検索エンジン一覧2024年6月最新【おすすめ人気ランキング】

検索エンジンといえば、Googleを思い浮かべる人が多いかもしれません。

実は検索エンジンはGoogle以外にもいろいろあります。

ここでは、検索エンジンの一覧と、それぞれの特徴や強みなどを詳しく解説していきます。

目次

そもそも検索エンジンって?

検索エンジンは、インターネット上の情報を索引化し、ユーザーがキーワードやフレーズを入力すると関連するウェブページを検索結果として返すオンラインツールです。

検索エンジンは、ウェブクローラーがインターネット上のウェブページを巡回し、そのコンテンツを解析して索引データベースを作成します。

ユーザーが検索クエリを入力すると、検索エンジンは索引データベースを検索し、最も関連性の高いウェブページを表示します。

検索エンジンは、GoogleやBingなどの有名なプラットフォームで利用されており、情報の探索やリサーチに広く活用されています。

パソコンからはもちろん、スマホやタブレットからも検索エンジンを利用できます。

Googleが世界85%以上のシェアを持っている

Googleが世界の検索エンジン市場で85%以上のシェアを持っている理由は、使いやすさと信頼性です。

Googleはより良い検索結果を提供するために頑張ってきました。また、GmailやYouTubeなど他のGoogleのサービスとの統合も便利です。

さらに、高速で安定した検索体験を提供するための技術的な能力も強みです。

これらの理由から、たくさんの人々がGoogleを使っていて、他の検索エンジンよりも優れていると思われています。

日本でよく使われる検索エンジン一覧

Google

日本国内・世界でのそれぞれのシェア(2020年7月~2021年7月)は以下の通りです。

  • 日本・PC:約76%、スマホ:約77%
  • 世界・PC:約86%、スマホ:約95%

※参考:Statcounter GlobalStats(PCスマホ

Googleは検索エンジンとして多くの得意なこと・できることを持っています。以下にいくつか例を挙げます。

正確な情報検索

Googleは高度な検索アルゴリズムを使用しており、ユーザーが特定の情報を正確に見つけることができます。キーワードやフレーズを入力するだけで、関連性の高いウェブページや資料を提供します。

多言語対応

Googleは世界中のさまざまな言語に対応しています。ユーザーは自分の言語で検索を行い、結果を得ることができます。

地域に特化した検索結果

Googleは地域のニーズに合わせた検索結果を提供します。地域の事業所や店舗、地図情報など、地元の情報を簡単に見つけることができます。

統合サービスとの連携

Googleはさまざまなサービスとの統合を図っています。Gmail、YouTube、Google Maps、Googleドライブなど、複数のサービスを一つのアカウントで利用できます。

ニュースやトレンドの追跡

Googleは最新のニュースやトレンドを追跡する機能も備えています。そのため、検索結果やGoogleニュースを通じて、最新の情報を入手することができます。

Yahoo!

Yahoo!は、1996年から日本で「Yahoo!JAPAN」のサービスを提供している検索エンジンです。

Googleと同様に、Yahoo!も様々な情報を探すことができます。ニュースやスポーツ、ファイナンスなどの情報を提供しています。

また、Yahoo!では興味や好みに合わせてカスタマイズすることもできます。

さらに、Yahoo!ではユーザー同士の交流を促進する機能もあります。例えば、質問やコメントを投稿して他の人と情報を共有できます。

Yahoo!はGoogleに比べて市場シェアは少ないですが、特定の地域やユーザーによって広く使われています。

Bing

GoogleやYahoo!と同様に、キーワードやフレーズを入力して関連するウェブページを見つけることができます。

Bingの特徴は、視覚的な検索結果と豊富な画像や動画検索です。検索結果ページでは、関連する画像や動画を見つけることができます。

また、Bingは旅行や健康、レストランなどの特定のトピックに特化した検索機能も提供しています。

さらにBingはMicrosoftが提供するサービスで、ユーザーインターフェースが直感的で使いやすいと評価されています。

BingAIもChatGPTの技術を搭載したツールなので、普段からChatGPTを使っている人にもおすすめ。

全体的な市場シェアはGoogleには及びませんが、一部のユーザーに人気があります。

Excite

Exciteは、かつて人気を博した検索エンジンの一つです。1990年代から2000年代初頭にかけて、インターネットの普及とともに注目を集めました。

Exciteは、ユーザーがキーワードを入力すると関連するウェブページやニュース、画像などのコンテンツを検索結果として提供します。

また、メールやオンラインゲーム、ニュースなどの機能も提供していました。

しかし、近年はGoogleやYahoo!、Bingなどの競合他社に比べて市場シェアが低下し、その存在感は薄れています。

現在は主要な検索エンジンとしては利用されていませんが、過去に一世を風靡した検索エンジンであったことが特徴です。

goo

gooは、日本の検索エンジンであり、主に日本のユーザー向けに情報検索を提供しています。

そのためgooは、日本語に特化した検索結果の提供しているのが特徴です。

日本語キーワードやフレーズを入力すると、関連性の高いウェブページやニュース、画像などを表示します。

また、辞書機能や翻訳機能、路線検索など、実用的なツールも提供しています。

さらに、gooは多様なジャンルの情報をカバーしており、ニュース、エンターテイメント、スポーツ、レシピなど、幅広いトピックにアクセスできます。

市場シェアはGoogleやYahoo!に比べると低いですが、日本語に特化した情報を求めるユーザーにとって便利な検索エンジンとして利用されています。

BIGLOBE

BIGLOBEは、日本のインターネットサービスプロバイダーが提供するポータルサイトです。

検索エンジンの機能も有しており、キーワードを入力すると関連するウェブページやニュースを検索できます。

また、天気予報やニュース、エンターテイメント情報、ショッピングなど、さまざまなコンテンツを提供しています。

BIGLOBEは、日本の地域や文化に特化した情報を提供することに力を入れており、日本語での検索に適した機能も備えています。

市場シェアはGoogleやYahoo!に比べると低いですが、日本のユーザーにとっては馴染みのあるサービスとして利用されています。

@nifty

@niftyは、日本のインターネットサービスプロバイダーが提供するポータルサイトです。

検索エンジンの機能を含んでおり、キーワードを入力すると関連するウェブページやニュースを検索できます。

さらに、天気予報やニュース、エンターテイメント情報、ショッピングなど、幅広いコンテンツを提供しています。

また、無料のメールサービスやオンラインゲーム、SNSなども提供しています。

@niftyは、使いやすいインターフェースと豊富なコンテンツで人気があります。

日本の地域情報や日本語に特化した情報も提供しており、日本のユーザーにとって便利なポータルサイトとして利用されています。

市場シェアはGoogleやYahoo!に比べると低いですが、特に日本国内のユーザーに向けたサービスとして定評があります。

海外でよく使われる検索エンジン一覧

Baidu

Baiduは、中国で最も人気のある検索エンジンで、中国語圏のユーザー向けに情報検索を提供しています。

Baiduは中国版のGoogleとも言われることがあります。キーワードを入力すると、関連するウェブページやニュース、画像などの検索結果を表示します。

そのためBaiduは中国語に特化しており、中国の地域情報やビジネス情報、エンターテイメント、オンラインショッピングなど、多岐にわたるコンテンツを提供しています。

また、音楽や動画のストリーミングサービスも提供しており、中国のユーザーに広く利用されています。

さらに、Baiduは中国でのオンライン広告事業も展開しており、広告主との連携を通じて収益を上げています。

Baiduは中国市場で非常に強い存在であり、中国語圏のユーザーにとって重要な情報源となっています。

DuckDuckGo

DuckDuckGoは、プライバシーに重点を置いた検索エンジンです。ユーザーのプライバシー保護を大切にし、個人情報の収集やトラッキングを行いません。

他の検索エンジンとは異なり、個別のユーザープロファイルを作成せず、検索履歴やパーソナライズされた広告は表示されません。

また、HTTPS暗号化接続を優先して使用し、セキュリティを強化しています。

DuckDuckGoは、キーワードを入力すると関連する検索結果を提供し、匿名で情報を探すことができます。

さらに、検索結果には関連するウェブサイトや記事、画像、地図などが表示されます。

プライバシーに関心があるユーザーや個人情報の保護を重視する人々に人気があります。

ただし、他の検索エンジンと比べると検索結果の数やカバレッジはやや限られていることもあります。

Yandex

Yandexは、ロシア発の検索エンジンで、主にロシア圏のユーザー向けに情報検索を提供しています。

Yandexはロシア最大の検索エンジンであり、ロシア語に特化した検索結果を提供します。

キーワードを入力すると、関連するウェブページ、ニュース、画像、動画などを表示します。

さらに、地図やナビゲーション、オンラインショッピング、音楽ストリーミングなど、多岐にわたるサービスも提供しています。

Yandexはロシアの地域情報やビジネス情報を重視し、ローカルなニーズに合わせた機能やコンテンツを提供しています。

また、機械翻訳や音声認識など、AI技術も取り入れており、ユーザーエクスペリエンスを向上させています。

Yandexはロシア圏で非常に人気があり、ロシア語を使用するユーザーにとって重要な情報源となっています。

Aol.

Aol.は、アメリカ合衆国のインターネットサービスプロバイダーであり、ポータルサイトも提供しています。かつてはインターネット接続サービスとして人気を博しました。

Aol.は、検索エンジンの機能も有しており、キーワードを入力すると関連するウェブページやニュース、画像を検索できます。

また、無料のメールサービスやインスタントメッセージングなども提供しています。

さらに、Aol.はニュース、エンターテイメント、スポーツ、ファイナンスなど、さまざまなコンテンツをカバーしており、ユーザーに幅広い情報を提供します。

しかし、Aol.は現在のインターネット市場ではシェアは低下しており、より人気のある検索エンジンやポータルサイトに取って代わられています。

NAVER

NAVERは、韓国で非常に人気のあるポータルサイトであり、検索エンジン機能も提供しています。

NAVERは、韓国語圏のユーザー向けに情報を提供し、キーワードを入力すると関連するウェブページやニュース、画像、動画などを検索できます。

また、翻訳機能や辞書機能、ブログやコミュニティなどのコンテンツも充実しています。

NAVERは韓国の地域情報やエンターテイメント、音楽など、幅広いトピックをカバーしており、

韓国のユーザーにとって重要な情報源となっています。さらに、NAVERはオンライン広告や電子商取引などのビジネスサービスも提供しており、多岐にわたる活動を展開しています。

NAVERの市場シェアは韓国で非常に高く、韓国語圏のインターネット利用者にとって欠かせない存在です。

CocCoc

CocCocは、ベトナムで開発された検索エンジンです。ベトナム語圏のユーザー向けに情報検索を提供しています。

CocCocは、ベトナムの地域情報やビジネス情報をカバーし、キーワードを入力すると関連するウェブページやニュース、画像を検索できます。

また、ベトナムの地図、天気予報、音楽ストリーミングなどのサービスも提供しています。

CocCocは、ベトナム語に特化しており、ベトナムのユーザーに合わせた機能やコンテンツを提供しています。

また、プライバシーにも重点を置いており、個人情報の保護に取り組んでいます。

CocCocは、ベトナムでの利用が一般的で、ベトナム語圏のインターネット利用者にとって重要な情報源となっています。

Ecosia

Ecosiaは、ドイツ発の検索エンジンであり、環境保護を重視した特徴があります。

Ecosiaは、検索をするたびに広告収入の一部を使って植林活動をサポートしています。

ユーザーが検索することで得られた収益は、植林プロジェクトに投資され、世界各地で植樹活動が行われます。

検索エンジンの機能は一般的なもので、キーワードを入力すると関連するウェブページや画像を表示します。

また、プライバシーにも配慮し、ユーザーのデータは匿名化されています。

Ecosiaは環境への貢献を目指した取り組みで人気があり、環境保護に関心のあるユーザーに利用されています。

Sogou

Sogouは、中国の検索エンジンであり、主に中国語圏のユーザー向けに情報検索を提供しています。

Sogouは中国で非常に人気があり、中国語に特化した検索結果を提供します。

キーワードやフレーズを入力すると、関連するウェブページやニュース、画像などを表示します。

Sogouは、中国の地域情報、ニュース、エンターテイメント、オンラインショッピングなど、幅広いコンテンツをカバーしています。

また、中国のユーザーに合わせた機能やサービスも提供しており、翻訳機能やIME(入力方式)なども充実しています。

Sogouは中国の市場でGoogleやBaiduと競合しており、中国語圏のユーザーにとって重要な情報源となっています。

個人情報の取り扱いに厳しい検索エンジン一覧

Qwant

Qwantは、フランス発のプライバシー重視の検索エンジンです。Qwantは、ユーザーのプライバシーを保護しながら、高品質な検索結果を提供することを目指しています。

ユーザーの検索履歴や個人情報は収集されず、ユーザーの匿名性を尊重しています。

Qwantは、キーワードに関連したウェブページ、ニュース、画像、動画を検索できる機能を提供しています。

また、特定のトピックやカテゴリに特化した検索も可能です。検索結果は広告なしで表示され、ユーザーのプライバシーに配慮しながら、広告なしでの収益化を図っています。

Qwantは、フランスを拠点としているため、フランス語圏のユーザーにとって特に便利ですが、他の言語でも利用可能です。

もちろん日本ユーザーも使えるので、フランスの情報を安全に調べたいという人にもおすすめ。

Qwantの特徴は、プライバシー重視と高品質な検索結果の提供であり、ユーザーが安心して利用できる選択肢として注目されています。

Gibiru

Gibiruは、プライバシーに焦点を当てた検索エンジンです。ユーザーのプライバシー保護を重視し、検索履歴や個人情報の収集を行いません。また、広告やトラッキングのない環境を提供しています。

Gibiruは、匿名の検索エンジンとして知られており、ユーザーのIPアドレスを非表示にし、検索結果をフィルタリングして表示します。これにより、ユーザーのプライバシーを保護しながら、関連性の高い検索結果を提供します。

また、Gibiruは、特定の地域における検閲やブロックされたウェブページへのアクセスも可能にします。この機能は、インターネットの制限がある地域や国で特に有用です。

Gibiruは、ユーザーのプライバシーを重視した検索エンジンであり、セキュリティや自由な情報アクセスを求めるユーザーにとって魅力的な選択肢です。

検索エンジンで順位が決定される仕組み

クロール

Googleを例に挙げると、Web上にはクローラーと呼ばれるロボットがインターネット上を巡回しています。

検索エンジンの順位は、クロールという仕組みに基づいて決定されます。クロールとは、検索エンジンがウェブ上の情報を収集するプロセスのことです。

クローラーと呼ばれる特別なプログラムが、ウェブページを巡回し、その内容を解析します。

クローラーはリンクをたどりながら新しいウェブページを発見し、その内容をインデックスに追加します。

検索エンジンは、ユーザーがキーワードを検索すると、インデックスに格納されたウェブページの情報を基に検索結果を生成します。

順位は、検索クエリに関連するウェブページの相対的な重要性に基づいて決定されます。

検索エンジンは、さまざまな要素を考慮して順位を決定しますが、一般的にはキーワードの一致度、ページの信頼性、リンクの質や数量などが重要な要素となります。

検索エンジンは、常にアルゴリズムを改善しており、検索結果の精度やユーザーエクスペリエンスの向上に取り組んでいます。

そのため、ウェブサイトのコンテンツの質やSEO対策が順位に影響を与えることがあります。

クロールされないサイトとは?

  • 新規ドメイン
  • robots.txtが設定されている

クロールされないサイトとは上記のようなことが考えられます。

例えば購入してすぐの新規ドメインは、まだクローラーが巡回していない可能性があります。

この場合にはそのうち解消される課題ではありますが、XMLサイトマップ」を送信する方法で早く巡回させる可能性を上げることも可能です。

もう1つの「robots.txt」は、設定されているページの場合は、クローラーが巡回しないように設定するファイルのことです。

ショッピングカートや問い合わせ後の確認ページといった検索結果に表示させたくないページなどがそれに該当します。

インデックス

インデックスは、検索エンジンが収集したウェブページやその内容を組織化して保存するデータベースのことです。

インデックスは、効率的な検索を可能にするために使用されます。

検索エンジンはクロールによって収集した情報を解析し、キーワードやページの関連性などの情報をインデックスに格納します。

インデックスは、キーワードに基づいてウェブページを分類し、検索クエリと一致するウェブページを見つけ出すための索引として機能します。

検索エンジンは、インデックスを参照して、キーワードに関連したウェブページを迅速に表示することができます。

インデックスは大規模で複雑なデータベースであり、ウェブ全体の情報を処理します。

検索エンジンは、インデックスの管理と更新を定期的に行い、新しいウェブページの追加や既存のページの変更を反映させます。

インデックスは検索エンジンの中心的な要素であり、高速かつ正確な検索結果の提供に不可欠です。

ランキング(検索結果の表示)

ランキングは、検索エンジンが検索結果を表示する際に、ウェブページの順序を決定するプロセスです。

検索エンジンは、複数の要素を考慮してランキングを決定します。一般的な要素には、キーワードの一致度、ページの信頼性、コンテンツの質、リンクの質や数量などがあります。

キーワードの一致度は、検索クエリとウェブページの内容がどれだけ関連しているかを示します。

ページの信頼性は、ドメインの信頼性や信頼できる情報源からのリンクの有無などを考慮します。

コンテンツの質は、ユーザーに有用で価値のある情報を提供するかどうかを評価します。リンクの質や数量は、他のウェブページからの参照や評価の度合いを反映します。

これらの要素を総合的に考慮し、検索エンジンはウェブページを順位付けし、上位に表示します。

ただし、検索エンジンのランキングアルゴリズムは複雑であり、定期的に改善されています。

それにより、ユーザーがより関連性の高い情報を見つけやすくなります。

StartPage

StartPageは、プライバシーに特化したメタ検索エンジンです。StartPageは、Googleの検索結果をプライバシー保護機能と共に提供します。ユーザーのIPアドレスを隠し、個人情報の収集やトラッキングを行いません。

StartPageは、匿名性を重視しており、検索履歴や個人情報は保存されず、広告も表示されません。また、HTTPSを使用して安全な検索環境を提供し、セキュリティを強化しています。

検索結果は、Googleの検索エンジンを利用して取得され、関連性の高い結果を提供します。ただし、プライバシー保護のため、検索結果ページのリンクをクリックするときには、StartPageのプロキシを通じてアクセスします。

StartPageは、プライバシーを重視するユーザーにとって便利な検索エンジンであり、高品質な検索結果とプライバシー保護の両方を求める人におすすめです。

Search Encrypt

Search Encryptは、プライバシーに焦点を当てた検索エンジンです。ユーザーの検索履歴や個人情報を保護し、検索クエリと関連する情報を暗号化して保存します。これにより、検索データのプライバシーが守られます。

Search Encryptは、検索結果を取得する際には自社の暗号化技術を使用し、ユーザーのプライバシーを保護します。また、検索エンジン自体は広告を表示しないため、ユーザーのプライバシーをさらに強化しています。

さらに、Search Encryptは、関連する広告や追跡技術のブロックも提供しています。そのためユーザーはよりプライバシーに配慮された検索体験を享受できます。

Search Encryptは、プライバシー保護を重視するユーザーに適した検索エンジンであり、検索データのセキュリティと匿名性を求める人々におすすめです。

SearX

SearXは、オープンソースのメタ検索エンジンであり、プライバシーに重点を置いています。SearXは、複数の検索エンジンからの検索結果を取得し、ユーザーに一つの結果セットとして提供します。

SearXは、ユーザーのプライバシーを保護するため、検索履歴や個人情報の収集を行いません。

また、ユーザーのIPアドレスを匿名化し、トラッキングを防ぎます。さらに、広告や追跡技術をブロックする機能も備えています。

利用者は、SearXを自分のサーバーにインストールして独自の検索エクスペリエンスをカスタマイズすることもできます。

そのためユーザーは自分の好みやニーズに合わせて検索エンジンを設定できます。

SearXは、プライバシー重視のユーザーや技術的な自由を追求する人にとって魅力的な選択肢です。オープンソースの性質から、透明性とセキュリティを重視するユーザーにおすすめです。

Disconnect Search

Disconnect Searchは、プライバシーに特化した検索エンジンです。ユーザーのプライバシーを保護し、検索履歴や個人情報の収集を行いません。

検索結果は、広告やトラッキング技術から自由な環境で提供されます。

Disconnect Searchは、Googleをベースにした検索エンジンであり、関連性の高い検索結果を提供します。しかし、ユーザーのプライバシーを尊重するため、検索クエリや個人情報は匿名化され、外部のサービスに提供されることはありません。

さらに、Disconnect Searchは、HTTPSを使用して暗号化された接続を提供し、安全な検索環境を確保します。ユーザーはプライバシーを保護しながら、信頼性の高い検索結果にアクセスできます。

Disconnect Searchは、プライバシーに配慮した検索エンジンを求めるユーザーにとって魅力的な選択肢であり、個人情報の保護やトラッキングの回避を重視する人におすすめです。

Swisscows

Swisscowsは、スイス発のプライバシー重視の検索エンジンです。ユーザーのプライバシーを保護し、検索履歴や個人情報の収集を行わず、広告やトラッキングを表示しません。

Swisscowsは、人工知能を活用して高度な検索結果を提供します。独自のアルゴリズムにより、関連性の高い結果を迅速に表示し、ユーザーのニーズに合った情報を提供します。

さらに、Swisscowsは、家族向けの安全な検索環境を提供することも特徴です。不適切なコンテンツや成人向けの内容をフィルタリングし、安全なオンライン体験を提供します。

また、Swisscowsは、スイスのデータ保護法に基づいてユーザーデータを管理し、ユーザーのプライバシーを厳密に守ります。

まとめ

検索エンジンについて詳しく解説していきました。

検索エンジンといえばGoogleが圧倒的シェアを誇りますが、実は日本をはじめ世界中でその国や利便性に特化した検索エンジンが存在します。

用途に応じて使い分けることはもちろん、個人情報の取り扱いに配慮した安全な検索エンジンを使うのも有効です。

Webマーケティングにお困りではありませんか?
  • 運用はしているが効果が出ない、認知・成果が上がらない
  • 時間をかけれず、分析はおろか更新 運用も手が回らない
  • SNSアカウント持ってないけど、始めてみたい
経営者・マーケティング担当者・広報担当者必見! Radineerでは、Web制作やオウンドメディア運用やSEO対策、Web広告運用など各分野のスペシャリストが在籍し、お客様を徹底サポート。 現在、各種お役立ち資料や会社概要・サービス資料を公開しております。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

執筆者

DXマーケティングやAIを事業に落とし込んで事業成長したい企業のマーケティング担当者・広報担当者、経営者、個人事業主向けに、マーケティングの基礎、成功ノウハウの提供・成功事例を紹介する専門メディアを運営しています。

目次