ゴールドマンサックスの平均年収は?年齢・学歴別の年収や口コミや評判を徹底解剖【2024年2月最新】

(※マイナビを含む一部プロモーションが含まれています)

【結論】口コミで分かった編集部おすすめ転職エージェント

結論!当サイトが口コミをリサーチした結果、みんなから支持を得ている転職エージェントは次の3つだと判明しました!

どれのエージェントに登録しようか悩んでいる方は、複数登録することをおすすめします!

複数のエージェントを掛け持ち登録をしてたくさんの求人を紹介してもらい転職活動を有利に進めていきましょう!(※PR)

1位:マイナビエージェント

  • 新卒サイトNoのマイナビが運営
  • 金融・メーカー・ITの転職支援に精通
  • 20-30代の若手の転職支援に定評

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『doda』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

2位:doda

  • リクルートと並ぶ求人数を保有するエージェント
  • リクルートが保有していない優良求人案件に出会う確率が高い
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

よく読まれる記事

3位:リクルートエージェント

  • 求人数No.1を誇る大手転職エージェント
  • 年収750万円以上のハイクラス層向けに『リクルートダイレクトスカウト(by リクルート)』も運営
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『doda』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

ゴールドマンサックスは、ニューヨークを本拠地として投資銀行業務、証券業務および資産運用業務を中心に、様々な金融サービスを世界中の企業、金融機関、政府機関等に提供している世界有数の金融機関です。

そんなゴールドマンサックスは高収入・好待遇であることでも知られ、転職市場でも常に注目を集める人気企業です。

この記事では、ゴールドマンサックスの基本情報や平均年収、福利厚生など詳しくまとめました。

ゴールドマンサックスの年収に関する口コミなども紹介していきますので、ぜひ転職活動の参考にしてみてください。

目次

ゴールドマンサックスの基本情報

まずは、ゴールドマンサックスの基本情報を確認していきましょう。

ゴールドマンサックスの会社概要

ゴールドマンサックスの会社概要は以下の通りです。

会社名 ゴールドマンサックス株式会社
創立 1974年1月
代表者 持田昌典
資本金 836億1,600万円
本社 〒106-6147 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー
従業員数 約800人
事業内容 金融商品取引法その他の法律により金融商品取引業者が行うことができる業務及びこれに付帯関連する一切の業務

ゴールドマンサックスのグループ会社について

ゴールドマン・サックスは1974年に東京駐在員事務所を開設して以来、 多様化するお客様の金融ニーズに応えるべく業務の拡充を図ってきました。 現在は、投資銀行業務、セールス&トレーディング業務を中心に グループ会社を通じて投資業務、資産運用、不動産業務などを含む幅広い金融サービスを提供しています。

以下にゴールドマンサックスの主なグループ企業3社をまとめました。

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社 https://www.gsam.com/content/gsam/jpn/ja/gsitm/homepage.html

設立 1996年2月

投資信託委託業

有価証券等に関する投資一任契約に係る業務

外国投資信託等の勧誘等

ゴールドマン・サックス・リアルティ・ジャパン有限会社 https://www.goldmansachs.com/japan/our-firm/about-us/GSRJL-Overview.pdf

設立 1989年11月

金銭貸付業

ゴールドマン・サックス・ジャパン・サービス株式会社 https://www.goldmansachs.com/japan/privacy-and-security/goldman-sachs-japan-services.html

設立 2005年8月

ゴールドマンサックス証券会社に係る付帯業務

ゴールドマンサックスの平均年収まとめ

ゴールドマンサックスが有価証券報告書で公表している最新の平均年収(平均年間給与)は約1,898万円です。

2022年6月期において発表されたゴールドマンサックスの従業員数や平均年収については以下の通りです。

従業員数 800人
平均年齢 33.7歳
平均年間給与 約18,980千円

国税局による最新(2021年度)の民間給与実態統計調査によると、給与所得者の全国平均は443万円(男女別では男性545万円、女性302万円)となっています。

※令和3年分 民間給与実態統計調査:https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan/gaiyou/2021.htm

 

ゴールドマンサックスの年齢別平均年収

ゴールドマンサックスに勤める人の年齢別の平均年収はどのようになっているのでしょうか。

ここでは、アンケートに回答した約280名のデータを参考に年齢別の平均年収を算出しました。ただし、正社員だけでなく期間従業員なども含んだ数値であり、公式の発表ではない点をご注意ください。

20〜24歳 1,800万円
25〜29歳 2,500万円
30〜34歳 3,500万円
35〜39歳 4,500万円
40〜44歳 5,200万円
45〜49歳 5,600万円
50〜54歳 6,000万円

こちらの表からは、基本的に年代が上がると年収は高くなり、20代から2000万以上の高収入が得られてるということがわかりました。

参照:ライトハウス https://en-hyouban.com/company/00002695955/salary/

ゴールドマンサックスの学歴別給与比較

ゴールドマンサックスの給与は、職種・学歴によって異なります。

ゴールドマンサックスは、年俸制なので、正確な月収は不明ですが、概算の金額を紹介します。

総合職 約450,000円

ゴールドマンサックスと他の外資系金融会社との年収比較

厚生労働省の調査によると外資系金融会社の平均年収は約804万円となっています。

ここでは、ゴールドマンサックス以外の、外資系金融会社の平均年収について調べてまとめました。

シティグループ 1712万円
JPモルガン証券 1688万円
バンクオブアメリカ証券 1650万円
KPMG FAS 1241万円

外資系の金融会社は、他の会社と比較して非常に高い年収を得ていることがわかります。

ゴールドマンサックスの福利厚生

ゴールドマンサックスの魅力は、高い給与の他に充実した福利厚生があります。

福利厚生としては大きく分けて4つのメニューがあります。

  1. 健康づくり フィットネスセンター、指圧サービス、健康診断、人間ドック
  2. リフレッシュ クラブ活動
  3. 育児・介護 
  4. さまざまな制度あり

ここでは、これら4つについて紹介していきます。

1.健康づくり

フィットネスセンター: 社員は、社内の会員制フィットネスセンターを利用することができます。

指圧サービス : 社員は、事業所内で指圧セラピーサービスを利用することができます。

健康診断: 社員は毎年1回、会社指定の医療機関にて健康診断を受けることが義務付けられています。

人間ドック: 40歳以上の社員は人間ドックを受診する際に会社から補助金を受けることができます。更に社員が東京証券業健康保険組合指定の施設で人間ドックを受けた場合、会社からの補助金の他に組合から受診料の1/2が補助されます(ただし上限あり)。

2.リフレッシュ

 クラブ活動: 社員同士の交流を深めるために、社内で結成されたクラブの活動費の一部を会社が負担しています。

3.育児・介護

ペアレンティング休暇: 社員は男女問わず、子供の出産や養子縁組に際し、法令で定められている産前産後休暇を含めて最大20週間までの有給休暇を取ることができます。 ファミリー・フレンドリー手当 : 社員が子供を設ける際の費用を会社規定により支給します。

育児休業: 出産休暇終了後、育児休業を希望する社員は、子供の1歳の誕生日の前日まで、育児休業を取得することができます。 この期間は無給ですが、雇用・社会保険の給付を受けることができます。

育児短時間勤務: 子供が3歳になるまでは、所定労働時間を1日当たり1時間短くすることが可能です。

育児時間: 1歳未満の乳児を育てる女性に対する1日2回、1回につき30分の育児時間が可能です。

フレキシブル・ワーク・アレンジメント: 会社の許可を得て、勤務時間の調整をすることが可能です。

事業所近隣託児所: 生後57日から未就学児向けの託児所を設置し、子育てをする社員のキャリア維続を支援しています。

ベビーシッターチケット: ベビーシッターサービス利用時に使用できる割引チケットを社員に提供しています。

育児補助金制度: 通常の保育サービスが利用できない場合の育児サービス利用に補助金が支給されます(ただし上限・回数制限あり)。

授乳室: 出産後の女性社員が利用できる授乳室を完備しています。

マタニティメンタリング• プログラム: 出産を控えた社員、産休中の社員、そして産休から職場に復帰した社員に対して、その希望に応じて、すでに子供を持ち復職している社員とのメンタリングの機会を提供しています。

4.その他

  • クリティカル・ヘルス・ソリューション:社員とその家族の命にかかわる深刻な病気もしくは怪我について医療助言を行うサービスを提供しています。
  • 会員制福利厚生サービス: 社員には会員制福利厚生サービスのメンバーシップカードが与えられ、各種宿泊施設および生活関連サービスを割引価格にて利用することができます。
  • 介護サービス:介護が必要な家族1名に対し年間100時間まで介護サービス費用を会社が負担しています。
  • レジリエンス・サービス及び従業員支援プログラム: 社員とその家族を対象にストレス対処法の紹介、24時間体制のカウンセリングを提供しています。

ゴールドマンサックスに入社するためには?

新卒採用での応募資格

総合職 1. 2023年8月~2024年7月に国内の4年制大学または大学院を卒業予定の方

選考スケジュールは、以下の通りです。

総合職

STEP 1:マイページ登録

STEP 2: 応募部門選択、本エントリーシート提出

STEP 3:テスト受検

STEP 4: ウェブ面接(録画形式)

STEP 5: 面接

ゴールドマンサックスに転職するためには?

ゴールドマンサックスに転職するための手段としては、

基本的にエージェントを介しての採用は行っていないようです。

当社のグローバルサイトのArea欄にてJapanを選択し、Division欄でご興味のある部門をお選びください。All Divisionsにて検索していただくと、すべての部門の募集ポジションをご覧いただけます。また、検索結果のType・Title欄にてご自身のスキルや経験が活かせるポジションを探すこともできます。

とあるので、詳しくは公式サイトのキャリア採用欄を確認してみてください。

ゴールドマンサックスについての口コミ

ここからは、ゴールドマンサックスのネット上の口コミについてまとめてみました。

今回は、給与(年収)や福利厚生についての口コミに特に注目して確認していきましょう。

ゴールドマンサックスの給与についての口コミ

年収はめちゃくちゃ良い。初任給は他者とそこまで大差ないが、経験を積むうちにあれよあれよと上がっていく。

給与について書かれた口コミからは、多くの従業員が給与に満足していることがわかりました。

ゴールドマンサックスの賞与(ボーナス)についての口コミ

ボーナスは毎年ゼロ。同じ業界の友人に聞いてもありえない。

年俸制で賞与はなかった覚えがあります。事務ではなくトレーダーやセールスだとボーナスが出たはずです。

ゴールドマンサックスの評価制度についての口コミ

年に一回の同僚からの評価をマネージャーが集計して正式な評価を決定します。

実力主義の評価。良くも悪くも上司からの評価を濃く反映する。

ゴールドマンサックスの福利厚生についての口コミ

社宅制度があり、年俸が社宅分引かれた額となるため、税金分のメリットが受けられます。

ゴールドマンサックスの福利厚生に対する口コミは、高く評価するものがたくさんありました。

まとめ

ここまでゴールドマン・サックスの基本情報などを紹介してきました。

平均年収は1898万円と非常に高く、多くの人が憧れるトップ企業。就職・キャリア採用共に人気が高いです。

ゴールドマン・サックスに興味がある方は、ぜひこの記事をご参考にして頂ければ幸いです。

【学歴不問!未経験OK!】安定企業のITエンジニアになりませんか?

未経験からITエンジニアになれる3つの理由!

  • 入社後に社内研修がある!
  • 人柄とやる気を重視した採用!
  • 単純にエンジニアが不足している!

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次