キーエンス転職難易度高い?年収や中途採用の募集職種、評判などを徹底解剖!【2022年11月最新】

【結論】口コミで分かった編集部おすすめ転職エージェント

結論!当サイトが口コミをリサーチした結果、みんなから支持を得ている転職エージェントは次の3つだと判明しました!

どれのエージェントに登録しようか悩んでいる方は、複数登録することをおすすめします!

複数のエージェントを掛け持ち登録をしてたくさんの求人を紹介してもらい転職活動を有利に進めていきましょう!

1位:マイナビエージェント

  • 新卒サイトNoのマイナビが運営
  • 金融・メーカー・ITの転職支援に精通
  • 20-30代の若手の転職支援に定評

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『doda』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

2位:doda

  • リクルートと並ぶ求人数を保有するエージェント
  • リクルートが保有していない優良求人案件に出会う確率が高い
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

ここにテキストを入力

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

よく読まれる記事

3位:リクルートエージェント

  • 求人数No.1を誇る大手転職エージェント
  • 年収750万円以上のハイクラス層向けに『リクルートダイレクトスカウト(by リクルート)』も運営
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『doda』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます


出典:https://www.keyence.co.jp/company/  

キーエンスは、工業用センサをはじめ、測定器やビジネス情報機器、画像処理器関連事業を手掛けている企業です。

近年では、「グローバルダイレクトセールス」という直販システムを展開し、日本国内に留まらず世界数十ヵ国にサービスを提供しています。

今回は、『株式会社キーエンス』の転職難易度や年収、評判などを詳しく解説していきたいと思います。

キーエンスに転職を考えている方は、是非こちらの記事を参考にしてみてください。  

目次

株式会社キーエンスの企業情報

出典:https://www.keyence.co.jp/company/about/#about-keyence

会社名 株式会社キーエンス
代表者

   【代表取締役社長】

中田 有

設立 1974年5月27日
資本金 306億3,754万円
従業員  8,961名(2022年3月現在)
所在地

【本社・研究所】 

〒553-8555

大阪市東淀川区東中島1-3-14

電話番号 06-6379-1111
事業内容

センサ、測定器、画像処理機器、制御・計測機器、研究・開発用 分析機器、ビジネス情報機器

事業内容

出典:https://www.keyence-soft.co.jp/group/about/

キーエンスの事業内容について

キーエンスは、FA(ファクトリー・オートメーション)ようセンサを中心に測定器や画像処理機器の企画・設計・開発・生産を主に行なっています。

他にも、自動車や半導体、電子・電気機器、通信、機械、科学、薬品、食品など業界に捉われることなく事業を展開し、現在の取引先は全世界で30万社以上あります。

キーエンスは「ものづくり」に携わるすべての企業に向け、生産性や品質の向上につながるソリューションを提案しています。

株式会社キーエンスの転職基礎知識

出典:https://pixabay.com/ja/

福利厚生

キーエンスの福利厚生は以下の通りです。

休日・休暇

◇年間休日数128日

◇週休2日制(土/日)

◇GW、夏季休暇、冬季休暇

◇有給休暇・慶弔休暇・特別休暇

◇産前・産後休暇

◇育児休業制度

社会保険

◇健康保険(キーエンスグループ健康保険組合)

◇介護保険

◇厚生年金保険

◇雇用保険

リフレッシュ
◇リフレッシュ手当
支給金

◇交通費

◇慶弔金支給制度(結婚祝金、出産祝金、傷病見舞金、死亡弔慰金、災害見舞金)

上記のように、キーエンスにはさまざまな福利厚生が備わっています。

基本的に土日が休日となっていますが、年に2回程土曜日勤務があるようです。

また、土曜日は強制勉強会となってしまうこともあるという口コミも見られました。

リフレッシュ手当は、毎年ゴールデンウィーク前に「全社員に10万円が支給される」という制度で、家族のいる方はさらにプラスアルファ支給されるようです。

育児休業制度では、産前・産後休暇はもちろん、復職後は短時間勤務制度も利用することができるので、お子さんがいる女性も働きやすいでしょう。

残業時間

口コミによると、キーエンスの残業時間は月45時間程のようです。

というのも、キーエンスでは年12か月の内、8ヶ月の社内残業時間を45時間以内に収めることが必須であり、残りの4ヶ月も60時間に収めなければならないようです。

しかし、外出時間の残業時間や休日勤務の時間などはそれに含まれず、結局月60時間以上残業する人も多いようです。

株式会社キーエンスの転職難易度と選考対策

出典:https://pixabay.com/ja/

キーエンスの転職難易度は高いです。

というのも、キーエンスは平均年収が高く、常に平均年収ランキングで上位の超人気企業だからです。

また、キーエンスの採用は新卒採用がほとんどで、中途採用の応募条件には非常に高いスキルや経験が求められています。

ほかの人にはないようなスキルや知識、経験があることが採用してもらうためには必要不可欠です。

未経験でキーエンスが求めるスキルがない場合は、さらに難易度が高くなります。

未経験でキーエンスに転職を希望する場合は、一度他の企業で経験やスキルを学んでからキーエンスの選考に臨むと良いでしょう。

選考対策

キーエンスの面接では「前職までの経験」「志望動機」といった、一般的な質問に加え、「キーエンスの新規事業に必要なものは?」「論理的思考に必要な要素は?」などといった専門的な質問がされる場合もあるようです。

さまざまな質問に対して回答に詰まらないよう、しっかりと質問対策を行なっておきましょう。

また、SPI適性検査の難易度も非常に高く、ここで落とされてしまう人も少なくありません。

採用してもらうためには、企業側が魅力を感じてくれるような応募書類を作成し、どんな質問をされてもしっかりと回答できるよう、入念な選考対策を行っておくことが鍵となります。

株式会社キーエンスの募集職種

出典:https://www.keyence.co.jp/jobs/

キーエンスで募集されている職種は以下の通りです。

ソフトウェア関連(開発)

⚫︎ソフト開発リーダー

⚫︎AIエンジニア

⚫︎ソフト開発エンジニア

ソフトウェア関連(技術)

⚫︎社内SE(Microsoft365)

⚫︎社内SE(AS400)

⚫︎社内SE(ITインフラ運用領域)

⚫︎社内SE(基幹システム領域)

⚫︎社内SE職(データ基盤エンジニア)

ハードウェア関連(開発)

⚫︎光学/構造/機構開発

⚫︎シミュレーション(構造系CAE)

⚫︎回路/システム開発

デザイン関連(開発) ⚫︎商品デザイン
技術関連(事務)

⚫︎知的財産(特許エンジニア)

⚫︎商品法規(規格認証エンジニア)

生産関連(技術) ⚫︎量産設計
ソフトウェア関連(生産) ⚫︎生産および協力工場間のシステムエンジニア
生産関連(事務) ⚫︎資材購買(調達バイヤー)
人事関連(事務) ⚫︎人事
経理関連(事務) ⚫︎経理
Webシステム関連(開発)

⚫︎Webサイト フロントエンジニア/Web開発エンジニア

⚫︎Webサイト インフラエンジニア/SRE

営業関連 ⚫︎コンサルティングセールス(新規事業であるサブスクリプションサービスの拡販)
データ分析関連

⚫︎データサイエンティスト(機械学習を用いたサービスの顧客への提案・コンサルティング業務)

⚫︎サポートエンジニア(事業運営を支えるサポート担当)

カスタマーサクセス(カスタマーサポート) ⚫︎カスタマーサクセス(カスタマーサポート)

転職エージェントでは、上記以外の職種も紹介してもらえる可能性がありますので、気になる方は一度転職エージェントに相談されることをおすすめします。

また、時期によっても募集している職種は異なりますので、給与や労働条件、希望する職種が募集されているかなどを採用情報や転職エージェントで定期的に確認するようにしましょう。

株式会社キーエンスの採用ページ>>

株式会社キーエンスの年収

出典:https://pixabay.com/ja/

株式会社キーエンスの平均年収は以下の通りです。

平均年収:約2183万円

職種や年代によって年収額は大きく異なります。

ここからは、キーエンスの「年代別」「職種別」の平均年収を紹介していきます。

年代別平均年収

年代 想定平均年収
20〜24歳 約1,062万円
25〜29歳 約1,484万円
30〜34歳 約1,648万円
35〜39歳 約1,789万円
40〜44歳 約1,913万円
45〜49歳 約2,007万円
50〜54歳 約2,111万円
55〜59歳 約2,083万円

職種別平均年収

職種 想定平均年収
管理職 約706万円

営業職

約1,260万円
開発職 約1,341万円

株式会社キーエンスの評判・口コミ

出典:https://pixabay.com/ja/

ここからは、キーエンスで働いていた元社員や、現在も働いている方からの「評判・口コミ」を紹介していきます。

良い評判・口コミ

【女性の働きやすさ】
近年では女性の営業も増えてきていますが、営業職は朝8:00前に出社して、夜は21:00頃まで働きますので、アフター5を楽しみたいと思う方には向いていない職種になると思います、
事務方の業務は女性が担当し、中途採用もありますが、高いパソコンスキルや処理能力を求められます。
いずれの職種でも、待遇面は一般的な会社よりも高水準ですので、バリバリ働きたい方には良いかと思います。
営業の女性は、同僚はほぼ男性と考えた方が良いですが、そんな環境でも問題ない方には向いています。

【働きがい・成長】
働きがいはとんでもなくあります。
常にベストを尽くして毎日過ごさないとなり切れない仕組みが出来上がっておりました。
育成制度、働き方、評価など全てが明白でわかりやすい会社でした。
その分、何となくや不正は全く許されないので全ての意見や行動に理由が必要でした。
社会人として成長できる環境にあるのは間違いありません。
他の会社に転職した時に、サラリーマンとして働くのはこんなにも楽なのかと衝撃を受けました。
恐らくこの会社よりも働きがいがあり、くだらないしがらみも気にせずに仕事をできる環境は日本に無いと思います。

【ワーク・ライフ・バランス】
ワークバランスは良いと思います。
ネット上ではよく激務と言われますが、実際には9時半以降の残業禁止です。
飲み会強要も禁止で、営業では飛び込み営業もない、休みもしっかりとれるので、相当なホワイト企業だと思います。
休日はしっかりと遊んだり、自己研鑽のために勉強するようなエネルギッシュで意識の高い人が多いです。
平日と休日のメリハリをしっかりとつけて上手にリフレッシュする人が多い印象です。

悪い評判・口コミ

【退職検討理由
40代以降のキャリアプランが見えないため。
実際は30代半ばで「出世コース」か「そうでないか」におおよそ振り分けられます。
各営業所の機種責任者と言われる事業部管理者の上は、全国多くて10名程度のエリアマネージャー、その上は本社の事業統括部長となるので、ポストが回ってくる可能性は低いです。
そのため、現場では士気の低いベテラン営業が増加しています。
過去から何度かそのようなベテランで新規部署を立ち上げるなどしていますが、結局長続きせずに元の営業に戻っているという状態です。
また、運良く出世コースに乗れたとしても、そこで待っているのは土日もない世界で魅力を感じませんでした。

【女性の働きやすさ】
女性の営業職はほぼいません。
精神的に負担が大きいという理由と、結婚や妊娠でやめられてしまっては育成への負担が大きく意味が無いという考えで、営業は女性を採用しないに等しいです。
採用されたとしても周りは男性ばかりなので、友達はできないし、心が強くないときついと思います。
業務の仕事は一日中ひたすらPCに向かい、遅い日は20時過ぎに帰ります。
ただ、役職が上がると800万程度の年収がもらえるので、モチベーションは給料になると思います。

【ワーク・ライフ・バランス】
バランスなんてほとんどありません。
GWとお盆、年末年始の長期連休は確保されていますが、それ以外の土日祝日は強制勉強会などで平気で潰れます。
有給休暇は四半期に一度だけしか取れず、金曜日にとって3連休にしたら土曜日が勉強会になる可能性もあります。
また、個人目標や係目標達成のために休日出勤を余儀なくされる場合もあります。
そして、機種責任者以上になると四半期に一度総括のための会議があり、さらに休みが減ります。
プライベートはほとんどなく、ブラック体質は未だに極めて健在です。

まとめ

出典:https://pixabay.com/ja/

ここまで『株式会社キーエンス』の転職について解説してきました。

キーエンスは日本一給料が高い企業と言われているため、倍率が高く、内定をもらうのは容易ではありません。

そんなキーエンスの選考ですが、一人で対策を進めるのが不安という方は一度転職エージェントに相談されることをおすすめします。

個人だと、これまでの選考の傾向や求める人物が分かりづらく、準備が不十分なまま選考に臨むことも多いので、少しでも内定に近づくには転職エージェントに頼るのが得策と言えます。

ですが、担当のキャリアアドバイザーによってサポートの質が異なりますので、複数のエージェントに登録して、そこから自分に合ったキャリアアドバイザーと転職活動を進めていきましょう。

【結論】口コミで分かった編集部おすすめ転職エージェント

結論!当サイトが口コミをリサーチした結果、みんなから支持を得ている転職エージェントは次の3つだと判明しました!

どれのエージェントに登録しようか悩んでいる方は、複数登録することをおすすめします!

複数のエージェントを掛け持ち登録をしてたくさんの求人を紹介してもらい転職活動を有利に進めていきましょう!

1位:マイナビエージェント

  • 新卒サイトNoのマイナビが運営
  • 金融・メーカー・ITの転職支援に精通
  • 20-30代の若手の転職支援に定評

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『doda』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

2位:doda

  • リクルートと並ぶ求人数を保有するエージェント
  • リクルートが保有していない優良求人案件に出会う確率が高い
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

ここにテキストを入力

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

よく読まれる記事

3位:リクルートエージェント

  • 求人数No.1を誇る大手転職エージェント
  • 年収750万円以上のハイクラス層向けに『リクルートダイレクトスカウト(by リクルート)』も運営
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『doda』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次