転職エージェントに見捨てられる?【原因・理由や対処法も詳しく解説】

(※マイナビを含む一部プロモーションが含まれています)

【結論】口コミで分かった編集部おすすめ転職エージェント

結論!当サイトが口コミをリサーチした結果、みんなから支持を得ている転職エージェントは次の3つだと判明しました!

どれのエージェントに登録しようか悩んでいる方は、複数登録することをおすすめします!

複数のエージェントを掛け持ち登録をしてたくさんの求人を紹介してもらい転職活動を有利に進めていきましょう!(※PR)

1位:マイナビエージェント

  • 新卒サイトNoのマイナビが運営
  • 金融・メーカー・ITの転職支援に精通
  • 20-30代の若手の転職支援に定評

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『doda』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

2位:doda

  • リクルートと並ぶ求人数を保有するエージェント
  • リクルートが保有していない優良求人案件に出会う確率が高い
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

よく読まれる記事

3位:リクルートエージェント

  • 求人数No.1を誇る大手転職エージェント
  • 年収750万円以上のハイクラス層向けに『リクルートダイレクトスカウト(by リクルート)』も運営
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『doda』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

「転職エージェントで担当者から急に連絡がなくなった」「転職エージェントから見捨てられた」といった口コミや評判を目にしたことがある人もいるのではないでしょうか。

結論から言えば、転職エージェントが理由なく利用者を見捨てるということはありません。

ただし状況によっては、求人紹介の優先度が下げられてしまうことはあります。

ここでは転職エージェントで見捨てられたとなってしまう原因や理由などを詳しく紹介していきます。

さらに転職エージェントから見捨てられてしまったと感じた時の対処法についても解説していくのでぜひ参考にしてください。

おすすめの転職エージェント・サイトも厳選してピックアップしていくので、転職をご検討の際にぜひ活用してください。

目次

転職エージェントに見捨てられるって本当?

口コミやSNSなどで「転職エージェントに見捨てられた」という評判を目にしたことがあるのではないでしょうか。

実は、転職エージェントに見捨てられるということは本当にあります。

それには理由があって、転職エージェントは求職者が紹介した企業に入社した際に成功報酬として企業側から受け取るという仕組みで利益を出しています。

そのため転職エージェントから「この人を支援しても成功報酬が得られなさそう」と判断した場合、サポートが終了し結果的に「見捨てられる」という状況になるという可能性もあります。

転職エージェントから見捨てられた状態①

転職エージェントから見捨てられた状態になると連絡がこない・もしくは連絡が来てもすごく遅くなるというケースもあります。

転職エージェントは、1人で多くの求職者をサポートしているので、どうしても優先順位をつけて対応をせざるを得ません。

その際に優先順位の低い求職者に対しては連絡の頻度が落ちてしまうものです。

ただし連絡が遅いというだけで必ずしも「見捨てられた」と思ってしまうのはよくありませんが、こちらから何度連絡をしてもレスポンスがない場合には見捨てられてしまったと考えた方がいいでしょう。

転職エージェントから見捨てられた状態②

提案してくれる求人の数が少ないというのも見捨てられてしまったと考えられる状況でしょう。

もちろん希望している職種や条件・住んでいる地域・年代によっても求人数が偏ることもあります。

しかし、自分で探しても多くの求人があるにもかかわらず紹介してくれる数が少ない場合には「この人は転職をできる見込みがない」と思われ、あえて連絡が来ていない状況とみてもいいでしょう。

求人の紹介がなければ転職活動を前に進めることは難しいため転職エージェントの担当者と希望条件などを改めて話し合い、求人紹介してもらうことが重要です。

転職エージェントから見捨てられる理由・原因

紹介できる求人がない

登録している転職エージェントが自分に合っていない

大手総合転職エージェントであれば誰が使っても基本的には問題ありません。

しかし年収500万円・600万円以上のハイクラス向けの転職エージェントを、求職時の年収で300万円の人が利用しているケースや、第二新卒者向けの転職エージェントを30代・40代の方が利用していると、そもそも紹介できる条件に見合った求人が存在しないので、結果見捨てられてしまうというケースがあります。

自分の登録しているサービスが現在の状況に見合っているかを調べてから登録するようにしましょう。

希望・条件が高すぎる

就職や転職の希望条件を高く設定するのはよいことですが、あまりに希望が高すぎる場合、転職エージェントがサポートをやめてしまう原因の1つになる可能性があります。

高すぎる希望の例として「給与」が挙げられます。

給与の設定は企業ごとに異なりますし、求職者の保有スキルや経験によっても大きく変わるため、前職よりも低い給与を提示されることも転職活動では珍しくありません。

希望が高すぎる求職者は、転職エージェントからも求人企業からも見捨てられてしまう恐れがあります。自分の希望が高すぎていないかの判断は、転職エージェントに相談をしてみるとよいでしょう。

転職意欲が低いと思われている

転職意欲が低いと思われてしまうと、転職エージェントから優先順位を下げられてしまい、そのまま見捨てられるといったことがあります。

転職エージェントは求職者の転職が決まって初めて報酬が発生するため、転職意欲の低い人のサポートは利益にならないからです

他社で内定をもらったと話す

他社のエージェントを通して内定をもらったと担当のエージェントに話してしまうと、転職意欲が低いと見なされて見捨てられることがあります。

もしあなたが他社のエージェントを通して内定をもらった会社に転職をするのであれば問題ありません。

ただし、転職活動を継続したいと思っている場合は担当のエージェントに不信感を抱かせるような発言は控えましょう

時間に遅れるなどマナーを守れない

当たり前のことですが時間やマナーを守れなかったり、転職エージェントとの面談を無断で休むような対応をとると、見捨てられる恐れがあります。

このような態度は転職に意欲的ではないと判断されるだけでなく、常識がないとみなされ「求人を紹介してもどうせ落ちてしまうだろう」と思われかねないからです。

社会人として当たり前のマナーは転職エージェントの利用の姿勢に関しても同様だと心得ることが重要です。

返信が遅い

連絡のレスポンスの早さは、求職活動に大きな影響を及ばします。

転職エージェントは常日頃から求人企業や多くの求職者と連絡を取り合っており、連絡が返ってこない・遅い求職者の優先順位は下がっていきます。

なぜなら、連絡のやり取りがスムーズな求職者ほど企業への推薦も行いやすく、就職・転職意欲が高い人と判断するからです。

当たり前のことですが、連絡には早く返すことを心掛けましょう。

職務経歴書の内容が薄い

職務経歴書の内容が薄いと転職意欲が低いと思われ、結果的にエージェントに見捨てられることにつながります。

というのも、エージェントは求職者の職務経歴書の中身を加味して求人を紹介するため、内容が薄いと求人を紹介しにくく、あまり転職を行う気がないのだと判断されてしまうからです。

登録してすぐの段階では内容が薄くても仕方ありませんが、エージェントとの面談を進めているにもかかわらず一向に書類を記入しないと、見捨てられてもおかしくありません。

転職理由が曖昧

転職理由が曖昧だと、転職意欲が低いと見なされエージェントに見捨てられる恐れがあります。

というのも、転職理由が曖昧だと「なんとなく登録しているだけの人」と見なされ、エージェントから相手にされなくなる恐れがあるからです。

さらに、転職理由が曖昧だとあなたに適した求人を提案することができないため、見捨てられなかったとしても、後回しにされるといったリスクはあります。

該当すると感じた方は、担当のエージェントに聞かれてもすぐ回答できるよう、自分なりに転職理由をまとめておきましょう

転職エージェントから見捨てられないためには?

求人選びの基準ははっきりする

転職にあたり求人選びの基準を明確にするようにしましょう。

特に職種・業界などの基準は明確にして伝えないと転職エージェント側もどんな求人を紹介すれば良いのか分からない」という状態になることがあり得るためです。

職種や業界だけではなく「地元で働きたい」といった勤務地などで絞るなど、自分の中で譲れない軸を伝えて求人紹介してもらうようにしましょう。

自分から転職エージェントに提案を依頼する

転職活動は自分のために行うものです。そのため、転職エージェントから求人が紹介されるのを待つのではなく、自分からも積極的に求人の提案をすることをおすすめします。

転職エージェントは一人で何人も対応し、忙殺されています。新しい人を対応しているうちに単に忘れてしまうこともあります。

そのため定期的に自分から提案をしてくれることで、記憶にも残りやすく優先順位を上げてもらえる・下げられないようにすることにもつながります。

また積極的な人の方が「この人は転職をしたいと強く考えている。」と判断されやすいです。

謙虚な姿勢を大切に

転職エージェントは謙虚な姿勢で接しましょう。

無料でサポートしてもらえるからといって高圧的な態度をとると面接がうまくいかなそうだな」と判断されてしまい求人の紹介数が少なくなることがあるためです。

反対に「この人は面接にさえいけばなんとかなりそうだな」と思ってもらえれば多少要求を満たしていなくても求人紹介をしてもらえる可能性が高くなります。

やはりビジネスの世界は人と人との関係によって成り立つものなので、姿勢というものは評価に大きく影響を与えます。

返信はできるだけ早く

転職エージェントからの連絡はできる限り早くしましょう。返信が遅いだけでサポートを終了する転職エージェントも存在します。

背景として急に連絡が取れなくなる求職者が多いからです。

そのため、転職エージェントとしても無駄なリソースを割かないようにするためにも連絡がつかない人から順番にサポートを打ち切っています。

目安として連絡をもらってから24時間以内には返信をすることを心掛けましょう。

電話にはできる限り出る

メールやメッセージと同様ですが、転職エージェントからの電話にもできる限り出ましょう。

電話を早く取らないと最悪はサポート終了を言い渡される可能性があるためです。

中でも転職エージェント経由からの面接直後の電話には必ず出ることをおすすめします。

フィードバックなどを含めて転職エージェントは情報を希望しているからです。

提案される求人が少ない場合は条件を緩める

提案される求人が少ない場合は条件を緩めるようにしましょう。

条件にこだわりを持つことは悪いことではないですが、求める条件が高すぎると紹介される求人量が少なくなることもあるためです。

条件がかなり高い場合は転職エージェントから「この条件ですと求人はこれしか紹介できません」と言った形で、求人量が多くないことが伝えられます。

その場合は自分の中で絶対に譲れない条件以外は少し譲歩して求人を探してもらうようにしましょう。

提案された中から1つでも求人に応募する

転職エージェントに求人を提案されたら1つでも求人に応募するようにしましょう。

応募しない転職者には求人を紹介しなくなっていくためです。

よくあるパターンは、求人を紹介された後に「ここに応募したい」という求人が見つからず、自宅で確認してくださいといって連絡がなくなるパターンです。

あまり興味がなくても面接の練習や企業見学も兼ねて応募がおすすめです。

転職活動を進める中で自己分析や仕事への理解が深まったり、企業が求めている人物像が把握できたりとプラスとなることが多くなります。

ちなみに、仮に内定が出ても内定を承諾するかは個人の自由のため、内定が出たあとに断れば問題ありません。

おすすめの転職エージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、2018年1月に実施された楽天リサーチの調査で「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」を獲得していることから若手の転職に強いエージェントとして知られます。

第二新卒歓迎の求人を多く保有しているほか、転職経験がない方・浅い方に対して書類の添削や、模擬面接などを行ってくれます。

キャリアアドバイザーは、若い方から転職業界のベテランまで幅広く在籍しているので、特に20代の若手利用者にとっても利用しやすい環境といえます。

アドバイザーは、クライアント一人ひとりの状況に合わせて、最適な転職支援サービスを提供します。そのため、クライアントが抱える課題や不安に対して的確に対応し、転職成功につながる支援を行ってくれます。

マイナビエージェントは、中小企業の案件も豊富に取り扱っています。さらに非公開求人や、マイナビエージェントでしか出会えない好条件の求人紹介も期待できるのがポイント。

またアドバイザーは常に最新の求人情報や市場動向について情報収集を行っています。そのため、クライアントに提供する情報は信頼性が高く、転職活動の効率化につながります。

どんな人材を求めているのかといったことから、企業側の要望のほかに社内の雰囲気や社員の様子など、実際に訪れてみないと分からない点までしっかりと調査してくれます。

入社してから「こんなはずではなかった!」というミスマッチを防ぐための工夫もしっかりとしていることが分かります。

さらに、初めての転職活動の人に対しても手厚いサポートをしています。

業界未経験の人が挑戦しようとする場合でも、面談で希望条件や価値観などにあった求人を紹介してくれるのが特徴です。

内定をした後でも、内定者と企業側それぞれからフィードバッグをもらっているので、内定をもらえた人・もらえたなかった人の人物像の把握につながるという仕組みを採用しています。

なお首都圏のみならず、地方の求人も数多く取り扱っているので、Iターン・Uターンで地方での就職・転職を検討している人にも求人を見つけやすいのがうれしいポイントでしょう。

対象年代 年齢制限なし
対象者 全業種・職種
利用料金 無料
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
書類添削 あり
面接指導 あり
営業日 カスタマーセンター:平日10:00~18:00
キャリアカウンセリング:平日9:30~20:30開始/土曜日:9:30~17:30
電話面談
拠点一覧 東京、新宿、横浜、札幌、静岡、名古屋、京都、大阪、兵庫、福岡

doda

dodaは、経験者採用に力を入れている転職エージェントです。キャリア面談から求人紹介、選考対策に至るまで、手厚く丁寧なサポート体制が強みで、20代をはじめ転職が初めての方に特におすすめです。

また求人を探せる転職サイト、サポートをしてもらえる転職エージェント、求人を紹介してもらえるスカウトの3つのサービスを同時に利用することができます。

求職者の案件紹介のほか応募手続きのサポート、企業とのやり取りの仲介も行っています。

求人情報サイト利用者だけではなく、幅広い業種職種で専門性を持った人材紹介利用者にもアプローチすることが可能です。

特筆すべきはスカウトが多いというところでしょう。300以上のdoda提携の転職エージェントからコンタクトメールが届きます。

自分の経歴にピッタリの求人が紹介されるので、自分の経歴に見合う会社のレベルが分かって参考になります。

対象年代 年齢制限なし
対象者 全業種・職種
利用料金 無料
書類添削 あり
面接指導 あり
面談可能時間 平日(9:00~20:30)
土曜(10:00~19:00)
本社住所 東京都千代田区丸の内2-4-1
丸の内ビルディング27F
電話面談 可能

type転職エージェント

type転職エージェントは、IT企業とのリレーションが強いため、IT系企業の企業紹介が得意です。

特徴的なのが、転職のサポートターゲットを20代の若手に限定していることです。業界に精通したコンサルタントが担当してくれるため、安心して転職サポートを任せることができるでしょう。

20代といえば、転職する人が多いですが、転職自体が初めてという人も少なくないため、若手メインとしたサポート体制がしっかりとしているのはメリットといえるでしょう。とはいえ、対象年代に制限はないので20代以外の人でも利用できます。

type転職エージェントのキャリアアドバイザーは、丁寧なカウンセリングで定評があります。

たとえばIT業界専任の担当者は、開発環境やプログラム言語に関する専門知識やトレンドを理解しています。職種への理解も深いため、キャリアプランや希望を実現できる求人を紹介してもらえます。

なお求人案件は首都圏エリアを中心に扱っているので、東京近郊で転職を考えている人におすすめです。

また保有している求人には非公開のものも多いので、会員しか紹介が受けられないものも多いのが強みです。自力では出会えない求人を紹介してもらえる可能性が高いといえるでしょう。

対象年代 年齢制限なし
利用料金 無料
公開求人数 7,569件
非公開求人数 17,050件
書類添削 あり
面接指導 あり
面談可能時間 月~土
(10:00~19:30)
面談場所 東京都港区赤坂3-21-20
赤坂ロングビーチビル
電話面談 可能

パソナキャリア

「パソナキャリア」は、株式会社パソナが運営する転職エージェントです。総合人材サービス大手のパソナグループの最大の特徴は、日本の全都道府県に拠点があることから都市部だけでなく地方での転職を検討ている人・Uターンを目的としている人も利用しやすい転職エージェントといえます。

特に、IT・ものづくりエンジニアや営業の求人が充実していることが特徴的です。

さらにパソナキャリアでしか扱っていない求人案件も豊富なので、他の転職サイトや求人誌では出会えなかった求人にも出会えるでしょう。

自分ではなかなか言い出しにくい年収交渉も、パソナキャリアでは転職コンサルタントに相談できる点が強みといえるでしょう。

ただし年収交渉は、自身の市場価値を客観的に判断することが重要です。未経験の業界・職種に転職する場合は、年収が下がってしまうこともあるので注意しましょう。

地方にお住まいの人にもうれしい、地方企業の求人も数多く取り扱っているのが特徴です。

地方への移住を検討している人にとっても、対応エリアが幅広いのが魅力的ではないでしょうか。

運営会社 株式会社パソナ
公開求人数 約45,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国・海外
料金 無料

ランスタッド

「ランスタッド」は、外資系やグローバル企業の求人が豊富な転職エージェントです。2022年7月時点では、世界39の国と地域にコネクションをもっています。

組み込みエンジニアは、日本のみならず海外でも非常に需要の高い職種の1つです。英語などの語学力にも自信があり、海外での活躍も視野に入れている人にもおすすめです。

年収600万円以上のハイキャリアの非公開求人も豊富なので、今より年収UPを狙う方にもおすすめです。なかには年収3,000万円以上の求人も紹介しており、30〜50代のミドル層からも人気を集めています。

また、サービス利用者の60%が20代後半から30代前半であることから、若い世代から支持されているエージェントといえます。

さらにアフターフォローも充実しています。一般的に転職エージェントのサポート期間は「転職先が決まるまで」ですが、ランスタッドは転職後もサポートしてくれます。

「働いてみたら条件が違った」「キャッチアップが必要」といった転職後の問題も、専任コンサルタントにいつでも気軽に相談可能です。

転職後も手厚いフォローを受けられるのは、ランスタッドが利用者の長期的なキャリアを見据えているからこそでしょう。

外資系への転職を狙っている人はぜひ利用を検討してみてください。

運営会社 ランスタッド株式会社
公開求人数 約6,800件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国・海外
料金 無料

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、ヘッドハンターや企業からのスカウトを待つだけで年収アップやキャリアアップを目指せる仕組みが特徴の転職エージェントです。

リクルートダイレクトスカウトはハイクラス専門のため、高年収求人の紹介が多いので現年収600万円以上か転職でそのレベルを目指している人におすすめです。

特筆すべきはヘッドハンターでの求人紹介でしょう。求人の紹介のほかにも転職やキャリアの相談もできるので、転職活動自体が初めての人でも安心でしょう。

登録後に開設されるマイページ上では、ヘッドハンターの検索も可能です。自分の経験やスキルにマッチするヘッドハンターを逆指名できる点が他のエージェントにない点でしょう。

スカウトがメイン機能となっているため、自分の市場価値を知りたいという人にも適しています。

スカウトは職務経歴書の内容を基準に送られてくるので、自分の価値に「年収」という「値札」が付いていると考えていいでしょう。

その中でもスカウトを送るヘッドハンターは転職市場を知り尽くしたプロが多いので、より正確に市場価値を知るチャンスにもつながります。

今すぐは転職を考えていなくても「これまでの経験がどれだけ評価されるか」が気になる方も多いのではないでしょうか。

またスピーディな転職を希望する場合は、履歴書と職務経歴書を事前に用意しておくことをおすすめします。

書類の準備ができていれば、その内容をマイページ上の「レジュメ」に入力することでスカウトを受けられます。

「多くのスカウトが欲しい」という方向けに、職務経歴書の「サンプル一覧」も職種別に用意されているので一緒に利用しながら、良いスカウトを受けられる確率を高めていきましょう。

対象年代 年齢制限なし
対象者 年収600万円以上
利用料金 無料
公開求人数 55,153件
非公開求人数 非公開

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、求人数が業界トップクラスの転職エージェントです。

リクルートエージェントでしか紹介されない独占求人も多数保有しているので、登録した人にしか応募できない求人がたくさんあるのもメリットの1つといえるでしょう。

また転職活動におけるサポートとしては、企業情報に詳しいアドバイザーが書類の添削を行なってくれるので、企業のニーズに合った書類を作成することできます。

それだけでなく、担当者が求職者の推薦状を企業に出してくれるので、結果として一人で転職活動を行うよりも書類選考を通りやすくなります

また、言い出しにくい年収交渉や条件提示にも積極的に対応していて、交渉が成立すれば数十万円から数百万円の年収アップが実現できます。

交渉にも力を入れているエージェントなので、年収アップを狙っている人にもおすすめです。

またリクルートエージェントは、全国各地に拠点を置いているので、都心から離れている・地方に住んでいる人も転職活動がしやすいといえます。

例えば、地元に戻って再就職をするという場合でも、継続して利用できるということです。

対象年代 年齢制限なし
対象者 全業種・職種
利用料金 無料
書類添削 あり
面接指導 あり
面談可能時間 平日(10:00~19:30)
土(10:00~18:00)
日(10:00~17:00)
電話面談 可能

ビズリーチ

ビズリーチは、経営幹部・管理職・専門職など、リーダー・次世代リーダーが多く登録する国内最大級の転職エージェントです。

ビズリーチの登録は審査制となっており、審査に通過した人しか会員になれません。なお審査基準は非公開となっているので条件は不明です。

ヘッドハンターや人材紹介会社に公開していた国内最大級の即戦力人材データベースを、要件に合わせて直接検索ができるので、書類選考や面談でのミスマッチを減らすことができます。

一般的な転職サイトでは、自分で検索して求人を探しに行く必要がありますが、ビズリーチは届いたスカウトを確認するだけで良いので忙しい人でも効率的に転職活動が可能となっています。

これはキャリアコンサルタントやアドバイザーといった担当者がつかず、求職者の職務経歴を見た企業が直接スカウトするという仕組みが成り立っているからです。

なお扱っている求人案件のなんと3分の1が年収1,000万円以上など、高収入案件が充実しており、中には年収2,000万円・5,000万円のものも数多くあります。

審査に通過しないと登録できない転職エージェントだからこその強みといえるでしょう。

対象年代 20代~40代
対象者 20代~40代
利用料金 無料
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
書類添削 なし
面接指導 なし

TechClipsエージェント

TechClipエージェントは、年収アップを目指す求職者から人気の高い転職エージェントです。紹介している求人も、自社開発企業100%となっているので、「一つの勤務場所で落ち着いて開発をしたい」という人にもおすすめ。

なぜなら、TechClipsエージェントが紹介している求人は、すべて年収500万以上だからです。そのため、高年収・高待遇の求人に巡り会える可能性が高く、年収アップを目指す求職者から人気があります。

また、現役エンジニアがアドバイザーとなって相談にのってくれる点も、魅力のひとつです。TechClipsエージェントのアドバイザーは、現役のエンジニアとしても活躍しています。

普通のアドバイザーでは理解できないことが理解できるだけの専門知識や実績・経験を持っているので、求職者のアピールポイントをしっかりと引き出して、企業に伝えることが可能となっています。

転職活動中には、IT業界で培った経験を活かし「自己アピールの方法」「キャリアについての考え方」など、あらゆるアドバイスをしてくれます。

ただし、求人数自体が大手と比較して多いとはいえないことと、案件が東京・神奈川・千葉・埼玉といった首都圏に限っていることが要チェックです。

大手企業の求人も豊富に取り扱っているので、大きなプロジェクトに携わりたい・自社プロダクトの開発にかかわりたいという目的を持った人にもぜひ利用を検討してほしいエージェントでしょう。

首都圏にお住まい・通勤圏の方、そしてエンジニア経験を持っている人の中でキャリアアップやキャリアパスを狙いたい人にはぜひおすすめしたいエージェントといえるでしょう。

公開求人数 約700件
非公開求人数 非公開
対応地域 首都圏
料金 無料

まとめ

転職エージェントに見捨てられた原因や理由、そして対処法などを紹介しました。

転職エージェントの利益の仕組みから、求職者に対して優先順位が付けられてしまうは仕方がありません。

しかし、相性の良し悪しもあって上手く転職エージェントが活用できないのであれば転職エージェント自体を変えてみるというのも一つの手です。

おすすめの転職エージェントを厳選してピックアップしたので、転職活動の際にぜひ活用してください。

【学歴不問!未経験OK!】安定企業のITエンジニアになりませんか?

未経験からITエンジニアになれる3つの理由!

  • 入社後に社内研修がある!
  • 人柄とやる気を重視した採用!
  • 単純にエンジニアが不足している!

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次