手取り30万円はすごい?額面・年収いくら?生活レベルや目指せる職種を徹底開設!【2023年2月最新】

【結論】口コミで分かった編集部おすすめ転職エージェント

結論!当サイトが口コミをリサーチした結果、みんなから支持を得ている転職エージェントは次の3つだと判明しました!

どれのエージェントに登録しようか悩んでいる方は、複数登録することをおすすめします!

複数のエージェントを掛け持ち登録をしてたくさんの求人を紹介してもらい転職活動を有利に進めていきましょう!

1位:マイナビエージェント

  • 新卒サイトNoのマイナビが運営
  • 金融・メーカー・ITの転職支援に精通
  • 20-30代の若手の転職支援に定評

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『doda』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

2位:doda

  • リクルートと並ぶ求人数を保有するエージェント
  • リクルートが保有していない優良求人案件に出会う確率が高い
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

よく読まれる記事

3位:リクルートエージェント

  • 求人数No.1を誇る大手転職エージェント
  • 年収750万円以上のハイクラス層向けに『リクルートダイレクトスカウト(by リクルート)』も運営
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『doda』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

手取り30万円というとどんな生活レベルなのか?年収はどれくらいなのか?と気になる人も多いでしょう。

ここでは、手取り30万円の人の生活水準や年収、また手取り30万円の人の仕事例などを詳しく紹介していきます。

さらに手取り30万円を目指す方法なども挙げていくので、これから手取り30万円到達に向けて頑張りたい方も必見です!

目次

手取り30万円の人の年収・月収

まず手取り30万円の人の年収や月収についてですが、これはボーナスの有無によって大きく異なります。そのため、ここではボーナスありとなしで一例を紹介していきます。

ボーナスなし

まずはボーナスなしの月収と年収を見ていきましょう。手取り30万円の人の場合の月収はおよそ38万円となります。

なお額面38万円、手取り30万円の人は30代後半~40代前半の人に多い金額です。

手取り30万円を目指す人は、額面で38万円を超えるようにする必要があるでしょう。

だいだい額面の金額から2割ひかれたのが手取りだと考えてください。

この2割の中には、所得税や住民税といった税金関連、そのほかに社会保険料が入っています。

このほかは会社によって違うので、入社する前に確認をすることをおすすめします。

なお、額面から各種引かれる税金の中でも「住民税」は居住地域によって異なるので、額面で38万円言っていても手取り30万円を下回ってしまうこともあります。

ボーナスあり

ボーナスは利益を還元するための一時金という扱いなので、金額などは会社やその年の利益によっても様々です。

大体基本給の●●か月分といった基準から算定されます。さらに業績を上げた人には追加で支払われることもあります。

年間2回ボーナスだとして、1回のボーナスで基本給の2か月分、年間にすると基本給の4か月分が支払われる計算とします。

月収が38万円だとして、年間152万円支給されることになります。

そのためボーナスを含めた年収は「608万円」となります。

ここで年収500万円を超える人が全体のどれくらいなのか見ていきましょう。

年収 全体 男性 女性
100万円以下 8.1% 3.5% 14.3%
200万円以下 13.3% 6.7% 22.5%
300万円以下 14.8% 10.5% 20.9%
400万円以下 17.4% 16.9% 18.0%
500万円以下 15.0% 17.5% 11.4%
600万円以下 10.5% 13.8% 5.9%
700万円以下 6.7% 9.4% 3.0%
800万円以下 4.6% 6.8% 1.7%
900万円以下 2.9% 4.4% 0.8%
1,000万円以下 1.9% 3.0% 0.4%
1,500万円以下 3.5% 5.4% 0.8%
2,000万円以下 0.8% 1.3% 0.2%
2,500万円以下 0.3% 0.4% 0.1%
2,500万円超 0.3% 0.5% 0.1%

出典:令和3年分民間給与実態統計調査

なお、民間給与実態統計調査によると年収500万円を超えている人の割合は全体の10.5%ほどです。

年代別にすると、年収500万円超えは40代後半くらいからとなっているので、20代・30代で年収500万円超えは少ないことが分かります。

20歳 271万円(男性294万円 女性254万円)
25歳 341万円(男性358万円 女性323万円)
30歳 407万円(男性435万円 女性365万円)
35歳 450万円(男性488万円 女性387万円)
40歳 485万円(男性539万円 女性402万円)
45歳 504万円(男性568万円 女性404万円)
50歳 557万円(男性623万円 女性419万円)
55歳 627万円(男性680万円 女性446万円)
60歳 668万円(男性698万円 女性456万円)
65歳 534万円(男性534万円 女性547万円)
ボーナスがあることで、年収を引き上げてくれるのでボーナスありの会社を目指すというのもいいでしょう。

手取り30万円の人の生活水準

独身・実家暮らしの場合

まずは独身で実家暮らしの人の生活水準を見てきましょう。

出費 金額 備考
家賃 60,000円 実家への生活費
水道光熱費 0円
食費 35,000円 外食費等
携帯代含む通信費 10,000円
交通費 4,000円
趣味含む娯楽費 50,000円
雑費 6,000円
貯金 135,000円

独身かつ実家暮らしの場合は家賃といった大きな出費がない分、手取り30万円であれば余裕があるでしょう。なお実家に生活費として6万円をいれたとしても、貯金もしつつあまり節約を意識しなくても問題ありません。

しかし実家暮らしなら外食や趣味でお金を使いつつ、結婚後や老後に備えた貯金も可能です。

なお実家暮らしの方は、手取りの40%以上は貯金することをおすすめします。手取り30万の40%は12万ですが、特に意識せず目安額以上を貯金できるでしょう。

独身・1人暮らしの場合

独身で一人暮らしの人の場合を見ていきましょう。先ほどの実家暮らしの人よりは余裕が減りますが、使い方によっては余裕があります。

出費 金額 備考
家賃 100,000円
水道光熱費 10,000円
食費 45,000円 1日1,500円計算
携帯代含む通信費 10,000円
交通費 4,000円
趣味含む娯楽費 50,000円
雑費 6,000円
貯金 75,000円

手取り30万あれば、独身なら余裕がある生活が送れます。家賃10万円の家に住んでいても特に節約を意識しなくても問題ないでしょう。

趣味や娯楽に毎月5万円程使っても貯金に回せるだけの余裕はありますし、生活を送っていて余った分を貯金に回すだけでも7.5万円程度貯金できる計算です。

しかし、趣味や習い事、そしてショッピングや旅行など、お金の使い方には注意しましょう。そこまで自由に使える余裕はないので、支出を管理して、貯金分を残しておくようにしてください。

夫婦・カップルの場合

夫婦・カップルで2人暮らしの場合の暮らしぶりを見ていきましょう。

出費 金額 備考
家賃 100,000円
水道光熱費 15,000円
食費 75,000円 1日2,500円計算
携帯代含む通信費 16,000円 家族割加入
交通費 8,000円
趣味含む娯楽費 30,000円
雑費 10,000円
貯金 46,000円

手取り30万円の2人暮らしは十分可能です。都内でも10万円で1LDK以上の物件は十分探せるだけでなく、広い家なら、近隣の県の駅が近い物件も選択肢に入れられるでしょう。

なお家賃を10万円までに抑えておけば、娯楽に多少使っても貯金に回せるお金が残せます

家族4人の場合

出費 金額 備考
家賃 120,000円
水道光熱費 20,000円
食費 70,000円 1日2,300円計算
携帯代含む通信費 16,000円 家族割加入
交通費 8,000円
養育費 20,000円
保険代 25,000円
雑費 20,000円
貯金 1,000円

1人だけの収入が手取り30万円の場合には、生活をしていくだけなら可能ですが、貯金まではなかなか余裕が出ないでしょう。

節約生活をしても、余裕があるわけではないので、パートナーにも収入を得る方法を見つけた方がいいです。

ただし基本給が高い会社や、家賃補助や家族手当などの福利厚生が整っている会社への転職も良いでしょう。

手取り30万円の家賃目安はどれくらい?

家賃相場は約10万円程度

手取り30万円程度であれば、家賃の目安は大体10万円程度を見ておきましょう。手取り額のおよそ33%程度が相場といわれているからです。

なお家賃相場を年収ベースとして考慮すると、25%程度を目安にしましょう。

ボーナスがない場合、年収456万円の25%は114万円なので、12ヶ月で割った9.5万円が適正な家賃目安になるからです。

とはいえ、あくまでも目安となっているので、一人暮らし・既婚者など生活スタイルによって必要となる生活費や家賃に使える費用は変化するでしょう。

いずれにせよ家賃はできるだけ抑えて、貯金・投資といったものに使えるようにすることをおすすめします。

地域別の家賃相場

エリア 1人暮らし
(1K/1DK)
2人暮らし
(1LDK/2K/2DK)
3・4人家族
(2LDK/3K/3DK)
東京23区 7~9万円 9~12万円 10~15万円
東京23区外 5~7万円 7~10万円 8~12万円
首都圏
(神奈川・埼玉・千葉)
5~7万円 6~9万円 7~10万円
主要都市
(大阪・名古屋・福岡)
4~6万円 6~8万円 7~10万円

参考:全国の家賃相場|SUUMO

先ほど紹介した家賃目安である10万円で暮らすとしると、一人暮らしの場合は東京23区でも十分な物件を探せるでしょう。さらに東京23区以外だったとしても首都圏であればさらに良い条件の物件・広い間取りの物件も探せます。

2人以上なら、安めの物件を探せば東京23区内でも住めるでしょう。ただ、築年数が古かったり、駅から距離があったりと、多少妥協が必要でしょう。

手取り30万円でできること

貯金

気になるのは貯金事情でしょう。ここでは生活スタイルごとに目安額を紹介します。

生活スタイル 貯金目安額
独身・実家暮らし 135,000円
独身・1人暮らし 75,000円
夫婦・カップル 46,000円
家族4人 1,000円

一人暮らしや二人暮らしなら貯金は十分可能ですが、子供が2人になると厳しくなってくるでしょう。

貯金ができるかは生活状況によってもまちまちですが、もし手取り30万円で厳しいという場合には収入アップに向けて何か検討しましょう。

現職で収入アップが難しい場合には、転職を視野に入れることもおすすめします。

住宅ローンの目安

手取り30万円の年収を450万円と見積もった場合、借入限度額あおよそ3700万円程度です。

年収のおよそ8.4倍あたりが借入可能額になるからです。もちろん金融機関によっても借り入れ上限額は異なるのであくまでも目安程度と思っておきましょう。

マイホーム購入を検討する際には、3700万円以下での資金計画を練る必要があります。

さらに予算内におさまっている方は、返せる金額かどうかを確認してください。

あくまで「借り入れられる金額」ですので、返済が可能かどうかは別途考える必要があります。

毎月の返済額目安

手取り30万円の人の毎月の返済額の理想は、およそ6万円程度です。

一般的に手取り月収のおよそ20%程度を住宅ローン返済にあてるのが理想的といわれているからです。

これを「返済比率」と呼び、住宅ローンや他の借金も含めたすべての返済額が年収に占める割合を表します。

もちろん頭金がいくら用意できるのか・金利がどれくらいに設定されるかによっても異なるので、シミュレーションを活用したり、金融機関で相談してみたりがおすすめです。

出産・子育ては可能?

手取り30万円で出産・子育て自体は可能です。ただし、妊娠や出産には一時的に40万円以上のお金が必要になるので、しっかりと備えておくことが大切です。

自治体によっては補助金が受けられるので経済的な支援を受けることも重要になります。

なお出産育児一時金は、病院などで案内され子供一人につき一律で42万円もらえます。

出産一時金 厚生労働省
出産一時金の支給額・支払方法
出産育児一時金 全国保険協会
子供が生まれたときの出産育児一時金
育児休業給付金 厚生労働省
育児休業給付に関するQA
経済支援条件表 厚生労働省
産前産後休業中、育児休業中の経済

なお、補助金によっては、後で申請することがあるので、あらかじめ自分のお金で一時的に支払う必要があることに注意しましょう。

手取り30万円を目指せる職種・業種

営業職

手取り30万円を目指せる職業として代表的なのが営業職でしょう。

「インセンティブ制度」を採用している会社が多いので、営業スキルが高いほどに、年収をアップさせることができるからです。

中でも不動産といった単価の高い商材を扱っている業種の場合は、1件だけ契約が取れるだけでも数百万円といったインセンティブが受け取れる可能性も。

さらに営業職はほかの職種よりも未経験者でも挑戦しやすく求人数も多い傾向にあるので、手取り30万円以上を目指す人にもおすすめできます。

ITエンジニア

ITエンジニアも平均年収が高く、手取り30万円を狙いやすい職種です。

特に新しい開発言語を習得しているエンジニアの収入が高くなる傾向があります。

プログラミング言語別の平均年収ランキング」によると以下の通りになっています。

順位 言語 平均年収
1位 ABAP 661万円
2位 R 656万円
3位 Peal 630万円
4位 VC・VC++ 630万円
5位 Delphi 629万円

つまり使う言語によって年収が大きく違ってくるということになります。

そのため、手取り30万円以上を目指すのであれば、平均年収の高い言語を選ぶのがポイントです。

金融系職種

金融業界の平均年収は455万円となっています。手取り300万円の年収が456万円なので、金融業界の平均手取り額は30万円程度と考えられます。

さらに未経験者でもチャレンジできる求人案件もあるので、職種を変えたいという人にもおすすめできます。

看護師などの専門職

厚生労働省が発表している「令和2年賃金構造基本統計調査」によると、看護師の平均年収は441万円となっています。

そのため、手取り30万円以上を狙う場合は看護師も視野に入ります。

さらに看護師は夜勤や当直がある場合も多いため、シフトによっては夜間手当などももらえる可能性があります。

ボーナスなども安定して支給される職種でもあるので、年収500万円以上も珍しくありません。

ただし看護師は国家資格であることと、看護学校に通う必要があるため、人生を大きく変えても稼ぎたいという人にはいいでしょう。

手取り30万円を目指すには

昇進・昇給を目指す

最も現実的な方法は、昇進や昇給を目指すことでしょう。現職でスキルを磨く・実績を積むことで収入がアップする見込みがあれば頑張ってみるのもいいでしょう。

ただし会社の業績や商流が低い場合、業界の構造t歴に大きな上げ幅が見込めない場合は難しいこともあります。

目指す場合には、自分の会社でどれくらいまでアップできるのかを確認しておくことをおすすめします。

上司や人事部に相談した上で手取り30万円を目指すのが可能かどうか明確にしておきましょう。

副業する

昨今は副業をしている会社員も増えました。会社も副業をOKにしているところも増えているからです。

副業の種類にもよりますが、月に5万円以上稼ぐことができれば合計で手取り30万円以上到達することも視野にはいるかもしれません。

しかし副業を行う際は、将来的に役立つスキルが身に付くものを選ぶことがおすすめです。

副業の中にはデータ入力やアンケート回答など、単純作業で稼げる仕事もあります。

将来的に役立つスキルが身に付く副業を選ぶことで、独立や起業といったキャリアアップを図れる可能性も高められます。

副業の種類 身に付くスキル
Webライター ライティングスキルやSEOなどのWebマーケティングスキルが身に付く。
ライターとして成果を上げればディレクターに昇進することも可能。
動画編集者 Adobe製品を使用した動画編集スキルや映像編集スキルが身に付く。
今後もYouTubeやTikTokといった動画サイトの伸長が予想されるので高い需要も期待できる。
プログラマー htmlやCSSなどは副業でも取り組みやすい。
PHPなどのサーバーサイド言語も習得できればフリーランスや起業なども夢ではない。

ただ稼ぐだけでなく将来的にスキルアップにつながるものを選ぶことをおすすめします。

投資

手取り30万円を目指す際は、投資を始めてみるのもおすすめです。

最近では少額投資ができたり、自動売買ツールを用意していたりする証券会社も多くあります。

リスクが少なく、コツコツと投資活動できる環境も整えられているので試してみましょう。

ただし、投資は一定のリスクがあるので注意が必要です。

「投資で億万長者になってやる!」とは思わず、まずは収入の1パーセント程度からコツコツ初めてみましょう。

転職する

現職で昇進や昇給が難しいという場合には転職を検討するのもいいでしょう。実際に転職することで、年収アップを実現した人も多くいます。

下表は厚生労働省が発表している「令和元年 雇用動向調査」おいて、転職者の転職後の収入の変化の割合を示したものです。

収入が上がった 変わらない 収入が下がった
34.2% 27.9% 35.9%

3割以上の人が転職をした結果年収がアップしたことが分かります。ここで見逃してはいけないのが、それ以上に収入が下がってしまった人もいるということです。

年収が落ちてしまった原因は人それぞれですが、好きで年収を下げているわけではないでしょう。

もし年収を下げたくない・上げたいという場合には、転職エージェントのサポートを受けるのもおすすめです。

転職業界のプロがしっかりとサポートしてくれるので安心です。

エージェントでは書類の添削や面接対策などもしてくれるので、初めての転職の人や失敗したくないという人にもおすすめ。

手取り30万円で快適に生活する方法

予算の管理

普段から何となく買い物をしていた場合、どれくらいお金を使っているか分かりづらくなってしまいます。どれくらい使っているかを明確にするために、普段から予算を管理するくせをつけましょう。

家計簿をつける必要はなく、最近はレシートを読み取ってくれたり、銀行口座やクレジットカードと連携ができるサービスもあります。

予算管理に時間をかけ過ぎるのは、時間が非効率になるため良くないですが、時間をかけずに管理できるアプリなどが出てきているので活用していきましょう。

たとえば食費・日用品費・娯楽費・交友費といったように費用ごとに予算をあらかじめ割り振っておくと、予算内でおさめようという気持ちになるのでおすすめです。

慣れてくると、あまり時間をかけなくても予算管理ができるので、まずはゆるく始めてみることをおすすめします。

散財に注意

毎月給料日前になるとカツカツ…という声はよく耳にします。

毎月自分が何にどれくらいのお金を使っているのか把握しているでしょうか。セールや値引きされていると、そこまで欲しくないのに、ついつい衝動買いしてしまうということはないでしょうか。

そんな時に限ってあまり必要ではなかったと後に気づくこともよくあります。

今一度自分にとって本当に必要なものなのか・ほしいものなのかを見極めることで、散財を防ぐことに役立ちます。

ポイ活・クーポンの利用

最近はTポイント、Dポイント、nanacoポイントなどのポイントサービス、またセブンイレブンなどのコンビニ、ドラッグストア、スーパーなど様々な店でクーポンを提供しています。

ポイントはなかなか貯められないと思っているかもしれませんが、意外と貯まります。

また、TポイントやDポイントなどは複数の店で貯まるため、意外に貯まりやすいです。

さらに最近はクーポンもそれぞれの店で発行しているため、こまめに利用するのも良いでしょう。

保険の見直し

保険の見直しは定期的に行うことをおすすめします。年齢やライフスタイルの変化などで、必要な保険が変わることが多いからです。

また保険は時代の変化や医療の発達によって、どんどん新しい商品が誕生します。

オンラインだけで見積もり・比較ができるサイトもあるので、自分にとってどれがお得で最適な保険があるかを調べるのもいいでしょう。

通信費の見直し

スマホやパソコンを使っていない人はいないといわれるほどの時代になった昨今、通信費は電気やガス・水道といったインフラと考えても差し支えないでしょう。

特にスマホの場合は、大手キャリア3社以外にも、格安SIMを提供している通信会社も多く存在します。

通信のクオリティはそのままに、月々の通信費が半分以下になることも多いので格安SIMへの乗り換えはぜひ検討してほしいです。

特に固定費は毎月支払いが必須なコストなので、固定費を抑えることで年間コストもぐっと抑えることが可能になります。

ガス・電気など固定費の見直し

ガスや電気は自由化になっているので、自分で自由に選べます。会社によってはガスと電気をセットで契約することで「セット割」が適用されるので、お得になることも。

サイトによっては比較シミュレーションを用意しているので、現在契約している会社と乗り換えを検討している会社でどちらがお得かがすぐにわかります。

レンタルサービスの活用

レンタカーをはじめ、現在は色々なものをレンタルできる時代です。中でも家電レンタル・ガジェットレンタルがおすすめです。

例えばお子さんの運動会・入学式といったイベントで使うデジタルカメラや三脚は、普段ほとんど使わないことが多いでしょう。

数回しか使わないものに何万円をかけるのではなく、レンタルであれば数千円で借りられます。

荷物が多いという人は、レンタルスペースを借りることで、かさばるけど捨てられないものを保管することもできます。

車に関してもマンスリーやウイィークリーといった借り方もできるので、コストをできるだけ抑えることも可能です。

手取り30万円の仕事を探す際のポイント

実績・スキルがないと厳しい

手取り30万円を目指すための転職には、実績・スキルがないと厳しいでしょう。未経験者がいきなり年収450万円を手にすることは難しいからです。

手取り30万円の企業の面接では、保有スキルや実績などをかなり深く掘り下げられると思っておくと良いでしょう。

具体的には、実務経験5年以上かつ、具体的に数字で表現できる成果があることが求められます。

同業種での転職がおすすめ

スキルや実績がないと手取り30万円以上を目指した転職は難しいと紹介しました。

そのため、基本は同業種での転職がおすすめです。

同業種からの転職の場合は、業界構造を理解していたり、実務経験が豊富だったりすることが多いため、高い評価を得られる場合も多いからです。

特に競合他社に転職する場合は、歓迎される可能性が高いでしょう。

もちろん業界の構造上難しい場合でなければ、基本的には同業種での転職をおすすめします。

未経験業種にチャレンジして年収アップを狙う

同業種への転職では業界全体の平均年収が低いために手取り30万円以上が見込めないという場合も多いです。

その場合は思い切って未経験の業種にチャレンジするのもありです。

  • IT業界
  • 医療業界
  • Webマーケティング業界

以上の業種は将来性の高い業界といわれているので、年収アップも見込めます。

ただし未経験から異業種に転職する場合は、一時的に年収が下がる可能性もあるため注意しましょう。

未経験は、どうしても新卒と同等の金額で雇われるケースも多いです。

将来的には手取り30万円も可能ですが、まずは低い年収からスタートする覚悟も必要です。

福利厚生もチェック

年収・手取りを重視することも大切ですが、福利厚生も必ずチェックしましょう。

一見、手取り30万円に届かない年収を提示していても、福利厚生を利用することで手取り30万円と同等の生活を送ることもできるからです。

例えば、以下の福利厚生が用意されている場合は、実質手取り30万円と同じくらいの生活を送れる可能性もあります。

  • 社員寮完備
  • 住居手当支給
  • 持ち家補助

手取り30万円に少し届かないという場合でも、住居費がかからない・抑えられることも十分に可能だからです。

企業研究をしっかり行う

就職活動・転職活動どちらにもいえることですが、企業研究はしっかりと行いましょう。企業研究を行い社風や会社の雰囲気を掴んでおけば、入社後のミスマッチも防げます。

企業研究では、口コミサイトの利用も有効です。そこでは、現職の社員や元社員が年収、評価制度や社風などについての正直な口コミが記載されているからです。

社員だからこそわかる内部事情について詳しく知れるため、本当に自分に合っている企業なのか判断する参考になるでしょう。

もちろん転職エージェントを使って詳しく調べることも可能ですが、自分でも調べるようにしましょう。

まとめ

手取り30万円の人の年収や生活水準などを詳しく紹介していきました。手取り30万円の人は、ライフスタイルによって暮らしぶりが大きく異なります。

現在手取り30万円に到達していない人は、現職で年収アップを狙うほか、転職を検討するのもいいでしょう。

そこで転職エージェントのサポートを受けて活動することをおすすめします。

業界のプロがしっかりとサポートしてくれるので、入社後のミスマッチを回避することにも役立ちます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次