AIツールおすすめ人気ランキング2024年5月最新【徹底比較レビュー】

個人だけでなく企業や団体でもAIツールを日常的に使用していることが当たり前になりつつあります。

そのため、様々な業務や作業をサポートしてくれるAIツールがたくさんあります。

しかし、どのツールがいいのか分からないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、目的別におすすめのAIツールを厳選して紹介していきます。

またAIツールを導入するメリット・デメリット、さらにAIツールの賢い使い方なども解説するのでぜひ参考にしてください。

目次

AIツールおすすめ【文章作成】

ChatGPT

ChatGPT」は、OpenAIによって開発されたAI記事作成ツールの一つで、自然言語処理技術を駆使して高品質なコンテンツを生成します。

誰でも使える無料のAIツールとして、現在世界で最も知名度の高いものの1つと言われています。

ChatGPTを使って記事作成をする場合、簡単なテキスト入力を提供するだけで、ChatGPTはそれに基づいて文章を自動生成し、幅広いトピックに関する情報を提供します。

文章の調整やスタイルのカスタマイズも可能で、ユーザーは効率的にカスタマイズされたコンテンツを生成できます。

記事執筆、コンテンツマーケティング、簡易な情報提供において非常に有用で、使いやすさと高品質な成果が特長です。

Notion AI

Notion AI」は、効率的で高品質なコンテンツ生成を可能にするAI記事作成ツールの一つです。

ピックや要約を提供し、Notion AIはそれをもとに専門的な文章を生成します。

このツールは多くの用途に適しており、ブログ投稿、レポート、ウェブコンテンツ、SNSのコピーなど、さまざまなコンテンツ作成に利用できます。

また、文体やトーンをカスタマイズするオプションも提供されており、ユーザーのニーズに合わせたコンテンツを生成するための柔軟性を備えています。

Notion AIは、情報を迅速に整理し、プロフェッショナルな文章を生成するのに役立つ頼りになるツールとして注目されています。

Numerous.ai

Numerous.aiは、データ収集、可視化、分析を簡単かつ効果的に行うためのAIツールです。

このツールは、さまざまなデータソースから情報を収集し、直感的なダッシュボードやグラフを作成することができます。データの分析と可視化は、ビジネスの意思決定や戦略策定に不可欠です。

中でも、Googleのツールの1つである「スプレッドシート」に拡張機能としてインストールできるので、ChatGPTの自然言語処理技術を活かして関数などをスムーズに作成できるのが強み。

なおプログラミングスキルがなくてもデータを活用できるように設計されています。データをリアルタイムで監視し、トレンドやパターンを素早く発見できるため、迅速な対策や戦略の調整が可能です。

普段からスプレッドシートを使っている人なら、ぜひ導入してほしいツールの1つといえるでしょう。

ブンゴウ AI

ブンゴウ AIは、ソーシャルメディアのマネジメントやマーケティングなどを行っているアメリカの企業Sprout,Incが提供しているAI記事作成ツールです。

テーマや要約を提供し、ブンゴウ AIはそれに基づいて専門的な文章を自動生成します。

このツールは、ブログ記事、ウェブコンテンツ、ビジネスレポート、広告キャンペーンなど、多くのコンテンツタイプに適しており、ユーザーは短時間で高品質なコンテンツを生成できます。

ブンゴウ AIは文章の調整やスタイルのカスタマイズが可能で、ユーザーの要件に合致したコンテンツを提供します。

柔軟性があり、効率的なコンテンツ制作を支援し、プロフェッショナルな文章を提供するための頼りになるツールとして注目されています。

  • ライト:¥2,700/月
  • スタンダード:¥4,800/月
  • プレミアム:¥9,800/月

AIのべりすと

AIのべりすと」は、2021年7月に日本のゲームクリエイターであるSta氏によってリリースされた、日本語に特化したAI小説作成ツールです。

このツールは、日本語の文章を生成するためのAI技術を活用し、特に小説執筆に焦点を当てています。

文庫本にすると、およそ174万冊分にあたる日本語の文章データ500HBを使って学習を行い、68.7億パラメータという途方もないスペックを搭載しているので、非常に高精度な文章作成の能力を有しています。

ユーザーはテーマやキーワードを提供し、AIのべりすとはその情報を基に物語を自動生成します。

利用者は短編小説やストーリーのアイデアを素早く生成したり、執筆プロセスを効率化したりするのに役立つでしょう。

このツールは、クリエイティブなプロジェクトやストーリーテリングに興味を持つ人々にとって有用なリソースとなっています。

  • 無料
  • ボイジャー会員:1060円+税/月 (クレジットカード払い(Stripe)の場合)
  • ブンゴウ会員:1800円+税/月(クレジットカード払い(Stripe)の場合)
  • プラチナ会員:3150円+税/月(クレジットカード払い(Stripe)の場合)

BuzzTai

BuzzTai」は、高品質なコンテンツを効率的に生成するためのAI記事作成ツールです。

トピックや要約を提供し、BuzzTaiはそれに基づいて専門的な文章を自動生成します。

このツールは、ブログ記事、ウェブコンテンツ、SNSのキャプションなど、多くのコンテンツタイプに適しており、ユーザーのニーズに合わせた調整が可能です。

BuzzTaiは、自然な文章を生成し、SEO最適化されたコンテンツを提供するためにキーワードやリンクを適切に組み込むこともできます。

柔軟性と使いやすさが特長で、コンテンツ制作プロセスを合理化し、時間を節約するのに役立ちます。

料金は以下のように回数払いによって少し異なります。年払いをしたほうがお得になるので、長期的に利用することを検討している場合は年払いがおすすめです。

1回払い

  • レギュラー:¥3,200/回
  • シルバー:¥5,900/回
  • ゴールド:¥8,300/回

月払い

  • レギュラー:¥3,000/月
  • シルバー:¥5,700/月
  • ゴールド:¥8,630/月

年払い

  • レギュラー:¥32,400/年(¥2,700/月)
  • シルバー:¥61,560/年(¥5,130/月)
  • ゴールド:¥93,204/年(¥7,764/月)

Google ドキュメント

Google ドキュメントは、オンラインのワードプロセッシングツールで、AIを活用して文章の作成、編集、共有を効率的にサポートします。

ユーザー同士がブラウザを通じてアクセスし、文書を作成、編集、共有できます。

そしてAI機能としては、自動修正、スペルチェック、文法修正などのテキスト編集支援があり、文章の品質向上に貢献します。

また、リアルタイムで共同作業が可能で、複数のユーザーが同じ文書を同時に編集できます。

ドキュメントはクラウドベースで保存され、どこからでもアクセス可能です。簡単な共有リンクを生成し、他のユーザーとの共有が容易です。

さらに、オフラインでも利用でき、変更はオンラインに同期されます。

つまりGoogle ドキュメントは多くのユーザーにとって使いやすく、柔軟で便利なツールとなっています。

  • パーソナル:無料
  • Business Standard:¥1,360/月(ユーザー1人あたり)

Catchy

Catchy(キャッチー)は、日本の企業であるデジタルレシピ社が開発・運営しているAI記事作成ツールです。

2022年6月にリリースしてから1週間足らずで、ユーザー数は1,800人を突破しました。そして翌年の3月には利用者は50,000人に到達し、現在も利用者が増えつつあります。

無料でも始められるので、どんなものか知りたい人も試しやすいでしょう。ただし4回(文章作成において)までしか使えないので注意。

OpenAI社が開発した「GPT-3」を搭載しているので、テキスト生成ツールでありがちな不自然な日本語・文章にはならないのが特長です。

Catchyには記事作成だけでなく、100種類の目的に応じた生成ツールが用意されています。

また文章のテイストも「丁寧」「カジュアル」「大胆」の3つから選べるため、掲載するメディアや読む人の属性に合わせて変えられるのもポイント!

  • Free:無料
  • Starter:3,000円~
  • Pro: 9,800円
  • Enterprise:要問合せ

Jasper

Jasper」は、高品質な文章生成を支援するAI記事作成ツールです。ユーザーはテーマや要約を提供し、Jasperはその情報を元に専門的な記事を自動生成します。

柔軟性があり、ブログ投稿、ウェブコンテンツ、レポート、SNSのコピーなど、さまざまなコンテンツに適しています。

文章の調整やスタイルのカスタマイズが可能で、ユーザーのニーズに合わせたコンテンツを生成できます。

Jasperは、SEO最適化やキーワードの適切な使用をサポートし、効率的に情報を整理して提供します。

高速で効率的なコンテンツ制作を実現し、プロフェッショナルな文章を簡単に生成するためのツールとして注目されています。

Creator

  • 月払い:$49/月
  • 年払い:$39/月×12か月

Teams

  • 月払い:$125/月
  • 年払い:$99/月×12か月

Business:応相談

PlayAI

PlayAI」は、革新的なAI記事作成ツールで、ユーザーが高品質なコンテンツを容易に生成できるプラットフォームです。

トピックや要約、冒頭の文章を提供するだけで、PlayAIはそれを基に文章を自動生成し、幅広いコンテンツに対応します。

柔軟性があり、ブログ記事、ウェブコンテンツ、レポート、SNSコピーなど、多岐にわたるニーズに対応できます。

また、SEO最適化のサポートや言語スタイルのカスタマイズが可能で、ユーザーは自分のブランドやスタイルに合ったコンテンツを簡単に作成できます。

PlayAIは、情報整理を迅速かつ効果的に行い、プロフェッショナルな文章を提供するための効果的なツールとして評価されています。

ンテンツ制作プロセスの合理化と品質向上を実現し、多くのユーザーに価値を提供しています。

なんと無料で利用できるので、気軽にAI記事作成ツールを試してみたい人にもおすすめ!

ELYZA Pencil

ELYZA Pencil」は、東京大学の東大松尾研究室のメンバーで構成されたELYZAが運営しているツールで、Deep Learningでも有名です。

公開からわずか11日間で利用者数11万人を突破した実績を持ち、現在も着実に利用者が増えています。

「ニュース記事」、「メール文」、「職務経歴書」の3カテゴリーに合わせてテキスト作成ができます。

機械が人間の言葉を解析・処理する自然言語処理が特長で、まるで人が作成したような自然な文章が作成できるのが強み。

なお作成したテキストは「Facebook」、「Twitter」、「LINE」、「はてなブックマーク」でシェアできるので、SNS投稿ツールとしても活用できます。

デモサイトでは、アカウント登録不要かつ無料で利用できます。

AI SEOライター

AI SEOライター」は、メディアの企画やプロモーションをサポートしているmediaequity. Corporationが運営している検索エンジン最適化(SEO)に特化したAI記事作成ツールです。

キーワードやトピックを指定し、AI SEOライターはそれに基づいてSEOに適した高品質なコンテンツを自動生成します。

このツールは、ウェブサイトのランキング向上やオンラインプレゼンスの向上を支援し、検索エンジンでの可視性を高めます。

また、キーワードの適切な使用や競合分析などのSEO戦略をサポートし、コンテンツの質と効果を最大化します。

AI SEOライターは効率的に大量のSEO対応コンテンツを生成し、デジタルマーケティング戦略に重要なツールとして活用されています。

SEOを重視するオンラインビジネスやウェブサイト運営者にとって、重要なツールとなっています。

  • フリー:無料
  • エディタツール:¥9,800(税込10,780円)/月(アカウントを1つ追加するごとに+¥11,000)
  • 共有サーバー:¥39,800(税込43,780円)/月(アカウントを1つ追加するごとに+¥11,000)
  • 専用サーバー:¥100,000(税込110,000円)/月

Bing Chat

Bing ChatMicrosoftが運営している検索エンジンBingが2023年2月にサービスを提供している会話型AIチャットボットです。

質問に対する回答を正しい回答をするために、引用元を明記して「URL付き」で出力することができるのが強み。

なお、Microsoftアカウントさえ持っていれば、ライセンスや月額の料金も発生しないのが特徴です。

ソースも同時にほしい・調査の深堀をしたいという使い方もできるのがおすすめポイントといえるでしょう。

Rytr(ライトル)

Rytr(ライトル)」はアメリカの企業Rytr LLCが運営しているAIライティングツールで高品質な文章生成が特長です。

30カ国以上の言語に対応しているため、外資系の企業でも導入しやすいのがメリット。

トピックや要約を提供し、Rytrはそれに基づいてプロフェッショナルなコンテンツを自動生成します。

このツールはブログ投稿、ウェブコンテンツ、広告キャンペーン、SNSコピーなど、多くのコンテンツタイプに対応し、柔軟性があります。

また、文章のスタイルやトーンをカスタマイズでき、ユーザーは自分のブランドやニーズに合ったコンテンツを簡単に生成できます。

RytrはSEO最適化にも対応し、キーワードの適切な使用をサポートします。

情報整理を迅速かつ効果的に行い、プロフェッショナルな文章を提供するための優れたツールとして高く評価されています。

  • Free plan:無料
  • Saver plan:$90/年($9/月)
  • Unlimited plan:$290/年($29/月)

Chatbase

Chatbaseは、会話型AIチャットボットを開発、改善するための便利なツールです。

主に、チャットボットのパフォーマンスを追跡し、最適化するためのデータ収集と分析に焦点を当てているのが特長です。

ユーザーとの対話データを収集し、その情報を使ってチャットボットの振る舞いを詳細に分析します。これにより、ユーザーの質問や不満を把握し、改善のための洞察を得ることができます。

さらに、Chatbaseはコンバージョン率の追跡やエラーの特定にも役立ちます。これにより、チャットボットがユーザーのニーズに適切に応答し、問題を解決できるかどうかを評価できます。

このツールを使うことで、チャットボットの品質を向上させ、ユーザーとの対話をより効果的に管理できるでしょう。

なお有料プランでは、APIアクセスを取得し、自分のウェブサイトやアプリ等に組み込むこともできるので幅広い使い方ができるでしょう。

free:無料

hobby:$10

standars:$50

unlimited:$300

Jetpack AI Assistant

Jetpack AI Assistant」は、革新的な人工知能(AI)アシスタントです。

このAIは、日常のタスクや情報の取得を効率化し、ユーザーに快適でスマートな体験を提供します。

例えば、メッセージの作成や検索、スケジュールの管理など、さまざまな作業を迅速にこなすことができます。

Jetpack AIは自然言語処理に優れ、ユーザーが自然な言葉でコミュニケーションできるため、技術的な知識がなくても使いやすいです。

また、学習能力があり、使用するたびにユーザーの好みやニーズに合わせて進化します。

さらにセキュリティにも配慮されており、個人情報の取り扱いには十分な注意が払われています。

会話の中でのプライバシーも尊重されるので特に大きなセキュリティ対策をしなくても安心して使えるのがメリット。

素人でも簡単に使え、日常生活を効率的かつ楽しくサポートする新しい時代のパートナーともなるのではないでしょうか。

  • 無料
  • 有料:1,250円(月額)

IBM Watson Assistant

「IBM Watson Assistant」 は多種多様な質問の表現を理解できるAIツールです。ユーザーとコンピューターが自然言語で対話することが可能となっています。

「電気をつけて」という表現に対して、照明と理解し「照明をオンにする」と理解できるというものです。

「つけろ」「つけてください」という表現の揺らぎにも対応できているのが優れている点でしょう。

最初からすべてのケースを判断できるわけではないのですが、トレーニング機能があるため意図を認識する能力が学習できる点もポイント。

Enoki

「Enoki」 は、5種類のAIエンジンを搭載しているので複雑な質問に対しても適切な回答を提示できるのが特徴のAiツールです。

特に日本語の会話に強いので、いわゆる英語を翻訳したような日本語表現ではなく、ネイティブな日本人が使うような自然な表現で文章構成をしてくれます。

また標準で外部連携APIを持っているため、SlackやGoogleChat、LINEといったシステムとの連携もできます。

日常会話はもちろん、ワークフローシステムなど外部システムの連携を利用すると、申請業務や受付業務代行のチャットボットを会話型AIプラットフォームを使って作成もできるようになります。

自動的にバックエンドのシステムに連携させることによって業務効率化を図ることも難しくありません。

Claude 3(クロード3)

アメリカのAIスタートアップ企業アンソロピック社がChatGPT-4を超える新しいAIモデルとしてローンチしたClaude 3(クロード3)は、文章作成機能だけにおいても、まるで人間が書いたかのように流暢な文章を生成できます。

Claude 3(クロード3)には3つのモデルがありますが、最上位モデルの「Opus」、ミッドレンジモデルの「Sonnet」、最も手頃な価格の「Haiku」の3つのモデルから構成されています。

文章構成以外にも、図の内容理解・画像入力への対応など幅広い場面でも活躍できます。

主に企業での需要に注目しており、金融分析や物流・法律サービスなどでの普及へと力をいれています。

AIツールおすすめ【情報収集】

Consensus

「Consensus」は、AIを活用した優れたツールで、研究者にとって非常に有用です。このツールは、研究論文から洞察を見つけるための検索エンジンとして機能します。

現在50万人を超える研究者や学生、専門家などが利用しており、今後も利用者は増えていくことが予想されます。

量の学術論文を対象に、キーワードやテーマに関連する情報を素早く収集し、要約して提供します。これにより、研究者は迅速に最新の研究や洞察を発見し、関連性の高い論文を特定できます。

また、ConsensusはAIを駆使して膨大な情報を整理し、研究者がトレンドや新たなアイデアを発見しやすくします。これにより、研究者は貴重な時間を節約し、研究プロセスを効率化できます。

広告は表示されず、機密情報を使用して結果を要約できるのも魅力。

Elict

Elicitは、自然言語処理を使って、研究ワークフローの効率化を図れる便利なAIツールです。文献レビューや質問への回答を自動化できるのが強み。

キーワードの一部一致だけでも関連している論文を検索してくれるだけでなく、質問に対しての論文から要点を絞ってくれます。

さらに論文から重要な情報をピックアップしてくれるので、文献や資料検索にかかるコストの削減にもつながるでしょう。

またElicitは調査に基づく質問への回答を支援することに特化していますが、ブレインストーミングや要約、テキスト分類といった業務サポートもしてくれます。

  • Free(無料) $0/月
  • Premium(プレミアム) $7.99/月(年契約) $9.99/月(月契約)
  • Enterprise(企業) 価格相談

SciSpace

「SciSpace」は、研究者や学生向けのAIツールで、科学論文を検索、分析、整理するのに役立ちます。このツールは、科学研究の分野に特化しており、900万以上の論文から解説できるのが強み。

読む以外にも論文執筆・発表に対してのサポート機能が備わっています。

Harvard大学、Johns Hopkins大学、Stanford大学、Cambridge大学、Yale大学といった世界中の大学・研究機関でもすでに活用されており、100万人を超える研究者に指示されています。

SciSpaceは、科学論文のデータベースから情報を収集し、ユーザーが特定のトピックやキーワードに関連する論文を見つけやすくします。論文のタイトル、著者、発表日などの情報を提供し、検索プロセスを簡素化します。

そこで疑問に思うことは追加で質問をすることでさらに深堀ができるという優れもの。

また、AI Copilotを使って記事にリアルタイムで回答も得られます。

  • Basic:無料
  • Premium:$12

Chat PDF

「Chat PDF」は、PDFファイルを簡単に理解し、編集するためのAIツールです。難解なPDF文書を素早く解読できるので、専門家や研究者・学者以外の人でも有用なツールです。

事前にアップロードしたPDFファイルの内容を読み込んで、その内容についての質問にチャット形式で答えてくれます。

回答には元のPDFドキュメントの出典が含まれるので、ソース付きで調べられる優れもの。

このツールは、ビジネス文書、学術論文、契約書、レポートなど、さまざまな文書の取り扱いを容易にし、効率的な文書作成と編集を支援します。

Chat PDFは、PDF文書の処理を効率化し、使いやすいツールとして役立つでしょう。

  • free:無料
  • Plus:$5(月額)

Rundown

「Rundown」は、AIを活用したプロジェクト管理ツールで、プロジェクトの計画と進捗を迅速かつ効率的に管理するためのアシスタントとして機能します。

すでに25万人を超える人が利用しており、ChatGPTの新機能やAI関連のニュースなどがわかります。

AIに関する最新のニュース以外にもAI事業の応用分野やエンタメ・医療運やといった幅広いジャンルのニュースも入手できます。

週に約2〜3回の頻度でAIに関する最新情報をニュースレターで提供しています。

さらに、カテゴリ別にAIツールを検索する機能も備えています。登録しなくでも直接サイトで見られるので、任意で選べます。

無料で利用できるので、AIツールを始めて使う人にもおすすめです。

AIツールおすすめ【動画生成】

D-ID

D-IDは、アップロードした人物の画像を喋らせることのできる動画生成AIです。

数十種類を超える人物のテンプレートが用意されていて、音声データも国別に10種類程度選べます。

テキストに文章を入力するだけで内容に合わせて動くアバターの動画が自動生成されます。

さらにAI画像生成機能も備わっており、生成された画像を使ってアバターもカスタムできるのが特長です。

自社ゲームキャラクターを使って宣伝動画に使ったり、E-ラーニングの動画などにバーチャル教師として使うといったビジネスシーンでもすでに活用されています。

動画の撮影や編集に関する時間や人的なコストを大幅削減できるので、今後も利用者が増えていくでしょう。

  • 無料
  • $5.90/月~

Synthesia

「Synthesia」は、AIを活用してテキストを自動的にビデオに変換するツールです。このツールは、文字情報を視覚的なコンテンツに変換し、言葉を映像に変える役割を果たします。

Synthesiaを使用すると、テキストスクリプトを入力し、選択したバーチャルキャラクターがそのテキストをビデオとして話すことができます。

この方法で、コンテンツ制作者やビジネスユーザーは、簡単に効果的なビデオコンテンツを生成できます。

また、Synthesiaは多言語対応であり、異なる言語の音声や字幕に変換することも可能です。

これにより、国際的なオーディエンスに向けたコンテンツの制作が容易になります。

簡単に言えば、SynthesiaはAIを使ってテキストをビデオに変換するツールで、コンテンツ制作やコミュニケーションをサポートします。

  • パーソナルプラン(月間22.50ドル・年間契約25%オフ)
  • エンタープライズプラン(料金は相談・企業向け)

Coqui

「Coqui」は、音声処理のためのオープンソースのAIツールです。特に、音声の合成(テキストから音声を生成)に焦点を当てています。

Coquiは、テキストから人間らしい音声を合成できます。これは、音声アシスタントやナレーション、音声コンテンツの制作に役立ちます。

このツールはオープンソースで、誰でも自由に利用できます。また、多くの言語に対応し、異なるアクセントや声質を提供します。

Coquiは、音声合成の分野で新たな機会を提供し、アクセス可能な音声コンテンツを作成するための手段として利用されています。

音声コンテンツ制作者やデベロッパーにとって有用なツールとなっています。

  • Starter $20/月
  • Intermediate $50/月
  • Advanced $175/月
  • Pro 要問い合わせ

Runway Gen-2

「Runway Gen-2」は、クリエイティブなプロジェクトを実現するためのAIツールです。

画像生成や画像編集にも対応しており、動画に映った人物などを自動的に検出して切り抜きができるので、誰でも簡単に画像や動画編集ができるようになります。

Runway Gen-2は、異なるAIモデルやアルゴリズムを使って、画像、音声、テキストなどのメディアを生成、編集、操作するのに役立ちます。

例えば、写真をスタイライズする、音声を変換する、文章を生成するなど、多岐にわたるクリエイティブプロジェクトが可能です。

デザイン、アート、メディア制作において、新たなアイデアや表現方法を試すのに役立つでしょう。

Runway Gen-2は、AIを駆使してクリエイティビティを広げる手助けをします。

  • 月額料金:76ドル=10,979円
  • 年間料金:912ドル=131,746円
  • クレジット 125/月 

Vrew

「Vrew」は、AIを活用したビデオ編集ツールで、簡単な手順でプロのようなビデオを制作できる素晴らしいツールです

簡単に言えば、VrewはAIを使ってプロ品質のビデオを制作し、創造的なプロジェクトに手助けをするツールです。

Vrewを使うと、ビデオ編集プロセスが簡単になり ます。テキストや画像、音楽などの要素を追加し、ビデオをカスタマイズできます。ビデオの制作や編集が初めての人にも使いやすいです。

さらに、VrewはAI技術を駆使して、ビデオの自動生成や要約を行います。これにより、時間と労力を節約できます。

具体的には、YouTubeやソーシャルメディア上でのコンテンツ制作、プレゼンテーションの製作、クリエイティブプロジェクトなど、多くの用途で役立ちます。

  • Free(無料版):無料
  • Lightプラン:900円/月(10,800円/年)
  • Standardプラン:1,700円/月(20,400円/年)
  • Businessプラン:4,500円/月(54,000円/年)

HeyGen

「HeyGen」は、AIを活用した音声合成ツールで、テキストを音声に変換できるツールです。

このツールは、テキストベースのコンテンツを音声に変えたり、声優のようなキャラクターが会話する動画を作成したりするのに使えます。

HeyGenは、多言語に対応し、自然な音声合成を提供します。ユーザーはテキストを入力し、合成された音声をカスタマイズすることができます。

これにより、ナレーション、広告、動画コンテンツ、教育資料など、さまざまな用途に活用できます。

このツールは、声優のようなプロの声を必要としない場面で効果的で、使いやすさがウリです。

HeyGenはクリエイターやビジネスユーザーにとって、声の要素を追加するのに便利なツールとして役立ちます。

  • Free:$0
  • Creator:$29/月 $288/年払い($24/月)
  • Business:$89/月 $864/年払い($72/月)

AIツールおすすめ【画像生成・編集】

DALL・E2

「DALL·E2」は、OpenAIによって開発されたAIモデルで、画像からテキストを生成する技術を提供します。

このツールは、テキストの説明からイメージを生成し、アイデアやコンセプトを視覚的に表現できます。

例えば、「緑色の雲の上に浮かぶゾウのような家」などのテキストを与えると、それに対応する画像を生成します。

このツールはクリエイティブなプロジェクト、デザイン、広告などで利用でき、テキストと画像の相互作用を可能にし、新しい視覚的なアイデアの発展に寄与します。

簡単に言えば、DALL·E2はテキストから画像を生成するAIで、イメージを言葉で表現したり、新しいビジュアルコンセプトを探求するのに役立つツールです。

料金は15ドルで115クレジット単位で購入できクレジットカード決済のみに対応しています。

1クレジットで1回のテキスト入力ができ、入力結果に合わせて画像が4枚出力、購入したクレジットの有効期限は1年間となっています。

Canva AI

「Canva AI」は、デザイン作業を効率化し、美しいビジュアルコンテンツを手軽に制作できるツールです。

例えばYoutubeのバナー作成等のサムネイル作成などで使われることが多いです。

そのほかにもSNS投稿やプレゼンテーション用の画像も作成できるので、ビジネスシーンでも大いに活躍するでしょう。

一般的な使い方としては、テンプレートやデザインアイデアの提案から選択し、カスタマイズしていきます。

例えば独自のロゴ、ポスター、ウェブサイトデザインなどが挙げられます

また、テキストや画像の配置、色の選択、フォントの推薦などもAIがサポートします。

このツールは、デザインスキルがない人でもプロフェッショナルな外観のコンテンツを作成でき、ビジュアルコンテンツ制作が簡単に作れるのが魅力。

なおCanvaに登録していれば料金はかからないので気軽に試せます。

Canva AIは、ソーシャルメディア、広告、プレゼンテーション、ロゴ作成など、さまざまなデザインプロジェクトに適しています。

starryaAI

starryaAI」は、AIを活用して自然な言葉でコードを生成するスマホアプリです。スマホでできるAIツールをお探しの人もおすすめ!

なんと「英単語」だけでAIが自動的に画像を生成してくれます。プログラミングに精通していない人でも、言葉でタスクやプログラムの要件を記述することで、AIがコードを生成してくれます。

このツールは、アプリケーション開発、データ処理、ウェブ開発など、さまざまなプログラムの作成に役立ちます。

StarryAIはプログラム作成のハードルを下げ、非プログラマーにもプログラムの作成を可能にします。

コードの記述に自信がない人や時間を節約したい人にとって、効率的なツールとして役立つでしょう。

  • 毎日最大25枚の画像生成まで無料
  • Starter:8.99ドル/月(108ドル/年)
  • Unlimited Pro:31.99ドル/月(384ドル/年)
  • Unlimited Pro Max:63.99ドル/月(768ドル/年)

shutterstock

shutterstock」は、キーワードの入力をするだけでAIに画像を自動生成させることができるAIツールです。

フリー画像を使ったことがある人なら目にしたことがあるサイトではないでしょうか。

プログラマーでもあり写真家でもるJon Oringerが2003年に立ち上げたツールで、現在200億以上のロイヤリティフリーのストック写真、ベクターグラフィック、イラストのライブラリをストックしています。

そのほかに約10万点のビデオクリップと音楽トラックをライセンスで利用できます。

オンデマンドでのクレジット購入

  • 2クレジット:3,770円
  • 5クレジット:6,360円
  • 30クレジット:18,050円
  • 125クレジット:45,320円
  • 250クレジット:74,550円

FLEX定額プランでのクレジット購入

  • 月毎に 25クレジット:年間プラン月払い6,300円/月、年間プラン前払い 64,100円/年、1ヶ月のみ9,600円
  • 月毎に 50クレジット:年間プラン月払い10,600円/月、年間プラン前払い 105,700円/年、1ヶ月のみ13,400円
  • 月毎に 150クレジット:年間プラン月払い15,900円/月、年間プラン前払い 159,000円/年、1ヶ月のみ26,700円
  • 月毎に 350クレジット:年間プラン月払い22,000円/月、年間プラン前払い 200,000円/年、1ヶ月のみ39,500円
  • 月毎に 750クレジット:年間プラン月払い25,000円/月、年間プラン前払い 250,000円/年、1ヶ月のみ53,400円

Midjourney

Midjourneyは、サンフランシスコを拠点とする独立した研究所Midjourney、Inc.によって開発・提供されている、AIを活用したプロジェクト管理およびタスク管理のツールです。

「プロンプト」と呼ばれる自然言語記述から画像を生成するのが特長です。

Discord1アカウントに対して、25枚の画像を無料で生成できます。

引き続き利用したい場合いんは、有料プランに契約する必要があります。

Discord上でサービス提供がされているので、Discordアカウントがないと利用できない点には注意しましょう。

  • ベーシックプラン:月額10ドル
  • スタンダードプラン:月額30ドル
  • プロプラン:月額60ドル

NovelAI Diffusion

NovelAI Diffusionは、文章生成のためのAIツールです。もともとは説をAIで生成するサービスとして始まりましたが、現在はイラスト生成ツールとしてサービスも提供しています。

ユーザーがテキストを入力すると、AIはそれに基づいてストーリーや文章を自動的に生成します。また、このサービスは、テキストに基づいてイラストを生成する能力も提供します。

よりレベルの高い画像を生成する際には、サブスクリプションに加入する必要があります。

  • Tablet: $10(約1500円)
  • Opus:$25(約3700円)

niji・journey(にじジャーニー)

niji・journey」は、AIを活用したクリエイティブなプロジェクトのサポートツールです。

簡単に言えば、「niji・journey」はAIを使ってクリエイティブなコンテンツを自動生成するツールで、アイデアから実際のコンテンツへの変換をサポートします。

このツールは、ユーザーがアイデアを提供すると、AIがそれを基に文章、画像、音声などのクリエイティブコンテンツを自動生成します。

例えば、小説、詩、イラスト、音楽、ビデオなどをAIによって制作できます。

「niji・journey」は、クリエイティブプロセスを助け、新しいアイデアや表現を探求する手助けをします。

このツールを使うことで、プロジェクトの創造的な要素を強化し、時間と労力を節約できます。

クリエイターやアーティスト、ライター、デザイナーにとって、新しいアイデアを形にするためのツールとして役立つでしょう。

  • 無料トライアル:無料(月額)
  • ベーシックプラン:10ドル(約1300円)(月額)
  • スタンダード:30ドル(約3900円)(月額)
  • プロ:60ドル(約7800円)(月額)

Playground AI

Playground AI」は、AIを活用したゲームデザインとクリエイティブなプロジェクトのツールです。

このプラットフォームは、ゲーム開発者やクリエイターに向けて、AI技術を用いた新しいゲームコンセプトの実験や制作をサポートします。

Playground AIは、ゲームのルールや設定、キャラクターのデザインなどの要素を提供し、AIがそれを拡張、修正、カスタマイズします。これにより、ゲーム開発プロセスが効率的に行えます。

このツールを使うことで、ゲームのデザインや開発に携わる人々にとって、新しいアイデアを試し、プレイフルで創造的なゲームプロジェクトを実現する手助けとなります。

Playground AIを使うことで、ゲームデザインとクリエイティブプロジェクトの楽しみを共有できます。

無料で利用できるので画像生成AIを試しに使ってみたい人にもおすすめです。

Stable Diffusion Online

Stable Diffusion Onlineオンラインで利用できるAIベースの画像生成ツールです。

このツールは、テキストの説明に基づいてリアルな画像を生成し、クリエイティブなプロジェクトやデザインに活用できます。

ユーザーはテキストを入力し、それに基づいてAIが画像を生成します。

例えば、「夕焼けに照らされる山々の風景」と入力すると、AIはその説明に基づいた美しい風景画像を生成します。

Stable Diffusion Onlineは、デザインプロジェクト、広告、ウェブデザイン、イラスト、プレゼンテーション資料など、さまざまな分野でのクリエイティブなコンテンツ制作に役立ちます。

デザイナーやアーティストでなくても、高品質な画像を簡単に生成できるため、クリエイティブプロジェクトに新たな視覚的要素を追加するのに役立つツールです。

Photopea

Photopea」は、オンラインの写真編集ツールで、Photoshopに似た機能を提供するアプリケーションです。

このツールを利用すると、写真や画像を編集し、クリエイティブなデザインを作成できます。

ユーザーフレンドリーで直感的なインターフェースを備え、基本的な画像編集から高度なタスクまで幅広く対応しています。

Photopeaは、写真の切り抜き、調整、フィルターの適用、テキストの挿入、複数の画像の結合などを可能にし、プロのような編集がオンラインで行えます。

さらに、様々なファイル形式に対応しており、プロジェクトを保存や共有するのが簡単です。また利用料は無料となっています。

このツールは、写真愛好家、デザイナー、ブロガー、ソーシャルメディアマネージャーなど、多くの人々にとって有用で、高品質の写真編集を求める方におすすめです。

Nero AI

Nero AIは、画像編集に特化したAIツールで、写真の高解像度化や顔写真にアニメーションを追加するなどの機能を提供します。

ユーザーはAIを使用して、写真の品質を向上させ、創造的なエフェクトを加えることができます。

このツールは、写真愛好家、デザイナー、クリエイターにとって、写真編集を効率化し、魅力的な画像を生成するのに役立つでしょう。

  • 無料
  • $9.95 /月(約¥1,500)
  • $89.95 /年(約¥14,000 )
  • $399.95 /年 (約¥60,000)

Microsoft Designer

Microsoft Designerは、Microsoftアカウントがあればだれでも無料利用できる画像生成AIです。

自分でプロンプトを入力して画像を出力してもらうこともできますが、「Add image」で画像や写真を読み込むことで新しい画像が生成できるのもポイント。

自分で画像が作れない人でも簡単にオリジナルデザインが作れるので、チャレンジしやすいでしょう。

誰でも無料で使える画像生成AIは珍しいので、試しにチャレンジしてみたいという人はぜひ使ってみましょう。

AIツールおすすめ【業務効率化】

Tome

Tome」は、AIを活用したテキスト生成ツールで、ユーザーがテキストを入力すると、それに基づいて文章やコンテンツを自動生成します。

このツールは、ブログ記事、レポート、広告コピー、クリエイティブな文章など、さまざまなテキストコンテンツの作成に役立ちます。

Tomeは、言葉選びや文章構造をサポートし、ユーザーが時間とエネルギーを節約しながら、高品質の文章を作成できるようになります。

また、異なるトーンやスタイルでの文章生成も可能で、多岐にわたるニーズに対応します。

アカウントに登録するだけで500クレジットが付与されるほか、基本的に無料で使えるので

このツールは、ライターやコンテンツクリエイターにとって、クリエイティブなプロジェクトやビジネスコミュニケーションの支援に役立つでしょう。

  • 無料プラン:500クレジット(33回分)
  • 有料プラン:毎月払いで10ドルor年払いで96ドル(月8ドル)

Uizard

「Uizard」は、AIを活用してウェブデザインを簡素化し、美しいウェブページを作成するためのツールです。

ユーザーは手書きのスケッチやワイヤーフレームを描くだけで、UIデザインをしてくれます。

UizardのAIはそれをリアルなウェブデザインに変換します。これにより、ウェブサイトやアプリのデザイン作業が迅速かつ容易に行えます。

Uizardは、プロトタイプの作成、デザインの改善、コラボレーションをサポートし、デザイナーと非デザイナーが効果的に連携できるプラットフォームです。

デザインの調整や修正もAIが支援するため、デザインプロセスが効率的になります。

このツールは、ウェブデザイナー、プロダクトマネージャー、開発者など、ウェブデザインに携わる人々にとって、デザインプロセスをスムーズにし、プロジェクトの時間と労力を節約する手助けをします。

  • 無料プラン
  • プロ($19 / 約2600円)
  • ビジネス($39 / 約5300円)

Durable

「Durable」は、AIを活用したビジネスプロセス自動化ツールです。このツールは、ルーチンのタスクや作業フローを自動化し、生産性を向上させます。

ユーザーは、ビジネスプロセスをDurableに設定し、AIがそれを自動的に処理します。

Durableは、データの整理、ドキュメントの生成、通知の送信、予測分析など、多くのビジネスタスクをサポートしてくれます。

これにより、組織は時間とリソースを節約し、エラーを減少させ、効率を向上させることができます。

このツールは、組織や企業において、業務プロセスの最適化と効率化に役立つでしょう。

特別な技術を必要としないので、技術者でなくても簡単に利用できるため、多くのビジネス向けアプリケーションと統合することが可能です。

  • Starter:$15/月 $12/月(年契約)
  • Business:$25/月 $20/月(年契約)

10Web

10Webは、ウェブサイトの構築と運用をシンプルかつ効果的にするAIツールです。

豊富なテーマやプラグイン、ホスティングサービスを統合し、ウェブサイトの作成から最適化までをワンストップで提供しているので、特別なスキルなどが必要ありません。

さらにSEO強化や高速化、セキュリティ対策も自動で行い、使いやすいインターフェースで初心者からプロまで幅広く利用できます。

  • AI Starter:$20/月(月契約) $10/月(年契約)
  • AI Premium:$30/月(月契約) $15/月(年契約)
  • AI Ultimate:$45/月(月契約) $23/月(年契約)

Gamma

Gammaは、必要事項・トピックを入力するだけでAIがプレゼン資料を生成してくれるAIツールです。プレゼン資料作りにかかる時間が短縮できるだけでなく、資料作りが苦手な人にも有用なツールと言えるでしょう。

フォーマットやデザインの手間も必要ないので、初心者でもすぐにプレゼン資料が作れます。

たった数秒程度でプレゼンテーション、文書、ウェブページを作成してくれるだけでなく、細かくカスタマイズもできるAIジェネレーターを搭載しています。

オンラインでの共有もできるので、在宅ワークの人はもちろん、場所や時間にとらわれずに情報のやり取りができる点も魅力。

  • 無料プラン
  • Gamma Pro:月額2400円

Bardeen

Bardeenは、AIブラウザ拡張機能のことで30個以上のアプリやブラウザ間で必要なショートカットを作成してくれます。

無料で使えるので、誰でもすぐに試せるのがポイント。

繰り返し作業や時間のかかる業務を効率化に役立つので、データエントリーなど、単純作業が多い仕事をサポートしてくれます。

自動化を作成することもできます。希望するワークフローを入力すれば、自動化によって生成されてカスタマイズも簡単にできます。

完全無料できるので、AIツールを始めて使う人もハードルが高くないのではないでしょうか。

会議、マーケティング、製品開発、営業、採用といったビジネスシーンでの利用もおすすめです。

Miro AI

Miro.AIは、オンライン上でホワイトボードサービスを提供しているプラットフォームです。

チーム・組織のコミュニケーションを円滑にしてくれるので、すでに利用者も多いです。

マインドマップの自動拡散、付箋情報の要約、テキストからコードの変換、テキストからイメージの生成といった機能が充実しています。

ベータ版での利用が可能で、ウェイティングリストに登録することでアクセス権が付与される仕組みとなっています。

無料で利用できるので、ぜひ活用してみましょう。

Otter

Otter.ai(オッター・アイ)は、音声をテキストに変換するAIツールであり、ミーティングや会話の記録を効果的に行います。

特に英語音声を文字起こしできるAIツールなので、英語が苦手な人にとってもおすすめのツールと言えるでしょう。

リアルタイムで音声をテキストに変換し、会話の要点やキーワードを抽出します。

ミーティングや講演の内容をテキストで保存することで、情報の整理や検索が容易になります。

また、会話の参加者を区別し、個々の発言を識別する機能もあります。 Otter.aiは、仕事や学習の効率向上に貢献する便利なツールです。

Otterは無料プランでも毎月600分まで録音ができ、Basicプランでも多くの場面で利用可能。

AIツールを導入するメリット

単純な作業を自動化できる

AIツールの導入における主要なメリットは、単純な業務の自動化です。

これは、従業員の貴重な時間とエネルギーを解放し、より戦略的な課題に集中できることを意味します。

さらに、AIは高い精度でタスクを実行し、誤りを減少させ、データ品質を向上させます。

また、AIは24時間稼働できるため、業務の迅速な処理と一貫性を提供し、作業の持続性を確保します。

自動化を進めることによって、コスト削減にも寄与し、労働コストを削減し、競争力を高めます。

膨大な量のデータを分析できる

AIツールを導入する主要なメリットは、多大なデータを素早くかつ効果的に分析できることです。

AIは高速かつ効率的にデータを処理し、繁雑な手作業を軽減します。

また、データから傾向やパターンを抽出し、戦略的な意思決定に寄与します。AIの正確性により、エラーが減少し、信頼性が向上します。

さらに、AIは膨大なデータから価値ある洞察を引き出し、新たなビジネスチャンスや課題を浮かび上がらせます。

人的コストを削減できる

AIツールの導入による主要なメリットは、人的コストの削減です。

つまり、AIはルーチンで反復的な作業を自動化し、企業は人件費の削減にもつながることが期待できます。

さらにAIは高速で正確なタスク処理を行い、ヒューマンエラーのリスクを軽減します。

これにより、組織は生産性を向上させ、同じ作業を多くの人々に依存せずに実行できるようになります。

AIの導入により、企業は人材のリソースを戦略的な課題に割り当て、業務の効率性を高めることができます。

AIツールを導入するデメリット

データの偏りは結果に影響する

AIツールを導入するデメリットの一つは、データの偏りが結果に影響する可能性です。

AIは訓練データから学習し、そのデータに基づいて意思決定を行います。

したがって、もし訓練データに偏りや偏向がある場合、AIの判断にもそれが反映されることがあります。これにより、公平性や偏りのない結果を得ることが難しくなります。

特に、人種、性別、年齢などの個人属性に関連するデータの偏りが問題となります。

偏ったデータに基づいて意思決定が行われると、不平等や偏見が生じ、社会的な問題を引き起こす可能性があります。

したがって、AIツールの設計とトレーニングにおいて、データの均衡と公平性に注意を払うことが重要です。

誤差が存在する可能性

AIツールを導入する際のデメリットの一つは、AIの完璧さではなく、誤差が存在することです。

AIは訓練データに基づいて学習し、そのデータに基づいて意思決定を行いますが、常に100%正確ではありません。

AIの予測や判断には、時に誤差や不確実性が含まれることがあり、特に複雑なタスクや新しい状況に対しては限界があります。

この誤差や不確実性は、ビジネスや個人の意思決定に影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要です。

AIツールを利用する際には、その限界を認識し、適切なコントロールや検証手段を導入することが重要です。

脆弱性への対策が必要

AIツールを導入する際のデメリットの一つは、セキュリティ脆弱性への対策が必要であることです。

AIシステムは多くのデータを処理し、ネットワークに接続されていることが一般的で、これにより悪意のある攻撃者が侵入やデータ漏洩のリスクが増大します。

AIツールは新しい脆弱性やセキュリティの脅威に対処する必要があり、適切なセキュリティ対策が不可欠です。

また、プライバシーの問題も重要で、個人データや機密情報を適切に保護するためのポリシーと手順が確立されなければなりません。

AIツールは便利で有用な技術ですが、それだけにサイバー攻撃の標的にもなりやすいことを念頭に置いた上で、AIツールを使っていく必要があります。

定期的にアップデートやバックアップなども行っていきましょう。

したがって、AIツールの導入に際しては、セキュリティとプライバシーに関する脅威に対処し、適切な対策を講じることが欠かせません。

AIツールの導入の際のポイント・選び方

課題を解決できるか

AIツールの選定において重要なのは、そのツールが組織の特定の課題や目標を解決できるかどうかです。

導入前に、ツールが取り組むべき具体的な問題と、それに対するツールの能力を明確に評価することが不可欠です。

これには、ツールの機能やアルゴリズムの理解が必要です。また、同業他社の成功事例や利用者のフィードバックも参考にすると良いでしょう。

導入にあたっては、ツールが本当に解決すべきである課題に焦点を当て、その効果的な解決が期待できるかを入念に検討することが成功の鍵となります。

操作性に優れているか

AIツールの導入において操作性は重要な要素です。使いやすいツールはトレーニングや導入期間を短縮し、従業員の生産性向上に寄与します。

直感的なインターフェースや使いやすい機能があるかどうかを確認し、ユーザーフィードバックやデモを通じて実際の操作性を評価することが重要です。

選定時にはユーザビリティの高いツールを選ぶことで、円滑な導入と組織全体の満足度向上が期待できます。

導入要件は問題ないか

導入要件の確認はAIツール選定の重要なステップです。ツールが組織のITインフラやデータ形式に対応しているか、セキュリティ基準を満たしているかを検討します。

また、必要なハードウェアやソフトウェアの互換性、導入に伴うトレーニングやサポートの提供も確認が必要です。

要件が適切に満たされるかどうかを確認することで、円滑な導入とツールの最適な活用が期待できます。

利用料金は予算内か

AIツールの導入において、利用料金は予算内であるかどうかが重要です。

ツールのライセンス費用や追加機能の有償オプション、メンテナンス料などを事前に詳細に検討し、予算に収まるか確認します。隠れたコストや料金体系の理解も不可欠です。

予算を逸脱することなく、全体的な導入コストを正確に見積もり、組織にとって経済的な選択肢であるかを確認することが成功の鍵となります。

実績や経験は豊富か

AIツールの導入において、ベンダーの実績や経験は重要です。ベンダーが過去に成功裏に類似のプロジェクトをどれだけ実施してきたかを評価します。

これには顧客の成功事例や実績、業界での信頼性が含まれます。ベンダーの技術的な知識やサポート体制も確認することで、導入後の信頼性や効果的なサポートを期待できます。

適切な実績と経験を持つベンダーを選定することが、AIツールの導入成功につながります。

AIツールのおすすめの使い方

データ分析

AIツールのおすすめの使い方として挙げられるのがデータ分析です。

ツールを活用することで、大量かつ複雑なデータを高速かつ精密に解析できます。これにより企業は貴重な洞察を獲得し、効果的な戦略を策定できます。

また、過去のデータからの学習により、将来のトレンドや予測も行えます。

継続的かつリアルタイムなデータ分析により、迅速な意思決定とビジネスプロセスの最適化が可能です。

コンテンツ生成

AIツールのおすすめの使い方として挙げられるのがコンテンツ生成です。

文章や画像、音声などのコンテンツをAIによって自動的に生成することで、クリエイティブなプロセスを効率化できます。

例えば、ブログ記事や商品説明文の自動生成、クリエイティブなデザインの提案、音声合成によるナレーションなどが可能です。

これにより、生産性の向上や多様なコンテンツの迅速な作成が実現されます。

自動化

AIツールのおすすめの使い方には自動化があります。

業務プロセスやタスクを自動化することで、作業の効率性が向上し、時間とコストの節約が可能です。

例えば、ルーチンなデータ入力や顧客対応、予測保全など、AIによる自動化は様々な業務領域で適用できます。

これにより従業員はより戦略的な仕事に集中でき、ビジネスプロセス全体がスムーズに運用されます。

キーワードリサーチ

AIツールのおすすめの使い方にはキーワードリサーチがあります。

AIを活用することで、インターネット上の大量のデータから効率的かつ的確なキーワードを抽出し、SEO戦略やマーケティングキャンペーンの最適化に役立ちます。

ユーザーの検索傾向やトレンドをリアルタイムに把握し、それに基づいたキーワード戦略を展開することで、ウェブサイトの可視性向上やターゲット層へのリーチの拡大が期待できます。

マーケティング

AIツールのおすすめの使い方にはマーケティングがあります。

AIはデータ分析や予測モデリングを通じて顧客の嗜好や行動パターンを理解し、ターゲティングやパーソナライズドなキャンペーンを実現します。

広告の最適配置やコンテンツの最適化、リアルタイムな顧客対応など、マーケティング戦略を強化する要素がAIによって実現できます。

これにより、より効果的な広告キャンペーンやリレーションシップの構築が可能となり、企業の市場競争力を向上させます。

顧客対応

AIツールのおすすめの使い方には顧客対応があります。AIを導入して顧客との対話を自動化し、効率的かつ個別化されたサポートを提供できます。

チャットボットや仮想アシスタントを活用することで、一般的な質問への即座の回答やトラブルシューティングを行えます。

これにより顧客満足度が向上し、同時にサポート担当者はより高度な業務に集中できるようになります。

予測

AIツールのおすすめの使い方には予測があります。AIを用いて過去のデータやトレンドから将来の傾向を予測することで、戦略的な意思決定が可能です。

例えば、売上の予測や需給予測、リスク評価など様々な領域で活用できます。

予測モデルを構築し、リアルタイムでデータを分析することで迅速かつ正確な予測が行え、ビジネスプロセスの最適化やリソースの効率的な活用が実現されます。

校正・文法チェック

AIツールのおすすめの使い方には校正や文法チェックがあります。

自動的に文章を検証し、文法の誤りやスタイルの統一性を確認することで、プロフェッショナルな文章を簡単かつ迅速に生成できます。

ビジネス文書、広告コピー、ブログ記事などの文章作成において、品質向上と時間短縮が期待できます。

AIによる校正は言語の正確性を確保し、コミュニケーションやコンテンツ制作において信頼性を向上させます。

コンテンツのペルソナ設定

AIツールのおすすめの使い方にはコンテンツのペルソナ設定があります。

ツールを使用してターゲットオーディエンスの特性や嗜好を分析し、それに基づいてコンテンツをパーソナライズできます。

ペルソナ設定により、受け手に合わせた効果的なメッセージングやコンテンツ提供が可能となり、ユーザーエンゲージメントが向上します。

AIの機械学習アルゴリズムを活用することで、より精緻なペルソナ設定が実現され、効果的なマーケティングが可能です。

AIツールを使う際に注意したいこと

人間の倫理観に反することがある

AIツールを使用する際には、人間の倫理観に反する可能性がある点に留意が必要です。

例えば、差別的なアルゴリズム、プライバシー侵害、不正確な予測による誤った判断などが挙げられます。

倫理的なガイドラインを確立し、透明性と公正性を重視することが重要です。

開発者や利用者は、技術の進化と共に倫理的な課題にも柔軟かつ責任あるアプローチを取ることをおすすめします。

人間のような感情は実現できない

当然のことですが、AIは感情を持つことはできません。感情は主観的で個人的な経験であり、知覚や意識と深く結びついています。

AIはデータやパターンを学習し、特定のタスクをこなすことができますが、感情や主観的な経験を持つことはありません。

AIはプログラムやアルゴリズムに基づいて動作し、それは感情を持つ人間の複雑な内面とは異なります。

感情の理解や表現は、人間の特有の領域であり、AIには模倣することが難しい側面です。

説明責任の明確化が必要

説明責任の明確化が必要です。AIが意思決定や予測を行う際、その結果が不透明であると、利害関係者が理解しにくくなります。

透明性が不足すると、信頼性の問題や誤った解釈の可能性が生じ、倫理的な懸念が浮上します。

開発者や企業は、AIの意思決定の根拠やプロセスを理解可能な形で説明し、透明性を確保する必要があります。

これにより、ユーザーや社会全体がAI技術を受け入れ、適切に活用できる環境が整います。

まとめ

AIツールのおすすめを紹介していきました。

文章作成や各種業務の自動化、さらにプレゼン資料の作成などAIツールは様々な分野で活用されている便利な存在です。

しかし得意としている分野や費用などもまちまちなので、自分にあったツールを探すことが大切です。

Webマーケティングにお困りではありませんか?
  • 運用はしているが効果が出ない、認知・成果が上がらない
  • 時間をかけれず、分析はおろか更新 運用も手が回らない
  • SNSアカウント持ってないけど、始めてみたい
経営者・マーケティング担当者・広報担当者必見! Radineerでは、Web制作やオウンドメディア運用やSEO対策、Web広告運用など各分野のスペシャリストが在籍し、お客様を徹底サポート。 現在、各種お役立ち資料や会社概要・サービス資料を公開しております。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

執筆者

DXマーケティングやAIを事業に落とし込んで事業成長したい企業のマーケティング担当者・広報担当者、経営者、個人事業主向けに、マーケティングの基礎、成功ノウハウの提供・成功事例を紹介する専門メディアを運営しています。

目次