検索する時、「エリア名+業種」、「地域名+食べ物」のように「地域名+ニーズのキーワード」で検索することをローカル検索と言いますが、このローカル検索で自店の情報を上位表示させるための対策をMEO対策と言います。

そのため、下記の例のように、エリア名と一緒に検索されるキーワードを持つビジネスがMEO対策に向いています。

  • 新宿 美容院
  • 銀座 フレンチ
  • 六本木 クラブ

見込み客のスマホ使用率が高い

店舗に来店する見込み客のスマホ使用率が高ければ、スマホを利用してお店の情報をチェックしている確率が高いということになります。

Marketing Research Camp」の調査によると、10代~60代で約80%の人がスマホを所有していることが分かりました。

なお10~40代の男女1,000人以上を対象としたアンケートによると、飲食店検索にスマホを利用する人は80~90%で、さらに70~80%の人が飲食店検索アプリなどではなくWeb検索を行っていることがわかっています。

参考:【全年代】SNS利用と、年代別飲食店の探し方

これらのことから、10~40代が見込み客である店舗は、MEO対策を行うことで集客率をアップできる可能性があるといえます。

MEO対策の効果が出にくい業種

実店舗のないサービス

Googleマイビジネスに自店の住所を登録すると、Googleマップ上に店舗の位置が表示されます。

非店舗型サービスの場合、登録自体は可能ですが、地図上に場所を表示することができないためMEO対策の効果は出にくいでしょう。

BtoBがメインのサービス

MEO対策の効果があらわれやすいのは地域密着型のサービスです。

つまり、企業をメインターゲットにしているBtoBがメインのサービスには適していないので、MEO対策をしてもほとんど意味がありません。

Googleマップに結果が表示されないサービス

自店がアピールしたい検索語句を用いて検索しても、Googleマップ上に結果が表示されないようなサービスは、MEO対策をしても意味がありません。

あくまでも、MEO対策はGoogleマップに結果が表示され、その上位3位以内に入ることを目的として行う対策なので、表示されなければやる意味がないのです。

今後、Googleの仕様が変更されることも考えられますが、まずは検索語句でリサーチして、自店の競合が表示されるかをチェックしましょう。表示されないなら、現時点でのMEO対策は必要ないといえます。

口コミや評価が低いサービス

Googleマイビジネスに登録した店舗やサービスは、検索結果画面に店舗情報と併せて口コミや評価も表示されます。

この口コミや評価は、利用した方の率直な意見になるため、評価が低いとそのままお店のイメージに直結してしまいます。

口コミや評価が著しく低い場合は、MEO対策を行う前に、まずは口コミへの丁寧な返信やサービス内容の見直しを行うようにしましょう。

MEO対策は、それらが改善されてからでも遅くありません。

MEO対策の効果が狙える業種

MEO対策はどの業種・業界・仕事にもおすすめというわけではありません。MEO対策が特に効果的といえる業種の特徴を挙げていきます。以下はおすすめな業種一覧です。

  • 飲食店
  • 美容関係
  • 病院・クリニック
  • 施術店
  • 教育関連施設
  • 不動産関連
  • 宿泊施設
  • 士業

飲食店

ご飯を食べに行くことになったとき、真っ先にWeb検索を行う人がほとんどでしょう。

その際、「地域名(エリア名)+食べ物」といった検索方法で探す人が多いため、飲食店はMEO対策をすることで集客率を飛躍的に上げることができます。

飲食店は競合も多く、MEO対策しても結果が出にくいと思うかもしれませんが、実はやり方次第で上位表示は十分可能です。

飲食店といえば、ポータルサイトの利用が定番ですが、予算的に厳しい状況のお店もあるでしょう。

その点、MEO対策はプロにまかせたとしてもそれほどお金がかからないという特徴があるので、安価に対策できるのです。

例えば、イタリアン・中華料理・日本料理・ラーメンなど、お店で提供する料理名や店舗の業態によってもキーワードを変えることができるため、競合とかぶりにくいキーワードを見つけることができ、上位表示が狙いやすくなります。

美容関係

美容関係のお店、例えば美容院であれば駅名(地名)+美容院と検索するユーザーが多く、MEO対策を行っている美容院はポータルサイトよりも上の部分に表示されるので集客が見込めます。

美容院以外には、ネイルサロンやエステサロン・脱毛サロンなどもおすすめです。

理由としては、ポータルサイトよりも上に表示されることと、投稿機能の活用範囲が広いこと、そして店舗の立地や内装をアピールするのに役立つからです。

また、Googleマイビジネスには投稿機能というものがあり、キャンペーンやクーポンの発行などができるため、フル活用すれば自店を存分にアピールすることが可能です。

店舗の立地や内装の画像もユーザーに見てもらうことができ、イメージアップにもつながります。

病院・クリニック

病院やクリニックを探すときは、「地域名+診療科目」「地域名+診療目的」「地域名+症状」などで検索する人がほとんどです。

内科や外科・歯科・皮膚科など病院関係であれば、ほぼ当てはまるでしょう。

また、病院という特性上、家の近くで探す人が多いというのも向いている理由の1つといえます。

病院を探すときは急いでいる方も多いので、上位表示された病院やクリニックが選ばれやすいという特徴もあります。

施術店

施術店とは、整体院・接骨院・マッサージ・カイロプラクティック・針きゅうなどの施術全般のお店のことを指します。

今まで紹介してきた店舗のジャンルの中でも特にMEO対策を行っているところが少ないのが特徴です。また、写真も掲載されるので施術風景や店内なども知ってもらいやすいです。

さらにキャンペーン・サービスなどもアピールしやすい「投稿機能」を使うことで、より競合と差を付けることも可能です。

施術店も、家の近くや勤務先の近くで探すことが多いため、「地域名+施術内容」で上手にキーワードを選ぶといいでしょう。

教育関連施設

塾や予備校といった教育関連施設は、まだそれほどMEO対策を行っていないところが多いので、先手を打つことで上位表示される確率が高くなります。

地域に根付いた施設がほとんどで長期的に運営する場合が多く、MEO対策の効果が出やすい業種といえます。

メインとなるターゲットが絞られるので、キーワード選定がしやすいというメリットもあります。

比較的初心者の人でもニーズ選定が難しくないのではないでしょうか。

不動産関連

不動産関連の業種もまだまだMEO対策を行っているところが少ないのが現状です。

また、地域密着型の会社が多く、「駅名(地域名)+不動産会社」という検索方法を取るユーザーがほとんどであることから、Googleマイビジネスと相性がいい業種といえます。

施工例の画像などを載せられるので、ユーザーがイメージしやすいように工夫することができます。

宿泊施設

宿泊施設もGoogleマイビジネスの投稿機能をフル活用できる業種です。外観や内装を見てもらうことによって集客につながります。

旅館やホテルのほかに、温泉施設やビジネスホテル・ゲストハウス・民泊などが該当します。

上位表示されることで、利用した方が口コミを投稿しやすくなるので、口コミを見た方が泊まりにきてくれるという好循環が生まれやすいのもメリットです。

地域密着型で、「地域名+ホテル(旅館)」といったキーワードで検索されることが多く、上位表示されれば他社より優位に立つことができます。

士業

士業関係の業種も地域名で探すユーザーが多いのでMEO対策の成果があらわれやすいです。

また、1件成約するごとに数十万円~数百万円といった利益につながる業種のため、費用対効果が非常に高いといえます。

MEO対策の格安業者を選ぶポイント

MEOに関する情報発信をしているか

業者を選ぶときに、業者のホームページなどでMEOに関する情報発信をしているか」は重要なポイントになります。

なぜなら、MEO対策業者の中には、簡易的に概要のみを掲載しているところもあるからです。

しかしMEO対策はSEO対策と同様にGoogleMap上に表示されるアルゴリズム(ルール)は頻繁にアップデートされていきます。

さらに業種や業界によってはビジネスプロフィール内の設定項目が追加されているなど最新情報を把握していないと効果的な対策が出来ません。

そのため、ブログやSNSなどで情報発信をこまめにしている会社かどうかでMEO対策に精通しているかを見極める一つのポイントとなるということです。

実績があるか

当然のことですが、MEO対策を講じてその結果上位表示を出しているかという実績の有無を見ることは大切です。

できれば同じ業界の実績を出している業者を探すことをお勧めします。

例えば「結婚指輪のオーダーメイド会社」であれば、ほかの地域での受注実績があるかの確認がおすすめ。

実績を確認する際は取引社数だけではなく、実際にどのくらい問合せが増えたのか。

どのキーワードで順位がどのくらい上がったのか。などもしっかりとチェックする事をお勧めします。

MEO対策の業者に確認した時に丁寧に実績を紹介してくれる会社を選ぶようにしましょう。

料金プラン・契約期間

MEO対策は業者によってプラン内容が異なりますので、しっかりとプラン内容のチェックをするようにしましょう。

契約形態は、「成果報酬型」又は「固定報酬型」のどちらかで展開している業者が多いです。自店舗の資金・予算などのバランスを見ながら代行を依頼するのが良いでしょう。

キーワード選定

キーワードの選定はMEO対策の上で最も重要な施策の1つに挙げられます。

どの検索キーワードで対策するかは、検索ボリュームや競合店舗の確認などをしつつ決めていきましょう。そこで適正になるキーワードかを見極めていきます。

もし適正でないキーワードで対策を進めてしまうと、検索順位・来客数に動きがなく、対策の意味もなくなってしまいます。

Googleのガイドラインを遵守しているか

Googleマイビジネスには、Googleに掲載するローカルビジネス情報のガイドラインが設置されています。

そのため、これらのガイドラインをしっかり守っている業者かどうかは必ず確認しましょう。

ガイドラインとは、Googleマイビジネスを利用するオーナーを対象としたルールであり、対策として推奨するやり方や禁止事項など、あらゆるポイントが記載されています。

Googleマイビジネスを活用するにあたり、ガイドラインに従う管理を行うことは大前提です。ルールを理解したうえで、ガイドラインに記載されている推奨事項を取り入れていけば、検索結果によい影響を与えるでしょう。

反対に、禁止事項・ポリシー違反に該当する、口コミでの誹謗中傷や不適切な情報の配信を行うと、ビジネス情報が上位表示されなくなる恐れがあるため注意してください。

結果は中・長期的な目線で見る

MEO対策は、修正や追記など手を加えてもすぐ効果がでるものではありません。SEO対策と比較して短時間で効果が出やすいといわれるMEO対策であっても、検索結果の順位変動には3カ月程度かかると想定しておきましょう。

キーワードの検索ボリュームが大きくなるほど、効果が出るまでの期間が長くなり、場合によっては半年かかることもあるのです。

効果が目に見えないと、MEO対策は意味がない、手間や時間がかかるだけだと思いがちです。

あきらめずに、キャンのペーン情報や新商品の宣伝、SNSでサイテーションを集めるなど、地道な施策を続けてていきましょう。

順位計測ツールがあるか

MEO対策を依頼する業者が順位ツールを提供してくれるかを確認するようにしましょう。順位計測ツールがあれば具体的な順位の変動や効果を確認しやすくなります。

そのほかにもインサイトのデータを集計・表示してくれるツールや投稿作業を自動化してくれるツールを提供しているかどうかも確認を。

サポート体制がしっかりしているか

MEO対策は順位を上げるのが目的ではなく、集客を増やすのが目的です。

順位を上げるだけではなく、どのようにビジネスプロフィールを運用すれば良いかまで担当者がサポートしてくれるかどうかは非常に重要です。

「レビューの返信の仕方」「レビューの獲得方法」「写真のアップ」「投稿」などお問い合わせを増やすために工夫すべきポイントは多くあります。

これらの運用方法をしっかりとアドバイスしてくれる業者かどうかもとても重要です。

契約内容を確認する

契約内容の確認では、「契約が終わったときにアカウントが削除されないか」を見逃さずに!

もし記載されていない場合は業者側に確認をして、必ず書面など形に残るもので保管しておきましょう。

なぜならもし悪質な業者に依頼をしてしまった場合、契約終了時に「アカウントを作ったのはこちらなので、契約を終了するならアカウントを削除する」もしくは「契約を終了するなら、行った施策は全て初期状態に戻す」と迫ってくる業者も存在するからです。

解約できなくするための悪手なので、契約内容はよくよく確認しましょう。

他社の悪口を言っていないかどうか

当たり前のことではありますが、競合会社の悪口などを公表している会社はおすすめしません。

自社のサービスに自信を持っていれば、あえてそんなことをいう必要もないからです。

他社の悪口をいう営業マンが来た場合にも注意しましょう!

MEO対策を格安業者に依頼する際の注意点

ターゲット地域を持たないビジネスは効果を得にくい

MEOは特定の地域をターゲットとした店舗集客に結び付けるビジネスに向いています。 そのため、店舗やターゲット地域を持たない業種、例えばネットショップのみのビジネス等はMEOの必要性はないでしょう。

ビジネスによっては口コミを得るのが難しい

飲食店や施設運営の場合は利用者の口コミを得やすいが、業種によっては口コミが得にくいものがあります。

また良い口コミばかりではなくネガティブ評価のレビューやクレームなど投稿される場合もあります。

とは言え、MEOはデメリットと言えるものはとても少なく、特定の地域をターゲットとしたローカルビジネスには大きなメリットをもたらします。

評価の低いレビューや嫌がらせを目的とした口コミが投稿される

当然ですが、ユーザーはその人の主観でレビューを書くことができます。つまりお店が期待していた評価よりも低いレベル、もっというと悪口にも近い口コミが投稿されることがあります。

Googleマイビジネスにはレビューへ返信する機能があるので、ネガティブなレビューが投稿された際には謙虚に、事実であろうレビューについては誠意を持って返信しましょう。

その誠意ある返信文章を読んでいる、多くユーザー数がいることを忘れずに!

またGoogleが定めるクチコミに関するコンテンツポリシーに違反する口コミがあった場合には、クチコミの削除をリクエストすることを検討しましょう。

ローカルパックで表示される枠が限られている

MEO対策の結果として、通常のGoogle検索に表示されるローカルパックの数は3つが代表的です。

それ以下の結果を見るためには、「さらに表示」というボタンをわざわざ開かないといけません。

この上位3つに表示されていることがとても重要で、そのためには日々の施策の積み重ねがとても大切になってきます。

MEO対策を依頼できるおすすめの格安業者

オルグロー株式会社

オルグロー株式会社は、10年以上の実績を持つ会社で、MEO対策以外にもコンテンツSEO対策・SEO対策全般のサービスを3,000社以上に行ってきた実績があります。

そんなオルグロー株式会社が提供しているMEO対策サービス「ホワイトマップ」はGoogleがユーザーに提供する情報として最適な内容の構築とSEO理論に基づく施策によりWEBからリアルへの集客効果を拡大させることを狙います。

収益につながるキーワードを絞って策定するので、費用対効果の高い施策を強みとしています。

またGoogle検索アルゴリズムの動向を日々細かく追っているので、それに伴う素早い施策変更ができるのもポイント。

さらに専属のサポート担当者がつき、加えて独自開発したシステムを提供しているので、事業者ごとに抱える課題などをフルサポートしてくれます。

MEO対策だけでなくSEO対策も行っているので、両方のサービスも受けたいと考えている会社にもおすすめの業者と言えるでしょう。

GMO TECH株式会社

GMO TECH株式会社は、「MEO Dash!」というMEO対策サービスを提供しています。

Googleマップ検索で自店舗の情報をユーザーに閲覧されるチャンスを増やし、集客につなげるサービスに定評があります。

複数拠点・店舗を構える会社に向けたサービスの提供実績も豊富で、きめ細やかなフォロー体制も評価の高い理由の1つです。

実績も3,000社以上と豊富で、検索3位以内の表示率97%と高い実績を誇ります。そのうえ顧客満足度も98%以上と申し分ありません。

なお独自開発の順位測定ツール「MEO Dashboard」を使うことで、毎日のキーワード別順位やGoogleインサイト情報の閲覧ができるようになり、Googleビジネスプロフィールの運用効率を上げることができます。

このツールはAIを活用しているのが特徴で、管理する個店・複数店のGBP投稿をよりスピーディに投稿することが可能です。

このツールでは投稿する文章を1度に3パターン生成してくれます。また投稿画像についても、4パターンの画像生成が可能であり、ダウンロードしてPCに保存してから確認をすることもできます。

効率的な情報発信を、店舗・会社側の負担をできるだけ軽くしながら行うことができるのがポイントとなっています。

MEO対策のほかには、リスティング広告やSEO対策なども行っているので、トータルでサービスを受けたい会社にもおすすめです。

株式会社トライハッチ

株式会社トライハッチは、オンラインでの施策初心者で何から始めればいいかわからないといった店舗や会社オーナー向きのサービスを提供している会社です。

導入実績2,000店舗以上の実績を誇り、プラン3つありますが主に月額固定型となっているので、毎月の費用がわかりやすいのも特徴です。

また株式会社トライハッチが提供している「MEO HATCH」というMEO対策サービスは、上位表示率も92%、ローカルパック3位以内と申し分ない実績を誇ります。

さらに独自開発したローカル検索順位計測・効果測定ツール「MEOチェキ」を活用し、MEOデータ収集をしていて、膨大なMEOデータを保持しているため効果測定を簡単に行うことができます。

そのほかに「星カクトくん」という口コミ促進・管理ツールは、予約投稿や口コミの自動返信といった便利な機能もあるので、依頼者の負担をできるだけ削減できる工夫もされています。

株式会社プロモスト

株式会社プロモストは、Webマーケティング事業やWebコンテンツを提供・展開を専門としている会社です。

株式会社プロモストが提供する「MEO Pro」は、特許取得済みのMEOチェックツールが無料で利用できるのが特徴。

プランも成果報酬型・月額固定型の2パターンの合計4プランから選べ、予算・キーワードから自社にあったものを選べます。

公式サイトのTOPページにも、MEO対策に関して細かく記載されているので、実際に依頼をするとどのように対策してもらえるかがすぐにわかります。

なお、MEO対策以外にもYahooMat対策やGoogleビジネスプロフィール一括管理ツールの提供、SEO対策やSNS広告運用などWeb上でのマーケティングを幅広く行っているので、MEO対策以外にも初めて見たい施策があればどんどん相談してみましょう。

株式会社コーボー

株式会社コーボーは10年以上の運営実績を持ち、導入実績は1,000社以上・導入店舗数は3,500点を超え、検索上位率も86%と高い実績を誇ります。

料金プランも、月額固定型以外に成果報酬型も選べるので、予算や希望・状況に合わせてベストなプランが選べます。

初期費用は無料で、着手金も発生しません。業界最安値の料金体系を強みとしているので、自分に合ったプランを探したい・できるだけ格安に抑えたいという会社・店舗にもぴったりです。

さらに「2か月間完全無料キャンペーン(2023年8月時点)」なども行っているので、MEO対策がどんなものか知りたいという場合にもいいでしょう。

無料申し込みも気軽にできるので、まずは問い合わせてみることをおすすめします。

株式会社CIN GROUP

株式会社CIN GROPはMEOやSEO、Instagramのコンサルティングサービスを主に提供している会社です。

MEO対策では、Googleビジネスプロフィールの運用代行に特化しているのが特徴で、Googleビジネスプロフィールの登録~運用までフルサポートしています。

店舗紹介文の作成や画像設定(月次更新)、サイテーション対策のほかにInstagramとの連携や投稿機能の活用など幅広い施策を手厚くサポートまたは代行してくれます。

また毎月1回、数値をレポートにまとめて報告してくれるので、自社・自店舗の施策結果が数値化されるのでわかりやすいです。

公式サイトTOPには実際にサポートした事例を細かく掲載しているので、自社・自店舗と似た業種を探したい場合や、サポートを受けた後のイメージもしやすいでしょう。

株式会社トリニアス

株式会社トリニアスは、成果報酬型でMEO対策サービスを提供していきます。導入実績4,000社以上・90%が上位表示を達成するなど、高い実績を誇っている点もポイント。

導入後2か月で8倍の結果だったケースもあるとのこと。

MEO対策以外にも「Googleストリートビュー」「HP・LP制作」「SNSマーケティング」などのWEB集客に関連するサービスも受けられるので、トータルで施策を導入したい場合にもおすすめです。

施策結果もグラフや図などで分かりやすく表示してくれるほか、専用の結果確認サイトで可視化されるので数値化されたものがわかるのも強みです。

対応エリアは全国で、公式サイトから各エリアで受けられるサービスなどもあらかじめわかります。

株式会社ヒロタケ

株式会社ヒロタケは関東エリアのみの対応となっていますが、これは「直接サポート」にこだわっているからです。

もし問題が起きたときに、実際に駆け付けられることを強みとしている故なので、対応エリアに入っている会社・店舗はぜひ検討してみてください。

料金プランは成果報酬型で上位表示された日のみを課金対象と、さらに契約期間も3ヶ月からと手軽にMEO対策を始めることができます

一般的にMEO対策は半年~1年単位での契約となっている中、3か月と短いのは珍しいです。

Googleビジネスプロフィールの登録・初期設定はもちろんおこと、Googleビジネスプロフィールの中で使う写真・動画の撮影も無料となっているのが特徴です。

Googleビジネスプロフィールにログインしなくても、成果確認が素早くできるので、まずはお試しで導入してみたいというニーズも叶えてくれます。

株式会社H2

株式会社H2は導入実績1,500社以上の実績を持つMEO対策業者です。施策内容に合わせた3プランから選べるので、希望に沿ったプランを選べます。

サイトの運用は専属の担当者がついてくれるので、集客施策はもちろんのこと、売り上げや問い合わせアップのためのサポートをマンツーマンでしてくれます。

効果の測定ツールは、自社開発のもの「G-MAC」を使って行い、セキュリティ面での安全性も十分です。

また実際に担当者が会社や店舗に訪問をしてヒアリングをしてくれるので、司直状況の報告や今後の施策について対面しながら相談できるのもポイント高いです。

もちろんZOOM会議も行っているので、お好きな方法を選べます。

株式会社BLITZMarketing

株式会社BLITZMarketingは10年以上の運営歴があり、MEO対策以外にも、Webマーケティング、WEB広告代理、WEBブランディング事業、HR事業など幅広いサポートを強みとしています。

MEO対策のほかにYouTube広告やLINE運用なども検討している会社・店舗にもおすすめです。

基本的にインターネットを通して集客から営業までフルサポートしてもらうことが可能で、クライアントのニーズを満たす最適なソリューションを提案してもらうこともできます。

確度の高いマーケティング技術でニーズにしっかり対応。期待以上の結果を届けてくれます。

なお、自社で開発したAIブランドモニターを使うことでネットでの風評を24時間で監視も可能。ネットでの監視業務を効率的に行うこともできます。

まとめ

MEO対策を格安で依頼できる業者の紹介をしていきました。

費用も大切ですが業者選びはフォロー体制やプラン・サービス内容・実績など、色々な面から総合的に判断することが大切です。

そして自社・自店舗の業種や営業スタイルに合った業者を選びましょう。

Webマーケティングにお困りではありませんか?
  • 運用はしているが効果が出ない、認知・成果が上がらない
  • 時間をかけれず、分析はおろか更新 運用も手が回らない
  • SNSアカウント持ってないけど、始めてみたい
経営者・マーケティング担当者・広報担当者必見! Radineerでは、Web制作やオウンドメディア運用やSEO対策、Web広告運用など各分野のスペシャリストが在籍し、お客様を徹底サポート。 現在、各種お役立ち資料や会社概要・サービス資料を公開しております。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

執筆者

DXマーケティングやAIを事業に落とし込んで事業成長したい企業のマーケティング担当者・広報担当者、経営者、個人事業主向けに、マーケティングの基礎、成功ノウハウの提供・成功事例を紹介する専門メディアを運営しています。

目次