SNS運用代行おすすめ人気ランキング2024年2月最新【業者の選び方や違いを徹底解説】

今や企業もSNSを運用するのが当たり前な時代です。しかし、自社ではなかなかそこまでの人員・リソースを回せないというところも多いです。

そこで便利なのがSNS運用代行です。

ここではSNS運用代行のおすすめ業者のほかに、代行を依頼するメリットや業者の選び方なども紹介していきます。

目次

SNS運用代行とは?仕事内容について

SNS運用代行とは、企業や個人がソーシャルメディアプラットフォーム上でのプレゼンスを向上させるために利用するサービスの一つです。

競合やユーザーの分析、戦略策定

SNS運用代行は、SNSプロファイルを管理し、競合分析やユーザーの行動分析を行い、戦略を策定し、魅力的なコンテンツを制作・投稿し、フォロワーやユーザーとのコミュニケーションを積極的に行い、成果を分析して戦略を改善するサービスです。

例えば以下のような提案を出してくれます。

  • アカウント運用のゴールとKPIの設定
  • 競合アカウントやユーザーの分析
  • ペルソナ・ターゲット設定
  • 運用するSNS媒体選定を含むアカウント運用戦略
  • 投稿内容や頻度
  • 全体のスケジュール

運用代行会社とプランによっては、戦略立案の段階で「マーケティングリサーチ」といったように、SNS上の情報をもとに口コミ評判を調べるソーシャルリスニングや、パネルアンケート調査なども行ってくれます。

クライアントのSNSプレゼンスを強化し、ブランドの成長と信頼性の構築を支援します。

リスクマネジメント

リスクマネジメントは、組織やプロジェクトにおける潜在的なリスクを識別し、評価し、制御するプロセスです。

目標達成における障害や予測不可能な出来事に備え、リスクを最小限に抑え、ビジネスの持続性を確保します。

具体的には、リスクの特定、評価、制御、監視、および適切な対策の実施が含まれます。

リスクマネジメントは組織やプロジェクトの成功と持続可能性を向上させる重要な要素です。

投稿するコンテンツの作成

コンテンツの作成といっても、以下のようなものがあります。

  • テキストの作成
  • 動画や写真撮影などのクリエイティブ制作
  • 代理投稿
  • いいねやコメントなどのユーザー反応への対応
  • インフルエンサーによるPR

コンテンツを作成する前に、誰が受け取るのかを理解し、そのニーズや関心に合わせてカスタマイズしたり、キスト、画像、動画、インフォグラフィックスなど、適切なコンテンツフォーマットの選択をしたりなど、多くの工程を必要とします。

レポート作成・振り返り

SNSの運用代行業者の多くは、毎月など定期的に運用状況をレポートにまとめて報告してくれます。

レポート作成・振り返り」は、ビジネスやプロジェクトにおいて次の2つの業務内容を指します。

  1. レポート作成: ビジネスの進捗や成果を文書でまとめます。データや情報を整理し、チャートやグラフを使ってビジュアルに示します。これは上層部や関係者に提出し、意思決定や戦略策定に役立ちます。
  2. 振り返り: プロジェクトや期間が終わった後、過去の活動を評価します。成功と課題を洗い出し、次回に向けた改善点を特定します。これにより、継続的な成長とプロジェクトの改善が可能になります。

プロジェクトの健全性と成果を確認し、今後の方向性を調整するのに役立ちます。簡潔な報告とプロジェクトの振り返りは、成功に向かう手助けをします。

SNSアカウント運用以外のマーケティングサポート

運用代行会社やプランによっては、アカウント運用以外のSNS広告運用やインフルエンサーマーケティング施策といった対応を用意しているところもあります。

当然ですが別途費用は掛かりますが、複数のSNSを使ったコンサルを依頼することで、1つに特化するよりもより多くの集客が期待できることも。

自社に適しているかどうかも含めて相談してみることをおすすめします。

SNS運用代行を依頼するメリット

時間を有効活用できる

SNS運用は非常に時間と労力を必要とするタスクです。クオリティの高いコンテンツの制作、スケジュールに基づいた投稿、フォロワーとの対話、データ分析など、多くの作業が日常的に行われます。

これらのタスクを自社内で行うと、時間とリソースを大量に消費することになります。

SNS運用代行を利用すると、専門家がこれらのタスクを効率的に実行します。クライアントは自社のコアビジネスに集中でき、SNSマーケティングにかかる負担を軽減できます。

また、専門家は最新のトレンドやベストプラクティスに精通しているため、より効果的な戦略を立案し、競争力を維持するのに役立ちます。

さらに、時間の有効活用はスケールにも関連しています。SNS運用代行は、多くのクライアントに対応できるリソースを持っているため、戦略のスケールアップや多くのソーシャルメディアプラットフォームでの運用が可能です。

その結果、広範なオーディエンスにリーチし、成果を最大化することができます。

SNS運用代行を依頼することで、企業や個人は貴重な時間を節約し、同時に専門的な知識と経験を活用してソーシャルメディアプレゼンスを最適化するメリットがあります。

コンスタントに投稿ができる

SNS運用代行を依頼するメリットの一つは、コンスタントな投稿が可能となることです。

定期的なコンテンツ制作と投稿

SNS運用代行は、クライアントのニーズや業界のトレンドに基づいて、クオリティの高いコンテンツを準備します。これにはテキスト、画像、動画、リンクなどさまざまな形式のコンテンツが含まれます。

コンテンツは前もって計画され、スケジュールに従って投稿されます。このスケジュールは、フォロワーがオンラインで最も活発な時間帯に合わせて最適化されます。

またフォロワーに新しい情報や価値を提供することはとても重要です。

これにより、フォロワーの関心を引き続き惹きつけ、ブランドの一貫性を保ち、競合他社に対して差別化を図る手助けをします。

フォロワーの関心を維持

フォロワーの関心を維持することは、ソーシャルメディアマーケティングで非常に重要です。

これは、SNSアカウントのフォロワー(ユーザー)が、クライアントのコンテンツやブランドに対して興味を持ち、アクティブな状態を保つことを指します。

  1. バラエティ豊かなコンテンツ: 単調なコンテンツではなく、テキスト、画像、動画、ストーリーなどさまざまな形式でコンテンツを提供すること。これにより、フォロワーは飽きずに関心を保ちます。
  2. タイムリーな情報: 最新のトピックや業界の動向に関する情報を提供すること。フォロワーは最新情報に興味を持ち、定期的にアカウントを訪れる可能性が高まります。
  3. 対話と参加: フォロワーとのコミュニケーションを促進し、コメントや質問に返信すること。フォロワーは対話を通じて関与感を感じ、コミュニティに参加しやすくなります。
  4. ストーリーテリング: ブランドのストーリーを通じて感情を引き出すこと。ストーリーに共感するフォロワーは、ブランドに忠実である傾向があります。
  5. コンスタントな投稿: 定期的なコンテンツ投稿を続けること。フォロワーは安定感を求め、コンスタントな情報提供により関心を持続させます。

フォロワーの関心を維持するには多様性、タイムリーさ、コミュニケーション、ストーリーテリング、コンスタントな投稿が重要です。

ブランドの一貫性

ブランドの一貫性は、ブランドがコンスタントで統一的なメッセージやビジュアルスタイルを持つことを指します。

これは、ブランドが消費者に対して一貫性のある印象を与え、ブランドの認知度を高めるのに役立ちます。

一貫性は、ロゴ、カラーパレット、フォント、トーンやスタイルなど、ブランドの視覚的および声の要素に関連しています。

たとえば、ブランドのロゴは異なるプラットフォームや媒体で一貫して表示され、ブランドカラーは同じく使われることが重要です。

これにより、消費者はブランドを認識しやすく、信頼感を持ちます。

ブランドの一貫性は、ブランドのメッセージや価値観がどこにいても同じであることを示し、顧客の忠誠心を高め、ブランドの認知度を向上させるのに役立ちます。

アルゴリズムへの適合

アルゴリズムへの適合とは、ソーシャルメディアプラットフォームなどのウェブサービスが使用する数学的な規則や処理手順に合致することを指します。

これは、特にソーシャルメディア上で重要です。例えば、FacebookやInstagramなどのSNSプラットフォームは、ユーザーのフィードにどのコンテンツが表示されるかをアルゴリズムによって決定します。

競合他社との差別化

競合他社との差別化は、ある企業やブランドが自身を他の競合企業と比較して、独自性を際立たせるプロセスです。これは、どの市場でも成功するために非常に重要です。

  1. 独自の価値提供: 顧客に提供する価値や特典を明確にし、他社とは異なる独自の利点を提供します。
  2. ブランドアイデンティティ: 独自のブランドイメージやメッセージングを確立し、顧客に印象づけます。
  3. 製品・サービスの特徴: 製品やサービスに独自の特徴や技術を組み込んで、市場で差別化を図ります。
  4. カスタマーエクスペリエンス: 顧客へのサービスやサポートにおいて、他社との差別化を追求します。
  5. 価格戦略: 価格帯や価格設定方法を工夫し、顧客に独自の価値を提供します。

競合他社との差別化に成功することで、企業は市場で注目され、顧客から選ばれやすくなります。

差別化というものは、ブランドの成功に欠かせない要素であり、自社のサービスや商品の独自性を示すことにもつながり、結果的に競争優位性を出すことも期待できます。

ネガティブなコメントを監視しイメージダウンを回避

ネガティブなコメントを監視し、イメージダウンを回避することは、オンラインでのプレゼンスを守り、ブランドや個人の評判を維持するために非常に重要です。

  1. ネガティブコメントの早期検出: ネガティブなコメントや評判に関する情報は早期に発見することが重要です。ソーシャルメディアモニタリングツールやアラート設定を使用して、ネガティブなフィードバックをリアルタイムで把握しましょう。
  2. 冷静な対応: ネガティブなコメントに対して感情的に反応するのではなく、冷静かつプロフェッショナルな対応を心がけましょう。感情的な反応は問題を悪化させることがあります。
  3. 公共の場での対応: ネガティブコメントに対する返信は、公共の場(SNSなど)で行うことが一般的です。これにより、他のフォロワーや顧客が対応を見ることができ、信頼性を高めます。
  4. プライベートメッセージ: 時には問題をプライベートなメッセージで解決することもあります。公の場での議論を避け、クレーマーの満足度を向上させることができます。
  5. 改善策の実施: ネガティブなフィードバックから学び、問題点を修正しましょう。逆に、問題を放置するとイメージが損なわれる可能性が高まります。
  6. ポジティブなコンテンツ強化: ネガティブなコメントに対抗するために、ポジティブなコンテンツを積極的に共有し、フォロワーの信頼を維持しましょう。

ネガティブなコメントの適切な対応は、オンラインでの評判を保ち、イメージダウンを回避するために欠かせないスキルです。

フォロワーや顧客への適切な対応は、信頼性を高めるだけでなくポジティブなブランドイメージを維持するのに役立ちます。

プロの目線で分析・運用できる

プロの目線で分析・運用できるとは、専門知識と経験に基づいて、戦略的で効果的なアプローチでビジネスやプロジェクトを評価し、運用することでもあります。

プロ目線で運用してくれる内容は以下の通りです。

  1. データ分析: データを詳細に分析し、傾向やパフォーマンスの問題を特定します。データから洞察を得て、戦略を最適化します。
  2. 競合分析: 競合他社や市場状況を徹底的に調査し、競争力を維持または強化する戦略を策定します。
  3. 戦略的計画: 長期的なビジョンに基づいて計画を立て、目標に向かって段階的に進化させる戦略を策定します。
  4. リスク管理: リスクを評価し、対策を講じます。予期せぬ問題に対処するための戦略を策定します。
  5. ターゲット設定: 正確なターゲットオーディエンスを特定し、それに合わせたキャンペーンやコンテンツを開発します。
  6. プロフェッショナルなコミュニケーション: 専門家のコミュニケーションスキルを活用して、顧客や共同作業者と効果的に対話し、信頼を築きます。
  7. 最新トレンドへの対応: 業界の最新トレンドや技術を理解し、それに適応する戦略を立てます。

“プロの目線” で分析・運用することは、ビジネスやプロジェクトの成功を確保し、競争優位性を確立するために不可欠です。プロのアプローチは、戦略的な意思決定と効果的な実行を実現します。

SNS運用代行業者に依頼する流れ

全ての会社に当てはまるわけではないですが一般的には以下のような流れで進みます。

1.依頼する企業の選定・問い合わせ
2.SNS運用代行会社との打ち合わせ・契約
3.運用スケジュールやKGI・KPI設計
4.投稿イメージの作成・確認
5.コンテンツの投稿
6.投稿の効果測定

依頼する企業の選定・問い合わせでは、自社のニーズと目標を明確化し、代行業者のスキルや経験との適合性を検討しプロジェクトの詳細や予算についてはっきり伝えることが大切です。

また打ち合わせでは、コミュニケーションプロセスや報告頻度、緊急時の対応などを合意します。

KPIやKGIなども効果測定では重要なので、契約前の段階でしっかりと相談しておく必要があります。

なお、運用についての効果測定はどの会社でも行ってくれますが、リーチ数やエンゲージメント数、いいね数などの分析機能がついたツールを提供してくれる会社もあります。

毎週~数か月ごとにレポートで報告してくれるので、長期的な運用を検討する際にはしっかりと確認するようにしましょう。

SNSを運用することで狙える効果

ユーザーの興味・関心を持ってもらえる情報を伝えられる

先ほどもお伝えした通り、SNSは同じ興味や関心・趣味を持った人が集まったコミュニティを築いていることが多いです。

そのため、自社のアイテムやサービスのジャンルに興味を持っているユーザーの目に留まれば、拡散・宣伝をしてくれることも狙えます。

例えばTwitterでは「リツイート」や「いいね」、Facebookでは「シェア」といった方法で、フォロワーのフォロワーにも情報が一気に拡散されます。

ユーザーにとって魅力的だと思われる情報を、さらに広くまで広めてもらうチャンスとして使えます。

ただしSNS選びは慎重に!目的によって適しているSNSツールは異なります。

情報入手方法が多様になった

SNSが生まれるまでは、インターネット上で情報を調べる際はGoogleやYahoo!といった検索エンジンを使うことがメインでした。

そのため、検索結果から自社のサイトに表示される可能性はSNSほど高くはありません。

それだけ情報発信・広告に関して検索エンジンやマスメディアの存在が強かった背景があります。

しかしSNSが誕生してからは、検索エンジンやマスメディアの力がなくても、自社のアピールを能動的に行えることがわかってきました。

SNSにも色々な種類があるだけでなく、SNSからSNSへと拡散していくこともできるので様々な手段で情報を手に入れることが可能となりました。

SNS上にはユーザー目線・ユーザー発信の情報が豊富

TwitterやInstagram・Facebookは個人ユーザーも多いので、自社の製品やサービスを実際に利用してくれている人の投稿なども見かけます。

そのため、投稿内容はユーザーから見た目線で書かれていることが多いです。

企業が広告を打つよりも、実際に利用をした・体験したユーザーがレビューを書くことで、他のユーザーからは「リアルな意見」と感じてもらいやすいです。

企業が宣伝をしてしまうと、「誇張表現」と捉えられてしまうことが多い傾向ですが、特に好きな芸能人や自分と交流のあるユーザーがおすすめしているものだと、好意的に見てくれることが多いです。

身近な人物が発信する情報であればなおさら親近感も生まれて、より情報に対してポジティブに受け取ってくれることも期待できます。

企業とユーザーの交流がしやすい

先ほど、「親近感」について軽く触れました。企業は一般ユーザーからするとどうしても距離感を覚えてしまいます。

  • 企業=商品やサービスを提供する側
  • ユーザー=商品やサービスを受け取る・利用する側

に分かれているからです。この違いによって、両者は大きく距離が開いていると考えられます。

しかしSNSという企業も個人も同じようにコミュニケーシがとれるツールの中ではメッセージの交換が容易となり、さらに親近感が増すきっかけにもなりました。

実際に企業からメッセージが届けば、ユーザーは「自分の投稿を見てくれている!」と感じて身近に感じてくれることが多いです。

企業と個人が以前よりもよりフラットな関係に近づくことができたのもSNSの大きな力といえます。

【注意】SNSの集客ばかり考えてはいけない

集客力を見込めるSNSという便利なツールですが、「SNS=集客の道具」といった雰囲気を全面に押し出されると、かえってユーザーからは反感を買います。

SNSはあくまでコミュニケーシツールという便利なツールだという前提を忘れてはいけません。

集客を求めるばかりユーザーの意見を聞かず、一方的な使い方になってしまうとネガティブなイメージがついてしまう可能性もあります。

SNS運用代行費用の相場と目安

初期費用が発生することも

運用代行業者によっては、初期費用が必要となることもあるので事前に確認しましょう。なお費用も10~50万円程度と大きく幅がある上、公式サイトで公開していない会社も多いので注意しましょう。

最低契約期間がある場合が多い

初期費用のほかにも気を付けてほしいのが「最低契約期間」というものです。

SNS運用代行サービスにおいて、最低契約期間があることは一般的です。これは、クライアントと代行会社の双方にとっていくつかの利点があるからです。

  1. 戦略的な取り組みの時間: 最低契約期間は、長期的な戦略を策定し実行するための十分な時間を提供します。短期の契約では戦略の効果を正確に評価できないことがあります。
  2. 長期のブランド構築: ソーシャルメディア上でブランドを確立し、フォロワーとの信頼関係を構築するには時間がかかります。最低契約期間があることで、持続的な成長が可能になります。
  3. リソースの確保: 代行会社は長期間の契約に基づいてリソースを計画し、専門的なスタッフを配置できます。これにより、高品質なサービスが提供されます。
  4. コスト効率: 長期契約にすることで、通常は割引や価格交渉の余地が生まれ、クライアントにとってコスト効率の良い選択肢となります。

ただし、クライアントには最低契約期間の制約があるため、十分に検討し、代行会社を選ぶ際に契約条件を注意深く確認することが重要です。

適切な契約期間を選択することで、成功に向けた長期的な取り組みが可能になります。

なお最低契約期間がどの程度くらいかは会社によって違いますが、半年程度のところが多いです。

SNS運用代行の月額費用

SNSの運用代行の料金の違いは以下のような3つの要素で換算されることが多いです。

1.投稿の頻度
2.投稿のフォーマット
3.依頼する範囲

当たり前ではありますが投稿頻度が多いほうが費用が高くなります。

それだけでなくSNSの投稿には、テキストのみ、テキストと画像、テキストと動画など複数の投稿のフォーマットがあります。

基本的には、テキストのみよりも、画像や動画など複数のフォーマットと合わせるほうがより費用も上がります。

月額 10万円以下

・コンテンツの作成、投稿までは代行してもらえる
・「いいね」や返信があった場合は自社で対応
・効果測定も自社で対応

月額10万円以下で依頼をする場合は、できるだけ費用を抑えてSNS運用の代行を依頼したい場合におすすめ。

コンテンツの作成・投稿までを依頼したい場合は週に1回までといった制限がつくことが多い価格帯であることも覚えておきましょう。

なお原稿の作成から依頼するか、原稿となる文章や画像を依頼側で用意して編集作業のみ依頼するかで費用が変わり、編集作業のみの依頼にすれば2〜5万円に抑えることもできるので、自社でできる部分・依頼をする部分の線引きをしっかりと考える必要があります。

また、投稿に対してコメントや「いいね」があった場合の対応や、効果測定までは依頼できないことが多いので注意してください。

月額20万円〜30万円

この価格帯が最も多いプランとなっているようです。この価格帯で依頼できることは以下の通りです。

・コンテンツの作成・投稿を依頼できる回数が増える
・コメント・いいねが来た場合に対応してもらえる
・月次レポートも出してもらえる

例えば投稿するコンテンツの作成、投稿に対応してもらえる回数が、月額10万円以下の価格帯に比べると多くなり、「いいね」などのコメントやレスポンスが来た場合にも対応してくれる会社が多いです。

さらに課題分析や戦略設計も、ほとんどの場合依頼できます。

レポートを数値上にまとめたものも報告してくれるので、継続的にSNSで活動していきたい場合にはぜひ検討してほしい料金といえるでしょう。

月額 50万円〜

月額 50万円以上はSNSのアカウント運用に加え、SNS広告の運用までサポートしてほしい場合に適しているでしょう。

投稿の代行、コメントの返信はもちろんのこと、課題分析や戦略設計・詳しい効果測定やSNS広告の運用代行など、幅広いサービスが受けられます。

さらに投稿回数も無制限に設定されている会社も多いです。

毎月の報告もレポートを作成してくれるだけでなく、月1回程度ミーティングも設置してくれるなど手厚いフォロー内容が特徴で、今後何を改善していくかなどの詳細な報告を受けることができます。

なお、アカウントの運用に加えてSNS広告の運用も依頼できる場合が多いですが、広告の出稿費用そのものは含まれていません。

SNS運用代行業者を選ぶコツ

自社の業種で運用実績があるか

SNS運用においては、自社の業種やターゲットの年齢・コミュニティなども検討した上でコンテンツの作成・配信を行うことが大切です。

  1. 業界知識と洞察: 自社の業界に特化した代行業者は、業界のトレンド、競合状況、およびターゲットオーディエンスに関する深い洞察を持っています。これにより、戦略の適切性とターゲティングの精度が向上します。
  2. コンテンツの適正性: 自社の業界での運用経験がある代行業者は、適切なコンテンツを開発するのに役立ちます。業界特有のニーズや関心事に合致するコンテンツを提供できるでしょう。
  3. 競合分析: 業界に精通した代行業者は、競合他社のSNS活動を分析し、競争戦略を最適化するのに役立ちます。
  4. 規制やコンプライアンス: 特定の業界には規制があることがあります。業界経験を持つ代行業者は、コンプライアンスに適合する戦略を確立し、法的リスクを最小限に抑えるのに役立ちます。
  5. 効果的なコミュニケーション: 業界専門家は、業界用語やトーンを理解し、業界内の重要な問題に関する効果的なコミュニケーションを提供します。これはフォロワーとの信頼関係を築くのに役立ちます。

自社の業界で運用実績がある代行業者は、戦略の精度と成果を最適化し、SNSマーケティングの成功に大きく関係します。

そのため、適切な代行業者を選ぶ際に、業界経験を持つかどうかを確認し、戦略の適切性と効果を向上させるために活用しましょう。

具体的な手法を持っているか

SNS運用代行業者を選ぶ際、具体的な手法や戦略を持っているかどうかが非常に重要です。以下は、代行業者が具体的な手法を持つべき理由とその例です。

  1. 戦略的なコンテンツ制作: 代行業者は、効果的なコンテンツを計画的に制作し、ターゲットオーディエンスに合わせた投稿スケジュールを設定する必要があります。例えば、ブログ記事、ビデオコンテンツ、インフォグラフィックスなど、コンテンツの種類と配信計画を具体的に立案します。
  2. データ分析と最適化: 代行業者は、SNS活動の成果を評価し、データに基づいて戦略を最適化するスキルを持つべきです。例えば、投稿の効果を分析し、フォロワーエンゲージメントを向上させるための戦略的な変更を提案します。
  3. 広告運用: SNS広告を活用する際、代行業者は広告戦略を策定し、広告キャンペーンの設計と最適化を行います。具体的な広告戦略によってリーチやコンバージョンが向上します。
  4. 危機管理: ネガティブなコメントや危機管理の際に、代行業者は具体的な対応策を持つべきです。プランやリソースを用意し、スピーディかつ効果的に対応します。
  5. コミュニケーションスキル: 代行業者は、顧客とのコミュニケーションにおいて具体的なプロフェッショナリズムと適切なコミュニケーションスキルを持つべきです。フォロワーとの対話や問題解決に積極的に取り組みます。

代行業者がこれらの具体的な手法を持つことは、効果的なSNS運用と成果の最大化に不可欠です。

クライアントと協力することで、具体的な戦略と実行計画を共有し、共に成功を築くための基盤を構築します。

効果を測る基準ははっきりしているか

SNS運用代行を依頼した際は、「自社サイトのアクセス数を400%に上げる」「問い合わせアップ」など具体的な目標を決めてから、その目標を達成できるかはっきりさせなければなりません。

  1. 戦略的なコンテンツ制作: 代行業者は、効果的なコンテンツを計画的に制作し、ターゲットオーディエンスに合わせた投稿スケジュールを設定する必要があります。例えば、ブログ記事、ビデオコンテンツ、インフォグラフィックスなど、コンテンツの種類と配信計画を具体的に立案します。
  2. データ分析と最適化: 代行業者は、SNS活動の成果を評価し、データに基づいて戦略を最適化するスキルを持つべきです。例えば、投稿の効果を分析し、フォロワーエンゲージメントを向上させるための戦略的な変更を提案します。
  3. 広告運用: SNS広告を活用する際、代行業者は広告戦略を策定し、広告キャンペーンの設計と最適化を行います。具体的な広告戦略によってリーチやコンバージョンが向上します。
  4. 危機管理: ネガティブなコメントや危機管理の際に、代行業者は具体的な対応策を持つべきです。プランやリソースを用意し、スピーディかつ効果的に対応します。
  5. コミュニケーションスキル: 代行業者は、顧客とのコミュニケーションにおいて具体的なプロフェッショナリズムと適切なコミュニケーションスキルを持つべきです。フォロワーとの対話や問題解決に積極的に取り組みます。

代行業者がこれらの具体的な手法を持つことは、効果的なSNS運用と成果の最大化に不可欠です。

クライアントと協力し、具体的な戦略と実行計画を共有し、共に成功を築くための基盤を構築します。

業務内容と費用は明確かつ適正か

プランの業務内容と費用がはっきりと明記されているかどうかも業者選びでは重要なポイントです。具体的には以下のようなポイントで比較していきましょう。

  1. 明確な業務内容: 代行業者との契約では、提供されるサービスや業務内容が明確に記載されている必要があります。どのSNSプラットフォームが運用され、どのようなコンテンツが制作・投稿されるのか、また広告キャンペーンの管理やフォロワーとのコミュニケーションが含まれるかなど、詳細を確認しましょう。
  2. 費用の透明性: 費用に関する情報は透明で理解しやすくなければなりません。月額の運用費用や初期費用、広告費用がどのように請求されるか、そしてオプションや追加費用があるかどうかを確認しましょう。
  3. 適正な価格: 費用は提供されるサービスと品質に見合ったものであるべきです。市場価格や競合他社の価格と比較し、適正な価格かどうかを確認しましょう。
  4. 契約条件: 契約期間、解約条件、サービスの品質保証、クライアントと代行業者の権利と責任に関する契約条件が明確であるかどうかを確認しましょう。
  5. 評判と実績: 代行業者の評判や実績を調査し、以前のクライアントのフィードバックを考慮に入れることで、信頼性を確認します。

明確な業務内容と透明性のある費用構造は、クライアントと代行業者との信頼関係を築くために重要です。

クライアントはサービス内容と価格を理解し、代行業者は提供する価値を明確に示す必要があります。

レポーティング内容や定例会はあるか

外部委託する場合は、適切な報告や提案が重要です。

  1. レポーティング内容: 代行業者は、定期的にSNSアクティビティに関するレポートを提供します。これにはフォロワーの成長、エンゲージメント率、広告キャンペーンのパフォーマンス、トラフィックデータなどが含まれます。レポートはデータを視覚的に示し、SNS戦略の効果を評価するのに役立ちます。
  2. 定例会議: 定例会議はクライアントと代行業者とのコミュニケーションを強化します。通常、週次または月次で行われ、SNS運用の進捗状況、戦略の調整、新しいアイデアの共有などが議論されます。クライアントのフィードバックも収集し、戦略の改善に活用されます。
  3. カスタマイズされたレポート: 一般的に、レポーティングはクライアントの要求やニーズに合わせてカスタマイズされます。特定のKPI(Key Performance Indicator)やメトリクスに焦点を当てたり、特定の情報を強調したりすることができます。
  4. トラブルシューティングと改善策: 定例会議やレポートの際に、問題点や課題に対する解決策や改善策を提案し、協力して問題を解決するプロセスが含まれます。

これらの要素は、クライアントと代行業者のコミュニケーションを円滑にし、SNS戦略の透明性と効果を確保するために重要です。

そのため定期的なレポートと会議を通じて、戦略の調整と最適化が行われ、クライアントのニーズに合ったSNS運用が実現されます。

各SNSの特性にあった運用方法を理解する

SNSは、プラットフォームごとに性別・年齢の分布、特徴が異なります。たとえば、Facebookは企業アカウントと相性がよく、TikTokは中高生のユーザーがメインです。

Facebookのユーザー層は日本では30代(48.0%)で、次いで40代(39.0%)、20代(33.8%)と続きます。

なお10代の場合は20%も満たないため、ほかのSNSよりも少ないところもFacebookだけです。

またビジネス層といわれる30~50代の利用率が特に高いので、企業や個人事業として利用するのも多いSNSです。

そしてInstagramの男女別ユーザー構成は男性が43%、女性が57%であり、ともに10代~30代までの層にアクティブユーザーの中心があることから、Instagramにおけるマーケティング対象のユーザーは10代~30代がメインになると言えます。

X(旧Twitter)の場合は、リアルタイムな情報発信が特徴です。ユーザーは短いツイートを即座に投稿し、フォロワーや他のユーザーとリアルタイムにコミュニケーションを取ることができます。

インフルエンサーコラボレーションが活発に行われていることも特徴なので、インフルエンサーを使った運用を検討している場合におすすめのプラットフォームといえるでしょう。

SNS運用代行おすすめ会社

株式会社コムニコ

https://www.comnico.jp/

株式会社コムニコは、2008年よりSNS関連事業を開始している会社です。2008年はSNS運用がまだ一般的ではなかったことから、SNS黎明期を支えた企業としても知られます。

SNS運用支援実績は、大手企業を中心に1,400件を超え、各分野のプロフェッショナルがトレンドに沿ったコンテンツ提案行うことができ、災害時などリスクがある場合にもスピーディかつ安定した体制が取れるのが強みです。

SNS運用サービスでは、SNS運用管理ツール「コムニコ マーケティングスイート」、SNSキャンペーンツール「ATELU」の提供を行っています。

サービス内容としてはSNSの運用代行以外に広告運用、インフルエンサー活用、フォロワー調査(効果検証)、セミナー/勉強会の開催なども行っているので、幅広いサービスを探している会社にもおすすめでしょう。

初期費用・月額費用ともに都度見積もりが必要ですが月額費用は50万円~となっていることが多いです。

初期費用 要問い合わせ
料金プラン ■投稿コンテンツ企画:月額100,000円
■月次レポート及び定例会:月額200,000円
■アカウント運用代行:月額500,000円
■コメント監視:月額60,000円
対応しているSNS Instagram、TikTok、YouTube、Twitter、LINE、Facebook、note、LinkedIn
導入企業 株式会社カプコン、森ビル株式会社、公益財団法人高知県観光コンベンション協会、日本盛株式会社、フジッコ株式会社 など
導入社数 1,440件以上

株式会社ニット

https://help-you.me/

株式会社ニットは、オンラインアウトソーシングサービスで、様々な業務を依頼できるのが強みです。

SNS運用サポートから記事作成・編集・データ集計などさまざまな支援が受けれるので、SNS運用が初めてという場合でも手厚くフォローしてくれます。

またチーム制のため多種多様な業務を長期的に依頼が可能なのもポイントです。

初期費用 要問い合わせ
料金プラン ■チームプラン:月額100,000円
■1名専属プラン:月額150,000円
■ロボットプラン:月額30,000円~
対応しているSNS Facebook、Twitter、Instagram など
導入企業 株式会社MISO SOUP、株式会社アクティベートファクトリー 、ナイル株式会社、日本シグマックス株式会社、株式会社NAVICUS など
導入社数 600社以上

株式会社ガイアックス

https://www.gaiax.co.jp/

株式会社ガイアックスは、2009年から今までに1,000社を超える会社への支援実績を誇るSNS運用代行会社です。

そのため運用ノウハウも豊富で運用代行以外の支援サービスの幅も広いのが特徴です。

例えばテレビCM、オフラインイベントと連動したSNSキャンペーン企画、口コミ増加施策、広告出稿など多岐にわたるサポートがあり、企業の状況によってどの媒体に注力すべきかから相談に乗ってくれます。

NSマーケティングの健全な市場成長への貢献として「Social Media Lab」というメディアを運営しており、そこではFacebookやTwitterなどSNSの最新ニュースや運用ノウハウ、事例・データの情報を取材して記事作成を行っています。

初期費用 ■コンサルティング・内製化サポート:500,000円~
■SNSアカウント運用代行:500,000円~
■SNSマーケティング戦略設計:要問い合わせ
料金プラン ■コンサルティング・内製化サポート:月額500,000円~
■SNSアカウント運用代行:月額500,000円~
■SNSマーケティング戦略設計:500,000円~
対応しているSNS Twitter、Instagram、TikTok、Facebook、LINE、LinkedIn、YouTube
導入企業 株式会社JR東日本、ジャパンフリトレー株式会社、アイリスオーヤマ株式会社、アイロボットジャパン合同会社、株式会社Chloni など
導入社数 1,000社以上

株式会社ホットリンク

https://www.hottolink.co.jp/

株式会社ホットリンクはソーシャルデータの分析に強みを持つ運用代行会社です。

中でもTwitterとInstagramのマーケティング支援に特化しており、自社・競合の認知状態や、口コミ発生要因も細かく分析・報告してくれます。

データ解析を含めて、数々の成功事例からパターンを検出し独自のメソッドで成果・目標達成を目指すことができます。

初期費用 要問い合わせ
料金プラン 要問い合わせ
対応しているSNS Twitter、Instagram
導入企業 株式会社丸亀製麺、株式会社プロトコーポレーション、ジョンソンヴィル・ジャパン合同会社、株式会社シャトレーゼ、株式会社Paidy など
導入社数 要問い合わせ

テテマーチ株式会社

https://tetemarche.co.jp/

テテマーチ株式会社はSNS運用支援やブランドプロデュ―スなど幅広いサービスを提供してくれる運営代行業者です。

創業から6年間で700件を超える支援実績があり、運用ノウハウが豊富なことで知られます。

SNS運用代行では、自社開発した分析ツールを活用し、SNSマーケティングの効果狙うサポートが強み。

また1案件ごとにプロジェクトチームを組んでプランナーやプロジェクトディレクターなどを集めるをため、サポートの手厚さも魅力として挙げられます。

InstagramやTwitterの運用成果を可視化するSINIS(サイニス)という自社開発ツールを使ってフォロワー数の推移をグラフで示したり、自社で成果の出ているハッシュタグを探しやすくしたりする機能があります。

基本的に長期的な代行を依頼したい企業にお勧めです。

初期費用 500,000円
料金プラン ■インハウスサポートプラン:月額400,000円~
■オペレーションサポートプラン:月額600,000円~
■トータルサポートプラン:月額1,000,000円~
対応しているSNS Instagram、Twitter、TikTok など
導入企業 株式会社TV東京、株式会社資生堂、東京地下鉄株式会社、株式会社ポーラ、エイベックス株式会社 など
導入社数 700社以上

株式会社ライトアップ

https://www.writeup.jp/

株式会社ライトアップは、Facebook、Twitter、Instagram、LINEなどのSNSアカウントで位置から企画・制作・運用を代行してくれる会社です。多彩なスキルを持つ運用ディレクターが配属される点に強みがあります。

投稿記事の企画~制作、さらに改善策の提案といったトータルでサポートしてくれるのが特徴です。

なお運用代行プランは投稿記事制作のみ、コメント監視のみ、など一部業務に特化した内容にも応じているので、必要最小限の支援を受けるといったニーズも叶えてくれます。

あえてSNSの専任を設けていないので、オウンドメディア運用やメルマガなど、ユーザー集客をまとめて相談したいという企業にお勧めです。

初期費用 要問い合わせ
料金プラン ■Twitterアカウント運用代行:月額50,000円~
■Facebookアカウント運用代行:月額50,000円~
■Instagramアカウント運用代行:月額50,000円~
■LINEアカウント運用代行:月額30,000円~
■SNS広告運用代行サービス:100,000円~
■SNSスタート支援サービス:月額200,000円~
■UGC(一般ユーザーSNS投稿)施策 運用支援:月額100,000円~
対応SNS Facebook、Twitter、Instagram、LINE など
導入企業 株式会社オーディオテクニカ など
導入社数 要問い合わせ

サムライト株式会社

https://somewrite.com/

サムライト株式会社は、TwitterやYouTube、Instagramといった様々なSNSの運用代行をしている会社です。

投稿のほかにもInstagramのショッピング運用支援、ショート動画制作サービス、採用特化型Youtubeチャンネル運用サービスなど、SNSごとに色々なプランが用意されているので、フレキシブルな対応が可能となっています。

SNS代行支援以外にはSEOを意識した集客サービスやWeb広告サービス、BtoBビジネス向けサービスなどあらゆるマーケティング事業も展開しているので、Webマーケティング全般のサービスも受けたいと考えている企業にお勧めです。

初期費用 要問い合わせ
料金プラン Instagram
■運用設計:300,000円~
■アカウント運用支援:月額300,000円~
■投稿クリエイティブ企画・制作:10本あたり300,000円~
TikTok
■TikTok運用設計:400,000円~
■アカウント運用支援:月額300,000円~
■コンテンツ制作:月額200,000円~YouTube
■チャンネル運用設計:300,000円~
■チャンネル運用支援:月額300,000円~
対応SNS Instagram、TikTok、YouTube、LINE、Facebook など
導入企業 味の素株式会社、東急不動産リート・マネジメント、朝日新聞社、レック株式会社、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA) など
導入社数 要問い合わせ

SNSの運用代行を依頼する際の注意点

十分な効果がでるまでに時間が必要

SNSはアカウントを作って投稿をした途端に多くの人の目に触れるわけではありません。

自分のことを・自社をすでに知っている人であれば、アカウントを開設した直後にフォローをしてくれるかもしれません。

しかし一般的には、ユーザーからの拡散があって初めて多くの人の目に留まると考えてください。

そしてその段階に行くまでにはある程度の時間が必要だと思ってください。

継続した更新が必要

SNSは新しい情報が常に表示される仕組みになっていることが多いです。そのため、一度情報を発信しただけでは、他の情報に埋もれてしまいます。

いくら魅力的な情報であったとしても、鮮度が低ければそれだけ人々の目に留まることはありません。

またせっかくフォローしてくれた人も、更新頻度が低いことでフォローを外されてしまうことも。

SNSで集客をするためには定期的な情報発信をし続ける必要があります。そのため、一度始めたら常に更新をしていくだけのリソースが避けるかが課題となります。

普段の業務に加えて、SNSの業務も入ってくると定期的に更新することが難しくなるといったケースも少なくありません。

依頼料が掛かる

SNS運用代行を依頼する際の重要な注意点の一つは、依頼料が掛かることです。

代行業者には明確な料金体系があることを確認し、追加費用や契約条件についても理解しましょう。価値とコストの対比を考慮し、契約前に納得のいく取引を確保しましょう。

一般的に以下のことを確認しておくと、費用の目安がわかります。

  1. 料金体系の明確さ: 代行業者の料金体系が明確であるかを確認しましょう。月額、プロジェクト全体、またはタスクごとの料金設定がどのようになっているかを理解します。隠れた料金がないかも確認しましょう。
  2. 追加費用の有無: 依頼料以外に追加費用が発生する場合があります。例えば、広告費用や特定のオプションに対する追加料金です。これらの追加費用がどのように請求されるかを知ることが大切です。
  3. 契約条件の確認: 契約条件をよく読み、最低契約期間や解約に関する条件を確認しましょう。契約期間中に変更できるかどうかも重要です。
  4. 価値とコストの対比: 依頼料と提供される価値を比較しましょう。コストに見合ったサービスが提供されているかどうかを評価します。価値が明確であることが重要です。
  5. 交渉余地の確保: 料金について交渉する余地があるかどうかを探りましょう。特に長期的な契約に関しては、価格交渉を検討することができます。

これらの注意点を確認することで、SNS運用代行の依頼料に関する誤解や不安を回避し、クライアントと代行業者とのクリアな合意を確保できます。

自社にノウハウを蓄積できないことがある

SNS運用代行を依頼するデメリットとして、自社にノウハウを蓄積できない点が挙げられます。代行業者に全てを任せることで、組織内で以下のような問題が生じる可能性があります。

1つは、従業員がSNS運用に関するスキルや知識を習得する機会を逸する可能性があります。

代行業者がSNS運用を担当し、全ての業務を代行するため、従業員はSNSに関する実践的な経験を積む機会を得られません。

また、代行業者が外部からの情報を元に活動を行うため、組織の戦略や文化を正確に反映することが難しい場合があります。

さらに直接のコミュニケーションが制限されることも、ブランドの声や価値観を伝える機会が減少することがあります。

そのため、代行業者との協力を通じて従業員にトレーニングや教育機会を提供することが考えられます。

依頼先の選定が難しい

SNS運用代行会社は数多くあるので、依頼先の選定が難しい点が挙げられます。

SNS運用代行業界は多くの業者が存在し、それぞれが異なる専門性や提供サービスを持っています。そのため、選択肢が多岐にわたり、どの業者が最適かを見極めるのが難しいです。

また、企業や組織のSNS戦略やニーズは多岐にわたります。業界や規模によって必要なサービスが異なるため、自社に適した業者を見つける難しさがあります。

自社に必要な内容をしっかりと決めて、できる限り多くのSNS代行会社を比較することをおすすめします。

炎上対策について相談しておく

SNS運用で注意しなければいけないのが「炎上」でしょう。一度炎上してしまうと、否定的な意見やコメントが殺到してしまうこともしばしばなので、企業や製品・ブランドのイメージが下がってしまうことにもつながります。

ブランドや企業の評判が大きな損害を受ける可能性があるため、以下のポイントに気を付けましょう。

  1. 迅速な対応: 悪影響を最小限にするために、炎上が起きた際には速やかに対応し、問題を解決するプロトコルを備えておく必要があります。
  2. 透明性と誠実さ: 炎上時に情報を隠すのではなく、透明性を持って事実を伝え、誠実な姿勢を示します。信頼を損なわないよう努力します。
  3. 危機管理プラン: 炎上に備えて危機管理プランを策定し、チーム全体がその対応方法を理解していることが重要です。
  4. コミュニケーションスキル: 炎上の背後にはしばしばコミュニケーションの問題があります。適切なコミュニケーションスキルを持つ代行業者を選びましょう。
  5. 予防策の構築: 炎上を未然に防ぐため、コンテンツのチェック、リスク評価、フォロワーとの適切なコミュニケーションなどの予防策を講じます。

自社でSNS運用をする際に炎上を防ぐ対策としては、複数人で投稿内容をチェックする体制を整えることや、ガイドラインの策定が必要です。

なおSNS運用代行会社によっては、コメントなどを24時間体制で監視できるツールを提供してくれたり、炎上対策のノウハウを持っているので、ぜひ相談しておきましょう。

SNSの運用代行をフリーランスに任せるのはあり?

SNS運用代行の委託先として、クラウドソーシングを利用したフリーランスを活用するといい場合もあります。

しかし、すべての会社・ケースでフリーランスに依頼するのが適しているとも限りません。

以下はフリーランスに依頼をするのがおすすめなケースを紹介します。

運用するSNSアカウント数が少ない

運用するSNSアカウント数が少ない場合、フリーランスに依頼するのがおすすめです。

理由は、コスト効率が高く、個別対応が可能で、迅速な対応が期待でき、直接コミュニケーションが容易であるからです。

少ないアカウント数の場合、フリーランスとの協力が効果的な選択肢になるので検討してみましょう。

コンテンツに専門的な技術が必要

コンテンツ制作には専門的な技術や知識が必要な場合があります。

高品質で魅力的なコンテンツを制作するには、写真編集、ビデオ編集、文章のライティング、グラフィックデザインなどのスキルが必要です。専門的な技術を持つ人がクオリティを維持できます。

コンテンツは戦略的に計画されるべきです。適切なターゲットに合ったコンテンツ戦略を構築し、効果的なコンテンツを制作・配信するためには、専門的な知識が必要です。

技術やアルゴリズムの変化に迅速に対応するため、専門家は最新情報にアクセスし、トレンドを把握できます。これはコンテンツの競争力を維持するために不可欠です。

専門的な技術と知識を持つ人材が関与することで、効果的なコンテンツ戦略の実行が可能となり、オーディエンスの関心を引きつけ、ブランドの成功に貢献します。

クラウドソーシングサイトで実績や評価を確認

クラウドソーシングサイトでフリーランスを選ぶ際、実績や評価を確認することは必須です。

まずフリーランスのプロフィールを入念に検討し、過去のプロジェクト実績、クライアントのフィードバック、ポートフォリオをチェックしましょう。

フリーランスと直接コミュニケーションをとり、質問や疑問点を解消し信頼性を評価します。

適切なフリーランスを見つけるために、これらのポイントを総合的に考慮することが重要です。

実際にSNS運用に当たる担当者の能力を客観的に知りたい場合は、依頼するフリーランスの実績や評価を確認できるクラウドソーシングを使ってみるのも1つの手です。

まとめ

SNSの運用代行について解説していきました。SNSの運用代行業者は数多くありますが、色々なプランやサービス内容・特化している媒体など様々です。

自社でどんなサービスがどれくらい必要なのかをはっきりとさせたうえで、適した業者を探すことが大切です。

Webマーケティングにお困りではありませんか?
  • 運用はしているが効果が出ない、認知・成果が上がらない
  • 時間をかけれず、分析はおろか更新 運用も手が回らない
  • SNSアカウント持ってないけど、始めてみたい
経営者・マーケティング担当者・広報担当者必見! Radineerでは、Web制作やオウンドメディア運用やSEO対策、Web広告運用など各分野のスペシャリストが在籍し、お客様を徹底サポート。 現在、各種お役立ち資料や会社概要・サービス資料を公開しております。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

執筆者

DXマーケティングやAIを事業に落とし込んで事業成長したい企業のマーケティング担当者・広報担当者、経営者、個人事業主向けに、マーケティングの基礎、成功ノウハウの提供・成功事例を紹介する専門メディアを運営しています。

目次