サントリーに転職するのは難しいの?年収や評判、募集職種を徹底解剖【2022年10月最新】

編集部おすすめ転職エージェント

1位:マイナビエージェント

  • 新卒サイトNoのマイナビが運営
  • 金融・メーカー・ITの転職支援に精通
  • 20-30代の若手の転職支援に定評

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『dodaエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

2位:リクルートエージェント

  • 求人数No.1を誇る大手転職エージェント
  • 年収750万円以上のハイクラス層向けに『リクルートダイレクトスカウト(by リクルート)』も運営
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『dodaエージェント』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

3位:DODAエージェント

  • リクルートと並ぶ求人数を保有するエージェント
  • リクルートが保有していない優良求人案件に出会う確率が高い
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

出典:https://www.suntory.co.jp/?ke=hd

サントリーは、ビール・ウイスキーなどの「酒類」、「清涼飲料水」や「食品」などの製造・販売を手掛ける日本を代表する総合酒類食品メーカーです。

近年では、国内だけにとどまらず海外展開も加速させています。

大手企業なだけあり社会的信用度も大きので、転職してみたい考える人も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな『サントリーホールディングス株式会社』の転職難易度や年収、評判などを詳しく解説していきたいと思います。

サントリーに転職を考えている方は、是非こちらの記事を参考にしてみてください。

目次

サントリーホールディングス株式会社の企業情報

出典:https://www.suntory.co.jp/company/business/

会社名 サントリーホールディングス株式会社
代表者 佐治 信忠
設立 2009年2月16日
資本金 700億円
従業員数 24,102人(2020年12月31日時点)
所在地 ⚫︎本社(大阪オフィス)⚫︎
〒530-8203
大阪府大阪市北区堂島浜2-1-40
06-6346-1131

⚫︎サントリーワールドヘッドクォーターズ⚫︎
〒135-8631
東京都港区台場2-3-3
03-5579-1000
事業内容 ◇食品関連事業◇
◇酒類関連事業◇
◇外食・加食・花・サービス関連事業◇
◇機能会社・研究開発◇

事業内容

食品関連事業
「清涼飲料」「健康食品」「アイスクリーム」など、さまざまな商品の製造・販売を行なっています。
ミネラルウォーターやコーヒー、緑茶やウーロン茶、炭酸飲料など多くの飲料カテゴリーでラインアップを充実するほか、長年にわたる食の科学研究やバイオ技術などを活かした健康食品事業を展開しています。
近年では、お客様の健康志向を高まっているということもあり、既存のコアブランドの低糖・低カロリー化にも取り組んでいます。
海外においても、欧州、アジア・オセアニア、米州などでの清涼飲料および食品の製造・販売など積極的な事業拡大を図っています。
酒類関連事業
1899年に「ぶどう酒製造販売」で創業以来、日本発の本格ウイスキーの製造、ビール事業の展開など、総合酒類企業ならではの多様な商品を届けています。
ビームサントリー社によるスピリッツ事業のグローバル展開とともに、サントリービール株式会社のもと、ビール事業の強化を進めています。
また、時代に寄り添った進化を続けるため、お客様への新しいビールの価値の提案に積極的に取り組んでいます。
さらにサントリーは、日本と欧州での「高品質なワインづくり」、世界各国の「名門ワイナリーとの提携」など、グローバルな視点に立ったワインビジネスを展開しています。
ワイン市場を拡大するリーディングカンパニーとして、日常的に楽しめる「デリカメゾン」や、お客様の安心・安全健康志向に応えた「酸化防止剤無添加の美味しいワイン」などの積極的な提案も続けています。
外食・加食・花・サービス関連事業
個性豊かな「バー」「レストラン」などを展開する株式会社ダイナックをはじめとして、ファーストフードチェーンを国内外で展開しています。
さらに、メキシコやアジアを中心としたレストラン事業など、外食事業も幅広く行なっています。
また、バイオ技術を活用した花事業では、「世界初の青いバラ」をはじめ、多様な商品を提供しています。
その他、広告支援や販促支援、文化施設でのレセプションサービスなど、サントリーの活動は多岐にわたっています。
機能会社・研修開発
サントリーグループでは、酒類製造から始まるさまざまな商品開発の過程で、微生物や酵素の利用技術、蒸留技術を深化させてきました。
さらに、食品加工、分析などの技術やノウハウを積み重ね、新しい健康素材の探索・健康効能の研究、新たな花卉品種の開発、水科学などのさまざまな研究開発を行ってきました。
今後さらに、グループの持続的な成長に向け、「美味しさ」「健康」「水・花・環境」をテーマに新価値創造につながる研究開発を推進していきます。

サントリーホールディングス株式会社の転職基礎知識

出典:https://pixabay.com/ja/

福利厚生

サントリーの福利厚生は、以下の通りです。

サントリーの福利厚生
◇公的保険制度
◇時短勤務制度
◇リモートワーク
◇フレックス制度
◇慶弔休暇
◇看護休暇
◇リフレッシュ休暇
◇産前・産後休業
◇育児休業
◇男性の育児休職
◇育児支援金
◇ベビーシッターサービス
◇従業員預金
◇法人会員施設
◇独身寮・社宅

基本的な福利厚生の他に、「男性の育児休職」「ベビーシッターサービス」などが完備されています。

サントリーのベビーシッターサービスは、復職時に保育園等への入園が困難な場合、法人契約先のベビーシッターを紹介してもらえます。

また、子どもの病気や急な残業・出張等の緊急時にもベビーシッターを利用しやすくするために、入会費・年会費等を会社が負担してくれます。

残業時間

口コミサイトによると、サントリーの残業時間は22〜30時間とばらつきがありました。

基本的には残業は月20時間程度のようです。

ただし、職種によっては労働環境が大きく異なる場合も多く、さらにグループ会社の場合は商品に直接携わる事業部が中心のため残業時間が長いこともあるようです。

休日・休暇

部署により異なりますが、基本的にサントリーの休暇は「土日・祝・年末年始」になっているようです。

年間休日は121日で、さらに年次有給休暇が初年度は13日あります。

その他に、慶弔休暇、リフレッシュ休暇、育児休職、失効年休、介護の休業制度もあるので、しっかりと休みたいという方にもおすすめです。

サントリーホールディングス株式会社の転職難易度と選考対策

出典:https://pixabay.com/ja/

サントリーは現在、経験者採用のみの募集しか行っていないため、転職難易度は非常に高いです。

一定以上の職務経験はもちろもん、資格を所持していることも必要になります。

また、大学卒業以上の学歴や、英検やTOEICの点数が条件になっているなど、部署ごとにも細かく採用基準が分かれているので、希望の職種がある場合は転職活動を開始する前に事前にチェックしておくと良いでしょう。

サントリーが求める人材

サントリーでは、以下のような人材を求めているようです。

・既存の考え方にとらわれず、新しいことにチャレンジする精神を持っている人

・仕事に責任を持って最後までやり遂げる誠実さのある人

・交渉力・折衝力など、コミュニケーション能力のある人

・好奇心旺盛で、行動力のある人

サントリーには創業者の鳥井信治郎さんの、「やってみなはれ」精神が今でも根付いており、自己PR面接ではチャレンジ精神を持っていることを強くアピールすることが重要になります。

また、サントリーは面接回数が多く、一般的な質問に加えさまざまな質問がされる様なので、対応できるようきちんと準備しておきましょう。

サントリーホールディングス株式会社の募集職種

出典:https://www.suntory.co.jp/recruit/fresh/recruit/requirement/

サントリーで募集している職種は以下の通りです。

サントリーは、現在「経験者採用」のみの募集しか行っていません。

広報部門_経験採用

募集職種 サントリーホールディングスにおける広報業務
【メディア担当】
【グローバル広報担当
業務内容 【メディア担当
・メディアを通じてサントリーグループのコーポレート活動の情報発信
(主にサントリーグループが事業展開している国・地域)
・メディアリレーションの構築・記者会見/取材の対応・関連エグゼクティブとのコミュニケーション

【グローバル広報担当
・グローバル(主にサントリーグループが事業展開している国・地域)における、サントリー、サントリーグループのコーポレート活動の情報発信
・海外各グループ会社の広報部門との連携・協業体制の構築
必要な経験・能力・スキル ・社会人経験3年〜10年程度
・高いコミュニケーション能力
・多様性を受け入れ、自由な発想で臨機応変に動ける、変化能力のある人
・粘り強く、執着心のある人

〜歓迎するスキル〜
・広報活動(主にメディア対応)経験
・高い英語力(ビジネスレベル、TOEIC860点以上など)
※【グローバル広報担当】は高い英語力が必須となります。
勤務地 全国・海外
応募資格 大学卒業以上
応募締切 2022年3月17日

通年採用_デジタル経験採用

募集職種 (1)サントリーホールディングス
【DXプロデューサー】
【DXディレクター】


(2)サントリーウエルネス
【DXプロデューサー】
【DXディレクター】
【UXデザイナー】
【WEBマーケター】
【テクニカルプロダクトマネージャー】
【SRE】
勤務地 全国・海外
応募資格 大学卒業以上
選考スケジュール (1)書類選考・随時
(2)適性検査受験(合否関係なし)
(3)面接選考(2〜3回):随時

その他_外食コンサルタント<飲食経験者>

募集職種 ドリンクスーパーバイザー・フードスーパーバイザー
業務内容 ◾️業態開発、メニュー提案、研修実施による飲食店様の課題解決
◾️飲み方開発などによる新製品のブランディングサポート
勤務地 東京
給与 月額26万円〜 ※初任給・経験、能力考慮
待遇 ・活動報奨金(成果評価・活動評価を基に年2回支給)
・出張日当
・残業手当
・通勤手当
・交通費全額支給
・社会保険完備
応募資格 学歴不問
飲食店での現場経験5年以上。
(マネージャー、リーダー経験があれば尚可)

サントリーホールディングス株式会社の年収

出典:https://pixabay.com/ja/

サントリーの平均年収は以下の通りです。

平均年収:約1101万円

年代別平均年収

年代 平均年収
20〜24歳 309万円
25〜29歳 801万円
30〜34歳 875万円
35〜39歳 905万円
40〜44歳 1013万円
45〜49歳 1,148万円
50〜54歳 1,251万円
55〜59歳 1,239万円
60〜65歳 819万円

職種別平均年収

職種 年収
総合職 1,488万円〜1,588万円
技術職 1,011万円〜1,111万円
一般職 1,034万円〜1,134万円

男女別平均年収

性別 年収中央値
男女計 837万円
男性 930万円
女性 744万円

サントリーホールディングス株式会社の評判・口コミ

出典:https://pixabay.com/ja/

ここからは、サントリーで働いていた元社員や、現在も働いている方からの「評判・口コミ」を紹介していきます。

良い評判

【働き方】
全体的にワークバランスを改善し始めており、勤務時間は改善の方向に向かっています。
休暇に関しては、ある程度自分の都合で休めるため、コロナ禍以前は海外旅行をする方も沢山いました。
また、5年毎に永年勤続でお金と休みももらえます。

【女性の働きやすさ】
産休・育休制度だけでなく、時短勤務や自宅勤務制度も整っています。
産休制度は復帰のフォロー研修も行っているので、非常に働きやすく復職率も高いです。
最近では男性でも産休を取る方が増えています。

【成長・働きがい】
組織の中で先輩、上司が後輩メンバーを育成する風土があります。
先輩の仕事振りを横目に、昨日まで出来なかったことが出来るようになったり、日々業務の中で成長を感じます。

【企業カルチャー・組織体制】
社員を大切にしているように思います。
体育会系だと言われていますが、穏やかで親切な人が多くて、私がいた部署は雰囲気が良かったです。

悪い評判

【出世】
体育会系の社員が多く、上司との関係が出世に大きく影響します。
上司に従順な社員が出世しやすいです。
また、年功序列な賃金形態なので、なかなか給料アップは難しいです。

【働く環境】
サントリーは、募集要項にも「やんちゃな人間」を求めると謳っているだけあって、元気な社員が多い印象です。
また、お酒を作ってるだけであって、非常に飲み会がです。
酒の場があまり好きではない人にとっては、良い環境ではないかもしれません。

【残業】
部署によって残業時間に差があります。
私のいた部署は、繁忙期には残業100時間は当たり前です。
終電に乗れないこともしばしばあり、タクシーで帰る事になります。

まとめ

出典:https://pixabay.com/ja/

ここまで、『サントリーホールディングス株式会社』の転職について解説してきました。

サントリーは大手企業な上、離職率も低いので、内定をもらうのは決して簡単ではありません。

そんなサントリーの選考ですが、一人で対策を進めるのが不安という方は一度転職エージェントに相談されることをおすすめします。

個人だと、これまでの選考の傾向や求める人物が分かりづらく、準備が不十分なまま選考に臨むことも多いので、少しでも内定に近づくには転職エージェントを頼るのが得策と言えます。

ですが、担当のキャリアアドバイザーによってサポートの質が異なるので、複数のエージェントに登録して、そこから自分に合ったキャリアアドバイザーと転職活動を進めていきましょう。

編集部おすすめ転職エージェント

1位:マイナビエージェント

  • 新卒サイトNoのマイナビが運営
  • 金融・メーカー・ITの転職支援に精通
  • 20-30代の若手の転職支援に定評

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『dodaエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

2位:リクルートエージェント

  • 求人数No.1を誇る大手転職エージェント
  • 年収750万円以上のハイクラス層向けに『リクルートダイレクトスカウト(by リクルート)』も運営
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『dodaエージェント』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

3位:DODAエージェント

  • リクルートと並ぶ求人数を保有するエージェント
  • リクルートが保有していない優良求人案件に出会う確率が高い
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次