転職失敗のありがちなパターンと理由・特徴を徹底解剖【2023年2月最新】

「年収アップ・キャリアアップを望んで転職をしたのに、失敗してしまった」

「転職に失敗しない方法を知りたい」

というお悩みをお持ちの人はとても多いです。

ここでは、転職で失敗をしたパターンを紹介するとともに、転職を成功させる・失敗させないポイントを詳しく解説していきます。

これから転職活動を始めようと思っている人はぜひ参考にしてください。

目次

転職に失敗したと感じるケース

想像していた仕事内容と違った

たとえば、前職と同じ業界や職種への転職で起きがちが失敗ですが、「前と同じだからあまり変化はないだろう」と思っていたケースです。

転職先によっては同じ業界・職種であっても業務内容が大きく異なることが多いからです。

そのため、自分の希望通りの業務ができず、すぐにまた転職を繰り返してしまうということもあります。

業務内容の確認を怠ったため、求人票に記載されている情報のみを軽く見て「十分だ」と思い込んでしまう場合です。

その他には、採用に慣れていない現場の社員が求人票に記載しているケースでは、このような失敗が起きがちです。

業務内容などを含め、転職先の情報は書類上だけでは分からないことが多いということです。

給料・待遇など労働条件が違っていた

転職をする理由は人それぞれですが、給料や待遇面で納得した転職先に入社したものの、確認不足のために提示されていた労働条件と違っていたため、再度転職してしまう・後悔をするといったケースです。

例えば、当初希望していた年収よりも大幅に下回っている・土日休みとなっていたのに、休日出勤が多いといったことです。

その他にも以下のようなことがあります。

  • 試用期間があり、給料が下がった
  • 給料は変わらないものの土日出勤があった
  • 給料が聞いていたよりも少なかった
  • 給料が上がらない仕組みになっていた
  • 給料が上がるものの非常に難易度が高かった

これらの失敗が起きてしまう原因は、入社前の「労働条件通知書」の確認不足が多いです。

会社は採用した人にどんな条件で働いてもらうかを明示する義務があります(労働基準法第15条、労働基準法施行規則第4条)

その義務を果たすために企業から入社前に「労働条件通知書」が示されることがよくあります。そこには、 給与・待遇はもちろん休暇、勤務地などについても明記されています。

そこには自分が知りたい情報(条件)などが明記されているかを確認していないことで起こりえます。

そのため、入社してから「こんなはずではなかった」ということが起きるというわけです。

自分のスキル・経験が活かせない

転職活動の時に、自分のスキルや経験を評価されて転職したというケースでも、転職先では思ったほど自分のスキル・経験が活かせないということも多いです。

職種・業界が同じでもおきますが、違う場合はさらにその可能性が高いです。

さらに未経験の職種にチャレンジする場合は、新しいスキルを多く学ぶ必要があり、よりそのギャップを感じるでしょう。

これは会社側が求めているスキルと自分のスキルのミスマッチによるものが原因であることが多いです。その企業で業務上必要なスキルを事前に具体的に把握できていないとよくスキルのミスマッチが起こります。

先ほど紹介した通り、入社前の情報収集が不足しているために起きがちな失敗です。

求人票にか荒れている情報だけでなく、求められるスキルを具体的にイメージできていないと、ミスマッチで悩むことが多いようです。

転職先の人間関係がよくない

業務自体に不満はないけれど、人間関係が悪くい居づらいということもとても多いケースです。

職場の人間関係は、仕事を円滑に進めていく上で重要になります。しかし就職前に職場の人間関係を把握することは困難です。

事前に会社の人の雰囲気は聞けたとしても、自分が配属される職場の人間関係までは誰にもわかりません。

そのため職場の人間関係が悪い場合には、その場で頑張るか、異動願いを申請するかの対策をすることが重要です。

社風合わない

意外と思うかもしれませんが、その会社にはその会社ごとの「カルチャー」いわゆる、「社風」というものがあります。

これは転職活動・就職活動どちらにとっても重要な要素です。

例えば体育会系のノリが強い会社もあれば、実績主義の会社、業務中は私語をしない静かな会社などいろいろあります。

どの会社が悪い・優れているということはなく、自分に合うかどうかが重要です。

もし転職先の社風と自分が合わない場合、業務上ストレスが溜まってしまうなんてことにもつながりかねません。

このような失敗が発生する原因も、やはり入社前の情報収集不足と言えるかもしれませんが、企業の社風が自分と合うのかどうか入社前に見極めることは非常に難しいものです。

ただし、事前に少しでも社風を把握するために確認できるものはあります。応募先企業の社長のメッセージ、企業理念や 配属先のチームメンバー構成などです。

企業は判断に迷ったときに、理念に基づき判断を下すことが多く、それが社風につながることも考えられます。

また、チームの男女比や年齢層などを聞くと、具体的に自分がどの立ち位置で働いていけるかイメージできることもあります。

働いてみてからでないと分からないことが多いものの、事前に確認できる情報は集めておいたほうが良いでしょう。

希望条件がちゃんと伝わっていない

希望した条件が伝わっておらず転職を後悔するパターンとしては、勤務地や職場の希望に置けることが多いです。

例えば営業職や事務職採用など職種採用の場合には、職種の希望でずれが生じることはあまりないです。

職種を限定した採用ではない場合、経理を希望していたけど営業に配属されてしまったということはよくあります。

また勤務地希望としても、東京勤務希望にしていたにもかかわらず、北海道に配属といった希望と全く異なることも多いです。

どうしても希望を叶えたい場合には、範囲限定の転職を行うことが重要です。

前職の方がよかったと後悔する

意外と多いケースで、前職に対して不満があったから転職をしたけれど、今から考えてみると前職の方が今よりも条件や待遇が良かったということもしばしばあります。

例えば「給与が不満で転職したけれど、新しい職場は福利厚生が悪く、総合的に見ると手取りが減ってしまった」といったケースです。

今の職場の不満を転職によって改善したいと思うのであれば、自分の希望を明確に決めて、それに見合った企業を選ばないと、後悔の残る転職となってしまう可能性があります。

ブラック企業に転職してしまった

何をもってブラック企業と定義付けるかは難しいですが、労働基準法を守らないような企業に転職してしまった場合は、心身ともに疲弊してしまうことが多いです。

しかも転職先の採用担当者が自分の企業をブラック企業ということもなければ、実態をいうこともないでしょう。

そのため口コミサイトやSNSの情報、在籍する社員の表情等から事前に確認しておくことが重要です。

転職に失敗してしまう原因5つ

目的をあやふやなままで転職活動をした

転職で失敗をしたと感じる理由の1つとして、転職目的をあやふやなままにしてしまったことが挙げられます。

転職活動において、理由や目的を明確にしないまま行うと後悔することが多いです。

なぜなら面接で採用担当者が重視する、志望動機の内容が浅くなってしまうからです。

転職目的がはっきりしていないと、その会社を志望する理由が、「社風に魅力を感じた」や「自分の経験が活かせるのでは」といった内容になってしまいがちです。

そのため、いざ転職をしても「こんなはずではなかった」と感じることにもつながります。

もちろん転職の理由は人それぞれなので、自分だけで決めることが難しい場合もあるでしょう。

その場合には、周りの人や転職経験のある人、さらに転職エージェントのサポートを受けて転職目的を明確にすることが大切です。

ネガティブな理由だけで転職活動をする

「今の仕事が面倒」「仕事がつらい」といったネガティブな理由も転職理由としてはよくありますが、それだけで転職活動をしてしまうと、失敗しやすいです。

どんな職場・仕事内容であっても、嫌だと感じる面はあるでしょう。

そのため、ネガティブな理由のみで転職をしてしまうと、また転職をしたいと思ってしまうことになるからです。

ネガティブな理由がよくないというのではなく、転職をすることでプラスになる目的・理由を見つけてから転職活動をした方が、後悔しない転職先を見つけることにもつながります。

社風・労働環境などの情報収集が不足した

転職先の情報集めでは、給与や待遇といった数値化できる情報だけだと失敗しやすいです。

社風や労働環境といったものはじっくりと調べないと分からないことが多いです

例えば口コミサイトやSNSで検索をすると、表向きの会社情報以外の評判なども検索できます。

もちろん口コミサイトやSNSの情報を鵜呑みにしてしまうのはリスクがありますが、色々な情報を多方面から探ってみるといった努力は必須です。

転職自体が目的になっていた

転職することが目的になってしまうと、転職に失敗する確率が高まります。

最初は目的を持って転職していても、時間が経つにつれて、転職すること自体が目的になってしまう場合があります。

転職することが目的になってしまうと、志望度がそこまで高くない会社でも、決まった時点で転職を終わらせてしまう可能性があるため注意が必要です。

そのため転職をする目的は、常に意識を持ち続けることが重要です。

スキル・実績を偽って転職をする

当然のことですが、自分のスキルや実績にウソをついて転職活動をすることはご法度です。

ウソをつくことで一時的に面接の通過率は上がるかもしれませんが、入社をしてから、そのスキル・実績を期待されるでしょう。

もちろん転職先の会社はそのスキルを持っていると思って、仕事を与えてきます。

スキルを偽って入社しても、遅かれ早かれ会社にバレて、最悪の場合懲戒解雇です。

したがってスキルを偽ることはせずに、自分の現在のスキルとキャリアを最大限使って選考に臨むことが重要です。

転職に失敗ときの対処法

まず転職先の職場で経験・実績を積む

もし転職後に「失敗をしてしまった」「こんなはずではなかった」と思ってもすぐにやめるのは少し思いとどまりましょう。

入社直後は失敗したと思っても、業務をこなしているうちに経験やスキルを積んで自分にとってあっている仕事と感じるようになることもあるからです。

入社して失敗したと思っても、すぐに諦めることなく、まずは入社した職場で頑張っていこうと考えることも得策です。

再就職の検討

再度転職を検討することがおすすめなのは、労働環境があまりにもひどいケースです。

例えば転職前に土日祝は休みと説明されていたのに全然休みがない・そもそも残業時間が長すぎるといったものです。

このような環境で働いていたからといって無理をして頑張っても改善するどころか悪化することが多いです。

また過大ストレスがかかった状態が続いてしまうと、身体を壊してしまうことにも繋がり、次の転職活動どころではなくなってしまいます。

そのため労働環境がひどい場合には、無理をせず次の転職先を探す方がいいでしょう。

次の転職先でも同じく、労働環境がひどい会社に勤めることがないように、情報収集はしっかりと行いましょう。

不足しているスキル・実績の洗い出し

転職に失敗してしまう時は、そもそもの自分のスキルや経験が不足してしまったことが原因ということもあります。

そのため、自分の望む仕事内容や会社に転職できなかった際には、その会社が求めるスキルや経験がなかったと考えることもできます。

例えば転職したい会社が、IT業務の経験を求めていた際に自分が採用されなかった場合には、自分の持っているスキルが足りていなかった可能性もあります。

実務経験や資格取得をした方がいいでしょう。

転職に失敗してから再び転職活動をする際のポイント

転職先が内定するまでに退職しない

まず、転職先が内定する前に退職しないことが前提です。もし転職前に退職すると、金銭的に困ってしまう・気持ちにゆとりが持てなくなる可能性があるからです。

そのせいで本来うまくいくはずの転職活動が重いようにいかないこともあります。

そのため極力転職前に退職するようなことはせず、現職で仕事を続けた状態で、転職活動を進めていきましょう。

また現職の仕事も手を抜かないようにしましょう。現職の仕事で手を抜いてしまうと、社内の人に転職活動の事がバレてしまう可能性があります。

転職活動していることがバレてしまうと、仕事が今以上に振られてしまう・転職しないように説得されるといった、転職活動をしづらくなってしまうかもしれません。

さらに現職の職場にもいづらくなる可能性があるので気を付けましょう。

転職に失敗した理由を考察する

再び転職で失敗したと後悔しないためにも、まずは原因をはっきりとさせることから始めましょう。もし原因や理由がはっきりしとしないうちにまた転職活動を始めてもまた同じことが起きかねないからです。

もし企業研究が不足していたと感じれば、どの部分で不足していたのか、再度転職活動する際にはどれくらい調べればいいのかといったことが考察できます。

転職に失敗した原因を紙に書き出して、改善策を明確にすることが重要です。

キャリアビジョンを明確にする

キャリアビジョンとは、1年後3年後5年後など、自分が将来なりたい姿のことです。自分が好きなこと、得意なことからヒントを得て、到達したい目標を決めたら、今やるべきことが見えてくるでしょう。

採用担当者は「すぐに辞めてしまう人」を採用しようとは思いません。

例えば「1年後には御社で○○の実績を残し、3年後には○○のプロジェクトリーダーとして活躍したいと考えています」など、 中長期的なキャリアビジョンを踏まえて入社志望を伝えることができれば、長く働くアピールにもつながります。

そのため自分の明確なキャリアビジョンを、説得力を持たせた形で採用担当者に伝えることができれば、ポジティブな印象を与えることができるでしょう。

転職する目的をはっきりとさせる

再転職する際には、前回の転職活動よりも手間が増えます。例えば、面接の際に現職をなぜすぐに辞めたのかという質問に対して、具体的な説明ができなければいけません。

そのためより転職での難易度は上がります。その際に転職をする目的が明らかになっていなければ、転職をすること自体が目的になってしまい、失敗が大きくなってしまう可能性があります。

そのため転職をする目的を必ず明確にしてから、再転職活動を行うことが重要です。

自分の市場価値を冷静に見直す

自分の市場価値とは、ビジネスシーンで自分がどれほど会社から必要とされる人材かを示すものです。これらの価値は職歴によって「営業事務歴3年」「国内法人営業歴5年」という風に様々。

もし前職で営業成績1位を獲得した、コンサルティングを担当したクライアントの売上を前年比125%アップさせたなど具体的な実績があれば、企業側も評価がしやすくなるため、自分の実績を整理しておきましょう。

自分の市場価値を知るためは、転職サイトに登録して自身に来るオファーの役職や年収から市場価値を判断したり、転職エージェントに聞いてみたりすることで知ることができます。

自分の正しい市場価値を知ることで、応募する企業を絞りやすくなるほか、 条件面のすり合わせがスムーズに進められることもあります。

さらに現在の市場価値を知ることで、 理想の役職や年収を得るためにはどんな経験やスキルが必要なのかを判断することもできます。

口コミサイト・SNSを使って調べる

企業が提示している書類や情報だけでは、企業研究が不十分ということも多いです。特に社風に関しては採用担当者から知ることはないでしょう。

そこで口コミサイトやSNSの存在はとても有効です。もちろんそれらの情報はすべてが正しいというわけではありませんが、ある程度の雰囲気をつかむのには役立ちます。

もし口コミサイトやSNSで、あまりにも評判がひどい会社は、実際に入社した際にもひどい可能性があるため、注意が必要です。

その他には求人サイトを利用するのも手です。実際にオフィスの風景や社員が働いている様子などが画像や動画で紹介されていることもあるので、そういったものをチェックしてみたり、転職エージェントの活用も有効です。

また、人事・採用担当者ではない先輩社員との面談を依頼するのもいいでしょう。必ず面談できるというわけではないですが実際一緒に業務を行う人から話が聞ければ、具体的な業務内容や会社の雰囲気など気になることが聞けます。

転職エージェントを活用する

転職で失敗しないためにも、転職エージェントを活用することは有効です。もちろん自力で転職活動はできますが、転職エージェントを使うと、以下のメリットがあります。

  • 自分に合った会社を紹介してもらえる
  • 履歴書や職務経歴書の書類添削を何度もしてもらう
  • 徹底した面接対策をしてもらう
  • クローズドな企業情報を教えてもらう
  • 内定後の条件交渉をしてもらえる

専任のキャリアアドバイザーが自分の希望やスキル・実績に合った求人案件の紹介といったサポートが受けられます。

その他に面接対応や書類選考の推敲もしてくれるエージェントもあります。

何も分からない状態で転職活動をするよりも、プロのサポートを受けながらした方が転職での失敗リスクを減らすことが可能です。

短期間での再転職のリスクを考える

転職に失敗したと感じた場合、再度転職しようと思う人は少なくありません。とはいえ、短期間での再転職はあまり得策ではないことを念頭に置いておきましょう。

採用担当者からの印象が悪くなる可能性

短期間での再転職・退職は、採用担当者からあまりよくない印象を持たれるリスクがあります。たとえ労働環境が悪すぎて再度転職をしたという理由であっても同じです。

そもそも採用担当者は、即戦力になって長く会社で貢献してくれる人材を探しています。

そのため、前職を早期で退職した人は自社でもすぐにやめてしまうかもしれないと懸念する可能性があるということです。

そのため短期退職した理由と、転職先では短期退職しない理由を採用担当者が納得できる形で、説明できるようにすることが重要です。

給料などの待遇が前職よりも悪くなる可能性

短期退職することで、給料などの待遇が前職よりも悪くなる可能性は十分にあります。

自分のスキル・実績が転職市場で高く評価されない場合は、今の勤めている会社よりも良い会社に勤めることができず、結果的に給料が下がってしまいます。

転職活動をする前には、自分のスキル・実績が転職市場でどれくらいの価値があるのかを調べる・考えることが大切です。

短期退職した期間がキャリアに響くことも

短期退職すると、転職活動に使う期間がその分数か月は伸びることになります。その間で来ていたはずの仕事の時間は転職活動に使うことになるでしょう。

特に20代30代のうちの仕事の時間は、今後のキャリアを形成していく上で重要な期間です。その期間を数ヶ月でも転職活動に使ってしまうことで、後々のキャリア形成に不利に働いてしまうことにもあります。

転職活動の期間は効率よく行い、あまり時間をかけないようにしましょう。

入社した後もスキル・実績高めに尽力する

もし転職活動が自分にとって満足のいく結果だったとしても、入社してから手を抜いてはいけません。

入社してからもスキルや実績を積むことをおろそかにしてはいけません。職歴と役職が上がっていくにつれて、求められるスキルが変わってきます。入社当初は十分だったスキルも、不足してしまうことにもなります。

もし入社してからスキルを高めていないと、業務上でついていけなくなるかもしれないからです。

社内研修をはじめ、業務に必要な資格試験の取得などを目指して、常に研鑽することを忘れないように!

キャリアアップにも役立つはずです。

転職に失敗したと思わないためにしたいこと

職場のルールや情報をリサーチする

会社によって独自の社風や雰囲気があることは先ほど紹介しました。そのため、転職をした際には職場独自のルールや情報をリサーチしましょう。

例えば社内ルールや仕事のやり方などが挙げられます。マニュアルを読んでルールや業務内容を知るのが一番の手です。

もしマニュアルを読んでもよくわからないと感じた場合は、すぐに周囲の人の人に聞くのが得策です。

「前職よりもやりにくい・効率が良くない」と感じていても、まずは合わせてみるのが大切です。

コミュニケーションを大切にする

転職をしたら業務をしっかりとこなすことはもちろん大切なことですが、まずは職場の人との関係性を良好にすることも外せません。

まずは接点を自分から積極的に持って「自分を知ってもらう」「相手を知る」に重点を置きましょう。

会話が増えていくにつれて打ち解けやすくなるので、職場でなじみやすくなります。

もし会話が苦手という人であっても、笑顔で挨拶をする・顔と名前をすぐに覚えて、名前付きで呼ぶようにする・業務の相談をまめに行うといったことであれば誰でもできます。

小さいことの積み重ねですが、これが職場で馴染むためにとても大きな意味を持ちます。

自分から話しかけていくことで「話しやすい雰囲気の人」と思ってもらうことが狙いです。

職場の人間関係にアンテナを張る

自分と職場の人との人間関係構築も大切ですが、自分以外の人間関係をよく知っておくことも大切です。まずは周囲をよく観察し、仕事をする上での重要人物を把握したり、相談できる人を見極めたりしてみましょう。

同僚などから人間関係をリサーチするのもいいですが、人からの主観が入ってしまうので必ずしも自分が受け取る印象と同じとは限りません。

また、周囲を観察することで、職場の雰囲気が分かってくるので、今後の同僚への接し方などもつかめてきます。

親しい関係を築きたいと思っても、はじめは丁寧な対応を心がけ、少し距離が縮まってきたと感じるまでは、砕けた対応は控えておきましょう。

分からないことは積極的に相談する

新しい職場はたとえ同じ業界・職種であっても分からないことが多いものです。

もし分からないことがあっても、入社すぐであれば聞いてきてもおかしいと思う人はまずいないでしょう。

時間がたつほどに分からないことが聞きづらくなってしまうので、入社当初は臆せず質問していきましょう。

そこで重要なのが、一度教えてもらったことは何度も聞き返さなくてもいいように、しっかりと覚えることです。

メモを取る・教えてもらったことは復習するといった姿勢をアピールする良い機会にもなります。

無理をしすぎない

転職したての頃は、早く成果を出したいと思って、ついつい業務を抱え込んでしまう人もいます。

しかし無理をしての後々自分が苦しいだけでなく、業務が中途半端になることで周囲に迷惑をかけることもあります。

そのため、転職してすぐはできることを1つずつ着実にこなして業務になれることを前提にしましょう。

会社は活躍してくれることを望んでいますが、「長く」活躍してほしいと感じているものです。

もし抱えきれないと思った場合には同僚や上司に相談をして、業務量の見直しや仕事の進め方について相談することをおすすめしましょう。

そもそも完璧な即戦力人材はいない

転職を失敗したくないと思うのは誰もが同じです。しかし失敗したと後悔してしまうケースも少なくありません。

そのため、新しい職場で即戦力として活躍できないかもしれない・なかなか活躍できないと焦る人も多いです。

特に中途採用をした会社は「即戦力」のある人材を探しています。しかし実は完璧な即戦力人材はいません。

一般的に日本の企業は中途採用を前提としていないので、自社独自のやり方に特化した形の人材育成をしています。

そのため、同じ業界・職種であったとしても会社が違うだけで業務内容やスタイル・スキルなどが大きく違うことは珍しくありません。

これは大手・中小に関係なく存在しているカルチャーというものです。

転職をする上で大切なのは、いかに自分にあう会社を見つけられるとかという点です。

自分のリサーチだけでは探しきれない会社の特徴を知るためにも、転職エージェントのサポートを借りて行うことで失敗リスクを回避することにも役立ちます。

まとめ

転職に失敗してしまったとされるケースや失敗してしまう原因・理由、そして転職に失敗したときの対処法などを紹介していきました。

転職は自分の人生を決めるターニングポイントにもなることが多いので、とても不安になるかもしれません。

転職先の情報を求人票だけで判断することが難しいため、自分で調べるのには限界があります。

そこで転職エージェントを活用することで、転職活動のプロのサポートを得ながら納得のいく転職先を見つけましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次