USJの転職難易度は?評判、募集職種などを徹底解剖!【2022年10月最新】

編集部おすすめ転職エージェント

1位:マイナビエージェント

  • 新卒サイトNoのマイナビが運営
  • 金融・メーカー・ITの転職支援に精通
  • 20-30代の若手の転職支援に定評

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『dodaエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

2位:リクルートエージェント

  • 求人数No.1を誇る大手転職エージェント
  • 年収750万円以上のハイクラス層向けに『リクルートダイレクトスカウト(by リクルート)』も運営
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『dodaエージェント』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

3位:DODAエージェント

  • リクルートと並ぶ求人数を保有するエージェント
  • リクルートが保有していない優良求人案件に出会う確率が高い
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

出典:https://www.usj.co.jp/web/ja/jp

ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)は、日本の大阪にある世界入場者ランキング第4位のテーマパークです。

「ハリーポッター」や「スパイダーマン」「マリオ」など、さまざまなハリウッド映画の世界を体験できるテーマパークとして、世界的な人気を誇っています。

近年では、世界的に人気を誇るアニメやゲームとのコラボレーションや、シーズンイベントの開催など、さまざまなエンターテイメントも積極的に導入しています。

今回は、そんな『ユニバーサルスタジオジャパン』の転職難易度や年収、募集職種などを詳しく解説していこうと思います。

ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)に転職を考えている方は、是非こちらの記事を参考にしてみてください。

目次

ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)の企業情報

出典:https://www.usj.co.jp/company/about/

会社名 合同会社ユー・エス・ジェイ
代表者 社長CEO J.L.ポニエ
設立 1994年12月27日
資本金 50億円
(2020年4月1日現在)
従業員 9,929名(社員:2,468名、アルバイト:7,461名)
(2021年12月31日現在)
本社所在地 〒553-0031
大阪府大阪市此花区桜島2-1-33
電話番号 0570-20-0606
事業内容 ◇ユニバーサルスタジオジャパンの企画・運用・コンテンツ開発◇
◇エンターテイメントANDレジャー業界へのビジネス提案◇

事業内容

テーマパーク事業
合同会社ユー・エス・ジェイ(USJ LL)は、世界各地で愛されているユニバーサル・スタジオの中でも、もっとも多い入場者数を誇るテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」を運営しています。
2001年の開業以来、常に革新を続け、さらに近年その進化を加速させています。
次々と世界最高エンターテイメントを打ち出し、国内に加え海外からも多くのゲストが訪れるエンターテイメント、レジャー界における一大ランドマークとしての地位を築き上げています。
今後もほかにも類を見ない「ゲストの期待を常に上回るワールドクラスの体験」への挑戦を続けていきます。

ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)の転職基礎知識

出典:https://pixabay.com/ja/

福利厚生

ユニバーサルスタジオジャパンの福利厚生は以下の通りです

クルーサービス
◇クルーイベント
◇パーク招待券
◇社内SNS
◇アプリシエーション(慰労ギフト)
◇各種映画・コンサートなどの優待情報
◇DVDレンタル
オフィス環境
◇クルーカフェ
◇ブレイクルーム
ライフプランサポート
◇LDT(長期所得保障制度)保険制度
◇団体生命保険
◇確定拠出年金制度
◇財産形成貯蓄(住宅、年金)
◇退職金制度
休日・休暇・休業
◇年間120日(月平均10日)
◇年次有給休暇(初年度10日、最大20日)
◇産前・産後休暇
◇育児休暇
◇介護休業

残業時間

口コミによると、ユニバーサルスタジオジャパンはあまり残業がないようです。

部署によって異なりますが、シフト制勤務の人が多いため、基本的には決まった時間に働きます。

ただし、急なシフト変更や配属先によっては残業がある部署もあるので、しっかりと確認しておきましょう。

ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)の転職難易度

出典:https://pixabay.com/ja/

ユニバーサルスタジオジャパンは中途採用を積極的に行なっていますが、応募者が非常に多いため、転職難易度は高めです。

しかも、専門的なスキルや実務経験が必要な職種、高い英語力が必要な職種もあるため、それもあって転職難易度は高い方だと言えます。

ですが、USJは募集している職種の幅が広く、清掃スタッフやキッチンシェフ、建築・施工管理、メンテナンススタッフなどは業界未経験でも関連する実務経験があれば、内定を獲得できるチャンスがあります。

面接で聞かれる質問や、採用フローなどもしっかりと確認した上で、選考に臨むようにしましょう。

ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)の募集職種

出典:https://hrmos.co/pages/usj/jobs?jobType=FULL&category=1641337366005776384

ユニバーサルスタジオジャパンで募集している職種は以下の通りです。

【セーフティサービス】
テーマパークの防火防災活動や災害対応を担う
テーマパークの安全を守るパークセキュリティ
設備運転・メンテナンススペシャリスト(電気チーム)
設備管理者(設備管理チーム)
設備管理者(電気チーム)
【Brand Manager】
戦略性と想像力を活かしてゲスト体験とマーケティングプランをリード
アトラクションメンテナンス
【パイロ・スーパーバイザー】
ワールドクラスの花火演出でテーマパーク・ゲストを魅了
【映像エディター】
Universal studios Japanのマーケティング活動に関わる映像編集や撮影をお任せ!
【Sourcing Manager】
テーマパークにおける購買・調達戦略とコスト削減をリード!
【Finance Specialist】
テーマパークにおける決算・レポーティング業務をリード!
【物販商品開発】
「手のひらに乗るアトラクション」を開発
【キャリア登録】
ショー・ビジネス経験者
【キャリア登録】
中途採用

時期によって募集している職種は異なりますので、業務内容や労働条件などを採用情報ページで確認しておきましょう。

また、上記以外にも転職エージェントなら非公開求人を紹介してもらえる可能性がありますので、気になる方は転職エージェントの利用をおすすめします。

ユニバーサルスタジオジャパンの採用情報ページ>>

ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)の年収

出典:https://pixabay.com/ja/

ユニバーサルスタジオジャパンの平均年収は以下の通りです。

平均年収:632万円

年代別平均年収

年代 平均年収
20〜24歳 約335万円
25〜29歳 約424万円
30〜34歳 約443万円
35〜39歳 約510万円
40〜44歳 約572万円
45〜49歳 647万円
50〜54歳 約703万円
55〜59歳 約697万円
60〜65歳 約462万円

職種別平均年収

職種 平均年収
総合職 約745万円
技術職 約620万円
一般職 約632万円

ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)の評判・口コミ

出典:https://pixabay.com/ja/

ここからは、ユニバーサルスタジオジャパンで働いていた元社員や、現在も働いている方からの「評判・口コミ」を紹介していきます。

良い評判・口コミ

【仕事のやりがい】
テーマパークでの仕事をしたくてユニバーサルスタジオジャパンに入社しました。
ここでは、社員もアルバイトもみんな「クルー」と呼びます。
制服などが変わりますし、社員クルーしか行えない業務などもありますが、基本的には社員で入社してもアルバイトクルー達と同じように、ゲストのお客様達と触れ合う業務ができるので体力仕事ではありますがとても面白いです。
面接時に事務などの内勤かパーク勤務か希望を出すことができるので、自分のやりたいことに沿った仕事を与えてもらえます。

【ワークバランス】
フレックスを採用しており、働き方については非常に柔軟で連絡を行なってきちんと業務をこなしてアウトプットを出していればOKという考え方です。
形だけフレックスではなく、本来の意味のフレックスであることは大変満足しています。
忙しい時とそうでない時のワークバランスは、個人で調整できます。
ただ、組織が大きいので部署による多少の違いはあるかと思います。
会社としては、先般申し上げている働き方を推奨し、誤っている場合は指摘が入るような仕組みになっています。

【福利厚生】
福利厚生が「映画チケット」「パーク入場券」「割引券」など多種に渡っており、食堂なども安価で提供されています。
他にも従業員のモチベーションアップに繋がるイベントも用意されており、とても充実しています。
あれだけ福利厚生を提供している企業は少数だと思います。
形だけで普段使いできないようなものではなく、参加しやすく使いやすいものが多い印象です。
友人や家族をパークに招待することができ、非常に喜んでもらえます。

【年収】
私は給料より自分のやりたいことと仕事のやりがいを優先するタイプで、対価は後々ついてくるものだと考えています。
今のエンターテイナーとしての仕事は日々やりがいを感じ、楽しくてとても満足しています。
言ってみれば、この満足度が対価であると思っており、実際の給料は世間的には少し低いかもしれませんが、経験と楽しさを実感できるという点から満足しています。
また、年に2回の昇給があるので、これからも働き続ければ給料の面では安定してくると思います。

悪い評判・口コミ

【ワークバランス】
入社して一年目や二年目の早番の時は、前夜に早く寝ないと体力が回復しないので、仕事とプライベートとのバランスをはかるのがとても大変で、好きなことができませんでした。
また、遅番の時には特に大変でした。
連続勤務の時には、特に体力回復に努めるのが大変でした。
水分補給もなかなかできず、夏場はかなりしんどく感じました。
基本的にエンターテイメント業は外での仕事がほとんどなので、休みやこまめな水分補給は正直欲しいと感じました。

【福利厚生】
福利厚生はないと言ってもよいです。
あるとすれば我が会社に遊ぶに行くときくらいで、商品や飲食が少し安くなる程度です。
入場券の無料券もありますが、人にあげることが多いです。
なので、自身の会社のための福利厚生となります。
住宅補助や家族手当もなく非常に不満を感じます。
今後導入される予定もなさそうなので、福利厚生には本当に期待しない方が良いと思います。
周辺のホテルでも安くしてくれるとありがたいですが、それもないです。

【年収】
平均年収から言えばそこまで安いわけではないですが、夜勤のため身体に大変負担がかかる中の給料で見ると少ないと感じました。
出世をして昼勤務になることも可能ですが、昼勤務になると夜勤手当が出ないため給料が今より減少するところも魅力を感じません。
ただ、コロナ禍の中で給料は満額でボーナスもしっかり支払われているので、そこは大変ありがたく感じます。
日々の生活には困る給料ではないですが、身体のことを考えると少し不満を感じます。

【成長・スキルアップ】
致し方ないのですが、マニュアルやルールは厳密で尚且つ厳守です。
おもいやりやホスピタリティについて研修会はとても頻繁に行われますが、実際に現場ではマニュアルやルールの壁に阻まれてできないことがとても多いです。
新しい提案などをしても、規模が大きので承認待ちが長すぎて、季節にあわせた小さなおもいやりの提案などは間に合わないことが多いです。
海外からのお客様が多いのに、「英語」「その他外国語」の研修はほぼ行われないので、喋れないスタッフが多すぎるのも改善して欲しいところです。

ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)の選考対策

出典:https://pixabay.com/ja/

ユニバーサルスタジオジャパンの面接の流れ
応募

書類選考

面接(1〜3回)

内定

面接の回数は1〜3回で、人事担当者と各職種担当者によって行われます。

面接内容

◇志望動機
◇どこに配属されたいか
◇体力はあるかどうか
◇絵・写真を見て一言声をかけてください

一般的な質問に加え、「絵・写真を見て一言声をかけてください」といったUSJらしい質問をされるようです。

実際の人に対してではなく、絵や写真に対して話しかけるのが苦手という人も多いようなので面接に臨む前に、しっかりと練習しておくとよいでしょう。

また、基本的に面接の最後には逆質問を聞かれるようなので、質問を用意しておくようにしましょう。

まとめ

出典:https://pixabay.com/ja/

ここまで、『ユニバーサルスタジオジャパン』の転職について解説してきました。

ユニバーサルスタジオジャパンは世界的に人気のあるテーマパークなので、憧れている人も多く、内定をもらうのは簡単ではありません。

そんなユニバーサルスタジオジャパンの選考ですが、一人で対策を進めるのが不安という方は一度転職エージェントに相談されることをおすすめします。

個人だと、これまでの選考の傾向や求める人物が分かりづらく、準備が不十分なまま選考に臨むことも多いので、少しでも内定に近づくには転職エージェントを頼るのが得策と言えます。

ですが、担当のキャリアドバイザーによってサポートの質が異なるので、複数のエージェントに登録して、そこから自分にあったキャリアドバイザーと転職活動を進めていきましょう。

編集部おすすめ転職エージェント

1位:マイナビエージェント

  • 新卒サイトNoのマイナビが運営
  • 金融・メーカー・ITの転職支援に精通
  • 20-30代の若手の転職支援に定評

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『dodaエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

2位:リクルートエージェント

  • 求人数No.1を誇る大手転職エージェント
  • 年収750万円以上のハイクラス層向けに『リクルートダイレクトスカウト(by リクルート)』も運営
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『dodaエージェント』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

3位:DODAエージェント

  • リクルートと並ぶ求人数を保有するエージェント
  • リクルートが保有していない優良求人案件に出会う確率が高い
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次