電通への転職難易度や年収や募集職種、評判などを徹底解剖!【2023年2月最新】

【結論】口コミで分かった編集部おすすめ転職エージェント

結論!当サイトが口コミをリサーチした結果、みんなから支持を得ている転職エージェントは次の3つだと判明しました!

どれのエージェントに登録しようか悩んでいる方は、複数登録することをおすすめします!

複数のエージェントを掛け持ち登録をしてたくさんの求人を紹介してもらい転職活動を有利に進めていきましょう!

1位:マイナビエージェント

  • 新卒サイトNoのマイナビが運営
  • 金融・メーカー・ITの転職支援に精通
  • 20-30代の若手の転職支援に定評

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『doda』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

2位:doda

  • リクルートと並ぶ求人数を保有するエージェント
  • リクルートが保有していない優良求人案件に出会う確率が高い
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

よく読まれる記事

3位:リクルートエージェント

  • 求人数No.1を誇る大手転職エージェント
  • 年収750万円以上のハイクラス層向けに『リクルートダイレクトスカウト(by リクルート)』も運営
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『doda』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

出典:https://www.dentsu.co.jp

電通は、国内最大手の広告代理店です。

テレビCMをはじめ、ありとあらゆる企業の広告を手がけており、国内にとどまらず、世界145ヵ所以上の国や地域で事業を展開しています。

誰もが一度は耳にしたことがある企業のため、電通に憧れている方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな『株式会社電通』の転職難易度や年収、評判などを詳しく解説していきたいと思います。

電通に転職を考えている方は、是非こちらの記事を参考にしてみてください。

目次

株式会社電通の企業情報

出典:https://www.dentsu.co.jp/aboutus/summary/index.html

会社名 株式会社電通
代表者 榑谷 典洋(くれたに のりひろ)
林 信貴(はやし のぶたか)
創業 1901年(明治34年)7月1日
資本金 100億円
従業員 6,578人(2021年12月末日現在)
本社所在地

〒105-7001

東京都港区東新橋1-8-1

電話番号 【代表番号】
03-6216-5111

事業内容

株式会社電通の事業内容

顧客のマーケティング全体に対するさまざまなソリューション提供に加え、デジタル時代の変革に対応する効率的な広告開発、最適な顧客体験のデザイン、マーケティング基盤そのものの変革や、さらには顧客事業の変革をも推進しています。
また、マーケティング領域を超えて進化させた多様なケイパビリティを掛け合わせ、顧客と社会の持続的成長に貢献する統合ソリューションを提供していきます。

株式会社電通の転職基礎知識

出典:https://pixabay.com/ja/

福利厚生

電通の福利厚生は以下の通りです。

法定福利厚生

◇健康保険

◇介護保険

◇厚生年金保険

◇雇用保険

◇労災保険

◇GLTD(団体長期障害所得補償保険)

『GLTD(団体長期障害所得補償保険)』は、従業員が病気やケガで長期に渡って働くことが困難になった場合、有給や健康保険だけでは補えない所得の損失を保証してくれる保険です。

従業員個人での生命保険や損害保険への加入も可能なため、家族がいる方でも働きやすい企業と言えるでしょう。

法定外福利厚生

◇住宅取得支援制度

◇社宅制度

◇交通費

◇社員食堂

◇電通健康保険組合

◇ジム・スポーツクラブの格安利用

◇ベビーシッター利用サポート

◇社員旅行

◇慶弔・災害時見舞金

◇英会話・セミナー無料レッスン

電通の『ベビーシッター利用サポート』は、提携先のシッター会社を1時間300円で利用することができます。

何度利用しても自己負担は300円のみで、残りは全て電通が補助してくれます。

電通ファミリーデー

◇ディズニーランド

◇ディズニーシー

◇ユニバーサルスタジオジャパン

◇ナガシマスパーランド

『電通ファミリーデー』は、毎年秋時期に1日設定される休日で、上記のパークの無料チケットが従業員とその家族に支給されます。

交通費や宿泊費などは自己負担になりますが、電通社員に愛されている福利厚生の一つのようです。

残業時間

口コミによると、電通の残業時間は月30〜40時間程のようです。

電通は昔あった事件から激務という印象がありますが、現在は労働環境改革によって少しずつ改善してきており、「10年間で残業が大きく減った100社」では1位となっています。

ですが、職種や部署によっては、まだ残業時間が長いところもあり、ワークバランスはまだ改善の余地があるようです。

また、残業後に上司から飲み会に誘われることも多く、プライベートの時間が取れないといった口コミもありました。

株式会社電通の転職難易度と選考対策

出典:https://pixabay.com/ja/

電通の転職難易度は非常に高いです。

というのも、電通は少し前まで新卒採用のみを行っていたため、いまだに新卒文化が根強く残っており、中途採用人数が非常に限られているからです。

また、3年以上の業界経験、高いコミュニケーション能力や語学力、深い専門知識など、求められるスキルが高く、そういったことも難易度が高くなっている理由のひとつのようです。

電通の中途採用は、一応「正社員」「契約社員」の両方がありますが、中途採用の場合は、採用されてもすぐに正社員になれるわけではなく、契約社員を経て社員登用というフローになっているようです。

選考対策

電通の面接の流れは以下の通りです。

株式会社電通の面接フロー

エントリー

書類選考

一次面接

適性検査

二次面接

最終面接

内定採用

電通では、中途採用に限り「スカウト登録」という制度を用意しており、自身のキャリアを登録しておくだけで、電通から連絡がくる仕組みがあります。

意外な経歴が評価される可能性もあるため、中途採用で選考に臨みたい方は必ず登録しておくようにしましょう。

電通の面接では、一般的な質問よりも、「無人島に一つだけ持って行けるとしたら何を持っていくか?」「あなたの武勇伝を聞かせてください」など、性格や資質を知るための質問が多いようです。

面接対策を行っていても、突拍子のない質問をされることもあるようなので、変に構えた回答をせず、自分の自然体で回答すると良いでしょう。

株式会社電通の募集職種

出典:https://www.career.dentsu.jp/career/

電通で募集されている職種は以下の通りです。

AX

⚫︎統合ソリューションプランナー(統合グロースプランナー:IGプランナー)

⚫︎オンオフ統合プランナー(統合グロースプランナー:IGプランナー)

⚫︎グローバル:統合コミュニケーションストラテジスト(メディアプランニング含む)

BX ⚫︎ビジネスプロデューサー(営業職)
CX

⚫︎データドリブンマーケティングコミュニケーションプランナー(統合グロースプランナー:IGプランナー)

⚫︎データストラテジスト(統合グロースプランナー:IGプランナー)

⚫︎データ×デジタルプロモーションプランナー(統合グロースプランナー:IGプランナー)

⚫︎ブランド×自社ECグロースコンサルタント(統合グロース:IGプランナー)

⚫︎オウンドサイトプロデューサー(統合グロースプランナー:IGプランナー)

⚫︎リテール×テクノロジーコンサルタント(統合グロースプランナー:IGプランナー)

⚫︎CRM/カスタマーサクセス(統合グロースプランナー:IGプランナー)

DX

⚫︎DX事業プロデューサー

⚫︎DX開発マネージャー

⚫︎DXデータサイエンティスト

⚫︎データマネジメントエンジニア

⚫︎ソリューション開発プロデューサー

外部転職サービス用

(外部転職サービスからの応募)

⚫︎オンオフ統合プランナー

⚫︎データドリブンマーケティングコミュニケーションプランナー

⚫︎データ×デジタルプロモーションプランナー

⚫︎CRM/カスタマーサクセス

⚫︎DX事業プロデューサー

⚫︎ビジネスプロデューサー(営業職)

上記の通り、電通ではさまざまな職種を中途採用で募集しています。

転職エージェントでは、上記以外の職種も紹介してもらえる可能性がありますので、気になる方は一度転職エージェントに相談されることをおすすめします。

また、時期によっても募集している職種は異なりますので、給与や労働条件、希望する職種が募集されているかなどを採用情報や転職エージェントで定期的に確認するようにしましょう。

株式会社電通の採用ページ>>

株式会社電通の年収

出典:https://pixabay.com/ja/

電通の平均年収は以下の通りです。

平均年収:約1342万円

上記の通り、株式会社電通の平均年収は、広告業界の平均年収額の倍以上の水準となっており、業界内でもかなり高い水準だといえます。

また、職種や年代によっても年収額は大きく異なります。

ここからは、電通の「年代別」「職種別」の平均年収を紹介していきます。

年代別平均年収

年代 想定平均年収
20〜24歳 約354万円
25〜29歳 約908万円
30〜34歳 約998万円
35〜39歳 約1,033万円
40〜44歳 約1,156万円
45〜49歳 約1,308万円
50〜54歳 約1,423万円
55〜59歳 約1,410万円
60〜64歳 約935万円

職種別平均年収

職種 想定平均年収
企画 約1,432万円
プロデューサー 約1,394万円
クリエイティブ 約1,340万円
営業 約1,161万円
メディア 約1,088万円
マーケティング 約1,056万円
プランナー 約874万円

株式会社電通の評判・口コミ

出典:https://pixabay.com/ja/

ここからは、電通で働いていた元社員や、現在も働いている方からの「評判・口コミ」を紹介していきます。

良い評判・口コミ

【女性の働きやすさ】
出産や育児休暇もしっかりとれ、契約社員でも時短勤務が可能なので育児中でも働きやすい環境です。
ただし、所属部署によります。
営業などの場合は、勤務時間内で終わらなかった仕事を家に持ち帰ったりする場合があるらしいです。
その場合は、残業代が出ないそうです。

【働きがい】
まわりが本気で仕事をし、遊ぶ時も一生懸命遊ぶので、仕事をしていて楽しいです。
そして、クライアントさまに「さすが電通さんですね」と言ってもらえる仕事をこなしていくと、自信につながりました。
周りの社員が丁寧に且つ差別なく仕事を教えてくれ、やる気が出るよう社内の雰囲気を盛り上げています。
一生懸命働くということの面白さを知りました。

【ワーク・ライフ・バランス】
今は改善されたと信じていますが、当時の上司からは24時間365日クライアントのことを考えた視点で生活せよと言われていました。
どこかでプロモーションに活かせる種を探して生活していました。
クライアントからの電話には24時間出られるよう枕元に電話を置いていたことを思い出しました。

悪い評判・口コミ

【退職検討理由
とにかく「電通カルチャー」に如何にマッチするかがカギで、今後このカルチャーに自分を合わせながら働くことが嫌になったため。
また、正社員登用試験も行ってはいますが、おそらくコロナ禍以降は1割に満たない人しか登用されておらず、以前に増して使い捨て感が出てきました。
本当に良い上司であれば、契約社員のメンバーのキャリアのことも見据えて仕事のアサインや横のつながりを仕立ててくれることもあると思いますが、大抵は正社員がやらない面倒なことを押しつけて契約期間満了となります。
何も身にならない5年間にする前に、転職活動をしています。

【ワーク・ライフ・バランス】
残業が多く、仕事が終わった後に先輩からの急な飲みのお誘いがあったりするので、なかなか予定が立てずらいかもしれません。
休日や終業後の付き合いがいい人、悪い人はそのまま上層部の評価に繋がるところもあるので、断る人はおしなべて昇進や評価が低いです。
有給は比較的とりやすいかと思いますが、時期によってはとりにくいかもしれません。
汐留の職場は社食が充実しており、ラーメン・定食・洋食など様々な昼食を選べます。
コンビニや薬局や病院もビルの下にあるので困りません。

【女性の働きやすさ】
部署にもよりますが、産休・育休から復帰されている社員の方も割といて、男性も育休をとったりしているので、女性の働きやすさはあると思います。
生理休暇もちゃんと使用できます。
ただ、事務スタッフに関しては、満期後延長がない前提なので、いくら頑張ってもその先が無いことを考えると、やりがいを持って働くのは難しいかもしれません。
営業はしんどい人が多いのか、結婚していない女性の方が多い印象です。

 

まとめ

出典:https://pixabay.com/ja/

ここまで『株式会社電通』の転職について解説してきました。

電通は誰もが一度は耳にしたことのある大手広告代理店のため、倍率が高く、内定をもらうのは容易ではありません。

そんな電通の選考ですが、一人で対策を進めるのが不安という方は一度転職エージェントに相談されることをおすすめします。

個人だと、これまでの選考の傾向や求める人物が分かりづらく、準備が不十分なまま選考に臨むことも多いので、少しでも内定に近づくには転職エージェントに頼るのが得策と言えます。

ですが、担当のキャリアアドバイザーによってサポートの質が異なりますので、複数のエージェントに登録して、そこから自分に合ったキャリアアドバイザーと転職活動を進めていきましょう。

【結論】口コミで分かった編集部おすすめ転職エージェント

結論!当サイトが口コミをリサーチした結果、みんなから支持を得ている転職エージェントは次の3つだと判明しました!

どれのエージェントに登録しようか悩んでいる方は、複数登録することをおすすめします!

複数のエージェントを掛け持ち登録をしてたくさんの求人を紹介してもらい転職活動を有利に進めていきましょう!

1位:マイナビエージェント

  • 新卒サイトNoのマイナビが運営
  • 金融・メーカー・ITの転職支援に精通
  • 20-30代の若手の転職支援に定評

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『doda』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

2位:doda

  • リクルートと並ぶ求人数を保有するエージェント
  • リクルートが保有していない優良求人案件に出会う確率が高い
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

よく読まれる記事

3位:リクルートエージェント

  • 求人数No.1を誇る大手転職エージェント
  • 年収750万円以上のハイクラス層向けに『リクルートダイレクトスカウト(by リクルート)』も運営
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『doda』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次