TikTokのアカウント凍結(垢バン)やその解除方法について徹底解説!【2023年1月最新】

残り5社! 文字単価3円で発注できる記事作成代行サービスはこちら

集客を自動化させるインスタ運用代行はこちら

集客を自動化させるTikTok運用代行はこちら

目次

TikTokのアカウント凍結(BAN)について

TikTokに動画を投稿したのに削除されている…」
アカウントの削除がされている…」

といった経験をしたことのあるユーザーの中には、運営による動画の削除やアカウントBANを疑っている方もいるかもしれません。

実際、TikTokではユーザーの利用規約違反が発覚した場合には、動画削除やアカウントBAN(凍結)などの処置が行われています。

\\ TikTokはBGMにも注意しないと垢BANになる? //

あわせて読みたい
TikTokの楽曲について徹底解説!ジャンルや著作権、オリジナル音源の作り方まで丸わかり!【2023年1月最... 【TikTok 著作権フリーで使える人気曲 5 選!】 今回、著作権を黄にせずに使えるTikTokの人気曲を特別にご紹介したいと思います。 詳しくは下記のバナーをクリックしてL...
SNS運用にお困りではありませんか?
  • 運用はしているが効果が出ない、認知・成果が上がらない
  • 時間をかけれず、分析はおろか更新 運用も手が回らない
  • SNSアカウント持ってないけど、始めてみたい

上記のようなことでお困りでしたら、私たちRadineerに相談してみませんか?

Radineerでは、Web制作やオウンドメディア運用やSEO対策、Web広告運用など各分野のスペシャリストが担当し、お客様を徹底サポート。

現在の事業課題をヒアリングした上で、貴社のマーケティング予算や要望に合わせた最適なプランをご提案します。
「こんなことも相談できるのかな?」といった些細なお困りごとでもかまいません。

プロと一緒にお困りごとを一緒に解決していきましょう。 まずはお気軽にフォームよりご相談ください。  

TikTokでアカウントBAN(凍結)される条件

TikTokにおいて、運営による動画削除やアカウントBANが実施される原因としては主に「利用規約違反」があります。

実は、TikTokには細かな利用規約が定められており、その中に違反行為についてもしっかりと記載されています。

例えば、TikTokのコミュニティガイドLINEでは、「暴力的で過激な行為」の「脅迫および暴力への扇動」として

  • 個人またはグループに身体的傷害を負わせる意図の発言
  • 他者に暴力行為を助長したり、身体的暴力を擁護するような発言や画像
  • 他人の暴力行為を助長するような条件付きの発言や願望的な発言
  • 個人やグループを脅迫したり、暴力で脅したりする目的で、特定の場所に武器を持ち込むように呼びかけること
  • 暴力を扇動する目的で武器を作成、または使用に関する指示

といったように具体的な投稿禁止事項が記載されています。

もし、動画の削除やアカウントBANが自分のアカウントに起きた場合には、利用規約やコミュニティガイドラインを確認してみましょう。

また、アカウントBANや動画削除は運営側のパトロールによって実施される場合もありますが、第三者からの通報によって実施される場合もありますので注意が必要です。

TikTokのアカウントBAN(凍結)されると

TikTokがアカウントBANされた場合、運営側から当該アカウントに利用制限がかけられた旨の通知がくることが多くなっています。

ただ、全てのユーザーに利用制限の通知がくるわけではなく、通知なしでアカウントBANの状態になってしまうこともあるようです。

  • フォロー数やフォロワー数が0となっている
  • フォローしていたアカウントの動画が見られない
  • 動画の投稿ができない
  • 投稿した動画が他のユーザーから見られない

といった状況の場合、アカウントBANになっている可能性が非常に高くなってきます。

BANされたTikTokアカウントの復活方法

TikTokがアカウントBAN状態となっている場合、利用停止状態となっているため再度新しいアカウントを作るように促されます。

ただ、著しい規約違反ではない限り、アカウントをそのままで復活させることができます。

手法としては、「アカウントBANの対象となっている動画を削除する」ことです。

アカウントBANの多くのケースの場合には、運営からの通知によって新しいアカウントを作成することを促されますが、ほとんどの場合には復活できる可能性が高いケースとなっています。

もし、TikTok側からシステム通知が来ていれば、それに該当する動画を削除するだけで大丈夫です。

また、システム通知が来ていない場合には

  • 暴力的で過激な行為
  • ヘイトによる振る舞い
  • 違法行為と規制対象品
  • 暴力的で生々しいコンテンツ

といった、コミュニティガイドラインに抵触していると考えられる動画を削除するようにしましょう。

万が一、アカウントBANが解除されない場合、TikTokの運営に問い合わせてみましょう。

アカウントBANから復活できない場合には…

利用規約違反の状況によっては、BANされたTikTokアカウントを復活させられないこともあります。

その場合には、新しくTikTokアカウントを作成するしかありません。

以前登録していたSNSアカウントや電話番号、メールアドレスから認識されてしまうこともありますが、その場合には別のメールアドレスやSNSアカウントで登録することをおすすめします。

注意すべき点は、新規のアカウントになってしまうのでBANされてしまったTikTokアカウントのフォロワーやいいね、コメントなどを引き継いだり、復活させることはできません。

新しくアカウントを作り直した場合、TwitterやInstagram、LINEといったTikTok以外のSNSを利用して、改めて宣伝していくことが重要です。

SNS運用にお困りではありませんか?
  • 運用はしているが効果が出ない、認知・成果が上がらない
  • 時間をかけれず、分析はおろか更新 運用も手が回らない
  • SNSアカウント持ってないけど、始めてみたい

上記のようなことでお困りでしたら、私たちRadineerに相談してみませんか?

Radineerでは、Web制作やオウンドメディア運用やSEO対策、Web広告運用など各分野のスペシャリストが担当し、お客様を徹底サポート。

現在の事業課題をヒアリングした上で、貴社のマーケティング予算や要望に合わせた最適なプランをご提案します。
「こんなことも相談できるのかな?」といった些細なお困りごとでもかまいません。

プロと一緒にお困りごとを一緒に解決していきましょう。 まずはお気軽にフォームよりご相談ください。  
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

SNS運用のスペシャリスト。tiktokやインスタグラム、Youtubeと幅広くSNS運用に携わっている。オウンドメディア運用も行っており、SEO対策にも明るい。エンタメ全般に明るく、多趣味、代表の次になんでも屋。

コメント

コメントする

目次