【宮城県】Web広告代理店とは?おすすめ5社も紹介!【2024年2月最新】

宮城県で、自社商品や自社サービスを、Web広告を運用して集客したいと思っている会社は多いはずです。
しかし、広告運用の知識がない場合、どのWeb広告代理店に発注すればいいのでしょうか。

この記事では、Web広告代理店とは、Web広告を広告代理店に発注するメリット、Web広告代理店を選ぶポイント、おすすめWeb広告代理店を紹介します。
宮城県に特化したWeb広告代理店の記事になります。
ぜひ参考にしてみてください。

目次

Web広告代理店とは? 

出典:https://pixabay.com/ja/photos/デジタル-マーケティング-ソ-1725340/

Web広告代理店とは、クライアント企業の広告を代理で運用し、利益を得ている会社です。

広告代理店は、広告の企画提案から広告運用を代行し、新聞・テレビ・Webメディアなどの広告媒体への出稿もサポートしています。
広告を出したい企業と、広告を載せていただくメディアを繋ぐパイプの役割を果たしています。

クライアントが出したい商品やサービスをヒアリングし、適したメディアを出稿し、クライアントの売上へと繋げていくのです。

総合広告代理店

総合広告代理店とは、業種を問わず、メディア媒体にこだわらず、さまざまな広告媒体を取り扱う広告代理店です。
複数のメディアを取り扱うことができるため、クライアントのニーズに応えやすくなります。
企画から制作まですべて請け負います。
幅広く多種多様な広告を打てるため、依頼者が多いのも特徴です。

専門広告代理店

専門広告代理店とは、新聞、雑誌、インターネットなどの特定のメディアやジャンルに特化した広告を打つ広告代理店です。
特定のメディアを専門的に扱うことで、その知識に対しての専門性が高く、クライアントの予算に合わせられます。
ただし、複数のメディアを媒体とし、横断的に広告を打てないところがデメリットになります。

ハウスエージェンシー

ハウスエージェンシーとは、特定の企業専属で広告運用を行うWeb広告代理店です。
多数の大手会社を専門に取り扱っているのが特徴になります。
専属に大手会社を請け負うことで、その会社の商品やサービス、ビジョンを深く理解し、大手会社としても信頼できるパートナーとして依頼できます。
また金額も抑えられるのです。

Web広告をWeb広告代理店に運用代行するメリット3選

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/ブロックチェーン-プログラム-8008051/

自社のサービスや商品をWeb広告代理店を通して広告運用すると、自社にとってもメリットがあります。
Web広告代理店で運用代行するメリットを解説します。

メリット1:Web広告代理店ならではノウハウを利用できる

Web広告代理店に依頼することで、Web広告代理店が持っているノウハウや専門知識を活かした広告運用ができます。
Web広告代理店では数多くの案件を取り扱っています。
Web広告代理店の実績を活かすことで、各企業独自のアドバイスや解決策を提案してくれるのです。
広告主にも広告代理店にも、より高い売上を伸ばしていきます。

メリット2:社内リソースが不要になる

広告運用にも、初期設定や入稿、運用過程を分析するなど多くの作業があり、時間がかかってしまいます。
一から社内で広告運用すると、その運用に伴う人員も確保する必要があり、他業務に支障が出ます。

広告運用をWeb広告代理店に頼むことで、初期設定から運用・分析を一任でき、作業時間や手間を削減できます。
広告運用の時間や手間、人員を確保する必要がなくなり、他業務に当てられます。
広告運用をWeb広告代理店に頼むことは、企業にとって大きなメリットになるのです。

メリット3:最新情報が入りやすくなる

Web広告代理店は、広告主と広告媒体どちらにもアンテナを張り、同業種の最新情報が集まりやすくなります。
さまざまな業界の案件を扱うため、多くの情報が集まり、より時代に流れにあった提案が可能です。
インターネット媒体ではアップデートが頻繁にされているため、最新情報には敏感になり、広告運用には欠かせません。
常に最新情報に基づいた広告運用ができるのが、Web広告代理店に頼む大きなメリットです。

Web広告代理店を選ぶポイント10選

出典:https://pixabay.com/ja/photos/人-男性-話し合います-論文-2561336/

Web広告代理店に広告運用を代行するメリットを解説しました。
いざ広告代理店を選ぶにはどのような点を比較するといいのでしょうか。
ここでは、Web広告代理店を選ぶ際のポイント10選を解説していきます。

ポイント1:運用手数料

広告費とは別に、運用手数料(運用代行手数料)が発生します。
運用手数料は、定率型と呼ばれる広告費に対して決まった割合で請求するWeb広告代理店が多数です。
相場は、広告費用の20%と言われています。
多くのWeb広告代理店は、この運用手数料を売上に反映しています。

運用手数料は価格交渉できますが、値引きすると運用リソースが削られてしまうことがあり、話し合いが必要です。

同時に複数の企業を比較検討する場合は、価格だけで選ばないようにしましょう。
安いことに越したことはありませんが、お互い納得のいく広告運用を任せられることが前提になります。

ポイント2:最低出稿額

Web広告代理店によって、月額広告出稿額の最低ラインが決められている場合があります。
最低出稿額が、自社の広告運用の予算を上回っている場合は、別のWeb広告代理店に依頼しなければなりません。

予算をクリアしても、運用開始すると運用結果をもとに見直し、改善していく必要があります。
この場合、最初の最低出稿額より変動がある場合があります。
不確定要素がある場合は、必ずWeb広告代理店へ相談しましょう。

ポイント3:契約期間

1か月から6か月の契約期間が設定されている広告代理店が一般的です。
Web広告代理店と契約する場合には、契約期間があるか、契約期間が長すぎないかを確認してください。
成果が出ず解約したいのに、契約期間中で解約できない場合があります。
また、違約金が発生することもあります。

ポイント4:運用体制

Web広告運用の体制には、分業型と専任型の2つタイプがあります。

分業型は、1つの広告主に対して、チーム担当が割り振られます。
広告主とやり取りする営業担当、実際の広告運用と調整担当、レポート作成担当などです。
分業することで、それぞれの担当が効率的に分析し、専門性と質の高い運用が期待できます。
しかし、営業担当が広告主と運用担当の間に入ってやり取りするため時間がかかり、設定ミスが起こる場合があります。

専任型は、1人が広告主とやり取りから広告運用し、その結果レポートの作成を行います。
分業型と比較すると、仲介しないため対応が早く、質の高い広告運用に期待できます。
ただし、営業担当が担当する広告主の数があまりにも多いと営業担当が疲弊してしまい、期待通りの運用にならない可能性もあります。

ポイント5:運用経験・実績・受賞実績

Web広告代理店の運用経験や実績は、契約している企業が広告運用で売上をあげているかがポイントになります。
Web広告代理店の中には、広告媒体から認定を受けている認定広告代理店があります。
認定広告代理店とは、ある程度の実績をもち、広告媒体から認められた企業のみ認定されるものです。
認定広告代理店になると、認定広告代理店でしか開示されない情報がもらえたり、広告機能β版の先行利用が可能です。
広告媒体の専任担当者から最新情報を得られます。

認定広告代理店になると、認定バッジを掲載できます。
認定バッジがあるか、公式ホームページで確認しましょう。

Web広告代理店の過去の運用実績は、公式ホームページから確認できます。
顧客インタビュー記事や事例紹介を確認すると、広告主が実際に契約するイメージがしやすくなります。

ポイント6:運用広告媒体

Google、Yahoo!、LINE、Twitter、Instagram、GDNなど、Web広告にはさまざまな媒体があります。
それぞれの広告媒体での運用方法は異なり、担当者によっては得意な広告媒体もあれば、苦手で扱ったことがない広告媒体もあります。
取り扱い媒体が多いWeb広告代理店だと、広告運用の選択肢が増え、自社サービスの売上に反映できるメリットが大きいです。
広告媒体ごとにWeb広告代理店を変えてしまうと、時間とコストがかかってしまいます。
一つのWeb広告代理店が、何種類の広告媒体を取り扱えるかチェックが必要です。

ポイント7:運用担当者のスキルと営業担当者の相性

実績や運用体制、広告費用も大切ですが、広告主とWeb広告代理店の担当者のスキルや相性が、期待に応える広告運用ができるかがポイントになります。
広告主の主観もポイントになってくるのです。

営業担当者は、広告主とWeb広告代理店の運用担当者のパイプになります。
営業担当者と広告主、営業担当者と運用担当者の相性がよくないと、良い結果を残せる広告運用になりにくいでしょう。

ポイント8:運用クライアント数

1人の営業担当者が複数の広告主を担当しています。
担当数が多いと、連絡が取りにくくなったり、手厚いサポートが受けづらくなる可能性があります。
営業担当者はおおよそどのくらいの数の広告主を担当しているか、メールやチャットツールなどですぐに連絡を取れるのか、運用担当者は何名いるか、広告主と運用担当者の定例会の開催可否を確認しましょう。
1社あたりどれくらいの時間と割いて運用を行うかも確認が必要です。

ポイント9:アカウント開示は可能か

広告主がWeb広告代理店のアカウント開示ができるか、確認が必要です。
広告運用にあたり、広告アカウントを必ず作ります。
Web広告代理店にとっての広告アカウントは貴重な財産であるため、流出防止のために開示してくれないところもあります。

広告主がアカウントの中身を知っておくのは当然の権利です。
アカウント管理画面を確認したい、運用詳細を知りたいなど、アカウント開示ができるか確認しましょう。

ポイント10:レポート報告や連絡の頻度

広告運用の結果レポートは、自社サービスの売上に繋がる重要な資料です。
レポート提出だけでなく、どのくらいの連絡頻度なのかも大切です。

連絡頻度が高く、レポート結果をどこまで詳細に報告できるかは、広告費用によって変わってきます。
レポート結果は事前に打ち合わせを行いましょう。
レポート結果はどのくらいの頻度で欲しいのか、どのような内容のレポートが欲しいかを、営業担当者に詳しく相談します。

【宮城県】おすすめWeb広告代理店

最後に、宮城県のおすすめWeb広告代理店5社を紹介します。
参考にしてみてください。

株式会社第一プランニング株式会社第一プランニング

URL:http:/d1p.jp

株式会社第一プランニングは、宮城県仙台市に拠点をもつWeb広告代理店です。
リスティング広告運用ほか、SEO対策、SNS広告、動画広告、コンテンツの企画・制作・運営など、幅広く事業を展開しています。

GoogleやYahoo!からの、リスティング広告の認定広告代理店の実績があります。
その他、新聞広告やテレビ広告、雑誌広告など、多くの媒体を取り扱っており、総合広告代理店としてさまざまなニーズに対応してくれるのです。

設立年 平成7年7月21日
会社所在地 〒980-0021 仙台市青葉区中央4丁目1-26 レインボービル4F
電話番号 022-217-8080
事業内容 総合広告代理店事業、Webソリューション事業、スペースシェアリング事業

株式会社第一広告社

URL:http://www.ichico.co.jp

株式会社第一広告社は宮城県仙台市に拠点を置き、地元でのマーケティング力を活かし、メディア広告や折込広告、パンフレットなどの各種印刷物、各種イベントの企画や運営、販売促進に関する業務に携わる広告代理店です。
宮城県を含む東北復興支援などの事業展開にも携わるWeb広告代理店になります。

インターネット広告やSNS広告などのデジタルマーケティングや、デジタルコンテンツの企画・制作・運営をトータルプロデュースします。
マーケティング調査を行い、店舗デザインを含めたイメージ戦略の展開が可能です。

設立年 平成6年3月1日
会社所在地 〒980-0811

仙台市青葉区一番町3-7-1 電力ビル7F

電話番号 022-214-3781
事業内容 コミュニケーション戦略等コンサルティング
ビジネスマッチング
メディアバイイング
セールスプロモーション
マーケティング
クリエイティブ
スペースデザイン
住宅展示場の企画運営

株式会社クリエイトワン

URL:https://createone.jp

株式会社クリエイトワンは、リスティング広告を中心としたWebマーケティングに幅広く対応します。
宮城県仙台市に拠点を置いています。

リスティング広告のほか、SNS広告やチラシ、DM、SEO対策など、さまざまな集客手段が実施可能です。
1,000件を超えるWebサイト制作実績を持ち、そのノウハウを活かしLP制作もできます。
Webサイトに訪問したユーザーを取り逃さないようEFO施策も実施し、リステォング広告の成果を最大化させるWeb広告代理店になります。

設立年 平成13年12月
会社所在地 〒984-0042
仙台市若林区大和町5-18-7 大和町中北ビル2F
電話番号 022-782-8657
事業内容 Webサイトデザイン制作

Webマーケティング運用

Webシステム設計開発

Webサイト運営管理

Webサーバー構築運用

電気通信事業者 1-14-502

株式会社ブレイン

URL:https://msbrain.net

株式会社ブレインは、宮城県仙台市に本社があり、東京に支社があります。
メディア広告、インターネット広告、交通広告、オフライン広告、Web広告などの立案から実施まで行う総合広告代理店です。

イベントやキャンペーン、展示会など多岐にわたる業務を手掛けているのが特徴です。
テレビ・ラジオなどを含むオフライン広告に、イベント・クリエイティブを組み合わせ、人を動かすプロモーションを得意とします。
地元宮城県で培ったコミュニケーションノウハウを活かした多彩な提案を実現し、ディスプレイや空間デザインにも対応できます。
ビジネスマッチングの場づくりにも対応し、地元密着の広告運用が可能です。

設立年 平成10年4月1日
会社所在地 〒981-0933

宮城県仙台市青葉区柏木2-2-7

電話番号 022-344-9311
事業内容 総合広告代理店業
情報システム・ソフトウェア業
情報機器販売・サービス業

株式会社河北アド・センター

株式会社河北アド・センター

URL:https://www.kahoku-ad.jp

株式会社河北アド・センターは、宮城県紙を発行する河北新報グループのWeb広告代理店です。
本社を宮城県仙台市におき、石巻市・山形市に支社があり、大崎市に営業所があります。
新聞・テレビ、Webサイトなど、さまざまな広告媒体を組み合わせて広告を提案します。

親会社である河北新報の広告媒体を活用し、オフライン広告展開を提案できるのが特徴です。
コンセプトワークから戦略立案、クリエイティブにいたるまでトータルにサポートします。
LINE@の代理店としても事業展開しているため、企業や商品などの集客獲得に役立ちます。

設立年 昭和47年6月1日
会社所在地 〒980-0022
宮城県仙台市青葉区五橋1-2-28 河北新報社ビル
電話番号 022-227-6641(営業部) 022-227-6121(管理部)
事業内容 広告代理業

    各種販売代理事業

    出版物の刊行、販売業務

    まとめ

    ここまで、Web広告代理店とは、Web広告運用を代理店へ頼むメリット、代理店を選ぶポイント、宮城県のおすすめWeb広告代理店を紹介しました。

    自社サービスの売上を伸ばすためには、Web広告運用が必須になります。
    自社でWeb広告を行うには、人員や時間が必要となり、Web広告代理店へお願いする方がコスト面でもよいでしょう。
    各Web広告代理店にはさまざま特徴や得意とする部分がありますので、しっかり見極め、お互いに信頼関係を深めながら、Web広告運用ができることを期待しています。

    Webマーケティングにお困りではありませんか?
    • 運用はしているが効果が出ない、認知・成果が上がらない
    • 時間をかけれず、分析はおろか更新 運用も手が回らない
    • SNSアカウント持ってないけど、始めてみたい
    経営者・マーケティング担当者・広報担当者必見! Radineerでは、Web制作やオウンドメディア運用やSEO対策、Web広告運用など各分野のスペシャリストが在籍し、お客様を徹底サポート。 現在、各種お役立ち資料や会社概要・サービス資料を公開しております。
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    執筆者

    目次