ネットワークエンジニアの転職に強い転職エージェントおすすめ人気ランキング【2023年2月最新】

【結論】口コミで分かった編集部おすすめ転職エージェント

結論!当サイトが口コミをリサーチした結果、みんなから支持を得ている転職エージェントは次の3つだと判明しました!

どれのエージェントに登録しようか悩んでいる方は、複数登録することをおすすめします!

複数のエージェントを掛け持ち登録をしてたくさんの求人を紹介してもらい転職活動を有利に進めていきましょう!

1位:マイナビエージェント

  • 新卒サイトNoのマイナビが運営
  • 金融・メーカー・ITの転職支援に精通
  • 20-30代の若手の転職支援に定評

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『doda』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

2位:doda

  • リクルートと並ぶ求人数を保有するエージェント
  • リクルートが保有していない優良求人案件に出会う確率が高い
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

よく読まれる記事

3位:リクルートエージェント

  • 求人数No.1を誇る大手転職エージェント
  • 年収750万円以上のハイクラス層向けに『リクルートダイレクトスカウト(by リクルート)』も運営
  • 全国どの職種をとっても求人が豊富

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けるため、『doda』や『マイナビエージェント』と併用することをおすすめします。

\今すぐ無料で登録をする/

※退会はいつでもできます

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設定・要件定位・構築・保守などコンピュータネットワークに関して網羅的に業務を行う職種です。

インターネットを使うことが当たり前の現在では、ネットワークエンジニアの存在が不可欠となっています。

専門的な知識やスキルが必要なので、転職を検討する際には慎重に行うことをおすすめします。

特に未経験からネットワークエンジニアを目指す際には、会社選びは特に慎重になりましょう。

ここでは、ネットワークエンジニアの転職に強いおすすめ転職エージェントを厳選してピックアップしていきます。

その他に仕事内容や年収、求められるスキルなども挙げていくので転職活動に際にお役立てください。

転職エージェントの活用方法なども挙げていくので、初めて転職エージェントをに登録しようと検討している人も必見の内容となっています。

目次

ネットワークエンジニアへの転職に強いおすすめ転職エージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代をはじめとする若手や第二新卒者へのサポートが手厚いことで知られる転職エージェントです。

第二新卒歓迎の求人を多く保有しているほか、転職経験がない方・浅い方に対して書類の添削や、模擬面接などを行ってくれます。

様々な業界の転職に関するノウハウを豊富に持ったキャリアアドバイザーが専任でサポートしてくれるのが特徴で、IT系の転職にも精通したプロフェッショナルが担当してくれます。

さらにマイナビエージェントは、未経験者からIT業界に転職したい人向けの案件も多数扱っているので、他業種やほかの職種からセールスエンジニアを目指したい人にもおすすめです。

またアドバイザーは担当している企業に通って情報収集を徹底している点が強みです。

どんな人材を求めているのかといったことから、企業側の要望のほかに社内の雰囲気や社員の様子など、実際に訪れてみないと分からない点までしっかりと調査してくれます。

ミスマッチを防ぐための工夫もあるので、初めて転職活動をする人も安心できます。

入社してから「こんなはずではなかった!」というミスマッチを防ぐための工夫もしっかりとしていることが分かります。

さらに内定をした後でも、内定者と企業側それぞれからフィードバッグをもらっているので、内定をもらえた人・もらえたなかった人の人物像の把握につながるという仕組みを採用しています。

首都圏のみならず、地方の求人も数多く取り扱っているので、Iターン・Uターンで地方での就職・転職を検討している人にも求人を見つけやすいのがうれしいポイントでしょう。

対象年代 年齢制限なし
対象者 全業種・職種
利用料金 無料
書類添削 あり
面接指導 あり
営業日 カスタマーセンター:平日10:00~18:00
キャリアカウンセリング:平日9:30~20:30開始/土曜日:9:30~17:30
電話面談
拠点一覧 東京(京橋)、新宿、横浜、札幌、静岡、名古屋、京都、大阪、兵庫、福岡

doda

dodaは、経験者採用に力を入れている転職エージェントです。キャリア面談から求人紹介、選考対策に至るまで、手厚く丁寧なサポート体制が強みで、20代や転職が初めての方に特におすすめです。

dodaは、求人を探せる転職サイト、サポートをしてもらえる転職エージェント、求人を紹介してもらえるスカウトの3つのサービスを同時に利用することができます。

そのため求人情報サイト利用者だけではなく、幅広い業種職種で専門性を持った人材紹介利用者にもアプローチすることが可能です。

また、Webエンジニア向けのIT系、モノづくり系エンジニアそれぞれに独自の検索項目を設定しているため、 自分にぴったりの求人情報を探すことができます。

特筆すべきはスカウトが多いというところでしょう。300以上のdoda提携の転職エージェントからコンタクトメールが届きます。

自分の経歴にピッタリの求人が紹介されるので、自分の経歴に見合う会社のレベルが分かって参考になります。

さらに転職のイベントが多いのが特徴で、東京では毎週末に何らかのイベントを開催しています。

さらに、全国的な転職フェアも定期的に催しており、地方の方も利用できます。

対象年代 年齢制限なし
対象者 全業種・職種
利用料金 無料
書類添削 あり
面接指導 あり
面談可能時間 平日(9:00~20:30)
土曜(10:00~19:00)
本社住所 東京都千代田区丸の内2-4-1
丸の内ビルディング27F
電話面談 可能

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、高年収かつ専門性の高い求人情報も数多く取り扱っているエージェントです。ネットワークトをはじめ、ハイクラス層全般に向いているサービス内容なので、30~50代で転職を検討している人にもおすすめです。

つまり「即戦力」としての活躍を期待している企業の求人が多いため、ミドル層向けと言えるのです。

またJACリクルートメントは、世界各国に拠点を持っています。国外の企業との接点も多いため、日本にいながらにしてグローバル企業の情報を多く手にできるのもメリットです。

扱う情報の精度も高く、コンサルタントが求職者と企業の両方を担当していて、求職者としては企業が求めている人物像や、評価される経験やスキルなどのリアルな情報が手に入ります。

コンサルタントごとに別々の企業を担当しているのも特徴です。社内の雰囲気や仕事内容などを熟知しているので、「企業のリアルな情報が欲しい」という人にとってもタメになる情報が入手できます。

今以上のポジションや年収のオファーを受けられる可能性もあるため、転職でキャリアアップを目指したい方はぜひ利用してみましょう。

公開求人数 8,683件
おもな拠点 東京、埼玉、横浜、静岡、名古屋、大阪、京都、神戸、広島、福岡
運営会社 株式会社ジェイエイシーリクルートメント

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT・Web業界に特化した転職エージェントです。ネットっワーク関係をはじめ、ITエンジニアやデザイナー経験者の転職に強く、80%が年収アップを実現など公式サイトでも公表しています。

したがってレバテックキャリアはIT業界経験のある、年収アップを目指すITエンジニアやデザイナーにもおすすめです。

そのため、さらに高度な技術の習得や自身を向上していける環境でスキルアップしたいと考えるエンジニアにおすすめです。

レバテックキャリアのサポート力が高い理由は、IT業界に精通するプロがカウンセリングを通じて、求職者の強みを正確に見出すところにあります。

さらに市場価値の向上やキャリアビジョンの実現をサポートする「テクニカルカウンセリング」を提供している点もポイント。

テクニカルカウンセリングでは、エンジニアやデザイナーの技術を熟知する専門性の高いキャリアアドバイザーが、経験やスキルなど強みを発見し、市場価値の向上や将来的なキャリアビジョンの実現に向けた転職をサポートしてくれます。

保有する求人には、上流工程のポジションや自社開発案件など、スキルを磨いてキャリアアップが望めるものを豊富にそろえているのも特徴です。

そのため、キャリアアップや年収アップを目指す人にとっても希望通りの環境に転職できる可能性が高いでしょう。

反対に未経験者・独学でのITスキルを習得が難しいという人にはあまりお勧めできないかもしれません。

対象年代 20代~40代
対象者 IT・WEB業界志望のエンジニア経験者 (未経験向けの求人は無し)
利用料金 無料
書類添削 あり
面接指導 あり
面談可能時間 平日(10:00~20:00)
土(10:00~16:00)
電話面談 可能

プロコミット

プロコミットは株式会社プロコミットにより運営されている転職エージェントです。ビジネスモデルや経営課題までを把握することで求職者に多彩な情報を提供しているのが特徴です。

独自の非公開求人案件や、ハイクラス求人案件なども豊富なのでベンチャー・スタートアップの中でも自信を持って提案できます。ベンチャー企業の求人案件の中では特にITやWEBなどのエンジニアの案件が多いです。

独自の情報調達ルートを持っていますので、社風などもわかり納得して転職することが可能でしょう。

なお、全国各地のベンチャー企業の情報を所有していますので、地方に就職したい場合もおすすめです。

運営会社 株式会社プロコミット
公開求人数 約100件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
料金 無料

Green

Greenは業界最大級の求人を保有しているIT・Web業界に特化した転職サイトです。

登録者の約8割が20~30代を占めているかつ転職者の約半数が業界経験者であることから年収アップしたい・経験やスキルをさらに活かした企業に転職したいと考えている方におすすめのエージェントではないでしょうか。

Greenでは企業のスカウトを受け取ることができ、約60%の人が企業からアプローチを得て転職を成功させています。

IT系の求人においては34,000件以上扱っているので、インフラエンジニアの求人をお探しの人も、自分にあった求人を探せます。

Greenにある機能では、「気になる」ボタンを押すと企業に気軽にアプローチできるところもほかのエージェントにない点として挙げられます。

「気になる」ボタンで企業と連絡する場合、ヘッドハンターや人材紹介を挟む必要がないので、自分のペースで話を進めることができます。

いきなり応募をするのは気が引けるという場合でも、「気になる」ボタンなら心理的なハードルが低く、気軽にアプローチできるでしょう。

大企業のほかにもベンチャー企業の求人も数多く取り扱っているので、自分の実力を会社の規模に関係なく試したいという方にもおすすめです。

対象年代 年齢制限なし
対象者 IT・Web業界
で転職したい人
利用料金 無料
公開求人数 22,187件
非公開求人数 非公開
書類添削 なし
面接指導 なし
面談可能時間 記載なし
電話面談 なし

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは、女性向けの求人を中心に集めた転職エージェントです。年間5,000名以上の女性転職希望者とキャリアカウンセリングを行っています。(※2016年度実績)

在籍しているアドバイザーは、女性の転職に関する豊富なノウハウを持っているため、女性によくある悩み・不満・希望をしっかりと理解してくれます。

また、アドバイザー自身が転職を経験している場合も多く、女性ならではの悩みを気軽に相談可能です。

たとえば「産休・育休をどのように取得すれば良いか」「子育てと仕事を両立するにはどうすれば良いか」なども気兼ねなく相談できるでしょう。

女性が働きやすい環境の求人が充実しているのはもちろん、キャリアアップ向けの求人も多いため、ぜひ一度チェックしてみることをおすすめします。

中にベンチャー企業・スタートアップ企業の求人案件も探せるので、自分の力を試したい女性にもぜひ利用を検討してほしいです。

運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 約8,225件
非公開求人数 約20,000件
対応地域 全国+海外
料金 無料

ビズリーチ

ビズリーチは、「選ばれた人だけのハイクラス転職サイト」がキャッチフレーズの、ハイクラス(ハイキャリア)向けに特化した転職エージェントです。そのため年収500万円以上を目指す方におすすめの転職サイトです。

通常の自分で求人を探してから応募する方法のほかに、国内外の企業やヘッドハンターからスカウトが届く仕組みもあります。

ビズリーチは、キャリアコンサルタントやアドバイザーといった担当者がつかず、求職者の職務経歴を見た企業が直接スカウトするという仕組みとなっているのが特徴です。

なおビズリーチの登録には審査を通過する必要があります。審査基準は非公開となっていますが、経験が浅い・20代の方でもスカウトを受けることも。

なおビズリーチには有料の「プレミアムプラン」があります。無料版よりも求人検索における機能が追加されています。

その他ネットワークエンジニアや、フロントエンドエンジニア、情報システム・社内SEなど、幅広いエンジニア向けの求人も取り扱っています。

対象年代 20代~40代
対象者 20代~40代
利用料金 無料
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
書類添削 なし
面接指導 なし

ワークポート

「ワークポート」は、業界・実務未経験からの転職に強い転職エージェントです。IT関係の転職市場にも強いので、ネットワークエンジニアの求人を探している人のもおすすめです。

長年培ってきた独自のネットワークを活かして、経験が浅い方でも挑戦できる求人を保有しています。

IT業界に精通した転職コンシェルジュが多い点も魅力です。業界の採用動向や面接対策など、詳しい情報もコンシェルジュに相談できます。

PC・スマホ・タブレットで簡単に履歴書・職務経歴書を作成できるツール「レジュメ」というサービス機能があります。

務経歴書の職務要約や自己PRを「どのように書けばいいのか分からない」という方でも、テンプレートを参考にして手軽に作成できます。

さらに転職支援活動アプリeコンシェルが無料で利用できます。eコンシェルを利用すれば、いつでもどこでもひと目で選考スケジュールや進捗状況の把握が可能です。

チャット感覚で気軽に転職コンシェルジュと連絡が取れます。「仕事でなかなか電話に出られない」という方にも、おすすめです。

運営会社 株式会社ワークポート
公開求人数 約59,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
料金 無料

パソナキャリア

「パソナキャリア」は、株式会社パソナが運営する転職エージェントです。総合人材サービス大手のパソナグループの最大の特徴は、日本の全都道府県に拠点があることです。

「サービスを受けられるのは首都圏のみ」という転職エージェントも多いですが、「パソナキャリア」なら地方からでも利用することができます。

幅広い職種の求人情報を取り扱っています。特に、IT・ものづくりエンジニアや営業の求人が充実していることが特徴的です。

パソナキャリアでしか取り扱っていない求人も多くあるので、他の転職サイトや求人誌では出会えなかった求人にも出会えるでしょう。

応募から内定まで、転職に関する一連のサポートをすべて無料利用できます。

そして自分ではなかなか言い出しにくい年収交渉も、パソナキャリアでは転職コンサルタントに相談できる点が強みといえるでしょう。

ただし年収交渉は、自身の市場価値を客観的に判断することが重要です。未経験の業界・職種に転職する場合は、年収が下がってしまうこともあるので注意しましょう。

地方にお住まいの人にもうれしい、地方企業の求人も数多く取り扱っているのが特徴です。

地方への移住を検討している人にとっても、対応エリアが幅広いのが魅力的ではないでしょうか。

運営会社 株式会社パソナ
公開求人数 約45,000件
非公開求人数 非公開
対応地域 全国・海外
料金 無料

ネットワークエンジニアの仕事内容・年収

ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアとは、主にネットワークを構築し、運用業務を専門に携わるエンジニアのことを指します。

企業内で使用するコンピューターや電子機器同士をつないで、最適なネットワーク環境を構築し、それを運用していくのが主な仕事です。

仕事内容:要件定義

要件定義では、クライアントの要望や課題・問題点の解決を目的としてネットワークシステム全体の構想をイメージし、「要件定義書」の作成をするのもネットワークエンジニアの仕事です。

クライアントの要望に加えて、「セキュリティはどうするか」「誰にどういった権限を与えるか」などを検討しながら、必要なネットワーク環境を用意します。

仕事内容:設計

クライアントがどのようなシステムを求めているかヒアリングし、要件をまとめて設計することも、ネットワークエンジニアの業務に含まれます。

要件に従って必要なネットワークエンジニア機器の種類や数・使用する回線など網羅的に決定します。

また回線費用などネットワークの維持コスト・構築までのスケジュールの検討もこの段階で行います。

仕事内容:構築・運用開始

ネットワーク構築では、設計時に立てたスケジュールに基づいてネットワーク機器を設置・設定を行う段階です。

設置や設定に必要な時間は規模によってもまちまちですが、多くの拠点を結ぶ大規模なネットワーク構築の場合は、数ヵ月かかる場合もあります。

なお構築がおわればテストに移り、問題なければ運用開始になります。

運用の段階では、コンスタントに機器の設定変更・構成変更などを行うことがあります。

そのため、立ち上げたネットワークに手を加えて運用を助けるのも、ネットワークエンジニアの業務に含まれます。

仕事内容:保守

ネットワークシステムの障害や故障の発生時に、復旧対応をする段階です。必要に応じて設置機器の交換をすることもあります。

トラブルの原因をいち早く突き止め、必要に応じて機器の交換などを行って、円滑なネットワークを維持するのも、ネットワークエンジニアの重要な仕事です。

また経験の浅いネットワークエンジニアの中には、保守や監視の業務を通して、ネットワーク構成や機器全般の知識を学ぶ人も多いです。

ただし、スピーディな問題解決が求められる「保守」の段階では、豊富な知識・経験・判断力が求められる業務となっています。

仕事内容:監視・運用

監視や運用は、構築されたネットワークの正常通信に欠かせない維持管理業務です。必要な専用ソフトを使い、24時間365日体制で複数人のエンジニアが従事するのが一般的です。

運用ではパソコンの増減に合わせたネットワーク構成の変更や、ユーザアカウントの管理、機器のアップデートといった、とても多くの業務があります。

そのため、機器の再構築やリプレイスなどにも携わるネットワークエンジニアの場合、提案・設計などの上流工程だけでなく、トラブル対応やコールセンターに近い仕事を兼務するケースも少なくありません。

ネットワークエンジニアに求められるスキル

マネジメントスキル

特に上流工程である「要件定義」「設計」の担当の場合は、プロジェクト全体をまとめるマネジメントスキルが必須となります。

例えばクライアントとの交渉・チームメンバーへの支持、さらにサービスや商品の品質・コスト・工数など様々なことを管理していく業務がほとんどです。

またプロジェクトマネージャーへキャリアアップを考えている人はなおのこと必須のスキルといえるでしょう。

コミュニケーションスキル

ネットワークエンジニアは、クライアントだけでなくチームメンバーなど多くの人と関わっていきます。

PM(プロジェクトマネージャー)やPL(プロジェクトリーダー)顧客、サーバーサイドエンジニア、チームのメンバーなどとコミュニケーションを取りながら仕事を進める機会もあります。

またクライアントへのヒアリングをはじめ、専門的な知識がない相手への説明では、誰でもわかるように丁寧に説明できるスキルなど、コミュニケーションスキルが求められます。

なお社内外関わらずプロジェクトチームを組んで業務をすることも多くあります。

論理的思考力

物事や情報を整理・管理するスキルや論理的に思考するスキルが必要になるのがネットワークエンジニアです。

ネットワークの構築では将来も考慮した機器の導入や、拡張も視野に入れて設計しなければなりません。大規模になると要件も増えるため、論理的思考力はネットワークエンジニアにとって重要なスキルです。

さらにシステムの障害が起こった際には、迅速に原因を特定して対処が求められます。

本来組むべき要件が漏れていないか、どうすればトラブルを解消できるのかを過不足なく整理しなければなりません。

ネットワークエンジニアに向いている人

忍耐力・集中力がある

ネットワークエンジニアは、不具合やトラブルの影響を受けやすい仕事です。業務がスムーズに進まないこともあり、忍耐力が求められる場面も少なくありません。

障害の原因を調査し対策を講じる際には、緻密な作業が求められます。有事でも冷静を保つことができ、地道な作業を忍耐強く正確に遂行できる人は、ネットワークエンジニアに向いているといえるでしょう。

コミュニケーションが苦ではない

ネットワークエンジニアは、多くの人と関わって仕事をすることが多い職種です。そのため、ITエンジニアといえば、一人で黙々と作業をするとイメージしている人であれば、注意が必要です。

プロジェクトを円滑に遂行するためには、ほかのエンジニアとの協働が欠かせません。また、クライアントにネットワークエンジニアが直接提案することもあります。

なおネットワークの保守・運用業務に当たる場合は、クライアントや周囲のエンジニアと長期にわたって関係性を構築することも重要な仕事に含まれます。

そのため、ネットワークエンジニアを目指すのであれば技術力以外にも適切なコミュニケーションがとれるかどうかも大切です。

好奇心や探求心が強い

ネットワークに関する技術は日進月歩で進化しており、ネットワークエンジニアも常に新しい知識・技術を用いて業務にあたることになります。

ネットワークに加え、ハードウェアやソフトウェアなどの最新技術も追求し、実務で活用できるようにする必要もあります。

そのため、好奇心や探求心が強く、新しい技術の習得を自主的に継続できる人に向いている仕事といえるでしょう。

ネットワークエンジニアに有利な資格

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、ITパスポートと同じくIPAが実施しており、IT業界で働くエンジニアの登竜門といわれる国家資格です。

おもにIT業界の各種エンジニアを対象としており、取得すれば「エンジニアに求められる基礎的な知識・技術がひと通り身に付いており、上位の指導者の指示のもと、システムの設計や開発、ソフトウェアの開発、情報戦略に関する予測や分析、評価ができる」レベルにあることの証明になります。

さらにレベルの高い、応用情報技術者試験もあります。キャリアアップを目指すのであれば、ぜひチャレンジしてほしい試験です。

ITパスポート試験

ITパスポート試験は、経済産業省所管の独立行政法人である情報処理推進機構(IPA)が認定する国家資格のひとつで、ITに関する基本的な知識があることを証明するものです。

IT業界で働くエンジニアだけでなく、普段ITを利用・活用するすべての人々を対象としており、セキュリティやネットワークなどIT関連知識のみならず、経営戦略やマーケティング、財務、法務、プロジェクトマネジメントを含めた、総合的なITの知識を問うものになっています。

専門性は高くありませんが、業種を問わずこの資格を評価する企業は多く、取っておいて損はありません。

ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリスト試験は、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験のさらに上位に位置する国家資格です。

基本情報技術者試験、応用情報技術者試験のさらに上位に位置する国家資格です。

そのため、合格すれば一人前のネットワークエンジニアとして、ネットワークの構築・管理・運用・保守の全てを行うことができ、また人に指導できるスキルを備えていることの証明になります。

ただし試験難易度は大変高く、実務経験のほかに専門知識の見直し・記述式の試験対策の勉強が必須です。

CCNA

CCNAは、「シスコ技術者認定」の1つで世界最大手のネットワーク関連機器メーカー・シスコシステムズ社が実施している資格試験です。

合格すれば同社の製品であるルーターやスイッチを扱う技術のみならず、ネットワークの構築や運営、トラブル対応などの知識・スキルがあることの証明にもなります。

世界共通の資格であり、多くの企業で評価されているため、この資格を取っておけば転職・就職時に大きな強みとなります。

外資系企業への転職を検討している人にもおすすめです。

CCNP

CCNPはCCNAの上位資格であり、取得することで、大規模なネットワークの設計、構築、運用、保守を行う力があることの証明になります。

CCNPを取得するには、まずCCNAを取得しなければなりません。上位資格には、CCIEがあります。

これらの資格は、特に転職や年収査定の場面で役立ちます。特に中途採用の場合は、応募条件に資格が含まれる場合もあります。

まとめ

ネットワークエンジニアの転職に強い転職エージェントを紹介しました。

ネットワークエンジニアは、技術的な専門性だけでなく、クライアントやチームメンバーといった色々な立場の人と一緒に仕事をすることが多い職種です。

また、キャリアアップを目指すのであれば、自分にあった職場を見つけることはもちろん、資格取得も視野に入れるといいでしょう。

今回紹介した転職エージェントに登録をして、自分にあった環境をぜひ探してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次