稼げる仕事ランキング2024年6月最新【今流行の儲け方を徹底解説】

(※マイナビを含む一部プロモーションが含まれています)

稼げる仕事を探して転職したい・どんな仕事が稼げる?と思う人は多いでしょう。

副業はじめ、稼げる仕事を探している人もいます。

そこで今回は、稼げる仕事・儲かる仕事・職種などについて詳しく解説していきます。

【結論】口コミで分かった編集部おすすめ転職エージェント

結論!当サイトが口コミをリサーチした結果、みんなから支持を得ている転職エージェントは次の3つだと判明しました!

どれのエージェントに登録しようか悩んでいる方は、複数登録することをおすすめします!

複数のエージェントを掛け持ち登録をしてたくさんの求人を紹介してもらい転職活動を有利に進めていきましょう!(※PR)

1位:マイナビエージェント

  • 新卒サイトNoのマイナビが運営
  • 金融・メーカー・ITの転職支援に精通
  • 20-30代の若手の転職支援に定評

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『doda』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

2位:doda

  • リクルートと並ぶ求人数を保有するエージェント
  • リクルートが保有していない優良求人案件に出会う確率が高い
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

よく読まれる記事

3位:リクルートエージェント

  • 求人数No.1を誇る大手転職エージェント
  • 年収750万円以上のハイクラス層向けに『リクルートダイレクトスカウト(by リクルート)』も運営
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『doda』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

目次

稼げる仕事・職種:男性向け

トラック運転手

トラック運転手の平均年収は、様々な要素によって異なりますが、一般的には約300万円から500万円の範囲とされています。

ただし、トラック運転手の年収は、労働条件や雇用形態、経験年数、所属する企業の規模などによって大きく変動する場合があります。

主に大型トラックや中型トラックを運転して、貨物や荷物の輸送を行うことです。

具体的な仕事内容には、貨物の積み込みや降ろし、ルートの計画やナビゲーションの利用、交通ルールの遵守、車両の点検や整備、配送先との連絡などが含まれます。

長距離輸送の場合は、長時間の運転や休息管理も重要な仕事の一環です。

なお貨物量が大きければさらに報酬を上げることもできるため、トラック運転手として本気で稼ぎたい場合には大型免許は必須です。

タクシードライバー

タクシードライバーの全国平均年収は約300万円です。

とはいえ、平均年収といっても地域によっての年収の差は激しく、個人差もあります。

例えば東京都内でのタクシー利用数は全国で最も高いので、東京都内だけの場合は平均400万円の年収となっています。

タクシードライバーは特に独特な勤務形態をもっています。

日勤や夜勤もありますが「隔日勤務」という形態です。

タクシードライバーの隔日勤務は、一日出勤して一日休みというサイクルで働く形態です。この勤務形態では、連続して長時間勤務することなく、休息を確保しながら働くことができます。

たとえば1勤務当たりの乗車時間が休憩3時間を含む19時間~最大21時間といった長時間労働になるという点が挙げられます。

勤務日の翌日は休みになりますが、体力のいる仕事でしょう。

大工

大工の平均年収は、一般的には約300万円から600万円の範囲とされています。大体400万円前後の人が多いようです。

大工の仕事内容には、木材や建築資材の加工・組み立て、建物の構造やフレームの作成、床や壁の設置、建具の取り付けなどが含まれます。

精密な寸法や技術力が求められ、安全に作業を行うための注意も重要です。大工は建築現場や工場で働くことが一般的で、体力と集中力が必要な職業です。

専門知識や技術の習得、経験を積むことでキャリアアップが可能です。

一般的に大工の雇用形態は「常用」と呼ばれる日給・月給による雇用形態のほかに「手間請負」の契約もあります。

常用

「常用」とは、大工が企業に長期的な雇用契約を結び、定期的な給与と福利厚生を受けながら安定した労働関係にある状態です。

労働法や労働基準法に基づいて、最低賃金、労働時間、休暇、労災保険などの労働条件が適用されるといった特徴があります。

手間請負

手間請負とは、労働者が一定の作業や仕事の完成に基づいて報酬を受ける契約形態です。

具体的には、労働者が一定の作業内容や品質を満たして成果物を提供することで、報酬を得る形式です。

労働者は作業の進め方やスケジュールを自己責任で管理し、報酬は成果物の納品や作業完了に基づいて支払われます。

なお手間請負は、短期的なプロジェクトや特定の作業に適用されることが多く、労働者と雇用主の関係は契約上の取引となります。

鳶職人

鳶職人は、建築現場で高所作業や鉄骨組み立てなどを専門とする職人です。

なお厚生労働省の令和元年賃金構造基本統計調査によると、男性鳶工の平均年収は393万9,300円です。

主な仕事内容は、建物の骨組みを作るために足場を組んだり、はりやくさびを使って鉄骨を組み立てたりすることです。

もちろん高所での作業や重機の操作に慣れており、安全な作業環境を確保するためにも重要な役割を担っています。

鳶職人は建築プロジェクトの一部として働き、建物の構造を支える重要な仕事も含まれます。

そのため高い身体能力や技術力、安全意識が求められ、厳しい作業環境や長時間の労働にも対応することが求められます。

予備校講師

予備校講師は、年単位での契約や、授業1コマ単位での業務委託契約、アルバイト契約が多く、大手予備校でも講師としての正社員の求人はあまりありません。平均年収は380万円程度と低い水準ではあります。

しかし一部の人気講師は1,000万円を超える年収を稼いでいる人もいるため、競争が激しい業界ともいえます。

主な仕事内容は、授業の準備や講義の実施、問題演習やテストの作成、生徒への個別指導などです。

予備校講師は、各教科や専門分野の知識と解説力に優れ、生徒の理解を促進するために教材や教授法を工夫します。

また、生徒の進捗管理や学習相談にも対応し、受験生の目標達成をサポートします。教育環境や授業スケジュールは忙しく、多くの時間を教育活動に費やすことが求められます。

そのためコミュニケーション能力や教育への情熱が重要な要素です。

稼げる仕事・職種:女性向け

イラストレーター

イラストレーターの平均年収370万円前後と言われています。

主にグラフィックデザインや出版業界などで活躍する、イラストや絵を制作する専門家です。

クライアントの要求やコンセプトに基づいて、手描きやデジタルツールを使用して独自のイラスト作品を制作します。

そのほかにも広告、書籍、雑誌、ウェブコンテンツ、キャラクターデザインなど、様々なプロジェクトに参加し、イメージやメッセージの表現を担当します。

クリエイティブな発想力と技術を持ち、色彩や構図、テクスチャなどの要素を巧みに組み合わせて作品を創り出します。

もちろんですが、納期やクライアントの要望に合わせた柔軟性とコミュニケーション能力も求められます。

キャリアアドバイザー

キャリアアドバイザーの平均年収は430万円前後です。

キャリアアドバイザーは、個人のキャリアや職業に関するアドバイスやサポートを提供する専門家です。

クライアントの経験、スキル、興味、目標などを評価し、適切なキャリアパスや進路を助言します。

具体的な業務には、キャリア相談の実施、職業情報の提供、履歴書や面接の指導、スキルの評価やキャリアプランの策定などが含まれます。

そのため、キャリアアドバイザーは労働市場のトレンドや産業の動向に詳しく、個々のクライアントに合わせたキャリア戦略を構築するために幅広い知識と洞察力を持ちます。

自己理解や進路決定の支援を通じて、個人の成長と成功を促進する役割を果たします。

美容師

美容師の平均年収は340万円前後です。

美容師は、髪のカット、カラーリング、パーマ、スタイリングなどの美容技術を用いて、顧客の髪や見た目を美しくする専門家です。

顧客の要望や髪の状態を考慮し、適切なスタイルやトリートメントを提案します。

美容師は髪の専門知識やトレンドに精通し、カットや染色技術を使って個々の顧客に合わせた魅力的なスタイルを作り出します。

また、シャンプー、マッサージ、メイクなども行い、お客様のリラックスや美容のトータルケアを提供します。

さらに美容師はコミュニケーション能力やセンスが重要であり、顧客との信頼関係を築きながら、美のニーズを満たすことに取り組んでいます。

看護師

看護師の平均年収は370万円前後です。

看護師は、医療現場で患者のケアや健康管理を担当する専門職です。彼らは医師の指示のもと、患者の身体状況を観察し、医療処置や薬の投与、傷の処置などを行います。

また、患者やその家族とのコミュニケーションを通じて情報提供や心理的なサポートも行います。

看護師は緊急事態にも対応し、チームで協力しながら患者の安全と健康を確保する役割を果たします。

看護師には医療知識、技術、コミュニケーションスキル、忍耐力、同情心が求められます。

彼らの貢献により、患者の回復や健康維持に寄与し、医療チームの重要な一員となります。

当然の流れですが高齢化に伴う医療需要の増加や、地域医療の充実が求められている昨今、看護師の役割はますます重要になってきています。

稼げる仕事・職種:Web系

Webマーケター

Webマーケターの平均年収は450万円前後と言われています。

Webマーケターは、オンライン上で商品やサービスの販売促進を行う専門家です。

たとえばデジタルマーケティング戦略を策定し、ウェブサイトの運営や広告キャンペーンの企画・実施、SEO対策、SNSマーケティングなどを担当します。

また、ウェブ解析や顧客データの分析を通じてマーケティングの効果を評価し、改善策を提案します。

Webマーケターはオンライン広告プラットフォームや分析ツールに精通し、デジタルトレンドや競合状況を把握して戦略を立てます。

その際コミュニケーション能力やクリエイティブな発想も重要であり、成果を最大化するために常にトラフィックやコンバージョンの最適化に取り組みます。

ブログ・アフィリエイト

ブログ・アフィリエイトの平均年収を図ることは難しいです。成果が出なければまったく収入が得られないからです。

しかし、成果が出始めると数万円~数千万にもなる業界ではあります。

そもそもブログ・アフィリエイトとは、自身のブログを通じて商品やサービスを紹介し、それによって生じる成果報酬を得るビジネスモデルです。

ブロガーは自身のブログにアフィリエイトリンクやバナー広告を配置し、訪問者がそのリンクをクリックして商品を購入すると報酬を受け取る仕組みです。

ブログの内容やテーマに関連した商品やサービスを選ぶことが重要であり、信頼性や情報の価値を提供することで読者の関心を引きつけます。

ブログ・アフィリエイトは継続的なコンテンツ制作やマーケティング活動が求められ、成功するためにはSEO対策やコンテンツの質の向上にも取り組む必要があります。

Webライター

Webライターもブロガーと同様に、成果が出なければ収入が得られない職種です。主に副業で始める人が多いのはこのためです。

Webライターは、インターネット上でコンテンツを制作する専門家です。たとえばウェブサイトの記事、ブログ記事、商品説明、広告コピーなどのテキストを執筆します。

Webライターは読者の関心や要求に合わせた内容を作成し、SEO対策やキーワードの適切な使用を考慮します。

情報を調査し、分かりやすく魅力的な文章を作り出す能力が求められます。

また、文法やスタイルの正確性、読みやすさも重要な要素です。

Webライターはクライアントのブランドや目的に沿った文章を提供し、読者の関心を引きつけることで、コンテンツの品質向上やオンラインマーケティングの効果を促します。

Webデザイン

Webデザインも確実な年収を得るという方法では難しい職種ではあります。しかしコツコツと続け、コンスタントに仕事が得られるようになると、数百万円の年収も難しくはないでしょう。

仕事内容としてWebデザインは、ウェブサイトやウェブアプリケーションの見た目やユーザー体験をデザインするプロセスです。

デザイナーは、カラースキーム、レイアウト、アイコン、画像などの要素を選択し、ユーザーが使いやすく魅力的なデザインを作り出します。

また、情報の整理やナビゲーションの設計も行い、ユーザーが目的の情報に簡単にアクセスできるようにします。

Webデザインにはユーザビリティ、視覚的な一貫性、レスポンシブデザインなどが重要な要素となります。

そのためデザイナーはデザインツールやコーディングの知識を持ち、ユーザーのニーズとブランドのイメージを考慮しながら、魅力的で使いやすいウェブデザインを実現します。

Instagram運用

Instagram運用も副業では人気のジャンルの1つです。

Instagram運用は、Instagramというソーシャルメディアプラットフォームを活用して、ブランドや個人のプレゼンスを構築し、コンテンツを共有することです。

運用には戦略的な投稿計画、魅力的なビジュアルコンテンツの作成、ハッシュタグの活用、コミュニケーションとエンゲージメントの確保が重要です。

また、インフルエンサーとの提携、広告の活用、分析データの評価なども効果的なInstagram運用に関連します。

目標はフォロワーの増加、ブランド認知度の向上、顧客のエンゲージメント促進などです。

そのためInstagram運用は、目的に合わせたストラテジーと継続的な努力が求められます。

ITエンジニア

ITエンジニアの平均年収440万円程度です。

ITエンジニアは、情報技術(IT)に関連するシステムやソフトウェアの設計、開発、運用、保守などを担当する専門家です。

例えば、プログラミング言語やデータベース、ネットワーク技術などの知識を持ち、ソフトウェアやアプリケーションの作成、システムの構築、問題解決などに取り組みます。

また、セキュリティ対策やパフォーマンスの最適化も重要な業務です。

ITエンジニアはチームで協力しながらプロジェクトを推進し、テストやデバッグなどの品質管理も担当します。

常に最新の技術トレンドに関心を持ち、継続的な学習とスキルの向上に取り組むことが求められます。

稼げる仕事・職種:営業職

IT営業

IT営業職の平均年収は470万円前後と言われています。

IT営業は、IT製品やサービスを顧客に提案・販売する役割を担当する専門家です。

顧客とのコミュニケーションを通じてニーズを把握し、最適なITソリューションを提案します。

営業活動には新規顧客の獲得や既存顧客のフォローアップ、契約交渉などが含まれます。

IT営業はIT業界のトレンドや製品知識に精通し、顧客に価値を提供するためのアドバイスやサポートを行います。

また、営業活動の成果を分析し、営業戦略の改善にも取り組みます。

そのためコミュニケーションスキルや交渉力、顧客志向の考え方が重要であり、目標達成と長期的な顧客関係の構築に貢献します。

金融営業

金融営業の平均年収は570~580万円の範囲にあります。

金融営業は、金融商品やサービスを顧客に提案・販売する役割を担っています。

顧客の金融ニーズを把握し、適切な金融商品やサービスを提案します。

営業活動には新規顧客の獲得や既存顧客のフォローアップ、契約交渉などが含まれます。

金融営業は金融市場や商品に関する知識を持ち、顧客に適切なアドバイスや解説を行います。

また、顧客の資産状況やリスクプロファイルを分析し、最適な金融プランを提案します。

専門性だけでなく、コミュニケーションスキルや交渉力、信頼性が重要であり、顧客のニーズに合わせた金融ソリューションを提供し、顧客満足度と長期的な顧客関係の構築に貢献します。

保険営業

保険営業は、保険商品を顧客に提案・販売する役割を担当する専門家です。

主な仕事内容として、顧客のリスクや保険ニーズを評価し、最適な保険プランを提案します。

さらに新規顧客の開拓や既存顧客のサポート、契約手続きなどが含まれます。

そのため保険営業は保険市場や商品に関する知識を持ち、顧客に理解しやすい説明やアドバイスができることが求められます。

また、顧客の家族や資産状況を考慮し、適切なリスク管理のプランを構築します。

営業職に共通していえることではありますが、コミュニケーションスキルや誠実さ、信頼性が重要です。

それに加えて顧客の保険ニーズを的確に把握し、適切な保険プランを提供することで、顧客満足度と長期的な顧客関係の構築に貢献します。

不動産営業

不動産営業の平均年収は410万円前後です。

不動産営業は、不動産の売買や賃貸、仲介などの取引を行う専門家です。

顧客の要望や予算、投資目的をヒアリングし、適切な物件を提案します。

その際には新規顧客の開拓や既存顧客のフォローアップ、物件のマーケティングなどが含まれます。

また市場動向や物件情報に精通し、法的な規制や契約手続きを遵守しながら顧客にアドバイスを提供します。

それに加えて、物件の評価や交渉力も重要な要素です。

そのため不動産営業職に就く人は、コミュニケーションスキルや交渉力、信頼性が求められます。

そのうえで顧客の要求を理解し、適切な不動産取引を実現することで、顧客満足度と長期的な顧客関係の構築に貢献します。

医療営業(MR)

医療営業(MR)の平均年収は、490万円前後です。医療営業(MR)は、医薬品や医療機器などの医療製品を医療関係者に提案・販売する役割を担当することが主な仕事内容です。

医療営業は、医師・薬剤師・看護師などの医療関係者との関係を築き、製品の特徴や効果、使用方法などを説明します。

営業活動には新規顧客の開拓や既存顧客のフォローアップ、製品のプレゼンテーションなど多岐にわたっています。

医療営業は医療業界や製品に関する知識を持ち、科学的な情報や臨床データを提供し、顧客のニーズに合ったソリューションを提案します。

コミュニケーションスキルはもちろんのこと、医療・薬品に関する専門知識、信頼性が重要であり、医療関係者との信頼関係を築きながら、製品の普及と販売の促進に貢献するという重要な仕事の1つです。

稼げる仕事・職種:高難易度資格必須系

公認会計士

公認会計士は、企業や個人の財務に関する専門的なアドバイスを行うことが主な役割であり、企業の財務諸表の監査や税務相談、財務アドバイザリーなどの業務を行います。

平均年収は680万円と、日本の平均年収よりも高いことがわかります。

公認会計士は法律や会計基準に精通し、企業の財務状況や経営状態を評価し、監査報告書を発行します。

また、税務計画やコンサルティングも提供し、法的な要件や税務上の効果を最大化する支援も行います。

そのため公認会計士は信頼性と独立性が求められ、企業や個人の財務の透明性と信頼を向上させる役割を果たします。

弁護士

弁護士は法律の専門家であり、個人や法人の法的問題に関する助言や代理人業務を行います。平均年収も900万円以上と非常に高額な水準にいます。

弁護士は法律相談を受け、訴訟や契約書の作成、交渉などの法的手続きを担当します。

当然ですが法律知識に精通し、個々のクライアントの権利と利益を守るために法的な解決策を提案します。

また、法廷での代理人として証拠収集や法的論争を行い、クライアントの利益を最大化する努力をします。

弁護士は倫理規定に従い、クライアントの情報を秘密に保ち、公正な裁判所や司法機関と協力しながら法の下で正義を追求します。

税理士

税理士は、税務に関する専門家であり、企業や個人の税務申告や税務計画をサポートする役割を担当します。

主な仕事内容は、税務法や税制改正の知識に精通し、顧客の税金を最適化するためのアドバイスや戦略を提供することです。

税理士は所得税、法人税、消費税など様々な税務分野での専門知識を持ち、税務申告書の作成や税務調査への対応などを行います。

また、税務相談や税務コンサルティングも提供し、税金に関する問題やリスクを最小化するためのサポートを行います。

税理士は倫理規定に従い、顧客の情報を機密に保ちながら、適切な税務戦略を提供し、顧客の税務上の義務を遵守することに貢献します。

パイロット

難易度が高い資格の1つと言われるパイロットは航空機の操縦を行う仕事です。そのため高度な知識・技術・経験が必須となり、平均年収も1,000万円超えと高額です。

航空機の離着陸や飛行中の操作を担当し、旅客や貨物を目的地に運ぶ責任を負います。

パイロットは航空機の制御や航法、通信などの技術的なスキルを持ち、天候や空域制限などの要素を考慮しながら安全な飛行を実現します。

また、予防的な安全対策や緊急事態への対応能力も求められます。

パイロットは長時間の飛行や国際的な運航に従事することもあり、高い集中力と忍耐力が求められます。

そのため航空会社や航空部隊で働き、厳しい訓練と免許要件をクリアする必要があります。

医師

医師もまた、人の命・健康を守る専門家としての役割を担っています。平均年収もパイロットと同様に高く、1300万円以上の水準です。

患者の健康状態を評価し、病歴や症状に基づいて適切な治療方法を選択します。

医師は疾患の診断、薬物の処方、手術の実施、予防医療の提案など、さまざまな医療行為を行います。

その際に医学の知識と臨床経験に基づいて意思決定をし、患者の健康回復や疾患の予防に貢献します。

また、コミュニケーションスキルや倫理規範を守りながら、患者との信頼関係を築き、医療ケアの質と安全性を確保します。

医師は長時間の勤務や高い責任を負い、継続的な学習と専門知識の更新が求められます。

稼ぎにくい仕事とは?

飲食店店員

飲食店店員は、飲食店での接客やサービス業務を担当する役割です。平均年収も300万円前後と平均年収と比較すると100万円も低い結果です。

主な仕事内容としては来店したお客様を案内し、注文を受け、料理や飲み物を提供します。そのほかにテーブルのセッティングや会計業務も行います。

そのため仕事は忙しく、ピーク時には多くのお客様に対応する必要があります。

また、長時間立ちっぱなしや急な注文への対応も求められます。

給与面では、時給制や歩合制が一般的であり、労働時間やシフトによって収入が変動します。ただし、

収入は個人の努力と店舗の状況によって異なりますが、一般的には他の職種と比較して稼ぎにくいと言われています。

一般事務職

一般事務職も一般的に稼ぎにくい仕事といわれており、平均年収も310万円程度です。

一般事務職は、オフィスや企業内での事務業務を担当する役割です。

具体的には電話応対、メールのやり取り、書類の作成や整理、データ入力、スケジュール管理など、オフィス業務全般を支援します。

また、会議やイベントの準備やアシスタント業務も行います。仕事はコツコツとした作業が多く、正確性や効率性が求められます。

給与面では、一般的に固定給や時給制が採用され、職務経験やスキルの有無によって収入が異なります。

ただし、一般事務職は一部の専門職種に比べて収入水準が低い傾向があります。

とはいえ業務の多様性や経験を積むことでキャリアパスが広がることもあります。

ネイリスト

ネイリストは、爪のケアやデザインなど、ネイルに関するサービスを提供する仕事で、平均年収も330万円前後と言われています。

主な仕事内容は、お客様の手や足のネイルケアを行い、爪の形状整えやカット、マニキュア、ジェルネイル、アートデザインなどを施します。

また、お客様の要望に応じてアドバイスをし、トレンドやスタイルを提案します。

仕事は細やかな作業や芸術的なセンスが求められ、丁寧さと創造力が重要です。

給与面では、基本的には時給制や歩合制が一般的であり、労働時間や技術力によって収入が異なります。

ただし、集客力や技術の高さ、お客様との信頼関係を築くことによって収入を上げることも可能です。

また、独立してサロンを開業することで収入の向上や自己実現の機会が広がります。

マッサージ師

マッサージ師は、人々の体の健康とリラクゼーションをサポートする専門家です。平均年収は370万円前後と平均年収よりも低水準です。

マッサージテクニックを使って筋肉の緊張をほぐし、ストレスの軽減や血行促進を促すといった仕事内容となります。

その際には、さまざまな手技や施術方法を駆使し、お客様の症状や要望に合わせた施術を行います。

また、カウンセリングやアドバイスも提供し、健康状態や体のバランスを改善するためのケアを行います。

仕事は体力的にも精神的にも負担があり、長時間の立ち仕事や力の入れる作業が求められます。

給与面では、基本的には時給制や歩合制が一般的であり、労働時間や技術力によって収入が異なります。

ただし、技術の高さやお客様の満足度を追求し、リピーターを増やすことで収入を増やすことも可能です。

介護士

介護士高齢者や身体障害者など、介護が必要な人たちの生活をサポートする仕事で、平均年収は310万円程度です。

主な仕事内容は、入浴や排せつの介助、食事や服薬の支援、身体の清潔維持などの身体介護などです。

また、リハビリテーションや社会活動のサポートも担当するため、仕事内容は多岐にわたります。

さらに身体的な負担や感情的なケアも含まれ、丁寧さと思いやりが求められます。

給与面では、基本的には時給制や月給制が一般的であり、労働時間や施設によって収入が異なります。

コミュニケーション能力も求められるだけでなく、職場での人間関係も密になりやすいため、心身共にストレスフルに感じてしまう傾向にあるようです。

稼げる仕事を選ぶ際の注意点

成果を出せないと給料はかなり低い

稼げる仕事を選ぶ際に成果を出せないと給料が低くなる理由は、一般的に労働市場の需要と供給の関係によるものです。

例えばインセンティブ精度や歩合制による仕事の場合、売上や成約数が伸びなければ毎月の収入が下がることもあります。

成果を出せる仕事は、その仕事に求められるスキルや能力が高く評価され、需要が高い傾向にあります。

逆に、成果を出せない仕事は競争が激しく需要が少ないため、給料水準が低くなる傾向があります。

また、成果を出すことによって企業や雇用主は利益を上げることができるため、それに見合った報酬を提供することが一般的です。

したがって、自身のスキルや能力を活かし、成果を出せる仕事を選ぶことが給料を高める重要な要素となります。

努力や成果を評価してくれる企業や業界を選ぶことも重要であり、キャリアの成長や給与の向上につながる可能性があります。

ストレス耐性

稼げる仕事を選ぶ際にストレス耐性が低い人にとってきつい理由はいくつかあります。

稼げる仕事は一般的に競争が激しく、責任やプレッシャーが伴う場合があります。

また、成果を出すためには努力や忍耐、柔軟性が求められ、予期せぬ変化や困難にも対処する必要があります。

ストレス耐性が低い人はこれらの要素に対して敏感で、感情的になったり心理的に負担を感じやすくなることがあります。

さらに、高収入を得るためには長時間労働やワークライフバランスの調整が求められる場合もあり、これらの要素がストレスの原因となることもあります。

したがって、稼げる仕事を選ぶ際には自身のストレス耐性を考慮し、自分に合った働き方や環境を選ぶことが重要です。

また、ストレス管理や自己ケアの方法を身につけることも大切です。

転職の難易度は高い

稼げる仕事を選ぶ際に転職の難易度が高い理由はいくつかあります。

まず競争が激しい高収入の職種や業界では求人数が限られており、応募者数が多いため選考が厳しくなることがあります。

また稼げる仕事は専門的なスキルや経験を要求されることが多く、それを持っていない場合は他の候補者との競争で不利になることがあります。

そして転職には時間と努力が必要であり、自己分析や職務経歴書の作成、面接の準備などが求められます。

業界や職種によっては専門知識や資格の取得が必要となることもあり、それに加えて転職にはリスクも伴います。

その際給与や福利厚生の面で現職よりも悪化する可能性や、新しい環境に順応する過程でストレスを感じることもあります。

したがって、転職を考える際には慎重な準備と情報収集が必要であり、自身のスキルやキャリア目標に合った職種や業界を選ぶことが重要です。

未経験・資格がなくても稼げる仕事は探せる?

能力や成果重視の業種を選ぶ

未経験や資格がない場合でも稼げる仕事を見つけるためには、能力や成果が重視される業種を選ぶことが重要です。

このような業種では、実際の実績やスキルが重視されるため、学歴や経験に囚われずに自身の能力を発揮できます。

例えば、営業職や販売職などは、成果に直結するため実績が評価されます。

また、クリエイティブな仕事や自営業なども、才能やアイデア次第で高い報酬を得ることができる場合があります。

さらに、成果を出しやすい業種では自己啓発や学習に注力し、必要なスキルや知識を積極的に身につけることも大切です。

自身の得意分野や情熱を活かせる業種を選び、能力や成果を重視することで、未経験からでも稼げる仕事に挑戦することができます。

本業の傍らでスキルを積む

未経験や資格がない場合でも稼げる仕事を見つけるためには、本業の傍らでスキルを積むことが重要です。

これは、自己啓発や学習を通じて自身の能力を高めることを意味します。

例えば、オンライン学習プラットフォームや専門書籍を活用し、関心のある分野や業界について学ぶことができます。

また、実践的な経験を積むために、ボランティア活動やインターンシップに参加することも有効です。

さらに、自己学習の成果を示すために、個人プロジェクトやポートフォリオの作成を行うこともおすすめです。

これによって、未経験でも具体的なスキルや成果物を持つことができ、雇用主にアピールする材料となります。

継続的な学習と努力を通じてスキルを磨きながら、稼げる仕事への道を切り拓くことができます。

目標の収入や待遇の基準を決める

未経験や資格がない場合でも稼げる仕事を見つけるためには、目標の収入や待遇の基準を明確に決めることがポイントとなります。

具体的な目標を設定することで、自身の努力や成長の方向性を定めることができます。収入目標や待遇の基準は、生活費や将来の目標に応じて適切に設定する必要があります。

また、市場調査や業界情報の収集を行い、自身の能力や経験に見合った求人情報を探しましょう。

そして、目標となる収入や待遇を達成するために必要なスキルや資格を把握し、それに向けて学習やトレーニングに取り組むことが大切です。

自分の目標に向かって進むためには、自己成長の意識を持ちながら、積極的に情報を収集し、適切なキャリアパスを選択していくことが必要です。

重視すべき点に優先順位をつける

未経験や資格がなくても稼げる仕事を見つけるためには、重視すべき点に優先順位をつけることが大切です。

まずは自身の目標や希望条件を明確にし、それに基づいて求める要素を洗い出します。

例えば、収入、将来性、働き方の自由度、成長の機会などが重要な要素となるかもしれません。

次に、これらの要素を優先順位付けし、どれが最も重要かを判断します。

一つの仕事が全ての要素を満たすことは難しい場合もありますので、優先順位を設定することで自分にとって最も重要な要素を優先的に追求することができます。

また、妥協点も考慮しながら、選択肢を狭めずに多角的に探索することも大切です。

自身の希望条件に合致した仕事を見つけるために、優先順位を明確にし、焦らずじっくりと探求していくことが重要です。

自分にとって稼げる仕事の見つけ方

仕事選びの軸や条件を決める

自分にとって稼げる仕事を見つけるためには、まず仕事選びの軸や条件を明確にすることが重要です。

これには以下のような要素を考慮することがあります。

まず、自身のスキルや経験を把握し、それに基づいて自分が得意とする分野や業界を選ぶことが大切です。

また、将来的なキャリア目標や興味・関心を考えることも重要です。

次に、収入面や労働条件についても検討しましょう。

自分の経済的な目標や生活スタイルに合った収入レベルや労働時間、休暇制度などを考慮することが必要です。

さらに、職場の環境や文化、福利厚生、キャリア成長の機会なども重要な要素です。

自分が働きやすい環境や職場の特徴を明確にしておくことが大切です。最後に、情報収集や相談も重要です。

業界のトレンドや求人情報を調べたり、先輩や専門家に相談したりすることで、自分にとって最適な仕事を見つけることができます。

自分の価値観や目標に合わせて仕事選びの軸や条件を明確にし、それを基準に慎重に検討することが大切ということですね。

資格を取る

自分にとって稼げる仕事を見つける際に、資格取得は重要な要素です。

資格は特定の知識やスキルを持っていることを証明するものであり、就職や昇進の際に優位性を持つことができます。

まず、自分が興味や適性を感じる職種や業界でどのような資格が求められるのかを調査しましょう。

例えば、会計士やエンジニアなど特定の職種では、専門的な資格が必要とされています。

次に、取得したい資格に向けて学習計画を立て、勉強に取り組みましょう。オンライン講座や専門学校、資格取得のための予備校などが利用できます。

また、実務経験を積むためのインターンシップや実習なども有効です。

資格取得後は、履歴書や面接でその資格をアピールすることが重要です。

資格は雇用主にとっての信頼性や専門性の証明となるため、採用の際に有利に働くことがあります。

ただし、必ずしも全ての職種や業界で資格が必要とは限らないので、自分が目指す職種や業界の求人情報や要件をしっかりと確認し、資格取得の必要性を判断することも重要です。

自己分析をする

自己分析は稼げる仕事を見つける上で重要なステップです。

自己分析とは、自分の価値観、能力、興味、強み、弱みなどを客観的に把握するプロセスです。

まず、自分の適性や好きなこと、得意な分野を考えましょう。

自分が本当にやりたいことや興味を持っていることは何かを明確にすることが重要です。

次に、自分のスキルや経験を振り返りましょう。どのような仕事で得意なスキルを活かせるのか、どのような経験があるのかを整理します。

また、自分の強みや特長も考察することも大切です。

それはコミュニケーション能力、リーダーシップ、分析力など様々な面で表れるかもしれません。

そのうえで弱点や課題も把握し、それに対する克服策も考えましょう。

自己分析を通じて自分の希望や目標を明確にし、それを基に自身のキャリアパスや適職を見つけることができます。

自己分析は時間をかけて深く考え、客観的な視点で自分を見つめる作業ですが、その結果は自分自身の進むべき道を明確にする手助けとなります。

企業・業界分析を行う

企業・業界分析は稼げる仕事を見つける上で重要な要素です。まず、興味を持っている業界や企業を選定しましょう。

業界の成長性や将来性、競争状況、市場の需要と供給などを調査し、その業界が将来的にも繁盛する可能性を見極めます。

次に、選んだ企業について詳しく調べましょう。そこでは企業のビジョンやミッション、経営方針、業績などを分析します。

特に、企業の成長性や安定性、従業員への報酬体系や福利厚生なども注目すべきポイントです。

さらに、社風や企業文化も考慮しましょう。自身の価値観や働き方に合致するかどうかを確認します。

これらの分析を通じて、将来的に成長が見込まれる業界や安定した経営基盤を持つ企業を見つけることができます。

また、求人情報や業界関連のニュース、従業員の声なども参考にすることで、実際の現場の情報を取得できます。

企業・業界分析を行うことで、自身の希望や目標とマッチする仕事やキャリアの選択肢を広げることができます。

スクールを活用する

スクールを活用することは、稼げる仕事を見つける上で有効な手段です。

まず、自分が興味や適性を感じる職種や業界に関連するスクールや専門学校を探しましょう。

そこで得られる知識や技術は、将来的に稼げる仕事につながることがあります。スクールでは実践的なカリキュラムや実習、実務経験を積む機会があります。

また、専門講師から直接学ぶことができるため、より専門的な知識やスキルを習得できます。

さらに、スクールは就職支援やキャリア相談も行っており、求人情報や業界のトレンドを把握することができます。

同じ志を持った仲間との交流やネットワーキングの機会も提供されます。

スクールを活用することで、自身のスキルや知識を向上させるだけでなく、業界での信頼性や就職活動での競争力も高めることができます。

転職エージェント・サイトを利用する

転職エージェントや転職サイトを利用することは、稼げる仕事を見つける上で有益です。

これらのサービスは、自身のスキルや経験、希望条件を登録することで、マッチングや求人情報の提供を行ってくれます。

転職エージェントは専門のキャリアアドバイザーが個別の相談やアドバイスを提供し、適切な求人情報を紹介してくれます。

転職サイトでは、多数の求人情報を一括で閲覧できるため、自分に合った仕事を見つけやすくなります。

また、転職エージェントやサイトは業界や企業の情報も提供しており、転職活動においてのアドバイスやノウハウも得られます。

ただし、信頼性の高いエージェントやサイトを選ぶことが重要であり、自身の希望やニーズにマッチした情報を提供してくれるかを確認する必要があります。

さらに、自らも積極的に情報収集や自己PRを行うことで、より良い転職の機会を得ることができます。

まとめ

稼げる仕事を見つけるためには、自己分析や業界分析を行い、自身の適性や興味に合った職種を選びましょう。

また、需要の高い分野や成果が直結する仕事に注目し、スキルや資格の取得を積極的に行うことも重要です。

転職エージェントやサイトの活用も効果的です。しかし、稼げる仕事は一概には言えず、努力や経験も必要です。

自分の強みを活かし、自己成長やキャリアの発展を追求する姿勢が重要です。

【学歴不問!未経験OK!】安定企業のITエンジニアになりませんか?

未経験からITエンジニアになれる3つの理由!

  • 入社後に社内研修がある!
  • 人柄とやる気を重視した採用!
  • 単純にエンジニアが不足している!

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次