転職エージェントが信用できない時は?賢く使う方法やおすすめも紹介

(※マイナビを含む一部プロモーションが含まれています)

【結論】口コミで分かった編集部おすすめ転職エージェント

結論!当サイトが口コミをリサーチした結果、みんなから支持を得ている転職エージェントは次の3つだと判明しました!

どれのエージェントに登録しようか悩んでいる方は、複数登録することをおすすめします!

複数のエージェントを掛け持ち登録をしてたくさんの求人を紹介してもらい転職活動を有利に進めていきましょう!(※PR)

1位:マイナビエージェント

  • 新卒サイトNoのマイナビが運営
  • 金融・メーカー・ITの転職支援に精通
  • 20-30代の若手の転職支援に定評

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『doda』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

2位:doda

  • リクルートと並ぶ求人数を保有するエージェント
  • リクルートが保有していない優良求人案件に出会う確率が高い
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

よく読まれる記事

3位:リクルートエージェント

  • 求人数No.1を誇る大手転職エージェント
  • 年収750万円以上のハイクラス層向けに『リクルートダイレクトスカウト(by リクルート)』も運営
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『doda』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

転職エージェントを利用しようと考えている人の中には、転職エージェントが信用できない・対応に不満が出たらどうしようと思っている人もいるのではないでしょうか。

結論からいえば、転職エージェントは信用できます。しかし、担当者との相性が良くない・サービス自体が自分にとって使い勝手が良くなかったというケースから、信用できないと感じてしまうケースもあります。

そこで今回は、転職エージェントが信用できないと感じる理由と解決方法を詳しく解説していきます。

その他に転職エージェントを賢く利用するポイントなども挙げていくので、不安という人もぜひ参考にしてください。

さらに、おすすめの転職エージェントも紹介していくので、転職活動の際にぜひお役立てください。

目次

転職エージェントが信用できない原因・特徴

求人を大量に紹介される

自分の希望条件に合った求人の紹介を受けたいのに、送られてくる求人があまりに多い場合も、転職エージェントの担当者に対する不信感が生まれてしまいます。

数多くの案件が届くこと自体は良いですが、希望に合ったものが少なかった場合、良い案件を見逃してしまう可能性があるだけでなく、メールが多いこと自体が鬱陶しいと感じるでしょう。

このような場合は、もう一度担当のキャリアアドバイザーとすり合わせを行うのがおすすめです。

・勤務地
・給与
・職種

などを含めて自分にとって譲れない・妥協できない点に関して再度しっかりと伝えて、希望から大きく外れている求人情報は紹介しないでほしいと伝えることが大切です。

具体的に伝えることでアドバイザーとも円滑なコミュニケーションを結ぶことができます。

希望と違う求人を紹介される

紹介された求人が希望に沿わないものばかりだと、多くの人は転職エージェントに対して不信感を抱きます。

希望と違う求人ばかりを紹介された際には、担当キャリアアドバイザーに連絡し、どの点が希望と異なっているのかをできるだけ具体的に伝えましょう。希望を正確に理解してもらうことで、より良い求人の紹介を受けやすくなります。

内定の決断を急かす

まず転職エージェントの利益システムとして、求職者が紹介した会社に入社時に「成功報酬」を会社から受け取ります。

そのため、アドバイザーの中には「明日までに結論を出してください」と、内定の決断をせかしてくる人もいるようです。

これは、単純にノルマに届いておらず、売り上げを少しでもあげたいからです。

実績を残したいとの理由で内定の決断を急かされたら、求職者は転職エージェントに対して不信感を抱くでしょう。

さらに厄介なのが、面談に上司を連れてきて、結論を迫るパターンです。

転職は人生の大きな転換点で、慎重に・自分の意思で決断すべきで、エージェントは強要すべきではありません。

担当のキャリアアドバイザーとコミュニケーションを取り、いつまでに決めればいいのかの期日を設定してもらいましょう。

その場合は、時間をかけて考えたい旨を一緒に伝えると急かされるこを防ぐことができるでしょう。

企業との連携がとれていない

転職エージェントにもよりますが、ほとんどの転職エージェントでは求職者を担当するアドバイザーと企業を担当するアドバイザーは異なります。

何人か仲介者を挟んでいるため、聞いていた情報と実際がずれてしまうようなケースがあります。意見の食い違いにより、中々採用進まなかったり、採用されたのは良いものの希望と違う仕事だったなんてことも起こり得ます。

対処法としては、自身が転職で絶対に譲れない部分や希望先の企業が求めていることなど、必要な情報はまとめて再度担当のキャリアアドバイザーに聞いてみましょう。

少しでもミスマッチな転職を減らすことにもつながるのでおすすめです。

転職に関する知識が浅い

転職活動のサポーターとして頼りになるべきであるアドバイザーが、転職に関しての知識が不十分だと感じたとき、不安になる・信用できないと感じるのは普通でしょう。

同じサービス内であっても、在籍しているキャリアアドバイザーの知識や経験は大きく異なります。

例えば新人である場合では、転職活動に関した知識だけでなく自社(転職エージェント)自体の業務に関しても知識が不足していることもあります。

担当するキャリアアドバイザーの知識や情報に不安を感じた場合は、担当者を交代してほしい旨を伝えると良いでしょう。

レスポンスが遅い、連絡が取りにくい

キャリアアドバイザーに相談や報告の連絡をしたけれど、返事がこなかったり1週間待たされるようなケースです。このような連絡が返ってこない原因として考えられるのは、

  • キャリアアドバイザーが多忙
  • 求職者の転職意欲が感じられず、放置気味になっている

という2つの可能性があります。どちらの理由にしても連絡が返ってこないというのは不安になるものです。

まずは自分がやる気のない行動をしていなかったかどうかを考え、思い当たる節があるのであれば、今後はもっとやる気を意識的にアピールしていきましょう。

打開策としては、電話をしてみるか、もう一度メールを入れてみることがおすすめです。「度々で申し訳ございませんが」「お忙しいところすみません」などの一言を添えて、連絡をしてみるようにしましょう。

一言謝罪を入れつつ連絡をするば、相手を不快にさせることもないですし、その時のキャリアアドバイザーの行動によって、今後どうすれば良いかもわかってくるでしょう。

転職エージェントが信用できない時の対策

自分の希望・条件をはっきりと伝える

もし自分の希望している条件とは大きく違っている求人を紹介される場合には、再度自分の希望や条件をはっきりと転職エージェントに伝えましょう。

紹介される求人数が多いのは、転職エージェントがそれだけ多くの求人を保有していることが背景にあります。

条件を追加したり変更することで、紹介される求人をより確度の高いものだけに絞り込むことができます。

また、システムから自動的に送られてくる求人については、設定を変更することで受信の頻度を変えることが可能です。

アドバイザーとコミュニケーションを密にとる

自分の希望を伝えることも含めて、普段からアドバイザーとコミュニケーションをしっかりととっておくことも転職活動では重要なポイントです。

例えば進捗状況の確認や気になっていることなどでも積極的に質問をしていくことで、アドバイザーに転職意欲の高さを伝えることにもつながります。

そのため「希望条件に沿った内容で転職させたい」「いい求人があれば紹介したい」とアドバイザーからの優先度も上がる可能性があります。

担当者・担当アドバイザーの変更を申し出る

担当キャリアアドバイザーとの相性は、転職エージェントを使った転職の成否を大きく左右する要素です。

たとえ実績のあるキャリアアドバイザーであっても、相性が合わなければなかなか転職はうまくきません。「合わない」と感じる場合は、遠慮することなく担当者の変更を申し出ましょう。

いかに変更を申し出る際の例文を挙げます。

いつも大変お世話になっております。

現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、

転職活動が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

上記のような文面にした上で、現在担当してくれているアドバイザーとの関係は良くないので変更してほしい胸は窓口などで伝えておくといいです。

また、転職エージェントはひとつではなく、複数のサービスを併用して利用するのがおすすめです。

利用していく過程で「合わない」と感じたサービスは利用をやめ、より自分に合うサービスに切り替えていくと良いでしょう。

別の転職エージェントを登録する

会社全体やサポートシステムに問題があると感じた場合は、別の転職エージェントに登録することをおすすめします。

一般的には転職エージェントは2個以上登録しておくといいでしょう。

転職エージェントごとに得意としている求人が異なることから、自分にとって良い条件の案件の幅が広がります。

他の転職エージェントを探す際には、自分の希望する職種や業種・条件などがなるべく合致している求人を多く保有しているところかをチェックしましょう。

大手の転職エージェントであれば、都市部だけでなく地方の求人も多く保有しているほか、非公開求人も豊富出ることが多いのでおすすめです。

おすすめの転職エージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、2018年1月に実施された楽天リサーチの調査で「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」を獲得していることから若手の転職に強いエージェントとして知られます。

第二新卒歓迎の求人を多く保有しているほか、転職経験がない方・浅い方に対して書類の添削や、模擬面接などを行ってくれます。

中でもIT系の求人情報が多いのが特徴なので、Webマーケター向けの求人情報を探すこともできます。

さらに、未経験からIT業界に挑戦したい方も受け入れ可能なので、他業種からフロントエンジニアに挑戦したいという人にもおすすめできる転職エージェントといえるでしょう。

そのため、新たな業界にチャレンジしやすいのも、20代を中心とした若手ならではといえるでしょう。

キャリアアドバイザーは、若い方から転職業界のベテランまで幅広く在籍しているので、特に20代の若手利用者にとっても利用しやすい環境といえます。

マイナビエージェントは、中小企業の案件も豊富に取り扱っています。さらに非公開求人や、マイナビエージェントでしか出会えない好条件の求人紹介も期待できるのがポイント。

またアドバイザーは担当している企業に通って情報収集を徹底している点が強みです。

どんな人材を求めているのかといったことから、企業側の要望のほかに社内の雰囲気や社員の様子など、実際に訪れてみないと分からない点までしっかりと調査してくれます。

入社してから「こんなはずではなかった!」というミスマッチを防ぐための工夫もしっかりとしていることが分かります。

さらに、初めての転職活動の人に対しても手厚いサポートをしています。

業界未経験の人が挑戦しようとする場合でも、面談で希望条件や価値観などにあった求人を紹介してくれるのが特徴です。

内定をした後でも、内定者と企業側それぞれからフィードバッグをもらっているので、内定をもらえた人・もらえたなかった人の人物像の把握につながるという仕組みを採用しています。

なお首都圏のみならず、地方の求人も数多く取り扱っているので、Iターン・Uターンで地方での就職・転職を検討している人にも求人を見つけやすいのがうれしいポイントでしょう。

対象年代 年齢制限なし
対象者 全業種・職種
利用料金 無料
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
書類添削 あり
面接指導 あり
営業日 カスタマーセンター:平日10:00~18:00
キャリアカウンセリング:平日9:30~20:30開始/土曜日:9:30~17:30
電話面談
拠点一覧 東京、新宿、横浜、札幌、静岡、名古屋、京都、大阪、兵庫、福岡

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、求人数が業界トップクラスの転職エージェントです。

リクルートエージェントでしか紹介されない独占求人も多数保有しているので、登録した人にしか応募できない求人がたくさんあるのもメリットの1つといえるでしょう。

20代・若手の方には、社会人経験が2年以上の人や仕事でチャレンジしたい領域がはっきりとしている人に向いています。

また、求人の紹介に際して過去の豊富な転職支援実績をもとに転職者の志向に合わせての「レコメンド求人」、提携企業からの「スカウト求人」の2つからも紹介されるので、可能性も広がるでしょう。

自分では検索しなかったジャンルの求人からスカウトされることもあるので、転職活動の幅を広げることも期待できます。

実際の転職活動では、企業情報に詳しいアドバイザーが書類の添削を行なってくれるので、企業のニーズに合った書類を作成することできます。

それだけでなく、担当者があなたの推薦状を企業に出してくれるので、結果として一人で転職活動を行うよりも書類選考を通りやすくなります

書類選考に通らないことには面接には到達できませんから、応募書類の添削はぜひ念入りに行ってもらい、書類選考の通過率をアップさせましょう。

面接対策や、書類添削のサポートも充実しており、過去45万人以上の転職支援実績をもとに徹底的にサポートしてくれます。

また、言い出しにくい年収交渉や条件提示にも積極的に対応していて、交渉が成立すれば数十万円から数百万円の年収アップが実現できます。

交渉にも力を入れているエージェントなので、年収アップを狙っている人にもおすすめです。

今すぐは転職を考えていなくても「これまでの経験がどれだけ評価されるか」が気になる方も多いかもしれません。スピーディな転職を希望する場合は、履歴書と職務経歴書を事前に用意しておくといいでしょう。

対象年代 年齢制限なし
対象者 全業種・職種
利用料金 無料
書類添削 あり
面接指導 あり
面談可能時間 平日(10:00~19:30)
土(10:00~18:00)
日(10:00~17:00)
電話面談 可能

doda

「doda」は、テレビCMやWeb広告でも見かけることが多い知名度の高い転職エージェントです。大手企業のみならず、中小の有料企業や非公開求人も数多く取り扱っているので、幅広い規模の会社から見つけたいという人にもいいでしょう。

経験者採用に力を入れている転職エージェントで、キャリア面談から求人紹介、選考対策に至るまで、手厚く丁寧なサポート体制が強みで、20代や転職が初めての方に特におすすめです。

職務経歴書の書き方に自信がない人は、「レジュメビルダー」を使うことで解決できます。フォーマットのほかに自動挿入サンプルを参考に、自分だけの職務経歴書がすぐに作成できます。

さらに一度作成した書類は保存・編集が可能なので便利です。また、作成した職務経歴書はWord・PDFファイルでダウンロードが可能です。

一人で転職活動を進めるのが不安な方や、書類の書き方、面接対策などのアドバイスが欲しい方にもおすすめです。

また、dodaは転職サイトとしても利用でき、診断など豊富なコンテンツも役立ちます

そのため求人を探せる転職サイト、サポートをしてもらえる転職エージェント、求人を紹介してもらえるスカウトの3つのサービスを同時に利用することができます。

求人情報サイト利用者だけではなく、幅広い業種職種で専門性を持った人材紹介利用者にもアプローチすることが可能です。

またdodaは「転職エージェント」+「転職サイト」両方の機能を備えています。求人を自分で探して、応募から面接については担当アドバイザーにフォローしてもらう」こともできるので、初めての転職の人にもおすすめです。

自分の経歴にピッタリの求人が紹介されるので、自分の経歴に見合う会社のレベルが分かって参考になります。

さらに転職のイベントが多いのが特徴で、東京では毎週末に何らかのイベントを開催しています。

全国的な転職フェアも定期的に催しており、地方の方も利用できます。

対象年代 年齢制限なし
対象者 全業種・職種
利用料金 無料
書類添削 あり
面接指導 あり
面談可能時間 平日(9:00~20:30)
土曜(10:00~19:00)
本社住所 東京都千代田区丸の内2-4-1
丸の内ビルディング27F
電話面談 可能

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、ヘッドハンターや企業からのスカウトを待つだけで年収アップやキャリアアップを目指せる仕組みが特徴の転職エージェントです。

ヘッドハンターは、求人紹介をしてくれるだけでなく、転職やキャリアの相談もできるので、転職活動自体が初めての人でも安心でしょう。

そして登録後に開設されるマイページ上では、ヘッドハンターの検索も可能です。自分の経験やスキルにマッチするヘッドハンターを逆指名できる点が他のエージェントにない点でしょう。

  • 担当業種
  • 担当職種
  • 業界経験年数
  • 勤務地
  • フリーワード

各ヘッドハンターの詳細画面では、得意とする業種や職種、サポート実績などが分かります。

画面下部の「相談する」ボタンを押すと、ヘッドハンター宛にメッセージを送ることもできます。

リクルートダイレクトスカウトはハイクラス専門のため、高年収求人の紹介が多いので、転職前の年収が600万円以上の人またはそれくらいの年収を目指す人にもおすすめのエージェントです。

今すぐは転職を考えていなくても「これまでの経験がどれだけ評価されるか」が気になる方も多いのではないでしょうか。

またスピーディな転職を希望する場合は、履歴書と職務経歴書を事前に用意しておくことをおすすめします。

書類の準備ができていれば、その内容をマイページ上の「レジュメ」に入力することでスカウトを受けられます。

「多くのスカウトが欲しい」という方向けに、職務経歴書の「サンプル一覧」も職種別に用意されているので一緒に利用しながら、良いスカウトを受けられる確率を高めていきましょう。

対象年代 年齢制限なし
対象者 年収600万円以上
利用料金 無料
公開求人数 55,153件
非公開求人数 非公開

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、求人数が業界トップクラスの転職エージェントです。

リクルートエージェントでしか紹介されない独占求人も多数保有しているので、登録した人にしか応募できない求人がたくさんあるのもメリットの1つといえるでしょう。

20代・若手の方には、社会人経験が2年以上の人や仕事でチャレンジしたい領域がはっきりとしている人に向いています。

また、求人の紹介に際して過去の豊富な転職支援実績をもとに転職者の志向に合わせての「レコメンド求人」、提携企業からの「スカウト求人」の2つからも紹介されるので、可能性も広がるでしょう。

自分では検索しなかったジャンルの求人からスカウトされることもあるので、転職活動の幅を広げることも期待できます。

実際の転職活動では、企業情報に詳しいアドバイザーが書類の添削を行なってくれるので、企業のニーズに合った書類を作成することできます。

それだけでなく、担当者があなたの推薦状を企業に出してくれるので、結果として一人で転職活動を行うよりも書類選考を通りやすくなります

書類選考に通らないことには面接には到達できませんから、応募書類の添削はぜひ念入りに行ってもらい、書類選考の通過率をアップさせましょう。

面接対策や、書類添削のサポートも充実しており、過去45万人以上の転職支援実績をもとに徹底的にサポートしてくれます。

また、言い出しにくい年収交渉や条件提示にも積極的に対応していて、交渉が成立すれば数十万円から数百万円の年収アップが実現できます。

交渉にも力を入れているエージェントなので、年収アップを狙っている人にもおすすめです。

今すぐは転職を考えていなくても「これまでの経験がどれだけ評価されるか」が気になる方も多いかもしれません。スピーディな転職を希望する場合は、履歴書と職務経歴書を事前に用意しておくといいでしょう。

ビズリーチ

ビズリーチは、現在高額年収の職に就いているが、さらにキャリアアップしたい・年収アップを目指したい人におすすめの転職エージェントです。

利用者の平均年収は約903万円、40代~50代の利用者が多いのが特徴です。

年収1000万円以上の求人が30%以上あるので、転職で高年収を狙っていきたい方には、またとないチャンスになります。

通常の転職サイトでは、様々な求人を取り扱っているため、給与形態がバラバラに設定されています。

さらに、ヘッドハンターの質が高いのが特徴です。ヘッドハンターは必ずしもビズリーチに所属しているわけではなく、別の会社に登録している人も存在します。

非公開求人は一般的な転職サイトや転職エージェントではチェックできないので、秘匿性の高い求人に応募できることがビズリーチ最大のメリットです。

ビズリーチのヘッドハンターは履歴書・職務経歴書の書類添削や、企業に合った面接指導まで行ってくれます。

つまり、キャリアアドバイザーとヘッドハンター、両方の性質を持っているということです。

運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 約82,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国・海外
料金 登録無料

【有料プラン】

・タレント会員30日間:3,278円(税込)一括

・ハイクラス会員30日間:5,478円(税込)一括

ランスタッド

「ランスタッド」は、外資系やグローバル企業の求人が豊富な転職エージェントです。2022年7月時点では、世界39の国と地域にコネクションをもっています。

組み込みエンジニアは、日本のみならず海外でも非常に需要の高い職種の1つです。英語などの語学力にも自信があり、海外での活躍も視野に入れている人にもおすすめです。

年収600万円以上のハイキャリアの非公開求人も豊富なので、今より年収UPを狙う方にもおすすめです。なかには年収3,000万円以上の求人も紹介しており、30〜50代のミドル層からも人気を集めています。

また、サービス利用者の60%が20代後半から30代前半であることから、若い世代から支持されているエージェントといえます。

さらにアフターフォローも充実しています。一般的に転職エージェントのサポート期間は「転職先が決まるまで」ですが、ランスタッドは転職後もサポートしてくれます。

「働いてみたら条件が違った」「キャッチアップが必要」といった転職後の問題も、専任コンサルタントにいつでも気軽に相談可能です。

転職後も手厚いフォローを受けられるのは、ランスタッドが利用者の長期的なキャリアを見据えているからこそでしょう。

外資系への転職を狙っている人はぜひ利用を検討してみてください。

運営会社 ランスタッド株式会社
公開求人数 約6,800件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国・海外
料金 無料

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、レバレジーズ株式会社が運営するIT・Web業界に特化した転職エージェントです。

IT関連の求人を多数取り扱っているため、ユーザーのスキルや経歴、希望条件に応じてぴったりの求人を紹介してくれます。

登録から入社まですべてのサービスを無料で利用できます。求人の紹介料や仲介料などが不要のため、経済的に負担をかけずに転職活動を行えるのが特徴です。

各IT職種専門のアドバイザーが在籍しており、丁寧にヒアリングした上で、求職者の経歴やスキルを正しく把握してサポートしてくれます。

的確に市場価値を把握し、強みを見つけてくれるので、自分に合う職場を見つけられたり、年収アップを目指したりできる可能性も高いです。

レバテックキャリアのサポート力が高い理由は、IT業界に精通するプロがカウンセリングを通じて、求職者の強みを正確に見出すところにあります。

さらに市場価値の向上やキャリアビジョンの実現をサポートする「テクニカルカウンセリング」を提供している点もポイント。

登録から入社まですべてのサービスを無料で利用できます。求人の紹介料や仲介料などが不要のため、経済的に負担をかけずに転職活動を行えるのが特徴です。

さらに非公開求人の中には、ベンチャー企業の中核メンバー募集情報など、普段ではなかなか見つけにくい魅力的な求人も掲載されていることも。

対象年代 20代~40代
対象者 IT・WEB業界志望のエンジニア経験者 (未経験向けの求人は無し)
利用料金 無料
書類添削 あり
面接指導 あり
面談可能時間 平日(10:00~20:00)
土(10:00~16:00)
電話面談 可能

まとめ

信用できない転職エージェントの理由・原因を紹介していきました。

理由が求職者・転職エージェント側どちらにもある場合があるため、信用できないと感じた時は何が原因か振り返ってみることが大切です。

もし転職エージェント側にあると感じた場合には、他の転職エージェントに登録することをおすすめします。

この記事ではおすすめの転職エージェントを厳選してピックアップしているので、複数の転職エージェントを活用しようと検討している人にもおすすめです。

【学歴不問!未経験OK!】安定企業のITエンジニアになりませんか?

未経験からITエンジニアになれる3つの理由!

  • 入社後に社内研修がある!
  • 人柄とやる気を重視した採用!
  • 単純にエンジニアが不足している!

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次