Webマーケターの転職に強い転職エージェントおすすめ人気ランキング【2023年2月最新】

【結論】口コミで分かった編集部おすすめ転職エージェント

結論!当サイトが口コミをリサーチした結果、みんなから支持を得ている転職エージェントは次の3つだと判明しました!

どれのエージェントに登録しようか悩んでいる方は、複数登録することをおすすめします!

複数のエージェントを掛け持ち登録をしてたくさんの求人を紹介してもらい転職活動を有利に進めていきましょう!

1位:マイナビエージェント

  • 新卒サイトNoのマイナビが運営
  • 金融・メーカー・ITの転職支援に精通
  • 20-30代の若手の転職支援に定評

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『doda』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

2位:doda

  • リクルートと並ぶ求人数を保有するエージェント
  • リクルートが保有していない優良求人案件に出会う確率が高い
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

よく読まれる記事

3位:リクルートエージェント

  • 求人数No.1を誇る大手転職エージェント
  • 年収750万円以上のハイクラス層向けに『リクルートダイレクトスカウト(by リクルート)』も運営
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『doda』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

Webマーケターは、Web広告での集客・競合分析、さらにアクセス解析などを通してマーケティングを行うため、Web関連の知識やスキルが求められる職種です。

ネット利用者の増加や企業のIT経営戦略に伴い、Webマーケターの需要は今後も高まっていくことが予想されます。

Webマーケターへの転職をするにしても、どうすればいいのか分からない・必要な資格やスキルはあるのかといった疑問をお持ちの人もいるでしょう。さらに自分1人だけの転職活動は難しいと感じる人も多いです。

そこで、Webマーケターへの転職を検討している人におすすめの転職エージェントを紹介していきます。

未経験者がWebマーケターへの転職を目指す際のポイントなども挙げていくので、ぜひ参考にしてください。

目次

Webマーケターの転職に強いおすすめの転職エージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、2018年1月に実施された楽天リサーチの調査で「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」を獲得していることから若手の転職に強いエージェントとして知られます。

第二新卒歓迎の求人を多く保有しているほか、転職経験がない方・浅い方に対して書類の添削や、模擬面接などを行ってくれます。

中でもIT系の求人情報が多いのが特徴なので、Webマーケター向けの求人情報を探すこともできます。

さらに、未経験からIT業界に挑戦したい方も受け入れ可能なので、他業種からフロントエンジニアに挑戦したいという人にもおすすめできる転職エージェントといえるでしょう。

そのため、新たな業界にチャレンジしやすいのも、20代を中心とした若手ならではといえるでしょう。

キャリアアドバイザーは、若い方から転職業界のベテランまで幅広く在籍しているので、特に20代の若手利用者にとっても利用しやすい環境といえます。

マイナビエージェントは、中小企業の案件も豊富に取り扱っています。さらに非公開求人や、マイナビエージェントでしか出会えない好条件の求人紹介も期待できるのがポイント。

またアドバイザーは担当している企業に通って情報収集を徹底している点が強みです。

どんな人材を求めているのかといったことから、企業側の要望のほかに社内の雰囲気や社員の様子など、実際に訪れてみないと分からない点までしっかりと調査してくれます。

入社してから「こんなはずではなかった!」というミスマッチを防ぐための工夫もしっかりとしていることが分かります。

さらに、初めての転職活動の人に対しても手厚いサポートをしています。

業界未経験の人が挑戦しようとする場合でも、面談で希望条件や価値観などにあった求人を紹介してくれるのが特徴です。

内定をした後でも、内定者と企業側それぞれからフィードバッグをもらっているので、内定をもらえた人・もらえたなかった人の人物像の把握につながるという仕組みを採用しています。

なお首都圏のみならず、地方の求人も数多く取り扱っているので、Iターン・Uターンで地方での就職・転職を検討している人にも求人を見つけやすいのがうれしいポイントでしょう。

対象年代 年齢制限なし
対象者 全業種・職種
利用料金 無料
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
書類添削 あり
面接指導 あり
営業日 カスタマーセンター:平日10:00~18:00
キャリアカウンセリング:平日9:30~20:30開始/土曜日:9:30~17:30
電話面談
拠点一覧 東京(京橋)、新宿、横浜、札幌、静岡、名古屋、京都、大阪、兵庫、福岡

doda

dodaは、経験者採用に力を入れている転職エージェントです。キャリア面談から求人紹介、選考対策に至るまで、手厚く丁寧なサポート体制が強みで、20代や転職が初めての方に特におすすめです。

大手企業のみならず、中小の有料企業や非公開求人も数多く取り扱っているので、幅広い規模の会社から見つけたいという人にもおすすめです。

そのため求人情報サイト利用者だけではなく、幅広い業種職種で専門性を持った人材紹介利用者にもアプローチすることが可能です。

さらに転職エージェントの機能だけでなく、転職サイトとしての機能も備えているので、求人を自分で探して、応募から面接については担当アドバイザーにフォローしてもらう」という使い方もできます。

そしてダイレクト・リクルーティングサービス」を利用すれば、企業側からのスカウトメールも期待できます。スカウトの内容や企業の業態などを見つつ、自分の転職市場価値や自分がどんな企業から望まれているかなどを推測するといった活用方法もできます。

また、エンジニア向けのIT系、モノづくり系エンジニアそれぞれに独自の検索項目を設定しているため、 自分にぴったりの求人情報を探すことができます。

特筆すべきはスカウトシステムです。300を超える提携転職エージェントからコンタクトメールが届くので、自分の経歴になった求人を見つけることができます。

スカウトされる情報をもとに自分が必要とされている会社のジャンルやレベルなどが分かってくるのでぜひ活用してほしいです。

なお全国的な転職フェアも定期的に催しており、地方の方も利用できます。

対象年代 年齢制限なし
対象者 全業種・職種
利用料金 無料
書類添削 あり
面接指導 あり
面談可能時間 平日(9:00~20:30)
土曜(10:00~19:00)
本社住所 東京都千代田区丸の内2-4-1
丸の内ビルディング27F
電話面談 可能

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、求人数が業界トップクラスの転職エージェントです。

リクルートエージェントでしか紹介されない独占求人も多数保有しているので、登録した人にしか応募できない求人がたくさんあるのもメリットの1つといえるでしょう。

実際の転職活動では、企業情報に詳しいアドバイザーが書類の添削を行なってくれるので、企業のニーズに合った書類を作成することできます。

それだけでなく、担当者が求職者の推薦状を企業に出してくれるので、結果として一人で転職活動を行うよりも書類選考を通りやすくなります

まさに二人三脚で転職活動ができるというのが魅力。初めての転職活動の方にとっても心強いサポーターではないでしょうか。

また、面接対策や、書類添削のサポートも充実しており、過去45万人以上の転職支援実績をもとに徹底的にサポートしてくれます。

さらにここがリクルートエージェントならではの魅力といえるのが「企業側への交渉」です。言い出しにくい年収交渉や条件提示にも積極的に対応しているので、成立すれば数百万円の年収アップも見込めます。

交渉に関して力を入れてほしいとお考えの人にはぜひともおすすめしたいエージェントです。

対象年代 年齢制限なし
対象者 全業種・職種
利用料金 無料
書類添削 あり
面接指導 あり
面談可能時間 平日(10:00~19:30)
土(10:00~18:00)
日(10:00~17:00)
電話面談 可能

リクナビNEXT

リクナビNEXTは株式会社リクルートが運営する転職サイトです。無料の自己分析診断のほかに転職活動に有益な情報も入手しやすいのが特徴です。

自己分析ツール「グッドポイント診断」は有鬚で、300問近くの質問から自分の強みや弱点などを分かりやすく分析してくれます。

面接対策や履歴書制作でもとても役立つので積極的に利用したいツールの1つといえます。

保有求人数も豊富で、非公開求人も扱っています。特に関東・関西方面の案件数充実しています。

またサイトの操作性も非常に優れており、初めての人でも使いやすい点も魅力でしょう。

年収や勤務地はもちろん、「完全週2休制」「服装自由」といった希望条件を設定し、求人をピンポイントで絞り込めるため、膨大な求人から自分好みの仕事を探し出せます

そして専用のスマホアプリも用意されていて、求人の検索が出来たり、企業からの連絡をプッシュ通知で連絡してくれるので、場所や時間を気にせずに効率よく転職活動ができます。

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 約80,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
料金 無料

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、高年収かつ専門性の高い求人情報も数多く取り扱っているエージェントです。そのためハイクラス層全般に向いているサービス内容なので、30~50代で転職を検討している人にもおすすめです。

もちろんつ20代の方向けの案件も充実しているので、将来的にリーダー・管理職経験者専門職として活躍してきたいと考えている人におすすめです。

またJACリクルートメントは、世界各国に拠点を持っています。国外の企業との接点も多いため、日本にいながらにしてグローバル企業の情報を多く手にできるのもメリットです。

扱う情報の精度も高く、コンサルタントが求職者と企業の両方を担当していて、求職者としては企業が求めている人物像や、評価される経験やスキルなどのリアルな情報が手に入ります。

業種ではIT・通信、サービス(人材・教育)商社・流通、銀行・証券・保険・コンサル、職種では営業、経営企画、エンジニア(IT・技術系)、マーケティング・商品開発を目指す人は、JACリクルートメントで希望する求人を見つけやすいでしょう。

JACリクルートメントでは求人紹介だけでなく、キャリア面談やキャリアの棚卸し、キャリアプラン相談といった総合的なキャリアコンサルティングを行ってくれます。

そして扱う情報の精度も高く、コンサルタントが求職者と企業の両方を担当していて、求職者としては企業が求めている人物像や、評価される経験やスキルなどのリアルな情報が手に入ります。

対応エリア 全国
拠点一覧 東京・埼玉・神奈川・愛知・静岡・大阪・京都・兵庫・広島
電話・オンライン面談 あり(※2022年12月現在は電話かオンラインでのサポートを推奨)
営業日 カスタマーセンター:平日・土曜日10:00~17:30
キャリアカウンセリング:平日9:30~19:30開始/土曜日:要相談
料金 無料

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、レバレジーズ株式会社が運営するIT・Web業界に特化した転職エージェントです。

登録から入社まですべてのサービスを無料で利用できます。求人の紹介料や仲介料などが不要のため、経済的に負担をかけずに転職活動を行えるのが特徴です。

IT関連の求人を多数取り扱っているため、ユーザーのスキルや経歴、希望条件に応じてぴったりの求人を紹介してくれます。

登録から入社まですべてのサービスを無料で利用できます。求人の紹介料や仲介料などが不要のため、経済的に負担をかけずに転職活動を行えるのが特徴です。

各IT職種専門のアドバイザーが在籍しており、丁寧にヒアリングした上で、求職者の経歴やスキルを正しく把握してサポートしてくれます。

的確に市場価値を把握し、強みを見つけてくれるので、自分に合う職場を見つけられたり、年収アップを目指したりできる可能性も高いです。

的確に市場価値を把握し、強みを見つけてくれるので、自分に合う職場を見つけられたり、年収アップを目指したりできる可能性も高いです。

登録から入社まですべてのサービスを無料で利用できます。求人の紹介料や仲介料などが不要のため、経済的に負担をかけずに転職活動を行えるのが特徴です。

さらに非公開求人の中には、ベンチャー企業の中核メンバー募集情報など、普段ではなかなか見つけにくい魅力的な求人も掲載されていることも。

対象年代 20代~40代
対象者 IT・WEB業界志望のエンジニア経験者 (未経験向けの求人は無し)
利用料金 無料
書類添削 あり
面接指導 あり
面談可能時間 平日(10:00~20:00)
土(10:00~16:00)
電話面談 可能

ビズリーチ

ビズリーチは、経営幹部・管理職・専門職など、リーダー・次世代リーダーが多く登録する国内最大級の転職エージェントです。

ヘッドハンターや人材紹介会社に公開していた国内最大級の即戦力人材データベースを、要件に合わせて直接検索ができるので、書類選考や面談でのミスマッチを減らすことができます。

一般的な転職サイトでは、自分で検索して求人を探しに行く必要がありますが、ビズリーチは届いたスカウトを確認するだけで良いので忙しい人でも効率的に転職活動が可能となっています。

今までWebマーケティング部門の管理職として活躍してきた人や、転職して年収アップを狙いたい人におすすめの転職サイトといえるでしょう。

なお扱っている求人案件のなんと3分の1が年収1,000万円以上など、高収入案件が充実しており、中には年収2,000万円・5,000万円のものも数多くあります。

審査に通過しないと登録できない転職エージェントだからこその強みといえるでしょう。

対象年代 20代~40代
対象者 20代~40代
利用料金 無料
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
書類添削 なし
面接指導 なし

DYM IT転職

DYM IT転職は、IT・Web業界に特化した転職サイトです。

市場全体も拡大傾向にあるため、未経験積極採用のエンジニア求人も数多く保有しています。

具体的には新卒・第二新卒の方のエンジニア転職の実績が豊富で、これまで多くの方の就職支援をしています。

なおDYM就職は企業の採用担当者と直接選考交渉をしてくれるため、選考通過率の高さに定評があります。

そもそもDYM就職の掲載求人は、フリーター・ニート・第二新卒・既卒の方がメイン対象。そのため履歴書上の学歴や経歴で判断せず、人柄重視で採用を行うことも理由の一つです。

未経験からスキルアップした方向けに研修制度も用意しており、着実にスキルアップしながら就職活動を進めることができます

別相談から面接対策・応募書類の書き方指導や添削といったサポートを全て無料で行ってくれます。

公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
料金 すべて無料

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、ヘッドハンターや企業からのスカウトを待つだけで年収アップやキャリアアップを目指せる仕組みが特徴の転職エージェントです。

ヘッドハンターは、求人紹介をしてくれるだけでなく、転職やキャリアの相談もできるので、転職活動自体が初めての人でも安心でしょう。

登録後に開設されるマイページ上では、ヘッドハンターの検索も可能です。自分の経験やスキルにマッチするヘッドハンターを逆指名できる点が他のエージェントにない点でしょう。

リクルートダイレクトスカウトはハイクラス専門のため、高年収求人の紹介が多いので現年収600万円以上か転職でそのレベルを目指している人におすすめです。

スカウトがメイン機能となっているため、自分の市場価値を知りたいという人にも適しています。

スカウトは職務経歴書の内容を基準に送られてくるので、自分の価値に「年収」という「値札」が付いていると考えていいでしょう。

その中でもスカウトを送るヘッドハンターは転職市場を知り尽くしたプロが多いので、より正確に市場価値を知るチャンスにもつながります。

今すぐは転職を考えていなくても「これまでの経験がどれだけ評価されるか」が気になる方も多いかもしれません。スピーディな転職を希望する場合は、履歴書と職務経歴書を事前に用意しておくことをおすすめします。

書類の準備ができていれば、その内容をマイページ上の「レジュメ」に入力することでスカウトを受けられます。

「多くのスカウトが欲しい」という方向けに、職務経歴書の「サンプル一覧」も職種別に用意されているので一緒に利用しながら、良いスカウトを受けられる確率を高めていきましょう。

対象年代 年齢制限なし
対象者 年収600万円以上
利用料金 無料
公開求人数 55,153件
非公開求人数 非公開

Webマーケターの仕事内容・年収

Webマーケティングは、Webを利用してマーケティングを行う仕事で、Webマーケターとも呼ばれます。

たとえば、ホームページやブログといったWebサイトへのユーザーの流入経路や離脱率などをデータから分析して検証・改善を行ってWebサイトの登録者数やPV(Page View・ページ閲覧)数の増加を目的とした施策を行います。

その他、SNSを利用してユーザーとの接点を作ってより多くの人に知られる機会を創造し、満足度を高めるための戦略を練ることも求められてきているため、今後も需要は高まっていくことが予想されます。

①Webコンテンツの企画・立案

WebSNSの特徴を理解し、それぞれのシステムを活用することによって集客を行ったり企業の認知を広めたりするのがメインの業務となります。

たとえばどんなコンテンツがサイトの目的(成果)を達成するために効果的なのかを検討し、コンテンツの企画を作り上げます。

その際にはWebディレクター、デザイナー、プログラマーなどもチームを組んでコンテンツ制作を進めていくことが一般的です。

またWebコンテンツ制作が完成すれば、そこにユーザーを呼び込んでいく必要が出てきます。

そのため、以下のSEO対策をはじめ様々な施策を行います。

②SEO対策

SEO対策とは、検索順位の上昇や自然検索のアクセス増を目的として行う施策のことです。

そのため、Webサイトの目的・成果を達成するためには「どんなキーワードで上位表示すればいいのか」を常に考える必要があります。

したがって検索ユーザーが「どんな情報を求めているのか」を想像し、そのユーザーを満足させるコンテンツを制作することがSEO対策の基本となります。

Webマーケターはコンテンツの制作以外にもWebサイト自体の構造や表示速度、さらにセキュリティに関しても技術的な面でサポートすることが求められます。

専門的な知識や技術を必要とされるのがWebマーケターといえます。

③SNSの運用・管理

TwitterやInstagram、FacebookなどのSNS(ソーシャルネットワークサービス)を駆使したマーケティング施策は、近年多くの企業が実践しています。

ユーザーとの距離感が近く、ユーザーと企業が直にコミュニケーションをとることができる点が大きな特徴の1つです。

SNSはあくまでもユーザーが相互にコミュニケーションをとることができるプラットフォームであり、企業が宣伝を行う場ではありません。過度な宣伝はユーザーの反応率を下げることにつながるため、空気を読んだSNS運用が求められます。

毎日あらゆるデータをさまざまな角度からチェックする視点も大切でしょう。

④Web広告の運用・管理

Web広告は短期的・安定的にWebサイトへのアクセスを得られる方法の1つでもあります。

そのため限られた予算の中で、どの媒体に広告を出すのか、その際にはどんなユーザーに対してアプローチしていくのかを成果や商品・サービスの性質を見ながら決定します。

以下はWeb広告の種類となります。

  • 検索広告
  • バナー広告
  • 動画広告
  • SNS広告
  • 純広告
  • アフィリエイト広告

上記のようなWeb広告媒体のそれぞれの特徴を理解し、ターゲットや宣伝商材の性質に合わせた広告運用を行います。

決められた予算内で、いかにして費用対効果を高めることができるかがWebマーケターの腕のみせどころになります。

⑤データの解析と改善施策の立案

Webマーケターにおける重要な業務の1つであるデータの解析とそれに伴う改善施策の立案では、検索エンジンやWeb広告などの結果から集めたユーザーが、実際にはどんな検索キーワードを使って、自サイトに訪れたのかを分析します。

さらにどんな情報に興味を持っているか、ペルソナなどもツールを使って分析していくことで、Webサイトのさらなる改善点を検討していきます。

マーケティングを行う際には、「PDCAサイクル」を意識していきます。

PDCAサイクルというのは「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」「Action(改善)」のプロセスの循環によってよりよい結果をもたらすというもので、マーケティングを行う場合はデータ分析はもちろん改善や対策が特に重要です。

アクセスや問い合わせ数の変化要因に対して、仮説を立て検証し、改善していくというPDCAをスピーディーに回していくことが大切です。

そのため、結果が出なくても、粘り強く数字と向き合いながら、次々とPDCAサイクルを回し続けることがWebマーケターのメインの仕事と言えるでしょう。

Webマーケターの年収

Webマーケターの平均年収511万円で、正社員の平均年収が403万円ということと比べると、一般的なビジネスパーソンより約100万円高いと言えます。

もちろんジャンルによる変動はあまり見られないものの、Webマーケターを採用している会社によって多少の差があります。
出典:doda平均年収ランキング

すでに別の職種でWeb業界に所属していた経験やスキルが評価されている場合は、これ以上になることもあり年収600万円以上になることも十分期待できます。

例えば、実際に会社やプロジェクトの売上が向上したときに、プロジェクトリーダーやマネージャーという役職に昇進することもあります。

年収アップのためには同じ会社でしばらく実績を積んで信頼度をあげていくといった方法がおすすめです。

そのため、もし若手であってもマーケティングのスキルや実績が十分にあれば、現在の年収よりも大幅にアップすることも十分狙えるということです。

若手や未経験の人は、基礎的な知識やスキルの習得は前提として、責任者としてのマネジメントを行うことでキャリアアップが十分期待できる職種ということですね。

Webマーケターに必要なスキル・知識は?

論理的な思考力・仮説思考力

Webマーケターは数値・データといった客観的な指標を用いてマーケティングを行います。

そのため、様々な解析データを使って論理的な分析を行うことが求められます。さらにトレンドなども考慮しつつユーザーの動向に対して仮説を立て、広告出稿戦略を立案するといった作業もWebマーケティングの代表的な仕事の1つです。

つまり「なんとなく」とか「たぶん」という根拠なしの施策ではなく、客観的な数値から根拠を持ち、論理的に施策を考えて提案できる能力が求められるでしょう。

トレンドに敏感で継続的に勉強が続けられる力

Webマーケティングに限らず、マーケティングの仕事は社会的な動きや競合他社の動きに敏感であることが求められます。

ニュースやSNSなどからトレンドを察知し、Webサイトのアクセスに変動が起きた際に、情報に敏感でなければ正しい分析を行うことはできません。

その他にGoogleなどのアルゴリズムのアップデートは年に数回行われているので、そこで新しい仕組みが導入されることで今まで見向きもされなかったとサービスや商品が突然話題に上ることも少なくありません。

それだけWeb業界は情報やトレンドの移り変わりが激しい業界です。そのため変化に対して柔軟に対応しながら日々勉強を続けられるかどうかも、Webマーケターに求められるスキルの1つです。

コミュニケーションスキル

Webマーケターは1人で仕事をするのではなく、基本的に様々な職種の人と一緒に仕事をすることがほとんどです。

例えばWebサイトを作るためにはデザイナーやプログラマーとコミュニケーションを取りながら一緒に仕事を進める必要がありますし、クライアントと密なやり取りをして事業やサービスについての理解を深めることも、適切な広報戦略を立てるためには必須です。

そのため、常にチームと連携して仕事を円滑に進めていけるだけのコミュニケーションスキルが求められるということです。

Webマーケターが向いている人

Webマーケターは数値と常に向き合う仕事内容yなので、データ分析が得意な人・好きな人に適している職種といえるでしょう。

またWebの世界はトレンドを含め常に変動が大きい世界です。

そのため、常に変化を追い続けられる人やトレンドに敏感な人は適正が高いといえます。

変化に敏感かつ継続的な勉強や調査を苦に思わない人にはぜひチャレンジしてほしい職種です。

まとめ

Webマーケターへの転職に強い転職エージェントのおすすめを紹介していきました。

WebマーケターはWebサイトでの集客を重視する企業が今後も増えていくので、ますます需要が高まる職種の1つでもあります。

未経験者や若手の人も十分に参入できる職種なので、今回紹介した転職エージェントを使って自分にあった求人情報を探すことができるでしょう。

特に初めての転職活動の場合は自力では分からない部分が多いです。しかし転職エージェントのサポートを受けることでスムーズな転職活動も狙えます。

複数の転職エージェントを活用することもおすすめなので、ぜひ検討してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次