広告業界に強い転職エージェントおすすめ人気ランキング2022年11月最新【徹底比較レビュー】

広告業界に転職を考えているなら、ぜひ広告業界への転職に強いエージェントやサイトを活用しましょう。

なぜなら、広告業界は転職希望者の中でも人気があるので競争も激しい傾向にあるからです。

そのため、対策や調査をしっかりしないと希望する転職活動が難しいこともあります。

ここでは、広告業界への転職におすすめの転職エージェントを厳選してピックアップしていきます。

広告業界への転職に関する詳しい情報もお伝えするのでぜひ参考にしてくださいね!

目次

広告業界への転職に強いおすすめエージェント

マイナビエージェント

「マイナビエージェント」は、20代や第二新卒のサポートが手厚い転職エージェントです。

第二新卒歓迎の求人を多く保有しているほか、転職経験がない方・浅い方に対して書類の添削や、模擬面接などを行ってくれます。

また、「マイナビエージェント」は平日の夜間や土曜日も転職相談を受け付けてくれる数少ない転職エージェントです。

さらにマイナビエージェントは、無期限でサポートしてくれます。一般的に転職エージェントのサポート期間は、3ヵ月以内など一定の期間に定められている場合がほとんどです。

利用者の長期的なキャリアを見据えたサポートをしてくれるといえるでしょう。

大手・中小・ベンチャー企業と幅広い求人を取り扱っています。なかでも、中小企業の求人が充実している点は特徴的です。

大手に限らず自分にあった会社を探したいという方にもおすすめのエージェントといえるでしょう。

運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
対応地域 全国・海外
料金 無料

dodaエージェント

「doda」は、テレビCMやWeb広告でも見かけることが多い知名度の高い転職エージェントです。

非公開求人の保有数も業界トップクラスと有名ですが、dodaの強みは転職活動サポートの手厚さにあります。

面接対策が丁寧と評判なので、業界未経験で面接に不安があるという方は、dodaのキャリアアドバイザーに相談してみるのがおすすめです。

特に広告業界は面接で聞かれる内容が特殊な場合が多いので、手厚い面接対策をしてもらえるのは大きなメリットでしょう。

また、企業との面接日程の調整なども行ってくれるので、在職中で忙しい方でも安心して転職活動を進めることができます。

しっかりと対策を行って選考に臨みたい方は、「doda」に登録しましょう。

またdodaの大きな魅力と言えるのが、「転職サイト」と「転職エージェント」の2つの機能が備わっていることです。

つまり、dodaでは「自分で求人を探して応募するか、担当者から求人紹介を受けるか」を好きに選ぶことができるのです。

dodaに登録すると、途中で「エージェントサービスを希望する」というボタンが表示されるため、このチェックを外せば、担当者のサポートをつけずに利用が可能です。

なお、転職サイトとして利用している場合でも、必要があればエージェントサービスに切り替えることも可能です。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 約157,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国・海外
料金 無料

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、求人数が業界トップクラスの転職エージェントです。

広告業界の求人を多数保有しているため、他の転職エージェントでは見つからない条件でも、リクルートエージェントなら見つかる可能性があります。

さらにリクルートエージェントでしか紹介されない独占求人も多数保有しているので、登録した人にしか応募できない求人がたくさんあるのもメリットの1つといえるでしょう。

実際の転職活動では、企業情報に詳しいアドバイザーが書類の添削を行なってくれるので、企業のニーズに合った書類を作成することできます。

それだけでなく、担当者があなたの推薦状を企業に出してくれるので、結果として一人で転職活動を行うよりも書類選考を通りやすくなります

書類選考に通らないことには面接には到達できませんから、応募書類の添削はぜひ念入りに行ってもらい、書類選考の通過率をアップさせましょう。

なお、今急速に成長している企業、人手不足が顕著な職種、応募が殺到している人気の業界など、リクルートエージェントが転職市場に詳しいので、広告業界への転職を目指す人にもおすすめです。

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 約268,000件
非公開求人数 約277,000件
対応地域 全国・海外
料金 すべて無料

ビズリーチ

ビズリーチは、現在高額年収の職に就いているが、さらにキャリアアップしたい・年収アップを目指したい人におすすめの転職エージェントです。

利用者の平均年収は約903万円、40代~50代の利用者が多いのが特徴です。

年収1000万円以上の求人が30%以上あるので、転職で高年収を狙っていきたい方には、またとないチャンスになります。

通常の転職サイトでは、様々な求人を取り扱っているため、給与形態がバラバラに設定されています。

さらに、ヘッドハンターの質が高いのが特徴です。ヘッドハンターは必ずしもビズリーチに所属しているわけではなく、別の会社に登録している人も存在します。

非公開求人は一般的な転職サイトや転職エージェントではチェックできないので、秘匿性の高い求人に応募できることがビズリーチ最大のメリットです。

ビズリーチのヘッドハンターは履歴書・職務経歴書の書類添削や、企業に合った面接指導まで行ってくれます。

つまり、キャリアアドバイザーとヘッドハンター、両方の性質を持っているということです。

運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 約82,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国・海外
料金 登録無料

【有料プラン】

・タレント会員30日間:3,278円(税込)一括

・ハイクラス会員30日間:5,478円(税込)一括

ワークポート

「ワークポート」は、業界・実務未経験からの転職に強い転職エージェントです。IT関係の転職市場にも強いので、Web広告系の求人を探している人にもおすすめです。

長年培ってきた独自のネットワークを活かして、経験が浅い方でも挑戦できる求人を保有しています。

IT業界に精通した転職コンシェルジュが多い点も魅力です。業界の採用動向や面接対策など、詳しい情報もコンシェルジュに相談できます。

PC・スマホ・タブレットで簡単に履歴書・職務経歴書を作成できるツール「レジュメ」というサービス機能があります。

務経歴書の職務要約や自己PRを「どのように書けばいいのか分からない」という方でも、テンプレートを参考にして手軽に作成できます。

さらに転職支援活動アプリeコンシェルが無料で利用できます。eコンシェルを利用すれば、いつでもどこでもひと目で選考スケジュールや進捗状況の把握が可能です。

チャット感覚で気軽に転職コンシェルジュと連絡が取れます。「仕事でなかなか電話に出られない」という方にも、おすすめです。

運営会社 株式会社ワークポート
公開求人数 約59,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
料金 無料

パソナキャリア

「パソナキャリア」は、株式会社パソナが運営する転職エージェントです。総合人材サービス大手のパソナグループの最大の特徴は、日本の全都道府県に拠点があることです。

「サービスを受けられるのは首都圏のみ」という転職エージェントも多いですが、「パソナキャリア」なら地方からでも利用することができます。

幅広い職種の求人情報を取り扱っています。特に、IT・ものづくりエンジニアや営業の求人が充実していることが特徴的です。

パソナキャリアでしか取り扱っていない求人も多くあるので、他の転職サイトや求人誌では出会えなかった求人にも出会えるでしょう。

応募から内定まで、転職に関する一連のサポートをすべて無料利用できます。

そして自分ではなかなか言い出しにくい年収交渉も、パソナキャリアでは転職コンサルタントに相談できる点が強みといえるでしょう。

ただし年収交渉は、自身の市場価値を客観的に判断することが重要です。未経験の業界・職種に転職する場合は、年収が下がってしまうこともあるので注意しましょう。

地方にお住まいの人にもうれしい、地方企業の求人も数多く取り扱っているのが特徴です。

地方への移住を検討している人にとっても、対応エリアが幅広いのが魅力的ではないでしょうか。

運営会社 株式会社パソナ
公開求人数 約45,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国・海外
料金 無料

マスメディアン

「マスメディアン」は、広告・WEB・マスコミに特化した転職エージェントです。

広告関連の求人を3,000件以上保有しており、業界トップクラスの求人数を誇ります。

業界に特化した求人が多いので、求人があまり出回らない広告系の専門職など、希望に合った求人を見つけられる可能性が高いでしょう。

また、マスメディアンの運営会社「宣伝会議」は、広告やマスコミに関する専門誌を多数発行しており、業界のネットワークも非常に強い会社です。

各業界の専門知識が豊富なアドバイザーが、手厚いサポートをしてくれるのもマスメディアンならではのメリットです。

アドバイザーは業界の動向だけでなく企業の内部事情にも詳しいため、その企業の特徴を踏まえて的確なアドバイスをしてくれます

業界未経験者向けの求人もあるので、「未経験だと転職は難しそう…」という方も挑戦しやすいです。

未経験者向けには営業職Web広告運用の求人が多い傾向にあります。

コミュニケーションスキルが高ければ、業界のノウハウを勉強することで業務を進められるので、未経験でも転職しやすいでしょう。

またマスメディアンでは、履歴書の添削だけでなくポートフォリオの添削にも対応してくれます。

広告・マスコミ・Web関連の中でクリエイティブ系の職種に応募する際は、制作実績をまとめたポートフォリオの提出が必要です。ポートフォリオは書類選考の結果を大きく左右します。

転職活動が長期化しブランク期間ができると、企業にマイナスイメージを持たれやすいため、フィードバックをもらうことをおすすめします。

運営会社 株式会社マスメディアン
公開求人数 約4,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国・関東
料金 無料

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、スカウト型のハイクラス向け転職エージェントです。ハイクラスの転職に強みもち、年収800〜2,000万円の求人を多数取り扱っています。

さらに楽天・トヨタ・ベネッセなど大手企業の求人も多数取り扱っている点も特徴として挙げられるでしょう。

登録後は、ヘッドハンターや企業からスカウトが届く仕組みです。業種や経験年数など条件を絞って、ヘッドハンターを探せます。

相性の良さそうな人を探して、まずは相談してみましょう。

他の転職エージェントのように利用期間が定められていないため、焦って転職してしまうリスクも防止できます。

そのため、自分が納得いくまで転職活動を続けられます。希望の条件にマッチした企業に転職することで、後悔のない転職ができるでしょう。

なおクルートダイレクトスカウトに登録するにあたり、特別な審査はありませんそのため、誰でも利用できるというメリットがあります。

ただし、誰でも利用できるといっても、理想の求人を紹介してもらえるとは限らない点には注意が必要です。

現在の経歴・スキルによっては、スカウトが届かないケースもあります。

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 約123,200件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国・海外
料金 無料

ランスタッド

「ランスタッド」は、外資系やグローバル企業の求人が豊富な転職エージェントです。2022年7月時点では、世界39の国と地域にコネクションをもっています。

ランスタッドはグローバルでのコネクションを活かした、独自の非公開求人が豊富。国内だけでなく、海外での活躍も視野にいれて転職先を選びたい人におすすめです。

年収600万円以上のハイキャリアの非公開求人も豊富なので、今より年収UPを狙う方にもおすすめです。なかには年収3,000万円以上の求人も紹介しており、30〜50代のミドル層からも人気を集めています。

また、サービス利用者の60%が20代後半から30代前半であることから、若い世代から支持されているエージェントといえます。

さらにアフターフォローも充実しています。一般的に転職エージェントのサポート期間は「転職先が決まるまで」ですが、ランスタッドは転職後もサポートしてくれます。

「働いてみたら条件が違った」「キャッチアップが必要」といった転職後の問題も、専任コンサルタントにいつでも気軽に相談可能です。

転職後も手厚いフォローを受けられるのは、ランスタッドが利用者の長期的なキャリアを見据えているからこそでしょう。

運営会社 ランスタッド株式会社
公開求人数 約6,800件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国・海外
料金 無料

DXキャリア

「DXキャリア(旧:広告転職.com)」は、広告・WEB業界の求人が大多数を占めている転職エージェントです。

そのため、他業界の求人に惑わされず、求人を比較できる点はDXキャリアのメリットです。また、DXキャリアでは様々な職種の求人を保有しています。

大手からベンチャー企業まで約5,000社以上と取引しており、転職支援の実績も豊富にあります。

ITやAIを駆使した次世代の事業に出会える可能性もあるため、最先端の技術に関する広告活動に興味がある方にもおすすめです。

また、自分で求人を探す「転職サイト」としての機能もあるため、まずは「どのような求人があるのか確認したい」という要望にも対応しています。

さらに、独自案件も多数保有しているので他では出会えないような好待遇の求人が紛れていることもあるので、レア求人を逃さないようにするためにも、DXキャリアを利用する価値はあるでしょう。

DXキャリアが独占求人を多数保有している理由には、企業の人事担当者と強い信頼関係を築けていることが挙げられます。

忙しくて自分で求人を探す暇がないという方におすすめのスカウトメールも届くので、転職の可能性を広げるためにも登録をしておいて損はないでしょう。

運営会社 株式会社プロフェッショナルメディア
公開求人数 約1,900件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
料金 無料

レバテックキャリア

レバテックキャリアはITエンジニアに転職したい人に特化した転職エージェントです。ITエンジニア以外にも、昨今人気が高まっているWEBデザイナーの求人も数多くあります。

テレビCMや電車内広告で目にするような大手有名企業はもちろん、ニュースや新聞などで取り上げられる成長度の高いベンチャー企業まで多種多様です。

  • エンジニア(広告配信プラットフォームの開発など)
  • マーケター
  • デザイナー(ゲーム動画広告のデザイナーなど)

など限られた職種専門ではありますが、他のエージェントにはない求人も豊富なので、これらの職種の転職を検討している方であればおすすめできます。

また、正社員転職以外にも、派遣社員やフリーランスへの転身も目指せます。さまざまなキャリアの選択肢のなかから、あなたに合ったキャリアパスを相談できるのも特徴です。

専門のアドバイザーがいるので、最新の情報をいち早く仕入れることができます。情報収集を効率的にしたいと考えている人にとっても、レバテックキャリアはおすすめできます。

そして転職後のミスマッチを回避するためにも、市場価値を客観的に判断してくれるのも、レバテックキャリアを利用するメリットといえます。

専任のアドバイザーが業界の動向を踏まえ、あなたの経歴やスキルから市場価値を丁寧に判断してくれるのです

レバテックキャリアには、転職活動に役立つコンテンツが多々あります。転職活動中に迷いが生じたり、悩みごとを抱えていたりするならレバテックキャリアの公式サイトをチェックしてみましょう。

運営会社 レバテック株式会社
公開求人数 3,870件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
料金 無料

CREATIVE VILLAGE

広告業界のなかでも、クリエイティブ職に転職したいと考えている人におすすめなのがCREATIVE VILLAGEです。

デザイナーやライターのほかにも、カメラマンやプランナーなどさまざまな職種を取り扱っています。

メリットの一つとして挙げられるのは、担当するコーディネーターがとことん親切という点です。

転職をする際には、多くの人が少なからず不安や悩みを抱えているのが現実です。

そんな不安や悩みをしっかりと聞いてくれるというのが、CREATIVE VILLAGEの優れている点といえるでしょう。

広告業界に限らず、ゲームやアニメ、Web業界のクリエイター求人を多く扱っており、職種はデザイナーやディレクター、プランナーなどの優良求人を見つけられます。

転職を目指す人の不安にもなるのが、転職活動するに向けての十分な時間が確保できないという点です。

そのため、現在仕事をしながら転職をしたいと考えている人でも安心して転職活動ができるように、求人のピックアップ等をコーディネーターに任せられる仕組みになっています。

運営会社 株式会社クリーク・アンド・リバー社
公開求人数 17,878件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
料金 無料

広告業界への転職にエージェントの活用をおすすめする理由

転職のプロからサポートを受けることができる

冒頭でもお伝えした通り、転職活動の中でも広告業界への転職は特に難易度が高いことが挙げられます。

広告業界は、給与が高くやりがいのある仕事のため人気があり、採用倍率が高くなりやすい業界です。

そのため、一人で転職活動を進めるのは難しいので、転職エージェントを利用しましょう。

以下は転職エージェントの活用手順を説明していいきます。

1.面談(希望条件などのすり合わせ)

転職サイトに登録をすると、担当者が連絡をしてくれます。

そして、その後時間を合わせて、対面もしくは電話で面談を行い、「転職しようか迷っている」レベルの相談から「こんな職場に転職したい」などのヒアリングまでを行ってくれます。

また、あなたの希望に応じて、その後求人をガンガン紹介してくれるようになるので、以下のような譲れない条件があれば、ここでアピールしておくといいでしょう。

  • 希望の給料やボーナスの水準
  • 夜勤なし、休みやすいなどの働き方の要望
  • 希望の勤務場所(立地や交通の便)
  • 「介護施設がいい」などの転職先の希望

具体的になっているほどに、自分が希望している求人を紹介してくれるので、思いつく限りまとめておきましょう。

2. 求人の紹介

面談の後は、あなたの要望に合わせて求人を紹介してくれます。

要望に合った求人の中から、興味があるものがあれば、転職サイトが応募手続きを代行して行ってくれます。

この時、転職サイトだから知っている職場の実情なども踏まえながら提案をしてもらえます。

また、転職サイトの場合、ネット上などに公開されている公開求人の他に、ネット上には公開されない「非公開求人」も存在します。

3. 選考のサポート

履歴書や面接対策などの「受かるためのサポート」も転職サイトは必死に行ってくれます。

転職サイトはあなたが転職に成功し、入職して初めて「紹介料」をもらえます。

そのため、紹介して終わりではなく、受かるためのサポートも徹底的に行ってくれます。

また、自分ではなかなかしづらい、条件面の交渉も担当者が行ってくれますので、希望の条件をしっかりと伝えておきましょう。

4. 内定後のサポート

内定した後もサポートは以下の面で、手厚く実施してくれます。

  • 職場側との条件などの調整
  • 入職手続きの代行
  • 現職の退職交渉のアドバイス

転職エージェントを活用すると、内定が決まった後も入職するまでサポートしてくれるだけでなく、面倒な手続きなどもほとんど代行してくれます。

非公開求人など、求人の幅が大きく広がる

転職エージェントを利用することで、様々な求人を見ることが可能になります。

さらに、転職エージェントで一般公開している「公開求人」のみならず、「非公開求人」まで見ることができるので、幅広い求人を見たいのであれば、必ず登録すべきだといえるでしょう。

実際にネット上に公開されたら応募者が殺到してしまう、今働いている方よりいい条件になってしまうなど、非公開求人は「非公開にすべき理由」のあるいい求人が非常に多いです。

非公開求人も見ることで、希望する労働条件や職場を見つけられる可能性がグッと上がります。

スカウトサービスを受けることができる

広告業界の転職で転職エージェントの活用をおすすめする理由は、スカウトを受けられるからです。

スカウトサービスとは、転職エージェントに希望の職種や業種・年収などの条件を登録しておくと、その条件に合った企業からオファーが来るサービスのことです。

待っているだけで企業からスカウトされる可能性があり、なかには「面接確約(書類選考免除)」というオファーもあるので、転職活動にかかる手間を大きく省くことができます。

書類添削・面接対策の転職サービスを受けられる

広告業界の転職で転職エージェントの活用をおすすめする理由は、転職サービスを無料で受けられるからです。

転職エージェントを利用すると、応募書類の添削・面接対策など、広告業界の過去の選考内容に応じて対策ができたり、広告業界に好まれやすい書類を作成することができます。

また、模擬面接で受け答えの練習もできるので、転職エージェントの利用は大きなメリットがあるでしょう。

とくに初めての転職の場合には、転職活動における不安を相談できるので安心です。

広告業界への転職エージェントを使う際の注意点

求めている職種・職務内容にマッチしない案件を紹介される可能性

企業にもよりますが、転職エージェントはあなたのスキルや経験に合った求人の紹介が得意です。過去の経験を活かした方が年収が上がり、エージェントが企業から得られる紹介料も上がります。

報酬欲しさにあなたの要望を考慮しない担当者もいるので、相手が言うことすべてを真に受けないようにしましょう。

担当者との相性や質にばらつきがある

転職エージェントに登録すると、あなたに専任のアドバイザーがつきますが、担当者次第でサービスの質が変わりますあなたに親身に寄り添ってくれる人がいる一方、売上を上げることにしか興味がない人もいます。

業界知識があっても、得意不得意もあり、人間からサービスを受ける以上、この手の不確実さはある程度仕方がありません。

もしサービスを利用する上で違和感があれば、担当者を代えてもらったり、別の転職エージェントを利用したりしましょう。

都合のいい情報以外も教えてくれるか確認する

アドバイザーの中には、転職を決断させたくて紹介した企業の良い点しか語らない人もいます。

広告業界はハードワークな企業も多く、体育会系のノリが嫌いな人にとっては苦痛になるかもしれません。

もちろんそんな企業ばかりではありませんが、内部の雰囲気を具体的にイメージしておくことで、転職後のミスマッチを防ぎやすくなります。

社風や残業など仕事をする上で気になる点は、必ず確認しておくといいでしょう。

広告業界向け転職エージェントを賢く利用するコツ

複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントや担当者の質にバラツキがあるのは仕方がないことです。2~3社のエージェントを登録しておくと、リスクヘッジになります。

相性のよい担当者が見つかるまでは、複数の転職エージェントを実際に試してみるといいでしょう。

定期的に連絡を入れておく

定期的に連絡をした方が優先して求人を紹介してもらいやすくなります。

担当者は求職者に求人を紹介する際に、更新日が新しい人から声をかけていきます。

更新日とは、あなたが最後に連絡を入れた日を指します。1~2週間に一回連絡をしておきましょう。

転職サイトと併用する

転職市場にどんな求人が流れているのかを、自分から能動的に調べたい人は、転職サイトを活用しましょう。

ほとんどの場合、転職エージェントはあなたに合った求人を紹介してくれるだけなので、自分からは調べられません。

よい求人があれば、その場で応募してもいでしょう。転職エージェントのサポートを受けたからと言って、自分で転職を決めてはいけない決まりはありません。

広告業界の種類【未経験者向け】

そもそも広告業界とは

おしゃれなイメージの広告業界で働いてみたい!」と漠然と考えてはいるものの、具体的にどのような仕事内容があるのかわからない人も多いのではないでしょうか?

一般的に、広告代理店と広告制作会社をひとまとめにして、広告業界と呼びます。

ただ、現在の広告代理店は以下のように、広告の企画から制作まで請け負うこともしばしばです。

広告代理店

広告代理店とはそもそも「広告を出したい企業(広告主)と、広告を掲載するメディアを繋ぐ役割」を果たしている会社のことを指します。

具体的には、クライアントの新商品の訴求ポイントやターゲット、予算などのヒアリングを踏まえて、広告プランの提案を行い、最適なメディアで広告を打つというのが仕事になります。

広告主(クライアント)

広告主は、広告を打つことで自社の商品の知名度・理解度の向上や、販売促進を狙いたいと考える顧客のことを指します。

メディア

メディアは、テレビや新聞、ラジオや雑誌等の広告枠を持っている会社です。

広告枠といっても以下のように色々あります。

  • 新聞に掲載する広告枠
  • 電車の中吊り広告枠
  • テレビCMの広告枠
  • googleやyahooなどメディアに挿入する広告枠
  • SNSに流す事ができる広告枠

メディアは、上記の広告枠を売ることで収益を得ているため、広告枠を買いたい広告主を求めています。

すなわち、広告代理店の役割とは、広告枠を買いたい広告主と広告枠を売るメディアの橋渡をすることなのです。

広告業界の市場規模

日本の総広告費(2019年度)は、6兆9,381億円です。業界全体でみると、8年連続のプラス成長です。

また、下記グラフから分かるように、インターネット広告領域は6年連続で2桁成長を続けており、2019年に初めて市場規模が2兆円に達しています。

10年前(2009年)時点で1割にも満たなかったインターネット広告費が現在全体の約4割を占めていることからも、インターネット広告が急激に増加していることが理解できます。

このように、これからもより一層インターネット広告が業界を牽引する存在となる予想の一方で、屋外広告を扱うプロモーションメディア広告費などはコロナウイルスの影響でさらに縮小していくことが予想されます

広告業界の種類

総合広告代理店

総合広告代理店はテレビや新聞など大規模なマスメディアを使って、広範囲にクライアントの商品を宣伝することができる代理店です。

取り扱うメディアは、テレビや新聞などのマスメディアからインターネットを主戦場とするWEBメディアまで多岐に渡ります。

このことから、他代理店とは異なり、複数メディアに同時にアプローチし、横断的に広告宣伝をすることが可能です。

企業名をあげると、電通や博報堂、ADKなどが総合広告代理店に該当します。

専門広告代理店

専門広告代理店は、1つの媒体に特化した広告代理店です。

1つの媒体に特化した専門的なノウハウを活用し、企業のニーズを満たす最適な広告を打ちます。

具体的には、新聞の広告枠を専門的に扱う広告代理店や、屋外広告を専門に扱う広告代理店、インターネット広告を専門に扱う広告代理店などです。

特に、専門広告代理店の中でも、スマートフォンの普及やインターネット環境の充実によって、サイバーエージェントなどインターネット広告の市場規模が急成長を遂げています。

ハウスエージェンシー

ハウスエージェンシーとは、特定の企業専属の広告代理店のことです。

具体的には、JR東日本企画(jeki)が挙げられます。

jekiは、JR東日本のハウスエージェンシーで、JR東日本が出稿している広告やJRの電車内広告などは、基本的にはjekiが広告代理店としての役割を担います。

ハウスエージェンシーには、jekiの他にも東急グループの広告を担う東急エージェンシーや、トヨタの広告を担うデルフィスなどがあります。

広告業界の仕事内容【未経験者向け】

営業部門(アカウントプランナー)

営業部門は、クライアントの情報管理や広告の企画・提案、スケジュール管理・予算組みなどの役割を担います。

具体的には、下記の業務があります。

  • クライアントとの打ち合わせ
  • 広告制作に向けたヒアリング(商材の訴求ポイントやターゲット、予算など)
  • スケジュールや納期の管理
  • プロジェクト全体の進行

上記のように、プロジェクトメンバーを巻き込み、全体の進行状況の管理をする必要があるため、リーダーシップやコミュニケーション能力、マネジメント力が求められる仕事です。

また、クライアントの打ち合わせが多い仕事柄、会食や接待の頻度も必然的に多くなるので、体力のある人が求められやすいです。

企画部門

マーケティング職

マーケティング職はクライアントの依頼に対して、市場分析を行い、メディアの選定やターゲットの設定など、戦略的にプランの根幹を作っていきます。

特に近年はビジネス全体の設計を担うこともあるので、未経験からの転職は難しいポジションだと言えるでしょう

プロデューサー職

プロデューサー職は、企画のスケジュール調整やお金の流れを仕切る制作の要と言えるポジションです。

企画部門ではあるものの、営業部門に同行してクライアントと接することもあります。

部門を超えて、大きなお金を動かすことから、華やかな仕事と思われがちですが、実際は地味な調整作業や複数の制作会社との交渉が多く、苦労の多い裏方の仕事です。

クリエイティブ部門

クリエイティブ職

クリエイティブ職は、デザイナーやコピーライター、アートディレクターなどがあります。

広告制作におけるデザインや、コピーの作成、アートディレクターは制作の取りまとめやコンセプト作りなどが主な仕事内容になります。

ディレクター職

ディレクター職は広告を作り上げるプロジェクトメンバーの指揮を執る仕事を指します。

ディレクター職の中でも特に、クライアントと制作会社の間に立って制作物の精査を行う作業は、非常に地味で骨が折れる仕事です。

なぜなら、精査をする制作物とは、テレビCMやポスターだけでなく、数百ページにも及ぶ紙媒体を扱う場合もあるからです。

上記のように、地道な業務内容ではあるものの、企画から完成まで全ての工程に携ることができる職種ですので、大きなやりがいを得られる職種と言えます。

広告業界の平均年収

国税庁の民間給与実態調査では、日本人全体の平均年収は441万円と公表されているので、広告代理店の給料相場は平均年収より上回っていることが分かります。

また大手広告代理店の場合、40代から50代あたりには、1000万円を超える人もいるので、平均的に年収が高い業界と言えるでしょう。

  日本人
平均年収
広告業界
平均年収
20~24歳 275万円 360万円
25~29歳 319万円 454万円
30~34歳 386万円 477万円
35~39歳 451万円 549万円
40~44歳 515万円 614万円
45~49歳 570万円 695万円
50~54歳 642万円 755万円
55~59歳 627万円 748万円

広告業界の転職で求められる能力

広告業界は、個人ではなく法人に対して取引を行うことがほとんどのため、法人営業のスキルは大いに生かすことができます。

また、さまざまな業界に関するメディアの知識があると、広告業界での業務を進めやすいでしょう。

コミュニケーション能力

広告業界におけるコミュニケーションスキルというのは相手が言いたいこと、求めていることを的確に汲み取り、正確に人に伝える」能力のことを指しています。

これは全ての部門で求められるスキルです。

というのも、広告代理店では「クライアントがどのような広告を作りたいと思っているのか」を聞き出す必要がある上、それを営業から制作会社、マーケターといった複数のプロジェクトメンバー間で円滑に伝え合う必要があるためです

小さなコミュニケーションミスによって、クライアントの要望を満たせない広告になってしまう恐れがあるため、重要なスキルと言えます。

柔軟な発想力

広告代理店では柔軟な発想力が必要になります。

というのも、世の中に溢れる広告に対して「今までに見たことがない!」「新しくて面白い!」と思ってもらえる広告を企画できる人材が求められているためです。

コミュニケーションやマーケティングにおいては、ロジカルさも重要ですが、それだけでなく発想力とロジカルさを兼ね備えていることが重要と言えます。

最新の情報や流行を素早く仕事に落とし込む力

広告代理店で働く上で、最新の情報や流行に対する情報感度が高く、それらを仕事に落とし込む力は非常に重要なスキルと言えます。

というのも、このスキルがあると、世の中の消費者が求めているものや、頻用するメディア、心に響くキャッチコピーなどがわかるようになり、広告を企画・制作する際の良いアイデアに繋がるからです。

例えば、女子高生をターゲットにした商品の広告を企画するときに、若い女性がInstagramを検索ツールとして頻用することを知っているか否かで企画内容が変わってもおかしくないでしょう。

このように、情報や流行に対する関心が高いことは、広告業界で仕事をする上で必要な力と言えます。

広告業界に向いている人の特徴

流行やトレンドに敏感な人

広告は人目につきやすい媒体のため、流行やトレンドに敏感な方に向いています。流行やトレンドは日々変化しているため、常にアンテナを張り巡らせておきましょう。

とくに、「製作」や「宣伝」の仕事をするなら、敏感に情報を察知する能力が必要です。

時代の流れに合った広告を提案できる方なら、広告業界で活躍できます。

コミュニケーションが得意な人

コミュニケーションが得意な方は、広告業界に向いています。

広告業界の仕事は社内やクライアントとのミーティングや商談が非常に多いため、コミュニケーション能力は必須スキルといっても過言ではありません。

また、アイディア出しをチームで行うことも多く、チームで協力しながら行う業務が多いです。

そのため、コミュニケーションに自信のある方なら、広告業界でスムーズに働けるでしょう。

フットワークが軽い・体力がある

広告業界は、バイタリティがある方に向いています。

広告業界の仕事は業務量が多く激務のため、バイタリティがあってフットワークの軽い方でなければ続けることが難しいでしょう。

取引先などの関係各社にこまめに顔を出すことも大切な業務の1つなので、体力のある人に向いています。

いつも生き生きとしてバイタリティ溢れる方なら、バリバリと働けるでしょう。

広告業界への転職を有利にするには?

営業職・事務職の経験がある人は有利

景気が回復しており、広告業界も売り手市場なので転職するなら今がチャンスです。

特に営業職と事務職の求人が多く、業界に入る目的だけで考えるなら、狙い目と言えます。

広告業界における営業職は、給与水準が高く華やかな雰囲気がつきまといます。

業績と景気が良いことから、業界未経験者でも採用されるチャンスは十分あるでしょう。

報酬額の大きさは魅力ですが、その分仕事内容はハードな可能性が高いので、困難があっても立ち向かえるメンタルの強さがある人の方が向いているでしょう。

一方、広告業界における事務職は女性に人気が高く、ひとたび求人を公開すると応募が殺到し、すぐに締め切られるのが特徴です。

最初に求めていたスキルを満たしていたとしてもライバルが多く、最終選考には最初の基準を超えた人たちとの競争になります。

Web広告分野では未経験者の採用も拡大している

広告業界に限らず、IT関連分野では慢性的に人材が欠乏しています。経験がなくても、知識があれば採用してくれるケースもありますし、年齢が若くてやる気があれば、採用される場合もあります。

ただし、広告業界は人気がありますので、別業界のIT関連職種に転職する場合よりも未経験者のハードルは高くなるでしょう。

ITに興味があればですが、広告業界が求めるスキルを身につけられる職種にまずは転職する、といった選択肢も考えてみてもいいかもしれません。

異業種からでも広告業界へ転職するチャンスは存分にある

広告手法に詳しいからと言って、転職が有利になるとは限りません。最近ではマーケティングやグローバル人材を求めている傾向があり、スキルを持つ人にとっては、異業種から広告業界へ転職するチャンスです

先進的なマーケティングアプローチやITの活用、海外のマーケティング知識・経験がアピールポイントになりますので、履歴書や面接で大いにプッシュしましょう。

まとめ

広告業界への転職エージェントのおすすめを紹介しました。広告業界への転職は、未経験の人や自力で行うのが難しい業界でもあります。

そもそも広告業界自体が人気なので、競争率も高く、対策をしないとなかなか希望する求人に出会えないことも少なくありません。

転職市場に強いエージェントを使うことで求人案内のほかに書類添削や中には年収交渉をしてくれるエージェントもあります。

エージェントによって得意としているエリアや職種は異なるので、広告業界の中でも特に自分が希望する求人・条件を提示してくれるところを探しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次