【アクセンチュアの転職難易度は高い?】評判や募集職種、選考対策を徹底解剖!

出典:https://www.accenture.com/jp-ja

アクセンチュアは、アイルランドに本拠地を置く世界最大級の総合コンサルティング企業です。

世界120ヵ国以上に事業を展開しており、世界のトップ企業100社のうち約95%がアクセンチュアの顧客と言われています。

今回は、そんなアクセンチュアの日本法人『アクセンチュア株式会社』の転職難易度や年収、評判などを詳しく解説していこうと思います。

アクセンチュアに転職を考えている方は、是非こちらの記事を参考にしてみてください。

目次

アクセンチュア株式会社の企業情報

出典:https://www.accenture.com/jp-ja/about/company/japan

会社名アクセンチュア株式会社
代表者江川昌史
設立(日本)1995年12月
資本金3億5千万円
従業員数約18,000人(2022年3月1日時点)
本社所在地(日本)【赤坂インターシティAIR】
〒107-8672
東京都港区赤坂1-8-1
赤坂インターシティAIR(受付:8F)
電話番号03-3588-3000
事業内容◇経営コンサルティング◇
◇デジタルマーケティング◇
◇ITコンサルタントサービス◇
◇アウトソーシング◇
◇テクノロジー・サービス◇

アクセンチュア株式会社の転職基礎知識

出典:https://pixabay.com/ja/

福利厚生・制度・手当

福利厚生
◇確定拠出年金制度

◇従業員株式会社購入プラン

◇長期収入所得補償

◇法人会員及び契約施設・ホテル等の割引特典

◇ポイント・割引サービス

◇健康(保険組合)サポート
働き方
◇フレックス制度

◇在宅勤務制度

◇短日短時間勤務制度
休暇・手当
◇年次有給休暇
◇私傷病休暇
◇出産休暇
◇介護休暇
◇結婚・忌引休暇
◇リフレッシュ休暇
◇ボランティア休暇
◇母体保護休暇
◇配偶者・ライフパートナー出産休暇
◇子の看護休暇
◇育児休憩時間
◇育児休業
◇時間外勤務手当
◇深夜勤務手当
◇出張手当
◇住宅手当
◇交通費支給
◇ベビーシッター補助
◇内閣府ベビーシッター割引券の無料配布
◇ベビーシッター法人契約
◇育児コンシェルジュサービス
◇クラブ活動(スポーツ部・文化部)

上記を見ると、アクセンチュアの福利厚生はかなり充実していると言えるでしょう。

特に、健康保険組合のサービスがかなり充実しており、毎年3万円ほど自由に使えるポイントが支給されるそうです。

また、健康診断を一度受けるだけでも10000ポイントほど貯まるので、それをさまざまな健康グッズ購入の代金として使用することも可能です。

残業時間

一昔前のアクセンチュアは、「高収入だけど激務」だと言われていました。

月あたりの残業時間は100時間を超えており、1日5時間ほどの残業が当たり前だったようです。

近年では働き方改革で労働時間の改善が行われ、月45時間以上の残業を原則禁止としています。

そのため、一昔前と比べると残業代が出ない分給料が下がってしまったという声もあるようです。

また、部署や時期によって残業時間が45時間を超えてしまった場合は、超過分を請求できないと言った口コミもありました。

希望する部署の残業について詳しく知りたい場合は、転職エージェントに相談することをおすすめします。

アクセンチュア株式会社の転職難易度と選考対策

出典:https://pixabay.com/ja/

アクセンチュアの転職難易度は高い方だと言えます。

その理由は、年収の高さや充実した福利厚生、世界最大手のコンサルティング企業という安定性などから、転職希望者が多いことが挙げれられます。

また、アクセンチュアは実務経験や高い英語力が求められるため、実務未経験から転職するのはかなり難しいです。

未経験でアクセンチュアに転職したい場合は、コンサルティングのスキルを身に付け、法人営業などで経験を積むことから始める必要があります。

実務経験がある場合でも、面接対策をしっかりとおこない、身につけてきた経験や、自分の強みとなるアピールポイントをしっかりと確認しておくようにしましょう。

選考対策

アクセンチュアの選考対策として、アクセンチュアの行動方針「コアバリュー」を理解しておくことが重要になります。

自分がアクセンチュアのコアバリューにマッチした人材であることを、具体的エピソードをまじえて自己PRで伝えられるよう準備をしておきましょう。

また、競合とされる有名コンサルタント会社を調べてアクセンチュアとの差別化をしておくと良いでしょう。

面接内容は、応募ポジションによって異なります。

戦略コンサルの場合は「ケース面接」が、テクノロジーやインタラクティブ採用の場合は「通常面接」が重視されているようです。

応募ポジションの面接がどちらを重視しているのかを調べてから面接対策準備をするようにしましょう。

アクセンチュア株式会社の募集職種

出典:https://www.accenture.com/jp-ja/careers/jobsearch?jk=&sb=1&pg=1&vw=0&is_rj=0

アクセンチュアで募集している職種は以下の通りです。

エンジニア職◇クラウドアーキテクト◇
◇AMOコンサルタント◇
◇CDP・BIコンサルタント/CDP・BIエンジニア◇
◇Oracleコンサルタント◇
◇RPAコンサルタント◇
◇モバイルエクスペリエンスコンサルタント◇
◇インテリジェント オートメーション コンサルタント◇
◇ソリューション・エンジニア◇
◇AWSエンジニア・AWSコンサルタント◇
◇ECエンジニア/ECコンサルタント
◇グローバルシステムコンサルタント◇
◇クオリティ&テスティングコンサルタント◇
◇SAPコンサルタント◇
◇システムコンサルタント・エンジニア◇
◇ITトランスフォーメーションコンサルタント◇
◇ソフトウェアエンジニア◇
データサイエンティスト職◇データドリブン コンサルタント◇
◇カスタマー&セールス データ&ビジネスアーキテクト(D&B)◇
◇AIアーキテクト◇
◇ビジネスコンサルタント◇
マーケティング職◇デジタルマーケティングコンサルタント◇
◇カスタマー&セールスコンサルタント◇
◇オペレーショントランスメーションコンサルタント◇
◇テクノロジー コンサルタント◇
◇セールスエンジニア◇
◇エクスペリエンステクノロジーコンサルタント◇
◇マーケティングシステムエンジニア◇
◇プランナー オペレーションズ◇
◇プロジェクトマネージャー◇
◇エクスペリエンスコンサルタント◇
◇マーケティングサイエンティスト◇
◇CXデザインコンサルタント、CXデザインアーキテクト、プロダクト・マネージャー◇
◇UXコンサルタント◇
◇プロデューサー◇
◇インダストリーコンサルタント◇
◇アカウントマネジメントコンサルタント◇
◇プロキュアメントソリューションズ(シニアアナリスト−アソシエイト・マネージャー)◇
◇モビライゼーション◇
◇BPOセールス◇
クリエイティブ職◇コピーライター/シニアコピーライター◇
◇プロデューサー/シニアアートディレクタ◇
◇シニア・ブランド ストラテジスト/コミュニケーション・ストラテジーディレクター◇
◇アカウントマネージャー◇
◇コンテンツデザイナー/インタフェイスアーキテクト◇
◇クリエイティブディレクター◇
◇デジタルコンテンツマネジメント
◇ストラテジックコミュニケーションデザイナー◇
◇3DCGアーティスト(ジェネラリスト)◇
◇フロントエンジニア◇

上記以外にも、アクセンチュアではさまざまな職種が募集されています。

時期によって募集している職種は異なりますので、給与や労働条件などを採用情報で確認しておきましょう。

アクセンチュアの採用募集ページ>>

アクセンチュア株式会社の年収

出典:https://pixabay.com/ja/

アクセンチュアの平均年収は以下の通りです。

平均年収:約853万円

職種や年代によって年収額は大きく異なります。

ここからは、「年代別」「職種別」の平均年収を解説していきます。

年代別平均年収

年代想定平均年収
20〜24歳約577万円
25〜29歳約694万円
30〜34歳約739万円
35〜39歳約849万円
40〜44歳約952万円
45〜49歳約1,072万円
50〜54約1,159万円
55〜59歳約1,149万円
60〜65歳約962万円

職種別平均

職種想定平均年収
エンジニア・SE約616万円
コンサルタント約902万円
テクノロジー約922万円
アナリスト約569万円
マネージャー約1,060万円
シニア・マネージャー約2,000万円
マネジング・ディレクター約2,750万円

アクセンチュア株式会社の評判・口コミ

出典:https://pixabay.com/ja/

ここからは、アクセンチュアで働いていた元社員や、現在も働いている方からの「評判・口コミ」を紹介していきます。

良い評判・口コミ

【ワークバランス】
時間を有効に使えているという観点では、コロナ流行以降は原則テレワークとなっており、無駄な通勤時間や出張の移動時間が省けています。
また、残業を実施する際にはこちらの対応可否を確認していただけます。
そのため、無理な残業指示は発生しない仕組みになっています。
繁忙期などで業務が捌き切れない状況が発生する場合もありますが、そのような場合にもこちら側の都合を伝えることで、残業を回避できます。
有休も取りやすい方だと感じます。
通院の場合などには、有休とは別枠のシークリープを利用することが可能です。

【女性の働きやすさ】
言い方は悪いですが、ひどい仕事さえしていなければ、女性の昇進は同じ能力の男性より昇進しやすいと思います。
むしろ、昇進スピードが早過ぎて困っている人もいたり、昇進を保留してほしいと相談するケースも出ています。
だからと言って男性が昇進しにくい環境というわけでなく、プロジェクトでしっかりワークしていれば、男性も昇進を心配することは基本的にはありません。

【福利厚生】
一般的な福利厚生は当然のことながら、女性に対しての福利厚生にも十分力を注いでいるように感じました。
例えば、産休・育休が取りやすい制度や雰囲気づくりに力を入れていたり、生理休暇も取れるようなっていたかと思います。
また、社員がスキルを身につけるために勉強する環境も整っており、条件が合えば会社が「英語」や「ITのスキル」「資格取得」などにかかる費用をすべて負担してくれるといった制度も存在しており、やる気があればどんどん学べる環境でした。

悪い評判・口コミ

【福利厚生】
雇用保険・健康保険などどの会社にもある基本制度はありましたが、福利厚生がどんなものがあったか記憶に残らない程、馬車馬のように働かされました。
福利厚生をまともに利用している人が果たして何人いるか分かりませんが、利用できる人はごく少数だと思います。
自社の持ち株を保有するかどうかは記憶に残っていたくらいです。
福利厚生を利用しようと人事部たちが積極的に従業員に向けて発信しているわけでもなく、どんな福利厚生があるかまったく分かりませんでした。

【退職検討理由】
会社に対して忠誠心、プライドがあり、士気を高める雰囲気は良いと思いました。
研修がとにかく多く、業務時間内に終わらず土日にやらなくてはいけないことも多々あり、残業が多くて体力がないとついていけない雰囲気です。
英語は使えないと仕事にならず、英語が苦手な人には向いていない企業です。
入社時の研修は、二日間場所をうつしてみっちりあり、これもなかなかついていくのが大変です。

【年収】
新卒で入社して社内でキャリアを重ねてきましたが、年収の伸びが鈍いと感じます。
同程度の能力及び経験があるとすれば、同業他社のコンサルタントファームに転職する方が年収を伸ばすことができると思います。
社内に残って勤続年数を伸ばすメリットは収入面においてはありません。
現に、同じ年代で同業他社から転職してきた人物の方が年収が高く設定されているケースがあります。
そのため、実績を積み上げたとしても年収に正確に反映されていないのではないかと感じました。

まとめ

出典:https://pixabay.com/ja/

ここまで『アクセンチュア』の転職について解説してきました。

近年の大手コンサルティングファームは中途採用を大量に行っているため、昔に比べて転職難易度は下がっていると言えますが、人気企業のアクセンチュアへの転職は容易ではありません。

そんなアクセンチュアの選考ですが、一人で対策を進めるのが不安という方は一度転職エージェントに相談されることをおすすめします。

個人だと、これまでの選考の傾向や求める人物が分かりづらく、準備が不十分なまま選考に臨むことも多いので、少しでも内定に近づくには転職エージェントに頼るのが得策と言えます。

ですが、担当のキャリアアドバイザーによってサポートの質が異なりますので、複数のエージェントに登録して、そこから自分に合ったキャリアアドバイザーと転職活動を進めていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる