TikTok広告の費用や料金体系・使い方を完全網羅【2022年11月最新】

残り5社! 文字単価3円で発注できる記事作成代行サービスはこちら

集客を自動化させるインスタ運用代行はこちら

10代から20代を中心にユーザー数が爆発的に増え、短期間で一気に知名度が上がったSNS「TikTok(ティックトック)」にも広告を出稿することができます。

中国のByteDance社が2016年から提供を始めたサービスで、ユーザーが15秒~60秒の動画を投稿できるプラットフォームです。

他のSNSとの違いはTikTok自体が短時間の動画を見るためのSNSであるため、広告動画とのシナジーが非常に高い点にあります。

今回はTikTok広告にかかる費用の相場や、広告の種類、活用例などを紹介していきます。

SNS広告を検討しているが具体的にどうすればいいのか迷っているという人にもわかりやすくTikTok広告の仕組みを解説します。

目次

TikTok広告の費用相場は?

TikTok広告は大きく分けて2つの課金形態があります。

大雑把に言えば広告がクリックされたり広告動画が閲覧されるというアクションに対して1件いくらの費用がかかるものと、契約した一定期間にわたって広告として表示されるものです。

詳しくは後の項目で解説しますが、この違いによってもかなり費用が変わってきます。

課金形態によって広告期間も異なるため比較は難しいのですが、比較的安価なインフィード広告で相場は50万円前後と言われています。

一方で起動画面に表示されるような広告や、チャレンジ広告のようなユーザー参加型の広告になると予算は500万円以上確保しておくことが必要です。

チャレンジ広告のタイプによっては広告費が2,000万円近くになるものも存在します。

InstagramやTwitterなどの広告と比較するとかなり高額な広告形式があって驚く人も少なくはないでしょう。

しかし、冒頭でも述べた通りTikTok自体が元々短時間動画を見るためのSNSのため動画広告をしっかりと見てもらいやすいという大きな特徴があります。

TikTokではジャンルに関係なく面白いと思う動画やすごいと思う動画を求めている人が多いため動画広告の効果が大きいと言えます。

広告をしっかりと見てもらえる可能性が非常に高い分、広告費が高額になっている傾向です。

そのため広告を出稿するなら十分なクオリティのある広告動画を作成する必要があります。

TikTok広告の課金形態

TikTok広告の課金形態は大きく分けると先ほど解説したように2つです。

しかし、細分化するともう少し種類が増えるため、TikTok広告の課金形態について掘り下げて解説していきます。

インプレッション課金

インプレッション課金は一般的に広告がユーザー向けに広告が1,000回表示されるごとに既定の料金が発生するタイプの課金形態です。

TikTok広告ではインプレッション課金の形式の広告が2種あります。種類によって1回表示ごとの金額も変わってきます。

ユーザーに無作為に広告を出すような形式になるため、とりあえず目にしてもらったり広告したい商品などの認知度を上げるという意味では広く効果が期待できる形式です。

一方で広告がしっかりと見てもらえるかに関わらず表示されることで費用が発生するため、ただ見るだけで終わってしまうユーザーが多いほど費用対効果が下がる恐れがあります。

起動画面広告

インプレッション課金の形式のTikTok広告で一番メジャーなものは起動画面広告です。

1回表示させるごとに0.77円からとなっていますが、1日1社しか出せない広告枠のため入札になります。起動画面広告の相場は500~600万円と言われています。

アプリ起動時に必ず最初に表示されるため、広告効果は非常に高いでしょう。

欠点としては費用が高額なことと、狙ったタイミングで広告を出せる保証がない点です。

運用型広告

こちらはユーザーの一般投稿に混じって配信される形式になります。

運用型広告のインプレッション課金の場合は1表示ごとに0.1~1円と幅が広くなっています。これは詳細設定や表示回数によるため十分な検討が必要です。

一般投稿に混じって表示されるため違和感なくPRできるメリットはありますが、起動画面広告と比較すると効果が低いため比較的安価になっています。

また運用型広告の中にはクリック型再生型と言われる課金方法もあります。

  • インプレッション型課金…1表示ごと0.1~1円
  • クリック型課金…1クリックごと30~100円
  • 再生型課金…1再生ごと5~60円

クリック型課金と再生型課金はインプレッション課金ではありませんが、同じ運用型広告ではあります。

運用型広告は表示させるだけなのか、クリックしてもらうごとなのかなどで自由に設定が可能なのが利点です。

自由度が高い分、ユーザーの目に止まるような広告で費用対効果も高いものを出稿するのは至難の業です。

場合によっては広告代理店などプロに依頼することも検討しましょう。

期間契約課金

一定の期間に広告を表示させる契約をする課金形態です。

表示回数などに関しては安定しませんが最低保証回数などは設定されているためまったく無駄になるということは起きにくい形態です。

チャレンジ広告

TikTok広告の目玉とも言えるのがチャレンジ広告です。

広告主はハッシュタグを設定とお題となる動画の内容を設定し、ユーザーに動画を投稿してもらうことで盛り上げていくという一風変わった広告です。

広告として認識はされにくいですが、拡散力や訴求力に関しては実績もあるのが特徴と言えます。

費用としてはベーシックプランで2ヶ月で1,000万円からと高額な広告です。

プランによって変わるのは広告の誘導枠の違いで、後述のインフィード広告として表示するのか起動画面広告と表示するのかなどを選択が可能です。

どちらかというと商品を売るというよりも、知名度の向上やファンの獲得などに向いている広告です。

ユーザーが積極的に楽しんでキャンペーンに参加することでイメージアップを計るのに適した広告です。

インフィード広告

インフィード広告は他のSNSにも見られる一般的な広告と言えるでしょう。

運用型広告と近く、投稿欄のおすすめに表示されることで広告として認知されにくいのが特徴です。

1日単位での期間契約となり、表示されるタイミングや回数によってプランが分かれます。

こちらの場合はおすすめのどこに表示されるかなどによって大きく費用が変わります。

高額なプランで625万円からですが、低価格なものだと42万円からとかなり差があるのが特徴です。

広告費の幅も大きいため、やはりタイミングや広告自体のクオリティにも費用対効果が左右されやすいといえます。

自信がなければやはり広告代行などを利用することを検討しましょう。

高額な広告ともなれば費用もかさみますが、その分効果的な広告を出稿することができるでしょう。

TikTok広告の特徴

TikTokで広告を出すことを検討する際には、まずTikTok自体の特徴を抑えておく必要があります。

他のSNSと比較しつつ特徴を紹介していきます。

TikTokはショートムービーに特化したSNS

そもそもTikTokで広告を出稿する利点として挙げられるのはやはりTikTok自体がショートムービーに特化したSNSであるという点でしょう。

冒頭でも紹介しましたがTikTokのユーザーは面白いと感じる動画を閲覧するためにアプリを起動して動画を探して居ます。

そういったユーザーに向けて興味を引けるような広告を展開することができるかが大きなポイントです。

Twitterは短い文章を読むことに特化しているSNSで、短い動画などを投稿することもできますがあまり動画は好まれない傾向にあります

最大の違いは最初から短めの動画を見るつもりでいるユーザーかどうかという点です。

この違いは非常に大きく、クオリティの高い動画広告を出稿するには適したSNSといえるでしょう。

常に新しいものを求めているユーザーが多い

他のSNSでもフォローしていないユーザーの投稿であっても注目度が高い投稿を見ることは少なくありません。

しかしTikTokの場合はその傾向が非常に顕著です。

TikTokの公式サイトでもユーザーが「回遊」することによって普段触れることのないものへの接触を好んでいる傾向を指摘しています。

広告によって潜在的な顧客になりうるユーザーへの情報提供が好意的に取られやすいのは大きなメリットです。

他のSNSではなかなか見られない大きな差といえるでしょう。

SNSの性質の違いを活かした広告を出稿できるかが大きなポイントになります。

最大限この長所を生かすためにはやはり動画広告が適しています

画像での広告と異なり、それなりのノウハウも必要になってくるためプロに任せるのも一つの手段です。

TikTokユーザーは若年層だけとは限らない

TikTokユーザーのイメージとしては10~20代と思い込んでいる人も少なくはありません。

しかし、2019年時点でユーザーの平均年齢は34歳というデータがあります。

10~20代女性の投稿は突出しているものの、視聴だけのアカウントが非常に増えており平均年齢は上昇を続けています。

割合としてはやはり女性が多いですが、視聴を目的としたユーザーという意味では男性ユーザーも年々増えているのが実情です。

Twitterでは逆に男性の方が多く、年齢層はTikTokよりもわずかに高い傾向にあります。

拡散力という意味ではアクティブな若年層向けへの広告が主体になるケースが多いのは変わりません。

チャレンジ広告を考えている場合は動画を投稿してもらう必要があるため10~20代の女性をターゲットとする広告が有効です。

それ以外の広告であれば20~30代の男性向けであってもある程度の効果は期待できるでしょう。

TikTok広告の種類による違い

TikTok広告の種類は課金形態の項目で軽く触れていますが、ここでは広告の種類による違いや目的ごとに適した広告について解説します。

予算を考える上で費用は重要ですが、費用対効果を上げるためには広告の性質を理解しておく必要もあります。

チャレンジ広告

チャレンジ広告はその性質からマーケティングのために行っているという印象が伝わりにくいのが特徴です。

他の広告との最大の違いはユーザー自身が動画を投稿して参加することができる企画ということです。

チャレンジ広告に参加させる入り口の広告に関しては、起動画面広告であったりインフィード広告として表示して誘導します。

しかし、お題に対して自分で楽しみながら動画を投稿してもらえることがそのまま広告になるという点は大きなメリットです。

流行に敏感なインフルエンサーが参加してくれることもあり、その場合の拡散力は非常に大きくなります。

動画を投稿してもらって盛り上げるという形をとっていることか10代から20代の女性向けの広告が適しています。

具体的にはアイドルのPRや、スマホなどの学割サービス、スイーツの広告などが適している広告です。

インフィード広告

インフィード広告は投稿欄の中にある「おすすめ」に表示される広告の総称です。

TikTokでは1日単位の契約となる形式で「おすすめ」に表示される性質から広告と認識されにくい広告です。

一般投稿と同じ形式の広告になるので、自分が見ている動画とシナジーがある面白い動画かもしれないと思ってみてもらえる利点があります。

また「いいね」やコメントも通常の投稿同様につけることが可能なため、ユーザーの反応が非常にわかりやすい広告です。

注意点としては、おすすめされた動画として楽しみに視聴をするため、ユーザーからのクオリティに対するハードルは高めになります。

おすすめのページはユーザーが一番長く開いているページです。

外部サイトへのリンクなども設定ができるので、積極的に賞品の購買につなぐことが可能な広告です。

起動画面広告

起動画面広告はTikTok広告内で最もインプレッション数が多い広告です。

文字通りアプリの起動時に表示される広告で、全画面の60秒枠の広告になっています。

アプリ起動時に真っ先に目に入るというのは非常に印象に残りやすく、広告としては効果が圧倒的に高い広告です。

言うまでもなく効果は非常に高いのですが、1日に2社限定の広告枠となっているのが問題です。

広告にとって最適なタイミングで出せるかどうか、そもそも枠が取れるかどうかという点で不安定さは残ります。

広告からのリンクなどはもちろん設定できるので、様々な形の広告として運用することが可能です。

費用としては500~600万円からと言われており、効果的ではあるものの費用面もネックになります。

最大限の費用対効果を考える際には広告代理店などの広告代行を検討することも視野に入れておきましょう。

運用型広告

運用型広告はインプレッション型、クリック型、再生型など課金形式を自分で選んで運用できるタイプの広告です。

ネット広告としてはスタンダートなタイプになっていますが、自由度が高いだけに費用対効果を突き詰めるのは難しいタイプの広告です。

よく見かける方法としては同時にインフィード型とクリック型の広告を展開して、フィードバックから広告方法を最適化していく運用です。

広告の形態によって最適な課金形態は違ってきます。

一般的な傾向は以下の通りです。

  • インプレッション課金型…認知度向上
  • クリック課金型…商品販売、最新情報の認知
  • 再生課金型…商品イメージのPR、商品販売

インプレッション型は表示されるごと、クリック型は広告をクリックされるごと、再生課金型は広告動画を設定したラインまで視聴されるごとに料金が発生します。

例えば認知度を上昇させるためであれば表示数が重要なので、インプレッション型に適性があるなどの差があります。

商品の販売訴求であれば一般的にはクリック課金に適性がありますが、キッチン周りの商品などであれば使っているシーンを動画で見た方が訴求力が高いというケースもあります。

広告したいものの性質によっては一般的な広告方法では合わない場合もあります

広告内容にマッチした方法の広告、課金形態を効率よく選ぶのは非常に難しいためプロに依頼することも選択肢として覚えておきましょう。

TikTok広告作成のコツ

TikTok広告を作成する際にはいくつか抑えておきたいポイントがあります。

どのポイントもTikTokというSNSを最大限活かした広告を作るべきという意味では一致しています。

最初の数秒が勝負

そもそもネット広告はどちらかというと良く思わない人の方が多いでしょう。

あるアンケートでは「ネット広告で不快になったことがある」と答えた人が75%を超えていた事例もあります。

そんな中でもTikTokは比較的自然に広告が表示されることもあり、そこまで広告が嫌われているSNSではありません

そうであっても広告動画が流れて1~2秒で広告をスキップするかどうか決めるユーザーが圧倒的に多いと言われています。

最初に映るシーンで興味を引けるかどうかに全てがかかっていると言っても過言ではありません。

TikTokユーザーはおすすめなどで面白そうな動画を常日頃から探していることもあり、サムネイルを含め最初に見えたシーンでなんとなく視聴を続けるか否かを判断しています。

またBGMも非常に重要な要素で、流行りの曲であったり雰囲気と映像がマッチしているものである必要もあります。

縦画面を活かせる動画広告

ほとんどのTikTokユーザーはスマホの縦画面で動画を視聴しています。

ネット上の動画広告という意味ではYouTubeなどの横型の広告が主流です。しかしTikTokなどのSNSはスマホで見ることが前提になっているため縦型に特化した広告を作成する必要があります。

YouTubeなどで利用する横型広告をそのまま使用するとTikTok画面上では上下空いた開いた小さな動画になってしまい効果は激減します。

TikTokユーザー自身がそもそも縦型の面白そうな動画を求めて回遊していることもあり、TikTok広告では縦型を活かした広告が必須です。

表示できる画面を最大限に活かすのは広告の基本でもあります。縦型ならではの迫力のある動画広告を作成しましょう。

一般ユーザーの投稿の中にもクオリティが高く、縦画面を最大限に活かした動画は多くあります。

おすすめ動画として広告が表示された際にはそういった動画に負けないようなクオリティの広告であることが必要です。

TikToker(ティックトッカー)を起用した広告

TikTok広告の活用例でも紹介しますが、TikTok内のインフルエンサーであるTikToker(ティックトッカー)を起用した広告も効果的です。

人気のTikToker(ティックトッカー)ともなるとフォロワー数が数百万人にもなり、広告効果は絶大です。

広告内で起用する方法の他には、チャレンジ広告などでTikTokerに依頼して見本になるような動画を投稿してもらう方法もあります。

TikToker自身のフォロワーが多いこともありますが、フォロワーが多いということはそれだけ普段の動画のクオリティが高く注目されているということでもあります。

注目されているTikTokerが何か目新しいことをしているとなれば広告をスキップする人が減る可能性は高いといえます。

TikTokerに拡散目的で商品などの広告を依頼するという方法もありますが、広告イメージと合っているTikTokerなのかどうかなどの別の問題が出てくる可能性もあります。

こういったケースでは広告代理店などを通した方がスムーズかつ効果的になるでしょう。

TikTok広告の活用例

TikTok広告を活用して大成功を収めた例はいくつも存在します。

いくつかの事例を紹介していきます。

マクドナルド「#ティロリチューン」

ファーストフード店として全国的にも知名度があるマクドナルドですが「#ティロリチューン」チャレンジというチャレンジ広告を展開して大きな成果を上げました。

「#ティロリチューン」チャレンジはマクドナルドのフライドポテトが揚がったことをスタッフに知らせる音楽に合わせてダンスをしながら500円バリューセットを食べているシーンを撮影する企画です。

チャレンジ広告かいしから3週間で「#ティロリチューン」がついた動画の総再生数は1億回を突破したことがニュースとしてとりあげられました。

最終的には6万5千件の投稿と、累計再生数が1億5千万回にもなる記録的な広告として知られています。

チャレンジの見本としてインフルエンサーを複数起用して展開したのも効果的でした。

ただ知ってもらうだけでなく自分もやってみようというところに繋げ、友人と一緒にマクドナルドに行ってチャレンジするなどの拡散を狙った広告です。

コカ・コーラ「#リボンでありがとう」

コカ・コーラはクリスマスシーズン限定で500mlペットボトルのコーラの帯がリボンにできるリボンボトルを使い「#リボンでありがとう」キャンペーンを展開しました。

「#リボンでありがとう」キャンペーンは選択した音楽に合わせてリボンボトルのコーラを持ってありがとうの気持ちを伝える動画を投稿するものです。

投稿の中で審査の結果選ばれた作品が渋谷交差点の屋外ビジョンで放映されることと、投稿した人の中から抽選で100名にQUOカード1,000円が当たるという賞品も用意されていました。

クリスマスという世間が盛り上がっている時期と、若者の象徴的な存在である渋谷の屋外ビジョンに自分の動画が流れるかもしれないという賞品で盛り上がりを期待した広告です。

この例でもTikToker(TikTokでのインフルエンサー)を起用して見本になる動画を投稿し、それを真似しつつオリジナリティを出すという敷居の低いチャレンジ広告になっていました。

企業からすれば渋谷の屋外ビジョンにCMを流すことも広告の一環であり、TikTok広告との相乗効果を狙った広告でもあります。

グリコ「#ポッキー何本分体操」

製菓メーカーとして有名な江崎グリコは11月11日のポッキー&プリッツの日に合わせて「#ポッキー何本分体操」チャレンジを展開しました

コカ・コーラのキャンペーンより少し前に展開された同様のキャンペーンで、選ばれた動画は渋谷の屋外ビジョンの1つであるグリコビジョン渋谷で公開されました。

ダンスを主軸にしているところはマクドナルドのキャンペーンと同様です。

しかし店に行かずとも参加が可能なことと、中にはポッキーがない場合でできる体操というような動画もあり、参加の敷居が大幅に低かったことが成功のポイントでしょう。

5日間と短い間のキャンペーンではありましたが、その間に2万4千件近くの投稿と、総視聴数2,730万回を記録したキャンペーンです。

短期間に絞って目標の日にちまで一気に盛り上げるという意味では非常に効果的だった広告です。

ONE PIECE「#ワンピチャレンジ」

コミックス発行部数が世界一位となっている少年漫画「ONE PIECE(ワンピース)」の劇場版のPRにTikTokのチャレンジ広告が使用されました。

TikTok内で限定のスタンプも配信されたり、オフラインイベントや映画チケットのプレゼントなども含めた大々的な広告の一環ではありましたが効果的でした。

コミックは読んでいるが映画は子供向けというイメージもあり敬遠されている傾向にありましたが、30代のユーザーによる投稿も多く、映画自体の注目を集めることに成功した広告です。

TikTok広告による拡散力や、ファン層が視覚的に理解できることによって子供向けなだけでないコンテンツとしての認知を広められました。

元々人気のあるコンテンツの映画ではありましたが、キャンペーンは第2段、第3段と継続することでより広い層への認知に繋がった一例です。

投稿動画は特に大きな縛りもなく、ユーザーかなり自由に投稿したためあまり統一感はありませんでしたが、「ワンピース」という作品の知名度を活かしたタグの影響で拡散力は非常に強力でした。

DIESEL(インフィード広告)

TikTok広告で大きな成果を出す企業はチャレンジ広告が圧倒的に多いのですが、ファッションブランドであるDIESELはインフィード広告で結果を出しています。

DIESELはインフィード広告でブランドの世界観を表現した広告を展開しました。

ブランドにとって、特にファッションブランドであればイメージというのは何より重要なポイントです。

DIESELは直接的な購入とは結び付きにくい若年層向けではあっても将来的な購買層と認識し、認知度と好意度を向上させる目的でインフィード広告を選択しました。

広告によってDIESEL製品の購買意欲がベンチマーク比で+300%以上の有効な広告であったと記載されています。

様々な動画を普段から見ているTikTokユーザーを引き込むに十分なクオリティの広告は、直接購買に繋がらなくてもイメージアップとして大きな成果を生みました

TikTok広告の代行費用の平均は?

TikTok広告は他のSNSに出せる広告と比較すると広告費は高額になる傾向にあります。

しかし、TikTok自体が動画を主体としているSNSのため、クオリティの高い動画広告を出稿することができれば効果は絶大であることが予想できます

費用対効果の高い広告を出稿しようと思うと、TikTokの性質を十分に理解した上でユーザーに興味を持ってもらえる動画広告を作れるかどうかが非常に重要になってきます。

広告を検討しているものの、自社に広告に関する部署がない場合や人員を割くことが難しい場合は広告代理店などの広告代行を検討する必要があります。

TikTok広告には高額な広告もあり、代行を依頼するとなると気になってくるのはその手数料です。

広告代行を依頼した場合の手数料は出稿する広告費の15~25%と言われています。

会社によって手数料の差が大きいこともありますが、広告自体の費用が形式によって数十万円から1,000万円を超える広告まで幅広く存在することもあり案件によって手数料が大きく変わってしまいます

やはり多くのノウハウを持ち、実績がある広告代行会社はクオリティの高い広告作成にも長けています。

広告が難しいと感じたり、失敗が許されない時にはプロに相談するのが一番です。

まとめ

今回はTikTok広告についてと、その広告費用相場について詳しく解説しました。

TikTokというSNSの性質を考えると動画広告であってもクオリティが高ければ好意的に見てもらえる可能性が高く、広告自体を集中して見てもらえるというメリットがあります。

一方で他のSNSと比較すると高額な広告形式もあるため費用対効果の高い広告を作成・出稿する必要があります

年齢層が段々広くなってきていますが、話題性を考えれば若年層向けのキャッチーな広告であることが重要です。またチャレンジ広告のような参加型の広告は想像以上に効果があることも多く、TikTokというSNSを活かした広告展開が重要です。

十分な分析と、ハイクオリティな動画で費用対効果の高い広告を目指しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次