年収の勝ち組ラインはいくら?収入を増やす方法を徹底解説【2024年6月最新】

(※マイナビを含む一部プロモーションが含まれています)

年収は自分に対する社会的な評価の1つでもあります。それゆえに、自分の年収が一般的にどのラインにいるのか気になる人も多いでしょう。

一体年収はいくらくらいあれば「勝ち組」といえるのでしょうか?

ここでは、勝ち組ラインといわれる年収がどれくらいなのかについて詳しく解説していきます。

【結論】口コミで分かった編集部おすすめ転職エージェント

結論!当サイトが口コミをリサーチした結果、みんなから支持を得ている転職エージェントは次の3つだと判明しました!

どれのエージェントに登録しようか悩んでいる方は、複数登録することをおすすめします!

複数のエージェントを掛け持ち登録をしてたくさんの求人を紹介してもらい転職活動を有利に進めていきましょう!(※PR)

1位:マイナビエージェント

  • 新卒サイトNoのマイナビが運営
  • 金融・メーカー・ITの転職支援に精通
  • 20-30代の若手の転職支援に定評

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『doda』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

2位:doda

  • リクルートと並ぶ求人数を保有するエージェント
  • リクルートが保有していない優良求人案件に出会う確率が高い
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

よく読まれる記事

3位:リクルートエージェント

  • 求人数No.1を誇る大手転職エージェント
  • 年収750万円以上のハイクラス層向けに『リクルートダイレクトスカウト(by リクルート)』も運営
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『doda』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

目次

年収の勝ち組ラインと日本の平均年収

日本の平均年収(年代別)

令和4年の民間給与実態統計調査から年齢別の平均年収をいかにまとめました。

年齢 平均年収
19歳以下 124万円
20~24歳 273万円
25~29歳 389万円
30~34歳 425万円
35~39歳 462万円
40~44歳 491万円
45~49歳 521万円
50~54歳 537万円
55~59歳 546万円
60~64歳 441万円
65~69歳 342万円
70歳以上 298万円
全体平均 458万円

全体で見ていくと平均年収は「 458 万円(対前年比 2.7%増)」であることが分かりました。また男女別にみると、男性 563 万円(同 2.5%増)、女性 314 万円(同 3.9%増)という結果になりました。

やはり男女では年収に大きな差が生じているとみていいでしょう。

しかしあくまでも平均値なので、世代別に見ていくと大きく異なります。

他にも、東京や他地方では平均年収が200万円近く開きがある場所もあります。勝ち組のラインと言っても、住んでいる場所や年齢によって大きく変かわることには注意が必要です。

平均年収458万円の手取り額

令和4年の平均年収は、458万円程度という結果でした。

手取り額に直すと、およそ320~370万円 1カ月平均27~30万円程度ということになります。

さらに国税庁「令和4年分 民間給与実態統計調査」によると、1年間を通して勤務した給与所得者に限定すると、「男性は47.1歳、女性は46.9歳、男女合わせて47歳」となり、男女合わせた勤続年数は「12.7年」となりました。

なお、ボーナスが支給される会社に勤めている人は、ボーナスも年収に含めて計算されるので、ボーナスがない月の手取り額はそれよりも少ないことになります。

業種・職種別の平均年収

令和4年分 民間給与実態統計調査によると、給与所得者を対象にした平均年収を業種・職業別にすると以下の通りです。

業種 平均年収
電気・ガス・熱供給・水道業 747万円
金融業、保険業 656万円
情報通信業 632万円
学術研究、専門・技術サービス業、教育、学習支援業 544万円
製造業 533万円
建設業 529万円
複合サービス事業 506万円
運送業、郵便業 477万円
不動産業、物品賃貸業 457万円
医療、福祉 409万円
卸売業、小売業 384万円
サービス業 377万円
農林水産・鉱業 337万円
宿泊業、飲食サービス業 268万円

以上の中で平均年収が高いものは「電気・ガス・熱供給・水道業」で747万円、次に「金融業、保険業」で656万円、「情報通信業」で632万円という結果になりました。

対して低いところは「宿泊業・飲食サービス業」の268万円となり、「電気・ガス・熱供給・水道業」の平均年収747万円と比べると450万以上の差があることになります。

ただし、この結果は正規社員だけでなく非正規社員も含めた脚気なので、非正規社員が多い業種・職種では平均年収が低くなる傾向にあると考えられます。

事業所規模・企業規模別の平均年収

続けて国税庁による令和4年分 民間給与実態統計調査では事業所の規模における平均年収も算出されています。

事業所規模 平均年収
1~4人 340.1万円
5~9人 398.8万円
10~29人 424.8万円
30~99人 423.4万円
100~499人 445.7万円
500~999人 480.3万円
1,000~4,999人 520.8万円
5,000人以上 538.4万円

事業所の規模が大きくなるにつれて平気年収が高くなっていく結果となりました。

都道府県別の平均賃金

厚生労働省が公表した「令和4年 賃金構造基本統計調査 都道府県別賃金(男女計)」によると、上位6つの都府県で以下の通りになりました。

都道府県 平均月間賃金 平均年間賃金
(月間賃金の12カ月分で計算)
東京都 37.55万円 450.60万円
神奈川県 33.56万円 402.72万円
大阪府 33.09万円 397.08万円
愛知県 31.26万円 375.12万円
兵庫県 31.23万円 374.76万円
奈良県 31.06万円 372.72万円

やはり東京や神奈川といった首都圏を中心に賃金は高い傾向にあります。

年収の勝ち組ライン①:年収1,000万円

令和元年に行われた民間給与実態統計調査において、年収1,000万円以上稼ぐ人は全体のわずか5%程度となっています。

全体から見て5%に入っているということは十分勝ち組ラインを超えているといえるでしょう。

また年収1,000万円の人が「勝ち組」と呼ばれる理由は、主に以下のようなものが挙げられます。

高い経済的安定性

年収1,000万円以上の人々は、一般的に経済的に安定した生活を送ることができます。高い収入を持つことで、住居や教育、医療、食事などの基本的なニーズを十分に満たすことができます。

高い社会的地位

高い収入を持つことで、社会的地位が向上することがあります。年収1,000万円以上の人々は、一般的に高い職位に就いており、社会的に尊敬されることが多いです。

自由度の高さ

高い収入を持つことで、個人の自由度が高まることがあります。例えば、旅行や趣味に時間や資金を使うことができるため、充実した生活を送ることができます。

多くの人から憧れられる年収というのは、1つの勝ち組のラインになるのではないでしょうか。

年収の勝ち組ライン②:年収800万円

年収1,000万円以上というと、自分にとっては途方もないと感じてしまう人も多い年収ではないでしょうか。

しかし年収800万円以上であっても十分勝ち組ラインといえるでしょう。

日本の平均年収の約2倍であることから、十分勝ち組ラインに達していると考えられます。

年収800万円以上の人々は、一般的に経済的な安定を持つことができます。住居や教育、医療、食事などの基本的なニーズを十分に満たすことができます。

また一般的に高い職位に就いています。そのため、社会的地位が向上することがあり、社会的に尊敬されることが多いです。

もしパートナーがいても、パートナーの分まで働いても生活できるというラインではないでしょうか。

さらに会社の規模にもよりますが、年収800万円を達成するには、部長クラスまで出世しないと難しいともいわれています。

部長クラスは、「部」を総括するトップでもあるので、誰もがなれる席ではないことが分かります。

つまり年収800万円、ひいては「部長」クラスはしっかりとそこまで昇進を続けてきた、という実績の裏付けでもあるといえるでしょう。

年収の勝ち組ライン③:年収500万円

まだ年収500万に到達できていないという人は決して少なくはありません。令和元年の民間給与実態統計調査にて平均年収を見てみると、令和元年の平均年収は436万円となっています

そのため年収500万円もあれば平均以上であるため、最も身近な勝ち組ラインと考えてもいいでしょう。

これは全体の話で、20代、30代をみると平均年収より下がります。その中で年収500万円を達成できていれば、上位の年収を得ていることになります。

平均年収以上の年収を得ることができれば、多くの人よりも良い暮らしができている、と考えられます。

自分の時間を確保しながら、年収500万円を達成することができれば勝ち組ということができます。

結婚相手の条件に年収500万円以上としている女性もいる

もし結婚を考えている人であれば、相手に求める条件や理想というものは持っているものでしょう。

中でも、年収500万円を条件の1つとして挙げている女性多いです。

当然のことですが年収が全てではないことを前提として話を勧めますが、生活水準を守る・将来出産や育児のことを考えると、相手に求める年収が平均以上は稼いでいてほしいという現実的な考えからきているものと考えられます。

正直年収500万円では贅沢三昧な暮らしは送れないため、生活水準を守るという意味合いでこの数字を一つのラインとして設けているのではないでしょうか。

現在年収が平均程度である人で、年収アップが望める・目標としている人はまずは500万円を目指すのもいいでしょう。

年収1000万以上稼げる職業は?

医師や弁護士などの専門職

医師や弁護士などは、高い専門性が求められる専門職の代表的な例です。医師は、病気やけがなどの診断、治療、手術を行う専門職で、高度な知識や技術が求められます。

専門医を目指す場合は、医学部を卒業後、さらに6年以上の臨床研修を受ける必要があります。

一方、弁護士は、法律に関する問題についてのアドバイスや訴訟代理などを行う専門職です。

法律を学ぶ法科大学院を修了し、司法試験に合格することで、弁護士としての資格を得ることができます。

医師や弁護士などの専門職は、高い専門性が求められるため、高い報酬が支払われる傾向にあります。

ただし、その分、長時間労働やストレスが大きいというデメリットもあります。

また、医師は患者さんとの信頼関係を築くことが重要であり、弁護士はクライアントとの信頼関係を築くことが求められます。

そのため、コミュニケーション能力や人間性も重要な要素となります。

金融業界のトップ

金融業界のトップとは、企業や銀行などの金融機関で最高経営責任者(CEO)や最高財務責任者(CFO)などの要職につく人物のことを指します。

企業や銀行などのビジネスの方向性や戦略を決定し、経営をリードする役割を担っています。

金融業界のトップには、高い経営能力や洞察力が求められます。業界の動向をいち早く察知し、ビジネス戦略を的確に立てることが重要です。

また、金融業界は法規制が厳しく、コンプライアンスの遵守が求められます。金融機関が行う金融商品やサービスについて、常に法律や規制に則って運営することが大切です。

さらに、金融業界のトップには、コミュニケーション能力が求められます。

金融業界は、顧客との信頼関係が非常に重要であり、社内外の人々と良好な関係を築くことが必要です。

金融業界のトップには、高い報酬が支払われることが一般的ですが、その分、厳しいスケジュールやプレッシャーがあります。

しかし、金融業界は世界経済に大きな影響を与える重要な役割を担っており、その責任を担うことはやりがいのある仕事といえます。

外資系金融

ゴールドマン・サックスやシティグループのような外資系金融も、年収1,000万円を稼げる職業の1つです。入社直後のベース給や昇給額が高いため、安定して高収入を得られます。

また、仕事の出来高によって支給されるインセンティブ制度があり、成果次第で上限なしで収入を得られることも特徴です。

入社直後でも、高い成果を挙げれば年収1,500万円も夢ではありません。

外資系金融の求人を取り扱っている特化型の転職エージェントの利用がおすすめです。

大手総合商社

三菱商事や伊藤忠商事といった大手総合商社は、高収入を得られる代表的な職業です。全体の平均年収は約1,330万円で、従業員の大半が年収1,000万円以上稼いでいると言われています。

総合商社は事業規模が大きく、投資による収益が大きいことや求められるスキルの高さから、基本給やボーナスが高いです。昇給・昇格までに時間はかかるものの、低リスクで高収入を目指せます。

ただし大手の総合商社は入社のハードル自体がとても高いです。転職エージェントでも非公開求人として扱われていることも多いので注意しましょう。

IT企業の経営者やエンジニア

IT企業の経営者やエンジニアは、情報技術を活用してビジネスを展開するために必要な知識とスキルを持った人々です。

経営者は、企業のビジョンや戦略を考え、実行する責任を持ちます。特にIT企業においては、革新的なテクノロジーを開発し、新しい市場を創造することが求められます。

このため、先進的なアイデアを持ち、リスクを冒してでも新しいことに挑戦する姿勢が必要です。

一方、エンジニアは、ソフトウェアやアプリケーションの設計や開発を担当します。

IT技術の進化が著しく、新しいプログラミング言語やフレームワークが続々と登場しています。

そのため、常に最新の技術にアンテナを張り、学習することが求められます。

また、プログラミングには論理的思考力や問題解決能力が必要であり、単なる知識だけでなく、高いスキルや経験が求められます。

IT企業の経営者やエンジニアには、高い報酬が支払われることが一般的ですが、それに見合う高いレベルのスキルと努力が必要です。

また、IT企業はグローバルな市場に向けてビジネスを展開することが多く、多様な文化や言語に対応する国際感覚が求められます。

しかし、IT技術の進化によって、社会に大きな変革をもたらす可能性があり、その実現に貢献することができるやりがいのある仕事といえます。

コンサルタント

コンサルタントとは、企業や組織の課題解決や業務改善を支援する専門家のことを指します。

多くの場合、外部のコンサルタントが企業に対して支援を行いますが、一部の大企業では内部のコンサルタントチームを持つ場合もあります。

コンサルタントは、顧客の課題や要望を把握し、その解決策を提供することが主な業務です。

例えば、業務プロセスの改善、財務戦略の策定、人事制度の改革などが挙げられます。そのため、高度な知識や専門技術、コミュニケーションスキルが求められます。

また、コンサルティング業界はグローバルな市場になっており、多言語に対応し、異文化に対する理解が必要です。

また、プロジェクトによっては海外出張が必要になることもあります。

コンサルタントの報酬は高い傾向があり、大手コンサルティングファームに勤務するコンサルタントは、年収1000万円を超えることも珍しくありません。

ただし、高い報酬に見合うレベルの専門知識やスキル、責任感が求められる一方で、厳しいスケジュールや長時間労働といったストレスが生じることもあるため、適性と向き不向きをしっかりと考える必要があります。

大学教授

大学教授は、教育業界でトップクラスの年収を稼げる職業です。平均年収は約1,072万円(参考:厚労省)で、全職業の中で3番目に高いです。

通常の講義だけでなく、講演会や書籍の出版、メディア出演などの多様な収入源が見込めるため、本業以外で稼ぐチャンスが多くあります。

1,000万円以上の高収入が見込める職業ですが、就業難易度は非常に高いです。博士号を取得し、助教・講師・准教授と段階を踏む必要があるため、一般的に大学教授になれるのは40~50代と言われています。

広告代理店

広告代理店は、企業やブランドが製品やサービスを広告媒体を通じて消費者にアピールするために支援する企業です。

具体的には、テレビCM、新聞広告、ポスター、フライヤー、ウェブサイト、SNSなど、多様な広告媒体を活用して、広告クリエイティブ制作、メディアプランニング・バイイング、PR、マーケティングなどの業務を行っています。

広告代理店には、国内外に展開する大手のグローバル広告代理店や、地域密着型の中小企業が存在しています。

また、デジタル化が進む現代では、広告のオンライン化に対応したデジタルマーケティング業務にも注力している広告代理店も増加しています。

広告代理店には、コピーライターやアートディレクター、マーケティングプランナー、データアナリストなど、様々な職種があり、多様なスキルが求められます。

広告業界は、時代のトレンドや消費者のニーズが日々変化しているため、最新のトレンドやテクノロジーに敏感で、柔軟な発想力やチームワーク能力も重要です。

広告代理店には、広告収入に対して一定の手数料が発生するため、成功報酬型の取引が多い傾向があります。

報酬はプロジェクトやクライアントの契約内容によって異なりますが、一部の大手広告代理店では、年収1000万円を超えることもあります。

年収の勝ち組ラインに到達したら【節税】を意識しよう

ふるさと納税

ふるさと納税とは、自分が選んだ都道府県に寄附し、その寄附金が控除の対象となるものです。

控除の対象は寄附金の2,000円以外の全額となります。寄附をすると、その自治体から返礼品として特産物などを受け取ることが可能です。

ふるさと納税の詳細や手続きは自分が応援したい自治体のサイトから確認することができます。

控除の対象にもなり返礼品も受け取れて自治体の応援もできる、メリットが多いふるさと納税はおすすめです。

iDeCo

iDeCo(個人型確定拠出年金)は証券会社に資金を入れて自分で運用をし、老後の貯蓄額を増やせるものです。

小規模企業共済等掛金控除も受けることができ、控除金額の上限はなく預ける資金が多いほど控除金額が高くなります

年金を受け取る時も受け取った金額も控除対象となるため節税対策ができるのです。

ただし、自分で資金を運用しなくてはいけないのである程度の知識をつけてから始めましょう。

ふるさと納税は、直接的に税金を減らすことはできないことを覚えておきましょう。つまり本来自分が住んでいる自治体に払うはずの税金を、ほかの自治体に「前払い」しているイメージが近いです。

他の自治体に払うことで、お得な返礼品をもらえる仕組みがあるのでトータルで見てお得というだけです。

直接的に税金を減らすには控除など別の方法を探しましょう。

つみたてNISA・NISA

NISA/つみたてNISAは、一定の金額内で購入した金融商品から得られる運用益に対して、税金がかからなくなる投資制度です。

NISAは、株式や投資信託等を年間120万円まで購入でき、最大5年間非課税で保有できます。つみたてNISAでは、一定の投資信託を年間40万円まで購入でき、最大20年間非課税で保有可能です。

投資金額やタイミングを自由に設定したい人はNISA、毎月一定の割合で積み立てをする場合は、つみたてNISAを利用しましょう。

寄付金控除

国や県や市、特定の公共法人に寄付した場合、寄付額のうち一定金額が控除できそれだけ所得税が少なく済みます。

日本赤十字やユニセフなどが代表的な寄付先ですが、最近流行りのふるさと納税もこの制度に含まれます。

ふるさと納税について解説は不要かもしれませんが、年収に応じて上限金額がありますが、寄付30,000円行うと28,000円所得税が安くなるという実質差額2,000円の負担で、30,000円に応じた返礼品がもらえるという仕組みになっています。

年収の勝ち組ラインを超える・目指す方法

スキルアップや資格取得

スキルアップや資格取得は、自分自身の能力を高めることで、自分の市場価値を高めることができます。

具体的には、業務に必要なスキルを身に付けたり、新しいスキルを習得したりすることが挙げられます。

例えば、IT業界であれば、プログラミングやデータ解析、セキュリティ対策などのスキルが求められます。

また、財務、法務、人事などの専門的な知識や技能を身に付けることも重要です。

一方、資格取得は、自分のスキルや知識が一定の水準に達していることを証明するものです。

多くの職種で、特定の資格を取得することが必須条件になっていることもあります。

例えば、公認会計士、弁護士、医師などは、それぞれの資格を取得しなければなりません。

また、英語力を証明するTOEICやTOEFL、日本語教育能力検定試験など、語学力を証明する資格もあります。

スキルアップや資格取得を行うためには、自己学習や通信教育、専門学校や大学院などでの学習など、様々な方法があります。

また、職場の研修や、外部のセミナー・講座に参加することで、スキルアップや知識の取得を行うこともできます。

スキルアップや資格取得には、一定の時間とコストがかかることもありますが、自分自身の能力を高め、市場価値を高めることができるため、長期的な視点で見ると投資になると言えます。

しかし、どのスキルや資格を取得するかは重要な決断であり、自分自身の能力や市場のニーズに合わせた選択が必要です。

投資をする

投資で収入を増やす方法もあります。AIアドバイザーのように半自動で投資を代行するサービスもあり、初心者でも簡単に始められるのが魅力です。

ただし投資だけで年収1,000万円は難しいですが、総合的な収入の手助けになります。

もちろん元金が減るリスクがあり、大幅に収入が増えるものでもありませんが、手間を掛けずに収入を増やせる可能性が高いので、余裕資産は投資に回すのがおすすめです。

ただし、現年収が300~400万などの場合は投資効率が悪いため、投資するなら自分に投資して、投資に回せる資金を用意すべきです。

副業を始めて稼ぐ

起業するとは、自分自身でビジネスを始めることを指します。具体的には、自分自身が持つアイデアやスキルを活かし、商品やサービスを提供し、その対価として収益を得ることを目的とします。起業することには、以下のようなメリットがあります。

まず、自分自身が自由にビジネスを展開することができます。自分自身が考えたアイデアを自由に実現できるため、やりがいや自己実現感を得ることができます。

また、起業することで自分自身の能力やスキルを活かし、独自のビジネスモデルを作り上げることができます。これにより、競合他社との差別化や、新しい市場の開拓が可能になります。

しかし、起業するには以下のようなリスクもあります。

まず、ビジネスの成功が保証されていないことです。自分自身でビジネスを行うため、収益が得られるまでには時間がかかることがあります。

また、起業には資金や人材、設備などが必要となります。これらを自己資金でまかなう場合や、投資家から資金調達を行う場合もあります。

起業するにあたっては、市場や競合他社の分析、事業計画の作成、法務面の対応など多くの準備が必要です。また、起業後も経営者としてのスキルやマネジメント能力が求められます。

起業することは大きなリスクが伴う一方、自分自身のビジョンやアイデアを実現するための最も有効な手段の一つです。

起業には、豊富な情報収集や緻密な準備が必要ですが、成功すれば、多くの人々に貢献することができます。

ハイクラス転職をする

まず、自分自身のスキルや経験、キャリアプランを明確にすることが重要です。自分自身が狙うポジションや年収に必要なスキルや経験を把握し、自己分析を行いましょう。

次に、情報収集を行い、転職サイトや人材紹介会社を活用して、狙い目の企業や求人情報を探しましょう。

また、ネットワークを広げることも重要です。業界の専門家や先輩社員にアドバイスをもらったり、紹介してもらったりすることで、転職活動がスムーズに進むことがあります。

転職活動を行う際には、自己PRや面接対策なども重要です。自分自身の強みをアピールし、企業のニーズに合わせたアプローチを行いましょう。

ただし、ハイクラス転職には、現在の職場での成果や経験が求められます。

また、求人市場が厳しい場合や、自分自身のスキルや経験が不足している場合は、転職が難しいこともあります。

ハイクラス転職は、より高いポジションや年収を狙うために行われます。

自分自身のキャリアプランを明確にし、情報収集や自己PRに力を入れ、自己成長を促すことが重要です。

おすすめの転職エージェント

マイナビエージェント

「マイナビエージェント」は、20代や第二新卒のサポートが手厚い転職エージェントです。

2018年1月に実施された楽天リサーチの調査で「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」を獲得していることから若手の転職に強いエージェントとして名高いです。

未経験歓迎の求人情報も豊富で、転職先の選択肢となるのは従来いた業界以外にもたくさんあります。新たな業界にチャレンジしやすいのも、20代を中心とした若手ならではといえるでしょう。

またアドバイザーは担当している企業に通って情報収集を徹底している点が強みです。

どんな人材を求めているのかといったことから、企業側の要望のほかに社内の雰囲気や社員の様子など、実際に訪れてみないと分からない点までしっかりと調査してくれます。

さらに、初めての転職活動の人に対しても手厚いサポートをしています。

内定をした後でも、内定者と企業側それぞれからフィードバッグをもらっているので、内定をもらえた人・もらえたなかった人の人物像の把握につながるという仕組みを採用しています。

なお首都圏のみならず、地方の求人も数多く取り扱っているので、Iターン・Uターンで地方での就職・転職を検討している人にも求人を見つけやすいのがうれしいポイントでしょう。

対象年代 年齢制限なし
対象者 全業種・職種
利用料金 無料
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
書類添削 あり
面接指導 あり
営業日 カスタマーセンター:平日10:00~18:00
キャリアカウンセリング:平日9:30~20:30開始/土曜日:9:30~17:30
電話面談
拠点一覧 東京、新宿、横浜、札幌、静岡、名古屋、京都、大阪、兵庫、福岡

doda

dodaは、経験者採用に力を入れている転職エージェントです。キャリア面談から求人紹介、選考対策に至るまで、手厚く丁寧なサポート体制が強みで、20代や転職が初めての方に特におすすめです。

大手企業のみならず、中小の有料企業や非公開求人も数多く取り扱っているので、幅広い規模の会社から見つけたいという人にもおすすめです。

さらに転職エージェントの機能だけでなく、転職サイトとしての機能も備えているので、求人を自分で探して、応募から面接については担当アドバイザーにフォローしてもらう」という使い方もできます。

また、エンジニア向けのIT系、モノづくり系エンジニアそれぞれに独自の検索項目を設定しているため、 自分にぴったりの求人情報を探すことができます。

なお全国的な転職フェアも定期的に催しており、地方の方も利用できます。

対象年代 年齢制限なし
対象者 全業種・職種
利用料金 無料
書類添削 あり
面接指導 あり
面談可能時間 平日(9:00~20:30)
土曜(10:00~19:00)
本社住所 東京都千代田区丸の内2-4-1
丸の内ビルディング27F
電話面談 可能

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、求人数が業界トップクラスの転職エージェントです。

実際の転職活動では、企業情報に詳しいアドバイザーが書類の添削を行なってくれるので、企業のニーズに合った書類を作成することできます。

また、面接対策や、書類添削のサポートも充実しており、過去45万人以上の転職支援実績をもとに徹底的にサポートしてくれます。

さらにここがリクルートエージェントならではの魅力といえるのが「企業側への交渉」です。言い出しにくい年収交渉や条件提示にも積極的に対応しているので、成立すれば数百万円の年収アップも見込めます。

交渉に関して力を入れてほしいとお考えの人にはぜひともおすすめしたいエージェントです。

対象年代 年齢制限なし
対象者 全業種・職種
利用料金 無料
書類添削 あり
面接指導 あり
面談可能時間 平日(10:00~19:30)
土(10:00~18:00)
日(10:00~17:00)
電話面談 可能

まとめ

年収は500万円・800万円・1000万円の3つラインがあることを紹介しました。

ただし、年収が高いからといって、必ずしも全ての人が「勝ち組」と言えるわけではありません。

年収だけでなく、健康や家族関係、仕事のやりがいなど、人生の幸福度を決定する多くの要素があります。

とはいえ、一つの目標にしている人も多い「勝ち組ライン」を目指すためには転職が有効なことが多いです。

現在の会社で年収アップが難しい場合には転職を検討してみてはいかがでしょうか。

【学歴不問!未経験OK!】安定企業のITエンジニアになりませんか?

未経験からITエンジニアになれる3つの理由!

  • 入社後に社内研修がある!
  • 人柄とやる気を重視した採用!
  • 単純にエンジニアが不足している!

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次