Instagram運用代行おすすめ人気ランキング2022年11月最新【徹底比較レビュー】

残り5社! 文字単価3円で発注できる記事作成代行サービスはこちら

集客を自動化させるインスタ運用代行はこちら

Instagramは個人だけでなく企業や団体もビジネス目的で利用するのが当たり前なSNSです。自社の商品やサービスの認知を高めたい・売上や成果に結び付けたいと色々目的があって利用するものです。

しかし、いざInstagramの運用を始めてみたけど思ったよりも成果が出ないとお悩みの人も多いです。

また、普段の業務に追われているのでInstagramの運用までリソースが割けないというお悩みもあるでしょう。

そこで、Instagramの運用をプロの会社に任せる「Instagram運用代行」の利用がおすすめです。

ここではInstagram運用代行でおすすめの会社を厳選して紹介します。

その他、会社の選び方や代行を依頼するメリットなども詳しく解説してくのでぜひ参考にしてください。

目次

Instagram運用代行会社のおすすめ

TSWORLD

TSWORLDの提供するSpreadは、Instagramに特化したプロ集団がサービス提供する運Instagram用代行サービスですスターバックスや有名ホテルのアカウント立ち上げに携わった経験を持つチームアドバイザーといった世界的にも実績を持つプロが一丸となり、高いエンゲージメント獲得へとサポートしてくれるのが特徴です。

運用代行は目標設定、運用実行、結果報告の3つのステップで計画的に実施してもらえます。例えば、商品のデザイン、パッケージデザイン、ロゴ制作、LPデザイン(撮影から制作)、店舗デザインに⾄るまで、一貫したブランディングのサポートを行なってくれるのが魅力です。

Instagramの運用の中でも難しいといわれるInstagram広告の運用にも実績を持ちます。ハッシュタグ以外からも集客を狙いたい企業におすすめな「広告アカウント運用プラン」も用意されているのでお勧めです。

Instagramの広告運用は、広告ポリシーが難解であったり、広告の種類が多く使い分けが難しかったりするなど、自社運営するにはそれなりの知識とノウハウが必要になってきます。

なお撮影のみの依頼もできるので、費用面で不安・運用代行会社の依頼自体初めてという場合にもいいでしょう。

撮影前には詳細な打ち合わせとブリーフ作成が行われます。自社の世界観を納得いくまで伝え、それが実現可能なのかどうかをしっかり確認してから撮影に入るので安心です。

納品された画像が、自社の思い描くイメージと全く違うといったトラブルを回避できるでしょう。

ただし、24時間のアカウントパトロールは行っていないのでその点は注意しましょう。Spreadのコメント管理は、ついたコメントにいいねを返すといった内容です。そのため、「炎上を防止したい」「炎上した場合すぐに鎮火したい」と考えている企業には少し物足りないと感じるのではないでしょうか。

プラン名 費用 業務内容
インスタ映え
撮影プラン
月額5万円〜
  • 打ち合わせ
  • 撮影ブリーフ作成
  • 撮影(15枚)
  • 加工
アカウント
専用プラン
月額15万円〜
  • 撮影
  • 加工
  • 週2回投稿
  • ハッシュタグ選定
  • ストーリーズ投稿
  • 結果報告会
広告アカウント
専用プラン
代行費用広告費
の15%

[対応広告種類]

  • 写真
  • 動画
  • カルーセル
  • ストーリー
  • コレクション
  • インスタントエクスペリエンス
インフル
エンサー
アサインプラン
1万円〜
/アサイン
  • アサイン候補者調査
  • インフルエンサーのアサイン

SAKIYOMI

SAKIYOMIは、企業公式Instagramの運用代行だけでなく、アカウントの状態を数値化して分析も可能なツールを提供している業者です。フォロワー数を増やすことをはじめ、目に見える結果を分かりやすく見せてくれるので、初めての人でも始めやすいでしょう。

これまで合計350万フォロワーのアカウント運用を通じて、100以上の独自の運用実績があります。代行実績の中には、半年で20万フォロワーを獲得した事例もあり、Instagramに特化していることが分かります。

1万フォロワー達成までの平均期間は4.2ヶ月と、最短でフォロワーを増やせるので、早くフォロワーを増やし認知を高めたいという方にもおすすめ。

他にも「手数料無料でインフルエンサーアサインが可能」なので、費用を抑えて早期フォロワー獲得ができるのも強みです。

また売上UPや知名度UPなど、目的に合ったInstagramの使い方を提案してくれますので、今よりもより実践的・使えるマーケティングツールとしてInstagramを活用できるようになります。

「SAKIYOMI」ではInstagramマーケティングに関しての資料やコラムを多く掲載しています。

とにかくInstagramマーケティングを勉強してみよう、自社にはどのように取り入れると効果的なのか?を調べる取っ掛かりとして、有用な情報が多く掲載されており、しかも無料です。

プラン名 費用 業務内容
Consulting Plan 5万円/月 ・2か月に1回1時間のレポーティング+コンサルティング(チャットツールにて何度でも質問が可能)・マーケティングツール(SAKIYOMI)の利用
Small Plan 35万円/月 ・戦略策定・PDCA実施・フィード投稿:1回/日・ストーリーズ:1回/日・インスタライブ:1回/月・プレゼントキャンペーン
Standard Plan 50万円/月 ・戦略策定・PDCA実施・フィード投稿:2回/日・ストーリーズ:2回/日(Newport,エンゲージメント施策)・リール:2回/月・インスタライブ:1回/月・プレゼントキャンペーン

ウィズワーク

「ウィズワーク」はマーケティングでも特にウェブリサーチを得意とする会社なので、コンテンツそのものというより、アカウント設計や効果検証、改善提案に強みがあります。なおInstagramのほかにTwitter、Facebookの運行代行にも対応しており、1アカウントにつき+月5万円で済むので、コストを抑えて複数のSNSを運用できます。

ウィズワークが提供している「flackS」では、投稿内容の企画から日々の投稿業務、レポート作成まで、SNS運用におけるすべての範囲を一括で支援してくれるのが特徴です。やりっぱなしになりがちなSNS運用を、数値と結果にもとづき論理的に行えるのが「flackS」の強みです。

現状のSNS運用が効果的に行われているのかを数値で確認できるので、一部のコメントや評価に流されずに客観的に自社のSNS活動を把握できます。

月次レポートの結果をもとに、次回の投稿内容の改善が行われます。定例のオンラインミーティングでは、投稿内容や運用方針のチューニングが行われるので、自社の希望をしっかり伝え組み込んでもらうことが可能です。

記事作成や投稿代行のみをサービス提供する他社サービスもある中、企画・運用・検証・改善とPDCAを一貫して支えてもらえるので、SNS運用が初めての企業にもおすすめです。

初期費用は全プランで無料です。なお固定プランとは別に、アカウント解説・投稿写真撮影・投稿画像制作と加工・アカウント活性化施策などもオプションで付けられます。

「flackS」のスタンダードプラン以上では、ユーザーとのコミュニケーション対応も可能。いいね、返信、DM、RT(リツイート)などのユーザー対応のほか、エゴサーチも実施できます。

プラン名 費用 業務内容
ライト 月額料金 20万円(税別)
  • 投稿運用の代行
  • レポート作成
スタンダード 月額料金 30万円(税別)
  • 投稿運用の代行
  • ユーザーコミュニケーション対応
  • レポート作成
  • オンラインMTG
カスタム 月額料金 50万円~(税別)
  • 投稿運用の代行
  • ユーザーコミュニケーション対応
  • レポート作成
  • オンラインMTG

ニューオーダー

「ニューオーダー」は、運用業務を一気通貫でサポートしてくれるInstagram運用代行サービスです。高クオリティの写真や動画によってユーザーからの反応を獲得し、マーケティングの成果につなげます。

サービスによっては、コンテンツ制作と投稿のみの対応であったり、撮影はオプションメニューだったりと、運用業務のすべてをカバーしていない場合があります。

その点「ニューオーダー」は、Instagram運用のすべてを代行してくれるため、これまで抱えていたInstagramの運用に関する問題を解消することができます。

ニューオーダーに依頼できる内容は以下の通りです。

1. 運用方針決定
2. ターゲット策定
3. 素材作成(撮影)
4. 投稿代行
5. レポート作成
6. 運用改善

計画を実行し、結果を分析したうえで運用の改善を行うPDCAサイクルが確立されています。しっかりとサイクルを回転させることにより、Instagram運用の目的・目標達成に着実に近づくことができるでしょう。

また「ニューオーダー」は、YouTubeチャンネル運営事業や運行代行を行っているため、動画プロモーションに関する知見も有しています。

動画撮影と制作にも強いので、コンテンツ制作がうまくできない・自信がないという方にもおすすめ。撮影から編集までを一貫して行っており、完成したコンテンツの修正も迅速に行えます。少ない工程かつ短時間で制作を行ってコストを抑えているため、その分リーズナブルな価格でサービスを提供しています。

プラン名 費用 業務内容
コンサルプラン 20万円~ コンテンツ制作のアドバイス、ハッシュタグ設計等を記載したコンサルティングレポートを作成
基本運用プラン 25万円~ 商品などの撮影・コンテンツの企画、制作から投稿までの運用を代行(月間4本)
基本運用プラン 45万円~ 商品などの撮影・コンテンツの企画、制作から投稿までの運用を代行(月間8本)

ガイアックス

「ガイアックス」は累計1,000社以上の支援実績を持つSNSマーケティング支援サービスで、InstagramやTwitter、Facebook、LINEなど主要SNSを網羅的にサポートしてもらえます。

企業アカウントにとって大きなリスクとなる炎上の対策も万全で、マニュアル整備や監視・消火、そもそも炎上しない運用体制を構築できます。

注意点は、コンテンツ作成は可能なものの、動画制作・編集はオプション対応という点。リール投稿をしたい場合には、コストがかさむ可能性がありますので、見積もり時によく確認しておきましょう。

リソースクリエイション

リソースクリエイションが提供する「エアリク」は20代~30代の若年層を積極的に採用している企業様にオススメのサービスです。「求人広告だけでは応募がこない」「マッチする人材を採用したい」「SNSを活用して自社の魅力を発信したい」という企業様に向いています。

「エアリク」の最大の特徴は、採用SNSの運用を戦略立案から効果測定まで、すべて任せられることです。

初めてSNS運用をする企業様や、自社にWEB専任担当者がいない企業様でもSNSの運用でどの程度反応があるのか、求職市場の状況を把握できます。

WEBの知識がない場合でも「エアリク」の専任チームのサポートを受けながら、Instagramの利用方法やデータの分析方法を学べます。

広告代理店の「エアリク」は、競合他社との差別化や市場分析が得意です。

そのため、自社の強みを上手く把握できていなくても、自社独自の魅力を発見・ブランディング化してもらえます。

さらに運用効果の測定や戦略立案が任せられるため、採用へのSNS活用が初めての企業様も安心です。

「エアリク」自身のSNS運用で実証済のノウハウを駆使して、より効率的な運用方法を共有してもらえます。効果測定は、月に1度レポートとして提出されるため、数字として運用効果を把握できます。

費用や支援内容は見積もりとなっているので、簡単見積もりフォームから請求してみましょう。

アディッシュ

「アディッシュ」の提供する「FrontSupport」というサービスは、自社に最適なSNSがどれか分からない企業におすすめです。Instagram、Twitter、Facebook、LINEから自社のマーケティング段階に最適な媒体を推薦してもらえます。

公式アカウント開設支援や競合分析、コンテンツの作成・投稿代行、コメント返信、24時間のコメント監視など、万全のフルサポートです。

また、海外向けSNS運用代行も行っているため、日本国内に限らず幅広いSNS対応ができます。それぞれのSNSの特性に合った運用提案や、Twitterのリプライ機能を利用したリプライマーケティングもあります。

テテマーチ

テテマーチは創業10年未満の会社ですが、SNS運用代行にはすでに700件以上の実績を誇ります。最大の強みは、1つの案件に対してプランナーやプロジェクトディレクター、コンテンツディレクター、ライターやクリエイターなど目的に必要な人材を確保し、ハイレベルなプロジェクトチームが運用代行をしてくれるという点です。

また、27,000アカウントを超える「SINIS」のビッグデータを活用した上で分析や改善を実施してくれる点も、テテマーチの魅力です。

テテマーチでは「常識にとらわれないSNSアカウント運用を。」の考え方を重視してビジネスを展開しているのが特徴で、SNSの運用において「SNSを活用する目的」「企業がSNSを利用することで何を期待すべきか」「生活者が企業のSNSに求めている情報は何か」を重視した戦略を売っています。

手厚いサポートを受けたい・初めてのSNS運用なので何から始めていいか分からないというケースにも適しています。

また移り変わりの特に早いSNSというツールでは、トレンドをいち早くつかむことがキーです。そのため、目的に沿ったSNSアカウントの運用やそれに付随するSNSプロモーションを様々な角度から提案・実践するアプローチをとります。

テテマーチでは主に3つのプランを用意しています。クリエイティブサポートプランは、日常的な運用業務体制は社内で確立できていても、投稿コンテンツやクリエイティブ作成のリソース不足が課題となっている企業に向けたプランです。

トータルサポートプランは、クライアント企業の目的や課題に合った戦略設計・投稿企画・投稿作成・運用代行・制作・分析までをすべて支援してくれるプランです。

インハウスサポートプランでは、クライアント企業のSNS担当者がSNSアカウントを運用する際に、テテマーチのこれまでのノウハウやトレンドを共有し、戦略・設計・投稿企画・分析までをワンストップで支援してくれます。

どのプランが最適なのか判断が難しいと思うので、まずは問い合わせしてみるのがいいでしょう。

プラン名 費用 業務内容
クリエイティブサポートプラン 40万円/月(初期費用25万円) 投稿企画・管理、クリエイティブ企画、クリエイティブ制作
インハウスサポートプラン 40万円~/月(初期費用40万円) コンセプト設計、運用マニュアル作成、投稿企画・管理、運用レポート、定例ミーティング
トータルサポートプラン 100万円~/月(初期費用40万円) コンセプト設計、運用マニュアル作成、投稿企画・管理、投稿作成・代行、運用レポート、定例ミーティング、クリエイティブ企画、クリエイティブ制作

ソーシャルメディアラボ

「ソーシャルメディアラボ」は、業界大手の運用代行会社です。2009年からSNSマーケティングに携わってきており、企業アカウントの運用実績は500社超にのぼります。

24時間365日の監視体制を徹底しており、ガイドラインも策定、リスクを最大限防止しています。またリソースは足りているがサポートしてほしいなどの要望に応えてくれる様々なサービスを用意しています。

実際の記事やコメントを更新してくれる運営代行はもちろん、ネット炎上防止対策、効果的な広告代行などInstagramを運営する上で必要な実務を一手に引き受けてくれます。

その他「固定のプラン等が存在しない」という特徴もあります。実際に問い合わせを行うまでどの程度のコストがかかってくるか把握できないため、依頼を検討する際にはその点も含めて考えることをおすすめします。

契約期間は6か月からとなっているので、費用面・期間などは都度相談をして決めていく内容となっています。柔軟的なサポートを受けたいという場合に適しています。

ホットリンク

「ホットリンク」の最大の特徴は、AIによるソーシャル・ビッグデータ分析を軸に運用代行支援を行う点にあります。ビッグデータを活用し、仮説検証や最適なプロモーション提案などを行ってくれます。

Instagramの運用代行では以下のことを依頼できます。

  • アカウントコンセプトの策定
  • フィード・ストーリー・リール投稿作成
  • フィード・ストーリー・リール投稿作業
  • 分析レポート作成
  • インサイトの分析・改善
  • 分析レポート作成
  • 運用コンサルティング

世界中のソーシャルビックデータを保有してそれらを活用して再現性の高い原因分析やアカウント運用を行うので、日本国内に限らず世界にも情報を発信していきたいというニーズにもこたえてくれます。

さらにTwitter運用の支援も行なっている点もほかの代行業者にない点ではないでしょうか。SNSを複数運用したい・将来的に様々なSNSで運用したいというケースに指摘しています。

なおプランはなく、都度見積もりとなっているので問い合わせをして詳しく相談しましょう。

HELP YOU

HELP YOUは経理など事務関係・バックオフィス業務から、営業サポート、資料作成、SNS運用など専門性の高いサービスまで、幅広い業務を全てオンラインで代行している会社です。バックオフィスから専門性の高いサービスまで、オンラインのアシスタントがチーム制で課題を解決してくれます。

ディレクターを中心に優秀なアシスタントによる最適なチームが編成され、チーム力で課題を一緒に解決してくれます。平均継続利用率は98%で、500以上のクライアントで利用実績があるため、安心です。

幅広い就業経験やスキルを持ったアシスタントが多数在籍し、個人ではなく「チーム」になって活動しているため、退職等による業務の滞りも予防できます。

なお企業内の様々な業務を「すべてオンラインで代行」可能です。

サイバー・バズ(Cyber Buzz)

サイバー・バズ(Cyber Buzz)は、企業Instagramの目的のヒアリングから始まり、効果的な運用プランニングから実際の運営、改善策まで提案してくれるトータルサポートが魅力のサービスです。

FacebookやTwitterと連携してキャンペーン企画なども行ってくれます。独自の分析ツールを用いて効果を分析、利用する期間が長いほど改善と効果が見込めるPCDAサイクルが充実しています。

インフルエンサーへのアサインを代行できる会社

株式会社Find Model

株式会社Find Modelは、6,000名以上のインフルエンサーをプロモーションに起用できるタレントキャスティングサービスを提供している会社です。

テレビに出演する芸能人からコアなファンを持つインフルエンサーまでキャスティング可能で、AIとプロの目線で最適なインフルエンサーを選定してくれます。

タレントキャスティングサービスは他にもいくつかありますが、1万件以上の実績を持つサービスは多くありません。高い実績があれば、それだけ専門的なノウハウを持って依頼に対応してくれます。

そのため、1万件以上の実績があるというだけでもかなり安心して利用しやすいです。

大手インターネット企業出身のマーケターが在籍しており、プロモーションの企画や効果検証などをサポートしてくれるので、依頼内容に沿ったタレントの紹介を得意としています。

クラウドキャスティング

クラウドキャスティングはタレントをWeb上でキャスティングできるサービスです。30,000人以上のキャストが登録されていて、年間オファーの成立数は10,000件を超えています。以下の大企業のイベントなどでも利用されているサービスなので実績と信頼ともに高いことが分かります。

  • レノボ・ジャパン合同会社
  • ネスレ日本株式会社
  • 株式会社ローソン
  • 株式会社ジェイコム湘南・神奈川
  • 大阪ベイタワー合同会社
  • 北海道別海町

クラウドキャスティングには30,000名以上ものキャストが登録されています。数が多いだけでなく、タレントの種類も豊富なため基本的にどのような商品やサービスとも合わせることが可能です。

また、料金はキャストへの報酬とシステム利用料を合わせて計上されるので、比較的コストを抑えて依頼できるのもうれしい点でしょう。

ただし、システム手数料は報酬額が高くなるほど値段が上がってくるため注意が必要です。

SWIM

SWIMは、インフルエンサーのキャスティングからクリエイティブ作成、拡散まで一貫しておこなうサービスです。

Instagram、TikTokkなどインフルエンサーマーケティングを展開する媒体の特性を踏まえたうえで最適なコンテンツを企画・制作します。費用プランはエンゲージメント課金を採用しており、成果に応じて費用が発生します。

なお契約後はエンゲージメント数・視聴完了数などの各種指標を目的に沿って分析し、目的に対してどのような効果が見られたかを整理したり、今後の動画活用に役立つ改善点を取りまとめたりできます。

インフルエンサーの選定は、マーケティングのプロが商品や目的が一致しているかどうかで判断されるので、自社の商品やサービス、Instagramの運営方針に適した人材を探してくれます。

プランニングから、クリエイティブの制作・投稿・拡散・分析・改善と、トータルでサポートしてくれるので、マーケティングゴール達成に近づけるでしょう。

Instagramの運用代行会社に依頼するメリット

プロが運用から分析まで行ってくれる

企業Instagramは立ち上げて毎日更新すればそれで終了、という訳にはいきません。企業や商品名の認知度を上げる、実際に購買数を増やす、などの効果が無ければInstagramを運営する意味が無くなってしまいます。

効果が見込める対策を打つにはそれなりに専門知識を備えた人員の確保が必要ですが、アルバイトなどの臨時採用でカバーできるかは未知数です。

また、企業の広報担当者であっても、Instagramをビジネスツールとして運用した経験のある人は多くはないのが実情です。そのためInstagramを初めて運用する人が全て自力で投稿していくのは、かなりの労力を要します。

そこで、運用代行を依頼すると、SNS運用に特化したプロがアカウント設計から、写真撮影や投稿、分析まですべて代わりに行ってくれます。

SNS運用についての知識がない素人が運用するよりも、プロにお任せする方がフォロワーの伸びも宣伝効果も高いのは間違いありません。

自社を客観的に分析できる

企業Instagramはエンドユーザーへ自社をアピールする手段なので、Instagram運営代行は企業の魅力を最大限に引き出した上で、より注目を集められるような運営を行ってくれます。

自社ではない、外部の組織であるInstagram運営代行を通じて発信される情報は、エンドユーザーにとってだけでなく、社員にとっても客観的に自社を知ることができる大切な情報源です。

今後の施策を考える上で、ヒントになることも多いにあります。得意先とコミュニケーションをとる際にも有効です。

定期的な投稿・管理ができる

Instagramを伸ばすには高頻度の投稿は欠かせません。毎日ストーリーや投稿でフォロワーと交流してファンを増やすことは、アカウントの成長にとって必要不可欠なものです。

逆に投稿頻度の低いアカウントは、フォロワーが離れていってしまうだけでなく、アルゴリズムからも低い評価を受けてしまうため、アカウントの伸びが悪くなってしまいます。

しかし、自社だけで運用しようとすると、当然Instagram運用以外の業務もあるため、投稿頻度にバラつきが出てしまうことも少なくありません。

運用代行は定期的な投稿が担保されているため、そのような事態を防ぐことができます。

業務に注力できる

Instagram運用を自社で行おうとすると、かなりの人手が必要になります。人手を割きすぎて本業が疎かになってしまうということもあり得ます。そうなってしまったら本末転倒です。

運用代行に依頼すれば、社内の人手を本業に充てることができるため、本業に集中しながらInstagram運用もすることができます。

Instagram運営人員の削減

先ほど紹介した、業務に注力できると似ている点ですが、Instagramの運用を担当する人員を用意する必要がないという点がメリットとして挙げられます。

企業としてInstagramを運営するには、相応のイメージを維持した内容と毎日の更新が欠かせません。投稿する写真の撮影や加工、記事の作成、コメントへの都度対応など、多くの工数を必要とします。

そもそも社内にInstagramの知識を持つ人員が居ない場合もあるでしょう。そんな時に頼りになるのがインスト運用代行です。毎日の作業を丸投げできるだけでも、相応の工数削減と効果が期待できます。

Instagramの運用代行の依頼で気を付ける点

費用がかかる

Instagramの運営は毎日行う必要があり、都度注目されるよう運用していかなくてはなりません。

そのためのノウハウを備えているInstagram運用代行の対応は非常にメリットが多いですが、その分相応の費用はかかります。

基本料金はリーズナブルでも、分析レポートの提出には別途料金がかかるなど、オプション対応のサービスもあります。実際にサービスを利用する時には、詳しく料金体系をチェックしておきましょう。

自社のイメージと離れる可能性も

Instagram運営代行はより効果を見込むために、インパクトのある写真や記事を掲載したり、返信コメントのキャラクターをフランクな口調にしたりすることがあります。

それにより自社のイメージが地味なのに、Instagramだけが若者向けでちぐはぐになってしまう場合も。

Instagram運営代行に依頼する時には具体的な企業イメージを提示し、Instagramのイメージが企業イメージと大きくそれることがないように定期的なミーティングは必須となります。

依頼をしたら全くの丸投げだけというわけにはいかないので、その点では人員やリソースを割くようにしましょう。

Instagramの運用代行で依頼できる内容

投稿内容の企画

自社だけで投稿内容を作成していると、自社製品・サービスに詳しいという視点でコンテンツを作成してしまうことがあります。

こういったユーザーニーズを上手く捉えることが出来ていない投稿をしている企業は、少なくないです。運用代行会社に依頼をすることで、客観的にユーザーの目線に立ったコンテンツを作成することが出来ます。

Instagram運用の中で投稿の企画が占める割合は大きいので、ノウハウを持った企業に企画を依頼できることは、一つの大きなメリットです。

写真撮影・画像編集

インスタ運用代行会社では、投稿用の写真撮影や画像編集まで請け負ってくれる会社もあります。

撮影の場合は、出張費やモデルの起用などで、別途費用がかかることがありますので、ご注意ください。

しかし、Instagramは、写真がメインなこともあるため、ここに投資をしておいて損はないでしょう。

広告運用

広告運用とは、Instagramに広告をだし、ハッシュタグ以外からのユーザー流入を目的に行われるものです。

運用代行会社へ広告運用を依頼することで、目に見えて成果が上げることが出来ます。しかし、Instagram広告の運用は、初心者には難しいです。

費用が高いことがネックですが、広告運用をする場合は、これらを網羅的に学ぶよりもプロにお任せした方が結果的に安くなるかもしれません。

コメントへの返信・監視

インスタの投稿内容に対して、フォロワーからコメントされることがあります。「コメントを返してあげたい…。でも1つ1つに返信をしていると時間が足りない…」

自社でインスタを運用していた場合はなかなかすべてのコメントに返信をすることは難しいでしょう。そんなお悩み解決のために、運用代行会社にはコメント返信を行ってくれる企業も存在します。

コメントを返すことで、フォロワーとの距離が近くなり、より一層、固定ファンを作ることが可能になるので、積極的に取り入れておくべきでしょう

また、コメントの返信だけでなく監視も行ってくれる企業もあります。監視も併せてお願いすることで、炎上のリスクを下げることが出来ます。

フォロワーとのコミュニケーションはInstagramを運用していく上で重要な要素です。

分析作業・レポート作成

Instagram運用の結果を月毎にまとめ、改善点の提案をしてくれます。また、1ヶ月の投稿やフォロワーの推移などを分析し、投稿内容や写真の加工など改善点を見つけ、翌月以降の運用に役立てます。

分析作業と改善を繰り返し、フォロワーを獲得することが出来ます。

またレポート作成をしてもらうことで、運用代行会社が今後どのような戦略のもと運用していくのかが把握できます。

Instagramのトレンドは、目まぐるしく変化しています。個人で分析をするには、限界があるため、プロに任せた方が効果的な運用に繋がるでしょう。

Instagramの運用代行会社の選び方

サポート内容

「Instagram代行」という名前の通り、企業Instagramへの写真投稿やコメント対応など、実際の業務を請け負ってくれるのはもちろんなのですが、付随してより効果的にInstagramを展開していくための手段が用意されており、こちらはサービスによって結構個性があります。

そのため、まず企業Instagramをどのように活用していくのかを明確にしておきましょう。

企業名や商品名の認知度を上げることを重視するか、実際に購買や会員登録数を増やすところまでを目指すのかによって、どのInstagram代行運用サービスを選べば良いかが変わります。

細かく依頼内容を設定できるか

Instagram運用は伸びている他の企業と同じような運用をすればアカウントが伸びるというものではありません。

他のアカウントのいいところを真似しながら自社のオリジナリティを出していく必要があります。

そのため、自社のサービスジャンルやアカウントの伸び方によって、プランを臨機応変に変更してくれる代行会社を選びましょう。

最低契約期間

Instagramの運用は、長期的な視点で設計するため、短期で成果は出にくいです。

そのため、運用代行会社は、最低契約期間は6ヶ月として設けている場合が多いです。

サービスを受ける側としては、最低契約期間は短い方が嬉しく、さらに、Instagram運用に自信のある会社ほど、最低契約期間が短くなる傾向があるので、あまりに期間が長くなっている会社は要注意です。

自社業界での実績はどれくらいか

特に写真という媒体を用いるInstagramの運営は、業界ごとのカラーが如実に現れます。

同じ写真を利用するにも様々な加工方法があり、例えばどのカットを採用すればより効果的なアプローチができるかが重要なポイントとなります。しかし、SNS運用代行会社には、それぞれに得意な業種があります。

自社と同じジャンルの商品・サービスジャンルにおけるInstagram運用実績がある運用代行会社を選びましょう。このポイントは成果に直結してくる最重要チェックポイントの一つとなります。

実績があれば、より自社の業績に効果的な運用が期待できるほか、適切なアドバイスも期待できます。

委託するのはInstagram以外にもあるか

Instagram運用代行会社は、Instagramに特化した会社と他のSNSにも対応できる会社の2つに分かれます。Instagramに特化した会社は、Google検索の上位表示アルゴリズムのようなInstagramアルゴリズムのノウハウを持っています。

さらにリール投稿やカルーセル広告といったInstagramの様々な機能を駆使した効率的な運用をしてもらえます。

一方、YouTubeやFacebookなどの他のSNS運用代行を手がける会社では、自社の事業領域・顧客層に最適な媒体の提案や、複数のアカウント運用をまとめて委託することも可能です。

競合企業のSNSアカウントを見て、まずはどのSNSが必要かを把握しましょう。

効果の測定・分析ができるか

企業Instagramは立ち上げればそれでOK、という訳にはいきません。より効果的に活用するのであれば、効果の確認と改善が常に必要となります。

そのため、運用代行した後の成果が見える仕組みになっているかが大事です。

  • フォロワー数をどれだけ増やせるか
  • いいね!数の増加数
  • PV数の統計結果

最低限でも以上の3点は数値化をして評価してくれるサービス・会社で選ぶようにしましょう。

追加費用が明確かどうか

Instagram運用代行には基本的な料金とその都度でかかる追加費用があります。

効果的な運用には、広告運用やキャンペーン、インフルエンサー利用等の追加コンテンツが必要になってくる場合があります。

しかし、中には費用がかなり高くなってしまい、基本料金と全然違う費用になったということも起こりかねません。そのため、契約段階で追加費用を明確にしていることが一つのポイントとなります。

自社でできない作業が依頼できる会社か

コストを抑えて運用を委託するには、自社のInstagram運用での課題を洗い出す必要があります。すでにInstagramを運用できているなら、運用代行ではなく、分析や課題抽出などのコンサルティングを提供している会社が良いでしょう。

はたまた社内にInstagramに詳しい人材がいないなら、プランニングから改善まで任せられるInstagram運用代行会社を選びましょう。

運用代行できる作業も、動画・画像作成、コメント返信、翻訳、インフルエンサーPRなど様々です。自社で足りないと感じる作業のみを委託することで、運用代行の費用対効果を高めることができます。

炎上対策はあるか

企業のアカウントとして炎上は避けるべきものです。しかし、担当者が1人で運用していると、防ぎきれないのも事実です。Instagram運用代行会社には、24時間体制でコメントを監視し、炎上しても早急に消火できる体制の会社もあります。

コメント数の多い企業なら24時間体制の会社を、コメントがさほど付かない企業なら1日1回の監視など、自社に適した体制の会社を選びましょう。

ただし24時間体制の会社へ依頼する場合、オプション料金が必要だったり、プランが高額になることもあるので注意しましょう。

リール投稿に対応している会社か

Instagramのリール投稿とは15~30秒の縦動画の投稿・視聴ができる機能です。リール投稿は、ユーザーの利用傾向をもとに、フォロー・フォロワー関係なくランダムに動画を表示させることができます。フィードにいいねがつかない、フォロワーが少ないと悩む企業は、リール投稿に対応している会社がオススメです。

フィード投稿やストーリーズ投稿は標準対応の代行会社が多いですが、リール投稿はオプション対応だったり非対応だったりするケースも。リール投稿が必要なら、見積もり時に必ず確認しましょう。

Instagramの運用代行費用相場

Instagramの運用代行と一言にいっても会社・プラン・対応する内容によっても異なります。そのため具体的な費用に関しては会社に直接問い合わせる方が確実です。

とはいえ、ある程度傾向があるのでぜひ参考にしてください。

  • Instagram運用の実務を代行(記事作成、写真投稿など):10万円 / 月前後
  • 写真撮影・記事に対するエンドユーザーへの対応(コメント返信、写真加工など):30万円 / 月
  • 運用効果を調査・分析(フォロワー数の推移、効果的な運営への対策など):50万円 / 月~

以上の費用を目安として、問い合わせや比較をする際に役立ててください。

まとめ

Instagramの運用代行会社のおすすめから、会社の選び方・メリット・注意点などを紹介しました。Instagramの運用には、毎日コツコツと続けていく必要があるため、人員や時間などがどうしても必要になります。

そこで、プロの会社による運用代行を依頼することでこれらの悩みが解決する近道に繋がります。

会社によっては費用や対応しているプラン・SNSなども細かく異なるので、複数の会社で比較をしながら選ぶことがポイントです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次