TikTok広告運用代行・コンサル会社おすすめ人気ランキング2022年11月最新【徹底比較レビュー】

残り5社! 文字単価3円で発注できる記事作成代行サービスはこちら

集客を自動化させるインスタ運用代行はこちら

TikTokといえば、10~20代を中心に人気・知名度の高いSNSです。そんなTikTok上でビジネスを展開したいという企業も多いです。

実際にTikTokでアカウントを運用し、企業PRなどに活用しているところも増えつつあります。

しかし、今までTikTokを運用したことがない場合、何から始めればいいか分からないということも多いでしょう。

ここではTikTok広告の運用代行を請け負ってくれるおすすめの運用会社・コンサルティング会社を紹介していきます。

目次

TikTok運用代行・コンサルとは

TikTok運用代行・コンサルとは、名前の通りTikTokアカウントを、自社ではなく、専門の会社に依頼するものです。

TikTok広告の運用やTikTok投稿など多岐に渡るので、企業の希望によって柔軟に対応してくれます。

TikTokは、NSや動画投稿アプリの中でもトップクラスの影響力を持つサービスとなっており、TikTokアカウントを運用することで自社の商品やサービスをPRに繋がります。

TikTok運用代行の業務内容

TikTokの運用代行を依頼すると、具体的にどんな業務をしてくれるのか気になるのではないでしょうか。

ここではTikTokの運用代行を依頼した際の業務内容を項目ごとに詳しく解説していきます。

業務内容 詳細
コンセプト設計・戦略の策定 TikTokを運用していく上でどういった方向性で進めていくかの打ち合わせを行います。
動画コンテンツの企画・作成・投稿 投稿する内容を決めます。
コンセプトをもとに動画の企画・作成・投稿を行います。
TikToker(ティックトッカー)のキャスティング 動画に起用するTikTokerのキャスティングの手配を行います。
ハッシュタグの選定・投稿文の作成 投稿する動画が伸びるためのハッシュタグ・投稿文の選定・決定を行います。
いいねやコメントへの返信業務 投稿した動画に対するいいねやコメントへの返信を行います。
運用結果のレポート作成・報告 投稿した動画の分析・考察など、運用結果の報告を行います。
TikTokの運用に関するアドバイス TikTokを伸ばすための運用方法に関するアドバイスを行います。
TikTok広告の運用 TikTokに掲載する広告の運用を行います。

上記以外にも、細かい要望に沿ったコンサル・運用をしてくれるの会社やプラン・コースもあります。

TikTok広告の運用代行会社・コンサル企業のおすすめ

TikTok広告の運用代行を行っている会社は数多くありますが、その中でも特におすすめできる企業を厳選してピックアップしていきます。

1. Star Creation

Star Creationは、株式会社スターミュージック ・エンタテインメントが運営している代行業者です。

Star Creationは所属しているクリエイターからのフォロワー数が1億人以上と、業界最大級の数です。

またTikTokとの業務提携実績も豊富なので、クライエントの予算や要望にあったサービスを柔軟に提供できるのが強みでしょう。

300名以上のさまざまなジャンルのTikTokクリエイターをアサイン可能。TikTok運用代行はもちろん、楽曲の制作やプロモーションも提供しています。

なおTikTokの運用代行に特化しているので、コンテンツ制作も「共感」を重視した運営が特徴です。そのため、TikTokの運営を一貫して依頼することも可能です。

基本情報

主なTikTokクリエイター うじたまい、修一郎、ゆーり、など
対応範囲 企画立案、プロデュース、動画配信、オリジナル音源の作成、キャスティング、など
料金体系 クライアント毎にカスタマイズ可能
特徴 業界最大級の総フォロワー数7,000万人超

2. pamxy

pamxyは株式会社pamxyが運営するSNSマーケティング会社です。そのため、TikTok以外にもYouTubeをはじめとする、SNSの運用全般を得意としています。

中でも人気お笑い芸人の「ナイツ・塙さん」のYouTubeチャンネルをプロデュースしていることでも知られます。

TikTokでも、公式クリエイターのフォロワー数が30万人を超える規模を誇ります。

TikTokだけでなく、YouTubeやその他のSNSも多角的に運用代行を考えている企業におすすめの会社といえるでしょう。

基本情報

主なTikTokクリエイター けんちゃん、闇病み子(あるごめとりい)
対応範囲 TikTok、YouTubeの企画立案、運営、動画投稿、マーケティング、など
料金体系 クライアント毎にカスタマイズ可能
特徴 SNS全般の運用が得意

3. studio15(スタジオ15)

studio15(スタジオ15)は、studio15株式会社が運営するTikTokの運用代行サービスです。創業以来TikTokでのプロモーションに特化した事業を展開しているのが特徴です。

TikTokに特化したプロダクションとして、クリエイターのマネジメントおよび広告動画の企画・制作から、TikTokアカウントのプロモーションまでをワンストップで提供しています。

また、コンサルの実績も豊富で、大手の企業アカウントの運用も支援しています。さらに企業向けのセミナーや、プロの楽曲制作・振付制作といったプロデュース事業にも力を入れています。

そのため、TikTok関係の運用依頼であれば全般的に一括で依頼してもいいでしょう。

基本情報

主なTikTokクリエイター きょんぺい、なっちゅん、おーぬまん、など
対応範囲 企画立案、制作、プロモーション、クリエイターの企業へのアサインなど
料金体系 クライアント毎にカスタマイズ可能
特徴 TikTok運用に特化、総フォロワー数300万人

4. CARAFUL

CARAFUL株式会社は、SNSマーケティングを得意とするコンサル企業です。CARAFULでは、クリエイターと共に新しい未来を作るというコンセプトのもとクリエイターを活用した商品やサービスの開発・PRを行っています。

TikTokフォロワー数140万人の「バーソロミュー・ブック」をはじめ、現役JKのクリエイターや元eggモデルのクリエイターなど、クリエイターの幅が広いのが強みです。

なお、CARAFULは、TikTokとTikTokクリエイター育成についての公式のマネジメント契約を結んでいます。

企業と所属TikTokクリエイターが連携したプロジェクトも行っており、多くの商品開発やPRの実績があります。

TikTokクリエイターのPR活動に力をいれたい場合にもおすすめできる企業です。

基本情報

主なTikTokクリエイター バーソロミュー・ブック、新谷真由、じゅな、など
対応範囲 企画立案、制作、プロモーション、クリエイターの企業へのアサインなど
料金体系 月額30万円〜(制作費などで変動あり)
特徴 幅広いジャンルのインフルエンサーが所属

5. DYM

DYMは、株式会社DYMが運営するWEBプロモーションを得意とするコンサルティングサービスです。東証一部上場企業でもあるので、安心して依頼できます。

DYMは、TikTokだけでなく様々なジャンルのSNS/Webコンサルの実績があるので、TikTok以外のコンテンツ作成も依頼したい場合におすすめできます。

基本情報

対応範囲 SEO、リスティング、アフィリエイトなどのコンサルティング
料金体系 成果報酬型
特徴 WEB事業のトータルコンサルティング

6. snaplace(スナップレイス)

snaplace(スナップレイス)は、合同会社スナップレイスが運営するSNSマーケティング事業を展開しているサービスです。

特にInstagramに関しては、1万名以上のフォトグラファーやインスタグラマーが在籍しています。

企業のTikTokアカウントをインフルエンサーを活用して運用代行するのが得意なのが特徴で、SNSに関しての実績が豊富です。日本旅行やHISといった大手旅行会社との取引もあります。

Instagramの運用の実績も活かしたTikTokの運用代行を行っているだけでなく、企画・投稿・分析など全ての工程にも対応してくれるので、一括で依頼するのにももってこいです。

そして、業界内でもリーズナブルな料金体系で設定宇されているので、コストを抑えて依頼をしたいニーズにも応えてくれるでしょう。

基本情報

主なTikTokクリエイター ヤマシタイムズ、りかる、小野葵、など
対応範囲 企画立案、動画制作、データ分析、プロモーション、など
料金体系 【料金一例】

  • 40万円〜/月(動画制作代行)
  • 50万円〜/月(運用代行スタンダード)
  • 60万円〜/月(運用代行フル)
特徴 インスタグラマー、フォトグラファーが多数在籍

7. リーディングコミュニケーション

株式会社リーディングコミュニケーションは、クリエイター事業、マーケティング事業、メディア事業、アプリ事業など幅広く手掛けているのが特徴です。

2017年に生まれた会社で、業界内では比較的歴史が浅いですが、運用しているSNSの総フォロワー数は800万人をゆうに超えているので、他の会社と比較しても驚くほどの速さでフォロワーを獲得していることが分かります。

TikTokと2020年に8月に公式マネジメント契約を結んでおり、有名クリエイターも多く所属しています。そのため、TikTok広告の代行依頼にもおすすめです。

さらに所属クリエイターを用いた企業PR活動やクリエイターの育成も行っています。

クリエイターがアサインした企業PR活動や運用代行によるアカウントを急成長させた実績など豊富なノウハウを持っているのも特徴です。

企画力や勢いを重視したいのであれば、株式会社リーディングコミュニケーションもおすすめです。

基本情報

主なTikTokクリエイター 千葉彗太、なまはむこ、道東の漁師、など
対応範囲 企画立案、動画制作、各種プロモーション、など
料金体系 要問い合わせ
特徴 TikTokに特化した社内体制、社員がTikTokクリエイターとしても活躍、企画力に定評あり

8. ウィニングフィールド WINNINGFIELD INC.

株式会社ウィニングフィールド は、WEBコンサルティング、WEB広告運用代行、コンテンツ販売などを手掛けるWEBマーケティング企業です。

人工知能(AI)を活用した高いターゲティング精度による広告運用代行サービスを行っているのが強みで、ターゲティング精度を用いた運用型広告を採用を可能としています。

さらにWebコンサルティング会社ということもあり、他の広告運用の知見も生かした高品質な広告運用サービスを受けることができます。

Webマーケティング全体のサポートを行ってもらえるため、TikTokを含めた集客の部分についてのサポートも受けることが可能です

基本情報

対応範囲 リスティング、SNS、動画コンテンツなどの広告代用、WEBコンサルティング、SEO施策、など
料金体系 要問い合わせ
特徴 WEBマーケティングのセミナーや講座もあり

9. Natee

Nateeは主にTikTokクリエイターを起点としたマーケティング支援事業を得意とする企業です。

TikTok (ティックトック)の公認MCN(マルチチャンネルネットワーク)として契約を締結しており、クリエイターのアサインをメインとした、独自性の高いソリューション提供が得意なのが特徴です。

さらにZ世代向けのブランド創造支援をする「ブランドデザイン支援」にも対応しています。

また、Nateeのタレントの影響力を最大限活用し、TikTokと共同でハッシュタグチャレンジの企画や、ビジネスアカウントや教育コンテンツのプロデュース、そして海外トレンドを積極的に取り入れていきます。

基本情報

対応範囲 TikTok配信戦略の設計、配信結果の分析および改善案の立案、広告制作ディレクション、定例レポーティング、など
料金体系 要問合せ
特徴 TikTokクリエイターのアサインを軸とした支援

10. ホリプロデジタルエンターテインメント

ホリプロデジタルエンターテインメントは、深田恭子さん・綾瀬はるかさんなど、テレビでも有名な芸能人が数多く所属している大手芸能事務所「ホリプロ」の運営するデジタル特化型のプロデュース会社です。

そのため、デジタル発のタレントのマーケティング支援を中心に、プロモーション、キャスティング、イベント企画など幅広い業務の実績が豊富です。

デジタルプロモーションの企画・制作・実施までのトータルサポートも行っており、一気通貫したサービスを受けることができるTikTok事務所です。

基本情報

主なTikTokクリエイター 景井ひな、桃衣香帆、湯上響花、など
対応範囲 自社タレントを起用したソリューションの企画・制作・実施、コンテンツクリエイションの支援、クリエイティブスキルの教育 など
料金体系 要問合せ
特徴 芸能事務所の大手「ホリプロ」の子会社でタレントのキャスティングや支援に特化

11. GROVE

GROVE株式会社は、InstagramやYouTubeなどで活躍するインフルエンサーが所属するプロダクション、およびインフルエンサーを活用したプロモーションを提供するマーケティング会社です。

単なるインフルエンサーのキャスティングや投稿のみならず、課題解決実現に向けたプランニングから、投稿後の分析・報告まで一貫したサポートを提供しています。

主にYouTube、TikTok、Instagram、Twitterの4つのソーシャルメディアで活躍するインフルエンサーが多く所属しており、すべてのプラットフォーム合計で3,500万人以上のフォロワーを獲得しているという実績もあります。

また、GROVEは自社内にスタジオ・制作部を有しているため、オリジナルコンテンツを迅速かつ低コストで制作することができます。

基本情報

主なTikTokクリエイター なえなの、パパラピーズ、ゆたせなcp、など
対応範囲 インフルエンサーマーケティング、SNSコンサル&運用代行、クリエイターマネジメント、映像コンテンツの制作依頼、など
料金体系 要問合せ
特徴 インフルエンサーマーケティングからSNS運用代行に至るまで幅広く支援

12. PPP STUDIO

PPP STUDIOは、TikTokをはじめとするショートムービープラットフォームに特化したTikTok公認のルチチャンネルネットワークです。

また所属クリエイターの総フォロワー数は1億人を超えており、人気クリエイターのKevin’s English Roomやケチャップなどが在籍しています。

その他にもアパレルブランドのプロデュースや広告案件の獲得によるマネタイズの強化など、幅広い業務に対応しています。

基本情報

主なTikTokクリエイター Kevin’s English Room、ケチャップ、ウンパルンパ、など
対応範囲 コンテンツ企画のコンサルティング、コンテンツ制作のサポート、TikTokやYouTubeショートなどの投稿代行、ブランドプロデュース、広告案件獲得のマネタイズ、など
料金体系 要問合せ
特徴 ikTok公認MCN、ショートムービープラットフォームに関係する幅広い支援が可能

13. RERAISE

RERAISEは、TikTok、YouTube、Instagram、TwitterなどあらゆるSNSのインフルエンサーマーケティングを得意とする企業です。

RERAISEではミュージックビデオやショートドラマなどの映像制作も可能で、幅広い映像制作に取り組んでいきたい方におすすめのTikTok事務所です。

インフルエンサーの発掘・育成にも力を入れており、クリエイティブ制作やブランディングのサポートなど、細やかな対応も可能です。

基本情報

主なTikTokクリエイター 加藤、あまね、とっぽぎ、など
対応範囲 TikTokマーケティング全般、インフルエンサープロダクション、動画制作および運営、TikTokショートドラマの企画および制作、など
料金体系 要問合せ
特徴 TikTok公認MCN、総フォロワー数377万人のインフルエンサープロダクションを運営

TikTok運用代行・コンサルティングのメリット

TikTokの運用はなかなかに難易度が高く、トレンドやバズりやすいコンテンツを把握した上、適切な知見のもと運用しないとなかなか効果はに期待できません。

そこで、TikTok運用が初心者の人でも、代行サービスを依頼することでこれらの課題を解消することができます。

若年層に刺さるアピールができる

TikTokのメインユーザーは10~20代の若年層ですが、若者向けのPR効果というメリットは「PRがうまくいかなければ」意味がありません。

そのため、実績が豊富な代行会社に依頼することで、商品の認知度アップや売上の向上が期待できます。

SNSごとにメインユーザー層が異なるだけでなく、トレンドや注目されやすいジャンルも異なるでしょう。

これを自社だけで調べ上げることはとても困難です。

TikTokは10代・20代がメイン層です。そのため、若年層のトレンドを把握したり、趣味嗜好を追い続ける必要があり、それにはかなりの蓄積されたノウハウが必要となります。

若年層のトレンドに合った的確なコンテンツで商品のPRが可能としているのが、TikTok広告の運用代行会社というわけです。

訴求力が強く、商品の認知が広まりやすい

コンサル・運用代行に依頼することで、より「訴求力の強い」PRが期待できます。TikTokはSNSの中でも、動画をメインとしている特徴があります。

そのため、TwitterやFacebookと比較すると動画による訴求力が高い傾向にあります。

TikTokは動画の長さが1分以内と短く、コンテンツの入れ替わりも激しいのが特徴です。その中で、以下にユーザーの記憶に残る動画を作れるかは、インパクトなどTikTokに特化したノウハウが求められます。

そのため、運用代行サービスに所属する人気TikTokクリエイターを起用すれば、インパクトの強さだけでなく商品や会社への訴求力の向上も期待できます。

ビジネス色を出しすぎす、エンタメ感覚で広告が出せる

企業PR動画というと、どうもビジネス色が強くなりがちです。これは10代・20代をメインユーザーとしているTikTokからすると、嫌煙されかねないです。

しかし、TikTok運用代行やコンサルティングを活用することで、エンタメ感覚で商品を宣伝するコンテンツを制作することもできます。

なおTikTokユーザーの大半は「面白い」を利用目的としています。

そのため、いかにPR動画を「面白い」と思ってもらえるかが焦点となります。

面白いコンテンツ」は素人ではなかなか難しいでしょう。そこでコンサル・運用代行に依頼することで自社製品を楽しんでもらえるようなPRが期待できるので、商品の認知だけではなくイメージアップも期待できるという仕組みです。

TikTok運用代行・コンサルティングのデメリット

自社で運用するよりも費用がかかる

ikTok運用代行会社に依頼するデメリットといえば、やはり「コストがかかる」という点が一番大きいでしょう。

自社でできれば代行コストは発生しませんが、かといって素人がいきなりTikTokアカウントを運用しても、満足な結果に繋がらないことも多いです。

費用が掛かってしまうことは仕方がないことですが、業務内容ごとにどれくらい費用が必要になるのかといった点は事前に確認してから契約することが重要です。

そのため会社でどこまでの予算が組めるのかといったバランスを確認した上で、依頼を検討することをおすすめします。

自社にノウハウが蓄積されにくい

TikTok運用代行会社に依頼する場合、自社にノウハウが蓄積されにくいといったデメリットがあります。

当然のことですが、自社でTikTokアカウントを運用する場合は、確かに結果が出るまでに時間は掛かってしまいますが、その過程でノウハウを蓄積することが可能になります。

代行会社に依頼した場合は、ほとんど全ての業務を代行会社が行うこととなってしまい、TikTokアカウントの運用に成功したとしてもその理由を知ることはできません

もし自社でTikTok運用に関する知識を獲得したいと考えている場合は、コンサル型の会社に依頼して、運用方法を教えてもらうのがおすすめです。

TikTokコンサルティング・運用代行サービスの選び方

料金体系はわかりやすいか

TikTokの運用代行(コンサル)会社が、どこまでの業務を代行してくれるのかといった点は非常に重要になります

投稿用のクリエイティブ作成はしてくれるけど、フォロワーからのコメントへの返信は別料金といったケースもあります

後から追加で料金を要求された…といったトラブルにならないためにも、どこまでの業務に対応してくれるのかを確認して、業務ごとに必要な料金をチェックするようにしましょう。

影響力のあるTikTokクリエイターが所属しているか

「影響力のあるTikTokクリエイターが所属しているか」で選ぶのも重要です。自社のサービスや商品の特性に合わないクリエイターをを選ぶと、ミスマッチが生じます。

また、影響力が強いTikTokクリエイターを起用した場合は、それだけで拡散効果が期待できます。

クリエイター=インフルエンサーと考えてもいいでしょう。

対応範囲はどの程度か

投稿のみを任せるのか、データの分析まで任せるのか、企画や立案から全て任せるのか、といったどこまで任せるかは重要です。これは予算関係で関わっています。

業務範囲にマッチした会社を選ぶことができれば、それだけ不要なサービス分の費用を削減できるからです。

もしTikTokに全く知見がないのであれば、運用を一貫して任せられるサービスを選ぶと良いでしょう。

TikTok運用代行・コンサル企業の規模別の費用相場

月額報酬型と成果報酬型

一般的にTikTokの運用を代行してもらう際には、2種類の報酬パターンがあります。

月額報酬型 成果報酬型
会社数 多い (一般的) 少ない
特徴 代行内容で定期もしくは月額契約を行い、費用を支払う フォロワーの増加数やCV、リーチ数の増加に応じて費用を支払う
初期費用相場 例)5万円〜(コンセプト設計・戦略の策定) 例)

  • 1フォロワー増加×100円
  • CV数に応じた成果報酬
月額費用相場 30万円〜(全ての運用代行を依頼した場合) アカウントの規模よって

小規模企業(フリーランスなど)の場合

小規模企業やフリーランスの場合、およそ5万円〜20万円が費用の目安になります。

規模が小さいので、そもそも運用コストに割く予算も大きくありません。結果的に費用を抑えることもできるでしょう。

そのため、アカウントの運用コンサルをうけながら、自分でも運営することができるなら、おすすめできる規模と言えます。

中規模企業の場合

中規模企業の場合、およそ30万円〜50万円が費用の目安です。新規スタッフを採用するといった考えて依頼するのがおすすめです。

アカウントの運用を一括で依頼することもできますが、その場合には費用が高額傾向にあります。

アカウント運用の代行は一部に抑え、出来る部分では自社で運営するといった方法がおすすめです。

大企業の場合

当然の事ですが、大企業の場合、最低でも50万円以上の費用が目安となります。そのため、大企業に依頼をする目的としては、アカウントの成果を上げる・自社の広告にリソースを割きたいという場合が挙げられます。

そのため、TikTokでの運用実績が豊富な企業やインフルエンサーに依頼するのが一般的ですが、費用としては100万円以上かかることも珍しくないです。

しっかりと予算をかけて、まずはアカウントの成果を重視したいという場合には大企業への依頼を検討してみましょう。

TikTokコンサルティング・運用代行を選ぶときの注意点

TikTokコンサル・運用代行を選定する際は以下の4つを確認しましょう。

  • どんな分野での実績があるのか
  • 自社サービスにあったマーケティング媒体があるか
  • 若年層向けのプロダクトか
  • 動画によるマーケティングに強いか

会社の実績は第一に重要なポイントです。実際にどんな成果を出しているのかを把握することで、自社の場合だったらどのような結果になるのかを確認できるからです。

また、若年層向けのプロダクト・動画でのマーケティングに合っている場合はTikTokによるPRがおすすめです。

まとめ

TikTok広告の運用代行におすすめのコンサル企業・代行企業を紹介していきました。

会社によって特化している分野が異なるので、自社の商品やサービスにあった会社を選ぶことが大切です。

料金だけでなく、自社の希望にどこまで柔軟に対応できるかでも吟味することが大切です。

確かな実績を持つ企業に依頼をして、効率よく自社PRができる会社を探しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次