借り換えカードローン審査基準甘い?徹底比較【おすすめランキング】

「借り換え審査の甘いローンは実際に存在しているのでしょうか?」

こういった疑問を抱いている方は少なくありません。

というのも借り換えの概念は、多重債務者である可能性が非常に高いのです。

その前に借り換えのメリットの解説になりますが、借り換えをすることによって借金を一本化することができるのです

借金を一本化した際にどういったメリットがあるのでしょう。やはり単純に思い浮かぶことは、返済日の一本化でしょう。

数多くの消費者金融や銀行カードローンで借りている方は、何日に返済すれば良いのか覚えてないケースがあります。

また覚えていないわけではなくても、多忙の際にうっかり返済日を忘れてしまう可能性もあるでしょう。

何度も返済に遅れることは信用情報の傷に繋がりかねませんし、また遅れることによって不要な金利が発生してしまう悪循環に巻き込まれることもあり得るのです。

他にも一本化のメリットはあり、これこそ多くの方が借り換えをする理由に繋がりますが、やはり金利を減らすことになります。

多数の貸金業者で借りていれば、金利の高いところも低いところもあるでしょう。

しかしバラバラで借りることによって金利が高くなっていることはよくありますので、借り換えすることによって金利を少なくするメリットがあります。

以上のような理由が借り換えを検討する方の本音になってくるはずです。

目次

消費者金融系?銀行系?どっちが良い?

shutterstock_376175713

借り換えの検討先は、

  • 消費者金融系カードローン
  • 銀行系カードローン

とありますが、どちらもメリット・デメリットがあります。

どちらを選ぶべきか絶対とは言えませんが、最終的には個人の自由になります。

しかし、どちらにせよ借り換え審査に通過できる可能性が高いところを選ぶ必要があります。

如何せん、借り換え審査を受ける方は基本的に多重債務の方だからです。

そして、これまで消費者金融や銀行カードローンの審査を受けたことがある方であればご存知かもしれませんが、多重債務者は審査が厳しくなる傾向にあります。

とはいっても借り換え専用のローンを用意している貸金業者であれば、それは大前提になりますので、思っていた以上に借り換え審査は甘かったりもします。

事実、借り換え審査は甘いという口コミを見たことがある方も少なくないでしょう。

どうして口コミを中心に借り換え審査は甘いと言われるようになってきたのでしょうか、それは間違いなく借り換え審査が甘いという理由があるためです。

もちろん各貸金業者の審査内容は外部から知ることは絶対にできませんし、必ずしもこのことが理由とは断言できませんが、それでも借り換え審査の甘い理由をおおよそ予想することはできます。

多重債務者だからこそ通る借り換えローン

shutterstock_298417919

借り換え審査の甘い理由は、たとえば審査を受ける方ほぼ全員が多重債務者であるということにあります。

多重債務者でなければ借り換え審査を受ける理由がありません。

ということは借り換え審査を受ける方は多重債務者というマイナスを皆背負っていることになりますので、他社の借入の多重債務者だからマイナスに繋がることはないということになります。

これは非常に大きなメリットになるでしょう

一般的にカードローンやキャッシングの審査を受ける際は多重債務者という属性は大変マイナスになります。

しかし借り換え審査であれば誰もがその状態になりますから、際立ってマイナスの要素にならないとすら言えるのです。借り換え審査について勘違いしてはいけないことがあります。

それは新たに借金を背負うわけではありません。

あくまで複数の貸金業者で借りている借金を一本化することになります。

つまり借り換え審査を受ける際の感覚でも、新しい借金を抱えるような感覚を抱く必要はありません。

きちんとした返済計画に立ったうえで、新しく審査を受けるということを覚えておくべきでしょう。

借り換え審査は厳しいようなイメージを抱きがちですが、審査を受ける方全員が似た者同士ということで、案外借り換え審査は甘いのです。

人信用情報機関にブラックリストされている?

先ほど審査は甘いとお伝えしましたが、重要なポイントは信用情報になります。

さて、信用情報とは、キャッシングやローンその他多くの情報を指します。

現在進行形でキャッシングをしていたり、過去にキャッシングをしていたりする方は、注意してください。

国内には日本信用情報機構(JICC)、シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3社があります。

銀行やクレジットカード会社や消費者金融などからの個人の信用情報を扱っており、各社が審査の際に問い合わせる形になります。

審査の際みずほ銀行カードローンに限らず大手・中小消費者金融業者は登録している情報機関に過去の金融情報・事故情報などを問い合わせいたします。

もし過去にキャッシングなどの支払いの延滞などを何度も金融事故を起こしてる方や、例えば自己破産しているなどのブラックリストに載っている方は厳しい可能性があります。

簡単に言うと過去にお金を借りて問題を起こしたことがあるかどうかなります。

もし債務整理していて隠しても情報がセンターに行っているので、お金を返済する能力がないとみなされてしまうからです。

もちろん延滞情報などが載ってるからと言って全部落ちるわけではありませんが、審査の所要時間や借入限度額等には影響してきます。

消費者金融系?銀行系?どっちが甘い?

shutterstock_297792194

消費者金融と銀行カードローンは、どちらも商品になりますので借り換え審査が必要になります。

しかしどうしても審査が甘いイメージでは消費者金融になるでしょう

そして事実、消費者金融の借り換え審査は甘い傾向があるようです。

これは口コミサイトを参考にしてみれば一目瞭然になりますが、消費者金融の借り換え審査は本当に甘いという書き込みが非常に多いです。

ただ消費者金融の借り換えは審査が甘いというメリットがある一方で、デメリットを抱えていることも事実になります。

消費者金融の借り換えローンのデメリットとしては、やはり金利がそこまで低くないことでしょう

どうしても金利の低さのみを検討するのであれば、銀行系カードローンの借り換え審査を受けるべきになります

とはいえ銀行カードローンの借り換え審査は甘いとは言い切れません。

これは普通のカードローンの審査でも同様になり、銀行カードローンの審査は消費者金融の審査に比べれば、基本的に審査は厳しくなります。

とはいえ一般的カードローンでも消費者金融の審査は落ちたのに銀行カードローンの審査は受かったというケースが存在しています。

こればかりは七不思議といった感じですが、普通は銀行カードローンは消費者金融に比べ審査は厳しいはずですが、たとえば貸金業法の総量規制の関係などで消費者金融の審査は落ちたのに銀行カードローンの審査は通ったという状況かもしれません。

つまりこれは借り換え審査を受ける際にも同様のことが言え、消費者金融の借り換え審査は落ちたが、銀行カードローンの借り換え審査は通ったという可能性は充分にあるでしょう。

そして基本的に銀行カードローンの借り換え審査の方が金利は低い傾向にありますので、消費者金融よりも審査に通ればラッキーと言えるでしょう。

しかし何度もしつこくなりますが、一般的な基本では銀行カードローンよりも消費者金融の方が審査は甘いことが常になります。

ただただ単純に甘い借り換え審査を受けたいだけであれば、消費者金融の提供している借り換えローンの審査を受けるべきでしょう。

また審査の際には他にも多くの事柄が審査の対象になります。普通のカードローン同様の属性審査はもちろん過去に延滞した事実がないかなど、あらゆる側面から審査を受けることになります。

属性に自信はあっても過去の返済に自信がない方は、比較的に審査の甘い消費者金融の借り換え審査を受けるべきかもしれません。

あくまで最終的判断は各個人の裁量に委ねられますので、参考程度に考えて頂ければ問題ないです。

自営業・個人事業主でも借りれる

自営業は審査に通りにくいと言われていますが、自営業・個人事業主でも借りることができる借り換えカードローンはあります。

金融機関としては、貸した相手が自己破産などで貸し倒れになるのを防ぐために、審査の際に安定した収入を重視します。

ローン会社としては返済能力のある「会社員」に借りてほしいのです。

その中でもプロミスなどは消費者金融会社は積極的に融資を行っています。

自営業・個人事業主であれば消費者金融のほうが甘いと言えるでしょう。

無職の方はさすがにNG

さすが収入をまったく得ていない無職はうかりません。

不労所得や個人事業主でもなく収入が一切ない無職の方は残念ながら審査を受けても審査落ちのケース非常に多いですし、そもそも無職で返済計画のない方に貸付している貸金業者は日本国内に存在していないはずです。

返済能力があるかないかで判断しています。

存在していたとしても、大変怪しく危ない貸金業者・金融会社いわゆる闇金融(ヤミ金)の可能性があります。利用しないように注意しましょう。

転職や会社倒産などで現在仕事につかれていないのであれば、返済シュミレーションや就業の時期など審査担当者などに相談した方が良いでしょう。

無職の方と説明しましたが専業主婦(主夫)方でも銀行系借り換えローンでしたら借入できる可能性があります。

ですが別の記事でも特集しましたが、上限30万円が限度になります。配偶者やご家族お相談するほうが無難でしょう。

また、金融会社が生活保護受給者をキャッシング審査やカードローン審査で通すことはほぼないと言ってもいいです。

収入証明書不要?

借り換えのカードローンの審査は甘いと言える部分がたくさんあるのですが、ここでは収入証明書の提出義務について解説していきましょう。収入証明書なんて難しく感じるかもしれませんが、簡単に言えば収入を証明できる書類であれば構わないのです。その書類は貸金業者によって変わってきますが、直近3カ月分の給与明細書などです。この収入証明書は各社消費者金融業者によって違いますが、例えば借入限度額が50万円以上のみ収入証明書の提出義務がある。など借り入れ限度額で変わってきます。50万円以下の借入を希望しないのであれば、収入証明書の提出は不要になります。

いくら収入証明の提出がないからといって、審査担当者または審判会社から電話連絡で勤務先には在籍確認が入るで注意してください。

借り換えローンしている会社は?

%e5%8d%83%e8%91%89%e9%87%91%e5%88%a9

それにしても借り換え審査は甘いところを探している方で、時々どこの貸金業者でも借り換えローンを提供していると思っている方がいらっしゃるようです。たしかに借り換えローンはどこでも提供していそうなイメージがありますが、実際はどこでも提供しているわけではありません。もしも借り換えローンはどこでも提供していると考えている場合は、誤っていますので気を付けるようにしましょう。当たり前のことですが、借り換え審査を実施している貸金業者以外で審査を受けることはやめましょう。借り換え審査が甘い甘くない以前の問題になってきます。さて、実際に借り換え審査を受けられる消費者金融や銀行カードローンを調べることは大変手間になってくることでしょう。複数の借り換え審査を実施している貸金業者を調べていては莫大な時間を費やしてしまいかねません。ここでは実際に借り換えローンを提供している消費者金融や銀行カードローンを紹介します。

消費者金融の借り換えローン

shutterstock_391495732

消費者金融の借り換えローンは

  • アコム『借換え専用ローン』
  • プロミス『おまとめローン』
  • アイフル『かりかえMAX』
  • アイフル『おまとめMAX』

などが代表的になります。どの消費者金融も日本を代表すると言っても過言ではない大手消費者金融になります。これまでに目にしたことがある方も多いでしょうし、また実際に各消費者金融のカードローンを利用している方もいらっしゃるでしょう。また、各商品によっておまとめできる金額が違ってきます。

  • アコム『借換え専用ローン』=限度額300万
  • プロミス『おまとめローン』=限度額500万
  • アイフル『かりかえMAX』=限度額300万
  • アイフル『おまとめMAX』=限度額300万

これら消費者金融の中ではプロミスの『おまとめローン』の限度額500万円が群を抜いて高いです。もしも借り換え審査を受ける際に限度額が300万円では足りない方であれば、プロミスの『おまとめローン』を検討するべきでしょう。もちろん各消費者金融によって審査の基準は変わってきますので、ここの消費者金融であれば審査は甘いかもしれないと考える方は、選んでみても良いでしょう。また借り換え審査の甘いところを探す際は、口コミなどが大変参考になってくることは言うまでもありません。口コミの信憑性は必ずしも保証するわけではありませんが、大多数の方がここの借り換え審査は甘いといった書き込みをしているのであれば、実際に審査を受けてみる価値は充分にあるでしょう。

金利だけの条件で見たときプロミスやアコムどは費者金融は提携ATMも多く、会員サービスは最も優れているカードローンと言っても過言ではありません。しかし消費者金融だけに、やはり金利がどうしても高くなっています

金利が高いと言っても、17.0%~18.0%なので以前に比べて断然低金利になっています。クレジットカードでもキャッシング機能が付いていますが、クレジットカードからキャッシングしても金利は消費者金融と同じ17%~18%の金利になっているのです。

銀行系借り換えローン

shutterstock_362054459

次に銀行の借り換えローンについて解説していきましょう。

第一に基本になりますが、銀行の借り換えローンは消費者金融の借り換え審査に比べれば甘いイメージはありませんし、口コミなどでも実際に消費者金融の借り換え審査より銀行の借り換え審査は甘くないという書き込みが多くあります。

とはいえあくまで参考でしかありませんので、そんな感じかといった程度に受け止めておいて構いません。

さて、銀行の借り換え商品は、

  • 三菱UFJ銀行『バンクイック』
  • 東京スター銀行『スターワンバンクローン』
  • 住信SBIネット銀行『ネットローンプレミアム』
  • 楽天銀行『スーパーローン』

代表に挙げることができます。

どの銀行名も有名で、実際にカードローンを利用していたり口座を開設していたりする方も多いでしょう。

各カードローンの限度額になりますが、

  • 三菱UFJ銀行『バンクイック』=限度額500万円
  • 東京スター銀行『スターワンバンクローン』=限度額1000万円
  • 住信SBIネット銀行『ネットローンプレミアム』=限度額1000万円
  • 楽天銀行『スーパーローン』=限度額500万円

やはり消費者金融に比べれば圧倒的に限度額が高いことが一目瞭然の数値になります。

特に、東京スター銀行『スターワンバンクローン』・住信SBIネット銀行『ネットローンプレミアム』は限度額1000万円という非常に大きい金額になっています。

多重債務者の方で借金の一本化を検討している方であれば、かなり魅力のある数字になっていることでしょう。

とはいえ限度額が大きいということは、借り換え審査が甘いとは言えないはずです。

必ずしも限度額が大きいことをメリットと考えない方が良いかもしれません。また総量規制対象外になるのでこれも審査のハードルは下がってると言えるでしょう。

特に借り換え審査の甘いところを探している方であれば、

よくよく検討したうえで審査を受けるようにするべきでしょう。

というのも複数の貸金業者で審査を受けてしまうことは、あまりメリットはありません。

どうしても信用情報機関などに審査を申し込みした履歴が残りますので、本当に借り換え審査の甘いところを受ける前に傷を付けてしまいかねません。

今現在の借金状況をよく見据えたうえで、ここの貸金業者の借り換え審査を受けるべきだと考えるべきでしょう。

消費者金融系と銀行系の借り換えローンまとめ

shutterstock_348158087

上記に説明してきたように借り換えローンは消費者金融または銀行カードローンのどちらかから選ぶことになります。

消費者金融にせよ銀行カードローンにせよ、どちらも大手の有名所ばかりになりますので、ひとまず安心して審査を受けることはできるでしょう。

各貸金業者によって限度額はもちろん金利もまったく違います。

実情はメリットばかりを追いたいところですが、借り換えローンの審査で甘いところを探すのであれば、メリットばかりを追っかけることは逆にマイナスになる可能性もあるでしょう

また借り換え審査を受ける際に各貸金業者のコールセンターなどに相談してみるべきかもしれません。

もちろん当たり前のことですが、相談したからといって審査が甘くなるわけではありませんが、相談することで見えてくることもあるでしょう。

借り換えローンの審査を受ける前に、まずは自身の借金状況を見直したうえで、消費者金融の借り換えか銀行の借り換え、かよくよく検討することが大事になってきます。

カードローン審査基準まとめ

ほとんどの審査はこういった基準にしているそうです。細かい内容は各社によって違います。

基本情報

  • 年齢20歳以上65歳までのご本人に安定した収入のある方
  • 主婦や学生でも、パート・アルバイトなどで安定した収入がある場合は利用可能
  • 勤務形態を問わず、安定的な収入があれば申し込み可能で、審査通過する可能性はある

審査の採点項目

  • 勤務先、勤続年数、年収、勤務状況、年齢、家族構成、居住形態、居住年数、加入保険種別、電話区分
  • 家族構成の採点:独身・家族同居 > 既婚・家族同居・子なし > 既婚・家族同居・子あり > 既婚・同居なし > 独身・1人暮らし

キャッシングの経験(他社の借り入れ実績含む)

  • 取引実績:4回以上>1~3回>はじめて
  • 取引期間:13カ月以上>7~12カ月>6カ月未満
  • 他社借入件数:0~1件>2~4件>5件以上

居住形態

  • 本人名義の持ち家 > 家族名義の持ち家 > 官舎・社宅 > 賃貸 > 公営住宅
    ※住居形態は、経済状況をあらわすだけでなく、賃貸だと夜逃げの可能性の目安になります。だから持ち家の評価が高くなります。

勤務先

  • 公務員 > 大手企業 > 中小企業 > 自営業 > アルバイト > 無職
    ※パートやアルバイトは良くても、自営業くらいにしかなりません。無職の場合は審査通過の可能性はほぼありません。

雇用形態

  • 正社員 > 契約社員 > 派遣社員 > アルバイト
    ※雇用形態よりも勤務先の方が重視される傾向にあるので、大企業であればアルバイトでもいい評価をもらえる可能性はあります。

年収による判断基準

  • 400万円以上 > 200万円~400万円未満 > 200万円未満

健康保険

  • 公務員の共済保険 > 大手企業の組合保険 > 中小企業の社会保険 > 国民健康保険
    ※実は健康保険の種類は年収と同じくらい審査に影響します。パートやアルバイトの信用が低い要素の一つとして、国民健康保険での信用が低いためです。

勤続年数

  • 10年以上 > 5年~10年未満 > 1年~5年未満 > 6カ月~1年未満 > 6カ月未満

信用情報機関でのチェック項目

  • 他社での借入れ件数・状況
  • 過去の借入履歴
  • 金融事故(返済遅滞、債務整理など)

※もし金融事故が過去にあった方は、借入れできる可能性はかなり低くなります。

必要書類

  • 本人確認書類(運転免許証やパスポート)
  • 収入証明書(希望限度額や各社によって変わる)

WEB完結対応の銀行カードローンおまとめに便利

  • プロミス:WEB完結できて500万まで融資可能、多数の銀行口座に対応。
  • SMBCモビット:WEB完結当日融資も可能800万円
  • レイク:WEB完結当日融資も可能800万円
  • みずほ銀行:銀行系でWEB完結対応融資も1000万とおまとめには向いている
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる