Google Bardとは?ChatGPTとの違いや使い方について徹底解説【2024年2月最新】

「Google Bard(グーグルバード)」とは、名前の通りGoogleが開発した対話型AIのことです。2023年の3月にアメリカ・イギリスの2国で最初にサービスが公開され、日本語版では同年5月から始まりました。

2023年8月時点でも、Google Bardは試験的に運用されている段階です。

そこで今回は、Google Bardの特徴や強み・利用する際に注意してほしいことなどを詳しく解説していきます。

目次

Google Bardとは?

LaMDAを使っている

LaMDA は、Google AI が開発した大規模な言語モデル (LLM) です。

テキストとコードの膨大なデータセットでトレーニングされており、テキストを生成し、言語を翻訳し、さまざまな種類のクリエイティブ コンテンツを作成し、有益な方法で質問に答えることができます。

まだ開発中のモデルなので、今後もどんどんパワーアップしていくことが予想されます。

しかしすでにまざまなタスクで人間並みのパフォーマンスを達成しています。

たとえば、LaMDA は、テキストを生成し、言語を翻訳し、さまざまな種類のクリエイティブ コンテンツを作成し、有益な方法で質問に答えることができます。

また、LaMDA は、コードを生成して実行することもできます。

Google Bardがリリースされた背景

いくつかの理由がありますが、まずは「大規模な言語モデルの技術が成熟し、人間並みのテキストを生成できるようになった」という点が大きいです。

さまざまなタスクで人間並みのパフォーマンスを達成しています。これは、人間の自然言語を理解し、生成する能力が向上していることを示しています。

そのほかにはインターネットの普及により大量のテキストデータが蓄積され、さらに性能アップに寄与したことも背景にあります。

そのためGoogle Bard は、テキストの生成だけでなく、翻訳、要約、質問への回答など、さまざまなタスクに使用できます。

これらが複合的に合わさってユーザーは、Google のサービスをより効率的に使用できるようになったというわけです。

Google Bardがリリースされた時期

Google Bardは、2023年3月21日にアメリカとイギリスで実験版が公開されました。

リリース当初は、両国の一般ユーザーが利用可能で、公開直後にはSNSなどで使用感などの報告が各地で出ており、とても活発に使われていました。

日本での公開にはウェイトリストへの登録が始まり、2023年4月18日には日本からも参加できることが発表されました。

ちなみに英語版へのテスト参加という形ではありますが、ウェイトリストに登録することで、数分から数十分後には利用可能となっているケースが多いようです。

その後ウェイティングリストが廃止となり、2023年5月11日からは日本語対応が可能となりました。

Google Bard は Google が提供するジェネレーティブAI

Google Bard は、Google AI が開発した事実言語モデルです。

テキストとコードの膨大なデータセットでトレーニングされており、テキストを生成し、言語を翻訳し、さまざまな種類のクリエイティブ コンテンツを作成し、有益な方法で質問に答えることができます。

Bard の言葉の由来は、「鳥(Bird)」ではなく、「詩人」で質問に対して自然言語で回答を返してくれるところから「詩人」という言葉が由来になったといわれています。

Google Bard は、機械学習の研究や開発に使用できる強力なツールです。また、Google のさまざまなサービスで使用されており、ユーザーの利便性向上に貢献しています。

Google Bard は日本でも一般公開されている

Google Bard は、2023年5月11日に日本語で一般公開されました。Google 検索で「Bard」と検索するか、Google AI のウェブサイトからアクセスできます。

Google Bard は一般公開されて以降、高頻度で機能のアップデートを実施しており、今後の進化が非常に楽しみなサービスです。

大規模言語モデル「PaLM2」とは

PaLM2 とは、Google AI が開発した事実言語モデルのことで、2023年の1月に一般公開されました。

この大規模言語モデルはパラメーター数 540 億個と途方もない数のテキスト・コードデータでトレーニングされています。

テキストの生成はもちろんのこと、言語を翻訳しさまざまな種類のクリエイティブ コンテンツを作成し、有益な方法で質問に答えることができます。

PaLM2 は、PaLM のアップデート版であり、いくつかの点で優れています。

まず、パラメーター数が 2 倍になっています。これにより、PaLM2 はより複雑なパターンを学習し、より正確な結果を生成することができます。

また、PaLM2 は、TPU v4 Pods でトレーニングされています。これは、PaLM がトレーニングされた TPU v3 Pods よりも 10 倍速いトレーニング ハードウェアです。

これにより、PaLM2 はより短時間でトレーニングされ、より最新の情報に基づいた結果を生成することができます。

PaLM2 は、まだ開発中のモデルですが、すでにさまざまなタスクで人間並みのパフォーマンスを達成しています。

たとえば、PaLM2 は、テキストを生成し、言語を翻訳し、さまざまな種類のクリエイティブ コンテンツを作成し、有益な方法で質問に答えることができます。

さらにPaLM2 は、コードを生成して実行することもできるため、機械学習の研究や開発に使用できる強力なツールにもなると期待されています。

Google Bardの特徴・強み

複数の回答案が得られる

Google Bard の特徴の一つとして、複数の回答案が得られることがあります。

これは、Google Bard が、テキストとコードの膨大なデータセットでトレーニングされているためです。

このデータセットには、さまざまな種類のテキストとコードが含まれており、Google Bard は、これらのデータを組み合わせて、さまざまな回答案を生成することができます。

Google Bard が複数の回答案を生成すると、ユーザーは、より多くの選択肢から選ぶことができます。

またユーザーは、自分のニーズに合った回答を選択することができます。

例えば、ユーザーが「フランスの首都は?」と質問した場合、Google Bard は、複数の回答案を生成することができます。

これらの回答案には、「パリ」や「リヨン」などがあります。ユーザーは、自分のニーズに合った回答を選択することができます。

Google Bard が複数の回答案を生成することは、ユーザーにとって非常に便利です。

ユーザーは、より多くの選択肢から選ぶことができ、自分のニーズに合った回答を選択することができます。

文章だけでなくソースコードの回答も得られる

Google Bard は、テキストだけでなくソースコードの回答も得られます。なぜならGoogle Bard が、テキストとコードの膨大なデータセットでトレーニングされているためです。

このデータセットには、さまざまな種類のテキストとコードが含まれており、Google Bard は、これらのデータを組み合わせて、ソースコードを生成することができます。

Google Bard がソースコードを生成しされると、ユーザーは、テキストだけでなく、ソースコードにもアクセスすることができます。これは、ユーザーにとって非常に便利です。

ユーザーは、テキストとソースコードを組み合わせて、さまざまなアプリケーションを開発することができます。

例えば、ユーザーが「Web アプリケーションを開発したい」と考えている場合、Google Bard に「Web アプリケーションのソースコード」と質問することができます。

Google Bard は、Web アプリケーションのソースコードを生成することができます。

ユーザーは、このソースコードをダウンロードして、自分の Web アプリケーションを開発することができます。

Google Bard がソースコードを生成する能力は、ユーザーにとって非常に便利です。

ユーザーは、テキストとソースコードを組み合わせて、さまざまなアプリケーションを開発することができます。

Web上の画像の検索・表示も可能

Google Bard は、Web 上の画像の検索と表示も可能です。これは、Google Bard が、テキストと画像の膨大なデータセットでトレーニングされているためです。

このデータセットには、さまざまな種類のテキストと画像が含まれており、Google Bard は、これらのデータを組み合わせて、画像を検索して表示することができます。

Google Bard が画像を検索して表示すると、ユーザーは、Web 上の画像を簡単に見つけることができます。

また、ユーザーは、画像を自分のパソコンやスマートフォンにダウンロードすることもできます。

例えば、ユーザーが「猫の画像」と検索した場合、Google Bard は、Web 上の猫の画像を検索して表示することができます。

ユーザーは、これらの画像を自分のパソコンやスマートフォンにダウンロードすることができます。

Google Bard が画像を検索して表示する機能は、ユーザーにとって非常に便利です。

ユーザーは、Web 上の画像を簡単に見つけることができ、自分のパソコンやスマートフォンにダウンロードすることができます。

定型的なビジネスメールを作成できる

Google Bard は、定型的なビジネスメールを作成することもできます。定型的なビジネスメールには、以下のようなものがあります。

  • 商談の依頼メール
  • 納期の確認メール
  • 商品の注文メール
  • 請求書の送付メール
  • 支払いの確認メール

Google Bard にこれらのメールの作成を依頼すると、ビジネスマナーを守った、適切な文面で作成されます。

また、メールの内容は、ユーザーの入力内容に合わせてカスタマイズされます。

例えば、商談の依頼メールを作成する場合、ユーザーは、商談の相手、商談の日時、商談の目的などを入力します。そしてこれらの入力内容を元に、商談の依頼メールを作成します。

Google Bard は、定型的なビジネスメールを作成することで、ユーザーのビジネスを効率化することができます。

ユーザーは、Google Bard にメールの作成を依頼することで、ビジネスマナーを守った、適切な文面でメールを作成することができます。

また、ユーザーは、Google Bard にメールの内容をカスタマイズしてもらうことで、より効果的なメールを作成することができます。

アイデアの創出に活用できる

Google Bard は、アイデアの創出にも活用することができます。

例えば、ユーザーが「新しいビジネスアイデアが欲しい」と Google Bard に尋ねると、Google Bard は、ユーザーの入力内容を元に、さまざまなビジネスアイデアを提案することができます。

Google Bard は、アイデアの創出に活用することで、ユーザーのクリエイティビティを向上させることができます。

ユーザーは、Google Bard にアイデアを提案してもらうことで、自分の考えを広げ、新しいアイデアを生み出すことができます。

Google Bard は、まだ開発中のモデルですが、すでにさまざまなタスクで人間並みのパフォーマンスを達成しています。

以下に、Google Bard がアイデアの創出に活用できる具体的な例をいくつかご紹介します。

  • 新しいビジネスアイデアを探している場合
  • 新しい製品やサービスを開発したい場合
  • 新しいマーケティングキャンペーンを実施したい場合
  • 新しいコンテンツを作成したいという場合

今後の開発により、Google Bard は、さらに強力なツールへと進化していくことが期待されています。

GmailやGoogleドキュメントなどとも連携できる

Google Bard は、Google Workspace と連携することができます。

連携するとできることは、Gmail、Google ドキュメント、Google スプレッドシート、Google スライド、Google カレンダーなど、さまざまな Google サービスと Google Bard などが挙げられます。

例えば、ユーザーが Google ドキュメントで文書を作成している場合、Google Bard に質問をすることができます。

Google Bard は、ユーザーの質問に答えるだけでなく、ユーザーの文書を自動的に修正したり、新しいアイデアを追加したりすることができます。

Google Bard は、Google Workspace と連携することで、ユーザーの作業効率を向上させることができます。

そのためGoogle Bard に質問をしたり、Google Bard に文書を修正してもらったりすることで、自分の時間を節約にもつながるでしょう。

Google Bard は、まだ開発中のモデルですが、すでにさまざまなタスクで人間並みのパフォーマンスを達成しています。

今後の開発により、Google Bard は、さらに強力なツールへと進化していくことが期待されています。

以下に、Google Bard が Google Workspace と連携できることで、ユーザーができることについていくつかご紹介します。

  • Google ドキュメントで文書を作成しているときに、Google Bard に質問をすることができます。
  • Google スプレッドシートで表を作成したときに、Google Bard に質問をすることができます。
  • Google スライドでプレゼンテーションを作成しているときに、Google Bard に質問をすることができます。
  • Google カレンダーでスケジュールを管理しているときに、Google Bard に質問をすることができます。

Google Bard は、これらのタスクに最適なツールです。ユーザーは、Google Bard に質問をしたり、Google Bard に文書を修正してもらったりすることで、効率アップ施策も難しくありません。

プロンプト内容の編集ができる

プロンプト内容を編集することで、Google Bard の出力をより具体的にしたり、より創造的にしたりすることができます。

例えば、ユーザーが「猫の詩」とプロンプトした場合、Google Bard は、猫に関する詩を生成します。

しかし、ユーザーが「猫が空を飛ぶ詩」とプロンプトした場合、Google Bard は、猫が空を飛ぶ詩を生成します。

そこで、プロンプト内容を編集することで、Google Bard の出力をより具体的にすることができます。

例えば、ユーザーが「猫の詩」とプロンプトした場合、Google Bard は、猫に関する詩を生成しますが、猫の種類や猫の性格などはわかりません。

しかし、ユーザーが「黒猫の詩」とプロンプトした場合、Google Bard は、黒猫に関する詩を生成します。

プロンプト内容を編集することで、Google Bard の出力をより創造的にすることができます。

例えば、ユーザーが「猫の詩」とプロンプトした場合、Google Bard は、猫に関する詩を生成しますが、その詩の内容は、ユーザーが想像できる範囲内のものになります。

ただしユーザーが「猫が空を飛ぶ詩」とプロンプトした場合、Google Bard は、猫が空を飛ぶ詩を生成します。

なお元の回答内容が必要な場合は、事前にGoogleドキュメントへエクスポートするなどしておくとよいでしょう。

Google Bardの使い方

Google Bardの始め方は、Googleアカウントを持っていれば誰でもすぐに利用できます。

Google Bardの公式サイトに行き、利用規約を確認した後にアカウント登録をします。

アカウント登録が完了後、すぐに質問をすることができます。

Google BardとChatGPTの比較

回答内容・回答精度

Google Bard は、テキストとコードの膨大なデータセットでトレーニングされているだけでなく、Google検索の情報を取り込んでいると言われており、最新の情報に対応した精度の高い回答が得られることが多いです。

対してChatGPT は、テキストのみのデータセットでトレーニングされているため、2021年9月よりも後の情報はないという点で回答精度が劣ってしまうケースがあります。

それもChatGPTは、「会話」に重きを置いているため会話の流れをより自然に維持し、ユーザーの質問に応じて、よりパーソナライズされた回答を提供することに特化しています。

そのため、正確の正確性に関していえばGoogle BardのほうがChatGPT よりも幅広い知識と理解を持ち、より正確な回答を生成することができます。

ただしChatGPTでは、「WebChatGPT」や「ChatGPTplugins」といった拡張機能を導入することで、最新の情報を活用することができます。

回答スピード

回答スピードに関していえばChatGPTのほうが優位であるといわれています。GoogleBardは少し遅いと感じるかもしれませんが、大きな差があるわけではありません。

とはいえ、GoogleBardはまだ試験運用中で、軽量版LaMDAを用いていることが影響しています。

そのため、正式版になればLaMDAと同じGoogleによるLLMを使うことで改善が見込まれています。

連携サービス

OpenAIが開発したChatGPTは、Microsoftが出資している背景もあってMicrosoftのサービスに組み込まれる傾向があります。

さらにOpenTable、ZipRecruiter、Instacart、Wolfram、Khan Academyといったところと連携する取り組みを進めている段階でもあります。

対してGoogle BardはGoogleが運営しているのでGmailをはじめ多くのアプリケーションと連携しています。

参照元の提示

参照元、いわゆるソースの提示は両方とも現在は搭載されていません。現時点で参照元の提示が機能として搭載されているのは、Microsoft Bingのみです。

なお、ChatGPTでも「参照元を示してください」といった入力により、論文や参照ページを含めて回答を返してもらうことは可能ではありますが、そのソースの信ぴょう性や内容の正誤に関しては自分で確認することをおすすめします。

Google Bardを使う上での注意点

回答を鵜呑みにしない

Google Bard は、まだ開発中のモデルであり、常に正確な回答を生成できるとは限りません。そのため、Google Bard の回答を鵜呑みにしないように注意する必要があります。

Google Bard の回答を鵜呑みにしないためには、以下の点に注意してください。

  • テキストとコードの膨大なデータセットでトレーニングされていますが、そのデータセットには、誤った情報や偏見が含まれている可能性があります。
  • テキストを生成する際に、人間の書いたテキストに似たテキストを生成しますが、そのテキストが常に正確であるとは限りません。
  • 言語を翻訳する際に、人間の翻訳に似た翻訳をしますが、その翻訳が常に正確であるとは限りません。

対話型AIサービスは、膨大な量のテキストデータを学習し、そこから回答を生成しますが、常識や事実についての理解がある訳ではありません。

もし元のデータに間違った情報が含まれているとか、差別的・思想的偏りがある場合には、非常識な文章や事実ではない内容を回答として返してしまいます。

本当に正確かどうかに関しての吟味は、やはり人間自身が行わなければならないということを忘れないようにしましょう。

対話型AIの仕組みを理解して使う

対話型AIの仕組みは、大きく分けて2つあります。1つは、テキストや音声の入力を解釈する技術です。

この技術では、自然言語処理(NLP)と呼ばれる技術が使われます。NLPは、人間の言葉を理解し、解釈するための技術です。

もう1つは、生成する技術です。この技術では、機械学習と呼ばれる技術が使われます。機械学習は、データを分析して、パターンを学習し、そのパターンを使って新しいデータを生成する技術です。

対話型AIは、さまざまな分野で使われ始めています。例えば、カスタマーサービスでは、対話型AIが顧客からの問い合わせに対応したり、商品やサービスの紹介をしたりしています。

また、教育では、対話型AIが学生に個別指導したり、質問に答えたりしています。

さらに、エンターテイメントでは、対話型AIがゲームや会話を楽しむことができます。

対話型AIは、まだ開発途上ですが、今後ますます進化していくことが期待されています。対話型AIが人間の生活をより豊かにしてくれることでしょう。

対話型AIを使う際には、いくつかの注意点があります。まず、対話型AIは人間ではありません。

人間と同じように考えて行動することはできません。そのため、対話型AIに過度な期待を抱かないようにしましょう。

また、対話型AIは、まだ開発途上です。そのため、誤った回答をすることもあります。

例えば、悪意のあるソースコードやEメールの文面を生成させて、詐欺に悪用することもできてしまいます。

さらに対話型AIに依頼して作成した特定のテーマに関する文章を、電子書籍として販売することも可能です。

こうした悪用の危険性も考慮した上で、法律や常識の枠を出ることなく活用する必要があります。

ビジネス利用におけるルールを作る

ビジネス利用におけるルールを作成するには、以下の点に注意する必要があります。

  • ビジネスの目的に合っていること
  • 明確で簡潔であること
  • 遵守しやすいこと
  • 変更や更新が容易であること

ビジネスの目的に合っていることは、ビジネス利用におけるルールを作成するための最も重要なポイントです。

ルールがビジネスの目的を達成するために必要であり、ビジネスの目的を妨げないものである必要があります。

ルールは明確で簡潔であることも重要です。ルールが複雑でわかりにくいと、従業員が遵守することが難しくなります。

また、ルールが変更や更新が容易であることも重要です。ビジネス環境は常に変化しています。そのため、ルールも変化に合わせて変更や更新できる必要があります。

自動翻訳や自動文章生成といった面で業務効率アップが期待できますが、正しい情報をスムーズに提供するためにAIをどこまで介入させるか、そして人間の目が行き届くように維持しつつ活用できるか、といった点を考慮する必要があります。

アカウント設定を確認する

ユーザーが送信した質問・受信した回答・提供したフィードバックなどの情報は、Google アカウント上に保存されています。

もし抵抗がある場合には設定を「オフ」にしておくといいでしょう。

さらに「自動削除」する期間も設定できるので、都合に応じて設定しておきましょう。

一部の機能は英語のみに対応している

会話をする・文章を生成するだけなら日本語でも対応していますが、Web画像の検索・表示などは英語のみに対応しているので注意しましょう。

もし英語が苦手だけど、これらの機能を使いたいという場合には、事前に翻訳サイトで日本語のプロンプトを英訳してから使うといいでしょう。

まとめ

Google Bardとは?について詳しく解説していきました。Google Bardは、Googleが無料で提供しているAIで、日常生活はもちろんのこと、ビジネスシーンでも活躍できるツールです。

特徴や使い方を知ることはもちろん、注意点などもしっかりと考慮した上で扱うことが大切です。

Google Bardはまだ試験運用中なので、今後回答スピード・精度含めて向上していく可能性があります。

Webマーケティングにお困りではありませんか?
  • 運用はしているが効果が出ない、認知・成果が上がらない
  • 時間をかけれず、分析はおろか更新 運用も手が回らない
  • SNSアカウント持ってないけど、始めてみたい
経営者・マーケティング担当者・広報担当者必見! Radineerでは、Web制作やオウンドメディア運用やSEO対策、Web広告運用など各分野のスペシャリストが在籍し、お客様を徹底サポート。 現在、各種お役立ち資料や会社概要・サービス資料を公開しております。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

執筆者

DXマーケティングやAIを事業に落とし込んで事業成長したい企業のマーケティング担当者・広報担当者、経営者、個人事業主向けに、マーケティングの基礎、成功ノウハウの提供・成功事例を紹介する専門メディアを運営しています。

目次