松本人志の年収はどれくらい?収入源や貯金額・納税額も徹底調査!【2024年5月最新】

(※マイナビを含む一部プロモーションが含まれています)

今やテレビで見ない日はない、松本人志さん。

大活躍の松本人志さんが、一体どれくらいのお給料をもらっているのか気になりますよね。

一時期、25歳時の年収は1億円だったと話題にもなっていましたよね。

そこで今回は、松本人志さんの収入源からどれくらいの年収があるのか調査しました。

貯金額や納税額も調査したので、どうぞご覧ください。

【結論】口コミで分かった編集部おすすめ転職エージェント

結論!当サイトが口コミをリサーチした結果、みんなから支持を得ている転職エージェントは次の3つだと判明しました!

どれのエージェントに登録しようか悩んでいる方は、複数登録することをおすすめします!

複数のエージェントを掛け持ち登録をしてたくさんの求人を紹介してもらい転職活動を有利に進めていきましょう!(※PR)

1位:マイナビエージェント

  • 新卒サイトNoのマイナビが運営
  • 金融・メーカー・ITの転職支援に精通
  • 20-30代の若手の転職支援に定評

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『doda』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

2位:doda

  • リクルートと並ぶ求人数を保有するエージェント
  • リクルートが保有していない優良求人案件に出会う確率が高い
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

よく読まれる記事

3位:リクルートエージェント

  • 求人数No.1を誇る大手転職エージェント
  • 年収750万円以上のハイクラス層向けに『リクルートダイレクトスカウト(by リクルート)』も運営
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『doda』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

目次

松本人志のプロフィール

はじめに、松本人志さんはどのような人物か紹介します。

氏名 松本人志
生年月日 1963年9月8日
出身 兵庫県尼崎市
職業 お笑い芸人、司会、俳優、映画監督、作家

現在、松本人志さんは、小中学校の同級生である浜田雅功とダウンタウンというお笑いコンビで活動をしています。

松本人志さんとお笑いの出会いは、小学生の頃です。

松本人志さんのお父さんが、うめだ花月の招待券を仕事で度々もらって、うめだ花月へ足を運ぶようになったのです。

松本人志さんは、これをきっかけにお笑い芸人を目指すようになりました。

高校を卒業後に浜田雅功とダウンタウンを結成。

NSC大阪校の1期生として入学し、芸人として活動を開始しました。

ダウンタウンを結成後の活動は、大阪で舞台やテレビに出演をしていました。

そんな二人に転機が訪れたのが、関西で放送されていた夕方の帯番組『4時ですよーだ』への出演です。

この番組への出演をきっかけにブレイクを果たし東京進出を果たしました。

以降、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』をはじめとする多くの人気番組を獲得し、人気芸人となりました。

また、コンビとしてだけでなく、松本人志さん単独でも活動の場を広げていきます。

2007年には、『大日本人』で映画監督デビューを果たし、カンヌ国際映画祭にも招待されています。

プライベートでは、2009年に結婚をし、一児の娘の父親でもあります。

松本人志の年収

松本人志さんは実際のところどれくらいの年収があるのでしょうか。

ここでは、松本人志さんの年収にまつわる話、総年収額を紹介します。

25歳で年収1億円越え

松本人志さんは自身のレギュラー番組「人志松本の酒のツマミになる話」で「年収が1本くらいになったころから金銭感覚が変わった」と話しています。

1本とは1億くらいということで、それも25歳ごろのときに訪れたとか。

松本人志さんの25歳ごろは、ちょうど東京進出をした時期ですね。

現在の知名度や人気を考えるとこの時より年収は上がってきていると予想できます。

月給1億円越え、年収は15億円

松本人志さんは2017年に月給1億円という話を否定しています。

さすがにこの当時月給1億円はなかったようです。

しかし、2020年12月放送の「ダウンタウンなう」ではこのようなやり取りをしています。

フリーアナウンサーの石井亮次さんが松本人志さんの年収を予想して、「松本さんは15億円です」と予想。

これに対して、松本人志さんは「ないない」と否定したものの、「そんなに強くめっちゃ、ないないとは言えへんけど」と発言したそうです。

15億円の年収はないものの、それに近い額の年収はもらっていると予想できますね。

松本人志の総年収額

松本人志さんの年間の収入源をまとめると下記のようになりました。

・テレビ出演料 6億3,100万円

・CM出演料 2億4,000万円~2億7,000万円

・印税 不明

・不動産収入 不明

・インターネット収入 不明

合計すると確定している額でも、8億7100万円~9億100万円の年収があると予想されます。

不明分の収入も合計で億は超えていると予想できるので、松本人志さんの年収は10億円以上である可能性が高いです。

松本人志の収入源

ここでは、松本人志さんの主な収入源から詳しい年収を調査しました。

テレビ出演料

松本人志さんの大きな収入源の1つがテレビ出演料です。

松本人志さんの出演料は、レギュラー番組1本あたり200万円、特別番組は1本あたり500万円と言われています。

この値段をもとに、年間のテレビ出演料を計算しました。

①ダウンタウン出演のレギュラー番組

ダウンタウンとして出演しているレギュラー番組が下記の3本です。

・『水曜日のダウンタウン』TBSテレビ系

・『ダウンタウンDX』読売テレビ制作・日本テレビ系

・『ダウンタウンのガキ使いやあらへんで!』日本テレビ系

ダウンタウンのレギュラー番組出演料1か月分を計算すると、

出演本数3本×4週分×200万=2,400万円

ダウンタウンのレギュラー番組だけで、1か月のテレビ出演料は2,400万円になります。

さらに、1年分になると、

2,400万×12ヶ月分=2億8,800万円

2億8,800万円もの出演料になります。

②ダウンタウン出演の特別番組

続いて、ダウンタウンとして出演している特別番組が下記の7本です。

・『史上空前!!笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ』TBSテレビ系

・『ダウンタウンのガキの使いじゃあらへんで!!笑ってはいけないシリーズ大晦日年越しスペシャル』日本テレビ系

・『キングオブコント』TBSテレビ系

・『HEY!HEY!MUSIC CHAMP』フジテレビ系

・『ドリーム東西ネタ合戦』TBSテレビ系

・『リンカーン大運動会』TBSテレビ系

・『HEY!HEY!NEO!』フジテレビ系

ダウンタウンの特別番組出演料は、

出演本数7本×500万円=3,500万円

③松本人志単独出演のレギュラー番組

さらに、松本人志さんが単独で出演しているレギュラー番組が下記の3本です。

・『ワイドナショー』フジテレビ系

・『探偵!ナイトスクープ』朝日放送テレビ系

・『松本人志の酒のツマミになる話』フジテレビ系

松本人志さん単独出演のレギュラー番組出演料1か月分を計算すると、

出演本数3本×4週分×200万=2,400万円

さらに、1年分にすると、

2,400万×12ヶ月分=2億8,800万円

④松本人志単独出演の特別番組

最後に、松本人志さんが単独で出演している特別番組は下記の4本です。

・『M-1グランプリ』フジテレビ系

・『松本人志のすべらない話』フジテレビ系

・『IPPONグランプリ』フジテレビ系

・『松本×黒瀬アドリブドライブ』福岡放送・福岡ローカル系

松本人志さんが単独の特別番組出演料は、

出演本数4本×500万円=2,000万円

松本人志年間のテレビ総出演料

松本人志さんの年間のテレビ出演料をまとめると下記になります。

・ダウンタウンとしてのレギュラー番組出演料 2億8,800万円

・ダウンタウンとしての特別番組出演料 3,500万円

・松本人志さん単独でのレギュラー番組出演料 2億8,800万円

・松本人志さん単独での特別番組出演料 2,000万円

松本人志さんの年間のテレビ出演料は、合計で6億3,100万円になります。

CM出演料

松本人志さんのCM1本当たりの出演料は年間契約で4,000万~4,500万円と言われています。

現在は、ダウンタウンとしてのCMの出演ではなく、単独でも多くのCMに出演されています。

現在出演中のCMは下記の6本です。

・『ゆうパック』日本郵便

・『タウンワーク』リクルート

・『MARUCHAN QTTA』東洋水産

・ソフトバンク

・Amazonプライム・ビデオ

・ビットフライヤー

CMの出演料を計算すると、1本当たりの出演料が4,000万円だった場合、

CM出演本数6本×4,000万円=2億4,000万円

1本当たりの出演料が4,500万円だった場合は、

CM出演本数6本×4,500万円=2億7,000万円

CMの出演料は年間で2億4,000万円~2億7,000万円になります。

印税

松本人志さんには、書籍や自身の出演作品・監督作品のDVDなどの印税も得ています。

書籍22冊、映画4本、その他DVD13本を販売しています。

代表的な作品は下記になります。

・書籍 「遺書」、「松本」

・映画 「大日本人」、「さや侍」、「しんぼる」、「R100」

・DVD 「VISUALBUM」

・自身の手がけた番組 「人志松本のすべらない話」、「笑ってはいけないシリーズ」、「ダウンタウンのごっつええ感じ」

正確な情報は分かりませんが、印税だけで億を超えていると考えられます。

また、かつて印税は一銭ももらえていなかったと松本人志さんが証言していました。

特にDVDの売れ行きは好評で、累計何千本と売れたそうです。

しかし、その印税は全く支払われていなかったそうです。

さすがに、これはおかしいと松本人志さんが事務所に相談したところ、

スズメの涙ほどの金額が支払われたそう。

これに対し、額がおかしいと松本人志さんが激怒して、事務所から正当な額が振り込まれたそうです。

印税の額については明言していないものの、口座への振り込みが「ランボルギーニ、ランボルギーニ、ランボルギーニ、カウンタック、カウンタックみたいな」と発言しています。

1台数千万円する高級車5台分の値段は軽く億を超えていると予想できますね。

この事件をきっかけに、安定して事務所から印税が支払われていると考えられます。

不動産収入

松本人志さんは、島田紳助さんのすすめで不動産投資も行っているようです。

2016年にはこのような報道がありました。

2010年8月に都内の土地を8億円で購入し、2016年3月にその土地を16億円で売却したとされています。

こちらも正確な額は分かりませんが、定期的に不動産収入を得ている可能性が高いです。

インターネット収入

松本人志さんは、インターネットからの収入も得ているようです。

現在、どのくらいの額を得られているのかは分かりませんでした。

主に下記の2つを行っているという情報がありました。

・コントの配信

・筋トレ・英語のスマートフォンアプリ

松本人志さんの人気を考えると、インターネットからも少なくない額の収入を得ていると考えられます。

松本人志の貯金額

松本人志さんの貯金額も調査していきます。

松本人志さんは、貯金が好きで20代のうちからコツコツと貯金をしてきたそうです。

幼少期は貧しい生活を送っていたそうなので、浪費はあまりしないそう。

失業しても300年生きていける

松本人志さんは、ある番組で奥さんから「レギュラー番組1つ減っても大丈夫なの」と聞かれたそうです。

その際に松本人志さんは、「失業しても300年生きていける」と答えたそうです。

1年にかかる2人暮らしの費用は340万円ほどと言われています。

夫婦でかかる300年分の費用を計算すると、

340万円×300年分=10億2,000万円

少なくとも10億2,000万円の貯金があると考えられます。

また、娘さんもいらっしゃるのでその成人までの費用を考えるとさらに多くの貯金があると予想できますね。

芸人1人につき無利子で100万貸せる

松本人志さんは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で生活苦に陥っている後輩芸人を救済するプランを提案しました。

その内容が、「上限1人100万円を無利子無担保で貸す」というものでした。

松本人志さんと面識のある後輩芸人は1,000人以上いると言われています。

そうすると、全員に貸したら最高10億円かかります。

ちなみに、返済期限は5年で条件は「おもろいやつ」なんだそうです。

やはり、10億円以上の貯金があることは確実でしょう。

苦労して働いて貯金したお金の使い道が、人のためというのは素晴らしいですね。

松本人志の納税額

最後に、松本人志さんの納税額について調査しました。

1947年から2005年まで日本では「高額納税者公示制度」というものがありました。

そのランキングによると、松本人志さんの納税額は下記のようになっています。

・1996年(33歳) 2億6970万円

・1997年(34歳) 1億8888万円

・1998年(35歳) 1億6352万円

・1999年(36歳) 9717万円

・2000年(37歳) 1億1939万円

・2001年(38歳) 1億3684万円

・2002年(39歳) 1億454万円

・2003年(40歳) 1億2014万円

・2004年(41歳) 1億738万円

・2005年(42歳) 2億9600万円

安定して1億円以上の納税をしていることが分かります。

年収も高額ですが、その分納税額もかなり高額ですね。

まとめ

この記事では、松本人志さんの年収、収入源、貯金額、納税額を調査しました。

現在の松本人志さんの年収は、10億円以上あると予想できます。

ピーク時に比べると収入は落ちているのかもしれませんが、人気は衰えていません。

松本人志さんの今後の活躍が楽しみですね。

【学歴不問!未経験OK!】安定企業のITエンジニアになりませんか?

未経験からITエンジニアになれる3つの理由!

  • 入社後に社内研修がある!
  • 人柄とやる気を重視した採用!
  • 単純にエンジニアが不足している!

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次