三井住友銀行の転職難易度は?評判や年収などを徹底解説!【2022年5月最新】

出典:https://www.smbc.co.jp/aboutus/

三井住友銀行』は、三井住友フィナンシャルグループ傘下の都市銀行であり、国内3大メガバンクの1つです。

1996年に設立され、現在では国内452ヵ所、海外では19カ所に支店を展開しています。

銀行業界第3位というシェア率なので、金融業界を志望している方は一度は転職を考えたことがあるのではないでしょうか?

今回は、そんな『株式会社三井住友銀行』の転職難易度や評判、年収などを詳しく解説していこうと思います。

三井住友銀行への転職を考えている方は、是非こちらの記事を参考にしてみてください。

目次

株式会社三井住友銀行の企業情報

出典:https://pixabay.com/ja/

会社名株式会社三井住友銀行
代表者高島誠
設立2001年4月
資本金17,709億円
従業員数28,054人
所在地⚫︎本店⚫︎
〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-1-2
電話番号本店営業部 支店代表
03-3282-5520

株式会社三井住友銀行 代表
03-3282-1111
事業内容・銀行業
・リース業
・各種与信関連業務
・証券業務
・投資顧問業務
・情報処理業務
・情報提供業務
・海外事業

事業内容

銀行業(当行)
当行の本店および国内・海外支店等が、「預金業務」「貸出業務」「商品有価証券売買業務」「有価証券投資業務」「内国為替業務」「外国為替業務」「社債受託および登録業務」「金融先物取引等の受託業務」「証券投資信託の窓口販売業務」等を行なっています。
銀行業(関係会社)
国内(株)SMBC信託銀行、PayPay銀行(株)が、国内で預金業務、貸出業務等銀行業務を
SMBC信用保証(株)が、国内で当行の取り扱う住宅ローン等に対する信用保証業務を行なっています。
PayPay銀行(株)は、インターネット専業銀行です。
海外「SMBCバンクインターナショナル」「三井住友銀行(中国)有限公司」「ブラジル三井住友銀行」「マニュファクチャラーズ銀行」「ロシア三井住友銀行」「インドネシア三井住友銀行」「マレーシア三井住友銀行」が、海外で預金業務、貸出業務等銀行業務を行なっています。
各種与信関連業務
SMBCファイナンスサービス(株)が、「融資業務」「ファクタリング業務」「集金代行業務」を
SMBCベンチャーキャピタル(株)が、「ベンチャーキャピタル業務」を行なっています。
海外事業
海外では、SMBCキャピタル・マーケット会社が投資融資業務、スワップ業務を行なっています。

株式会社三井住友銀行の転職基礎知識

出典:https://pixabay.com/ja/

福利厚生

三井住友銀行の福利厚生は以下の通りです。

株式会社三井住友銀行の福利厚生
◇福利厚生施設
◇リフレッシュホリデー制度
◇フレックスホリデー制度
◇社員寮・住宅手当
◇財形貯蓄制度
◇医療保険
◇社員貸付金制度
◇健康診断
◇アニバーサリー休暇
◇マタニティー休暇・勤務
◇出産休暇
◇育児休業・時短勤務
◇介護休暇
◇忌引休暇

三井住友銀行にさまざまな福利厚生がありますが、特に特徴的なのは「社員寮・住宅手当」です。

三井住友銀行は全国に営業拠点があるため、全国に社員寮があります。

独身寮は電気水道込みで2万円で利用できるので、これは非常に格安と言えるでしょう。

また、結婚して退寮すると、住宅手当が支給されます。

住宅手当の支給額は大きく、たとえば家賃17万円程度物件の場合は、7万円程度が補助として支給されるそうです。

残業時間

三井住友銀行の残業時間は銀行業界の中でもかなり少なく、月23.5時間程度です。

社員の人からは、「ほぼ定時で帰れる」といった声が多く、残業をしても終電になることはないようなので、ワークバランスを重視したい人には申し分ない会社だと言えます。

賞与・ボーナス

三井住友銀行のボーナスは、年間で3〜5ヶ月分が支給されるそうです。

業績連動型なので、営業成績が良好な店舗に配属されるとその分ボーナスも高くなり、逆に成績不振の場合は低くなります。

また、職種や所属する部署・店舗によっても異なるようなので、自分の希望する職種がどの程度もらえるのかをあらかじめ調べておくのが良いでしょう。

休日・休暇制度

年に1回は5日間連続給を絶対に取得でき、有給も申請しやすいようです。

休日出勤はほとんどないようですが、部署によっては顧客の要望に応じて出勤することもあるようです。

しかし、その場合は振替休日を必ず取得できるので、休暇制度はとても充実しているといえるでしょう。

株式会社三井住友銀行の転職難易度

出典:https://pixabay.com/ja/

三井住友銀行の中途採用の難易度は非常に高いです。

三井住友銀行は3大メガバンク1つであるため、知名度や安定性が高く高級のイメージがあります。

そのため応募者が非常に多く、その中から面接を突破するのは容易ではありません。

どの職種においても、同じ職種での実務経験が必須になっているため、求められるスキルの高さが伺えます。

前職までに経験したことや培った能力をいかにアピールできるかがポイントになってきますので、面接前にしっかりと自分のアピールできるエピソードを準備しておくようにしましょう。

三井住友銀行が求める人物像

三井住友銀行では、「意欲的に新しいことに挑戦できる人」「柔軟な発想を持った人」といった人材を求めています。

三井住友銀行は、銀行業務以外のサービスも積極的に展開していきたいと考えています。

そのため、既存の事業だけにとらわれず、新しいことに対して柔軟に対応できる人が三井住友銀行に向いているといえます。

三井住友銀行に限った話ではありませんが、銀行には年齢制限が設けられており、35歳以下でないと極めて入社が難しいと言われています。
ただし、契約社員の場合は「会社勤務の経験があること」が募集の条件になっているので、他の職種と比べると転職しやすくなっているようです。

株式会社三井住友銀行の募集職種

出典:https://pixabay.com/ja/

ここからは、三井住友銀行で募集している職種は以下の通りです。

キャリア採用(正社員)

リテール部門◇リテール向けIT戦略企画
◇UI/UXデザイナー
◇リテールマーケティングに関するデータ分析・利活用企画
◇サービスデザイナー
◇企業年金コンサルタント/数理計算業務
◇確定拠出年金業務
◇相続ビジネス推進
ホールセール部門◇承継ビジネス(事業・資産)推進
◇法人向けデジタルビジネス
◇M &Aアドバイザリー業務
ファイナンシャル・ソリューション本部◇プロジェクトファイナンス/与信管理・エージェント業務
◇不動産ソリューション営業
◇不動産ファイナンス業務
◇投資家ビジネス推進
◇シンジケートローンのアレンジ業務
◇海外企業発行の債券のアレンジ業務
◇国内外の有価証券を用いたファイナンスビジネスの営業・企画開発
トランザクションビジネス本部◇決済インフラの企画立案、インフラ高度化やビジネス化に向けた取組
◇決済関連企業との協働や提携に係る企画立案、実行
◇決済業務に係る事業戦略の立案
グローバルバンキング部門◇【グローバルバンキング統括部】総合職
◇事務企画
◇海外ビジネス企画
◇海外出資先の内部管理業務
◇海外出資先の経営管理
◇クリアリングビジネスの営業推進・企画・管理
◇外資系金融機関取引RM
◇在日非日系企業のファイナンス関連業務
◇ストラクチャードトレードファイナンス営業推進
◇貿易関連ファンティック業務推進
◇システム企画
◇航空機リース/ファイナンスの事業戦略立案・経営管理
市場営業部門◇クオンツ
◇市場系IT・デジタルアーキテクト
◇エコノミスト
◇市場関連業務
◇クレジット投資
◇eFXビジネス推進
◇【市場営業部門】データサイエンティスト
◇債券投資
コーポレートスタッフ/サービス部門◇【データマネジメント部】データサイエンティスト(データ分析・利活用の企画・推進・支援)
◇サイバーセキュリティ/システムリスク管理
◇企業内弁護士
コンプライアンス部門◇海外コンプライアンス
◇グループコンプライアンス
◇AML/CFT領域におけるAIを活用したデータ分析・モデル構築
◇AML/CFT態勢高度化
監査部門◇AML/CFTに関する監査企画・監査業務
◇モデル監査(市場)
◇監査活動に対する品質評価業務
◇サイバーセキュリティ関連監査
◇グローバル・システム監査

スタッフ職(契約社員)

◇マネーライフパートナー
(三井住友銀行契約社員)
◇窓口
(三井住友銀行契約社員)
◇事務
(三井住友銀行契約社員)
◇ロビー案内
(三井住友銀行契約社員)
◇事務センター
(関連会社の契約社員)

時期によって募集している職種は異なりますので、給与や労働条件などを採用情報で確認しておきましょう。

三井住友銀行の採用募集ページ

株式会社三井住友銀行の年収

出典:https://pixabay.com/ja/

平均年収

株式会社三井住友銀行の平均年収は下記の通りです。

平均年収:897万円

職種別平均年収

職種年収
総合職1,193万円〜1,293万円
技術職805万円〜905万円
一般職824万円〜924万円

年代別年収

年代年収
20〜24歳298万円
25〜29歳643万円
30〜34歳695万円
35〜39歳718万円
40〜44歳803万円
45〜49歳913万円
50〜54歳999万円
55〜59歳989万円
60〜65歳648万円
性別平均中央値
男女計682万円
男性758万円
女性606万円

株式会社三井住友銀行の評判・口コミ

出典:https://pixabay.com/ja/

ここからは、三井住友銀行で働いていた元社員や、現在も働いている方からの「評判・口コミ」を紹介していきます。

良い評判・口コミ

自分がしたい仕事があれば積極的に手を挙げれば、比較的かなえてもらえやすい環境にあると思います。
ただし、「積極的に手を挙げる」というのは闇雲にではなく、ちゃんと筋道を立てること+ちょっとした熱意が必要だと思います。

誰もが知っている会社で、福利厚生や給与に関しては申し分がありませでした。
やはり大企業であれば他の中小企業に比べて待遇は良いですし、制度や仕事のやり方に関しても整備されていると感じました。
実際にそれらについての不満は特になく、給与水準も十分高かったです。
また、ほぼ全国に支店があるため、結婚などをしても働き続けられることは魅力的でした。

毎年基本給が必ず上がり、ボーナスも年2回しっかり出ます。
家賃補助などの福利厚生もあって残業代もしっかり付くので、特に不安はありません。
同世代と比べても昇給ペースは早く、20代のうちに子供をつくったり住宅ローンを組むことも問題なくできます。
定年が早まっているようですが、今の時点では倒産する心配もないですし満足です。

悪い評判・口コミ

もっとキラキラしていると考えていたところはありました。
しかし、実際は銀行事務などの地道な仕事が多く、さらに昔からの習慣があるので染まらなければしんどい部分が大変多いです。
また、面接官の話と現場でのリアルは全然違うので、面接官の言葉を真剣に信用すると入ってからのギャップは多いと思い考えられます。
また、支店によってカラーは全然違うので、配属先によって自分の銀行員生活は決まると考えていいと思います。

単なる窓口接客で座っていることが多い思いきや、意外と体力を使います。
忙しいと自分の席に座れるのは銀行が閉まった15時過ぎになることもあります。
セールスする商品も年々増えていき、事務も改定が多く、複雑なキャンペーンも日に日に変わります。
忙しい支店で働くと殺伐としている雰囲気もあり怖い先輩も多いです。

まとめ

出典:https://pixabay.com/ja/

ここまで、『株式会社三井住友銀行』の転職について解説してきました。

三井住友銀行は転職難易度が非常に高く、実務経験があっても面接で落ちてしまう人は少なくありません。

そんな三井住友銀行の選考ですが、一人で対策を進めるのが不安という方は一度転職エージェントに相談されることをおすすめします。

個人だとこれまでの選考の傾向や求める人物像が分かりづらく、準備が不十分なまま選考に臨むことも多いので、少しでも内定に近づくには、転職エージェントを頼るのが得策と言えます。

ですが、担当のキャリアアドバイザーによってサポートの質が異なるので、複数のエージェントに登録して、そこから自分に合ったキャリアアドバイザーと転職活動を進めていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる