TikTokの分析のやり方を徹底解説!重要指標や伸ばすポイント【2022年11月最新】

残り5社! 文字単価3円で発注できる記事作成代行サービスはこちら

集客を自動化させるインスタ運用代行はこちら

TikTokをビジネスやマーケティングに活用する企業が増えてきました。しかし、これまでになかった新しいアプリであるため、どのように分析すれば良いかを迷っている方や、分析してもどのようにマーケティングに活かせば良いか悩んでいる方もいるでしょう。

そこで今回は、TikTokの分析方法と結果をマーケティングに活かす方法を解説します。

目次

TikTokの評価システムは独特

GoogleやYouTube・Instagramなど様々なプラットフォームで自社・店舗のサービスや商品をアピールする方法はあります。いずれも、アルゴリズムをもとに評価しています。

しかしその中でもTikTokの評価アルゴリズムは独特です。面白いことに、TikTokのアカウントを開設し、1本目の投稿であったとしても多くの人に見てもらう・人気が爆発的に上がるということも少なくありません。

なぜかと言うと、TikTokではアカウントよりもコンテンツが重視されます。

言い換えれば、優れたコンテンツさえ制作できれば、誰でも多くのユーザーに視聴されるチャンスがある仕様なのです。

そのため、TikTokは他のSNSよりも、認知度の拡大や購買行動の促進といった目的を達成しやすいプラットフォームと言えます。

TikTokならではのアルゴリズムのポイントをしっかり押さえて投稿を続ければ、コンテンツをヒットさせ、フォロワーを増やすことが可能です。

コンテンツファーストとは言え、何の考えもなしに動画を制作していては視聴回数は思うように伸びません。TikTokでは1回バズったとしても、次の投稿では一気に数字が下がってしまうことも多々あります。

継続的にヒットコンテンツを制作し、集客につなげるためには、TikTokのアルゴリズムを理解したうえで分析することが大切です

レコメンドシステム

ユーザーの興味に合わせて、親和性の高い動画が表示されるTikTokの‟おすすめ”。当然、おすすめフィードに表示される回数が多いほど、コンテンツの視聴回数は伸びます。

TikTokでフォロワーを増やすためには、おすすめ配信を決定付けるレコメンドシステムを理解することが重要です。

TikTokでは、どのアカウントでも最初は100~300回程度は、おすすめフィードにランダムに配信されるようになっています。その際にいくつもの要素により評価付けされ、ユーザーにとって価値ある動画だと判断された場合に、おすすめフィードにより多く表示される仕組みです。

ちなみに評価システム(アルゴリズム)には、フォロワー数の多さや過去にヒット動画を上げているかなどは、一切関係がありません

加算アルゴリズム

TikTokでバズっている動画は、加算アルゴリズムが上手く作用した結果です。自社アカウントを成長させるためには、本章で紹介するアルゴリズムの指標に重点を置いたコンテンツ作りを心がけましょう。

ひとつひとつの要素がTikTokのアルゴリズムで識別されて、コンテンツを優位なポジションに導きます。加算アルゴリズムとして、意識すべき指標は以下の通りです。

  1. 平均視聴時間
  2. 視聴維持率
  3. 視聴完了率
  4. いいね数
  5. コメント数
  6. シェア率
  7. 保存数
  8. プロフィール遷移率
  9. フォロー率

特に、平均視聴率と視聴維持率、視聴完了率の割合が、レコメンドシステムに大きな影響を与えます。

平均視聴時間

ユーザーが1つのTikTokコンテンツを視聴したときの平均時間です。当然、平均視聴時間が長いほうが、ユーザーが楽しめる価値のあるコンテンツとして判断されます。

また、2022年3月からは、3分までだった動画配信が10分に延長され、より独自性の高いコンテンツ作りが可能となりましたユーザーが「もっと見たい」と思えるような内容で、平均視聴時間を上げることが大切です。

視聴維持率

動画の尺に対して、どのくらい視聴されたかの割合です。1分の尺のTikTokコンテンツに対して平均視聴時間が30秒の場合は、視聴維持率は50%ということになります。視聴者は、面白くなかったり興味がなかったりする動画を長く見てはくれません。

いかに魅力的なコンテンツを作って、視聴者維持率を上げていくかが課題になります。目指すは視聴維持率60%以上です。

視聴維持率60%を目指すには、どこで視聴者が離れるのかを分析し、改良を重ねていく必要があります。

視聴完了率

動画をフル視聴してくれたユーザーの割合です。短尺とは言え、TikTokでは瞬時に違う動画に流れていくユーザーが少なくありません。動画を最後まで見てくれるユーザーは、自社ブランドの熱狂的なファンになる可能性が高いということ。

視聴完了率を上げていくと、アルゴリズム上優位にランク付けされます30%以上のユーザーが最後まで見てくれるように、工夫をしましょう。

視聴をやめてしまうポイントを減らしていくことが重要になります。

いいね数

TikTokコンテンツの再生回数に対して、ハートマークのいいねが付いた割合です。「この動画面白い!」「いいこと知った!」など、ユーザーが視聴してよかったと思えるようなコンテンツに仕上げることがポイント。10%以上のいいねを目安にすると、TikTokのアルゴリズム上プラスに作用する可能性が高いです。

コメント数

再生回数に対してコメントが付いた割合ですが、いいねをもらうよりも当然ハードルは高くなります。コメントを書きたいという気持ちにさせるには、ユーザーの心を掴むコンテンツでなければなりません。

また、アカウントのファンはコメントを書いてくれやすいので、継続的によい動画を作る努力も必要です。

シェア率

シェア率は、TikTokの再生回数に対してユーザーがインスタやTwitterなど、他のSNSでシェアした割合です。

「誰かにこの動画を見せたい」「自分だけで楽しむのはもったいない」など、

わざわざシェアしたくなる優良コンテンツは、TikTokのアルゴリズムでは加算条件になります。

0.2~0.3%のシェア率が取れると、バズる確率も高くなるでしょう。

保存数

再生回数に対して、ユーザーにコンテンツが保存された割合です。役に立つ情報やまた見たいと思わせるコンテンツは、保存されやすくなります。

いいねやコメントほど多いアクションではありませんが、保存数の多さもレコメンドシステムの判断要素の一つです。

プロフィール遷移率

プロフィール遷移率は、動画の再生数の中でプロフィールを見たユーザーの割合です。

コンテンツだけではなくプロフィールも観覧するユーザーは、自社アカウントにかなり興味を持っている証拠。

フォロワーの獲得にもつながる要素であり、3%を目指していきたいところです。

フォロー率

フォロワー数の多さは加算アルゴリズムに直接は影響しません。しかし、再生回数に対してフォロワーが付いた割合は、少なからず関係します。

フォロー率が高ければ、ユーザーにとってメリットが多い動画を継続的に投稿していると判断されるからです。

動画をいくつかに分けて投稿するなど、ユーザーがフォローしたくなるような工夫も必要と言えます。

減算アルゴリズム

いくら加算アルゴリズムの対策をしっかりしていたとしても、TikTokのおすすめフィードに表示される回数が激減するケースもあります。

マイナス要素となる減算アルゴリズムがあった場合です。

ここからは、TikTokのレコメンドシステムにおいて、動画がバズらない原因について確認していきましょう。

コミュニティガイドラインに反する行為

月間アクティブユーザー数が10億人を超えるTikTok。

多くの人が喜びや創造性を見出しながら快適に利用できるように、TikTokではコミュニティガイドラインを設けています。

信頼性と安全性を損ねると判断されたコンテンツは、制限がかかったりアカウントバンされたりする可能性もあるので注意しましょう。

UXを悪くする行為

ユーザーが不快感を抱くようなUX(User Experience・ユーザーエクスペリエンス)を低下させる行為もTikTokではNGです。

具体的には、YouTubeなどの外部サイトへ直接的に誘導するようなコンテンツになります。

他のSNSの導線としてTikTokを使用する企業も多いのは事実ですが、コンテンツ内で言及するのは避けましょう。アルゴリズム的にはマイナスポイントとなってしまいます。

望まない表示

興味のない動画や不快感を抱く表示がある場合は、ユーザーに興味がありません』ボタンを押されることもあります。

多くのユーザーにとって、望まれないコンテンツとアルゴリズム上判断された場合は、おすすめフィードに表示される回数も減りやすいです。

視聴者からのネガティブな評価

TikTokでは、ユーザーが不適切と判断した場合は『通報する』ボタンを押されてしまいます。

内容によっては、コンテンツを削除するよう注意喚起される他、悪質と見なされた場合はアカウントバンにもつながり兼ねません。

ネガティブな評価が増えるのも、減算アルゴリズムに大きく影響します。

TikTok分析で重要な指標とは

フォロワー数

フォロワー数は、どのくらいの人にフォローされているのかを表した指標です。この指標を確認した方が理由は、レコメンドに表示される可能性が高いからです。

TikTokではレコメンドに表示されることで、多くの視聴者に動画を視聴される傾向にあります。この際に、フォローしている投稿者のアカウントから投稿された動画はフォロー欄だけではなく、レコメンドにも表示されることが多いです。

そのため、知名度の向上など多くの人に対して自分の投稿した動画を見てもらうことが目的の場合は、レコメンドへの表示頻度を表したこの指標を使用すると良いでしょう。また、YouTubeや他の媒体への誘導を促す際にもフォロワーは誘導に乗ってくれることが多い(TikTokのフォロワー×3%程度が目安)ため、TikTok以外に誘導して宣伝したい商品や知名度を上げたい商品・サービスがある場合もフォロワーを指標とすることが有効です。

視聴者が住んでいる地域

動画視聴者の所在地分析は、TikTokに投稿した動画をどこの地域の人に多く見られているのかを表示した指標です。この指標を確認した方が良い理由は、実店舗へ誘導する際に、店舗から極端に離れている場所の場合は、実店舗への来店を見込むことができないからです。

TikTokは集客ツールとしても使うことができ、実店舗を持つ会社や施設がTikTokを集客ツールとして使っています。

その際に、実際に訪れて欲しい店舗や施設から遠く離れた地域の人に対して多く動画を配信しても(インプレッションが大きくなっても)、その実店舗・施設への来店をコンバージョンとしている場合は、効果をあげることが難しいです。

動画をフル視聴した人の割合

TikTok分析では、動画をフル視聴した人の割合も重要な指標の1つです。

動画がフル視聴された割合が大きいということは、作成した動画が多くの視聴者の心に響いていることを表します。

投稿した動画に対するユーザーの興味関心度を分析する場合は、動画をフル視聴した人の割合が重要な指標となります。

動画の平均視聴回数

平均視聴時間は、一つの動画をどれくらいの時間見てもらえたかを確認できる指標です。TikTokで平均視聴時間の指標を確認する理由は、平均視聴時間が長い動画がTikTokの視聴者のレコメンドに表示される可能性が高いことと、視聴者への印象の強弱を示しているからです。

TikTokの場合、レコメンドに表示されることで多くの人に動画を見てもらうことが可能で、レコメンドの表示される際の基準の一つに平均使用時間が長さがあると考えられています。

平均視聴時間が長い動画の方が多くの視聴者にメリットが大きいと考えられ、レコメンドに表示される可能性が高いです。

また、平均視聴時間を確認することで、動画を見た視聴者への印象の強弱を測ることができます。

一般的に、印象の強い動画は長い時間視聴者に見られて、印象が薄い動画は視聴者に見られることなくスワイプされる可能性が高いです。

そのため、平均視聴時間の指標を使うことで、視聴者に対しての印象の強弱を測ることができます。

動画の合計視聴時間

合計視聴回数は、動画ごとの視聴回数を表した指標です。この指標を確認する理由は、視聴回数を見ることでどの動画が人気で、どのような動画がチャンネルのファンにヒットするかの傾向を確認可能なことと、コンバージョン率の確認ができるからです。

TikTokでコンバージョンを測る際は、基本的には視聴回数を基準に考えることが多いです。

例えば、TikTokに投稿した動画が平均10万回再生されているのに、フォロワーが1,000人しかいないと、フォロワーのコンバージョン率は1%(=1,000/100,000)となります。

1%は、TikTokのフォロワー数におけるコンバージョン率としては低いため、フォローしてもらうように動画を2つに分けるなどの対策を考えるきっかけとなります。

TikTokの分析方法

商品やサービスをイメージアップさせたい

ブランドイメージ向上を目的にする場合は、「合計再生回数」と「平均視聴時間」を分析すると良いでしょう。

合計動画再生回数は、プロアカウントから確認可能です。exolytでも確認できますが、プロアカウントの方が正確な回数を表示します。

また、分析のときは合計再生回数に対して、平均視聴時間が少ないかを確認してください。平均視聴時間が、動画時間の10%以下だと素通りしているユーザーが多いと考えられるため、コンテンツの工夫をして目に止まるだけでなく、長く見てもらう施策を検討しましょう。

ブランドイメージ向上のためには、ユーザーたちが共感できるコンテンツでなければなりません。そして、共感できるものならば、企業の広告であっても自然に受け止めてくれます。

再生回数を増やし、平均視聴率を上げるには工夫が必要です。ただハッシュタグチャレンジを実施すれば良いわけではないため、よく見られている動画の研究や他企業の事例を参考にすると良いでしょう。

実店舗での購買実績を向上させたい

実店舗での購買アクションを目的とする場合は、動画視聴者の「所在地分析」がおすすめです。所在地もプロアカウントから確認可能です。実店舗に来てもらわなくてはならないため、所在地に合った動画コンテンツにすることが有効な手段の一つだからです。

また、動画を見てから来店してもらう施策も考えなくてはなりません。動画は、テキストや画像よりも圧倒的に訴求力が高く、共感性も高い広告です。

実際、「ハッシュタグチャレンジ」と題したキャンペーンを使い、来店者を増やせた事例もあります。このキャンペーンは、TikTok内で“お題”と専用のハッシュタグを設け、ユーザーはお題に沿った動画をハッシュタグを付けて投稿してもらうものです。

多くのユーザーを巻き込むことに成功したことが、背景にあるでしょう。自分たちがコンテンツを投稿するだけでなく、ユーザーに投稿してもらう参加型にして、巻き込んでいく施策も興味深い部分です。

また、飲食店のPRにTikTokを用いた事例もあります。グルメ系ショートムービーは、TikTokでも人気の高いコンテンツの一つで、ユーザーの関心も集めやすいです

そのため、TikTokでお店の料理風景や料理そのものが話題になれば、実店舗に行って食べてみたいと思うユーザーもたくさんいるでしょう。

知名度を上げたい

知名度向上を目的とする場合は、「合計再生回数」と「フォロワー数」を基準に分析しましょう。

合計再生回数とフォロワー数は、プロアカウントにすれば確認可能です。フォロワーの数に対し、1動画の再生回数がフォロワー数の半分を下回る場合は改善の必要があります。また、分析のときは、一時的な分析ではなく、月ごとでフォロワー数と動画再生回数の比率を表示し、推移を確認すると良いでしょう。

例えば、コカ・コーラでは、「リボンでありがとうチャレンジ」というハッシュタグを使ったTikTok広告を実施しました。

参加者の中から100名にQUOカード1000円分、そして特別賞に選ばれた動画はクリスマスイブに渋谷の屋外ビジョンで放映するといった工夫を行い、有名になりたい人を刺激して投稿数を増やすことに成功。多くの人を巻き込み、さらに知名度を向上させた事例として挙げられます。

フォロワーと合計再生回数を増やせば話題になりやすいため、分析をしっかり行いどのコンテンツでフォロワーが増えたのか、再生時間が伸びたのかを確認しましょう。そして、動画制作にも活かしてください。

TikTokの分析「インサイト」の見方

プロアカウント設定方法

プロフィール欄の右上にある「•••」マークをタップ

まずは、TikTokのプロフィール欄右上にある「•••」マークをタップしましょう。

プロフィール欄の右上にある「•••」マークをタップすることで、「設定とプライバシー」メニューが表示されます。

アカウント管理」ボタンをタップ

続いて、設定とプライバシーメニューにある「アカウント管理」ボタンをタップしましょう。

設定とプライバシーメニューにある「アカウント管理」ボタンをタップすることで、プロアカウントに切り替える準備が整います

「ビジネスアカウント(プロアカウント)に切り替える」ボタンをタップ

アカウント管理ボタンをタップしたら、「ビジネスアカウント(プロアカウント)に切り替える」ボタンをタップしましょう。

「ビジネスアカウントに切り替える」ボタンをタップすることで、あなたのアカウントはプロアカウントに切り替わります

ボタンをタップした後にはカテゴリーや性別選択の画面が表示され、それらを選択し「完了」ボタンをタップするとプロアカウントの全ての設定は完了です。

アカウント全体のインサイト確認方法

プロフィール欄の右上にある「•••」マークをタップ

まずは、プロアカウント設定の際と同じように「•••」マークをタップしましょう。

「•••」マークをタップすることで、「クリエイターツール」を表示して下さい。

「インサイト」ボタンをタップ

続いて、クリエイターツールのメニュー内にある「インサイト」ボタンをタップしましょう。

「インサイト」ボタンをタップすることで、アカウント全体のインサイトを確認する準備が整います

「オンにする」ボタンをタップ

最後に、インサイトを「オンにする」ボタンをタップしましょう。

インサイトを「オンにする」ボタンをタップすることで、アカウント全体のインサイト分析結果が表示されます

アカウント全体のインサイトは、以下の3つのカテゴリーに分かれています。

  • アカウント概要
  • コンテンツ
  • フォロワー数

それぞれアカウントの分析に必要なデータを確認して、分析に役立てるようにして下さい。

また、1つも投稿していない状態のアカウントでは「オンにする」ボタンをタップすることができないため注意が必要です。

個別の投稿データのインサイトの確認方法

個別の投稿データのインサイトを確認するには、まず分析したい動画を表示しましょう

続いて、動画の右側にある「•••」マークをタップし、「インサイト」ボタンを押して下さい。

「インサイト」ボタンを押すと、動画の視聴者数に占めるフォロワーの割合やおすすめ表示回数など、個別の投稿ごとの分析結果を確認することができます。

時間別データのインサイトの確認方法

時間別データのインサイトを確認するには、アカウント全体のインサイトを確認する必要があります

アカウント全体のインサイトカテゴリーの中で「コンテンツ」の分析結果に着目しましょう。

時間別にどのくらいの割合の人が投稿を視聴しているかを確認することができ、今後の動画投稿の参考にすることができます。

TikTok分析で得たデータはエクセルなどで保存する

TikTokでは最大で28日、4週間前までのTikTokインサイトしか見られません。

データをためていくには、パソコン版TikTokをブラウザから見て、インサイトを見ますと「ダウンロード」がありますので、そこからエクセルで読めるファイルがダウンロードします。

これで前年同月比などをチェックできます。予算に余裕がでてきましたら、ツールの検討などされると良いでしょう。

TikTokの分析ツールおすすめ

TikTok通

TikTok通とは、2021年8月に開設されたTikTok分析ツールです。

フォロワー数やいいね数など基本情報の分析はもちろん、TikTokのユーザーランキングやニュース記事にも目を通すことができるため、最新の情報を汲み取ることができます詳しい分析内容は以下の通りです。

フォロワー数ランキング

TikTok通に登録されたTikTokerの中からフォロワー数が多い順に表示します。週間、月間で並び替えができ、総フォロワー数ではグラフと数字でフォロワー数の変化がわかります。

アカウント分析と合わせて、TikTokの情報も多く仕入れたいと考えている人に最もおすすめのTikTok分析ツールとなっています。

いいね数ランキング

TikTok通に登録されたTikTokerの中からいいね数が多い順に表示します。

週間、月間で並び替えができ、総いいね数ではグラフと数字でいいね数の変化がわかります。

動画投稿数ランキング

TikTok通に登録されたTikTokerの中から動画投稿数が多い順に表示します。

週間、月間で並び替えができます。

ジャンル別ランキング

TikTok通に登録されたTikTokerに紐付けされたカテゴリーをジャンル別に表示します。

総フォロワー数、いいね数、動画投稿数で並び替えができます。

特定のジャンルからTikTokerを検索したい場合に便利です。

Tofu Analytics

Tofu Analyticsとは、最先端の分析技術を取り入れたTikTok分析ツールです。

最大の特徴は、TikTokだけでなく様々なSNS分析も同時に行える点です。

TikTokでアカウント分析を行い、ユーザーを他のSNS媒体に誘導して知名度を上げたいと考えている人などに特におすすめのTikTok分析ツールとなっています

大手から個人事業主まで幅広いクライアント

Tofu Analyticsは東証一部上場の企業から、ベンチャー企業、さらに個人事業主に至るまで、幅広い規模・業種のクライアントから支持されています。またの大手広告代理店での導入も少なくありません。

独自のデータ分析・モニタリング技術

Tofu Analyticsでは、TwitterやInstagramといったオープンなソーシャルデータにとどまらず、シェアされたURLのクリックログや投稿内容に含まれる感情まで分析することができます。また、過去のツイートデータやハッシュタグデータなどについても全件分析が可能となっています。こうした膨大なSNSプロファイリングデータやデータサイエンスは、他社のSNS分析ツールにはないTofu Analytics独自の強みです。

無駄なコストがゼロ

Tofu Analyticsは導入における初期費用はかかかりませんまた契約期間に縛りもないことで、月々わずか1万円から利用することができます。さらに条件を満たすクライアントであれば、無料トライアルも可能になっています。

Exolyt

Exolytでは「フォロワー数」の分析軸を確認することができます。自分の動画のインプレッションなどだけでなく、他人や企業のインプレッションまで確認することができるツールなので、他のユーザーと比較した際には有効でしょう。

また、Exolytでは「フォロワー数」の他にも、次の項目を確認することができます。

  • 総エンゲージメント
  • コメント数
  • 平均いいね

Exolytでは、他人と比べて自分はどのぐらいのコンテンツをアップしたかも確認可能です。あまりアップされていないアカウントよりも、動画の多い方が取り組み方や真剣さも伝わります。

人と比べることで自分への戒めにもなるため、面白い機能と言えるでしょう。

なお、Exolyt Premiumの機能も準備されており、より詳細なレポート分析も可能になるとのことです。

まとめ

TikTokの分析方法や分析におすすめなツール、そして再生数アップに関係するアルゴリズムなどを解説しました。

TikTokは日本のみならず世界中にユーザーがいることと、評価はアカウントの強さではなく、コンテンツのクオリティが関係しています。

TikTok分析は個人でもできますが、なかなか思ったように閲覧・視聴数が伸び悩んでいるという場合もあるでしょう。その場合には専門の業者に外注するのもおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次