SNSマーケティングとは?成功事例2023年9月最新まとめ【具体的なやり方を徹底解説】

Webマーケティングにお困りではありませんか?
  • 運用はしているが効果が出ない、認知・成果が上がらない
  • 時間をかけれず、分析はおろか更新 運用も手が回らない
  • SNSアカウント持ってないけど、始めてみたい
経営者・マーケティング担当者・広報担当者必見! Radineerでは、Web制作やオウンドメディア運用やSEO対策、Web広告運用など各分野のスペシャリストが在籍し、お客様を徹底サポート。 現在、各種お役立ち資料や会社概要・サービス資料を公開しております。

SNSマーケティングとは、簡単にいえばSNSを使って売り上げアップや成果を狙うマーケティング方法のことを指します。

しかし具体的には何をすればいいのかわからないという人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、SNSマーケティングについて詳しく解説していきます。

基本的な知識以外にも、効果的なマーケティング手法やコツなども挙げていくのでぜひ参考にしてください。

目次

SNSマーケティングとは?

SNSマーケティングとは、文字通りSNSを使って行うマーケティング活動の総称で、別名ソーシャルメディアマーケティング(SMM)とも呼ばれています。

特に若年層をメインに影響力や情報拡散力は強い傾向にあります。若年層は日常的なコミュニケーションや情報収集の手段として活用しています。

SNS上では若年層同士のつながりが強く、トレンドの形成や意見の共有が盛んに行われます。

日常的に使うツールとしてSNSを宣伝・広告に活用することで、自然にサービスや商品の周知を行うことが狙えます。

自然検索流入との違い

SNSマーケティングは、ソーシャルメディアプラットフォーム上での広告やコンテンツを通じて、ユーザーの関心を引きつけ、ブランドや商品に対する認知度や関与度を高めることを目的とします。

そのためSNSマーケティングは、ユーザーがソーシャルメディア上で自発的にブランドに接触し、共有することを重視しています。

一方、自然検索流入は、Googleなどの検索エンジンでのキーワード検索結果において、Webサイトの有益な情報やコンテンツが表示され、ユーザーがそれにアクセスすることによってウェブサイトに流入することを指します。

自然検索流入は、ユーザーの意図や関心に基づいて情報を提供し、Webサイトの有益性や信頼性に基づいてユーザーが選択する形式です。

SNSマーケティングはソーシャルメディアの特性を活かして広報やブランド構築を行い、ユーザーとの対話や共有を重視します。

一方、自然検索流入は、ユーザーの情報収集やニーズに応えるための有益なコンテンツを提供し、検索結果の上位表示を目指します。

それぞれ異なる手法や目的を持ちながら、オンライン上でのマーケティングを支援する役割を果たしています。

広告流入との違い

SNSマーケティングは、ソーシャルメディアプラットフォーム上でのコンテンツや広告を活用して、ブランドや商品の認知度を高め、関与度を促進することを目的とします。

SNSマーケティングでは、ユーザーの興味関心に基づいたターゲティングや対話的なコミュニケーションを重視します。

広告流入は、広告を通じてユーザーに直接的なメッセージを伝え、ブランドや商品の知名度を向上させることを目的とします。

広告流入は、検索エンジンやウェブサイト上に配置された広告スペースを活用して、ユーザーの目に触れる機会を増やします。

SNSマーケティングは、ソーシャルメディア上でのユーザーの関与や口コミの活性化を重視し、ブランドとの対話やコミュニケーションを通じて信頼関係を築きます。

それに対して広告流入は、広告主がユーザーに対して直接的なメッセージを送り、広告効果を最大化することに焦点を当てます。

SNSマーケティングが注目されている背景

2019年の総務省の調査によれば、スマホ保有世帯の割合が8割超となっています。

スマホ保有数は今後も右肩上がりで、2022年時点では70代の人でも76%と高いです。出典:総務省

さらに、商品を購買するときに、SNSの情報を参考にしている人が多いことも見逃せません。

ユーザーの多様性と利用拡大

SNSの注目されている背景の一つは、ユーザーの多様性と利用拡大です。SNSは世代や地域を超えて広く利用され、数十億人のユーザーが存在します。

そのため、企業やブランドは多様なユーザー層に向けてマーケティングを展開することができます。

また、SNSは日常生活の一部となり、情報収集やコミュニケーションの手段として不可欠な存在となっています。

ユーザーはSNSを通じて情報を共有し、意見を交換し、ブランドや製品に関する情報を得ることができます。

したがって、SNSマーケティングは多様なユーザーへのアクセスを可能にし、ブランドの認知度向上や顧客エンゲージメントの拡大につながると言えます。

インフルエンサーの影響力

インフルエンサーの影響力はSNSマーケティングにおいて重要です。

インフルエンサーは大規模なフォロワーを持ち、投稿や推奨には高い信頼が寄せられます。

そのため、ブランドや製品をインフルエンサーを通じて露出させることで、広告効果や口コミ効果を獲得できます。

インフルエンサーは特定のテーマや分野に精通しており、彼らの専門知識や経験はフォロワーに影響を与えます。

そのため、適切なインフルエンサーとのコラボレーションにより、ターゲットユーザーへの訴求力を高め、ブランドの認知度や信頼性を向上させることができます。

ただし、インフルエンサーマーケティングを行う際には適切な選択とパートナーシップの構築が重要です。

ターゲットの精度とパーソナライズ

SNSマーケティングでは、ユーザーのデータを活用することでターゲットの精度とパーソナライズを実現します。

SNSプラットフォームはユーザーの興味や行動を追跡し、広告やコンテンツのターゲティングに役立つデータを提供します。

その結果、より具体的なターゲット層にアプローチし、パーソナライズされたメッセージを届けることができます。

ユーザーそれぞれに合わせたコンテンツやサービスを提供することで、関心を引きつけ、より効果的なコミュニケーションを実現します。

またターゲットの精度とパーソナライズは、顧客のエンゲージメントや忠誠度の向上、購買意欲の喚起につながります。

ただし、プライバシーやデータ保護に対する配慮も重要であり、適切なデータの取り扱いと個人情報の保護など取り扱いには注意が必要です。

より身近に感じやすいコミュニケーションツール

身近なコミュニケーションツールとしては、SNSプラットフォームやメッセージングアプリが挙げられます。

SNSプラットフォームでは友人や家族とのつながりを維持し、写真や動画の共有、コメントのやり取りなどが可能です。

メッセージングアプリはリアルタイムなチャット機能を提供し、テキストや音声、画像、動画などをやり取りできます。

これらのツールはスマートフォンやパソコンから利用でき、いつでもどこでもコミュニケーションを楽しむことができます。

さらに、絵文字やスタンプなどの表現豊かな機能があり、感情や思いを直感的に伝えることもできます。

これらのツールは身近で使いやすく、親しい人とのコミュニケーションを円滑にするために広く活用されています。

コミュニケーションツールとして、普段やり取りをしないユーザーと気軽に、かつリアルタイムに近い状態で会話ができるという利便性からも、SNSマーケティングが注目されている背景であることがわかりますね。

SNSマーケティングのメリット

費用を抑えながら広く拡散できる

SNSマーケティングでは、有料広告に頼らずに費用を抑えながら広く拡散することが可能です。

有益なコンテンツを提供し、ユーザーの共感や関与を促すことで、オーガニックな拡散を引き起こすことができます。

また、インフルエンサーとのコラボレーションやコミュニティ参加も効果的です。

これにより、ユーザーが自発的にコンテンツを共有し、普段関係を持っていなかった人にも伝搬するように広がりを生み出すことができます。

また、SNSの広告プラットフォームでは、予算を効果的に配分し、ターゲティングオプションを活用することで、費用対効果の高い広告キャンペーンを展開することも可能です。

これらの要素を組み合わせることで、費用を抑えながら効果的な拡散を実現できます。

従来の広告に反応しない層にリーチできる

SNSマーケティングは、従来の広告に反応しない層にもアプローチすることができます。

SNSはユーザーの興味や関心に基づいたターゲティングが可能であり、より個人に合わせたコンテンツを提供することができます。

これにより、広告への関心や反応が低い層にも興味を引き起こし、関与を促すことができます。

また、インフルエンサーや口コミの力を活用することで、より信頼性や共感性のあるメッセージを届けることができます。

SNSマーケティングの柔軟性とターゲティングの精度により、従来の広告に反応しづらい層にも効果的にアプローチすることができます。

顧客・ユーザーと良好な関係を築きやすい

SNSマーケティングは、顧客やユーザーと良好な関係を築きやすいです。

SNSは双方向のコミュニケーションを可能にし、リアルタイムな対話やフィードバックの受け取りができます。

ユーザーの意見や要望に敏感に対応し、迅速なサポートや問題解決ができることで信頼関係を構築します。

また、有益な情報やエンターテイメントを提供することでユーザーの関心を引きつけ、継続的な関与を促すことができます。

さらに、コミュニティやグループに参加し、共通の関心事や価値観を共有することで、より深い関係を築くことができます。

SNSマーケティングを通じて、顧客やユーザーとの良好な関係を築き、ロイヤルティや顧客満足度の向上に貢献します。

インフルエンサーとのコラボレーション

インフルエンサーとのコラボレーションは、SNSマーケティングにおいて効果的な手法です。

インフルエンサーは大規模なフォロワーベースを持ち、信頼と影響力を持っています。

インフルエンサーと提携や共同制作により、ブランドや製品の露出を高め、ターゲットユーザーにアプローチできます。

インフルエンサーの個性やスタイルに合わせたコンテンツの共有やレビューは、信頼性や説得力を高めます

また、インフルエンサーのフォロワーとのエンゲージメントを通じて、ブランドへの関心や購買意欲を喚起することもできます。

インフルエンサーとのコラボレーションは、ブランドの認知度向上やターゲットユーザーへの訴求力を高めるために重要な役割を果たします。

リアルタイムなコミュニケーションとフィードバック

SNSマーケティングではリアルタイムなコミュニケーションとフィードバックを活用できます。

ユーザーからのコメントやメッセージに素早く対応し、問題解決や質問への回答を提供することで顧客満足度を向上させます。

また、ユーザーの意見やフィードバックを収集し、製品やサービスの改善に反映させることで顧客のニーズに合った提供が可能です。

さらに、リアルタイムなコミュニケーションを通じてブランドとの関係を構築し、フレンドリーな関係を築くことができるのも魅力でしょう。

SNSのリアルタイム性とインタラクティビティを活かし、迅速なコミュニケーションとフィードバックを通じて顧客との関係を強化することが重要です。

SNSマーケティングのデメリット・注意点

炎上リスク

SNS上ではユーザーからのネガティブなコメントや批判が広がりやすく、それがブランドのイメージや評判に影響を与える可能性があります。

そのため、誤解や誤った情報が拡散されることもあります。

炎上に対処するためには、迅速かつ適切な対応が必要であり、公正な情報提供や問題解決の努力が求められます。

また、事前に危機管理の策定、適切なコミュニケーションと対話を通じて、炎上リスクを最小限に抑える取り組みが必要です。

情報過多と注意散漫

SNSマーケティングにおける課題の一つは、情報過多と注意散漫です。

SNS上では大量の情報が瞬時に流れ、ユーザーの注意を引きつけるのが難しくなります。情報の過剰な提供や広告の多さは、ユーザーの興味を失わせる可能性があります。

そのため、効果的なコンテンツ戦略と独自性のあるコンテンツの提供が重要です。

ユーザーの関心を引く魅力的なストーリーテリングやビジュアル、インタラクティブな要素を活用することで、注意散漫な環境でのメッセージ伝達を強化することが求められます。

プライバシーとデータ保護の懸念

SNSマーケティングには、プライバシーとデータ保護の懸念が存在します。

例えばユーザーの個人情報が収集され、第三者と共有されるリスクがあります。

不正なデータの取得やプライバシー侵害の可能性も懸念されます。

さらに企業は適切なセキュリティ対策とデータ保護ポリシーの実施が求められます。

ユーザーのデータを適切に保護し、透明性と信頼性を確保することが重要です。

適用される法律や規制に準拠し、ユーザーのプライバシー権を尊重する姿勢を持つことが、長期的な信頼関係の構築につながります。

知識なく軽い気持ちでSNSマーケティングに取り組めば、大きな痛手を負うことになりかねません。

アルゴリズムが変化する

SNSマーケティングでは、プラットフォームのアルゴリズムが頻繁に変化することがあります。

これにより、投稿の有機的なリーチや表示が影響を受ける可能性があります。

アルゴリズムの変化により、過去の成功した戦略や手法が効果を失うこともあります。

そのため、常に最新のトレンドやアルゴリズムの変化に敏感であり、戦略の適応性と柔軟性が求められます。

データ分析やユーザーのフィードバックを活用し、アルゴリズムの変化に合わせて戦略を最適化することが重要です。

また、複数のチャネルやアプローチを組み合わせることで、単一のプラットフォームの変化に依存しないマーケティング戦略を構築することも有効です。

競争の激化と広告費用の上昇

SNSマーケティングにおいては、競争の激化と広告費用の上昇が課題となっています。

多くの企業やブランドがSNS上で広告を展開しようとするため、広告スペースの需要が高まり、費用も上昇します。

これにより、広告予算の適切な配分が難しくなる場合があります。

競争力のある広告キャンペーンを展開するためには、クリエイティブなアプローチやターゲットの正確な特定が重要です。

また、マーケティング戦略を多角化し、複数のプラットフォームやチャネルを組み合わせることで、広告費用の上昇に柔軟に対応することが求められます。

さらに、広告の効果測定と最適化を継続的に行うことで、効果的な広告費用の管理が可能となります。

SNSマーケティングの種類

SNS広告

SNS広告は、ソーシャルメディア上で展開される広告形式のことを指します。

メジャーなSNSプラットフォームといえば、FacebookやInstagram、Twitterなどが挙げられますが、広告主が自社の商品やサービスをターゲットユーザーに対して宣伝するための広告を配信することができます。

SNS広告は、投稿やストーリーズ、サイドバーなど、各プラットフォームの特定の広告スペースに表示されます。

ターゲットユーザーを細かく設定できるため、広告主は特定のデモグラフィックや興味関心を持つユーザーに効果的にアプローチできます。

また、広告効果の測定や分析も行えるため、キャンペーンの最適化やROIの向上が可能です。

SNS広告は、効果的なターゲティングとクリエイティブな広告コンテンツの展開により、ブランドの認知度向上や販促効果の向上に貢献します。

インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングは、ソーシャルメディア上で影響力のある個人や「インフルエンサー」と呼ばれる人々を活用して、商品やブランドのプロモーションを行うマーケティング手法です。

インフルエンサーは特定のテーマや分野で専門知識や信頼性を持ち、大規模なフォロワーベースを持っています。

企業は彼らと提携し、製品やサービスを宣伝し、その影響力を利用してターゲットユーザーに訴求します。

インフルエンサーマーケティングは、よりリアルな口コミや推薦の形式で広告効果を高め、ターゲットユーザーとの信頼関係を構築することができます。

インフルエンサーの選定とパートナーシップの構築が重要であり、ターゲット層やブランドのイメージにマッチしたインフルエンサーを選ぶことが成功の鍵となります。

ソーシャルリスニング

ソーシャルリスニングは、ソーシャルメディア上でユーザーが投稿するコンテンツや会話を監視し、分析するマーケティング手法です。

企業やブランドは、特定のキーワード、ブランド名、製品名などをモニタリングし、ユーザーの意見や感情、トレンドを把握します。

これにより、顧客のニーズや要望を理解し、製品やサービスの改善やマーケティング戦略の最適化に活用できます。

ソーシャルリスニングは、顧客の声に対する迅速な対応やクライアントの意見を取り入れたコンテンツ作成に役立ちます。

また、競合他社の情報や業界のトレンドを把握することも可能です。

ソーシャルリスニングによって得られたインサイトは、戦略的な意思決定や顧客エンゲージメントの向上に貢献します。

SNSキャンペーン

SNSキャンペーンは、ソーシャルメディア上で実施されるマーケティングキャンペーンのことです。

企業やブランドは、特定の目的(販促、ブランド認知、ユーザー参加など)に基づいて、SNS上でキャンペーンを展開します。

これには、ユーザーが参加したり、特定のアクションを実施したりすることが求められます。

SNSキャンペーンの形式には、クイズ、投票、フォトコンテスト、プレゼントキャンペーンなどがあります。

キャンペーンはユーザーの興味や関与を引きつけ、ブランドとのエンゲージメントを促進します。

さらに、キャンペーンを通じてユーザーからの情報収集やデータ収集が可能です。

SNSキャンペーンは、広告効果の向上やコミュニティの形成、ブランドの露出増加など、様々なマーケティング目標を達成するための有効な手段となります。

SNSアカウント運用

SNSアカウント運用は、企業やブランドが所有するSNSアカウントを効果的に運営することです。

これには、コンテンツの作成・投稿、フォロワーとのコミュニケーション、トレンドの追跡、アナリティクスの分析などが含まれます。

SNSアカウント運用は、ブランドのオンラインプレゼンスを確立し、ターゲットユーザーとの関係を築くための重要な手段です。

コンテンツの質と一貫性を保ちながら、ブランドの価値観やストーリーを伝え、フォロワーの関心を引き付けます。

また、フォロワーからのコメントやメッセージに対して迅速かつ適切に対応することで、顧客エンゲージメントを高めます。

SNSアカウント運用は、ブランドの知名度向上、顧客ロイヤリティの構築、コンバージョンの促進など、多様な目標を達成するために重要な要素となります。

SNSマーケティングに適しているSNSの特徴

Facebook

Facebookは、Meta社(旧Facebook社)が運営する世界最大級のSNSで、全世界の月間アクティブユーザー数は29億3,600万人(2022年4月時点)、日本の月間アクティブユーザー数は2,600万人以上にも上ります。

実名での登録を原則としているので、投稿への信頼性がほかのSNSよりも高い傾向にあるのが最大の特徴でしょう。

Facebookのユーザー層は日本では30代(48.0%)で、次いで40代(39.0%)、20代(33.8%)と続きます。

なお10代の場合は20%も満たないため、ほかのSNSよりも少ないところもFacebookだけです。

またビジネス層といわれる30~50代の利用率が特に高いので、企業や個人事業として利用するのも多いSNSです。

豊富なユーザー数と多様なターゲット層

Facebookは数十億人のユーザーを抱え、幅広い年齢層や地域のターゲット層にリーチすることができます。

これはマーケティングにとって大きなメリットであり、多様なユーザーに対して効果的な広告やコンテンツを提供できるという意味です。

企業は自社のターゲット層を明確にし、Facebookの広告ターゲティング機能を活用することで、

より的確に広告を配信し、顧客の関心を引きつけることができます。

また、異なる地域や文化にアプローチすることも可能であり、グローバルな展開にも適しています。

高度な広告ターゲティング

Facebookは高度な広告ターゲティング機能を提供しています。

広告主はデモグラフィック情報(性別、年齢、地域など)や興味・関心、行動パターンなどの情報を活用して、特定のターゲット層に広告を配信できます。

これにより、より精度の高いターゲットマーケティングが可能となります。

また、カスタムオーディエンスやルックアルイクオーディエンスといった機能を使えば、既存の顧客や類似のプロフィールを持つユーザーにも広告を表示することができます。

この高度なターゲティング機能は、広告効果の最大化も期待できるでしょう。

多彩な広告フォーマット

Facebookは多彩な広告フォーマットを提供しています。静止画広告、動画広告、カルーセル広告、コレクション広告など、さまざまな形式があります。

その結果、クリエイティブな表現やストーリーテリングが可能であり、ブランドのメッセージを魅力的に伝えることができます。

また、リンク広告やリーダーシップ広告といったフォーマットを使えば、直接的なコンバージョンやリードの獲得にも効果的です。

さらに、動的広告やリターゲティング広告などのパーソナライズ機能もあり、ユーザーの関心や行動に基づいて最適な広告を配信することができます。

これらの多彩な広告フォーマットは、より多様な目的や戦略に合わせたマーケティングを実現します。

ユーザーとの対話とコミュニケーション

Facebookはユーザーとの対話とコミュニケーションを促進するプラットフォームです。

コメントやシェア、いいねなどの機能を通じて、ユーザーは広告や投稿に対してリアルタイムな反応や意見を表現できます。

広告主はこれらの反応を受けて、ユーザーとの対話を展開することができます。

コメントへの返信やメッセージ機能を活用して、個別のユーザーとのコミュニケーションを深めることも可能です。

また、Facebookグループやイベントといった機能も利用して、コミュニティを形成し、参加者との対話を促進することができます。

ブランドとユーザーとの関係を築きながら、より強いブランドロイヤルティの構築にも寄与するでしょう。

リマーケティングの活用

リマーケティングは、過去にウェブサイトやアプリを訪れたユーザーに対して、再度広告を表示する手法です。

Facebookでは、ユーザーの行動や興味に基づいてターゲットを絞り込み、関連する広告を再表示することができます。

すなわち興味を持っていたユーザーに対してリマインドを送ることができ、コンバージョン率やブランドの認知度向上に効果的ということです。

また、カートに入れた商品を購入しなかったユーザーに対してリマーケティング広告を配信することで、購買意欲を再喚起させることも可能です。

リマーケティングは、効果的なターゲティングとパーソナライズされた広告を通じて、ユーザーの関心を引き続け、コンバージョン率の向上を図るために重要な手法です。

Instagram

InstagramはFacebook・Twitterなど他のSNSとは異なり、「写真」や「動画」などの投稿とその閲覧に特化したSNSです。

FacebookやTwitterは「テキスト」or「テキストと写真」といったように「文章」がメインになっています。

なおInstagramの男女別ユーザー構成は男性が43%、女性が57%であり、ともに10代~30代までの層にアクティブユーザーの中心があることから、Instagramにおけるマーケティング対象のユーザーは10代~30代がメインになると言えます。

ビジュアル重視のプラットフォーム

Instagramはビジュアル重視のプラットフォームであり、写真や映像コンテンツが主役です。ユーザーは美しい画像や魅力的なビジュアルに引き付けられます。

そのため、商品やブランドの魅力を効果的に伝えることができます。

ビジュアルのクオリティやストーリーテリングの力が求められ、インスピレーションや感情を喚起するコンテンツが成功します。

また、写真や映像に加えてキャプションやハッシュタグを活用することで、コンテンツの意味やコンセプトを伝えることができます。

ビジュアルの魅力を最大限に引き出し、視覚的な情報を通じてユーザーの興味を引き付けることがInstagramの特徴です。

ファッション、美容、フード、旅行などの分野に効果的

Instagramはファッション、美容、フード、旅行などの分野に特に効果的です。

これらの分野は視覚的な要素が重要であり、Instagramのビジュアル重視の特性と相性が良いからです。

ファッションブランドや美容関連の企業は、魅力的な商品写真やスタイリングのアイデアを投稿することで、直接的な購買意欲を喚起することができます。

また、フード業界では美味しそうな料理の写真やレシピを共有することで、食欲を刺激し、来店や商品購入につなげることができます。

旅行業界では風景や観光地の魅力を豊かな写真や動画で伝えることで、旅行のインスピレーションを与えることができます。

Instagramは視覚的な魅力を最大限に引き出し、これらの分野での効果的なマーケティングをサポートします。

関心ごとに特化できる

Instagramはユーザーが自身の関心ごとに特化したコンテンツを追求することができるため、関心ごとに特化したマーケティングが可能です。

ユーザーは自分の興味や趣味に関連するアカウントやハッシュタグをフォローし、それに基づいてカスタマイズされたコンテンツが表示されます。

企業は自社のターゲット層の関心ごとに合わせたコンテンツを発信し、よりターゲットに近いユーザーにリーチすることができます。

例えば、ファッションブランドは最新のファッショントレンドに関連するコンテンツを提供し、ファッション愛好家にアピールすることができます。

インフルエンサーマーケティングも盛ん

Instagramはインフルエンサーマーケティングにおいて非常に盛んなプラットフォームです。

多くのインフルエンサーがInstagramを活用し、自身のフォロワーに対して商品やサービスを紹介したり、レビューしたりしています。

インフルエンサーの影響力を活かし、ブランドの知名度向上や製品の売り上げ増加などの効果を得ることができます。

また、Instagramの豊富なビジュアル要素がインフルエンサーマーケティングに適しており、魅力的な写真や映像を通じて商品やブランドの魅力を伝えることができます。

インフルエンサーマーケティングを通じて、広範なユーザーに訴求する効果的な手法として活用されています。

Twitter

Twitterは、140文字までの文章のほかに画像や動画を投稿できるSNSです。日本国内の月間アクティブユーザー数は約4,500万人に上ります。

2022年1月時点のツイッターの国別ユーザー数は米国が7690万人で首位で、 日本が5895万人で2位でした。

また人口に占めるユーザーの割合は米国が23%であるのに対し、日本は47%と約2倍の水準となっていることがほかのSNSにない特徴といえるでしょう。

そのことから、イーロン・マスク氏は「Twitterは日本中心である」と社内会議で言及したほどに、日本国内では常にトップシェアを誇るSNSです。

リアルタイムな情報発信

Twitterではリアルタイムな情報発信が特徴です。ユーザーは短いツイートを即座に投稿し、フォロワーや他のユーザーとリアルタイムにコミュニケーションを取ることができます。

ニュースやトレンドに関連した情報を迅速に発信し、ユーザーの関心を引くことができます。

また、イベントやキャンペーンの進行状況や最新情報をリアルタイムに伝えることで、参加者やフォロワーとのつながりを強めることもできます。

リアルタイムな情報発信を活用することで、ブランドの存在感を高め、ユーザーとの関係を強化することができます。

ハッシュタグを活用したトピック集中にも強い

Twitterではハッシュタグを活用したトピック集中が特徴的です。

ユーザーはツイートに対して関連するハッシュタグを付けることで、特定のトピックについての情報をまとめることができます。

ハッシュタグを使うことで、同じ関心を持つ人々が集まりやすくなります。

企業やブランドは自社のキャンペーンやイベントに関連するハッシュタグを作成し、ユーザーに参加や投稿を促すことができます。

また、トレンドのハッシュタグに参加することで、広く注目を集めるチャンスもあります。

ハッシュタグを活用することで、特定のトピックにフォーカスした情報発信やユーザーとの関係構築がより効果的に行えます。

インフルエンサーコラボレーションが活発

Twitterではインフルエンサーコラボレーションが活発に行われています。

インフルエンサーは大規模なフォロワーを持ち、影響力のある人物です。

企業やブランドはインフルエンサーとのパートナーシップを通じて、製品やサービスの宣伝やプロモーションを行います。

Twitterの特徴であるリアルタイム性と情報の拡散力を活かし、インフルエンサーとのコラボレーションによって広範なユーザー層に対して効果的なマーケティングを実現します。

インフルエンサーコラボレーションは企業とユーザーの関係を構築し、ブランドの知名度向上や信頼度の向上にも寄与します。

ユーザーエンゲージメントが高い

Twitterではユーザーエンゲージメントが高い特徴があります。

ユーザーはリツイート、コメント、いいねなどのアクションを通じて、リアルタイムで対話や反応を行うことができます。

ツイートの拡散力も高く、興味のあるトピックに関しては多くのユーザーが参加し、情報や意見の共有が盛んに行われます。

拡散されていくに従って、企業やブランドは直接的なユーザーとのコミュニケーションやフィードバックを受け取ることができ、ブランドの認知度や関与度の向上につながります。

ユーザーエンゲージメントの高さは、Twitterを活用したSNSマーケティングの重要な要素となります。

SNSマーケティングの手順

1.SNSマーケティングを行う目的・成果指標を明確にする

SNSマーケティングを行う前に、明確な目的と成果指標を定めることが重要です。

この目的は、具体的に何を達成したいのかを明確にすることで、戦略やタクティクスの方向性を指示します。

例えば、ブランド認知度の向上、商品の売上増加、顧客エンゲージメントの促進などが一般的な目的です。

なお成果指標には、目的を測定・評価するための指標であり、例えば、フォロワー数、エンゲージメント率、クリック数、コンバージョン率などがあります。

明確な目的と成果指標を設定することで、キャンペーンや戦略の成功を評価し、改善点を見つけることができます。

また、目的と成果指標を明確にすることで、投資対効果を評価し、予算の適切な配分やリソースの最適化につなげることも可能です。

2.成果達成までのフローを明確にする

SNSマーケティングの成功には、成果達成までのフローを明確にすることが重要です。

これは、マーケティングのプロセスやタスクを段階的に整理し、一貫性のある計画を立てることを意味します。

具体的には、ターゲットの特定、コンテンツの作成、投稿・宣伝、フォロワーとのコミュニケーション、データ分析などのステップを明確に定義します。

また、各ステップの責任者や納期、予算なども明確にします。このようにフローを明確にすることで、チームの認識の統一やタスクの進捗管理がスムーズになります。

そして目標達成までの進捗を可視化し、戦略の修正や改善を容易にすることも可能です。

成果達成までのフローを明確にすることで、効果的なSNSマーケティング活動を実現します。

3.ターゲットを明確にする

SNSマーケティングの成功には、明確なターゲットを設定することが重要です。

ターゲットを明確にするとは、マーケティング活動の対象となる特定の人々や顧客セグメントを定義することを意味します。

これには、年齢、性別、地域、趣味、関心、購買行動などの要素を考慮します。

明確なターゲット設定は、マーケティングメッセージのカスタマイズや効果的なコンテンツの制作に役立ちます。

また、広告のターゲティングやキャンペーンの設計にも影響を与えます。ターゲットを明確にすることで、マーケティング予算を効果的に配分し、精度の高いターゲティング広告を展開することができます。

さらに、顧客との関係構築や顧客ニーズへの対応もスムーズになります。ターゲットを明確にすることは、効果的なSNSマーケティング戦略の基盤となります。

4.SNSプラットフォームを選定する

SNSマーケティングの手順の一つとして、適切なSNSプラットフォームを選定することが重要です。

これは、ターゲットとなる顧客層の特徴や行動パターン、マーケティング目的に合致するプラットフォームを選ぶことを意味します。

例えば、若年層にアクセスしたい場合はInstagramやTikTokが効果的であり、ビジネス向けのコンテンツを発信する場合はFacebookが適しています。

プラットフォーム選定では、利用者数や利用時間、広告オプション、さらにコンテンツ形式、ユーザーの参加度などを考慮する必要があるでしょう。

選定したプラットフォームは、マーケティング戦略やコンテンツ戦略を立案する際の基盤となり、ターゲットユーザーに効果的にアプローチするための重要な要素となります。

5.施策を決定する

SNSマーケティングの手順の一つとして、具体的な施策を決定することが重要です。

たとえば、マーケティング目的やターゲットに基づき、実際に実施する活動やキャンペーンを計画するといったことが挙げられます。

具体的な施策は、コンテンツの作成や配信方法、広告の設計、キャンペーンの企画、インフルエンサーとのコラボレーションなど、様々な要素を含みます。

施策を決定する際には、SNSプラットフォームの特性やユーザーの行動パターンを考慮し、効果的な方法を選ぶことが重要です。

また、予算やリソースの制約も考慮しながら、実施可能性や効果の見込みを評価します。

施策の決定は戦略の具体化であり、マーケティング活動を計画的かつ効果的に展開するための重要なステップです。

6.施策ごとのKPIツリーを設定する

SNSマーケティングの手順の一つとして、施策ごとにKPI(Key Performance Indicator)ツリーを設定することが重要です。

KPIツリーとは、施策の目標と成果を定量的に測定するための指標の階層構造です。

具体的には、マーケティング目標に応じた上位のKPI(例:売上増加、ブランド認知度向上)を設定し、それぞれのKPIに対して具体的な測定指標(例:クリック数、エンゲージメント率)を紐づけます。

このようにKPIツリーを設定することで、施策の効果を定量的に評価し、成果を可視化することができます。

また、施策ごとに異なるKPIを設定することで、マーケティング戦略の優先順位や改善点を特定することも可能です。

そのため、KPIツリーの設定は、SNSマーケティングの効果測定と最適化に不可欠なステップです。

7.運用体制を整える

SNSマーケティングの手順の一つとして、運用体制を整えることが重要です。

これは、SNSアカウントの運用やコンテンツの制作・配信、顧客対応などを効果的に行うための組織やプロセスを整備することを指します。

具体的には、担当者の役割や責任範囲を明確にし、チームの組織体制を構築します。

また、適切なツールやリソースを準備し、コンテンツのスケジュール管理や分析・報告体制を確立します。

さらに、顧客からの問い合わせやフィードバックへの迅速な対応を行うための仕組みを構築します。

運用体制の整備は、SNSマーケティング活動を効率的かつ一貫した方法で実施するために必要です。

適切な人員配置やプロセス設計により、スムーズな運用と顧客満足度の向上を図ることができます。

8.施策を実施し、効果検証を行い改善する

SNSマーケティングの手順の最終段階として、実施した施策の効果を検証し、必要な改善を行います。

主に設定したKPIに基づきデータを収集し分析し、施策の成果や効果を評価します。

この評価を通じて、施策の成功要因や改善点を特定し、次の施策に反映させます。

また、顧客のフィードバックや反応を把握し、それに基づいてコンテンツや戦略の改善を行います。

効果検証と改善は継続的なプロセスであり、SNSマーケティングの長期的な成功に不可欠です。

データに基づく分析と改善サイクルを回すことで、より効果的な施策を展開し、マーケティングのROIを最大化することができます。

SNSマーケティングを取り入れたほうがいい企業とは?

オンライン上で商品・サービスを販売している企業

オンライン上で商品・サービスを販売している企業は、SNSマーケティングを取り入れることで多くのメリットが期待できます。

SNSを活用することで、広告費を抑えながらターゲット層にリーチし、ブランド認知度を高めることが可能です。

また、SNS上でのコミュニケーションを通じて顧客との関係を構築し、顧客ロイヤルティを向上させることができます。

さらに、SNSを活用したターゲット層へのターゲティング広告やインフルエンサーマーケティングによって、より効果的な広告展開が可能となります。

SNSマーケティングはオンライン販売企業にとって、効果的な集客と顧客関係の構築において重要な戦略となります。

ターゲット層のSNS利用率が高い企業

ターゲット層のSNS利用率が高い企業は、SNSマーケティングを取り入れることで効果的な成果を上げることができます。

ターゲット層がSNSを積極的に利用している場合、SNS上での広告やコンテンツ配信はより効果的に届けられます。

SNSを通じてターゲット層と直接コミュニケーションを取り、ブランドの魅力を伝えることができます。

また、ターゲット層がSNS上で情報を共有し、口コミやシェアを通じて広がる傾向にあるため、多方面からの拡散効果も期待できます。

さらに、SNSのデータ分析により、ターゲット層の行動や嗜好を把握し、よりパーソナライズされたマーケティング施策を展開できます。

ターゲット層のSNS利用率が高い企業は、SNSマーケティングを通じてより効果的な顧客獲得やブランド構築を実現できるでしょう。

口コミで広がりやすい商品・サービスを扱う企業

口コミは消費者にとって信頼性が高く影響力のある情報源です。SNSを活用することで、顧客が商品やサービスに関する体験や意見を自発的に共有しやすくなります。

良い口コミがSNS上で広まることで、信頼性と知名度を向上させることができます。

また、SNS上でのインフルエンサーコラボレーションやプロモーションキャンペーンによって、口コミ効果を促進することも可能です。

口コミで広がりやすい商品・サービスを扱う企業は、SNSマーケティングを通じて顧客の関与を高め、新規顧客獲得と顧客ロイヤルティの向上を実現できるでしょう。

SNSマーケティングの成功事例

ル・クルーゼ・ジャポン株式会社

ル・クルーゼ・ジャポン株式会社もまたSNSマーケティングで成功を収めた企業の1つです。

最初に始めたのがTwitterで、その後YouTube、Facebook、mixiと続き、PinterestでもSNSマーケティングを展開しています。

人によってよく見るメディアは決まっているという狙いから、ベースは同じ情報であってもSNSユーザーに合わせて情報の流し方を分けているのが特徴です。

具体的な事例としては、ル・クルーゼ・ジャポンはInstagramを活用して、美味しい料理の写真やレシピを投稿しています。

、料理愛好家やフード関連のインフルエンサーとのコラボレーションや、ユーザーからの投稿コンテンツの共有などを行い、ブランドの認知度や関与度を高めています。

そのほかに、創業90周年を記念して復刻した「ココット・ロンド・オリジナル」をプレゼントするFacebookキャンペーンを実施したり、フラワーコレクションを活用している写真や桜に関連した写真を募集するといった期間限定のイベントを開催しています。

さらに、ル・クルーゼ・ジャポンは顧客からのフィードバックや質問に積極的に応えることで、コミュニケーションを強化しています。これにより、顧客満足度の向上やブランドへの信頼構築につながっています。

ル・クルーゼ・ジャポンはSNSマーケティングを通じて、製品の魅力を伝えるだけでなく、顧客との対話や参加型のコンテンツを通じてコミュニティを形成し、ブランドの価値を高めている成功事例と言えます。

江崎グリコ株式会社

「ポッキー」「プリッツ」「アイスの実」など多数のヒット商品を抱える江崎グリコ株式会社は、「見える化エンジン」を導入し、SNSをはじめとする様々なプラットフォームで分析をしている企業です。

11月11日の「ポッキー&プリッツの日」では、1日たらずで5万件を超える口コミ・書き込みがWeb上で盛り上がりを見せました。

キャンペーンでは、ユーザーがポッキーを使ったクリエイティブな写真や動画を投稿し、特定のハッシュタグを付けることで参加できる仕組みとなっていました。

優れた作品は公式アカウントで紹介され、賞品や特典が提供されました。

このキャンペーンはユーザーの参加を促し、ポッキーの知名度とブランド愛着を高める効果がありました。

また、江崎グリコはSNSを通じた商品のプロモーションや新製品の発表にも積極的です。

例えば、YouTubeやInstagramなどのSNSプラットフォーム上で、新商品の魅力を伝える動画や写真を公開し、ユーザーからの反応を集めています。

さらに、インフルエンサーや芸能人・著名人とのコラボレーションも行い、商品の露出を高めています。

江崎グリコはSNSマーケティングを通じて、ブランドの親しみや関与度を高めるだけでなく、ユーザーとの対話を通じたコミュニケーションを重視しています。

SNS上でのキャンペーンやプロモーションを通じて、ファンを増やし、ブランドの知名度やイメージを向上させることに成功しています。

株式会社ユニクロ

ユニクロのSNSマーケティングの一つの事例としては、Instagramを活用したインフルエンサーマーケティングが挙げられます。

ユニクロはさまざまなインフルエンサーとコラボレーションし、フォロワーに向けてユニクロの商品やスタイリングアイデアを紹介しています。

インフルエンサーの個性やファッションセンスを活かしながら、ユニクロのブランドイメージを広めることに成功しています。

また、ユニクロはTwitterやFacebookなどのSNSプラットフォームを通じて、新商品の発表やセール情報、キャンペーンなどの情報を積極的に発信しています。

ユニクロはファッションに関心のある若年層をターゲットにしており、SNSを通じてリアルタイムな情報を提供することで、ユーザーの関心を引きつけています。

さらに、ユニクロはユーザー参加型のコンテンツも展開しています。

ハッシュタグを活用したキャンペーンや写真コンテストなどを通じて、ユーザーからの投稿や参加を促しています。

ユニクロは、ユーザーとのエンゲージメントを高め、ブランドとの関わりを深めることに成功しています。

ユニクロはSNSマーケティングを通じて、広範なユーザー層に対してブランドの知名度や商品の魅力を発信し、ユーザーとの関係を強化しています。

インフルエンサーマーケティングやリアルタイムな情報提供、ユーザー参加型のコンテンツなどを通じて、SNSを活用した積極的なマーケティング戦略を展開しています。

SNSマーケティングを成功させるポイント

ターゲット層に応じたチャネル(SNS)を選定

SNSマーケティングを成功させるためには、ターゲット層に合わせたチャネル(SNS)を選定することが重要です。

異なるSNSプラットフォームはそれぞれ異なるユーザー層や特性を持っています。

ターゲット層の特性や嗜好を理解し、どのSNSが彼らにとって最も活発なコミュニケーションの場であるかを把握することが必要です。

例えば、若年層をターゲットにしている場合はInstagramやTikTokが有効であり、ビジネス層をターゲットにする場合はFacebookが効果的です。

選定したチャネルに適切なコンテンツを配信することで、ターゲット層に対してより的確なメッセージを届けることができます。

ターゲット層に応じたチャネルの選定は、SNSマーケティングの成功に欠かせない要素です。

目的にあった手法を選ぶ

SNSマーケティングを成功させるためには、目的に合った手法を選択することが重要です。目的によって適切な手法が異なるため、戦略的なアプローチが求められます。

例えば、ブランドの認知度向上を目的とする場合は、インフルエンサーマーケティングやSNS広告が有効です。

一方、顧客ロイヤルティの向上を目指す場合は、コミュニティへの参加やコンテストキャンペーンなどが効果的です。

また、売上向上を目的とする場合には、SNSストアやプロモーションコードの活用が考えられます。

目的に合った手法を選ぶことで、マーケティング活動の効果を最大化することができます。

継続的な評価と改善を通じて、目的に応じた最適な手法を見極めることが成功の鍵となります。

運営体制・ルールの構築

SNSマーケティングを成功させるためには、適切な運営体制とルールの構築が重要です。

まず、明確な役割分担と責任範囲を定め、SNSマーケティングを担当するチームや担当者を指定します。

また、社内外の連携やコミュニケーションのフローを整え、円滑な運営を確保します。

さらに、SNSガイドラインやポリシーを策定し、コンテンツ作成や投稿の基準を明確にします。

これにより、ブランドイメージやコミュニケーションの一貫性を保つことができます。

また、迅速な対応やクライシスマネジメントの手順も設けることが重要です。

運営体制・ルールの構築によって、SNSマーケティング活動は組織内でスムーズかつ効果的に行われ、信頼性と品質の高いコンテンツが提供されることが期待できます。

企業のソーシャルメディアポリシー・ガイドラインの作成方法

ソーシャルメディアポリシーとは、企業がソーシャルメディアを使用するにあたり、取り決めた利用に対するガイドラインです。

企業のソーシャルメディアポリシーやガイドラインを作成する際には、以下の手順を参考にすることが効果的です。

  1. 目的と方針の明確化: ソーシャルメディア活動の目的や企業の方針を明確に定義し、ポリシーやガイドラインの基盤を築きます。
  2. 対象と範囲の設定: ガイドラインの適用範囲や対象となる社員や部門を明確に定めます。また、外部の関係者やパートナーとの関係についても考慮します。
  3. コンテンツの作成と利用のルール: ソーシャルメディアでのコンテンツ作成や共有のルール、規制事項、著作権やプライバシーの保護に関するガイドラインを策定します。
  4. 行動規範とコミュニケーションガイド: 社員のソーシャルメディア上での行動規範やマナー、適切なコミュニケーションのルールを明確にします。
  5. 監視と対応策: ソーシャルメディア上の活動や反応を監視し、緊急事態やクライシスへの対応策を策定します。
  6. レビューと改善: ガイドラインは常に変化するソーシャルメディア環境に適応する必要があります。定期的なレビューと改善を行い、アップデートすることが重要です。

作成されたポリシーやガイドラインは全社員に周知徹底されるべきであり、研修や定期的な教育を通じて理解を深めることも重要です。

PDCAサイクルを回す

SNSマーケティングを成功させるためには、PDCA(Plan-Do-Check-Act)サイクルを回すことが重要です。

まず計画(Plan)では、具体的な目標や戦略を立て、SNSマーケティングの施策やKPIを設定します。

次に実行(Do)では、計画に基づいてコンテンツの作成や投稿、広告の実施などを行います。

その後、チェック(Check)では、データ分析や成果の評価を行い、施策の効果や課題を把握します。

最後に対策(Act)では、収集したデータやフィードバックを元に改善策を立て、次の施策に反映させます。

PDCAサイクルを回すことで、マーケティング戦略を進化させ、より効果的な施策を展開することが可能となります。

継続的な改善と最適化を通じて、SNSマーケティングの成果を最大化し続けることができます。

まとめ

SNSマーケティングとは、TwitterやFacebook・InstagramなどのSNSを使ったマーケティング手法のことです。

今となってはスマホ保有率が7割を超えているため、SNSを使ったマーケティングはコンバージョンに大きく寄与すると考えていいでしょう。

ただやみくもにSNSを使うのではなく、自社のブランドやコンセプト、そしてブランディングなども通してターゲットを絞っていくことから始めることが大切です。

また、炎上リスクや担当者のリテラシーも求められる分野でもあるので、ソーシャルメディアポリシーやガイドラインの制定は必須です。

Webマーケティングにお困りではありませんか?
  • 運用はしているが効果が出ない、認知・成果が上がらない
  • 時間をかけれず、分析はおろか更新 運用も手が回らない
  • SNSアカウント持ってないけど、始めてみたい
経営者・マーケティング担当者・広報担当者必見! Radineerでは、Web制作やオウンドメディア運用やSEO対策、Web広告運用など各分野のスペシャリストが在籍し、お客様を徹底サポート。 現在、各種お役立ち資料や会社概要・サービス資料を公開しております。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

執筆者

DXマーケティングやAIを事業に落とし込んで事業成長したい企業のマーケティング担当者・広報担当者、経営者、個人事業主向けに、マーケティングの基礎、成功ノウハウの提供・成功事例を紹介する専門メディアを運営しています。

目次