MEO対策のやり方入門!コンサルタントは不要!初心者でも自分でできるGoogleマップ上位表示化の具体的な方法【2022年11月最新】

残り5社! 文字単価3円で発注できる記事作成代行サービスはこちら

集客を自動化させるインスタ運用代行はこちら

集客を自動化させるTikTok運用代行はこちら

そこでMEO対策というものがとても有効になってきます。SEO対策と同様に、自社・店舗を上位に表示させるための施策のことで、顧客・集客効果が見込めるのが大きな特徴です。

「知ってはいたけどMEO対策って何から始めればいいか分からない」

「MEO対策は誰でもできる?」

といった疑問をお持ちの人も多いのが実状です。

そこで今回は、MEO対策について詳しく紹介していきます。MEO対策の方法や効果的な活用方法、導入する際のメリット・デメリットなども挙げていくので、これからMEO対策に力を入れたい・もっと集客を目指したいという際にぜひ参考にしてください。

目次

MEO対策とは

MEOとは、Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)の略称とされ、SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)と対比されて日本国内で広く知られている言葉です。

主には地域を含んだGoogle検索などの結果に表示されたり、Googleマップなどの地図アプリ内で検索した際に表示される一覧を指し、その上位表示を狙った施策の総称です。

今までのSEO対策では、大手のポータルサイトなど大量の情報を持ったウェブサイトがGoogleの検索結果を独占しており、中小企業など規模の小さなオーナー型のウェブサイトは太刀打ちすることが難しい実態がありました。

MEO対策の結果として、以下の検索結果枠に表示されるのはGoogleマイビジネスを持った実店舗のみで、また直接的には事業の規模に関係なくフラットな条件で競うことができます。

MEOの目的

MEOは地図検索の上位表示を目指すものですが、順位アップが目的ではありません。

検索上位はあくまでも手段であり、最終目標は検索ユーザーが店舗ビジネスを認知し、来客してもらうことです。
そのため、店舗集客につながる対策をしなければ意味がありません。

店舗集客につなげるためには、検索上位を獲得し認知度を上げ、店舗の魅力を最大限に伝え、来店したくなる要素を多くアピールすることが重要です。

MEO対策とローカルSEOとの違い

SEOとは、検索エンジンにてキーワード検索をした際に、自社のウェブサイト(ウェブページ)を検索上位に表示させる施策全般のことを意味します。

ローカルSEOは、それらSEO対策のうち地域性に特化した対策のことを指し、店舗や地域性の高いビジネスの最適化施策を指します。

そのため、厳密にはMEOはローカルSEOのうち、地図検索に特化したGoogleビジネスプロフィールの検索上位を目指す施策全般のことを指します。

検索結果には、地域にフォーカスしたウェブサイトだけでなく、Googleビジネスプロフィールの店舗情報を表示させることも含まれます。

ローカルSEOという大きな概念の中で、マップ検索に特化した対策がMEOというイメージを持っておくと理解がスムーズかもしれません。

ランキングはGoogleへの対策として操作するものではなく、SEOと同様に、ウェブサイトに「ユーザーが求める情報」をコンテンツとして発信していくこと。

また、Googleマイビジネスで地道にレビューを集め、自社情報を投稿し続けた結果として、集客に反映されるものであると理解してください。

マップ検索で上位表示される仕組み

「特定の地域にフォーカスした検索結果」は日常生活のさまざまな検索シーンに登場します。

たとえば、「京都 和食」や「眼科 新宿」などのように、検索キーワード自体に地域名が入っていると、地域に特化した検索結果が表示されます。

ユーザーが、「特定のエリアに絞った情報を知りたい」ことが明らかなので、検索エンジンもそれに合わせた結果を返そうとするからです。

特定の地域名が入っていなくても、地域に特化した検索結果が出ることもあります。具体的には、店舗やオフィスなど、「物理的に存在する場所に行くこと」がユーザーの目的(検索意図)になっているキーワードでは、検索エンジンが自動的に地域に特化した検索結果になります。

そのため、店舗や診療所を探しているようなキーワードは、エリアが入ってなくても、地図と一緒に近くのお店が表示されるという仕組みなのです。

MEOの評価ポイント3つ

検索キーワードとの関連性

検索キーワードとどれくらい関連性が高いかを評価します。
まずはカテゴリとの関連性が重要ですが、ビジネスの種類により、関連するキーワードは多岐にわたります。

キーワードの検索意図や検索シチュエーションを捉え、関連トピックを掘り下げ細分化し、幅広く関連付けていくことが大切です。

検索される場所から店舗との距離

評価として、検索している位置情報からどれくらいの距離かも評価要因です。
検索キーワードによっては、特に距離が優先されるものがあります。

店舗や企業の知名度(視認性)

ビジネスが一般にどれくらい認知されているか、オンライン・オフライン問わずどれくらい知られているかが評価要因となります。

Google公式ガイドラインでは「視認性」と表現されていますが、具体的にはオンライン上に自社のビジネス情報が表示、掲載されているか、あるいは、口コミや評価としてSNSやポータルサイトに言及されている情報が多いか、などが評価されます。

MEO対策のメリット・強み

売上につながる可能性の高いユーザーが多い

MEOにおいては、「地域・エリア名+サービスジャンル名」などで検索されるため、「今まさにお店を探している」「いますぐお店に行きたい」など来店する確率が高い(=売上につながる可能性が高い)来訪者を期待できます。

またGoogleマイビジネスの設定を正しく行うことによって、電話やウェブ予約など直接的なアクションを促すことができるようになります。

直接的な費用をかけずに取り組むことができる

SEO対策やリスティング広告(=PPC広告)などは、コンテンツを作成したり、広告の配信設定によって多くの金銭費用を投資する必要があります。

また大手のポータルサイトも基本的にはお金を払えば払うほど上位表示される仕組みをとっているケースが多いため、集客コストは頭の痛い問題でした。

MEOは無料で使えるGoogleマイビジネスを中心に施策を実行することができるため、お金を投資することなく、空き時間を見つけてコツコツと進めることができます。

レビューや口コミを獲得して信頼を高められる

MEO対策の大きなウエイトを占めるのが、Googleを経由したレビューの獲得です。このレビューや口コミを獲得することで、結果的にお店への来店率を向上させることができます。

飲食や物販などを中心として、インターネットでの購買行動において、レビューや口コミは欠かすことができないものになりつつあります。

多くの消費者は、「より信頼できるお店選び」「安心できるお店探し」を求める傾向はこの先も続いていくでしょう。MEO対策も集客を目的として行うものなので、一石二鳥。取り組まない理由はありません。

サイトや事業の規模に関係なく競争できる

コストの文脈でもお伝えしたように、SEOは費用をかけずに対策することが非常に難しいのが現状です。またそういったプロモーションに投資できる大手企業やポータルサイトが優位であることは言わずもがなです。

一方でMEO対策は、ターゲットとする地域を限定することで競合はより少なくなりますし、Googleマイビジネスアカウントを所有した実店舗だけが表示されるという点でもフラットに公平に競争することができるのが魅力です。

SEO対策より短期間で上位表示可能

MEO対策はSEO対策に比べて上位表示までの期間が短い傾向にあります。SEO対策は内部構造を整えたり、コンテンツを追加したりと、サイト全体に施策を施さなければなりません。そのため一般的には上位表示まで6ヶ月~1年はかかります。

しかしMEO対策の場合は、早ければ1週間ほどで上位表示を実現することができます。費用的な面でも期間的な面でもSEO対策より魅力的です。ま

た、MEO対策はSEO対策よりもランニングコストがリーズナブル。SEO対策は最低でも月額30万円ほどかかるのに対して、MEOは月額数万円ほどであることが多いです。

本格的に対策している競合が多くない

SEO対策やWeb広告、媒体掲載などの施策は今や当たり前の施策です。取り組んでいる企業はたくさんあります。しかし、MEO対策が広く認知されはじめたのは最近です。さらに、ほかの施策に比べると運用にかける手間、費用などの負担が少なく済むことから、自力で実施する企業が多いです。

それゆえに優先度が低くなりやすく、とりあえずビジネスプロフィールを開設しただけで、本格的に対策していない企業がほとんどです。

対策に力を入れることで、ローカル検索での自社ビジネスの優位性を確保することができます。競合と差をつけられます。

MEO対策がおすすめな特徴は?向いていない業種は?

MEO対策が向いている業種の特徴

全ての業種がMEO対策をすれば、狙った効果や集客が望めるというわけではありません。ここではMEO対策が向いている業種の特徴などを紹介していきます。

実店舗を持っている

MEO対策は前提として実店舗を持っているビジネスが向けの対策です。理由は2つあります。

まず、MEO対策を始めるに当たってGoogleマイビジネスへの登録が必須になり、Googleマイビジネスへ登録するには住所の入力が推奨されます。

住所なしでも登録できますが、その後のオーナー確認が大変だったり、掲載順位も低くなることが考えられます。

そして、MEO対策は「地域+業種」など特定のエリアに関するキーワードで検索され、マップと共に検索結果に表示されます。ユーザーの検索意図としても、直近でそのエリア内のニーズを満たした場所を訪れたいという意思があります。

そのため、実店舗のないビジネスはそもそも検索ユーザーが訪れることができないため、対象から外れてしまいます。

「エリア名+業種」のキーワードで検索される

ユーザーがお店を検索する時、「エリア名+業種」、「地域名+食べ物」のように「地域名+ニーズのキーワード」で検索することをローカル検索と言いますが、このローカル検索で自店の情報を上位表示させるための対策をMEO対策と言います。

そのため、下記の例のように、エリア名と一緒に検索されるキーワードを持つビジネスがMEO対策に向いています。

  • 新宿 美容院
  • 銀座 フレンチ
  • 六本木 クラブ

見込み客のスマホ使用率が高い

店舗に来店する見込み客のスマホ使用率が高ければ、スマホを利用してお店の情報をチェックしている確率が高いということになります。

Marketing Research Camp」の調査によると、10代~60代で約80%の人がスマホを所有していることが分かりました。

なお10~40代の男女1,000人以上を対象としたアンケートによると、飲食店検索にスマホを利用する人は80~90%で、さらに70~80%の人が飲食店検索アプリなどではなくWeb検索を行っていることがわかっています。

参考:【全年代】SNS利用と、年代別飲食店の探し方

これらのことから、10~40代が見込み客である店舗は、MEO対策を行うことで集客率をアップできる可能性があるといえます。

MEO対策の効果が出にくい業種

実店舗のないサービス

Googleマイビジネスに自店の住所を登録すると、Googleマップ上に店舗の位置が表示されます。

非店舗型サービスの場合、登録自体は可能ですが、地図上に場所を表示することができないためMEO対策の効果は出にくいでしょう。

BtoBがメインのサービス

MEO対策の効果があらわれやすいのは地域密着型のサービスです。

つまり、企業をメインターゲットにしているBtoBがメインのサービスには適していないので、MEO対策をしてもほとんど意味がありません。

Googleマップに結果が表示されないサービス

自店がアピールしたい検索語句を用いて検索しても、Googleマップ上に結果が表示されないようなサービスは、MEO対策をしても意味がありません。

あくまでも、MEO対策はGoogleマップに結果が表示され、その上位3位以内に入ることを目的として行う対策なので、表示されなければやる意味がないのです。

今後、Googleの仕様が変更されることも考えられますが、まずは検索語句でリサーチして、自店の競合が表示されるかをチェックしましょう。表示されないなら、現時点でのMEO対策は必要ないといえます。

口コミや評価が低いサービス

Googleマイビジネスに登録した店舗やサービスは、検索結果画面に店舗情報と併せて口コミや評価も表示されます。

この口コミや評価は、利用した方の率直な意見になるため、評価が低いとそのままお店のイメージに直結してしまいます。

口コミや評価が著しく低い場合は、MEO対策を行う前に、まずは口コミへの丁寧な返信やサービス内容の見直しを行うようにしましょう。

MEO対策は、それらが改善されてからでも遅くありません。

MEO対策の効果が狙える業種

MEO対策はどの業種・業界・仕事にもおすすめというわけではありません。MEO対策が特に効果的といえる業種の特徴を挙げていきます。以下はおすすめな業種一覧です。

  • 飲食店
  • 美容関係
  • 病院・クリニック
  • 施術店
  • 教育関連施設
  • 不動産関連
  • 宿泊施設
  • 士業

飲食店

ご飯を食べに行くことになったとき、真っ先にWeb検索を行う人がほとんどでしょう。

その際、「地域名(エリア名)+食べ物」といった検索方法で探す人が多いため、飲食店はMEO対策をすることで集客率を飛躍的に上げることができます。

飲食店は競合も多く、MEO対策しても結果が出にくいと思うかもしれませんが、実はやり方次第で上位表示は十分可能です。

飲食店といえば、ポータルサイトの利用が定番ですが、予算的に厳しい状況のお店もあるでしょう。

その点、MEO対策はプロにまかせたとしてもそれほどお金がかからないという特徴があるので、安価に対策できるのです。

例えば、イタリアン・中華料理・日本料理・ラーメンなど、お店で提供する料理名や店舗の業態によってもキーワードを変えることができるため、競合とかぶりにくいキーワードを見つけることができ、上位表示が狙いやすくなります。

美容関係

美容関係のお店、例えば美容院であれば「駅名(地名)+美容院」と検索するユーザーが多く、MEO対策を行っている美容院はポータルサイトよりも上の部分に表示されるので集客が見込めます。

美容院以外には、ネイルサロンやエステサロン・脱毛サロンなどもおすすめです。

理由としては、ポータルサイトよりも上に表示されることと、投稿機能の活用範囲が広いこと、そして店舗の立地や内装をアピールするのに役立つからです。

また、Googleマイビジネスには「投稿機能」というものがあり、キャンペーンやクーポンの発行などができるため、フル活用すれば自店を存分にアピールすることが可能です。

店舗の立地や内装の画像もユーザーに見てもらうことができ、イメージアップにもつながります。

病院・クリニック

病院やクリニックを探すときは、「地域名+診療科目」「地域名+診療目的」「地域名+症状」などで検索する人がほとんどです。

内科や外科・歯科・皮膚科など病院関係であれば、ほぼ当てはまるでしょう。

また、病院という特性上、家の近くで探す人が多いというのも向いている理由の1つといえます。

病院を探すときは急いでいる方も多いので、上位表示された病院やクリニックが選ばれやすいという特徴もあります。

施術店

施術店とは、整体院・接骨院・マッサージ・カイロプラクティック・針きゅうなどの施術全般のお店のことを指します。

今まで紹介してきた店舗のジャンルの中でも特にMEO対策を行っているところが少ないのが特徴です。また、写真も掲載されるので施術風景や店内なども知ってもらいやすいです。

さらにキャンペーン・サービスなどもアピールしやすい「投稿機能」を使うことで、より競合と差を付けることも可能です。

施術店も、家の近くや勤務先の近くで探すことが多いため、「地域名+施術内容」で上手にキーワードを選ぶといいでしょう。

教育関連施設

塾や予備校といった教育関連施設は、まだそれほどMEO対策を行っていないところが多いので、先手を打つことで上位表示される確率が高くなります。

地域に根付いた施設がほとんどで長期的に運営する場合が多く、MEO対策の効果が出やすい業種といえます。

メインとなるターゲットが絞られるので、キーワード選定がしやすいというメリットもあります。

比較的初心者の人でもニーズ選定が難しくないのではないでしょうか。

不動産関連

不動産関連の業種もまだまだMEO対策を行っているところが少ないのが現状です。

また、地域密着型の会社が多く、「駅名(地域名)+不動産会社」という検索方法を取るユーザーがほとんどであることから、Googleマイビジネスと相性がいい業種といえます。

施工例の画像などを載せられるので、ユーザーがイメージしやすいように工夫することができます。

宿泊施設

宿泊施設もGoogleマイビジネスの投稿機能をフル活用できる業種です。外観や内装を見てもらうことによって集客につながります。

旅館やホテルのほかに、温泉施設やビジネスホテル・ゲストハウス・民泊などが該当します。

上位表示されることで、利用した方が口コミを投稿しやすくなるので、口コミを見た方が泊まりにきてくれるという好循環が生まれやすいのもメリットです。

地域密着型で、「地域名+ホテル(旅館)」といったキーワードで検索されることが多く、上位表示されれば他社より優位に立つことができます。

士業

士業関係の業種も地域名で探すユーザーが多いのでMEO対策の成果があらわれやすいです。

また、1件成約するごとに数十万円~数百万円といった利益につながる業種のため、費用対効果が非常に高いといえます。

MEO対策のデメリット

ターゲット地域を持たないビジネスは効果を得にくい

MEOは特定の地域をターゲットとした店舗集客に結び付けるビジネスに向いています。 そのため、店舗やターゲット地域を持たない業種、例えばネットショップのみのビジネス等はMEOの必要性はないでしょう。

ビジネスによっては口コミを得るのが難しい

飲食店や施設運営の場合は利用者の口コミを得やすいが、業種によっては口コミが得にくいものがあります。
また良い口コミばかりではなくネガティブ評価のレビューやクレームなど投稿される場合もあります。

とは言え、MEOはデメリットと言えるものはとても少なく、特定の地域をターゲットとしたローカルビジネスには大きなメリットをもたらします。

評価の低いレビューや嫌がらせを目的とした口コミが投稿される

当然ですが、ユーザーはその人の主観でレビューを書くことができます。つまりお店が期待していた評価よりも低いレベル、もっというと悪口にも近い口コミが投稿されることがあります。

Googleマイビジネスにはレビューへ返信する機能があるので、ネガティブなレビューが投稿された際には謙虚に、事実であろうレビューについては誠意を持って返信しましょう。

その誠意ある返信文章を読んでいる、多くユーザー数がいることを忘れずに!

またGoogleが定めるクチコミに関するコンテンツポリシーに違反する口コミがあった場合には、クチコミの削除をリクエストすることを検討しましょう。

ローカルパックで表示される枠が限られている

MEO対策の結果として、通常のGoogle検索に表示されるローカルパックの数は3つが代表的です。それ以下の結果を見るためには、「さらに表示」というボタンをわざわざ開かないといけません。

この上位3つに表示されていることがとても重要で、そのためには日々の施策の積み重ねがとても大切になってきます。

MEO対策の方法

Googleマイビジネスに登録する

まずMEO対策を行う前には「Googleマイビジネス」に登録しなければなりません。Googleマイビジネスとは、Googleマップ上に自社や自店舗の情報を表示させる無料のサービスのことです。

Googleアカウントの取得

Googleマイビジネスを利用するにはGoogleアカウントが必要です。すでに利用しているGoogleアカウントがある場合はこのはスキップできます。

Googleアカウントにひもづけて利用するサービスになるため、登録の際にビジネス用のGoogleアカウントがない場合は新たに取得を考えてもいいかもしれません。

マイビジネスアカウントの作成(基本情報の登録)

Googleアカウントの準備が出来たら早速Googleマイビジネスアカウントの作成です。手順は次の通りです。

  1. パソコンでGoogleマイビジネスのログイン画面にアクセス
  2. ビジネス名を入力
  3. 店舗の住所を入力
  4. Googleマップでの表示を選択
  5. 業種を選択
  6. 電話番号、Webサイトの登録

アカウント作成の画面に沿って登録をしていけばここまで難しい操作もなくアカウントの登録が完了できます。

オーナー確認

最後にオーナー確認をすることで、Googleマイビジネスの編集や情報発信ができるようになります。つまり口コミの返信や投稿機能の利用、インサイト機能を使っての情報収集もオーナー確認が利用の条件ということです。

ここまで来たらGoogleマイビジネスの準備はほぼ整ったことになりますのであともう少しです。

基本情報登録を完了するとオーナー確認の方法を選択する画面が表示されるのでその画面に従ってオーナー確認を進めます。オーナー確認の手順は次の通りです。

  1. オーナー確認の方法を選択
  2. 本人確認コードを取得
  3. 本人確認コードの入力
  4. 本人確認完了

原則的にオーナー確認はGoogleから届くオーナー確認用ハガキを使った郵送で行われます。主に郵送でオーナー確認を行う理由は実際にその住所でビジネスが行われているかを確認する意図があるからです。

一部のビジネスでは、電話、テキスト メッセージ、メール、 Google Search Consoleなどの確認方法を選択できる場合があります。複数の確認方法が表示された場合は1つ選んで進めましょう。

ハガキなどで「確認コード」を入手したらGoogleマイビジネスにログインし「確認コード」を入力してオーナー確認完了です!

管理ページへログインし基本情報の詳細や写真を登録

オーナー確認が済んだら管理ページで細かい基本情報や写真の登録をしていきましょう。

基本情報に登録した内容がユーザーの検索結果の表示に関わる大事なポイントになります。間違いのないように確認しながら登録しましょう。

基本情報の登録内容は以下の通りです。

  • ビジネス名
  • ビジネスカテゴリ
  • 住所
  • 営業日、営業時間
  • 営業時間の詳細
  • 定休日
  • 電話番号
  • ウェブサイト
  • 写真

各項目の横についているペンマークをクリックすると編集画面に移動します。管理画面もシンプルで使い勝手良く作られているので基本情報の入力はとても簡単に完了できます。

基本情報の中で忘れてはいけないポイントの1つが写真です。ユーザーがお店を選択する際に大きな助けとなる写真は、雰囲気や特徴を伝えるためにも手を抜かずに準備すると良いでしょう。

キーワードを設定する

普段WEBマーケティングに携わらない人にとって、キーワードという言葉はあまり馴染みがないかもしれません。MEO対策でいうキーワードとは、ユーザーが検索する際に入力する語句のことです。

例えば、渋谷駅周辺のワインが美味しいお店を探したいとしましょう。すると、おそらく検索窓に「大阪 バー」などと入れて検索する人が多いのではないでしょうか。キーワードとは、この「大阪 バー」のことを指します。

自店がGoogleマップ上で上位表示されるには、このキーワードを設定してGoogleマイビジネス上に入れ込む必要があります。

  • ビジネス情報の詳細やメニューなどに入れる(実際ないものを入れてはいけない)
  • 投稿する際にキーワードを入れる
  • 口コミを書いてもらう際にキーワードを入れるようお願いする(利用した商品やサービスの名前など)

検索ボリュームの多いキーワードはそのぶん競合が多く、上位表示を狙うのも難しくなります。当然ではありますが、検索ボリュームの少ないキーワードは競合も少ないため上位表示を狙いやすいです。

情報を充実させる

次はGoogleマイビジネス上の情報を充実させていきましょう。ビジネス情報が充実しているほど、ユーザーが検索したキーワードと一致しやすくなります。

住所、電話番号、カテゴリ、属性は必ず入力し、営業時間や商品・サービスメニューなど詳細情報まで入力します。他にも、ロゴの設定や、店内の雰囲気や商品が分かる写真を設定するとよいでしょう。

最新かつ正確な状態に保つ

常にGoogleマイビジネス上の情報を最新かつ正確なものにすることが大切です。店舗名(社名)から営業時間、住所、メニューやサービスの価格など、すべて実態と差異が出ないようにしましょう。

GoogleマイビジネスやMEO対策に限らず、Googleで上位表示をさせるためには、情報を最新かつ正確に保つことが重要なポイントです。

Googleは、新しい情報を定期的に投稿するコンテンツを好む傾向にあり、ユーザーにとって有益な情報だと判断します。そのことから、結果的に検索順位が上位表示されることも期待できるのです。

新しい情報とともに、情報の正確性も忘れてはいけません。たとえば、ローカル検索の際に表示されたビジネス情報では「営業中」と表示されていたのに、実際に足を運ぶと閉店・臨時休業となっていてはがっかりします。

また、実際に開店をして営業中にも関わらず、ビジネス情報で「営業時間外」と表示されていると、見込み顧客の来店機会を逃してしまうでしょう。

このようなユーザーのネガティブ体験、来客機会の損失をしないためにも、オーナーがこまめにGoogleマイビジネスの情報を修正することが大切です。

最近だと新型コロナウイルスの影響で営業時間を短縮したり、サービス提供内容を変更したりする店舗も多いですが、これらもGoogleマイビジネスに反映させましょう。

最新情報の追加は、営業時間や定休日、提供するサービスやメニューだけではなく、投稿機能を用いた情報発信も積極的に活用することがおすすめです。

投稿機能では、テキストと写真でユーザーに情報を発信できます。ユーザーに発信したい情報は以下のようなものです。

  • 店舗で行うキャンペーンや新メニューの発表
  • ユーザーからの質問に対する回答と案内
  • 写真で店舗やメニューの魅力をアピール

NAP情報を揃える

NAP情報とは「Name(名前)、Adress(住所)、Phone(電話番号)」の頭文字を取った略称です。このNAP情報はGoogleがWEBサイト上を回っている際(クローリング)、自店を認識するために非常に重要な情報です。

このNAP情報はMEO対策にも必要です。具体的には、自社のホームぺージやSNSなどすべてのWEBサービス上に掲載されている情報とGoogleマイビジネス上の情報を揃えることです。

各サイトのNAP情報が一致していないと、Googleは別の情報と判断してしまいます。

すべてのWEBサービス上でNAP情報を統一することで、Googleはさまざまなコンテンツで表示されている情報を同一の店舗として認識します。Googleマイビジネスの上位掲載に重要な「知名度」や「関連性」といったポイントで効果的に働くのです。

口コミの数を増やしてレビューを上げる

口コミの数と評価はMEO対策において非常に重要な評価要素です。口コミの数が多く評価が高いお店を、Googleは知名度が高いと判断し、上位表示されやすくなります。

以下の方法をぜひ試してみてください。

  • 会計の際に口コミの投稿を直接お願いする
  • レジやテーブルに口コミの投稿をお願いするポップを設置する

ただし、口コミの投稿の見返りとして特典を提供することはGoogleのポリシーに違反します。ペナルティを受ける可能性がある行為は控えましょう。

また、口コミの数はただ増やせばよいというわけではありません。メニュー名、何がどのようによかったのかなど、具体的かつ来店見込みのあるユーザーにアプローチできるような口コミを投稿してもらいましょう。

これは実際にGoogleがローカル検索の掲載順位を上げるやり方として推奨しています。Googleマイビジネスのヘルプでは、口コミを増やすためのポイントとして、以下のように言及しています。

お客様のビジネスに関するGoogleでのクチコミは、お客様とユーザーの両方にとって貴重な情報です。お店やサービスのクチコミは、GoogleマップとGoogle検索のビジネスプロフィールの横に表示され、注目度を高めるのに役立ちます。

参照:Googleでクチコミ数を増やす-Googleマイビジネスヘルプ

こまめに口コミに返信する

見込み顧客へのアプローチとなりやすい口コミの投稿依頼に加えて、オーナーが自分で口コミの確認・返信を行いましょう。

多数の口コミが寄せられるようになると、よい口コミもあれば、クレームや辛辣な口コミ、オーナーが把握していないトラブルに関する口コミが寄せられることもあります。

このようなとき、トラブルなどはオーナーを始めスタッフにも事実を周知させて、同じような口コミが寄せられないよう改善を行い、店舗の運営に生かしましょう。

オーナーによる口コミの返信は、言い訳をしてユーザーをさらに不快にさせないよう真摯に対応をしてください。

どのような口コミであっても、オーナー自らが返信をして顧客とコミュニケーションをとる場にしましょう。2営業日を目安に、口コミの返信ができるとベストです。

投稿機能を活用する

oogleマイビジネスには店舗のお知らせなどを投稿することができる投稿機能があります。この投稿機能を使って、新しいキャンペーンやイベント、新メニューなどの情報を宣伝しましょう。

リアルタイムで店舗や企業の最新情報を掲載することでGoogleマップ上で上位表示されやすくなります。

Googleから新しい情報を更新し続けるコンテンツとして認識してもらうためには、最低週2回程度、情報を発信していきましょう。

自社サイトとGoogleマイビジネスを関連付ける

自社サイトとGoogleマイビジネスを関連付けるやり方には、2種類が存在します。

まずは、Googleマイビジネスに自社サイトを登録するやり方です。Googleマイビジネスの「情報」にある「ウェブサイト」の項目に、自社のURLを記入します。

もうひとつは、自社サイトにGoogleマイビジネスの情報を挿入するやり方です。

自社サイトの、会社概要、店舗情報、アクセスページなどに、Googleマップの共有リンクとGoogleマイビジネスの地図情報を記載して、マップを表示させましょう。

自社サイトを関連付けることにより、Googleマイビジネスへのアクセス数が増加するため、評価の向上が期待できます。

 関連する自社サイトのSEO対策をする

関連する自社サイトのSEO対策も重要です。SEO対策とは「Search Engine Optimization」の頭文字を取った略称で、検索エンジン最適化とも呼ばれます。特定のキーワードで検索をしたときに検索結果で自社サイトを上位表示させるための対策のことです。

Googleマイビジネスの表示順位は紐づく関連サイトの掲載順位も影響します。そのため、余力があればSEO対策まで行うことでGoogleマイビジネスの表示順位も上位表示されてくるのです。

つまりSEO対策とMEO対策を並行して行うことで、集客により大きな効果が期待できるということです。

SNSなどでサイテーションを集める

サイテーションとは、自社の情報をリンクなしで別コンテンツで言及された状態を指します。自社の情報とは、会社名やブランド名、住所、電話番号、a要素ではないテキスト上のURLです。

GoogleがMEO対策に効果があると明言しているわけではありませんが、サイテーションを得ることで、検索結果に優位に働くと考えられています。

自社のコンテンツが外部でサイテーションを得ていることは、信頼性や専門性のあるコンテンツとしてみなされているとも考えられます。

MEO対策で上位表示を狙うポイント

Googleのガイドラインに従う

Googleマイビジネスには、Googleに掲載するローカルビジネス情報のガイドラインが設置されています。

ガイドラインとは、Googleマイビジネスを利用するオーナーを対象としたルールであり、対策として推奨するやり方や禁止事項など、あらゆるポイントが記載されています。

Googleマイビジネスを活用するにあたり、ガイドラインに従う管理を行うことは大前提です。ルールを理解したうえで、ガイドラインに記載されている推奨事項を取り入れていけば、検索結果によい影響を与えるでしょう。

反対に、禁止事項・ポリシー違反に該当する、口コミでの誹謗中傷や不適切な情報の配信を行うと、ビジネス情報が上位表示されなくなる恐れがあるため注意してください。

あきらめずコツコツ頑張る

MEO対策は、修正や追記など手を加えてもすぐ効果がでるものではありません。SEO対策と比較して短時間で効果が出やすいといわれるMEO対策であっても、検索結果の順位変動には3カ月程度かかると想定しておきましょう。

キーワードの検索ボリュームが大きくなるほど、効果が出るまでの期間が長くなり、場合によっては半年かかることもあるのです。

効果が目に見えないと、MEO対策は意味がない、手間や時間がかかるだけだと思いがちです。

あきらめずに、キャンのペーン情報や新商品の宣伝、SNSでサイテーションを集めるなど、地道な施策を続けてていきましょう。

MEO対策会社への依頼を検討

ここまでMEO対策のやり方やコツを紹介しましたが、オーナーが自分でMEO対策を行うことは、手間がかかり難しいと感じる人も多いはずです。

Googleマイビジネスの情報更新、新しい情報の投稿、寄せられた口コミの返信や管理は、MEO対策会社に依頼できます。

毎月の費用はかかりますが、オーナーが店舗や現場で営業を行っている場合、Googleマイビジネスの管理まで手が回らないこともあるでしょう。

自社でMEO対策を行うよりも適切な方法かつ、効率的に運用を行ってくれるため、オーナーは自分の仕事に集中しやすいメリットがあります。

最短で上位表示を狙うためには、MEO対策会社への依頼も検討してみてください。

ビジネス名など多言語に対応する

店舗の顧客ターゲットが、外国人旅行者などである場合、検索に利用しているデバイスやアプリ・ブラウザの環境は日本語ではなく、英語や中国語、その他各国の母国語になっていることがほとんどです。

Googleマップの情報も、ユーザーの環境に合わせた言語で表示されるようにしておく必要があります。想定される外国語での検索順位の最適化も見据えてしっかり対策しましょう。

ビジネスプロフィールからは、多言語で情報を入れることができません。Goolgeマップ上で設定する必要があります。

MEO対策の効果をツールで確認する

インサイト機能を使う

これまでの成果をインサイト機能を使って振り返り、現状把握と問題点の洗い出し、改善をすることを繰り返していくことが重要です。

まずインサイト機能とはGoogleマイビジネスのアカウントがあれば無料で利用できる対策ツールのことを言います。インサイト機能を使えばお店のGoogleマイビジネス情報に関連した次の項目が確認できます。

  • ユーザーがお店の情報を検索した方法
  • 検索クエリ
  • ユーザーが検索に使ったGoogle サービス
  • ユーザーの取った行動
  • ルートリクエスト
  • 着電数
  • 写真閲覧数
  • ビジネスが認知されている要因

インサイト機能を使えばどんなお客さんが関心を持ってくれているのか、実際にアクション(訪問や問い合わせ)を起こしてくれたお客さんはどの位か、どんな写真が求められているのかなどが分かるようになります。

お客さんの行動を分析し、お客さんが求める情報が手に入るアカウントを作り上げていくことは、Googleのお客様ファーストの考え方と重なるため結果MEO対策にも効果的です。

以下はおすすめのMEO順位チェックツールです。

I Search From(無料)

I Search Fromはローカルパック内の検索順位を表示させると同時に、Google検索エンジン上の検索順位も表示させます。

国や言語・端末・キーワードの指定した順位のチェックができ、SEO対策の順位チェックとしても使えるのが特徴です。MEOだけでなくSEO対策も視野に入れている場合にもおすすめのツールといえます。

また無料で使えるツールなので、どんなものが合っているのかを気軽に確かめることもできておすすめ!

Google広告(無料)

Google広告はGoogleが提供する広告出稿サービスです。

1つの管理画面でリスティング広告とディスプレイ広告などを管理することができ、MEO対策に欠かせない短期的な集客施策をサポートするツールとなります。

MEOツールの代表的な機能である「検索順位チェック」は搭載されていませんが、他の無料・有料MEOツールと組み合わせることで、不足している機能を補うことができます。

また、リスティング広告は検索連動型であるため、企業や店舗のSEO対策として集客力を高めることにもつながります。Google広告を導入することで、MEO対策とSEO対策の両方を実践することが可能です。

Promost 「MEO順位チェックツール」(無料)

ローカルパック内の順位チェックは無料で実施することが可能ですが、利用したい機能によっては有料となっている場合があります。

ただし「MEO順位チェックツール」の無料期間は、利用を開始してから14日間のみとなっているため注意が必要です。なお、無料期間が過ぎたからといって料金が発生することはありません。

MEOチェキ(有料)

ローカルパック内の順位チェックからGMBの投稿管理まで幅広くMEO対策を行えるのが「MEOチェキ」です。

MEOチェキには他のMEOツールにはない「画像キャプチャ保持機能」が搭載されており、実際の検索画面を後から画像で確認することができます。

多くのMEOツールがチャート表示になってしまう中、画像で当日の順位状況を一目で確認できるのはMEOチェキならではといえます。

Gyro-n 「MEO順位チェックツール」(有料)

数あるMEOツールの中で「検索言語設定」ができるのは、Gyro-nの「MEO順位チェックツール」の一番の特徴です。

欧米からの旅行客など、英語を使用するユーザーのGoogleマップ利用率に注目し、インバウンドユーザーの集客に特化した機能を搭載しています。

また、競合店舗との順位比較も行うことができるため、キーワード地点や検索地点による自店舗の強みを把握することが可能です。

MEO tracker(有料)

「MEO tracker」はローカルパックの順位チェックや定期的な計測に特化したMEOツールです。

計測キーワード数が50個~となっているように、順位チェックとしての役割が強いことが分かります。他のツールにはない特徴として、社内・顧客とデータ共有ができることが挙げられます。

On map eye(有料)

「On map eye」では最低4キーワードを常時測定することができます。

インサイトデータ分析をアカウント内で実施できるほか、サービス提供会社がMEO対策のノウハウをレポートとして月に1回配信しているのが特徴です。

1アカウント月額500円と割安のため、手軽に順位チェックを実施したい店舗運営者におすすめのMEOツールといえます。

MEO対策を代行業者の選び方

自力でMEO対策をすることは可能ですが、どうしても時間・人員的に余裕がないというところもあるでしょう。その際にはMEO対策を代行してくれる業者に依頼するのも1つの手です。

ここでは業者の選び方について紹介していきます。

MEO対策の実績がどれくらいあるか

まずはMEO対策の実績があるかどうかの確認は前提条件としてもいいでしょう。

MEO対策の成果は実際にクライアントがどれだけ集客を改善できたかという結果で判断されます。あまりにも実績数が少ない場合や、実績数はあっても直近のデータがない場合などは慎重になる必要があります。

ウェブサイトに実績を紹介している会社もあるので、必ず業者決定の前に確認するようにしましょう。

Googleのガイドラインに準拠している

GoogleはGoogleマイビジネスを運用する際のガイドラインを設定しています。MEO対策の業者を選ぶ際は、このGoogleのガイドラインに準拠した運用をおこなっているところを選びましょう。

もし、Googleのガイドラインに違反するとGoogleマイビジネスアカウントが停止されます。

その結果、MEO対策に取り組むことができなくなります。Googleのガイドラインは以下から確認できます。一度、チェックしておくことをおすすめします。

業者に得意分野はあるか

MEO対策業者にもそれぞれ得意分野があるのが一般的です。例えば飲食店の場合は、飲食店のMEO対策が得意な業者を選ぶのが得策です。

業者が得意としているカテゴリーで、これまでの実績も充分にあればそれだけ業界についての知識やMEO対策の秘訣を知っていることになります。

せっかく資金を投資して業者に依頼するのであれば、その分野の業界知識が豊富な業者に頼むと的確なアドバイスを受けられる可能性が高まります。

適切なキーワード選定をしてくれる

MEO対策は検索キーワードの選び方が重要な施策です。その検索キーワードの選び方がお粗末では成果を期待することができません。単純に「ボリュームがある」などで選んでは競合に勝てず、「順位が上がらない」「予約が集まらない」といった問題が出てくるリスクが高くなります。

業者に依頼する際は最適な対策キーワードを提案してくれるかどうかチェックしましょう。

あらかじめ対策したいキーワードが決まっていたら、そのキーワードが適切かどうか判断してもらってもいいです。

信頼性・透明性があるか

業者によって対策中の報告の仕方に差が出てきます。現状、課題などはレポートなどで逐一共有してくれるか、今どんな取り組みをしているのか明確に示してくれるかなどの観点でも業者をチェックしてみましょう。

効率よくMEO対策を行うために業者を使うことにしたのに、どんなことをしてくれているのかも教えてくれないような業者では結果も期待できないだけでなく、疑問や不安を感じながらの依頼には徐々に不満もたまっていくものです。

一緒に仕事を進めていくパートナーとしても信頼性・透明性のある業者を選択するようにしてみてください。

追加費用が発生の有無

追加費用が必要になる条件を確認しましょう。費用に関しては初期費用+利用料(成果報酬型又は固定月額型)が基本ですが、ここに追加費用が掛かる場合があるためチェックしておきましょう。

追加費用が発生する例は以下の通りです。

  • 画像の撮影や投稿
  • 関連サイトの構造化
  • コンサルティング

追加費用が発生しやすいのは、画像に関する部分や、構造化などテクニカルな技術が必要な部分、コンサルティングなどある程度の知識や経験が必要な部分です。
しかしこれらもMEO対策で上位表示させてWEB集客で成功するのにとても重要です。

基本プランでどこまで対応してくれるのか、どのような内容で追加費用が発生するのかは、事前に確認しておくと良いでしょう。

MEO対策の代行費用相場

業者にMEO対策を依頼する場合、結論として1ヵ月に掛かる費用は1万円〜3万円前後です。年で考えると約36万円の費用をMEO対策に投資している会社が多いという結果です。

この月額料金に加え、初期費用が発生し、相場は1万円〜5万円前後になります。

もちろん契約内容によって金額は変化しますが、この平均金額は業者選定の際に覚えておいて損はないでしょう。

MEO業者の契約形態

成果報酬型

成果報酬型とはその名の通り、成果を上げた分だけ支払いをするという契約です。
地名+業種」のキーワードを4〜6つ設定し、その対策キーワードの中から上位○位以内に表示された場合を「成果」とみなし費用が発生します。

成果が上がらなかった場合支払いが発生しないので、利用者側にも安全な一面もあります。

しかし実際には固定月額型より高くつく場合もあるので慎重に検討する必要があります。競合の少ないエリアや業種だと、上位表示される可能性が高く、結果的に費用が高くなってしまうかもしれません。

上位表示された日数×設定された日額成果金額」で算出されることが多く、日額成果金額はキーワード等によっても変わりますが約1,000円が相場です。以下は計算の例になります。

  • 上位表示の対象:上位5位
  • 上位表示された日数:25日間(30日中)
  • 日額成果金額:1,000円

以上から、月25,000円請求されることになります。

固定月額型

固定月額型の場合は成果に関わらず支払いは一定であるため、契約の際に他の業者と利用料を比較しやすい、年間での費用が安定しているため費用確保がしやすいというメリットがあります。

一方で上位表示できなくても料金を支払わなければならないというデメリットもあります。ただ、レポートの提出を求めたり、インサイトや分析結果に重点を置いて改善策を練ることで成果をあげることも可能です。

MEO対策を初めて業者に依頼しようと考えている場合は固定月額型を検討するのが良いかもしれません。

MEO対策費用に影響を与える要素は?

対策内容

MEO対策費用で一番異なるのが、対策してもらう内容でしょう。自分で比較的簡単にできるものから、テクニカルな知識を必要とする施策まで様々です。

受けられるSEO対策の内容は以下のようなものがあります。

  • Googleマイビジネスの情報更新
  • 投稿機能でキャンペーンや新商品の宣伝
  • 写真のアップ
  • 口コミの返信
  • SNSや他WEBサイトでのサイテーション増加
  • 自社サイトの構造化

SEO対策と一言にいっても、数多くの施策が存在しています。数多くの施策の中で、自社にとって必要なものを無駄なく選ぶのが費用を抑えることにもつながるでしょう。

キーワード数

特に成果報酬型の契約形態の場合、対策してくれるキーワードの数によって費用が変わることも多いです。その場合、対策キーワードの数は契約プランごとに設定されている場合が多く、費用を見比べながら検討していく必要があります。

キーワード数としては約4~6個が平均値です。

ビッグキーワード1〜2個だけ限定して対策してくれるケースはほとんどないです。ビッグキーワードは競合も多く成果も出しにくいため、報酬が発生しない可能性が高くなるからです。

契約する前に、対策キーワードの数に加え、どんなキーワードで対策してくれるのかも確認するようにしましょう。

契約期間

一般的に契約期間は6ヶ月または12ヶ月で設定されている場合が多いです。その期間でしっかりとした成果が得られれば、契約期間を延長してサポートを継続してもらうことになります。

初めてMEO対策を業者に依頼しようとしている場合には「まずは6ヵ月お試しで!」と考えている方もいるかもしれません。

月額で考えてみると12ヶ月契約の方が割安な場合があること、また成果を出すには一定の期間が必要な事も合わせて契約期間を決めていきましょう。

初期費用

初期費用はMEO対策を始める際に必要なGoogleマイビジネスアカウントの取得、情報登録、写真撮影などに掛かる費用で約1~5万円が相場です。

一般的にMEO対策は他のWeb広告やSEO対策に比べれば事前準備に手間が掛からないという特徴があります。

そのため、業者に依頼する前に一度自分で事前にGoogleマイビジネスに登録しMEO対策を実際に始めてみるのもひとつの方法です。

その場合はある程度の準備が整った所から始まるため、初期費用を節約できるかもしれません。また最近ではMEO対策の初期費用無料で依頼できる業者もあるため、いくつかの業者を比べてみてください。

まとめ

MEO対策について解説していきました。MEO対策はSEO対策と比べて、導入しているところも多くはないので競合が少ない傾向にあります。

MEO対策は自力で行うこともできますが、SEO対策を外注するよりは費用が抑えられるので、専門の代行業者に依頼するのも1つの手です。

良い代行業者を見つけるためにも、実績や経験の確認、そして自サイトでも成果を出しているかは最低限チェックしましょう。

その他には信頼性・透明性・Googleのガイドラインを準拠しているかといったことも必ず確認しましょう。

競合店と差を付けるためにも、ぜひMEO対策を導入してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次