医療ローンの審査は甘い?無職や未成年は通らない?落ちた場合は?

『レーシックとかインプラントをしてみたいけど、お金がない…』なんて方は多いのではないでしょうか?

 

レーシックの場合は両眼で40万円以上インプラントでも1本15万円もかかってしまいます。

 

それでもどうしても手術したい方が検索すると、『医療ローン』が見つかるでしょう。

 

中には『医療ローンなんて聞いたことない!』という方もいるかもしれませんが、最近では

 

  • 自動車ローン
  • 住宅ローン

 

などと並んで利用者の多いローンの一つとなっています。

 

この記事では医療ローンについて詳しく見ていきます

 

目次

医療ローンで借りるくらいなら…

結論から申し上げますと、医療ローンで借りるくらいなら消費者金融を始めとするカードローンでお金を借りることをオススメします。

 

確かに医療ローンは金利が低いので、借りることができれば非常に便利なローンです。

 

しかし、金利が低い分、審査は非常に厳しいです。

 

これから説明するような審査基準に少しでも引っ掛かりそうな方は、まず通らないと考えた方が良いですね。

 

医療ローンの審査に挑戦するくらいであれば、比較的審査に通りやすい消費者金融カードローンを利用した方が確実にお金を借りることができます。

 

特に、『アコム』と『プロミス』は当サイトが紹介するカードローンの中でも、かなりオススメです。

 

Webで申込を行った場合には、なんと最短30分で審査が完了し、その日のうちにお金を借りることが可能です。

 

また、無利息期間が設定されており、その期間内の返済であれば利息0円での返済となるんです!

 

是非、当サイトオススメのカードローンでインプラントやレーシックなどの高額医療を受けてみては?

アコム

 

≫詳細はこちら

プロミス

 

≫詳細はこちら

医療ローンとは

医療ローンとは、病院で治療や手術などを受ける際の費用を借りるために利用できるローンです。

 

  • 借りた金額を分割して、毎月返済していく
  • 定められた金利分の利息が月々の返済額に上乗せ

 

といった点は、他のローンを組む場合と何ら変わりません。

 

また、医療ローンは病気の治療だけでなく

 

  • 美容整形
  • 歯科矯正(インプラント治療etc)
  • レーシック手術

 

などの費用にも充てられる汎用性の高いローンになっています。

 

最近は大病院を中心にクレジットカードを利用できる病院も増えてきましたが、まだまだクレジットカード決済が対象外のところも少なくありません

 

そうした病院で高額治療を受ける際に医療ローンが利用できれば、非常に便利ですよね。

 

ただし、医療ローンはどこの医療機関でも使えるわけではありません

 

最近は多くの医療機関が医療ローンに対応していますが、利用する際には医療ローンが適用できるのか必ず確認しましょう。

 

医療技術は日々進化しており、新しい治療法や特殊な治療法を利用することができるようになりました。

 

しかし、まだまだ高額な治療法も多いので、いきなり支払うのは難しいですよね。

     

    だからといって手術を受けなかった場合には、状態の悪化にもつながりかねません。

     

    こういった際に医療ローンを利用して、『お金が無いから病気が治せない』なんて事態からは脱却しましょう!

    インプラント治療でも適用可能!

    shutterstock_193180394

    虫歯や歯周病などで歯を喪失した場合の歯を修復する治療として一般的な『(デンタル)インプラント』

     

    以下の表を見れば分かるように、保険適用外の高額治療となっています。

    一般的な料金表
    初診相談 無料~数万円
    診断料
    (手術の前後に掛かる諸費)
    15,000円~50,000円程度
    手術料
    (材料費を含む)
    10万円~35万円程度/1本あたり
    人工歯
    (上部構造)
    5万円~15万円程度/1本あたり
    術後検診 数千円~1万円程度/1回

     

    こういった高額なインプラント治療においても、医療ローンは適用可能です。

    レーシックでも適用可能!

    shutterstock_342498815

    レーシックとは『エキシマレーザー角膜屈折矯正手術』のことで、視力を矯正してくれる手術のことです。

     

    メガネやコンタクトレンズが要らなくなるので人気の手術ですが、費用は安くても30万円台からと非常に高額な手術になっています。

     

    こうしたレーシック手術においても、医療ローンの適用は可能になっています。

    医療ローンのメリットとは?

    shutterstock_413201332

    医療ローンを利用する際のメリットは、やはり高額な治療や整形を受けることができる点です。

     

    さらに、医療ローンを利用すれば自分自身だけでなく家族にも高額な治療を受けさせることができます。

     

    一括では支払えない高額な治療や手術が可能になるので、『やっぱりあの時あの治療を受けておけば…』といった後悔はなくなります。

     

    また、ほとんどの医療ローンは審査通過後に直接医療機関にお金を振り込んでくれます

     

    そのため、口座のお金が医療ローンか分からなくなるという心配事もなくなりますし、医療ローンを別の支出に充当することも出来なくなります。

     

    医療ローンは増額融資も可能で、少し治療費が足りなくなりそう…といった時でも安心です。

     

    そして医療ローン最大のメリットは、やはり金利の低さです。

     

    高くても10.0%程度の金利ですので、カードローンと比較すると返済の心配はかなり少なくなります

     

    月々の返済も少額から可能ですし、繰り上げ返済にも対応しています。

    医療ローンのデメリットとは?

    shutterstock_443293480-1

    もちろん、医療ローンにはデメリットもあります。

     

    先ほども触れましたが、医療ローンは融資を受けるまでに非常に時間がかかります。

     

    カードローンであれば最短でその日のうちにお金を借りることができますが、医療ローンの場合には実際の融資を受けるまでに1ヶ月近くかかる場合があります。

     

    当然、その日のうちにお金を借りられるような医療ローンは存在しません。

     

    その期間に治療した分に関しては実費になるので、『今すぐ治療費が必要!』という方には非常に大きなデメリットです。

     

    また、医療ローンは種類が少なく、医療機関によっては1社しか対応していない場合もあります。

     

    そのため、金利や返済方式などで自分の好みに応じて選ぶことは難しくなります。

     

    逆に、カードローンであれば、かなりの種類がありますので返済方式や金利などで業者を選択する余地はあります。

     

    更に、ほとんどのカードローンは無利息期間を設けているので、短期間の借入であれば利息0円で完済も出来ます。

     

    しかも、治療方針に合わないなどの理由で転院する際には医療ローンの全額返済を迫られることもあります。

    医療ローンの審査基準は?

    実際に医療ローンを利用する場合には、まず審査に通過する必要があります。

     

    『審査ってどのくらいの基準なら通過できるの?』と不安に思っている方も多いでしょう。

     

    実は医療ローンは審査に通過しやすいローンとは言えません。

     

    なぜなら、医療ローンは目的別ローンにあたり、この目的別ローンは審査に通過しやすいローンではないからです。

    目的別ローンとは?

    目的別ローンとは

     

    • 自動車ローン
    • 教育ローン

     

    と同様に、借りたお金を使う目的がある程度制限されているローンのことです。

     

    自動車ローンであれば自動車の購入に、教育ローンであれば教育にまつわる支出にしか利用できません。

     

    また、目的別ローンは審査に非常に時間がかかってしまいます。

     

    医療ローンの場合でも、審査完了までに数週間、融資完了までに数週間かかることも珍しくありません。

     

    医療ローンの審査で重点的に見られているポイントとしては

     

    1. 安定した収入を得ていること
    2. 返済能力のあること
    3. 他のローンの状況
    4. 過去に延滞や滞納をしていないか

     

    となります。

     

    この中でも特に『返済能力』はかなり重要視されています。

     

    誰でもそうですが、『返せない人にお金は貸したくない』ですよね。

     

    年収などから返済能力が低いと判断された方には、どんなローンでも融資することはありません。

     

    そういった『返済能力』の基準が医療ローンなどの目的ローンの場合には、カードローンなどよりも高くなっているのです。

     

    ただ、あらゆる側面から審査を受けることも事実です。

     

    『正社員や公務員だから大丈夫でしょ』といった問題ではありません。

     

    他のローンで延滞や滞納をしている場合などは、雇用形態や年収がどれほど評価されても、医療ローンの審査に落ちる可能性はあります。

    医療ローンの審査に落ちた場合は?

    shutterstock_532348993

    先ほども述べた通り、返済能力などに不安のある方は厳しい審査を行う医療ローンには通過しづらい可能性があります。

     

    また、医療ローンのデメリットである『融資までに時間がかかる』ことが困る方にとっても、医療ローンは利用しづらいですよね。

     

    こうした場合、当サイトでは消費者金融のカードローンをオススメしています。

     

    消費者金融のカードローンはフリーローンなので、原則お金の使い道は自由となっています。

     

    また、消費者金融のカードローンであれば、医療ローンに比べると審査は通過しやすくなっています

     

    ですので、医療費を調達するためにはカードローンを利用するのがオススメなのです。

    なぜ消費者金融のカードローンがオススメ?

    医療ローンではなく消費者金融のカードローンをオススメする理由は2つあります。

     

    一つは、最短30分で審査が完了するので、その日のうちにお金を借りられる点です。

     

    先ほども述べた通り、医療ローンは融資までに1ヶ月近くかかる場合もあり、『今すぐお金が必要』な方には非常に不向きです。

     

    もう一つは、無利息期間が設定されている点です。

     

    消費者金融のカードローンでは、一定期間の『無利息期間』が設定されており、その期間内の返済であれば利息なしで完済となります。

     

    『給料日になれば確実にお金が入るのに…』という方であれば、医療ローンではなく消費者金融のカードローンを利用することをオススメします。

     

    その日のうちにすぐ借りて、無利息期間内にキッチリ完済すれば、非常にお得にお金を調達できます。

    まとめ

    ここまであまり聞き馴染みのない『医療ローン』について見てきました。

     

    医療ローンについて詳しくなかった方でも、おおよそ把握することはできたのではないでしょうか。

     

    医療ローンは、

     

    • 病院の治療や手術
    • 保険適用外の治療
    • 美容整形
    • 歯科矯正

     

    など、医療に関するあらゆる出費に利用できるローンです。

     

    金利の低さが大きなメリットではありますが、融資までに時間がかかる点や比較的審査に通りづらい点などデメリットもあります。

     

    なので、医療費を借りる際には消費者金融のカードローンを当サイトではオススメします。

     

    カードローンであれば、最短30分で審査が完了し、その日のうちにお金を借りることも出来ます。

     

    また、無利息期間が設定されており、その期間内の返済であれば利息0円での完済も可能です。

     

    是非、当サイトオススメのカードローン『アコム』『プロミス』で医療費を準備してみては?

    アコム

    ≫詳細はこちら

    プロミス

    ≫詳細はこちら

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる