SNS集客のコツを徹底解説!効果的なおすすめ施策と実践方法まとめ【2022年11月最新】

残り5社! 文字単価3円で発注できる記事作成代行サービスはこちら

集客を自動化させるインスタ運用代行はこちら

インターネット上で集客をするには色々な方法がありますが、ユーザーも多く始めやすいツールといえば「SNS」が挙げられます。

しかしいざ初めてみても、思ったより成果が出せない・売上・宣伝に繋がらないといった声も少なくありません。

ここではSNSを使った集客のコツを紹介していきます。ツールごとに特徴を挙げていくので、自分が使っていくツール、もしくはこれからチャレンジしてみたいと思うツールを探す時に参考にしてください。

目次

SNSの集客ってそもそも何?

SNS集客はTwitterやFacebook・InstagramといったSNSを経由して集客をする方法のことです。

SNS上で直接集客をする方法から、他サイトなどにリンクなど間接的に集客をする方法などがあります。

SNSの使い方といえば、

  • 「共通の趣味・話題を持った人とのコミュニケーションの場」
  • 「ビジネス関係の人との情報交換の場」
  • 「面白い写真や動画の共有場所」

といった事を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

これらの使い方はいわゆる限定的なコミュニケーションの場とされます。

現在にとってのSNSは、その役割だけでなく「宣伝力」「拡散力」にも実績・前例があるため、ビジネスシーンでの活躍が目覚ましいです。

そのため個人だけでなく、企業や団体もビジネスツールの1つとして積極的に利用しています。

企業の中には「SNS担当」など専門のチーム・担当者を縦て集客に関して運営を行っているところもあるほどです。

集客が期待できるSNSにはどんなものがある?

SNSには色々な種類がありますが、その中でも利用者が多い・活動が盛んなツールの一部を紹介していきます。

【トーク・メッセージ型】

  • LINE
  • WeChat
  • mixi
  • What App

【情報共有・拡散型】

  • Twitter
  • Facebook(若干日記寄り)
  • Tumblr

【日記型】

  • Facebook
  • note
  • Amebaブログ
  • 【ビジネス型】
  • Wantedly
  • LinkedIn

【写真・動画投稿型】

  • Instagram
  • Youtube
  • TikTok
  • Sketch
  • Flickr
  • ニコニコ動画

その他にも、音楽系・地域密着型といったジャンルによって特化されたSNSもあるので、目的にそったツールを選ぶことをおすすめします。

SNSを使って集客をするメリット

SNSを使った集客は、他の集客方法とは異なったメリットが存在ます。

基本無料で利用できる

SNSは誰でも無料で始められるところにあります。一般的に情報を拡散する方法はネット広告などがありましたが、こちらはコストが発生します。

しかしパソコンやスマホからアカウントを作るだけですぐに始められるSNSは当然利用料が必要ありません。

「誰でも」「カンタンに」というところに、拡散力や集客性が期待できるという仕組みです。

興味を持つ人に目に留まる

SNSは同じ趣味や好みで繋がっているユーザーが多く、コミュニケーションもとりやすいのが特徴です。

そのため、自分のアカウントをフォローしてもらうことでそのユーザーの知り合い・フォロワーからも目に留まる可能性が高くなります。

さらに自分の投稿がフォロワーに共有してもらうことで、さらなる集客性が期待できるというわけです。

自分で宣伝をするだけでなく、フォロワーも宣伝・拡散元となってくれるからです。

SNSを使って集客をするデメリット

十分な効果がでるまでに時間が必要

SNSはアカウントを作って投稿をした途端に多くの人の目に触れるわけではありません。

自分のことを・自社をすでに知っている人であれば、アカウントを開設した直後にフォローをしてくれるかもしれません。

しかし一般的には、ユーザーからの拡散があって初めて多くの人の目に留まると考えてください。

そしてその段階に行くまでにはある程度の時間が必要だと思ってください。

継続した更新が必要

SNSは新しい情報が常に表示される仕組みになっていることが多いです。そのため、一度情報を発信しただけでは、他の情報に埋もれてしまいます。

いくら魅力的な情報であったとしても、鮮度が低ければそれだけ人々の目に留まることはありません。

またせっかくフォローしてくれた人も、更新頻度が低いことでフォローを外されてしまうことも。

SNSで集客をするためには定期的な情報発信をし続ける必要があります。そのため、一度始めたら常に更新をしていくだけのリソースが避けるかが課題となります。

普段の業務に加えて、SNSの業務も入ってくると定期的に更新することが難しくなるといったケースも少なくありません。

SNSを使えばなぜ集客が狙えるのか

なぜSNSを使うと集客に結び付くのは不思議には思いませんか?ここではSNSの持つ力と集客性の仕組みについて紹介していきます。

ユーザーの興味・関心を持ってもらえる情報を伝えられる

先ほどもお伝えした通り、SNSは同じ興味や関心・趣味を持った人が集まったコミュニティを築いていることが多いです。

そのため、自社のアイテムやサービスのジャンルに興味を持っているユーザーの目に留まれば、拡散・宣伝をしてくれることも狙えます。

例えばTwitterでは「リツイート」や「いいね」、Facebookでは「シェア」といった方法で、フォロワーのフォロワーにも情報が一気に拡散されます。

ユーザーにとって魅力的だと思われる情報を、さらに広くまで広めてもらうチャンスとして使えます。

ただしSNS選びは慎重に!目的によって適しているSNSツールは異なります。

情報入手方法が多様になった

SNSが生まれるまでは、インターネット上で情報を調べる際はGoogleやYahoo!といった検索エンジンを使うことがメインでした。

そのため、検索結果から自社のサイトに表示される可能性はSNSほど高くはありません。

それだけ情報発信・広告に関して検索エンジンやマスメディアの存在が強かった背景があります。

しかしSNSが誕生してからは、検索エンジンやマスメディアの力がなくても、自社のアピールを能動的に行えることが分か手きました。

SNSにも色々な種類があるだけでなく、SNSからSNSへと拡散していくこともできるので様々な手段で情報を手に入れることが可能となりました。

SNS上にはユーザー目線・ユーザー発信の情報が豊富

TwitterやInstagram・Facebookは個人ユーザーも多いので、自社の製品やサービスを実際に利用してくれている人の投稿なども見かけます。

そのため、投稿内容はユーザーから見た目線で書かれていることが多いです。

企業が広告を打つよりも、実際に利用をした・体験したユーザーがレビューを書くことで、他のユーザーからは「リアルな意見」と感じてもらいやすいです。

企業が宣伝をしてしまうと、「誇張表現」と捉えられてしまうことが多い傾向ですが、特に好きな芸能人や自分と交流のあるユーザーがおすすめしているものだと、好意的に見てくれることが多いです。

身近な人物が発信する情報であればなおさら親近感も生まれて、より情報に対してポジティブに受け取ってくれることも期待できます。

企業とユーザーの交流がしやすい

先ほど、「親近感」について軽く触れました。企業は一般ユーザーからするとどうしても距離感を覚えてしまいます。

  • 企業=商品やサービスを提供する側
  • ユーザー=商品やサービスを受け取る・利用する側

に分かれているからです。この違いによって、両者は大きく距離が開いていると考えられます。

しかしSNSという企業も個人も同じようにコミュニケーシがとれるツールの中ではメッセージの交換が容易となり、さらに親近感が増すきっかけにもなりました。

実際に企業からメッセージが届けば、ユーザーは「自分の投稿を見てくれている!」と感じて身近に感じてくれることが多いです。

企業と個人が以前よりもよりフラットな関係に近づくことができたのもSNSの大きな力といえます。

【注意】SNSの集客ばかり考えてはいけない

集客力を見込めるSNSという便利なツールですが、「SNS=集客の道具」といった雰囲気を全面に押し出されると、かえってユーザーからは反感を買います。

SNSはあくまでコミュニケーシツールという便利なツールだという前提を忘れてはいけません。

集客を求めるばかりユーザーの意見を聞かず、一方的な使い方になってしまうとネガティブなイメージがついてしまう可能性もあります。

SNSを使って集客をするコツ

SNSを使って集客を行うためのコツやポイントについて紹介します。

最初のうちは友人・フォロワーを増やすことに集中

まずは多くの人に知ってもらうことから始めないと、いくら情報を提供したところで意味がありません。

そのため最初のうちはフォロワー数・フレンドを増やすことを第一番の目標としましょう。

フォロワーが多ければ多いほど、多くの人に見てもらえる・拡散してもらえる可能性も増えるからです。

ただしどんなフォロワーでもいいわけではありません。企業にとって貢献度の高いユーザーにフォローしてもらうことも重要です。

貢献度の高いフォロワーというのは

  • リツイート・シェアをたくさんしてくれるユーザー
  • 商品やサービスの紹介を積極的にしてくれるユーザー

のことを指します。企業の情報をただ見てくれるだけというフォロワーはあまり企業への貢献度が高いとは言い難いです。

そのため、SNSの中で影響力の高い、いわゆる「インフルエンサー」と呼ばれる人たちからフォローされることも重要なことが分かります。

宣伝や広告は控えめに

SNSは集客の場としても有効な手段ですが、それを全面に出されてしまうとユーザーからはネガティブな印象を持たれてしまう事があります。

そのため、SNSを運用する上では頻繁にキャンペーンを実施して商品のごり押しをするといった使い方は控えましょう。

企業側からのメッセージが一方的すぎるとユーザーからは「商品を売りたいだけ」と思われてしまうからです。

SNSはあくまで「コミュニケーシツール」という前提を忘れないようにしましょう。

そのためには

  • 自社自体に親近感を覚えてもらう
  • 情報を見た人が宣伝をしてくれる

の2つの要素が不可欠となります。

情報の提供は常に行う

SNSは情報の鮮度が重要です。まして自分のフォロワーを増やすためには、常に情報を発信し続ける必要があります。

ユーザーに情報を発信してもらう側になるためには

定期的に新鮮で面白い・興味をそそる情報を提供し続ける

ということが重要です。

Twitterを例にして挙げていきましょう。

ニッカウヰスキーのtweetですが、2800件のイイネ・1200件を超えるリツイートを獲得しています。

単に商品を宣伝するだけではなく、商品を使ったアレンジ方法などを紹介しているのが特徴です。

そのため、これを見たユーザーに興味・関心を持ってもらうだけでなく、同じお酒の趣味をもったフォロワー同士に拡散・共有をしてもらうことも狙えます。

以上のようなユーザーにとって有益と感じてもらえる投稿をすることが宣伝に繋がると考えてください。

ユーザーが作るコンテンツを増やす

ユーザーが作るコンテンツのことを「UGC」といいます。

  • SNSへの投稿
  • 口コミサイトへのレビュー
  • 商品紹介サイトへのコメント

といったものは全てUGUといいます。このUGCを増やすことがなぜ重要かというと

情報の信頼性

において非常に重要だからです。

インターネット上には自分では扱いきれないほどの情報に溢れています。そんな中で商品の評価をする際には、企業側が宣伝している内容だけではなかなか信頼を得らえません。

そこでユーザーたちの意見や口コミ・評価などが信頼性の担保となりえます。

〇〇の商品買うか悩んでたけど、△△さんがおすすめ!って言ったらから買ってみようかな?

友達が投稿した〇〇が美味しそうだから私も買っちゃおう!

といったように、UGCの存在が商品やサービスの購入を決定するのに影響を与えていることが分かります。

このようなUGCが増えていくと、企業に対するブランド力や好印象が増えていくことにも繋がります。

SNSは外注に任せきりにしない

SNSは自社で運用することもできますが、専門の業者に外部委託をするケースも多いです。

時間的・人員的にコストを避けないといった理由から外部委託を利用することが多いようです。

しかしSNS集客を本格的にするなら、自社でSNS運用専門のスタッフを配置しましょう。

自社の製品やサービスの良さだけでなく、強みや思い入れなどがあるのは、その会社や組織に所属している人にしか見えないことが多いからです。

SNSの運用だけに人員を割くことは難しいと考える企業も多いかもしれませんが、広報の一部だと思って運用体制を整えることはネット上で広告をする上で大変重要な意味を持ちます。

それだけSNSによる宣伝効果は高いということです。

スタッフアカウントでは親近感のある投稿を意識

先ほど、SNSの運用は自社で行うことが望ましいと紹介しました。

自社の強みや魅力を知っているのは、やはり内部の人だということ以外にも、社員の人とユーザーが直接コミュニケーションを取ることで、親近感を覚えてもらいやすいという狙いがあります。

SNSはそもそも「コミュニケーションツール」として誕生した背景から、企業側であってもユーザーとの交流を大切にしているところは印象も良い傾向にあります。

SNS上での口コミは集客にマスト!

SNS上での口コミの位置づけ

SNSは知らない人とのコミュニケーションの場という側面が強かったですが、現在はリアルでの友人や知り合いとのコミュニケーションの場としても利用されることが多いです。

特にFacebookは本名で登録している人が多く、よりリアルでの交流が濃厚となっています。

例として「お揃いコーデ」で友人の投稿がフィードに表示されたとします。

「いいね」が10件という数から、この投稿を見ているのはリアルの友人や知人であると予想されます。

そのため住んでいる場所や年代・趣味や価値観などが近い人も多いでしょう。

さらにSNS上で情報をシェアする人は「有益な情報を提供する自分を認めてほしい」という気持ちも持っている傾向にあります。

こういった背景から、自分の承認欲求を満たすためにも商品をよりよく見せてくれる・ポジティブな口コミを紹介してくれます。

そしてハッシュタグには「ユニクロ」が入っていることから、ユーザーの投稿をみた人がユニクロのアカウントにジャンプをすることも可能性としてあります。

まさにユーザーの口コミこそが、宣伝となっているため企業側があえて宣伝を行わなくても、自然と口コミ=宣伝が行われていくという仕組みになります。

SNS上で口コミを作る:マストバイキャンペーンの実施

「マストバイキャンペーン」とは、購入した商品に企業側が指定をしたハッシュタグを入れて投稿をすれば、イベントに参加できるキャンペーンのことです。

企業の多くは、投稿をしてくれたユーザーの中から抽選で賞品や景品を贈ることが一般的です。

最近は商品を購入しなくても、アカウントのフォロー・リツイートやいいねなどをするだけで抽選に応募できるキャンペーンを用意している企業も増えています。

商品を購入する必要すらないので、タダで商品やサービスをゲットできるチャンスが得られるというものです。

SNS上で口コミを作る:割引サービスの条件として口コミをお願いする

割引サービスの適用と口コミに関しては、飲食店や美容院・小売業など店舗型におすすめの方法です。

お店に来てくれたお客さんに対して、割引サービスをする代わりにSNSでの投稿をお願いするといったものです。

口コミを投稿してもらう際には「#店名」といったハッシュタグを付けてもらうと、ハッシュタグをタップすれば自分のアカウントにジャンプしてもらえます。

実際にお店に訪れた人の投稿なので、信頼性の担保を期待できる方法でもあります。

SNS集客をする際の手順

目的をはっきりとさせる

SNSを始めるとなると、つい「どんな投稿をするか」に意識が向きがちですが、その前には「何を目的としたアカウントにするのか」を明確にすることが大事です。

具体的にどんなことをしたいかによって、するべきことも変わってくるからです。

例として「1年後に現在の売り上げよりも30%上げたい」と決めるとします。しかし、この目標のためには具体的にどんな状況においての売上増なのかが明確になっていません。

例えば、「ランチの客単価を30%増加させる」「回転数を上げる」といった状況を考えるなどが挙げられます。

目標とする状況を決めることで、そのために必要な事が自ずと見えてくるため、そのために必要なSNSの活動も絞れます。

魅力的に感じるコンテンツを用意

SNSで投稿するものはユーザーにとって「魅力的」だと感じれもらえるものでなければ集客につながりません。

始めに決めた「目標・目的」を達成するためにはコンテンツを用意しましょう。その際には必ず画像・動画を入れ込みます。

画像や動画があることで商品に対するイメージがつきやすいからです。

そのため画像や動画の質にはこだわってください。なんとなくで撮影したスマホの写真ではなく、プロが撮影したもののほうがより商品を魅力的に見せてくれます。

魅力的かつ鮮度の高い情報を発信し続ける

フォロワーを増やすためには、宣伝や広告を行う必要があります。自分からユーザーをフォローして、フォローバックを期待することもできますが、新規・既存のユーザーどちらにも集客を期待できるのは「広告」をかける方法です。

投稿をする際にはタイミングも重要です。魅力的だと思ってもらうためには時間帯にも考慮しましょう。

例えば、飲食店のSNSを運用している時にディナータイムであれば夕方の16時以降から投稿をすると、ちょうどその時間帯にディナースポットを探している人の目に留まる可能性が高まります。

その他、ゴールデンタイムと呼ばれる夜の21時以降はSNSを見ている人が多いため、このタイミングに合わせて投稿をするのも手です。

コミュニケーションを大切にする

今まで数回お伝えしましたがSNSはコミュニケーションの場として生まれたものです。

もし自社の投稿にコメントなどがついた場合には、迷わずにコミュニケーションを取りましょう。

ポジティブなコミュニケーションを繰り返していくうちに他のユーザーからの印象も良くなり、企業イメージの向上だけでなく次回の投稿に対するレスポンスや拡散を期待できるからです。

1つの目的が達成次第、次の目標を設定・実行する

先ほど例として挙げた「1年後に売上を30%上げる」というものですが、もし達成完了できたら終わりではありません。

その都度、目標を更新していくことが重要です。SNSには終わりがありません。

目標が達成できたら次の目標を立ち上げ、先ほど挙げたことを繰り返していくことでより強いブランド力・集客力に繋がります。

集客におすすめのSNS:Twitter

SNSの代表的存在の1つであるTwitterは140文字以内で「つぶやき」と呼ばれる投稿を行います。

企業が集客を狙って投稿を行うなら、テキスト文章に画像や動画をプラスして投稿することをお勧めします。

そのほうが「いいね」や「リツイート」される可能性が高くなるからです。

Twitterはリアルの友人や知人といったプライベートなつながりだけでなく、共通の趣味・話題で知り合ったネット上だけの関係の人とも繋がっていることが多いSNSです。

さらにビジネス・ソーシャル的なつながりを目的として利用している人も少なくありません。

そういった関係性が多用なSNSであるTwitterでは、あらゆるジャンル・価値観の人の目に留まる可能性にも富んでいます。

  1. 何らかの関係性が近い人物・コミュニティに興味を持ってもらえる投稿をする
  2. 「プライベート」「ソーシャル」「ビジネス」3つの目的として使うフォロワーを味方につける

こういったポイントに着目をしてTwitter運営を行っていくと良いでしょう。

集客におすすめのSNS:Instagram

InstagramもまたSNSの中では知らない人はいないとされるツーツの1つです。

Instagramで集客を狙う際には以下のポイントに注目してください。

  1. インスタ映えを狙った綺麗な写真
  2. お店の商品・サービスの背景・コンセプトが分かる写真
  3. ライフハック系の動画(時短レシピ・簡単収納術等)

若年層・女性に利用利率が高く、トレンドやお店の情報を検索する際に、検索エンジンではなくInstagramで探す人も多いです。

Instagramは基本画像による投稿がメインとなっているので、店舗型のアカウントの場合はお店の商品やサービスを知ってもらうためにはおすすめのツールでしょう。

さらにハッシュタグを付ければ、他のユーザーが書き込みをした投稿も一覧に表示されます。

実際にお店に訪れた人や商品・サービスを体験した人の口コミがリアルに表現されているのがSNSの特徴です。

自社で宣伝するよりも、より「リアル」だと感じてもらえるので口コミをしてもらえることは集客において比重を置きたいポイントです。

集客におすすめのSNS:Facebook

Facebookは先ほど挙げたTwitter・Instagramよりも利用者の年齢層が高めの傾向にあります。

そしてFacebookは企業の利用率が一番高いSNSでもあります。そのためビジネス的な要素が強いアカウントも多いのが特徴です。

他のSNSとの違いは以下のことが挙げられます。

  • セミナー・イベントを通してビジネス的なつながりを持つ
  • グループの招待リンクがきて参加をする
  • 知り合いが開いているイベントなどが自分のフィードに表示されてきた

このことから分かるように、Facebookは他のSNSとは違って、比較的クローズドなコミュニティといえます。

つまりユーザー同士のつながりが他のSNSよりも強いことが考えられます。

例えば旅行好きのための専門ページを作ると、旅行好きのユーザーだけがあつまり、そこでは「旅行好きが興味を持つコンテンツ」に絞って投稿できることになります。

目的に絞ったユーザーをターゲットとして、その人向けに役立つコンテンツやイベント情報などを、狙い撃ちのようにアプローチができるということです。

またFacebookでは投稿の公開範囲を以下の3種類から設定できます。

  1. 公開グループ
  2. 非公開グループ
  3. 秘密のグループ

公開範囲を分けることで、知り合いの中でもよりコアなファンとのふるい分けができるというのもFacebookならではの機能といえます。

集客におすすめのSNS:LINE

LINEというと、個人間で行うコミュニケーションツールと思われがちですが、集客を見込めるツールとしても優秀です。

  • 1対1でユーザーと個別にコミュニケーションがとれる
  • イベントの告知をプッシュ通知で一斉に知らせられる
  • 自社ホームページ・ほかのSNSに誘導できる
  • Web広告・CMを見ない層にもダイレクトにアプローチ可能

LINEはユーザー目線でのコミュニケーションがとれるので、距離感も近くなるのがメリットです。

美容院やよく行くお店などからのサービスであれば、LINE上で告知があればメモしておきやすいだけでなく、その場で予約やキャンセルも気軽にできるのが強み。

月間アクティブユーザー数が8,000万人を超えるアプリならではの特徴といえます。

集客におすすめのSNS:Youtube

動画による訴求力が最も高いといわれているのがYouTubeです。芸能人や人気ブロガー・モデル・一般人など色んな人がYouTubeでのビジネスに参入しています。

YouTubeが集客力を発揮できる条件は

チャンネル登録者本人がYouTuberとして動画に出演し、情報を提供すること

にあります。

普通はテレビでしか見られない芸能人や有名人が、動画に出演することで「面白い!」「この人の言ってることをやってみたい」と思ってもらえれば、文字よりも比較的容易にファンになってもらえます。

つまり、動画投稿主(芸能人等)が自分自身を商品化・ブランド化することで、さらにイベントや他サイト・イベントへの誘導に繋がります。

SNS運用にお困りなら

もじ自社で運営しているSNSアカウント(Instagram)がうまくいっていない・このままで大丈夫か不安・もっと集客をしたいとご希望なら、「インスタコンパス」のサービス利用がおすすめです。

インスタコンパス

もちろんアカウントを持っていない方でも、0からスタートできるプランがあるので安心です。

インスタコンパスの魅力

ブランドメッセージの訴求

顧客と直接コミュニケーションがとれる

顧客との継続的な関係が築ける

インスタコンパスでは、アカウントの設計のほかに、アカウントを代行してくれるプランも用意しているので、忙しくて自社で運営が難しいという場合にもおすすめです。

まとめ

SNSの集客のコツについて紹介しました。SNSはコミュニケーションツールとして非常に有益なものですが、現在は企業の宣伝の場としても非常に強い意味を持っています。

とはいえ、初めてSNSをビジネス用に運用する場合は何から手をつけていいか分からないといった事が多いです。

どんなSNSを使うか、どのような運営方法を行っていくのかは初めのうちはなかなか分からないものです。

上記で紹介したインスタコンパスは、こういったお悩みを解決してくれる便利なプランを用意しています。

自社のブランド力向上・商品やサービスの宣伝についてフォローを行っていきますのでぜひ利用を検討見てみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次